車査定の相場を比較

要らなくなった車を車査定に出し、売却することで、大きなメリットが生じます。車査定では、査定結果によって現金を手に入れることができます。高く売れれば売れるほど、より多くのお金を手にすることができます。また、仮に予想以上の査定金額にならなくても、ペナルテイは一切発生しないので、ノーリスクでトライすることができます。そう考えると、これまで車査定をやったことがない方でも、試してみる価値は十分にあると言えます。

すぐにでも車査定の評判から選んだランキングを知りたい方は 中古車査定一括サイトの利用 をご覧ください。

車査定における自己分析とは、売却したい車の状態を知ることです。走行距離はどれぐらいか、購入してから何年経過するのか、型番は何か、年式はどうか、傷の状態はどうか、ローンが残っているかどうか、車検は受けたのかなど、とにかくありとあらゆる観点から、車をチェックするのです。これら以外の項目でも、査定対象になる項目はありますが、入念に自己分析することで、あるメリットが生じます。それは、売却したい車のおよその査定額が見えることと、本当に市場が欲しがっている車かどうかが分かることです。この2点が分かれば、車査定に関する情報を予め得ているので、本査定の際に、「実際のイメージとは違った」などと落胆することがなくなります。そして、自己分析ができることによって、他社分析、つまり業者の分析もできるようになります。その業者はどんな車が欲しがっているのかが見えてきます。自己分析の後は、インターネット上での情報入力による査定や、必要な書類の準備、査定士による車査定の予約をして、車査定本番とつなげていけば、スムーズに段取りを取ることができるし、基礎知識の面では、まず合格です。

車査定における自己分析のコツ

車査定の相場

車査定では、いかに自分が売却したい車のことをよく知っているかが、査定時の命運を分けると言われています。まず初めに、自己分析をすることから始まるわけですが、一体どのように自己分析をすれば良いのかについて、ここでは学んでみましょう。

自己分析の際に絶対に外してはいけないことがあります。それは、売却したい車をありのまま見つめることです。どんな人でもとにかく高額査定を狙っている以上、実際の状態よりも良く見せたいという心理が働きます。しかし、ここで背伸びをしたところで、プロの査定士からしてみれば、すぐにばれてしまうものです。ましては、実際の状態とは違う申告をしたとして、査定士の信頼を失ってしまう可能性もあるので、背伸びをすることだけはおすすめできません。それよりも、客観的に自分の車をチェックする方が、何倍も効果があります。

自己分析では、まず、走行距離を調べてみましょう。走行距離なんて大したことないと感じるかもしれませんが、査定額にかなり影響するのです。走行距離が多ければ多いほど、その車を乗りこなしたということになりますから、走行距離を無視して査定をすることはできないのです。走行距離をチェックしたら、年式を見てみましょう。同じ車種でも、年式が1年違っているだけで、査定に大きく影響します。というのも、車のデザインの流行は、ファッション同様、流れが非常に速いので、1年経った段階で市場のニーズも大幅に変わってくるのです。年式やデザインが分かるだけで、売却したい車がどれだけ市場で必要とされているのかが良く分かるのです。

車査定における必要書類の準備

車査定に必要な自己分析が終わったら、必要書類を準備します。ここで言う必要書類ですが、実際に手にするまでに、ある程度時間がかかる場合もあるので、余裕を持って取り寄せておく方が良いです。では、車査定における必要書類について見てみましょう。

必要書類は、普通自動車を売却したいのか軽自動車を売却したいのかによって、若干の違いはありますが、ほとんど変わりありません。ここでは最も一般的と言われている、普通自動車の場合の必要書類について見てみましょう。まず、運転免許証です。これまで車を運転していたわけですから、さすがに無免許なはずはありません。免許証を提示することによって、無免許でないこと以外にも、本人確認の証明もすることができます。住所、氏名、年齢、連絡先など、正しいかどうかを確認できるのです。その結果、第三者が車査定をするという事態を防ぐことができます。免許証のほかには、自賠責保険の証明書、車検証、自動車税納税証明書を用意します。自賠責保険は、自動車保険の中で、絶対に加入しなければいけない保険です。そして、車検に通るためには、自賠責保険の加入が必須となります。自賠責保険の証明書と車検証をセットで提示することで、車が公道を走って良いということを、客観的に証明することができます。最後の自動車税納税証明書は、自動車税を延滞することなくきちんと納めているかどうかを証明するための書類です。もし滞納があると、車査定や買取りができない場合もあるので、十分な注意が必要です。

車査定におけるちょっとした気遣い

車査定の相場

車査定の際は、査定士が主役でお客様は脇役とイメージするかもしれません。そのため、車査定に関することは全て査定士に任せてしまえば良いと考えてしまうのも、決して無理はありません。しかし、ここで車査定に関する事柄を全て査定士に任せてしまおうという考え方では、本当に納得のいく車査定のサービスを受けることができません。自分が最高のサービスを受けたいなら、まずは自分が相手に何かを与えることが必要です。とは言っても、高額なおみやげを査定士にあげろという訳ではありません。車査定において、ちょっとした気遣いをするだけでも良いのです。むしろさりげなく気遣いできることも、素晴らしいスキルです。では、どのように気遣いをすれば良いでしょうか。

まず、査定士に対する礼儀や言葉遣いは、きちんとするようにしましょう。査定士はスタッフとは言えども、お客様と同じ人間です。どちらが偉いということはなく、お互いに平等なのです。こちら側が客だからという理由だけで、査定士に対して横柄な態度や傲慢な態度を取っていると、査定士も気分を害してしまいます。そのことが査定額に影響したら、それこそ本末転倒です。そして、査定が終わったら、査定結果に関わらず、きちんとお礼を言いましょう。最近はお礼を言わない人はあまりにも多いですから、ありがとうと言えることは、どれだけ査定士の心に響くか、計り知れないものです。心のこもったお礼をすれば、たとえ査定額が不本意でも、いつか自分に跳ね返ってきます。

車査定における落とし穴

車査定をする際、多くの人が陥りやすい落とし穴があります。特に初めて車査定をする方は、落とし穴にはまる確率が高くなるので、より注意が必要です。では、一体どんな落とし穴なのでしょうか。それは、傷が見つかった場合の対処です。洗車をしたり掃除をしていると、車についた傷に気づくことがあります。小さな傷はもとより、大きな傷に気づくことさえも、決して珍しくありません。こういう場合、売却したい車の見かけを良くしようという目的で、修理に出したいと感じるものです。少しでも綺麗にして印象を良くしようという気持ちは素晴らしいのですが、これが大きな落とし穴なのです。では、なぜ車査定のために車を修理に出すことがいけないのでしょうか。

まず、修理に出すことによって、修理代が大きくかかります。場合によっては、何万にも渡ることもあります。車の場合、1回の修理だけでかなりの費用がかかるのです。修理代はバカにできません。しかし、修理に出したところで、査定額がアップするのでしょうか。実はそんなことはないのです。車に傷がついてしまった分、マイナス査定になることはあっても、極端にプラス査定になることはないのです。つまり、修理をしたところで、修理代を回収できるぐらいの査定額アップは期待できないのです。修理はまさにハイリスクローリターンな行為です。それならば、傷を発見しても、無駄に傷をいじるのではなく、そのまま査定に出した方が良いのです。ましては、自分で下手に修理した結果、傷口を更に深くしてしまっては、元も子もありません。

中古車査定一括サイトの利用

  1. かんたん車査定ガイド

    概算価格もスグわかる!最高査定額もバッチリ
    かんたん車査定ガイドなら 一回の情報入力で、複数の買取業者に無料でまとめて一括査定の依頼ができるので、高額買取りまでの手間も時間もお金も一切かかりません。しかも、入力してスグに概算の最高額もわかる! 自宅で待つだけで、あなたの愛車の一番高い買取価格が分かってしまうのだから、利用しない手はないですよ。

    かんたん車査定ガイドの詳細

  2. ズバット車買取比較

    最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる
    ズバット車買取比較には、大手から地域密着型まで、154社の車買取業者が参加。日本全国、どこにお住まいの方も気軽にご利用いただけます。 簡単な情報入力だけで、最大10社の車買取業者に一括で査定を依頼することができます。依頼後は、車買取業者からの連絡を待っているだけでOK!

    ズバット車買取比較の詳細

  3. カーセンサー.net簡単ネット査定

    数社の見積もりを比較して最高額で売却できる
    中古車の買取情報ならカーセンサーで。1番高い査定価格を出して買い取ってもらおう!簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ(ミニバン、セダン、トラック)などをご入力の上、 依頼を一括でお申し込みもできる!24時間いつでもどこからでも、かんたんに愛車の見積り依頼ができるから便利。

    カーセンサー.net簡単ネット査定の詳細


車を売却する際には、誰でもより高い査定額を付けてもらいたいと思うはずです。ご近所に買取店などがあると思いますが、手っ取り早くそこで車の査定をしてもらい売却するような安易な行動は避けるようにしましょう。今では、全国の買取業者から査定を受けられる中古車査定一括サイトがあるのです。利用の方法は簡単で、ご自身の車の車種や年式、走行距離などを入力すれば、複数の会社から自動的に見積りが届くのです。1件1件、買取業者を訪問して査定を受けるには、かなりの労力を要することになり、忙しい方などは、対応することができません。

しかし、中古車査定一括サイトならば、家にいながら、パソコンやケータイでご自身の車の情報を入力するだけで良いのです。買取業者によっては査定額に数十万円もの差が出ることもあるのです。見積りが届きましたら、信頼のおける、高い査定額を提示してきた複数社に訪問見積りをしてもらい、実際の査定額を提示してもらうのです。他社からの見積りも持っているので、あまりにも安い査定額になった場合には、他社の見積りを見せて、極力高く買取ってもらうような交渉が必要です。せっかく複数社からの見積りを入手しているのですから、その見積書を最大限に利用すればよろしいと思います。そして、中古車査定一括サイトを利用する際には、売りたいと思う時期よりもかなり前から対応する必要があります。車の価格は日々下がってしまいますので、なるべく早い時期に見積りを入手しておく必要があります。

車査定の相場

中古車の査定の相場は、なきに等しいと言っても過言ではありません。中古車は一品一葉です。同じ車種や年式の車であっても、走行距離が異なっていたり、ボディカラーが異なっていたりしますと、査定金額が変わるのです。また、ご自身の車の需要が高ければ、当然、買取査定価格も高くなります。ただし、おおよその価格帯がどの程度なのかを調べる方法はあります。実際に車の査定に出してみることです。今では中古車査定一括サイトなどがありますので、そちらで、多くの買取業者からの見積りをとれば、相場は理解できると思います。

しかし、買取専門店で車の査定を受ける場合には、需要と供給のバランスにより査定価格が決定されますが、販売店で下取りをする場合には、車種や年式、走行距離やボディカラーなどで基準価格が決まっていることが多いので、なかなか高い査定額を導くことはできないと思います。また、修復歴があるような車は、どうしても車の耐久性などで劣ることがありますので、高い査定価格は付かない場合が多いです。ボディに凹みなどがある場合にも、査定の際にマイナスポイントとなってしまいます。また、車内で喫煙をされていたような方や、ペットを乗せていたような方は、車内に悪臭が残っているような場合もありますので、査定額は下がります。買取店により、得手不得手の車種などがあると思いますので、やはり複数の買取店から査定を受けて、最も高い査定額を提示してもらうことが一番の方法です。

車査定で下取りの場合

車査定の相場

車の買い替えをする際には、今まで乗っていた車を、販売店で下取りをしてもらい、頭金にあてて、追い金(足らない金額)を支払うと言う方法もあります。一昔前は、中古車の買取専門店などがなかったので、誰しも下取りの方法で、高く下取りをしてもらい、そして新車の金額の値引きも同時に対応してもらうことで、追い金をいかに少なくするかということが重要なことでした。

あまり、お金にこだわらない人にとっては、購入も売却の手続きも両方対応してもらえる販売店のサービスはありがたいと思うかもしれませんが、あくまでも販売店は新車を販売することが、メインの仕事ですので、下取り価格については、決められた価格テーブルで、査定をするしか方法がなく、買取った車の再販にも力を入れていないのが実状です。ですから、面倒ですが下取りで車を売却するのではなく、買取店で買取をしてもらい、新車の購入のみ販売店でされる方法がよろしいと思います。ただし、下取りの方が条件が良い場合もあります。それは、新車を購入することと下取りがセットになっていますので、追い金を少なくするための、武器にもなると思いますし、万が一、下取り価格や新車の値引き価格などが少ないような場合には、例えば、オプション製品を無料で装着してもらうなどのサービスを受けられる可能性もあるのです。ナビなどの高額な商品は無理だと思われますが、例えば空気清浄器程度の装備ならば、サービスしてくれる場合もあるのです。

車査定で買取りの場合

買取店で車を買い取ってもらう方法は、一昔はなかったのですが、今では車買取専門店は、数多く存在します。販売とはセットになっていませんので、追い金という概念ではなく、単純に車を売却するための業者だと思えば良いです。買取店で買取をしてもらいますと、販売店の下取りなどよりもはるかに高い査定を受けられる場合があります。これは、車買取専門店が、販売網をしっかり確保しているからです。日本国内のお客さんはもちろん、海外向けの輸出車両としての需要がありますので、それに応えるために、どんなに走行距離が長いような車でも高く査定をしてくれる場合が多いのです。

日本車は、海外では品質の高さから、とても人気があり、特に東南アジアや中東の地域などで、中古車が活躍しているようです。走行距離が数十万キロになりましても、十分に走りますので、海外の方々にとっては、とてもありがたい存在だと思います。車を高く買取ってもらうためには、前項でも説明しまいた通り中古車査定一括サイトを利用されるとよろしいです。1社のみの査定では、適切なレベルの査定額か否かがわからないのです。このサービスを利用すれば、買取業者が高く車を購入するように勝手に競争をしてくれます。そして、ご自身は最も高い見積りを提示してきた会社に車を売却すれば良いだけのことなのです。あまりたくさんの査定見積りを取りますと、その後の電話対応などが大変になるので、最終的に訪問見積もりをしてもらう業者は3社程度に絞り込むとよろしいと思います。

車査定におけるクラス分け

車査定の相場

車査定というと、査定士が見かけで判断しているのかと感じるかもしれませんが、実は違います。もし査定士の感覚だけで査定額を出すとしたら、それこそ不公平な査定になってしまい、車査定を依頼する全ての方が、納得いきません。それよりも、車査定では、予め定められた項目を数値化することによって査定額を出すのです。では、一体どのようなカテゴリーを数値化しているのでしょうか。

まず、売却された車を車種によってクラス分けします。これは、それぞれの車種の市場でのニーズを表わしているのです。ニーズが高ければ評価は高く、逆にニーズがあまりなければ低く設定されます。日本産の車は、特Cというランクが最も高くなっております。特Cに該当する車としては、三菱のデグニデイ、マツダのセンティア、ホンダのNSXなどがあります。これらの車は、一時的な人気ではなく、長期に渡る人気があるため、特Cのランクになっているのです。それに対して、外車はいかがでしょうか。外車の場合は、特が最もランクが高く、なっています。外車のランクの特とⅥを比べてみると、ほぼ7倍ぐらい違うと言われています。
この査定基準はなかなか見慣れないかもしれませんが、一度この基準に則って車査定に出したい車を評価してみると、自分の車の市場における立ち位置がよく分かるようになるものです。同時に、車査定における査定は、非常に綿密なことに気づくことでしょう。どんな評価があるのかもぜひ知っておいてほしいと思います。

車査定における部位別加点基準

車査定は、一般的には加点法によって査定される割合が多いと言われています。加点法に積極的であるのには、理由があります。査定士側としては、できるだけ車の良い点を最大限に評価したいと思っているのです。どんな車でも中古車であるゆえ、何かしらの欠点はあるし、完璧な状態の車はありません。ならば、完璧な状態から減点をするよりは、良い点を見つけたら1点でも多く加点したくなるのです。だからこそ、加点法は車査定で欠かすことができないのです。では、具体的にはどういう点が加点されるのでしょうか。
まず、外装の状態です。

例えばですが、外装に全く傷がない場合は、約40点のプラスとなります。また、傷以外で減点ポイントが全くない場合は、約20点プラスになります。外装については、加点になるのはなかなかハードルが高いため、ここまで得点を高く設定しています。内装についても、全く減点ポイントがなければ約20点プラスとなります。また、こういう加点ポイントがない場合でも、定期点検整備を規定どおりに受けている場合も、加点ポイントがあります。その場合は、約15点プラスとなります。整備だけで加点の恩恵を受けるのは意外なことかもしれませんが、車を大切に扱うという姿勢が評価されていると考えて良いでしょう。
ここまで加点ポイントがあるかどうかチェックされたら、装備品についてチェックされます。エアコンやサンルーフ、シート、ナビゲーションなど、全ての装備品が条件を満たしていれば加点対象となります。加点ポイントは、状況によって大差がありますが、約10点から約1000点の加点があります。

車査定における部位別減点基準

車査定の相場

車査定ではできるだけ加点法で評価することは、既に学んだとおりですが、状態によっては減点法で評価されることもあります。こればかりは、ある意味厳しく感じるかもしれませんが、売却する車の価値を客観的に評価するためには、加点法のみならず、減点法も採用しないといけません。では、どういう場合に減点対象となるのでしょうか。

まず、外板に対する評価から見てみましょう。もしこれまでに外板を交換したり、修理したり、塗り替えたりという形跡がある場合は、減点対象となります。もしパネル単位で塗り替えがあったり修理の跡がある場合は、約10点のマイナス、全体的に原色に塗り替えた場合は約100点のマイナス、全体的に原色以外の色に塗り替えた場合は約250点のマイナスとなります。これだけ減点されると、かなりの痛手ですが、色は人の好き嫌いがかなり現れるので、どうしてもこれぐらいの数値になるのは、やむを得ません。

次に、バンパーの損傷に関する減点を見てみましょう。バンパーについては、1センチ以上にわたる傷や凹みがある場合、約10点の減点となります。もし修理の跡が残っている場合は、小さい跡であれば約10点、大きい跡であれば約30点となります。もし修理ではなく部品の交換の場合は、約50点マイナスとなります。ミラーについては、修理なら約5点、交換なら約10点から約50点です。

このように、減点法についても加点法のように細かくチェックされます。ただ、加点法で得た得点が大きければ、減点法で失った点数を、ある程度まではカバーできます。

車査定における走行距離の数値化

車査定では走行距離が大きく査定結果に関わっていることは、既に学んでいる通りです。実はこの走行距離に関する評価ですが、これも数値化することによって評価しているのです。走行距離と言うと、購入から売却までに何キロ走ったかという点のみを評価されると想像されていますが、実際に走った距離だけを評価するわけではありません。走行距離と同時に、何年ものであるかも併せて評価します。距離と年、この2つをかみ合わせて評価します。では、走行距離の数値化について、より具体的に見てみましょう。

まず、走行距離ですが、これは言うまでもなく、長ければ長いほど減点されます。それとは逆に、年については、経てば経つほど加点されます。というのは、同じ走行距離だとしても、年が経っていれば、1年間あたりの走行距離は少ないとみなされるのです。例を挙げてみますが、乗用車の中には、1年もので走行距離5000キロの場合は55点の加点ですが、これが同じ5000キロで10年ものとすると、210点も加算されるのです。逆に減点になる場合もあります。走行距離が60000キロで1年ものの場合、700ポイントも減点になる乗用車もあるのです。しかし、この乗用車の場合、10年ものであれば走行距離が60000キロでも、プラスマイナス0なのです。走行距離のマイナス分を、年のプラス分がカバーしてくれているため、数値が相殺されているのです。

このように考えてみると、単に走行距離が長いという理由だけで、減点されてしまうと考えるのは、早計なことが分かります。年も加味してみると、プラスになる可能性もあるのです。