FXのレバレッジとは?

FXの特徴の一つにレバレッジがあります。FXのレバレッジというのは証拠金が100万円だった場合に、レバレッジが1倍だったら100万円分、つまり1万ドルの取引ができることになりますし、レバレッジがこのとき10倍なら1000万円分、10万ドルの取引が可能ということになります。レバレッジを使えば資金が少なくても、大きなリターンを期待することができますが、逆に少ない資金で、大きな損失を出すことにもつながりますので注意しましょう。

すぐにでも初心者におすすめのFX会社を知りたい方は FX会社で比較するポイント をご覧ください。

レバレッジというのはテコの原理を使った取引の方法で、FXでは少ない資金で大きな金額の取引ができるというトレードの方法です。レバレッジが10倍なら資金よりも10倍の取引ができますし、100倍なら100倍の取引ができるようになるといメリットがありますが、それは先ほど書いたように逆にリスクにもなりますので注意しましょう。FX取引でレバレッジを上げれば資金がたったの1万円だった場合でもたとえば100倍ものレバレッジを利かせれば100万円持っているのと同じことになりますが、それはもしも失敗してしまった場合にはたった1万円の資金しかもっていないのに、100万円分の損失を出すことにもなりますから、ハイリスクハイリターンで知られているFX投資の特徴はこのレバレッジのかけ方から意味しているものだとわかります。初心者の場合にはあまり高いレバレッジから始めるのではなくて最初は低めのレバレッジでかけて利益を出すようにしましょう。

FXシステムトレード

FXのレバレッジ
FXシステムトレードを紹介したいと思いますが、これは人の気持ちや動作とは関係なく機会が自動で取引をしてくれることをいいます。自動的に売買取引をしてくれる方法がFXシステムトレードです。システムトレードの逆の方法としては自己裁量トレードという言葉もあります。こちらは、機械などには一切頼ることなく、自分のカンや経験などで売買をするタイミングを決めるトレードの仕方です。個人のトレーダーの場合には、ほとんどの人が自己裁量トレードをしているということが多いと言われていますが、自己裁量の方はどうしても不安定な取引になってしまいますから、安定した取引を求める人の場合にはシステムトレードをした方がいいと思いますし、進めている会社は多いと言われています。

FXシステムトレードの場合には自分の気持ちとはあまり関係なく取引をしますからどんなタイミングでどんな状態になったとしても冷静にトレードすることができます。FXという投資は、為替の相場以外にもスワップやレバレッジといったことなどもかかわってきますから簡単なことではありませんから、安定してコンスタントに収入を得たいと思っている人の場合には、システムトレードにした方が安定した利益を出せるかもしれません。ですが、すべて任せて放っておいても利益が出るわけではありませんから適度に自分でも分析したりしなければいけないので、トレードの方法を両方利用して行うのがベストです。

FX取引

FX取引とは、外国為替証拠金取引のことですが、外国為替を自分の資金を証拠金として使って買ったり売ったりするという投資の方法の一つです。よく似たものとしては、外貨預金がありますが、外貨預金と比べてみると、もっている資金の10倍から、多い場合には200倍もの取引が可能なレバレッジと呼ばれるものもあります。少ない資金で始められる投資で高いリターンと高いリスクを伴う投資です。FX取引は株の取引をするときのように、証券取引所のような場所で行われているわけではありません。外貨は銀行などの金融機関を通じて、売買したい人が自分で注文をして取引をする流れで行われています。インターバンク市場でFX取引は行っているのですがインターネットを使っての取引が一般的です。

FX取引は先ほども言いましたが少ない資金で投資ができるということで5万円位から始められますから主婦やサラリーマンなども手軽に始めやすい投資です。少ない資金なのに大きな取り引きができます。もしも利益が出た場合には、少ない資金で高い利益を出すことができるのですが、逆に損失が出てしまったときには、資金の何倍もの損失が出るというリスクも伴います。一般的にハイリスクハイリターンな取引であると言われているのでそのあたりはよく考えたうえでFX取引のレバレッジを考えましょう。株と比べると手数料が安いことも特徴ですし、インターネットで取引が24時間出来ることや、取引しなくても持っているだけで金利がつくというメリットもある取引です。

外国為替について

FXのレバレッジ
FXというのは外国為替証拠金取引のことをいいます。Foreign Exchangeを略したものがFXで外国為替を略して外為とも言われています。FX(外国為替証拠金取引)をする前にFX(外国為替証拠金取引)についてくわしく理解しておくことをおすすめしますね。やはり投資というのはリスクがつき物ですから当然損失する場合もあるのです。できるだけその損失を防ぐためにもしっかりと正しい知識をつけておきましょう。FX(外国為替証拠金取引)というのは少ないお金で大きな取引ができるという株とは違う特徴があります。それは一定のお金=証拠金または保証金を預けておくことによってできるのです。

FX(外国為替証拠金取引)の場合はほとんどの投資する人はレバレッジをかけて運用していると思います。レバレッジを高くかけると利益も高くなるのですが当然損失も大きくなるのでそのことを忘れないでくださいね。fx(外国為替証拠金取引)を安心してするにはfx取扱業者を決めるときが重要ですね。まずはコスト比較をしてみてください。取引にかかる手数料の比較とスプレッドの比較をすることをオススメします。あとはコールセンターが有るか無いかも大切ではないでしょうか。何か事態が起きたときにコールセンターを通じての発注ができるかどうかも調べておきましょう。

FX取引時間

FX取引時間は、夏と冬では違っています。なぜ夏と冬ではがっているのかというと、夏の時間帯にはアメリカではサマータイム制度が取り入れられますから、そのために時間が変わって来るのです。まず夏の時間のFX取引時間は日本時間の月曜は朝7時からでそのほかの曜日は金曜までの平日が6時からということになっています。取引終了時間は火曜から土曜で5時50分です。そして冬の時間の取引時間は月曜から金曜の朝7時から、そして終了時間は火曜から土曜の6時40分ということになっていますので、夏と冬の取引時間が違うので注意しましょう。

サマータイム制というのは北米やオーストラリア、オセアニアなどで取り入れられていることなのですが、春―秋の決めた時間、日照時間を拡大させるために標準の時間よりも1時間早めるといいサマータイム制度を導入しているんです。アメリカがサマータイム制度が始まるのは、3月の第二日曜日の午前2時からといわれています。このときに1時間時計を早めます。そしてサマータイムの終了は11月の第一日曜日の午前2時と決められているのでこの時間に1時間時計を遅らせるのです。ですがアメリカの中にはサマータイムを導入していないところもあったりするので色々なのですが、ニューヨーク市場の時間を元にしているので、サマータイム制度の導入がFX取引にも反映されています。日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、今日本での導入も考えられているようです。

FX会社で比較するポイント

  1. DMM FX

    米ドル円だけじゃない!DMMFXは、全20通貨ペア最狭水準でご提供
    FX取引・外為(店頭外国為替証拠金取引)をはじめるならDMM.com証券へ。ドル円スプレッド原則固定0.3銭はもちろん全通貨FX業界最狭水準のスプレッド縮小に挑戦中!口座開設キャンペーンでキャッシュバック!為替マーケット情報も満載で、皆様の快適なFX取引を支援します。

    DMM FXの詳細


FXをこれから始めるにあたってはFXを比較する必要があります。FX会社というのは数多くありますから、まずは投資のスタイルを決めたら、そのスタイルに合わせて比較してみるといいでしょう。まず比較するポイントとしては手数料があります。手数料はインターネットで取引をした場合には安いのが一般的で手数料無料のところもたくさんありますから、できれば手数料無料のFX会社を比較してみるといいと思います。次にFX会社で比較するポイントとしては、スワップ金利がります。スワップ金利というのは会社によっても違っていますし、取引をするタイミングによっても違ってきます。金利で利益を得たいと思っている投資スタイルを選ぶ人はスワップ金利が高めのFX会社を比較するといいでしょう。

そしてレバレッジも比較の際のポイントになります。FXをすることの魅力と言えばやはりレバレッジは欠かせないことだと思います。取引をする通貨の種類によっても違ってきますし、証拠金によっても違ってくるのですが、レバレッジの大小でいい悪いが決まるのではなくて、自分がどんなレバレッジを求めているのかということが大切になってきます。他にも比較する点としては取引単位もその一つです。取引単位というのは一般的には1万通貨ですが、1000通貨単位でできるところもあります。初心者で小口から投資したい人などの場合にはそのようなFX会社を選ぶといいでしょう。あとは取り扱い通貨の種類の多さなどで比較するという方法もあります。

FX初心者の人

FX初心者の人は色々と情報収集が必要ですが、まずはわかりやすく教えてくれているサイト探しから始めるといいと思います。FX初心者のための入門のサイトなどはインターネット上で色々とありますからそちらでまずは見てみましょう。そのうえで情報収集を十分にしてFXについて理解してから取引をすればスムーズに利益を上げることができるようになると思います。

初心者のために簡単にFXについて紹介してみますと、まずFXというのは外国為替市場で行いますが、株の取り引きや先物の商品取引と違って取引所はないのが特徴です。そして具体的に市場があるのではなくて、銀行、証券会社などの金融機関のディーラー同士で為替ブローカーを通してインターネットを使って取引をしていくというものがFXです。FX取引をする仕組みというのは、インターネットでの取引になりますが株と違うところは、最初に投資にかかる費用が少なくて済むということです。株の場合にはまとまった資金が必要になるということになるのですが、FXの場合には初心者でも安心の1万円といった定額でも開始することができるということです。しかも取引手数料が無料のところも色々とありますし、最短で申し込みの翌日に口座が開設できる場合もあります。また入金しなくても利用できるFX取引会社などもありますから、初心者の場合には出来るだけ最初のリスクを背負わなくてもいいような形でFXを始めると安心して投資を始めることができると思います。

FXと税金

FXのレバレッジ
FX取引をしている人というのは税金がかかってきます。FX取引をして利益が出た人はその利益は雑所得扱いになります。雑所得というのは1年間で20万円以内の場合には申告しなくてもいいことになっているのですが、20万円以上になると確定申告をしなければいけないことになっています。FX取引で利益が出るとすれば為替差益かスワップ金利になりますが、1年間に20万円は利益が出る人がほとんどなので、大半の人がFXで税金を支払うことになると思います。FXでの所得というのは為替損益を合計したものとスワップポイントを合計したものから、売買手数料を引いたものが所得になります。この所得が、20万円以上になれば、税金を払わなくてはいけませんので覚えておきましょう。

FXでは総合課税されるわけですが、所得が大きくなれば税金が高くなります。他の所得と合わせて所得税の金額を計算して、利益が出れば出るほど不利になりますからお金をたくさんもらった人に対しては税金がたくさんかかってきます。この税金をたくさん支払わなくてはならないことを回避できるのがくりっく365といわれています。このくりっく265は取引の価格やスワップポイントが特に働くようになっているようですから、稼げば稼いだだけ税金が高くなるということを何とか回避したいと思っている人は一度調べてみましょう。くりっく365なら、所得の多さにかかわらず、一律の税率ということになっていますから安心して取引可能です。

FXの確定申告

FXブロードネットはFX会社の一つですが、かなりわかりやすいコンセプトの元に他の会社と差別化を目的として運営している会社です。FXブロードネットの特徴を紹介してみると、まず一つ目の特徴としては取引通貨単位が1000通貨からになっています。通常は1万単位からの場合が多いのですが、これなら少ない資金からも始めることができますから初心者にとっても安心ではないでしょうか。

そして為替レートの最小単位が0.1銭ということも特徴の一つで、他のFX取引会社に比べると小数点以下が1ケタ多くなっていることがわかります。例にして言ってみれば1万通貨のFX取引をする場合に日本の円を売って他の外国の通貨を買うというクロス円取引をした場合には、日本の円の最小単位は銭になりますから100分の1円ということになります。1万通貨の取引で1銭為替が動けば1万円かける0.01ということになりますから為替差益は100円になるのですが、他の場合には1000分の1ということになりますから為替差益は10円にしかならないのです。

そして三つ目のFXブロードネットの特徴は、為替レートの売買価格の差がFX会社業界では一番小さいレベルのタイトスプレッドになっているということです。数年前までは売買価格差は5銭以上だったのですが、通貨ペアの中には10銭も差があるものもありました。これは為替レートが特に動かなかったとしても取引をしただけで5銭から15銭も損をすることになります。しかしFXブロードネットならこの差益を最小限に抑えてくれるのです。

FX会社

FXのレバレッジ
FX会社はたくさんありますが、これからFX取引をするうえではどこの会社で取引をするのかまずは考えなければいけません。株は今かなり投資としては人気がなくなりつつあるのですがそんな中でFX投資を始める人はとても増えていると言われています。円安のときだけ利益ができるのではなくて、円高の時でも利益が出るので人気です。しかも24時間取引できますし、資金も最初はそれほど用意しなくてもいい会社もたくさんあることから始める人が多いのですが、FXを始めるにあたってはまずはFX会社を選んで口座を開設しなければいけません。

FXを取り扱っているところは金融機関や証券会社、専門の業者など色々です。それぞれ特徴があって、いろいろと比較したうえで探さなくてはいけません。FX会社を選ぶときにはチェックするポイントがいくつかあります。まずはスワップ金利を確認しましょう。通貨を持っているだけで、二つの通貨の金利の差から利益ができるというものがスワップ金利で、長期保有するタイプの投資のスタイルをするという場合にはスワップ金利を確認する必要があります。少しでもスワップ金利が高いFX会社を選ぶといいですね。そしてスプレッドも確認しましょう。スプレッドは買値と売値の差ですが、これが小さければ為替差益が出やすい取引になり利益が発生します。他にも少ない資金ではじめられる会社もありますから初回入金価格で比較してみてもいいでしょう。何と言っても、機能や操作画面が使いやすいというのも初心者にとっては重要な比較ポイントになります。

FX業者

今は株投資よりもFX取引の方が投資のスタイルとして人気があるために、FX業者も色々と増えていますが、きちんとよく考えたうえでFX業者を選ぶ必要があります。FXを始める人は、きちんとリスクについても考えたうえで業者を選んでそのうえで自分のトレードの方法を考えるのが大切です。たとえばFX業者が破たんしてしまったときにはリスクがどうなるのか、取引で損が出た時にはどうなるのかなどのリスク管理は徹底しておく必要があります。FX業者の中で人気の会社がFXプライム、外為オンライン、セントラル短資です。証券会社でもなく銀行でもないFX業者で専門業者になりますがこの三つが人気です。

FX投資を始める際にチェックしておかなくてはいけないこととしては、まずFX業者は個人の資産をどのように管理しているのかということです。管理は分別管理と統一管理の二つがあるのですが、統一管理の場合には、その会社が万が一破たんしてしまった場合にはお金が一緒になっているので資産が返ってこない可能性があります。しかし分別管理をしている場合には、資産は別の場所で保管して管理していますから、万が一FX業者が破たんしてしまっても、資産は守られます。ですから業者を選ぶときには必ず自分が預けた資産が安全に管理されているのかどうかということを確認して、分別管理されている確認しておきましょう。また初心者で業者を選ぶという場合には少ない資金から始められるところを選ぶというのも基本です。少ない資金から始めた方が安全です。