砲径手術 何歳ぐらいで

砲径手術 何歳ぐらいで?包茎は男性にとって、時にとても大きな悩みとなるものです。女性が胸の大きさを気にするのと似ているのかもしれませんが、男性にとって陰茎は心身ともに重要な存在だと言えます。そこで包茎であることからコンプレックスに思っている人の場合は、包茎の治療をしたいと考えている人も少なくありません。しかし、包茎の治療をしたい理由は人それぞれあると言えます。

最も代表的なものとしてコンプレックスを解消する目的で、包茎の治療を受けるケースですね。上でも書いたように、包茎であることを非常にコンプレックスに感じている男性も多いです。包茎であることから温泉や公衆浴場、プールなどのように人前で下着を脱ぐことになるような場所に行けなかったりします。こうしたコンプレックスから解放される為に、包茎を治療したいと考える人が多いようですね。ただし、仮性包茎であるのなら自分の意志で治療をするしないを決めることが出来ますが、真性包茎やカントン包茎の場合は治療を受けないと重大な影響を陰茎に及ぼしてしまうことがありますので、恥ずかしいかもしれませんが治療をするようにして下さい。真性包茎やカントン包茎の場合、包皮がむけて亀頭が完全に露出することがありませんので、恥垢とよばれる垢がたまってしまって、とても不衛生になってしまいます。恥垢がたまることで、悪臭の原因となったり、病気や性病を引き起こすリスクを高めてしまいますので、しっかりと治療するようにしたいですね。

すぐにでも包茎手術のおすすめクリニックを知りたい方は 自分にあった包茎手術を選ぶには? をご覧ください。

また、女性に嫌われるかもと思い悩み、女性関係に消極的になってしまっていることから包茎治療を行う人も少なくありません。女性からすると包茎を嫌っている人も多いのですが、その原因は包皮にたまってしまった恥垢の臭いだとされています。包茎そのものに関しては、形がかわいいなどとして逆に好印象を持っている女性も少なくありません。ただ上でもあげたように真性包茎、カントン包茎の場合は女性と性交渉することによって、性病を引き起こすことにも繋がるので嫌悪感があるという見方もあります。包茎を治療することでコンプレックスを解消し、女性関係に積極的になれたという人も少なくないので、このタイプの悩みを持っている人は治療をしておくと良いですね。

包茎手術について クランプ法

包茎手術
包茎手術にも様々な手術があるのですが、ここではクランプ法という術式にスポットをあててみます。クランプ方とは、簡単に書いてしまうとクランプという専門の器具を使って余っている包皮を切除する包茎手術のことです。数十年前に主流となっていた術式なので、現在では一般的にあまり行われていない術式だと言えます。もう少し具体的にクランプ法を解説してみましょう。クランプ法では以下のように手順を踏んで手術を行っていきます。陰茎にクランプと呼ばれる器具をかぶせます。この時に根元まで差し込むことはなく、亀頭のフチ部分あたりまでクランプをかぶせておきます。クランプの上に余っている包皮をのせ、その上からリングをかぶせていきます。リングのラインに沿って、余っている包皮をメスで切除していく、という術式になります。そもそもクランプ法はアメリカで行われていた包茎手術です。特に幼児の包茎手術用に開発された術式で、失敗することが少なく、簡単に行える術式であるといったことから成人の包茎治療にも活用されるようになった経緯があります。およそ20年ほど前までは包茎手術の主流でしたが、近年でもアメリカで幼児の割礼を行う時にはクランプ法が使われています。

クランプ法のメリット、デメリットですが、器具を用いて手術を行っていくので、経験が浅い医師であっても簡単に手術を行うことができるメリットがあります。また、比較的短時間で手術を終わらせることができ、およそ10分程度で終わります。クランプにより血流を制限していることから出血量が少ないこと、手術料金が安価であることなどのメリットがあります。反対にデメリットですが、クランプ法の特徴であるクランプにはサイズがないので個人個人にあわせて手術を行うことが出来ません。レーザーなどを用いて包皮を切除することになるので、傷跡が目立ちやすくなっている、器具で包皮をはさみこむので独特の痕が残ってしまうことなどのデメリットがあります。他にも、ツートンカラーになりやすく見た目があまり良くないデメリットもあるので覚えておきましょう。

環状切開法

包茎手術の術式の中でも、古い歴史を持っているのが環状切開法です。環状切開法と言っても包皮を切除する場所によって、いくつかの種類に分けることができます。最も代表的な環状切開法としては前部環状切開法があります。この前部環状切開法とは、陰茎の先端部分である亀頭の下の部分をぐるっと1周して切除してしまう方法ですね。伝統的な手法の包茎手術であり、現在でも泌尿器科では一般的に行われている手術になります。ただし美容外科クリニックなどで行われることはほとんどありません。それは環状切開法よりもさらに進化させた術式がでてきているからです。

もう少し前部環状切開法を説明してみますと、亀頭の下にあたる部分に対して横にメスを入れて、そのままぐるりと1周分、切開をします。このことから環状切開と呼ばれており、比較的容易に治療を行うことが出来て、出血する量も少ないというメリットがあります。ただし、デメリットとしては、いわゆるツートンカラーになってしまいやすいことがあります。これは包皮と包皮内板では色が違うことから起こってしまうことで、術後の見た目があまり良くないのはこれが原因です。近年では、従来の切開場所よりもさらに亀頭に近い部分を切除する方法がとられることが多く、亀頭直下埋没法と呼ばれています。ただし、亀頭直下埋没法は技術が必要とされる術式であり、医師の腕によってその成否が大きく違ってくるとされています。

環状切開法のもう一つの術式として、根部環状切開術があります。根部環状切開術は前部環状切開法とは異なっており、陰茎の根元部分の包皮をぐるりと切除する方法となります。一般的にはバックカットとも呼ばれる手術で、傷跡も目立たず、ツートンカラーにもならないといったメリットがあるのですが、大きなデメリットとしては軽度の仮性包茎の人しか改善の効果が期待できないと言うことがあります。これは切除する部分が亀頭部分ではなく、陰茎の根元を切除することからくるものですので、軽度の仮性包茎であるのなら考慮してみると良い手術だと言えます。

包茎手術について 亀頭直下埋没法

包茎手術
包茎手術の中でも最も代表的な手術が亀頭直下埋没法と言えるでしょう。現在のところ、最も行われている包茎手術ですので見聞きしたことがある人も多いのではないでしょうか。亀頭直下埋没法とは簡単に書いてしまうと、亀頭のすぐ下の部分にある包皮を取り除いて、亀頭のフチ部分で縫い合わせる手術のことですね。包皮と言うのは、陰茎を覆っている皮膚のことで、この場合は陰茎の先端部分である亀頭を覆っている皮膚のことを指しています。亀頭のフチにあたる部分は俗にカリと呼ばれる場所ですね。この亀頭を覆っている余分な包皮を切除することで、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎のに対応しています。包茎手術の術式は多様化している傾向がありますが、この亀頭直下埋没法が最も行われています。

亀頭直下埋没法のメリットとしては、上でもあげたように基本的に包茎の種類によらず治療が出来ることがあります。他にも、手術痕や縫合の痕が目立ちにくく、ツートンカラーにもなりづらいといったことがあり、どこの医療機関でも行っている手術方法だというメリットもあります。しかし、どんな手術にも言えますが、メリットもあればデメリットもありますので、デメリットも紹介してみます。亀頭直下埋没法ですが、実は縫合するのがとても難しい手術でもあるので、医師の手術レベルによって大きくその結果が異なってきます。腕の悪い医師が手術を行ってしまうと、傷跡がとても目立つようになってしまったり、縫合が甘くて傷跡が開いてしまうこともあるそうです。また、包皮を切除し過ぎることによる、つっぱり感がでてしまうなどのデメリットもあります。

最も大きなデメリットとしては、包皮内板を切除することで陰茎の感度が鈍くなると言われることです。この感度が鈍くなることに対しては、医学的には見解が分かれていて、正確なところは解っていません。しかし、実際に亀頭直下埋没法を受けてから、陰茎の感度が悪くなったという人も沢山いらっしゃいますので、何らかの影響はあると考えて良いですね。

バックカット法

包茎手術ではそれぞれの術式に一長一短があるので、自分の包茎の種類や目的にあわせて医師と相談しながら、どの術式で手術を行うかを決めていくと良いですね。包茎手術の様々な術式の中でもバックカット法と呼ばれる術式をみてみましょう。

バックカット法とは、陰茎の根元部分にある包皮を切除するといった方法になります。根部環状切除術と呼ばれることもあります。バックカット法が向いているのは軽度の仮性包茎のみとなります。いわゆる包茎手術の痕であるツートンカラーになることもなく、傷跡も陰茎の根元なので目立ちにくいのが特徴の手術です。ちなみに、陰茎の背面を切開することになる背面切開術といった手術の術式もあります。この背面切開術のことをバックカットと呼ぶこともあるのですが、一般的にバックカット法といった時には、この根部環状切除術のことを指すので覚えておくと良いですね。稀に医師によっては背面切開術のことをバックカットと呼ぶことがあるようですので、医師と相談する時にはどちらのバックカットなのかをしっかり確認しましょう。

一般的な包茎手術の術式は、陰茎の先端部分である亀頭部分の包皮を切除することになります。このことから真性包茎、カントン包茎、重度の仮性包茎にも対応することができるのですが、亀頭部分の包皮には性感帯があるともされており、陰茎の感度が鈍くなってしまうことがあるそうです。また、いわゆるツートンカラーになることが多く、見た目的に嫌な思いをする患者さんも多いとされています。しかし、バックカット法ですと亀頭部分ではなく根元の包皮を切除しますので、これらの弊害が起こることもありません。

ただメリットだけではなく、デメリットもあるので紹介しておきましょう。バックカット法のデメリットとしては軽度の仮性包茎にしか対応していない手術であることがあります。重度の仮性包茎の人がバックカット法を受けたとしても、改善せずに別の手術をするという二度手間になることがあるので注意して選択しましょう。術後には、陰茎がむくんでしまったり、根元の傷跡すべてを陰毛で隠すことは出来ないと言ったデメリットもあります。

包茎と不衛生と病気の原因

  1. ABCクリニック

    日本の男性から「包茎」の悩みをなくしたい
    ABCクリニックでは手術内容の説明と必要性をきちんと患者様にご説明し、事前に明確な費用をお伝え致します。だから、ご納得いただいた内容の費用で治療ができます。 あなたの抱える不安に、経験豊富なカウンセラーが事例や比較を交えてお答えします。悩みの解決方法が明らかになることによって、安心と自信を取り戻していただける、治療を行うことができます。

    ABCクリニックの詳細

  2. 上野クリニック

    下半身の悩みは上野クリニックで即解決!過去20万人の包茎を治療
    上野クリニックは全国で18医院を展開する、業界内でも最大級のクリニックです。包茎でお悩みの方を一人でも多く救いたい、そんな思いから、北は札幌、南は福岡まで、全国展開をしています。包茎でお悩みの方はお近くの上野クリニックまでご相談下さい。 いつでも無料で相談できる24時間無料相談を実施、通院したことが誰にも知られないよう完全予約制・仮名申し込みを採用、全国ネットだからいつでもどこでもアフターケアを受けられるなど、上野クリニックは業界最大級の安心サービスを全ての患者様にお約束致します。

    上野クリニックの詳細

  3. 東京ノーストクリニック

    包茎手術なら20年の信頼と実績!診察・カウンセリングは無料
    東京ノーストクリニックでは、無料で包茎に悩む皆様からのご相談にお電話、もしくはメールお答えしております。お一人で悩まず、当院の男性ベテランスタッフにご相談下さい! 包茎は一人で悩んでいても何も解決しません。患者様一人ひとり違う、包茎の症状やペニスの状態に的確な方法をアドバイスできるように、無料で包茎治療のカウンセリングを行っています。

    東京ノーストクリニックの詳細


包茎と言うと、不衛生であるといったイメージがある人も多いです。一口に包茎と言っても様々ですが、こうした不衛生なイメージと言うのは真性包茎や重度の仮性包茎である場合のものですね。軽度の仮性包茎ですと、入浴時にきれいに亀頭周辺を洗うことが出来ますので、不衛生であるといったことはありません。しかし、真性包茎や重度の仮性包茎ですと、包皮をむいて亀頭を露出させることが出来ませんので、不衛生であったり、汚い、悪臭がするなどの悪いイメージを持たれやすいと言えます。

事実、亀頭を露出させることが出来ない包茎の場合はかなり不衛生であることに違いはありません。何故かと言うと、亀頭を露出させることが出来ない包茎の場合、恥垢と呼ばれる垢がたまってしまうからです。この垢は亀頭と包皮の間にたまってしまうもので、その正体は老廃物が蓄積したものになります。この恥垢をきれいに洗うことが出来ずに長期間放置してしまうことによって、発酵しているチーズのような臭いを発してしまうことがあります。この臭いがきつくなってしまうと、かなりの悪臭になってしまうこともあり、女性が包茎を嫌う原因ともなっています。また、尿道とも位置的に近いことから雑菌が繁殖してしまいやすい箇所でもあり、雑菌が繁殖することで亀頭が炎症を起こしてしまうことも少なくありません。この雑菌の中には子宮頸がんや陰茎がんを引き起こすといわれるHPVというウィルスも含まれており、放っておくことでがんのリスクが高くなるとも言われています。つまり、包茎そのものが不衛生であると言うのではなく、包茎であることの弊害の1つが不衛生や悪臭であると考えて良いでしょう。

基本的に対策としては、上でも少し触れたようにきれいに洗浄することができれば、恥垢がたまったとしても清潔さを保つことができます。亀頭と包皮の間に癒着が起こっていない軽度の仮性包茎の人であれば、亀頭を露出させて洗うことも難しくはありません。最初は刺激に弱いことも多いので、お湯で洗い流すだけからはじめて、少しずつ石けんをつけて洗ったり、手で洗うことが出来るように刺激にならしていくと良いですね。真性包茎や重度の仮性包茎の人の場合は、可能な限り洗える部分は洗うようにして下さい。しかし、奥の部分は洗うことが出来ないので、治療するのをお勧めしておきます。

包茎手術におけるバイクリル糸ってなに?

大抵の包茎手術では余っている包皮を切除するのですから、陰茎にメスを入れることになり、メスを入れたあとは糸を使って傷口を縫合していきます。怪我をした時など止血目的で縫合した経験がある人もいるかもしれませんが、縫合した時に使った糸はある程度傷口が治ってきた時には抜糸することが多いかと思います。この抜糸には痛いというイメージが多いので、それが嫌で包茎手術を敬遠する人も少なくないようです。そこで、最近の手術では抜糸をする必要がなく、時間の経過とともに人体に吸収されていく糸が用いられています。この糸のことをバイクリル糸と呼んでいます。

包茎手術を行うクリニックによっては手術に使われる糸を選択できないといったこともあるようですが、名前が知られている大手の専門クリニックですと糸を選択することができます。糸の選択をする時には、抜糸する必要がないバイクリル糸が選ばれることが多いようですね。バイクリル糸とは、編み糸の形状をしているもので、強度もありますし、ある程度の柔軟性があることから、縫合手術にはよく使われています。一般的なバイクリル糸は2週間ほどその効果を発揮して、その後はゆっくりと2ヶ月ほどの時間をかけて身体に吸収されていきます。抜糸する必要がない分、長期間患部をしっかりとくっつけておくことができるので、手術後の経過も良くなるそうです。ただし、デメリットとしては抜糸をしないことから、糸による痛みが続いてしまうということがあります。

近年ではバイクリル糸にかわってバイクリルラピッドという新しい手術用の糸も開発されています。このバイクリルラピッドはその名の通りに、バイクリル糸よりも早く溶けてなくなることが特徴です。糸としての持続力が約5日程度、体内に吸収されるまで1ヶ月強となっていて、バイクリル糸のデメリットをなくす糸だと考えて良いでしょう。しかし、バイクリル糸よりも高額になってしまうというデメリットはあります。

包茎と性病の関係性

包茎手術
包茎は性病になりやすいとされています。何故こうした話が出てしまうのかというと、包茎であると恥垢と呼ばれる垢がたまりやすいからです。恥垢とは、包皮と亀頭の間にたまってしまう垢のことで、亀頭を露出することが出来ないような包茎の場合、たまってしまって悪臭を放つ原因ともなってしまいます。仮性包茎の場合ですと、亀頭を露出させることが出来ますので、入浴時などに意識をして清潔にしておくと良いですね。この恥垢がたまっていることで、雑菌の温床となってしまうこともあるので、性病にかかるリスクが高くなってしまいます。

性病と言っても、実はその定義は曖昧です。一般的には、雑菌やウィルスといったことが原因となるもの、性交渉をすることで感染する疾患を性病と呼んでいます。ただし、他人には感染していなくても陰茎が炎症を起こしてしまうだけで、性病とされるようなこともあるそうです。包茎であるから必ず性病にかかるといった訳ではありません。性病になるリスクは高くなるのですが、あくまでもかかりやすいというだけで、清潔さを保つようにすることで予防をすることは出来ます。しかし、上でも触れたように重度の仮性包茎であったり、真性包茎などのように恥垢を洗おうとしても洗えないようなケースだと、性病にかかるリスクはかなり高くなります。ちなみに、真性包茎や重度の仮性包茎であることが原因で性病を発症してしまった時には、保険を適用して治療することもできますので、泌尿器科にいくといいでしょう。

包茎であることでかかりやすくなってしまう性病としては、亀頭包皮炎があります。亀頭包皮炎とは、亀頭の部分が恥垢によって炎症を起こして腫れてしまう性病のことですね。特に真性包茎の人がかかりやすいとされていて、繰り返し発症することでも知られています。他にも、ケーラー紅色肥厚症という性病があります。これは、陰茎が赤くなってしまう性病です。色素が沈着してしまうことで起こることから、素人が見ても判断しやすい病気なのですが、陰茎がんの前兆であるともされているので、陰茎が赤くなっている時には、病院で検査をしてもらうようにしましょう。

包茎と早漏の関係性

包茎である弊害の1つに、早漏であると言うことがあります。そもそも包茎であると必ず早漏なのかと問われれば、実はそうでもないのです。早漏になってしまう原因とは、現在のところはっきりとは解明されておらず、包茎であるからといって早漏であるとは言い切れないのです。では、どうして包茎であることで早漏だとされるようになったのでしょうか?包茎であることによって、基本的に亀頭は包皮に覆われている状態だと言えます。この時、亀頭が露出しているのなら下着にこすれたり、外気にあてられるなどで刺激に強くなっていきますが、包皮に覆われていると外部の刺激から守られることになるので、刺激に弱くなってしまいます。つまり、刺激に弱いと言うことは、性的な刺激にも弱く、感度が高いことからすぐに射精をしてしまうとされています。この主張が包茎イコール早漏であるといったものの代表的なものとなります。

では、反対に包茎を治療することによって早漏も改善することが出来るのでしょうか?包茎治療の広告などには、良く宣伝文句として早漏の改善にも繋がると言ったことが書かれていますよね。これは先ほど上げた主張を改善することで、亀頭が露出した状況になって外部からの刺激が増えることで、刺激に強くなるということが根拠のようです。しかし、医学的に見ると包茎であることと、陰茎の持久力については関係ないともされていて、その因果関係ははっきりとしないと言えるでしょう。ただ、包茎治療の中でも、手術を受けた場合は感度が鈍くなるといったデメリットが知られています。これは亀頭の周辺を覆っている包皮の内側には、感覚神経が密集していて、この神経群は性感に関する神経だとされているのです。包茎手術によってはこの神経が密集している場所を切除してしまうことから、陰茎の感度が鈍くなってしまいます。結果、性交渉を行った時にも長続きするようになるとされていますが、単純に喜んで良いことかどうかは判断しにくいですね。

他にも早漏は精神的なことが大きく影響しているとされており、包茎を治療することでコンプレックスから解放されて早漏が改善されるといったケースもあるようです。

包茎はガンになりやすいのか?

包茎について真偽が定かではない幾つかの噂があるのですが、その噂の中でも代表的なものは、包茎とはガンになりやすいということです。包茎であることによって、陰茎がん、子宮がんを引き起こす原因となってしまうという話なのですが、この噂は本当なのでしょうか?端的に書いてしまうと、陰茎がんについては包茎であることとの関係は否定することは出来ないと言われています。対して、子宮がんですが、こちらは包茎であることと直接的な関係はありませんが、間接的には関係があるかもしれないとされています。とても曖昧な書き方になるのですが、いずれにしても無関係ではないと言えます。

陰茎がんについてですが、これは陰茎がガンになってしまうことを指していて、日本ではかなり珍しい部類に入る病気だと言えます。陰茎がんについては包茎が原因の1つではないかとされており、日本人の場合は軽度の仮性包茎も含めると3人に2人は包茎と言われているので、注意しておいて損はないガンかもしれませんね。しかし、包茎だからと言って、必ずしも陰茎がんになる訳ではありません。では、どうして包茎だとガンや病気になりやすいとされているのかと言いますと、包茎が原因で陰茎が不衛生になってしまう傾向があるからです。亀頭が包皮にすっぽりと包まれているタイプの包茎の場合、包皮の内側と亀頭の間に恥垢と呼ばれる垢がたまってしまいます。この恥垢が雑菌を繁殖させる温床となっていて、悪臭を放つ原因ともなるのですが、現在のところ包茎と陰茎がんについて医学的な因果関係は立証されていません。

対して、子宮がんについてですが、子宮がんと言えば、ワクチンの接種が一般的になってきている子宮頸がんを思い浮かべる人が多いかもしれません。子宮頸がんとはHPVというウイルスによって発症するもので、包茎とは直接的な関係があるとは言えません。しかし、恥垢がたまっているとそこがHPVの温床となってしまうこともあるため、そのような男性と性交渉を行うことによって、子宮頸がんを発症してしまう可能性があるとされているのです。