出会い系アプリ・サイト

出会い系サイトを舞台とした犯罪は、いまだ後を絶ちません。これが出会い系という言葉に不名誉なイメージを塗りつけています。しかし、どのような業界にも犯罪者は存在するものです。利用者が犯罪者を見抜くことで、自分の身を守ることが大切なのです。出会い系に潜む犯罪者を見抜くには、犯罪者の手口を知っておく必要があります。まず、出会い系サイトによって犯罪に巻き込まれる場合、大きく二つのパターンに分けられることを知っておきましょう。一つは出会い系サイトの利用者が犯罪者であるパターン、もう一つは出会い系サイトの運営者が犯罪者であるパターンです。これらに種類の犯罪者たちから身を守る手段を身につけてこそ、出会い系は素晴らしいサービスとなります。

すぐにでも出会い系おすすめランキングを知りたい方は みんなが選んだ評判の高い出会い系サイト をご覧ください。

出会い系の利用者が犯罪者であるパターンの多くは、未成年が被害者です。18歳未満の児童が性犯罪に巻き込まれることが多いのです。これを防ぐためにも、18歳未満は絶対に出会い系サイトを利用してはいけません。勧誘のメールなどが届いても無視すること、これに尽きます。興味本位で返信してしまったがために犯罪に巻き込まれることが、非常に多いのです。出会い系サイトの運営者が犯罪者であるパターンの多くは、大人が被害者です。簡単にいってしまえば、詐欺の被害にあいます。サクラを利用して利用者の恋愛感情、同情心、金銭欲につけ込んでお金を騙し取ろうとするのです。架空の女性を演じて男性に大量のメールをさせ、サイトのポイントを購入させるという手口が常套手段ですが、最近は利用者の金銭欲につけ込んでの手口が急増しています。在宅ワークのマッチングサイトなどで「簡単で高収入な仕事」などと募集をかけ、応募すると出会い系サイトのポイントを購入するように仕向けてきます。これらは犯罪者の手口の一例でしかありません。最近は手口が巧妙になってきていますので、少しでも怪しさを感じたらそれ以上踏み込まないことが大切です。とくに18歳未満の児童は絶対に出会い系を利用しないようにしましょう。

健全な出会い系サイト

出会い系アプリ・サイト
出会い系サイトに対して、強い警戒心を持っている人は少なくありません。確かに出会い系サイトの中にはサクラを利用し詐欺行為をはたらく違法サイトや、犯罪行為を目的とした利用者が存在することは事実です。健全な出会い系サイトを、人生に有益な出会いをもたらす素晴らしいサービスとして利用するためには、このような犯罪者を見抜くための警戒心と冷静な判断力が必要になるでしょう。

しかし、SNSを始めとしたコミュニティサイトについてはどうでしょうか?あなたはSNSを利用する際に、出会い系サイトほどの警戒心を抱いているでしょうか?じつは近年、出会い系サイトによる犯罪よりも、コミュニティサイトによる犯罪による検挙数の方が圧倒的に多いのです。

出会い系サイトによる犯罪には、大きく分けて二通りの種類があります。一つは運営者による犯罪、もう一つは利用者による犯罪です。運営者による犯罪は主にサクラを利用してポイントの大量購入を狙ったものです。男性に対し架空の女性を演じて、大量のメールのやりとりをさせ、ポイントを購入させるというのが主な手口です。最近は在宅ワークマッチングサイトなどから儲け話を持ちかけて出会い系サイトに誘導する「利益誘引型」という手口も増えてきています。コミュニティサイトの場合は運営者による犯罪はほとんどありません。一般的に利用されているコミュニティサイトの多くは、運営者が大手だからです。

しかし、利用者による犯罪は運営者が大手であっても関係ありませんよね?そのため、コミュニティサイトでの犯罪はほとんどが悪質な利用者による犯罪です。利用者による犯罪は未成年者をターゲットとしたもので、主に児童福祉法、児童買春・児童ポルノ法などを犯す犯罪となっています。未成年の心と体に深い傷を与えかねない、許しがたい行為です。

つまり、出会い系サイトもコミュニティサイトも、利用するにあたっては警戒心が必要であるということです。便利なサービスを便利に利用するには、利用者自身の冷静な判断力が不可欠であるといえるでしょう。

出会い系サイトの利用

出会い系アプリ・サイト
現在、出会い系サイトを利用した犯罪は減少傾向にあります。しかし、それに反比例して検挙数が急増している犯罪があることを、あなたはご存知でしょうか?

出会い系サイト絡みの犯罪と反比例して急増している犯罪とは、じつはSNSなどコミュニティサイトを利用した犯罪です。現在では出会い系サイト絡み犯罪よりもコミュニティサイト絡みの犯罪の方が、検挙数も圧倒的に上なのです。いったいなぜ、コミュニティサイト絡みの犯罪が急増しているのでしょうか?

出会い系サイトとコミュニティサイトは、両者ともに見知らぬ人物と出会うことを可能としている、という共通点があります。つまり、コミュニティサイトも「出会い系」のツールとして利用することが可能なのです。かつて出会い系サイトを利用していた悪質な利用者たちが、そのままコミュニティサイトに流れてきていると考えられています。なぜ、犯罪者たちはコミュニティサイトに鞍替えしてきているのでしょうか?

その理由には、法律による規制が考えられます。簡単にいうと、出会い系サイトには適用される法律が、コミュニティサイトの場合は適用されない、といったことがあるのです。そのため、悪意をもった利用者にとってコミュニティサイトは暗躍し易い場所になってしまっています。加えて、今やコミュニティサイト市場は日本経済に大きく貢献している市場です。安易な規制を加えれば、国家の経済にすら打撃を与えかねません。国も慎重にならざるをえないのでしょう。

たしかに、出会い系サイトもコミュニティサイトも、健全に利用すれば素晴らしいサービスです。しかし、いくら自分自身が健全に利用しようという心構えでいても、知識や警戒心が不足していれば犯罪に巻き込まれてしまうリスクも秘めています。とくにコミュニティサイト絡みの犯罪は判断力に乏しい未成年が被害者となるケースが多く、前途多望な若者に深い傷を与えかねません。18歳未満の児童は出会い系サイトの利用を法律で禁じられていますが、コミュニティサイトの場合でも、利用させる際には保護者の監督が不可欠なのです。

みんなが選んだ評判の高い出会い系サイト

  1. PCMAX

    会員数400万人を突破した日本最大級の老舗出会い系
    出会いの仕方は十人十色。会員様それぞれで違います。PCMAXでは、より多くの会員様へ素敵な出会いを体験頂く為、種類豊富な多数の機能・コンテンツをご用意し、皆さんに合った出会いをサポート致します。出会いへの最短距離である掲示板やプロフィールなどに加え、日記やゲームなどのSNSで見られるコンテンツも充実。気軽にお楽しみ頂きながらお相手とのコミュニケーションを図る事が出来ます。

    PCMAXの詳細

  2. ミントC!Jメール

    会員数450万人を誇る出会い系
    メールに画像や動画をつけて送ることはもちろん、携帯から直接メール返信できる「簡単返信機能」 や携帯に届くメールのタイトルや本文を自由に変更できるなど、便利な機能が充実!また「プロフィール検索」では、年齢、スタイル、趣味などの項目を指定して、たくさんの会員様の中から理想のお相手探しをお手伝いします。

    ミントC!Jメールの詳細

  3. ハッピーメール

    日本最大級の会員数を誇る優良恋愛コミュニティ
    ハッピーメールの使い方はとてもカンタン!会員登録数1000万を超えるから素敵なお相手がすぐに見つかるよ!お相手を見つけたら、豊富な返信機能で盛り上がろう!「ハッピー日記」「ハッピーパーティー」などの人気コンテンツの他にも無料コンテンツが充実

    ハッピーメールの詳細


18歳未満の児童は出会い系サイトを利用することは法律で禁じられています。これは18歳未満の児童を、悪質な利用者から守るためです。出会い系サイトを利用しての犯罪は大きく分けると運営者による犯罪、利用者による犯罪のどちらかになりますが、悪質な利用者による犯罪のほとんどが児童福祉法、児童買春・児童ポルノ法などを犯すもので、子どもをターゲットとした犯罪だからです。

しかし最近、出会い系サイトの悪質な利用者による犯罪は減少しつつあります。これは一見すると喜ばしいことのように感じますよね?しかし実際には、全くもって楽観できる状況ではありません。出会い系サイト絡みの犯罪が減少するにつれ、反比例して増加している犯罪が存在しているのです。

出会い系サイト絡みの犯罪と反比例して増加している犯罪、それはズバリ、コミュニティサイト絡みの犯罪です。コミュニティサイトでも見ず知らずの他人と出会うことは可能であるため、出会い系サイトを利用していた犯罪者がコミュニティサイトに鞍替えしてきていると言われています。加えて出会い系サイトとコミュニティサイトは法律上違う扱いになるため、出会い系サイトを規制する法律がコミュニティサイトでは適用できないこともあるのです。現在では出会い系サイト絡みの犯罪よりも、コミュニティサイトを利用した犯罪の検挙数の方が圧倒的に多くなっています。

今やコミュニティサイトは日本人にとってなくてはならないものです。SNSを利用していない若者の方が少ないくらいではないでしょうか?日本経済においても、コミュニティサイト市場は牽引役を担うまでに成長しています。つまり日本人にとって、延いては日本という国家にとって、コミュニティサイトは必要不可欠な存在なのです。利用する一人一人が、その危険性を把握して安全に利用しなければなりません。とくに未成年に対しては、保護者が責任をもってその安全な利用法を指導する必要があります。私たち日本人にとって、便利さと危険性を同時に持ち合わせているコミュニティサイトとどのように向き合ってゆくかが、今後の課題といえるでしょう。

出会い系というサービス

出会い系アプリ・サイト
出会い系サイトを利用すること、運営することは違法行為ではありません。もちろん18歳未満の児童は出会い系サイトを利用することが出来ませんが、成人した男女が出会い系サイトで出会いを果たすことは、全く問題のないことなのです。考えても見てください。近年では自治体が街コンという形で出会い系のイベントを開催することがありますよね?そもそも出会い系という言葉そのものに悪いイメージを持つ人も多いですが、それは偏見なのです。

しかし出会い系を利用した犯罪が多発しているのも、紛れもない事実です。出会い系を利用する際には、自分以外の人間に対して最大限の警戒心を持つべきでしょう。同時に、出会い系を利用した犯罪の目的や手口についても、知識を深めておく必要があります。

たとえば出会い系サイトの場合、犯罪者を二通りに分類することが出来ます。悪質な運営者と悪質な利用者です。この両者の主な目的や手口は、全く異なるものなのです。

悪質な運営者は、主に利用者からお金を騙し取ることを目的としています。まず、悪質な出会い系サイトの多くは、「メール送信の都度ポイントを消費する」などの都度課金を用いています。つまり、利用者がメールを利用すればするほど儲かるシステムです。都度課金そのものはまったく問題のないシステムなのですが、悪質サイトの場合、サクラを雇って利用者に大量のメールをさせるように仕向けます。架空の異性を演じたり、架空の儲け話をもちかけたり、巧妙に人の心理を突いてきます。もちろん、これは立派な詐欺罪です。

悪質な利用者の場合、主に未成年に対してのわいせつ行為がほとんどです。児童福祉上違反、児童買春・児童ポルノ法違反などが非常に多いのです。しかし最近は出会い系サイトではなく、規制の甘いコミュニティサイトを利用してこのような犯罪に及ぶケースが増えています。

これらはあくまでも犯罪者の主な目的、手口の一例に過ぎません。実際にはその場その場で相手の真意を見抜くことが必要になります。出会い系というサービスはそのような判断力が伴ってこそ、素晴らしいサービスとなるのです。

注意するべきは悪質サイトの存在

出会い系アプリ・サイト
出会い系サイトを利用するときに、まず注意するべきは悪質サイトの存在です。悪質サイトに登録してしまうと、サクラに騙されて多額のポイント購入費を支払うことになる可能性があります。今回は出会い系サイトを利用する前に知っておくべき、悪質サイトの見抜き方をご紹介します。

まず、大前提として必要な身分確認です。出会い系サイトを運営するに当たっては、運営者が利用者の身分確認をすることが義務付けられています。免許証やクレジットカードの提示が必要なのです。これらは法律で定められていますので、身分確認を行わないサイトはその時点で違法サイトとなります。しかし、悪質サイトの運営者もこのことは知っていますので、身分確認があるからといって違法サイトではないとも断言できません。あくまでも大前提の話です。

次に課金です。完全無料の出会い系サイトは、ほとんどが悪質サイトです。完全無料の出会い系サイトの注意書きには、「当サイトに登録が完了した時点で、提携するサイトにも同時登録したものとみなされます」といったような文面が小さく記載されていることがほとんどです。利用を始めると提携する悪質な有料サイトのサクラとのやりとりになり、気がついたらそちらのサイトに誘導されていた、というケースが多いのです。つまり、無料サイトは悪質な有料サイトの餌であることがほとんどなのです。

都度課金のサイトの場合も注意しましょう。都度課金とはメール送信のたびにポイントを消費したり、費用が発生したりするシステムです。基本的に悪質サイトの運営者のほとんどが複数の餌サイトを運営しており、都度課金のサイトに利用者を誘導することから始めます。都度課金サイトに誘導した後、そこで大量のメールを利用するように仕向けるのです。

企業名やサイト名などが画像表示のみだったり、ありふれた企業名だったり、一ページのみのサイト構成だったり、URLが長かったり、餌となるサイトにはさまざまな特徴があります。それらをしっかりと把握しておくことが大切なのです。