出会い系アプリ・サイト

「出会い系サイトといえば、悪質サイト」そう認識している人は少なくありません。事実、巧妙に詐欺を行う悪質サイトが非常に多く、その中に健全なサイトが埋もれてしまっているのが実状なのです。予備知識なしで健全な出会い系サイトを探し出すということは、海に投げた小石を見つけるほどに難しいことでしょう。しかし、予備知識さえあれば健全なサイトを見つけ出すにあたっての難易度は格段に低下します。出会い系サイトを利用したいと思ったら、まずは悪質サイトを知ることから始めるべきでしょう。悪質な出会い系サイトのほとんどが、最終的に利用者から高額の金銭を騙し取ることを目的としています。最終的には都度課金(メール一通あたりで課金されるシステム)のサイトで大量のメールを利用させることが目的となっていますが、それに向けてのプロセスが実に巧妙なのです。

すぐにでも出会い系おすすめランキングを知りたい方は 本当におすすめの出会い系サイト をご覧ください。

悪質な出会い系サイトの運営者の多くが、まずは都度課金サイトに利用者を誘導することから始めます。その餌となる複数のサイトを同時に運営しているのです。たとえば、完全無料の出会い系サイトです。完全無料の出会い系サイトは餌サイトであることがほとんどで、登録した時点で都度課金サイトにも同時登録される旨が注意文面に小さく記載されています。この手口の場合、サクラが演じる架空の人物に恋愛感情や同情心を抱かせることによって、大量のメールのやりとりをするように仕向けるのが常套手段となっています。餌となるサイトは完全無料の出会い系サイトのみとは限りません。在宅ワークや内職、副業などのマッチングサイトを偽装し、そこで「簡単で高収入な仕事がある」などと募集をかけて誘導する「利益誘引型」と呼ばれる手口も急増しています。つまり、マッチングサイトを利用していたつもりが、いつの間にか出会い系サイトでのメールのやりとりをしていた、というパターンです。このような悪質サイトの手口を知っておけば、どのようなポイントに注意して出会い系サイトを選べばよいのかも自ずと見えてくるでしょう。後は感情に流されずに冷静な判断を下すだけです。

簡単に利用できた出会い系サイト

出会い系アプリ・サイト
かつて出会い系サイトを利用した犯罪が急増した時期がありました。これは携帯電話の普及によって誰もがインターネットを利用するようになった時期と重なります。以来、現在でも出会い系サイトに関わる犯罪は蔓延っていますが、じつは最近、出会い系サイト絡みの事件は減少傾向にあります。その理由として、出会い系サイトの規正法が厳格化されたこと、SNSを始めとしたコミュニティサイトが普及したこと、などが考えられていますが、あなたはなぜ、これらが出会い系サイト絡みの犯罪の現象に関わっているのかをご存知でしょうか?

まずは法律の厳格化です。簡単にいえば、出会い系サイト規正法が厳格化されたため、出会い系サイトそのものの運営が難しくなったのです。以前は良くも悪くも簡単に利用できた出会い系サイトですが、新しい規正法の施行後は公安委員会への申請、利用者の身分確認などが義務付けられたために、運営者のみならず利用者にとっても敷居が高くなったのです。

次にコミュニティサイトの台頭です。最近はもはやコミュニティサイトを利用していない若者の方が少ないでしょう。コミュニティサイトも見知らぬ誰かと知り合うことができますので、事実上、出会い系のツールととして利用できます。しかし、「出会い系サイト」ではないために、出会い系サイトの規正法は基本的に適用されないのです。例え未成年であっても、気軽に利用できます。

つまり、出会い系サイトの利用者がコミュニティサイトに流れ、出会い系サイト市場そのものが沈静化したために、出会い系サイト絡みの犯罪が減少しつつあるのです。しかしこの現象は同時に、新しい問題を生み出しています。それがコミュニティサイト絡みの犯罪の増加です。現在では出会い系サイトを遥かに上回る検挙数となっています。

しかしコミュニティサイトは日本人の生活に定着し、市場は国家の経済にも多大な影響を与えるまでに成長しました。規制の厳格化にもハードルは多いですし、出会い系サイトのように消費者が敬遠すれば済むものでもないのです。コミュニティサイトを利用する一人一人がその危険性を認識し、向き合ってゆかなければならないでしょう。

出会い系を利用する人

出会い系アプリ・サイト
出会い系を利用して犯罪に手を染める人は少なくありません。とくに多いのが18歳未満の児童に対する犯罪です。児童福祉法違反、児童買春・児童ポルノ法違反などが主な罪名になります。このような犯罪者のほとんどが、「知らなかった」「そんなつもりではなかった」などと言い訳します。確かに、中には相手が18歳未満の児童で、年齢を偽っていたことに気がつかなかったというケースもあるでしょう。しかし、だからといって全く言い訳にはなりません。何も許されません。

つまり、出会い系を利用する人は、自分が被害者にならないように気をつけるだけではなく、自分が加害者にならないように気をつける必要もあるのです。たしかに最近は出会い系サイトの規制法が厳しくなったので、18歳未満の児童が年齢を偽って出会い系サイトを利用することが難しくなっています。しかし、だからといって油断してはなりません。最近は小学生ですら化粧をする時代ですので、万が一年齢を偽った18歳未満の児童が紛れ込んでいても写真でそれを見抜くのは難しいでしょう。

これはSNSなどを始めとしたコミュニティサイトを利用するにあたっても同じことが言えます。むしろコミュニティサイトを利用するときの方が、より強く注意をするべきでしょう。コミュニティサイトは18歳未満の児童の利用が規制されていないからです。実際に最近ではコミュニティサイトで知り合った18歳未満の児童に手を出してしまうケースが急増しています。検挙数では出会い系サイトを上回る数です。

そもそもコミュニティサイトでは性的な目的で異性と出会おうとする書き込みが禁止されています。これを犯した時点で、立派な違法行為になるのです。異性との出会いを探したいのであれば、コミュニティサイトではなく出会い系サイトを利用しなければなりません。

つまり、出会い系サイトもコミュニティサイトも、利用するに当たっては十分な知識とモラル、そして警戒心が必要なのです。自分が被害者になることばかりに注意が向いていては、いつか加害者になるかもしれません。犯罪に巻き込まれないためにも、犯罪に手を染めないためにも、常に慎重で健全な利用を心がけましょう。

本当におすすめの出会い系サイト

  1. PCMAX

    会員数400万人を突破した日本最大級の老舗出会い系
    出会いの仕方は十人十色。会員様それぞれで違います。PCMAXでは、より多くの会員様へ素敵な出会いを体験頂く為、種類豊富な多数の機能・コンテンツをご用意し、皆さんに合った出会いをサポート致します。出会いへの最短距離である掲示板やプロフィールなどに加え、日記やゲームなどのSNSで見られるコンテンツも充実。気軽にお楽しみ頂きながらお相手とのコミュニケーションを図る事が出来ます。

    PCMAXの詳細

  2. ミントC!Jメール

    会員数450万人を誇る出会い系
    メールに画像や動画をつけて送ることはもちろん、携帯から直接メール返信できる「簡単返信機能」 や携帯に届くメールのタイトルや本文を自由に変更できるなど、便利な機能が充実!また「プロフィール検索」では、年齢、スタイル、趣味などの項目を指定して、たくさんの会員様の中から理想のお相手探しをお手伝いします。

    ミントC!Jメールの詳細

  3. ハッピーメール

    日本最大級の会員数を誇る優良恋愛コミュニティ
    ハッピーメールの使い方はとてもカンタン!会員登録数1000万を超えるから素敵なお相手がすぐに見つかるよ!お相手を見つけたら、豊富な返信機能で盛り上がろう!「ハッピー日記」「ハッピーパーティー」などの人気コンテンツの他にも無料コンテンツが充実

    ハッピーメールの詳細


被害者になるよりも、加害者になる方が人生の歯車を大きく狂わせてしまうことがあります。これは出会い系サイトに関わる犯罪においてもいえる場合があります。

出会い系サイトを利用しての犯罪の被害には、大きく分けて二通りの種類があります。一つは精神的、肉体的にダメージを負わされる犯罪です。主に出会い系サイトの利用者が18歳未満の児童に性的な行為を求めるケースがほとんどで、児童福祉法、児童買春・児童ポルノ法などに違反する行為になります。最近は18歳未満の児童の利用を防止するために身分証明書の提示などによる年齢確認が法律で義務付けられましたが、依然、このような犯罪は蔓延している状態です。

もう一つは金銭的な被害を受ける犯罪です。出会い系サイトの犯罪として、最近検挙数が急増している犯罪でもあります。多くの場合、出会い系サイトの運営者が加害者であり、利用者が被害者になります。手口としては、サクラを利用してサイトのポイントを購入させることがほとんどです。運営者は主にお金を騙し取るための都度課金サイト(メール一通あたりにポイントが消費されるサイト)と、そのサイトに誘導するための餌となるサイトを運営しています。完全無料の出会い系サイトは、餌サイトであることがほとんどです。最近は在宅ワークなどの募集サイトを装っていることもあります。これは立派な詐欺罪ですが、メールのやりとりをした相手がサクラだったことを証明することが難しいため、立件の難しい犯罪とも言われています。

詐欺罪の場合、加害者は確信犯ですので、自分に悪意がなければ罪を犯すことはないでしょう。しかし18歳未満の児童を対象とした犯罪の場合、自分に悪意がなくとも罪を犯してしまうケースが多いのです。

万が一あなたが詐欺の被害者になった場合、基本的に失うものはお金のみです。恋愛感情を弄ばれて心に傷を負ったとしても、それはいつか癒すことができるかもしれません。しかし、もしあなたが18歳未満を対象とした犯罪を知らず知らずに犯してしまった場合、失うものは計り知れません。犯罪者として服役し、その後の人生も偏見や差別など社会的制裁を受け続けなければならないのです。

自分が被害者になることのみでなく、加害者になることも防がなければなりません。出会い系サイトを利用する際には十分注意しましょう。

出会い系サイトはよく考えて利用しましょう

出会い系アプリ・サイト
出会い系サイトには、主に二つのリスクが秘められています。それは犯罪に巻き込まれ被害者になるリスクと、法律を犯してしまい加害者になるリスクです。もちろん自ら進んで被害者になろうという人はいませんので、被害者にならないために警戒しながら出会い系サイトを利用する人は少なくありません。もちろん、これは非常に大切なことであり、出会い系サイトを利用するための最低条件の一つです。しかし、それだけでは足りないのです。出会い系サイトを利用する人の多くが、いつ犯罪者になってもおかしくない状況であることも認識しておきましょう。

もちろん、出会い系サイトを利用した詐欺行為などは確信犯でなければありえない犯罪です。悪意のない人物であれば、そのような犯罪は起こさないでしょう。しかし、出会い系サイトを利用した犯罪は詐欺のみではありません。18歳未満の児童に対する性的な犯罪も多発しているのです。検挙数ではこちらの方が圧倒的に上回っています。

なぜ、18歳未満の児童に対する犯罪の方が、詐欺罪よりも検挙数が上なのでしょうか?その理由はいくつかあります。一つ目は、利用者による犯罪であることが挙げられます。一つのサイトにたくさんの利用者がいます。18歳未満の児童に対し違法行為を犯す可能性が高い人物の方が、詐欺を目論む人物よりも多いのです。二つ目に挙げられるのは、詐欺の場合立件が難しいことが挙げられます。出会い系サイトを利用した詐欺の場合、ほとんどがサクラを利用した運営者が利用者からお金を騙し取るという内容ですが、サクラを利用していることの証拠を残さなかったり、法律からの逃げ道がいくつも用意されていたり、手口が非常に巧妙なのです。

そして一番重要な三つ目の理由として、悪意のない人でも犯罪者になる可能性がある、ということが挙げられます。つまり、相手が18歳未満であることを知らなかったり、法律そのものを知らなかったり、知識不足によって悪意なき人が犯罪者になります。出会い系サイトを利用する多くの人が、知らず知らずに犯罪者となる可能性を秘めているのです。しかし知らなかったで済む問題ではありません。出会い系サイトはよく考えて利用しましょう。

出会い系サイトの注意するべきポイント

出会い系アプリ・サイト
人と人が出会うことを目的としたサイトといえば、出会い系サイトです。出会いは人生を豊かにしてくれる、大切なものであり、それを可能とする出会い系サイトは素晴らしいサービスといえるでしょう。しかし、人と人とが出会うということは、そこにトラブルが発生しやすいというのも事実です。出会い系サイトを利用する際にはトラブルを未然に防ぐための知識と警戒心が必要なのです。

出会い系サイトを利用する上で注意するべきポイントは、大きく二つに分けられます。まず一つ目は、犯罪に巻き込まれないよう注意する、というポイントです。出会い系サイトの利用者が被害者となる場合、加害者は出会い系サイトの運営者であることがほとんどです。悪意ある運営者が雇ったサクラによって、利用者がお金を騙し取られるのです。サクラは架空の人物を演じたり、架空の儲け話を持ちかけたり、人の感情を巧妙に利用して大量のメールを利用させます。この手口の多くはメール一通あたりに課金をするシステムになっているのですが、架空の人物に恋愛感情を持ってしまったり、儲け話に目がくらんでしまったりすると、冷静な判断が出来なくなり課金を惜しまなくなってしまうのです。

そして二つ目の注意するべきポイントは、自分が犯罪者にならないように注意する、というポイントです。悪意がなければ詐欺師にはならない、と思うかもしれません。たしかにそれはそうです。しかし、出会い系サイトを利用した犯罪は詐欺だけではありません。一番多いのは18歳未満の児童に対する性的な犯罪です。これは自分にその気がなくても犯してしまう可能性も高い犯罪なのです。たしかに、出会い系サイトの規正法によって年齢を偽って登録することは難しくなっています。しかし、万が一利用者の中に18歳未満の児童が紛れ込んでいて手を出してしまった場合、知らなかった、年齢を偽られた、では済まされないのです。自分自身が加害者となってしまいます。もしも自分が加害者になってしまった場合、失うものは計り知れません。死ぬまで社会的制裁を加えられる可能性もあります。十分注意しましょう。