VIO脱毛とは?

VIO脱毛をすれば、デリケートゾーンがスッキリとします。普段人には見せない部位ではありますが、パートナーには見せるはずです。普段見せないからこそ、日頃からのチェックが大切となる場所なのです。腕・足などはツルツルのスベスベでも、あそこは剛毛となると引かれてしまうでしょう。海外ではVIO脱毛は常識となっており、女性の嗜みとして行われています。男性は無毛にする方は少ないですが、女性の場合は無毛であっても抵抗はなく、むしろムダ毛が生えているよりもいいと考える方が多いのです。デリケートゾーンは自分で処理することも可能ですが、皮膚が非常に繊細なので注意が必要です。粘膜の部位に関しては、プロにまかせたほうがいいでしょう。

すぐにでもおすすめ脱毛サロンを知りたい方は 脱毛はどこでする? をご覧ください。

シェービングをするだけで荒れてしまい、炎症・かゆみを引き起こすことがあります。腕や足の脱毛とは難易度が違いますので、プロのエステティシャンに処理してもらいましょう。デリケートゾーンの処理を得意とするサロンを探してください。今は対応しているサロンが増えていますが、メニューに取り入れていないところもあります。VIO脱毛はエチケットのほかにも、ニオイを防ぐというメリットもあります。股間というのは脇の下に匹敵するほどニオイが強いのです。股は特にニオイが強くなりやすいため、ムダ毛を処理してスッキリしておきましょう。ムダ毛がないだけで、汗をかきにくくなってニオイも軽減するのです。特に夏場はムダ毛があるかどうかで、ニオイに大きな差が生じてきます。

最近女性の注目を非常に集めているVIO脱毛

VIO脱毛
女性にとって気になる無駄毛の脱毛は、誰しもがエチケットとして普段から日常的に行っている定番の行為です。中でも最近では、女性のアンダーヘアのお手入れ問題を一気に解決できると評判のVIO脱毛が、非常に注目を集めているようです。なおVIOとは処理を行う部位のラインの形状から付けられた名称であり、具体的にはVが両太股の付け根のライン、次にIが女性器の縦のライン、そして最後に肛門周辺がOのラインと呼ばれています。確かに一般女性でもVとIに関しては、お風呂に入った際などに比較的自分自身でお手入れを容易に行う事が可能ですが、流石に肛門周辺を自分の目で直接見ながら無駄毛処理を行うというのは、現実的にまず不可能であり、無理して行おうとすると誤って怪我をしてしまうリスクも十分考えられます。

日本では、どうせ見えない部分だから全くお手入れされない女性が少なくないようですが、海外では衛生面や際どいビキニを着た際などに無駄毛が露出してしまう事が無いように、VIO脱毛は極一般的なものとして定着しています。やはりプロの手による脱毛処理は大変丁寧なので、自分で行った状態とは施術後のツルツル感が全く違いますし、肛門周辺などもしっかりと目で見ながら剃ってもらえるので、関係ない部分に剃刀を当ててしまい切って怪我をする心配もありません。特に肛門周辺などは、自分で直接目にする機会が無い事から無駄毛が生えていないと思っておられる女性が多いようですが、実際には想像以上に生えているのが普通なので、ちょっと露出度の高い水着にチャレンジしたいなという前には、必ずVIO脱毛の施術を受けに行っておきたいものです。

VIO脱毛のデザインは個人の好みに合わせて選べます

VIO脱毛する女性が増えてますが、どのくらい毛の量を残すかは個人によって違います。外国の女性は全ての毛をなくす人が多いですが、日本では少し毛を残すのが一般的です。特に多いデザインはVラインの毛をシンプルな三角に残し、その他の毛はなくす脱毛です。三角形は自然に見えて脱毛初心者でも抵抗なく試せるデザインで、もしもっと毛を減らしたいのであれば小さい三角形にしたり長方形にすることもできます。シンプルな三角形であれば、普通の水着から毛がはみ出ることはほとんどありませんが、少々過激な下着を身に着けたい人はさらに毛の面積を小さくするのが良いでしょう。

VIO脱毛はサロンによって4回コース、6回コースとありますが、毛が多い人だとこれらのコースでは最後の1本まで脱毛を完了することができません。もちろん毛の量がだいぶ薄くなるので、自己処理は大変楽になります。しかしIラインなどは全く毛がない方が性器の色も薄く見えて綺麗なので、もう少し回数が多い方が良い場合があります。脱毛サロンによっては満足するまでアンダーヘアを綺麗にしてもらえるお得なコースがあるので、毛が多い人は初めから回数の多いコースや脱毛サロンを選ぶと良いです。アンダーヘアを脱毛することによりにおいも軽減されて、生理中でも快適に過ごせるようになります。またアンダーヘアを処理することで自分の女子力が上がったような気がしてくるため自信がついてきます。特にパートナーのいる人は特に喜んでもらえ、恋愛も上手くいくようになります。

プロの手によるVIO脱毛をして快適な毎日を

VIO脱毛
ワキやすねなどの目に見える部分の脱毛だけでなく、今話題になっているのが目には直接触れないパーツの脱毛です。こうしたデリケートゾーンの脱毛をVIO脱毛、ハイジニーナ脱毛と呼びます。どうして人目につかないパーツを脱毛するのが話題となっているのかというと、脱毛した方があまりの快適さに口コミを広げ、そこから話題となっているのです。そもそも欧米ではこうしたデリケートゾーンの脱毛はごく一般的で、プロの手による処理を受けている方が大半を占めます。月経中のナプキンがあたる部分であるIラインを脱毛すると、経血がムダ毛に絡むことがなくなり、月経中の処理が簡単になるのです。さらに洗い易くなることから細菌が繁殖しにくくなり、匂いも気にならなくなり快適、という声も多いのです。

肛門周りのOラインもムダ毛がないことで何かと清潔に保つことができるでしょう。ビキニラインのVラインは無毛になってしまうのでは?と心配される方もいることでしょう。実はプロの手によるVIO脱毛ではこのビキニラインの毛の形を好みに整えてスッキリさせることができるのです。スクエア型や逆三角形のトライアングル型など、自然な雰囲気にも整えることができますし、欧米のセレブ風にワンフィンガーのささやかな形に整えるのもおすすめです。こうしてビキニラインの処理をしておくことで大胆なファッションにもチャレンジできますし、水着も前処理なしで楽々着こなすことができるのです。

脱毛で肌美人

無駄毛に困って脱毛を試してみたいそう思う事は誰にでもあるでしょうね。結婚式などの御呼ばれの時のドレスは肌の露出があるので、無駄毛処理はマストです。すねやわきが最も気になる部位という方もおいででしょうが、背中やデコルテも産毛などが目立つ部位です。処理の方法は様々ですが、カミソリで処理をしている方がいいのではないでしょうか。この方法が1番手っ取り早いのですが、無駄毛の頭を切断するだけなので毛穴が黒く目立ってしまいがちです。また、刺激もありますので肌がザラザラに乾燥してしまったりします。我流でケアする方はお風呂で処理されることが多いのですが、お風呂で使える機能が付いたもの以外は細菌感染の恐れがありますのでかわいた場所で剃らないといけないのです。また剃る場合すぐ伸びてしまいますね。その点脱毛ですと、毛穴が目立ちませんし、細菌も剃るよりも発生しづらいのでお勧めです。

脱毛をご検討の皆様は、どんなシーンのために脱毛をお考えでしょうか。特別な行事のためならば、即効性があって肌が綺麗になるものがよいですし、日常的なケアの時間を減らしたいのなら、自宅でもできて簡単な物か、サロンやクリニックの脱毛で、処理にかかる時間を減らすのが良いでしょう。背中など自分でしにくいものは専門家に任せた方が綺麗にしあがることも多いのです。高いというイメージのサロンもしくはクリニックの脱毛ですが、新規参入が続きこなれた価格のところもあるので探してみてくださいね。

脱毛はどこでする?

  1. ミュゼプラチナム

    店舗数・売上、脱毛専門サロン顧客満足度でNo.1を獲得
    初めての方には、ミュゼの「両ワキ脱毛完了コース」がおすすめです。お手頃価格で、期間も回数も無制限で脱毛し放題!人気NO.1のメニューです。満足の仕上がりになるまで何度もお手入れを受けられるので、安心です。

    ミュゼプラチナムの詳細

  2. 脱毛ラボ

    全身脱毛トップクラスサロン!世界84店舗、会員数12万人以上
    脱毛ラボの人気を支える「月額制の全身脱毛」!ヶ月に2回の来店ペースで全身22ヶ所が隅々までキレイにできます! 毎月ごとのお支払いなので金銭的なリスクがなく、安心して全身が脱毛できます。

    脱毛ラボの詳細

  3. ジェイエステ

    36年の経験と実績!しつこい勧誘なし・追加料金なし
    独自開発の脱毛マシンを採用したことで、施術時間を大幅に短縮。光脱毛は光を当てるだけなので、あっという間に施術が終わります。1回の施術時間が短いため、気軽に通っていただくことが可能です。

    ジェイエステの詳細


脱毛をする時にはどこでどのような施術を受けたいかを自分で決めておくことが大切です。脱毛をする場所は、主に3つの場所が考えられます。まずはテープやワックス、脱毛器を使って自宅でする方法。次はサロンでワックス脱毛やレーザー脱毛、光脱毛などをする方法です。最後は美容外科などのクリニックで行う医療脱毛です。お金のことを考えると、脱毛テープやワックスで自分で処理をするのが1番安いですね。脱毛器も数万円で入手できます。ただ、素人のすることですのでアレルギーのリスクもありますし、アフターケアをきちんとできない、痛いという問題が生じることも有ります。

次はエステサロンでの施術です。良心的なサロンを選べば、肌に大きな負担が無く、綺麗に脱毛できます。ワックス脱毛、光脱毛、レーザー脱毛、糸脱毛などが主に行われています。新規参入するところが多いので、価格は昔より下がってきています。最後は医療機関での脱毛。毛穴に針をさし、電流で組織を壊死させる針脱毛(ニードル脱毛)は医療機関でしか受けられません。また医療に使い、出力を調節できるレーザー機器もクリニックでしか扱えませんので、ご希望の方は医院を探しましょう。ただ、費用がかさみやすく、全身だと数十万かかることも有るので下調べをして予算を決めておきましょう。部分だけですと、数万円からできるクリニックもあるので、インターネット検索などで探してみましょう。肌が弱い方は最初は医院で受けた方が良いかもしれません。

脱毛法の種類

光脱毛はフラッシュ脱毛とも言いまして、毛のメラニン色素を破壊する光を当てて毛を毛根から抜けるようにする方法です。肌に比較的負担が無く、サロンで人気の手法です。レーザー脱毛もメラニン色素に反応して細胞を破壊し脱毛を引き起こすことは同じです。ただ、レーザーの方が直線的に進み、熱量が高いのです。このふたつの方法は日本では大変普及率が高いのです。私たちの体毛はメラニン色素を多く含んでいます。出力を調整すれば淡い色の毛でも脱毛できなくはないのですが、やはりはっきり反応するのは肌と毛のコントラストが強いケースだそうです。そのためかアメリカなどでは日本ほど人気がありません。

アメリカでは針脱毛が普及していますね。毛穴に針をさして電流を流して毛根などを壊して抜く方法です。感染症の心配や痛みの問題がありますが日焼けをしていても使えることがあってよく用いられます。今は絶縁針脱毛が主流で痛みが少ないそうです。
ワックス脱毛はどちらかというと「抜く」ことを主眼にした物です。凝固する性質のあるワックスに毛を閉じ込めてはがして抜きます。糸脱毛は東洋で生まれたもので絹糸に産毛を絡めて抜きます。このふたつの手法はさほど長持ちしませんが、肌のきめが整うので、ブライダルエステとしても人気がございます。各々の性質を理解して試すものを決めましょう。

脱毛のアフターケア

VIO脱毛
にっくき無駄毛も元は肌の水分や皮脂を調節するためにあるもの。それを抜くのが脱毛です。アフターケアをきちんとしないと、炎症など皮膚トラブルが生じます。サロンやクリニックでは化粧品やケア用品を用意してくれます。買取のことも多いので、事前に料金が最初の値段に含まれているか確認しておきましょう。
ご自分で脱毛なさった時には次のことを注意しましょう。脱毛後肌がほてるので冷やすこと。氷嚢を使うか冷たくしたおしぼりをあてて冷やします。肌が落ち着いたら保湿をしてください。方法によってはしみるのを防ぐため、保湿は次の日が良いことも有ります。お風呂は、熱いお湯ですと皮脂を失いますので、ぬるくする方がいいですね。脱毛後すぐの入浴は炎症を起こしますのでなさらないでください。

また、紫外線にも注意しましょう。直後は勿論、落ち着いたあともあまりあたらない方がベターです。日焼けは半ば火傷のようなものなので脱毛してバリア機能が落ちた肌は下手をすると赤くなってしまいます。ほてった場合は冷やし、余計な成分が入っていない温泉水などのミストをかけておくと少しは違います。エステサロンやクリニックでの施術でもご自分でのケアでも、もし脱毛後何か肌に変化が出たら、皮膚科医に相談することをお勧めいたします。前の項で脱毛法についてお話しましたが、その方によって合う合わないがございますので用心深く脱毛をなさってください。正しい知識をもって脱毛すれば憧れのつるつるお肌も夢ではないですよ。

自宅でも脱毛できます

サロンやクリニックに行くまでもないけれども無駄毛のケアをしたいという方は、ご家庭でできる脱毛は如何でしょう。デリケートな部位だけサロンでして後は家でケアすると費用を抑えられます。ワックス脱毛や糸脱毛はやり方を覚えれば、ご自分でできる手法です。ワックスは市販品と食品を使った自家製のものがございます。両方とも上手にしないと痛いのですが、コスト面では安いのです。他に脱毛テープなども比較的入手しやすいものです。

個人的なお勧めは脱毛器ですね。シェーバーと一体型になって引き抜くものは安価で人気があります。ただ、剛毛ですと痛いのであまり向きません。光脱毛もしくはレーザー脱毛の脱毛器がご自分でお好きな時に出来て良いでしょう。お値段もピンからキリで安いと数万円ぐらいから購入できます。形も携帯できるコンパクトなものや、本格的でおしゃれなものまで様々です。脱毛器を買う前には是非口コミサイトなどをみてください。どの機械にも良い部分と悪い部分がございます。電力消費量、価格、痛みの有無、機材の手入れ方法が楽かどうか、脱毛の効果はでやすいか。部屋に置いてあっても邪魔にならない外観かどうかを厳しくチェックしましょう。また取扱い説明書は必ず目を通し、正しい使い方で脱毛をなさってください。間違えると肌にも財布にも大きなダメージがきますのでご注意くださいね。サロンやクリニックの脱毛も家庭での脱毛も満足いく仕上がりのものを選びましょう。

脱毛のメリット

VIO脱毛
脱毛には様々なメリットがあります。脱毛法にもよるのですが剃ったりするより、毛穴が目立たないこと、肌触りが良くなること、処理の効果が長続きすることが脱毛全体の長所として挙げられます。特に無駄毛を閉じ込めて抜くワックス脱毛は処理後また生えてくる毛が薄くなり柔かくなることで人気があります。糸脱毛という台湾などで行われてきたものを変形させた方法は、産毛を糸にからめとって抜く手法です。角質をとって肌色が明るくなることが人気の秘密ですね。ワックス脱毛と糸脱毛は比較的安価です。

毛根から破壊して毛を生えにくくするのなら、光脱毛(フラッシュ脱毛)レーザー脱毛、針脱毛がございます。きちんとした機関で行なえば、月単位で処理いらずです。光脱毛とレーザー脱毛は、メラニン色素を焼却する光を使ったもので、日本人の身体には向いています。針脱毛はやや時間がかかるのですが、医療機関で確実に脱毛できる手法として、各国で導入されています。

脱毛の難点は上手に施術しないと痛いことですね。特に針脱毛は昔から痛いことで有名です。絶縁針に変わって随分と軽くなったようですが、痛いのが苦手な方は少し考えてみた方が良いでしょう。痛みの感じ方は個人差がありますので、事前にどのような痛みがあるか問い合わせてみるとよいですね。光脱毛、レーザー脱毛、針脱毛共にじわじわと毛根の細胞を破壊しますのですぐ無駄毛が無くなるわけではありません。急いでいる時には不向きでしょう。ご自分の状態にあった脱毛法を見つけたいですね。

むだ毛処理どうしてる?

人間には頭髪、眉、ひげ、わきや陰部など以外には濃い体毛がありません。体毛は元々皮膚が変化したもので、保湿、紫外線や寒冷に対抗する、摩擦から肌を守るなどの役割をもっています。猫などはしきりに毛づくろいをしますが彼、彼女の場合、ビタミンを摂取する目的もあります。猿などは互いに毛づくろいをすることで上下関係を保つことも有ります。猫のひげなどは感覚器の役割もしています。

しかし、私たち人間はこの被毛を棄て、道具や火を使う事で生存を保つ道を選びました。必要ない部位の被毛は著しく退化しています。しかしホルモンバランスなどの影響で、出てほしくない部位に毛が出ることもございます。それが無駄毛です。

無駄毛の処理法は剃る、切る、焼き切る、抜くなどの方法がございます。昔はアンダーヘアーを線香で焼き切る、石をこすりあわせて摩擦で切るなどの手法がとられてきました。刃物で切ると先端がチクチクするためです。でも今はそんな事はできませんよね。火傷しますし、お線香が家にない方も多いでしょう。自分で処理していると肌に負担がかかってしまってシミなどが出来たりもします。私たちは象牙色の肌に黒もしくは茶の体毛ですから染めて目立たなくするという手法もあるのですが、かぶれてしまうことがあるのでお勧めできません。脱毛は古代エジプトや古代ギリシャから行われてきた無駄毛の処理方法です。現代のワックス脱毛に該当するものがあったと言われています。綺麗な肌を保つために皆様も脱毛をしてみませんか。