脱毛おすすめランキング

最近、ハイジニーナ脱毛が人気を呼んでいることをご存知でしょうか。そもそも、ハイジニーナって一体何?と言う方も多いと思います。簡単にご説明すると、アンダーヘアを永久脱毛し、完全に無毛状態にしている方を一般にハイジニーナと呼びます。しかし最近注目され始めたハイジニーナ脱毛というコースは、必ずしも全て脱毛しなくてはいけないわけではないようです。無毛状態にすることは、温泉や銭湯などに入る機会の多い日本人には、少し恥ずかしいと言うのも事実です。そこで人気の脱毛法は、部分的に永久脱毛をする方法です。今回はVIO脱毛と言う大人気コースについてご説明します。

すぐにでも脱毛おすすめランキングを知りたい方は 失敗しないサロン選びのコツ をご覧ください。

VIOとは、アンダーラインの各部位のことを差します。Vラインは、いわゆるビキニラインのことで、Iラインとは、陰部の両サイド部分のこと、Oラインは、肛門の周囲のことを差します。水着やTバックを着用した時に気になったこと、誰しもあると思います。

そのVIOラインをセットにした脱毛コースがハイジニーナ脱毛です。もちろん、相談をしながら、どこを脱毛しどこを残すのかを決めることになります。温泉や銭湯でも全く気にしないと言う方であれば、全て脱毛するブラジリアンスタイルもお勧めです。

どちらを選ぶにせよ、ハイジニーナ脱毛には多くのメリットがあります。水着などの着用時はもちろんのこと、生理時の蒸れによる痒みやかぶれ、自己処理による肌トラブルの解消などにも有効です。女性にとって少し恥ずかしい部分ですが、一度相談に行ってみるのも良いのではないでしょうか。

キレイも一緒に!サロンで脱毛

脱毛おすすめ
エステサロンで行われている脱毛の施術には、電気を通した針を毛根に刺してダメージを与えるニードル脱毛、医療用のレーザー機器の出力を抑えて美容施術用に改良したレーザー脱毛、可視光線の力を使った光脱毛が一般的です。

少し前までは、ニードル脱毛とレーザー脱毛が主流で、肌を傷める危険性や痛みを伴う施術もあり、結構な費用がかかるという事情も関係して、一般の女性が気軽に通えるイメージではなかったようです。脱毛のメカニズムが科学的に明らかになってくるとともに、脱毛機器の開発も進んだことによって、肌トラブルや痛みを軽減し、コストも抑えられた脱毛施術が広まり、現在ではOLや主婦、学生など一般の女性にも幅広く受け入れられるものとなってきました。
カミソリや毛抜きを使って自分でムダ毛を処理すると、肌を傷めることが多く、剃り残しや抜けきれなかった体毛が周辺の細胞組織を刺激して炎症になったり、膿んで跡が残ってしまったりと、肌のトラブルを引き起こしやすいものです。これは、「毛を抜く」「毛を剃る」という行為そのものが肌トラブルの原因になるだけではなく、処理前後のスキンケアが不十分であることも大いに関係しています。

エステサロンの脱毛コースを利用するメリットは、脱毛前後の肌のケアを専門のスタッフが丁寧に施術してくれることで肌のトラブルを防ぎ、脱毛の効果を長持ちさせるホームケアについてもカウンセリングなどで相談できる点ではないでしょうか。

除毛と脱毛の違いとは

肌をきれいに保つ美容のひとつが、ムダ毛の処理です。欧米の人に比べて日本人がムダ毛を「美しくない」と感じる理由には、「美白」と言われるように、日本人の肌は白く陶器のようななめらかさのある肌が美しいとされる一方で、体毛は黒く硬い性質を持っている人が多く、体毛が目立ってしまう、体毛が伸びるとチクチク皮膚を刺激してトラブルを起こしやすい、といった日本人独特の体質が関係しているようです。

ムダ毛を処理するにはいくつかの方法があり、「脱毛」はその中のひとつで、ほかに皮膚の外に出た体毛を取り除く「除毛」、毛を生えにくくする「抑毛」のような処理方法があります。脱毛は、文字通り毛を根元から抜く方法で、レーザーなどの光源を使って毛の中の黒い部分にダメージを与えて毛根から体毛を抜き去ります。よく美容エステサロンやクリニックの宣伝で目にする「永久脱毛」とは、このようなムダ毛の処理を何回か繰り返すことで体毛の生えてくる力を弱らせて生えにくくしたり、体毛の成長を促している細胞組織に直接電気を通した針を刺して破壊したり、いずれも一度の施術で完全に脱毛ができるものではありません。体毛が生えてくる周期は一本一本違いますので、肌に負担がかからないよう複数回処理をしなければいけません。

「抑毛」の場合、体毛を直接抜く作業はなく、専用のクリームやジェルを使って毛を細くして、抜けやすくすることが目的です。こちらも一度で効果が得られることは稀で、効果には個人差があります。

「除毛」は、カミソリなどで体毛を取り除く処理方法です。一度で見た目には毛が無くなったような仕上がりになりますが、毛根も体毛に栄養を与えている細胞組織もそのままなので、またすぐに体毛が生えてくるために日常的に処理を行う必要があります。

全身永久脱毛で美しい肌に

脱毛おすすめ
無駄毛を日常的に処理する私達にとって、永久に全身の無駄毛が生えてこないことは、まるで夢のような話です。では、その夢の全身永久脱毛をするに当たって、覚えておくべきことを簡単にご紹介します。

まず、一体どのくらいの金額と期間が掛かるでしょうか。これは、お店によって大きく違いますが、レーザー脱毛であれば約40~70万円、期間は1~2年です。また、フラッシュ脱毛をする場合は、約20~40万円での施術が可能ですが、レーザーに比べると永久的な脱毛という点で劣ります。また、期間は2~3年必要になります。
そして、これほどの費用が掛かるにも関わらず、4年後に無駄毛が生えてきた…と言う方も多くいらっしゃるのが事実です。それはやはり、体質や元々の毛量などが関係しているため、個人差が大きいと言えます。

その際、ありがたいプランが、「保障期間○年」や「無期限・無制限」などがついたコースです。永久脱毛と言う名目で施術を行っても、体質により数年で無駄毛が生えてきてしまうことは、珍しいことではありません。そういう方でも長期保証、無期限保障があれば、期間内に何度でも施術を受けることが出来ます。永久脱毛が終了しても、無駄毛が生える度に脱毛を行えるなんて、素晴らしいプランです。是非、積極的に活用したい制度ですね。
全身の永久脱毛を行うことで、日々の無駄毛処理に時間を割くこともなくなり、露出の多いファッションでも心配が減ります。それは、女子力を上げると共に、精神的なストレスからも開放されることでしょう。皆さんも、全身永久脱毛で心身共にリフレッシュしてみませんか。

男性も脱毛する時代が到来

かつては、脱毛と言えば女性がするものとされてきましたが、近年では、男性の脱毛も珍しくないようです。そもそも、日本人女性は男性の無駄毛(胸毛など)を嫌う傾向がありますよね。その理由として、日本人は元々、胸毛があまり生えない体質なのだそうです。だからこそ、生えている人は目立ち、嫌悪感を抱かれてしまうようです。最近は、海外でも、体毛は男らしさ、セクシーさの象徴と言うイメージは減ってきたようで、国内のみならず脱毛をする男性が増加しています。そんな男性の脱毛事情について見ていきたいと思います。

まず、女性が嫌う無駄毛部位で代表的なのが、胸毛、背中の毛、手の甲などだそうです。ここから推測されるのは、すね毛や腕の毛のように、当り前に生えている部位より、「生えている人が少ない」部位が嫌われるようですね。従って、脱毛を必要とする男性は、これらの体毛が目立ってしまう「少数派」の方達に限られるのかもしれません。
では、彼らにとって適した脱毛法とはどんなものがあるのでしょうか。一番安心のできる方法は、メンズエステサロンに行くことです。近年では、メンズ脱毛が多く取り入れられていますので、プロにお任せする方法が安心でしょう。脱毛法は、男性の根強く密度の高い毛根を永久に脱毛すると言う点では、高出力の医療レーザーが最適かと思います。また、ベストセラー脱毛器の「ケノン」や、狭い範囲のレーザー脱毛に特化した「トリア」、男性モデルも愛用していると言う「ラヴィ」などの家庭用脱毛器も人気のようです。

失敗しないサロン選びのコツ

  1. ミュゼプラチナム

    店舗数・売上、脱毛専門サロン顧客満足度でNo.1を獲得
    初めての方には、ミュゼの「両ワキ脱毛完了コース」がおすすめです。お手頃価格で、期間も回数も無制限で脱毛し放題!人気NO.1のメニューです。満足の仕上がりになるまで何度もお手入れを受けられるので、安心です。

    ミュゼプラチナムの詳細

  2. 脱毛ラボ

    全身脱毛トップクラスサロン!世界84店舗、会員数12万人以上
    脱毛ラボの人気を支える「月額制の全身脱毛」!ヶ月に2回の来店ペースで全身22ヶ所が隅々までキレイにできます! 毎月ごとのお支払いなので金銭的なリスクがなく、安心して全身が脱毛できます。

    脱毛ラボの詳細

  3. ジェイエステ

    36年の経験と実績!しつこい勧誘なし・追加料金なし
    独自開発の脱毛マシンを採用したことで、施術時間を大幅に短縮。光脱毛は光を当てるだけなので、あっという間に施術が終わります。1回の施術時間が短いため、気軽に通っていただくことが可能です。

    ジェイエステの詳細


女性向けの雑誌やインターネットでは脱毛ができるエステサロンの宣伝記事がたくさんあり、値段も使っている技術もさまざまで、脱毛を考えている人にとっては「何を基準に選べば良いの?」と思ってしまうくらい選択肢が多いでしょう。さらに、格安もしくは無料での体験コースを実施している店舗も多く、体験だからと安易に申し込んで高額な化粧品を購入させられてしまった、など悪質なサロン業者に被害を受けたケースも少なくないため、サロン選びには慎重な姿勢が必要と言えるでしょう。

よりよいサロンを選ぶための第一歩は、「自分に合った脱毛技術」があるかどうかを判断することです。脱毛美容のニーズが高まり、サロン用の脱毛機器の進歩がめまぐるしい現在、脱毛といえばこれ、と呼べるような決まりきった施術方法がないのが現状です。サロンによって使っている技術やエステティシャンの質もさまざまです。また、脱毛は体毛の成長周期に合わせて、何度か施術を受けなければならない点も考慮して、自分の肌の質や気になる部位に対応した施術内容をプランニングしてくれるサロンを選ぶようにしましょう。
そして、満足のいく効果が得られなかった場合、サロン側がどんな対応をしているのか契約前に確認しておくことが大切です。施術料金が明瞭で返金保証などの制度を採用しているサロンでは、それだけ機器の安全性やスタッフの質に自信を持っているということにつながっているため、ある程度安心してカウンセリングを受けることができるでしょう。

脱毛による肌トラブル

綺麗な肌を手に入れるための脱毛によって肌のトラブルを抱えてしまっては、意味がありませんよね。脱毛という行為自体が肌を傷つけることはほとんどありません。目に見えなかったり痛みがなかったりするだけで、人間の体毛は日々生え変わり、抜けていきます。

一般的にムダ毛と呼ばれる、ワキやデリケートゾーンの体毛は太く毛根がしっかりしていて、産毛のようにちょっとした刺激で抜け替わる性質の体毛ではないため、毛が抜ける際には若干の痛みがあり、脱毛前後のケアが必要になりますが、毛が抜ける現象は他の体毛と変わりないのです。脱毛による肌トラブルの原因は、主に毛根周辺の組織への過剰なダメージや、抜けきれなかった体毛の処理が十分でないことが挙げられます。

カミソリで処理をすると、必要な皮膚の層まで削り取ってしまうことが多いようです。細かい擦り傷の状態になるため、炎症を起こしたり、水分を保つことができずに乾燥肌になったりする原因となります。

毛抜きでの自己処理は体毛と一緒に、皮膚内部の組織がめくれ上がったような状態になってしまったり、切れた毛が皮膚の中に入ったまま埋没毛になってしまったりと、知らず知らずのうちにダメージを与えてしまっている場合があります。埋没毛は皮膚から出られずに成長し周りの組織を傷つけてしまいます。
このような状態のまま放置してしまうと、傷ついた部分から雑菌が入って「毛嚢炎」と呼ばれる感染症にかかってしまうことがあります。この炎症は非常に痛く、かゆみもありますので、膿を持った状態は見た目にも悪くなるうえ、掻き壊してしまい症状が長引いてしまう危険性もあります。

知って得する!脱毛ケアの知識

脱毛おすすめ
家庭用脱毛器が比較的安く家電量販店などで出回るようになってから、自宅でワキや脚、デリケートゾーンのムダ毛を自分で処理する女性も増えてきました。手軽に体毛の自己処理が可能になったものの、脱毛前後に必要なケアの知識を得ていないために、肌トラブルを引き起こす例が多いようです。
はじめに、脱毛とは文字通り「毛を抜く」行為で、「ムダ毛」と言ってもやはり人間の体に必要である「肌を守る」働きを持つ毛を取り除いてしまうために、炎症や乾燥などのトラブルが発生しやすくなることを頭に入れておかなければいけません。

肌を守る働きとは、皮膚から水分や体温が過剰に逃げて行ってしまうのを防ぎ、同時に皮膚表面と皮膚内部に外から付着した雑菌が入り込んで繁殖しないようにするための機能です。体毛が取り除かれると、この機能が低下してしまいますので、脱毛の前にはシャワーを浴びる、消毒する、化粧水などで保湿をしておく、といったケアをすると良いでしょう。また、脱毛器に付着している雑菌は皮膚内部に入り込みやすく、刃こぼれやゴミが挟まった状態だと肌に負担をかけてしまうため、器具の状態もチェックしておきます。
毛を引っ張って抜く脱毛や、毛根にダメージを与えて抜き去る脱毛器を使うと、毛穴が広がった状態になります。冷却パックで充分に皮膚表面から冷やして毛穴を引き締めます。体毛がなくなると紫外線からの刺激にも過敏になってしまいがちです。脱毛してすぐの外出は肌に負担をかけてしまいます。脱毛後の敏感になった肌には、普段使っているスキンケア用品が刺激になってしまうこともあるようです。必要以上に濃度の高い化粧品は避け、天然由来成分を使った肌に優しい保湿をしましょう。

脱毛とホルモンバランスの関係

女性のホルモンバランスは、本人の生理や妊娠などによる乱れだけでなく、ストレスの多い環境や体質によっても影響があり、個人個人で大きく差があるものです。ホルモンバランスを乱してしまうと、健康を損ねたり、イライラしたりと、身体と心の両方に警告サインとなる症状が出てきます。体毛もその影響を受け、抜け毛が増えたり、逆にムダ毛が普段より多くなったりします。また、女性の肌は皮膚層が薄く外的な刺激にも敏感であるため、年齢だけでなくその時々の体内環境で肌質が変わってしまうこともしばしばあるのです。
このようなデリケートな女性の体質を考慮して、ほとんどのエステサロンでは生理や妊娠、出産直後の女性に対する施術を行わないようです。特に妊娠、授乳中では、体毛が増える女性が多く、一時的に脱毛処理を行っても、体毛の成長サイクルが通常時と違ってくるために効果は薄いとされています。

肌が敏感で刺激に弱くなっているホルモンバランスが乱れた状態で脱毛を行うと、痛みやかゆみにも過剰に反応してしまい、結果として肌のかさつきやかぶれの原因になってしまうこともあるので注意が必要です。したがって、生理中や妊娠中、出産直後などホルモンバランスが崩れやすい時期には、無理な脱毛は行わないというのがベターな選択と言えるでしょう。それでも、マナーとして冠婚葬祭や面接など身だしなみの一環としてムダ毛の処理をしたいという時には、肌に負担をかけないレディースシェーバーを使って済ませたり、使い慣れた家庭用脱毛器の出力を落としたりなどの工夫が必要です。

いろいろな脱毛方法

脱毛おすすめ
脱毛の方法には、自己処理によるものとプロの手によるものがあります。ムダ毛の自己処理方法にはまず「1本1本毛抜きで抜く方法」「カミソリ(シェーバー)で剃る方法」があります。また「脱毛ワックス、脱毛シートで毛を剥ぎ取る方法」があります。これは接着力の強い薬剤や材料を使って毛をいっきに毛根から抜き去るやり方です。「脱毛剤を使う方法」は、薬剤を肌に塗ることで毛を溶かすというものです。さらに「家庭用脱毛器を使う方法」もあります。光やレーザー、熱などのエネルギーで毛根にダメージを与える簡易マシンを使う方法です。値段は5,000円以下のものから100,000円近いものまでさまざまです。

自己処理はコストは低いですが毛根を完全に処理することはできません。永久脱毛を希望するならプロの手によるムダ毛処理のほうが確実でしょう。エステティックサロンでの脱毛法は主に「光(フラッシュ)脱毛」が採用されています。フラッシュ光の熱エネルギーにより毛根にダメージを与え、老廃物として自然に排出させるメカニズムとなっています。1本1本処理する「ニードル式脱毛」はかつての主流でしたが痛みが強いのと時間がかかるのが難点です。クリニックで行われる脱毛法は「医療レーザー脱毛」とよばれるものです。黒いものに反応するレーザー光を毛のメラニン色素にあて、毛根および周辺組織にダメージを与え、新しい毛が生えてこないようにするしくみになっています。エステティックサロンやクリニックでの脱毛は、より確実ですがコストは高くつきます。

プロの手による脱毛

自己処理による脱毛法はコストは低くても肌を傷めたり、すぐにまた毛が生えてきてしまったりなどのデメリットがあります。肌にも優しく、かつ毛が簡単に生えてこないような施術を希望するなら、エステティックサロンや医療機関での脱毛をおすすめします。

エステティックサロンで主に採用されている脱毛法は「光(フラッシュ)式脱毛法」です。サロンにより名称は違う場合もありますが、基本的には光(フラッシュ)がもつ熱エネルギーを利用して毛根にダメージを与え、老廃物として自然に抜け落ちさせるというメカニズムになっています。一度に広範囲を処理でき痛みも少ないのが特徴です。「ニードル式脱毛法」は毛穴一つ一つにニードル(電子針)を刺して、電流を流し毛根を焼くというものです。これはかなり時間がかかりますし、施術者が未熟だと痛みがかなり強いといわれています。

クリニックや美容皮膚科などの医療機関で行われるのが「医療レーザー脱毛」です。毛周期を利用し、成長期の毛のメラニン色素にレーザー光をあてて毛根と周辺組織にダメージを与える方法で、何度かの照射で毛根は退化してしまうので、新しい毛は生えてこなくなるというメカニズムになっています。脱毛効果はもっとも確実です。
エステティックサロンや医療機関での脱毛は確実性がありますが、施術の金額はかなり高価です。無料もしくは安価なお試し体験を受けることで、自分に合う方法かどうかを判断することができます。コスト面も含めて事前カウンセリングでよく相談するといいでしょう。