白髪染めおすすめランキング

年齢を重ねていくと、次第に増えてい来るのが髪の毛の白髪です。男性女性と関わらず、髪の毛が白くなっていくのは、老いていく感があり、嫌なものです。できればいつまでも若々しくありたい、見た目だけでも若くそしてキレイでいたいと思うのであれば、白髪染めをしてみてはどうでしょう。今はいろんな白髪を染めるカラーリングが出ていますので、自分ができるものを選んで家ですると良いでしょう。その際に、髪の毛の色を変えて染めると、気分も変わってていきます。たまには、明るめの髪の毛にしてみて、楽しんではいかがでしょう。

すぐにでも白髪染めおすすめランキングを知りたい方は ニーズに合う白髪染めトリートメントを選ぼう をご覧ください。

髪の毛が白くなって来たら白髪染めを利用しましょう

白髪染めおすすめ

人は歳を取りますと段々と体の様々な部分に老化現象を起こしてゆく事となります。そしてこれらの現象は人により進行するスピードが異なるのですが、確実にやってくるものです。それは例えばですが、老化により顔の部分にしわが出来て来るとか、或は肌のはりや潤いが少なくなってくるなどが挙げられます。そしてこれらの現象に対しては、美容液やクリームを塗るなどして潤い分やはりを蘇らせるなどして対応するのです。

これ以外にも歳を取りますと新陳代謝が段々と低下してゆきますので、若い頃と同じように食事を続けていますと、消費しきれないエネルギーが体に蓄積される事となり、脂肪の増加として体重が増えてゆきます。更には髪の毛の部分に白髪が出来る方も多くいます。これは髪の毛に色を付けて対応する事となるのです。この白髪染めにおいては一度髪の毛の色を抜いてからそこに色をしみこませるヘアカラーも有りますし、また髪の毛の表面に色を付けるヘアマニキュアも有ります。そして白髪の発生している量や部分などにより使い分けをされるケースが多いのです。初めて白髪染めを利用される方においては、多くの商品の中から自分に合う物を探すのが大変ですし、また染める色なども多くの種類が有り余計に迷う事となります。そこでお勧めなのが比較サイトなどの利用です。こちらでは各商品の特徴を判り易く解説したり、或は利用者の口コミなども参考にすることが出来るからなのです。

髪に優しい白髪染めなら長く愛用できます

白髪は年齢に関係なくある日突然頭皮の中からニョキッと現れて、私達を悩ませます。洒落た髪形にしようにも、予期せぬところに白髪があったりすると、したい髪形もままなりません。となると、髪を全体的に白髪染めすることになるのですが、髪を頻繁に染めるというのはかなり髪によくないのです。化学物質たんまり入った毛染めですと、長い間使用していると、頭皮にダメージが起きたり、毛がバサバサになってしまうことがあります。特にアレルギー体質の方はこういった刺激に敏感に反応する事がありますからできるだけ危険な物質は体に近づけたくないですね。

そこで強い刺激のある毛染めを利用するより、天然成分からなる安心の素材でつくられたヘアカラートリートメントを利用するというのはどうでしょう?ヘアカラートリートメントのタイプだと、手袋をせずに直接髪につけることができるものもあります。こういうものは手で触って大丈夫なのだから頭皮にも安心ですね。また仕上がり具合も、ヘアカラートリートメントで白髪染めしたほうが、髪に艶が出たり、重苦しさがなく、指どおりがいいのです。元々髪を保護して、パサつかないようにしながら白髪を染めて行くので染まりあがった髪はナチュラルな風合いに出来上がります。白髪のないつややかな髪色は女性を若く見せますし、本人としても「あ!白髪!」と慌てる必要がなくなります。やさしい素材を使ったヘアカラートリートメントなら長い期間使用しても安心なのでこれからもずっと愛用していけますね。女性にとって髪は命、とまで言われていますから大切に扱ってあげたいものです。

白髪を染める理想的なペースについて

白髪染めおすすめ

白髪を染めることによって白髪を目立たなくさせることが可能ですが、染めても白髪はすぐ生えてくるので定期的に白髪染めで白髪を染める必要があります。もし頭髪の白髪を周りの人にバレたくないのであれば頻繁に髪を染めなくてはなりませんし、頻繁に白髪を染めるとなると手間やお金がかかってしまいます。また頻繁に髪を染めることは髪にダメージを与えますし、体にも良くないです。

では、どのぐらいのペースで白髪を染めるのが理想なのでしょうか。もちろん髪が伸びる速さというのは人それぞれ違います。また、白髪染めをして2週間ぐらい経つと、根元に白髪があることを確認できてしまうぐらい目立つことがあります。特に分け目や髪の生え際は人に見えやすい部分であるため、根元の白髪が目に付きやすいです。そして白髪を染める頻度は平均的に1ヶ月に1回ほどと言われていますが、根元の白髪を目立たせないためにも1ヶ月に複数回のペースで髪を染めるのが良いでしょう。しかし先ほどにも述べた通り、やはり髪の伸びの速さは個人差があるので白髪染めを使う頻度はその人の考え方に合わせて使うことが理想的です。もし頻繁に白髪を染めるのであればトリートメントタイプのものを使用しましょう。このトリートメントタイプであればシャンプーをする際にトリートメントとして同時に使うことが出来るので、これなら時間をかけないで白髪を染めることが出来ます。最近ではこのようなトリートメントタイプのものが人気を集めており、髪や健康に負担をかけないのが特徴です。

白髪染めとおしゃれ染めや白髪用のヘアマニキュアとの違い

個人差がありますが、35歳前後くらいから老化によって白髪が出始めます。白髪が気になる人は、白髪染めというメラニン色素と呼ばれるものがなくなった白髪にも色素を入れることができるものがあり、これは染毛力が高いために、白髪だけでなく黒髪もしっかり染めることができます。その特徴として、まず黒髪用ヘアカラーとも呼ばれるおしゃれ染めとは違うものです。おしゃれ染めは髪の色素を好みの明るさまで脱色してから、色を入れるものです。ヘアカラーリング剤の中では染毛力が高い方で、しっかり染まる方ですが、色の作り方により、おしゃれ染めで白髪を綺麗に染めることはどうしてもできません。こう言った白髪染めは真っ黒だけでなく、落ち着いた色のものもありますし、明るい色のものもあり、驚く程に色の種類が豊富ですから、おしゃれ染めと同じ感覚で使うことができます。

30代の人にも似合う明るさの色もあります。白髪が少ないうちはおしゃれ染めでも良いかもしれませんが、白髪が増えて生えぎわや分け目などの白髪が目立つようになった場合は白髪染めを使いましょう。白髪用のものに抵抗がある人も、白髪用でも黒髪用より明るい色もありますし、白髪用を使ってみても良いでしょう。また白髪用のヘアマニキュアともありますが、これはマニキュアですからその表面をコーティングするものです。コーティングすれば髪のツヤは良くなりますが、どうしてもその色が落ちやすいです。

ニーズに合う白髪染めトリートメントを選ぼう

  1. ルプルプ

    簡単なのに、しっかり染まるダメージ0の白髪染め
    頭皮と髪にやさしい植物由来の天然染料、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などを使用。これらの成分が、ダメージを与えず美しく染め上げます。また、お肌の弱い方も満足してお使いいただけます。天然由来成分を使ったルプルプ。だからとっても低刺激!パサパサゴワゴワせずに髪をキレイに染められるんです。

    ルプルプの詳細

  2. グローイングショット カラートリートメント

    お風呂で使える1品2役のカラートリートメント新登場
    髪のダメージを補修しながら染色する1品2役のカラートリートメント。いつものコンディショナーと置き換えて使うことで、ダメージを補修しながら自然な色味をプラスし、白髪が目立たないように。大きさの異なる2つのピグメントを配合。浸透型ピグメントが毛髪内部に入り込み鮮やかに発色。吸着型ピグメントが毛髪表面をコーティング。1回で色づき、重ねるほどに深い色と艶に満ちた美髪を演出します。

    グローイングショット カラートリートメントの詳細


市販の白髪染め液は経済的で手軽に利用できますが、化学成分を使用しているため髪の毛が傷みやすいのが難点です。年齢を重ねると必然的に毛根が弱まるので刺激が強い染料はおすすめできません。そこで最近は髪の毛を傷めないで綺麗に染められるトリートメント剤の白髪染めが人気を集めてきています。トリートメント剤の白髪染めとは、トリートメントに染料成分を加えたものです。

使い方は通常のトリートメントと同じで、シャンプーをしてタオルドライをした髪の毛につけ、数分放置したら洗い流します。ただ、染料成分が入っているので、洗い流すお湯が透明になるまで綺麗に落とす必要があります。ムラなく仕上がるので素人の方でも綺麗に染めることができるでしょう。トリートメント剤ということで一様に髪の毛に優しいというのが強みですが、各メーカーが販売しており、その種類は30種類以上とされているのでいずれも全く同じというわけではありません。染料成分は植物由来のものか化学由来のものかで髪の毛や頭皮への影響も変わりますし、界面活性剤が配合されているかでも変わります。それぞれのトリートメントの特徴をまとめるのは難しいですが、肌や髪の毛に優しい、ツンとした臭いがない、染める力が強いなど特色を持ちますので、口コミなども合わせて自分のニーズに合ったものを選ぶようにしてください。白髪があると実年齢に影響してしまいます。いつまでも若々しく見せたいのなら活用してみるといいでしょう。

白髪染めの上手な使い方

白髪染めおすすめ

20代でも若白髪が機になり始めることがあります。鏡を見て気付くようであれば、すぐにでも白髪染めを利用した方がいいかもしれません。最近の市販品は、自分で手軽に染められるようになっているので、とても便利です。ただし、鏡では見えにくい部分ともなると、合わせ鏡にしてみても、自分では上手に染めることができません。そんな時には家族に協力してもらうことをお勧めします。他人の手で染めてもらった方が、上手に染め上げることができるからです。家族が居ないという人や一人暮らしという人は、自分で染めるしかありません。

ムラが出てしまうことが心配なら、これはもうプロの手を借りることをお勧めします。つまり、美容院で染めてもらうのです。美容院の白髪染めは市販品を使うよりも料金が高めに設定されています。しかし、その分、染め上がりは完璧です。そこはプロの領域となっているからです。それに、カラーもいろいろと選べるようになっています。年配の人はパープルやオレンジ系にすることもよくありますが、カラフルなカラーにしてみるというのもオシャレ感があります。また、いかにも白髪染めをしていますと分かるような真っ黒な仕上がりではなく、茶色やシルバー系に染め上げるといった自然な仕上がりにすることも可能です。自然体を心がけたいという人には、市販品を使うよりも美容院でプロの手を借りた方が無難です。このように、自分に合った方法を選択することが大事です。

髪は年齢が出やすい

髪の毛は年齢が出やすいパーツのひとつではないかと思います。まず年を重ねると髪の艶が低下します。子供の髪はツヤツヤと艶があるのにたいして、年を重ねた大人の髪はパサついてあまり艶がないのです。その他にも抜け毛が増え薄毛になってしまったりして、全体的にボリュームダウンしてしまうことも。これと同様に年齢を感じるのが白髪です。いくら若く見えても白髪があったらそれだけでぐっと見た目年齢が上がってしまいます。そんなことにならないために、白髪を見つけたら白髪染めをしましょう。出来はじめた頃頃はそれほど白髪の量も多くないと思うので、自宅で白髪を染めるのもいいとおもいます。いざ自分で染めようとお店に行ったら、思った以上の種類の多さに驚くはずです。クリームタイプや乳液状になったもの、泡で染めるタイプのものと、その種類は豊富で色の種類も多くあります。

白髪が出始めの方にはクリームタイプがおすすめです。それは使う分だけの薬剤を混ぜて染めることが出来るからです。そのため気になる生え際の部分だけを染めることも可能で、髪の毛へのダメージを最小限に抑えることが出来ます。また一箱で何度も使えるので経済的にも良いと言えるでしょう。そして白髪の量が多くなってきたら、乳液状のものや泡で出るものを試してみてはいかがでしょうか。こまめに染めていつまでも若々しい髪を保ちたいものですね。特に男性は面倒だと感じやすいので、奥様やご家族の方が染めてあげるのも、良いコミュニケーションになりおすすめです。