FXのスプレッドとは?

FXのスプレッドとは、必ず出てくるFX用語の一つですが、何の事だかご存知でしたでしょうか?FX取引をする場合には売買の時に価格が絶対に同じというわけではありません。為替の価格の変動はありますから、売ったときと買ったときの値段は違っています。スプレッドはその買値と売値の差をいいます。FX取引ではもっている通貨を買ったときよりも高い値段で売りたいと思っていると思いますし、逆にこれからもつ通貨は少しでも安い値段で買いたいと思っていると思います。ですから買値と売値に差をつけることで、一緒に価格提示するという仕組みになっていて、この差がスプレッドです。

すぐにでも初心者におすすめのFX会社を知りたい方は FX取引会社比較ポイント をご覧ください。

例えば買値が100.52で、売り値が100.50といったように差があります。スプレッドは投資している人の取引手数料以外にかかるコストになります。ですから、スプレッドが狭いところの会社を選ばなくてはいけないということも出てきます。FX会社を選ぶ場合にはいろいろと比較する点などがありますが、スプレッドが狭い、差が小さい所を選ぶとそれだけコストがかからないのでコストを抑えられるのではないでしょうか。FX会社の特徴をホームページなどで確認してみるとスプレッドについても触れているところがほとんどですから、比較する場合には、まずはスプレッドがどうなっているのか調べてみるといいと思います。手数料やスプレッド、レバレッジなどでFX会社を選ぶというのがポイントになっていますのでよく確認して選びましょう。

FXスプレッドとは?

初心者におすすめのFX
FXをするにあたってさまざまなFX専門用語を知る必要があります。FXの重要専門用語であるスプレッド、ご存知ですか?スプレッドとは売値と買値との間に生じる値段差のことを言います。テレビやラジオのニュースなどで、「現在の円相場は、1ドル110円から110円5銭で取引しています。」と言っているのをよく耳にしますよね。これはどういうことかご存知ですか?実は間違って認識している人が意外と多いのです。円相場が110円から110円5銭で動いており、この範囲で買ったり売ったりすることが出来ると思っていませんか?

もしそうだとしたら、それは間違いです。これはドルを売るならば今110円で売ることができ、ドルを買うならば今110円5銭で買うことができるという意味なのです。つまり、売値と買値の間には値段の差があるのです。この売値と買値の差をスプレッドと言います。円相場1ドル110円から110円5銭とニュースで言っている場合、スプレッドは5銭となります。FXにおけるスプレッドは、通貨や取引き会社によって違ってきます。FXをするにあたって、スプレッドが小さい取引き会社を選ぶと取引きにかかるコストを減らすことができるという利点があります。FXをするときはスプレッドに注意するようにしましょう。

FXレバレッジとは?

FXの特徴として少しの資金をもとに大きな金額の取引ができることがあげられます。FXにおける証拠金(保証金)と実際に売買する外貨額との比率をレバレッジと言います。レバレッジとは日本語で言うと「てこ」という意味です。FXは少額で大きな額の取引ができる、つまり「てこの原理」の考えで取引ができるのです。レバレッジとは簡単に言うと、「担保として預けるお金(保証金)の何倍のお金を利用出来るか」ということです。もし保証金が10万円でレバレッジが5倍であれば、10万円の元金で50万円分の取引ができるということです。FXにおいてレバレッジを大きくすると大きな金額を動かすことができ投資効率は高くなりハイリターンを期待することができます。

しかし、一方でちょっとした為替レートの変動に大きく左右されるためハイリスクをかぶることもあります。レバレッジは、FXでは一般に10倍程度のレバレッジが適当とされています。また、レバレッジは取引会社によって異なるので調べておくといいでしょう。この少しの資金をもとに大きな金額の取引ができることが、FXがハイリスク・ハイリターンといわれる最も大きな理由の1つです。ハイリターンだけにとらわれず、ハイリスクがあることをしっかりと認識し、FXをしましょう。

FXスワップポイントとは?

初心者におすすめのFX
FXで利益を生むには大きく分けて2つの方法があります。1つはもちろん為替差益です。そしてもう1つがスワップポイントです。FXのスワップポイントとは何かご存知ですか?すでにこのスワップポイントを上手く利用してFXで利益を得ている人もたくさんいることでしょう。FXのスワップポイントとは金利が違う2つの通貨を売買することよって発生する通貨間の金利差のことを言います。例えば日本円を年率0.3%、米ドルを年率3.3%とします。この場合、金利の安い日本円(年率0.3%)を売って、金利の高い米ドル(3.3%)を買った時、その金利差額分の3.0%を受け取ることができるので利益がでます。

しかし、金利の高い米ドルを売り、金利の低い日本円を買う場合は、反対に差額分を払わなければいけなくなるため損失となります。この金利差がスワップポイントです。FXにおいてスワップポイントで高額利益を得ることは難しいですが、長期的に安定した収益を得るのには適していると言えるでしょう。レバレッジをかなり上げれば高額利益も可能ですが、リスクが伴うのでお勧めはできません。スワップポイントは日々変動するのでFX取引をする際はきちんと確認し、上手く活用しましょう。

FXポジションとは?

FXをするにあたって知っておくべき専門用語にポジションがあります。FXを実際にやっている人はよく耳にする言葉でしょう。ポジションとは、現在の自分の「持ち高」のことを言います。例えば、米ドルを1万ドル購入した場合、「買いポジション」を持っているといいます。逆に米ドルを1万ドル売りに出した場合、「売りポジション」を持っているといいます。 つまり、ポジションとは、いくら外貨を買っているか、売っているかという状況を示す言葉なのです。FXでは買いのポジションのことをロングまたはロングポジション、売りポジションのことをショートまたはショートポジションとも言います。

FXでは外貨を持っていない状態でも外貨を売る状態であるショートポジションからスタートすることができます。FXではこのポジションを利用して利益を得ることができます。例えば、ドルと円の取引ならば 「ドル買いポシション」を持っている場合、 ドルが高くなったときにこれを売って利益を得ることができます。 また、「ドル売りポジション」を持っている場合、ドルが安くなったときに買い戻して利益を得ることができます。 FXにおいてポジションの管理はとても重要です。うっかりそのままにしておかないように注意しましょう。

FX取引会社比較ポイント

  1. DMM FX

    米ドル円だけじゃない!DMMFXは、全20通貨ペア最狭水準でご提供
    FX取引・外為(店頭外国為替証拠金取引)をはじめるならDMM.com証券へ。ドル円スプレッド原則固定0.3銭はもちろん全通貨FX業界最狭水準のスプレッド縮小に挑戦中!口座開設キャンペーンでキャッシュバック!為替マーケット情報も満載で、皆様の快適なFX取引を支援します。

    DMM FXの詳細


最近よく耳にするようになったFX取引。気になるけどなんとなくそのままになっていたあなた。ここらへんでちょっとFX取引会社を調べてFXを始めてみませんか?そんなたくさんあるFX取引会社から取引する会社を選ぶのは一苦労ですよね。FX取引会社を選ぶ際は、まずあなたが取引をするときのポイントを決め、それをもとにFX取引会社を比較し、決定するといいでしょう。FX取引会社を選ぶ時に見る大切なポイントに信用度が高いかどうかがあります。この信用度をチェックするポイントに、信託保全(銀行の信託預金を利用して保証金をしっかり保全すること)をしているかどうかがあげられます。その他のFX取引会社を選ぶポイントには、手数料、レバレッジ、スプレッド、初回入金額、保証金額、通貨ペア数、携帯電話取引が可能かどうか、くりっく365の取扱があるかなどがあげられます。始める前に一度気になるFX取引会社をいくつかピックアップして取引内容を比較してみるといいでしょう。

FX取引会社比較サイト

FX取引を始めようと思ってFX取引会社を調べてみたら会社数が多くて困ってしまった。FX取引会社それぞれの特徴やメリットなど知りたいけれど、一つ一つ調べると時間がかかって大変。そんな人にオススメなのが、FX取引会社の比較をしているサイトチェックです。FX取引会社の比較をしているサイトを見ればあなたが知りたい手数料の比較、レバレッジの比較、信託保全の比較、通貨ペアの比較、携帯電話対応の比較、スワップポイントの比較、キャンペーンの比較などを知ることができます。

また、初心者向けの取引会社、デイトレードや短期トレードに向いている会社の比較などもサイトによっては知ることができます。FX取引会社の比較サイトには、Forex Park、FX(外国為替証拠金取引)入門、外国為替証拠金取引(FX)総合情報、外国為替証拠金取引FX比較、為替投資入門、初心者のための商品先物取引/外国為替証拠金取引(FX)などがあります。しかし、最終的にFX取引会社を決め投資するのはあなた自身です。情報はあくまでも参考であることを忘れずに、取引会社を決めたら自分でその会社のサイトを見たり、資料請求などをしてしっかりと最終チェックをしましょう。

FXメリット

初心者におすすめのFX
最近人気が高まっているFX。始めたいけれど怖くてちょっと手が出せない、と思っている人も多いのではないでしょうか?ここではFXのメリットをご紹介します。FXのメリットとして「24時間リアルタイムで取引ができること」、そして「少ない金額で大きな取引ができること」がまずあげられます。株式市場の取引時間が9時~15時であるのに対し、FXは24時間取引可能です。そのため忙しいサラリーマンや空き時間が不規則な主婦でも参加することが可能となっています。

ただし、取引き会社によっては24時間取引をしていないところもあるので、取引会社を選ぶ時に確認しておくといいでしょう。そしてハイリターンが魅力のFXは少ない金額で大きな取引をすることができます。例えば最初の資金を10万円とした場合、この10万円を保証金として何倍もの取引をすることができるのです。レバレッジと呼ばれるこの倍率は取引会社によって異なります。また、その他のFXのメリットとして手数料が安い、スワップポイント(異なる2つの通貨間の金利差)による利益が毎日発生する、外貨の買いだけでなく売りからも取引が始められることなどがあります。

FXリスク

ハイリスク・ハイリターンといわれるFX。ハイリターンはいいけど、ハイリスクは怖いですよね。ここではFXのリスクについてご紹介します。FXのリスクとしてまずあげられるものといったらレバレッジ効果による損失でしょう。FXのメリットとしてもあげられるレバレッジはその反面リスクとしてもあげられます。レバレッジとは簡単にいうと「元金の何倍のお金を利用できるか」ということです。もし保証金が10万円でレバレッジが10倍であれば、10万円の元金で100万円分の取引ができるということになります。レバレッジ効果により、FXでは少ない金額で大きな取引を可能にしているのです。これによるリターンも大きいですが、その反面損失も大きくなり、ハイリスクを生じることになるので注意が必要です。

その他のリスクとしてスワップポイントを支払うことがあげられます。異なる2つの通貨間で発生する金利の差益であるスワップポイント。これを受け取ることができることがFXの特徴としてあげれれます。しかしスワップポイントは必ずしも利益になるとは限りません。例えば、金利の高い通貨から金利の低い通貨を買った場合、スワップポイントを払わなければならなくなります。FXをする際は、メリットだけでなくリスクもしっかりと考えて取引するようにしましょう。

株との違い

初心者におすすめのFX
FX取引と株取引の違いは何でしょうか?ここではFX取引と株取引の違いをご紹介します。まずFXと株の違いとして取引時間があげられます。株取引は9時から15時ですが、FX取引は24時間リアルタイムですることができます。そのため忙しいサラリーマンも時間を気にせずFXすることがでます。またFXの市場規模は、株式の市場規模と比べ、約70倍以上、150兆円市場とも200兆円市場といわれています。FXは株よりも、活発に世界中で取引が行われているのです。その他の違いとして値動きがあげられます。FXは株よりも値動きが小さいと言えます。

株の場合は価値が投資した金額の何十倍にもなることもありますが、会社が倒産して株の価値が0になることもあります。しかし、FXの場合、例えば現在1ドル=100とした場合、1年後にその10倍の1ドル=1000円になることはまずほとんどありません。また、その国が消滅してしまうこともまずほとんどありません。そのため、FXは株よりもローリスク・ローリターンと言えるかもしれません。しかし、FXではレバレッジがあるので、レバレッジを利用するとハイリターン・ハイリスクを生じることになります。レバレッジには十分注意しましょう。

外貨預金との違い

資産運用として広く知られているものに株取引があります。銀行での貯金が当てにならない今、銀行にただお金を預けているだけでは資産を増やすなんて無理といえるでしょう。そんな中、外貨に注目が集まっています。その外貨を使っての商品がFX(外国為替証拠金取引)や外貨預金。外貨を使って得をしたい、でもFXと外貨預金の違いってなに?ここではFXと外貨預金との大きな違いをご紹介します。FXも外貨預金も外国の高い金利を利用した投資という点では同じです。しかし、この2つには大きな差があるのです。それはそれぞれにかかる手数料です。

FXでも外貨預金でも円をドルに交換する時、またドルを円に交換する時には手数料が必要となります。この手数料、FXと外貨預金とではなんと桁が違ってくるのです。通常、円をドル、ドルを円に交換する際、FXでは1ドルにつき0.1円程度の手数料がかかります。一方外貨預金は、円をドル、ドルを円に交換する際、1円程度の手数料がかかるのです。この手数料はFXの取引き会社や外貨預金する銀行によって違ってきますが、FXと外貨預金の手数料の差ははっきりと出ています。FXの取引き会社によっては手数料無料のところもあります。FXや外貨預金を始める時は手数料もしっかりチェックしておくといいでしょう。