FX比較

FXとは、今話題の投資です。外貨証拠金取引のことをいうのですが、これは証拠金をFX業者に預けて、そして日本の円と、世界中の通貨を利用して、投資をするというタイプの投資の方法です。FX業者を利用して、円で外貨を購入したり、売ったりして、自分がいいと思った適切なタイミングに決済すれば、為替差益といって、二つの通貨間の利益の差を得ることができるという仕組みになっています。日本は今とても金利が低いですから、日本の金利よりも高い金利の外国の通貨を購入すれば、スワップ金利という名前の、二つの通貨の間の金利の差を受けとることができます。これを長期保存でずっと利用していれば、常にこの二つの通貨間の金利をもらい続けることができるので、利益をもらい続けられるというわけです。FXは手軽な初期投資で、取引ができるということもありますし、インターネットでの取引が主ですから、誰でも手軽に取引できるということもあり、今とても人気の投資のスタイルです。

すぐにでもFX比較ランキングを知りたい方は FX会社の選び方 をご覧ください。

他にも、24時間取引が可能であることや、色々な他にも金融投資商品はありますが、他の金融投資商品に比べても手軽にスタートできるということから、今主婦からプロの投資家まで、FXを行っている人はどんどん増えているのが現状です。同じような金融投資商品の中には、株がありますが、株と比べてみたとしても、投資の対象がとても少ないですから、初心者でも、とてもわかりやすく取引をすることができるというメリットもあります。よく似た外貨を扱う商品として、金融商品の中には、外貨預金と呼ばれるものもありますが、外貨預金と比べた場合には、手数料が比べ物にならないくらいに安いというメリットがありますから、外貨預金と比べても始めやすいという投資商品になっています。FXを始めるにあたっては、まずは、FX取引業者を選び、そして口座を開設して、その開設した口座の中に、お金を入れて、いよいよ投資スタートという流れになっていますから、まずは投資を始めるにあたっては、FX業者選びをすることから始めましょう。業者も色々とありますし、それぞれの業者によって特徴なども色々とありますから、比較したり、口コミを参考にしながら、どこの業者で取引をするのか考えなくてはいけません。FX取引をして利益を出している人は今とても多く、主婦でも何百万円と利益を出した人はいるそうですから、これはかなり期待ができるのではないでしょうか。FX投資は注目の取引です。

FXを手数料で比較する

おすすめFX
FX業者を比較する方法は色々とあると思いますが、その一つにFX業者を手数料で比較する方法があります。手数料は無料のところも今はあるくらいですから、無料のところを選べば、それだけコストを抑えることができますからお勧めです。FX業者では、手数料が無料のところも多数ありますが、それと同時に、プレッドが低いところを選ぶということもポイントになります。FXの手数料が高ければ高いほど、利益が出た場合でも、手数料との採算が合わなくなってしまい、結局利益は出ていない計算になるという人も多いのではないでしょうか。FXで手数料が高い場合には、利益が出ていると思っても実際には、マイナスになって損をしているケースもあるのです。では具体的にはFXを手数料で業者を比較してみたときにお勧めの会社としてはどこがあるのか紹介したいと思います。FXで手数料で選ぶ際にはサイバーエージェントFXがお勧めです。サーバーエージェントFXの場合には1000通貨単位で取引が可能ですし、手数料は無料、そして一〇〇〇〇円というかなりの少額からのスタートが可能です。

他にも、FXで手数料で比較した際にお勧めの会社としては、フォーランドオンラインがあります。こちらは手数料が無料であるだけでなく、FX業界では一番の高額スワップポイントであることもお勧めの理由です。スワップ利益を出してFXで儲けたいと思っている人にとってはお勧めの会社です。他にも、FXの手数料が無料のところで、お勧めの会社としては、エース365エース交易がお勧めです。こちらは、口座開設をした人だけ限定で配信されるという、FXディーラープレミアムレポートもかなりお勧めです。このように手数料で比較した際に、選ばれているFX会社というのはこの三つがお勧めです。まずはこの三つの詳細を調べてみて、サイバーエージェントFXがいいのか、フォーランドオンラインがいいのか、エース365がいいのか、自分のFXの投資に合ったスタイルを選ぶといいでしょう。ちなみに他にも外為オンライン、クリック証券、上田ハローFX、みんなのFX、FX ZEROも手数料が無料ですし、エフエックスオンラインジャパン、セントラル短資などもFXの手数料は無料です。FXを手数料で比較するという場合には、とにかく無料であるというだけでなく、スプレッドについても確認した上で、他のツールや機能などもチェックして、自分に合った会社を選ぶようにしましょう。デイトレードをする人にとって、コストを抑えるためにもFXの手数料が無料であることは必須の条件です。

FXをレバレッジで比較

FXをレバレッジで比較して業者を選ぶことはとても大切なことです。レバレッジというのはFXの魅力でありメリットでもあります。レバレッジがあるから、少ない資金でFXを始められるという人もいると思いますし、レバレッジがかけられるからこそ、お金が少なくても、がんばりたいタイミングを逃さずに取引のチャレンジすることができるのですから、FX業者のレバレッジを比較するということは、どれだけ自分の投資を活かせるのかということにつながりますから、とても大切なことといってもいいかもしれませんね。レバレッジを見てみるとFX業者によって実に色々です。FX100倍から200倍くらいが一番多いと言ってもいいのかもしれませんが、中には625倍というかなり高いレバレッジをかけることができるFX会社もあります。他にもみてみると、FXで35倍という少ないレバレッジではありますが、初心者にとっては安心なレバレッジを用意しているところもあります。レバレッジは高ければ高い方がいいと持っている人も多いと思いますが、単に高ければいいというわけではありません。高ければそれだけ利益も多く入ってくる可能性はあるかもしれませんが、万が一失敗してしまったときに、自分の資金の何倍もの損益が出てしまう可能性もありますから、レバレッジはかけすぎると取り返しのつかないことにつながります。

初心者の場合にはレバレッジ17倍や20倍、30倍くらいが安心でいいかもしれませんね。ちなみにFX会社のFXクリエイト、スター為替、外為どっとこむは、比較的レバレッジが低いですから、安心です。他にもオリックス証券や、フォーランドオンラインなども、レバレッジが低いのがうれしいですね。一番レバレッジの中で多いのが100倍でしょうか。初心者にとっても100倍のレバレッジくらいなら、比較的リスクを負わずに取引ができるかもしれません。しかしまったくリスクがないというわけではありません。自分が持っていた資金の100倍の金額のお金を動かすのですからそれなりのリスクは背負うことになりますのでよく覚えておきましょう。100倍としては、楽天FXやクリック証券、マネーパートナーズなども、レバレッジ100倍を用意しています。少ない資金で大きな挑戦をしたいと思っている人は、レバレッジ400倍からがいいかもしれませんね。FXトレーディングシステムズやFXトレードフィナンシャルなどは400倍を用意しています。外為ゼロという会社は、とても高いレバレッジ625倍を用意していますから上級者で挑戦してみるといいでしょう。

FXをスプレッドで比較

おすすめFX
FX業者を選ぶ際には、スプレッドで比較するという方法があります。スプレッドというのは低ければ低いほど利用者にとってはメリットが大きいですから、FX業者を選ぶ際には、スプレッドが、低いところを選ぶようにするといいでしょう。スプレッドというのはFX業者が取る利益のことです。外国の通貨に交換する際の手数料といってもいいのがスプレッドですが、スプレッドは業者ごとに全く違った価格が付けられています。安いところでは、無料で、高いところでは、5銭位かかるケースがあります。無料のところを選べば、それはコストを抑えることになりますから、FXにかかるコストをしっかりと管理していきたいと思っている人は、FXのスプレッドが安い業者を選ぶようにすることがお勧めです。もちろん合わせて手数料も無料のところを選ぶのがいいのですが、手数料も無料で、スプレッドも無料のところはあるのでしょうか。無料とは記載されていないのですが、一応、クリック証券と、上田ハローFXは、スプレッドは0銭からですし、手数料についても無料ですから安心して利用することができますし、しっかりとコスト管理をすることができていいかもしれませんね。

他にも外為オンラインは、スプレッドは1銭で、そして手数料は0円ですからお勧めです。みんなのFXについても同じくスプレッドが1銭で手数料は0円です。手数料のバランスとスプレッドのバランスを見たときに高いと思ったFX行やとしては、外為どっとコムが若干コストがかかりすぎると感じました。というのも、スプレッドが4銭で、その上手数料は500円ですから、これはかなりコストが高いのではないでしょうか。それを上回るのがFXクリエイトという会社です。こちらはスプレッドが5銭で、そして手数料が、500円ですから、これはかなり高めの設定になっています。FX取引を行う上で、手数料を比較して業者を選ぶことも大切ですが、それと同時にスプレッドを比較して選ぶこともとても大切なことになります。なかなか大変なことではありますが、FX取引を長く続けていく、頻繁に取引を繰り返す人にとっては、コストを最小限抑えるということはとても大切なことになりますから、FX業者を選ぶ際の決め手となるのではないでしょうか。スプレッドだけで比較をするのではなく、手数料とのバランス、そして他の機能や取引ツールの使いやすさなど、さまざまな点を比較して業者を選ぶようにするとより取引しやすいFX業者を選ぶことができるようになります。

FXをスワップで比較

FX業者を比較するポイントの一つとしてスワップ金利で比較するということがあります。スワップポイントをもらえるFX取引をするという場合には、取引をしたいと思っている通貨ペアのスワップ金利が、どのFX業者が一番もらえるのかということについて調べるというのが一番です。スワップポイントというのは、毎日動いていますから、FX業者のホームページなどで、スワップポイントは日々チェックしておくことが大切です。スワップポイントで、利益を出すというのはFXのメリットの一つでもありますから、スムーズに利益をもらい続けるためにも、上手にスワップ金利が高い、有利なFX会社を選ぶことをおすすめします。スワップポイントで見るなら、フォーランドフォレックスが一番人気があるといわれています。FX業者の中でも、特にスワップが高いことでも知られているのですが、外為どっとコム、セントラル短資といったFX業者と比較してみても、それ以上にスワップ金利が高いことで知られています。フォーランドフォレックスはどこよりもスワップ金利が高いFX業者なのです。

これからFX取引を始めるにあたって、長期保有をして、運用していきたいと思っている人にとっては、いかにスワップ金利が高いかということが、決め手になってくるわけですから、スワップ金利で儲けたいと思っている人にとっては、フォーランドフォレックス以上の会社は、ないと言ってもいいのではないでしょうか。インターネットから申し込みをすれば、次の日からFX取引がすぐにでもスタートできますから、これはかなり嬉しいですね。ちなみにドーランドフォレックスのスワップ金利は、ドル/円が62円、ユーロ/円が、178円となっていて、ポンド/円になると265円ですからこれはすごいですよね。南亜ランド/円においては、440円のスワップ金利です。一番よく取引されているドル/円の組み合わせで、どこのFX会社がスワップ金利が高いのか、比較して選んでみるといいですね。もちろん自分がよく取引している通貨ペアでスワップ金利を比較するというのもいいと思います。FX業者選びのポイントは人それぞれ色々とあり、目的に合わせて選ぶことになると思いますが、スワップ金利をもらうことが、FX取引の目的であったという人については、スワップ金利が高い業者を選ぶということが大切です。FX業者それぞれスワップ金利は違っていますので、よく比較した上で、自分にとってメリットの高いところを選ぶといいでしょう。

FX会社の選び方

  1. DMM FX

    米ドル円だけじゃない!DMMFXは、全20通貨ペア最狭水準でご提供
    FX取引・外為(店頭外国為替証拠金取引)をはじめるならDMM.com証券へ。ドル円スプレッド原則固定0.3銭はもちろん全通貨FX業界最狭水準のスプレッド縮小に挑戦中!口座開設キャンペーンでキャッシュバック!為替マーケット情報も満載で、皆様の快適なFX取引を支援します。

    DMM FXの詳細


FX会社の選び方というのは色々な方法がありますが、FX取引をするにあたっては、まずは会社選びからしなければいけません。FX会社を選ぶ際には、どんなところにポイントを置いて選べばいいのか、ここでは紹介していきます。初心者にとっては、どうやってFX会社を選ぶのが一番なのか、迷っている人も多いのではないでしょうか。自分に合った、自分の取引のスタイルに応じたFX会社を選ばなくては、なかなか大変ですよね。FX会社を選ぶ際には、何に基準を置いて選ぶのか、そのことについてまずは考えた上で選ぶといいでしょう。コストなのか、手数料なのか、スプレッドなのか、人それぞれ比較する点は違っていると思います。FXの手数料は無料のところも数多くあるので比較してみるといいでしょう。スプレッドは売買レートの差額のことですが、FX会社によって通貨ペアごとに違っています。取扱手数料が、無料のFX会社で、さらにスプレッドの幅も狭いFX業者の場合には、FX取引のコストがかなり抑えられるのですが、スプレッドの幅というのは、それぞれの業者によって違います。今の状況だけで、スプレッドを見て選ぶというのではなくて、今後のことも考えた上で、スプレッドは見た方がいいでしょう。このようにコストなどの費用の面でFX会社を選ぶという人も多いと思いますが、それだけではいけません。それだけでなく、信頼できるFX会社なのか、信託保全に関しても、資金を預けるわけですから、安心して預けることができるのか確認し、そして金融先物取引業者の登録をしっかりと行っている、正式なFX会社であるかどうかなどもよく確認した上で、取引会社を選ぶようにしましょう。

少ない資金で始められるFXではありますが、やはりお金を預けるのには違いがありませんから、しっかりと信頼できる業者であるかどうか、必ず確認した上で、FX会社を選ぶようにするのがいいでしょう。他にもFX会社を選ぶ方法としては、注文方法で選ぶという方法もあります。業者ごとにそれぞれ独自の仕組みで注文方法のスタイルも色々ですから、自分が投資したいと思っている方法で注文方法を用意しているかどうか確認してみるのがいいでしょう。他にも通貨ペアの数でも、FX会社を選ぶといいですね。通貨ペアの組み合わせがやはり多ければ選択肢も豊富ですから、色々と選べてそれが利益にもつながります。このように、FX会社を選ぶ際には、色々と比較した上で、選ぶようにするのが一番でしょう。

FX会社の信用

FX会社を選ぶ際には、何を基準にして選んでいるのかという点については、それぞれ人によって違っていると思います。FX取引を始めるという場合には、証拠金を業者に預けるところから始めます。これは自分の大切なお金を、管理してくれるFX会社に渡してしまうということになります。もしも自分がお金を渡した会社が経営破たんしてしまって、倒産したらどうでしょうか。証拠金を持ったままどこかに消えてしまったらどうしますか?そんな不安を感じながらもFX業者を自分で選んで、大金を預けてFX取引をしている人は多いと思います。FX会社の信用というのは、とても大切です。これはFXのリスクの一つでもあります。数年ほど前までは、FX取扱業者に対する規制というのは、ほとんどないに等しい状態でしたから、悪徳業者のFX業者なども数多く存在しており、証拠金を預かっていながら、消えてしまったとか、金銭的なトラブルをよく起こしていたというケースもあったといわれています。その当時は、FX取引について、とてもダークなイメージがあったのですが、その理由は、やはりそういった悪徳業者が存在していたからだと考えられます。それからしばらくして、今から数年前に、金融先物取引法が改正されたことで、FX業者の信用や信頼というのは高まっているといってもいいでしょう。

FX取引業者の中には、きちんと会社の経営するお金と、預かった保証金は別々に管理して、信託保全して信託銀行に管理を任せているところもありますから、そういった安心して証拠金を預けることができる会社を選ぶべきです。そういったFX会社の場合には、万が一、その会社が倒産するというような事態になった場合でも、証拠金は会社のお金とは別に管理されていることから、証拠金が消えてなくなるということはありませんので、安心して利用することができるのではないでしょうか。FX会社を選ぶ際には、信託保全についてもよく考えた上で、利用することになりますが、信託保全について管理がされているかどうかはFX会社を選ぶ際に、ホームページや資料請求の段階でよく調べた上で、行うようにしましょう。そうしなければ、信頼できないFX会社にお金を預けて、FX取引で損をするどころか、会社にお金を取られてしまって、それが引き金で大損をするという人もいますから、慎重に、FX会社の信用できる所を選んで、証拠金を預けるようにしなければいけません。信託保全ができているところなら安心です。

FXを通貨ペアで比較

おすすめFX
FX業者を選ぶ際に通貨ぺアでの比較の方法も一つの方法としてあります。FX会社ごとに、取り扱っている通貨ペアというのはまったく違っています。様々な通貨ペアを用意しているところもあれば、ほとんど種類がなくて2-3種類の通貨ペアしか取扱いがないような業者もあります。基本的な通貨ペアというのは、どのFX会社でも用意していると思いますから、初心者がFX取引を始めるにあたっての通貨ペアを選ぶ際に困ることはないと思いますが、上級者や、FX取引に慣れてきた人にとっては、さらに取引の幅をもっと広げたいと思っている人も多いと思いますし、基本的な通貨ペアにだけ頼るのではなくて、リスクを分散して管理したいと思っている人も多いと思います。少ないFX業者でだけ取り扱っているような通貨ペア、稀に取扱いのある通貨ペアなどもありますから、自分にとってどの通貨ペアを持って取引を進めていくのか、よく考えてFX取引をするようにするといいですね。基本的には、基本の通貨ペアとして知られているのは、米ドル/円の組み合わせ、ユーロ/円の組み合わせ、イギリスポンド/円の組み合わせ、オーストラリアドル/円の組み合わせ、ニュージーランドドル/円の組み合わせということになります。

これらの組み合わせはとても基本的なFXの通貨ペアの組み合わせということになりますから、ほぼどのFX業者でも取り扱いがあると思います。通貨ペアが多いFX業者を選ぶのが一番いいというわけではなくて、FXで自分が取引したいと思っている通貨ペアの取扱いがあるかどうかということですね。FX取引をするにあたって自分が取引したい通貨ペアを用意しているFX業者を選ぶことが大切です。ちなみに一番通貨ペアの組み合わせ総数が多いFX会社というのは同数で二つのFX会社があるのですが、AFT-FXダイレクトトレードというFX会社が、128通貨ペア用意していて、同じく128用意しているところとして、ネクストインベストメントというFX会社があります。次に多いのは125の通貨ペアを用意している北辰物産のドラゴンFX24です。少ないところになると通貨ペアの数が7つと、極端に少なくなります。基本的な通貨ペアにプラスして、少し幅を広げて取引ができるような通貨ペアを取りそろえているところを選ぶのがいいかもしれませんね。なかなか通貨ペアについては、初心者のころの考え方と、慣れてきてからの考え方というのは違ってきますから、最初から、通貨ペアの多いところを選んでおくというのも必要かもしれませんね。

FXをサービスで比較する

FXをサービスで比較するといっても、色々なサービスがあります。サービスの種類が多すぎて比較するのが難しいという人も中にはいるかもしれませんが、FXの一般的なサービスとしてポイントを押さえた比較方法について紹介していきます。例えば取引が体験できるようなデモトレードができるサービスなども含めてみていくとよりスムーズに、FX会社を比較することができていいかもしれませんね。まずはFXのサービスにはどのようなものがあるのか、どこも共通して基本となるサービスを用意していますから、基本のサービスについて紹介していきたいと思います。まず一つ目はマージンコールです。マージンコールは、証拠金がある一定のラインにまで割りこんでしまった場合に、警告として連絡をしてくれるシステムです。これがないと取引が終わってしまったり、損益を出してしまうことにもつながりますから、とても大切です。マージンコール機能はどこでも付いていると思われがちですが、実際にはついていないFX会社が多いです。

外為オンライン、FXプライムなどはついていませんし、FXトレーディングシステムズなどもマージンコール機能は付いていません。ではついているところとしては、外為どっとコム、ひまわりFX、MJなどが有名です。マージンコールはリスク管理に必要なサービスですから要チェックです。他にもロストカットアラーム機能のサービスが付いているかどうか比較してみましょう。こちらもリスク管理としてとても大切です。ロストカットアラームについては、マージンコールよりは、機能を備えているFX会社が多いことがわかります。外為オンラインも、FXむらいむも、エフエックスオンラインジャパンも備わっています。他にも利用者にとって便利なサービスとしては、24時間入金できるかどうかという点がポイントになりますね。24時間入金できるサービスは、ほとんどのFX会社で利用できますので比較してみましょう。FX会社をサービスで比較する場合には、インターネットで出金できるかどうかもポイントになります。ネットで取引をしている人が今は多いですから、やはりネットで出金できるかはポイントになってきますね。他にもサービスで比較するなら、先ほど言いましたが、デモトレードの有無や、セミナーの開催などで比較することができます。初心者の場合にはデモトレードもセミナーもどちらもとても大切なことですから、FX会社のサービスを比較する際のポイントとして挙げてみましょう。

FXの金利変動のリスク

おすすめFX
FXの金利変動のリスクについては誰でも起こりうるリスクの一つです。FXではスワップポイントが付きますから、メリットは高いですが、外貨を持っているだけで利益が出せるということは常に続くことでもありません。というのも、持っている外貨の金利が高かったら利益が出ますが、金利は変動します。常に金利というのは変動していますから、それなりにリスクはあります。スワップポイントというのは、特に、二つの国の間の金利の差が影響を与えます。金利変動のリスクというのはその国の政治の状況や経済の状況、金融情勢などによっても大きく変化が出てきますから、それぞれ二つの国の政府の規制や、外国為替のマーケットの規制などによっても取引制限が出て、金利変動リスクは出てきます。今は日本の金利が他の国のどこよりも極端に下がっていることから、FXで日本の円で、どこの外国の通貨を購入したとしても、スワップ金利がついて、利益がもらえるというメリットはあるのですが、もしもこれから先、日本の金利が上がっていき、外国の金利とそれほど変わらないということになれば、それはそれでスワップポイントというのは、小さくのあるのです。両国の金利の差が小さくなれば、利益が下がると思っておくといいでしょう。

物価が上昇して、金利が引き上げられれば、日本の金利も高くなりますから、他の国との金利の差が縮まってしまうために、スワップポイントもだんだん下がり、幅が狭まることで金利変動によるリスクが生じてきます。スワップポイントが下がるだけで、かろうじて、下がるとは言え、貰えるのでしたらいいのですが、場合によっては、日本の金利の方が高くなり、外国の通貨を持っていることで、金利を支払わなくてはいけなくなるということもあり得るかもしれません。ですから、スワップポイントで利益が出せると安心していてはいけません。FX取引の中で、場合によっては、スワップポイントは下がることもありますし、スワップポイントを支払わなくてはいけなくなる金利の状況に、近々なるかもしれないということを覚えておくようにしましょう。金利変動のリスクは、FX取引をしている人にとっては、どんな投資のスタイルであっても、必ず影響が出てくることですから、金利変動のリスクを考えた上で、これからも、FX取引を行うようにしましょう。なかなかリスク管理を自分で行うのは難しいことですが、スワップ金利について変動するリスクがあると覚えておくだけでもいいのです。

FXのオンライン取引のリスク

FX取引というのはインターネット上で行うことがほとんどです。インターネットで売買をするので、オンラインのリスクが発生する可能性があります。オンラインのリスクというのは、インターネットの調子が悪かったり、通信障害などがあり、FXでここぞというタイミングに取引が正常に行えなくて、タイミングを逃してしまったり、ここで決済しておかなくてはいけないというタイミングで、インターネットの通信障害になってしまったために、それがきっかけで、大損をしてしまうような形のことを言います。インターネットのオンライン取引をするFXでは、十分に気をつけた上で、行わなければいけません。システムの障害があったり、通信障害というのは、突然起きてしまいます。これによってFX取引がスムーズにできないというのは最悪ですよね。オンライン取引のリスクとしては、これらの通信機器の異常のリスク以外にも、自分で売買の注文を出す際の、間違いによるリスクもあります。これはオンライン取引で、自分で注文画面に注文を入力することが多いですから、うっかりして、間違った数字を入力して、そのまま注文に出してしまうことがあるのです。これは防ぎようのない、自業自得ですが、初歩的なケアレスミスといってもいいと思います。ですから、オンラインで自分で注文をする際には、数字を1ケタ間違えていないか、色々なことに気を配りながら、入力するようにしましょう。

他にもオンライン上のリスクとしては、パソコンや携帯で、FX取引をしている人も多いと思いますが、パソコン自体が壊れてしまったり、携帯自体が壊れてしまったことによるリスクなどが発生するというケースもあるのではないでしょうか。他にも電子認証システムの個人情報の流出による第3者による操作など、色々とインターネットのオンライン取引であるが故の、リスクは色々とあります。こうしたリスクはなかなか防ぐことが難しいのですが、システムの障害の対処というのはFX取扱会社によっても対応が違っていますから、FX取引を始める前に、まずは確認しておくといいでしょう。オンラインの取引を主として行っているという人でも、何かあった場合の保険として、電話での注文方法や、モバイルでの注文方法についても、しっかりと把握しておいた方がいいのではないでしょうか。把握しておくだけでも、オンライン上のリスクを減らすことができるのです。FXのオンラインのリスクは、インターネット取引が主となっていることで防ぐことが難しいリスクです。