おすすめな包茎手術クリニック3選と全活用法

包茎手術を受けるとしても、気になることが幾つかありますよね。特に陰茎は男性にとってはとても大事な場所ですから、その安全性は気になるのではないでしょうか?もし万が一のことがあって、陰茎に何かしらのことがあっては困りますので、包茎手術の安全性については事前にしっかりチェックしておきましょう。先ず基本的なことですが、包茎手術はメリットだけではありません。メリットもあればデメリットもあるので、この点はしっかりと把握するようにしておきましょう。包茎手術の内容ですが、一般的には陰茎の皮膚を切除することになります。陰茎の皮膚は切除しますが、陰茎の内部組織にはメスを入れるといったことはないので、陰茎の機能が失われるようなミスが起こることはほとんどありません。手術そのものもあまり時間がかかるものではなく、日帰りで行うことになります。それだけ身体にかかる負担は少ないと考えて良いですね。また、包茎手術ではリスクが高い全身麻酔を使うのではなく、局所麻酔を使いますので、麻酔によって何らかの障害が起こることもほとんどありません。きちんとした医療機関ですと、麻酔を使う前にはアレルギーテストなども行われますので安心して手術を受けることが出来るでしょう。基本的に包茎手術を受けることが不安であるのなら、包茎手術の成功率を公表していて、さらに成功率が高い医療機関を選ぶと良いですね。また、アフターフォローがしっかりしている医療機関を選ぶのもお勧めです。

すぐにでもおすすめな包茎手術クリニックを知りたい方は 包茎手術の料金や費用 をご覧ください。

包茎手術そのものは安全性がかなり高いものですが、手術が成功したとしてもデメリットが存在している手術でもあります。包茎手術のデメリットを幾つかあげてみると、先ず陰茎にメスを入れる以上は必ず傷跡が残ってしまうということがあります。近年では、傷跡が目立たない手術もありますが、他人からするとじっくり観察しないと解らない程度の傷は残ってしまうので、その点は手術前から把握しておきましょう。他にも、包茎手術によって陰茎の感度が鈍くなってしまったり、パートナーとの性交渉に支障をきたしてしまうこともあるので、覚えておきたいですね。

包茎手術を受ける前の心構えや準備

包茎手術クリニック
包茎手術を受ける時には、どんな準備が必要になってくるのでしょうか?基本的に包茎手術とは、ほとんどのケースで日帰りをすることが可能です。ですので、手術前に着替えを用意するなどの準備をする必要はないと言っても良いでしょう。ただし、手術を受ける前には必ずカウンセリングを受けるようにして下さい。自分の中では、手術を受けることが決まっているとしても、どんな手術があるのか、自分の包茎にはどんな手術があっているのか、手術を受けることでどうなりたいのか、料金は、アフターケアは、などのようなことをきちんと確認をして、納得した上で手術を受けることが大切です。他にも、執刀医に関する情報や失敗した時の対応などのことも聞いておくと安心ですね。包茎手術を行っている医療機関では、手術だけではなくオプションで長茎術などを行っていることもあるので、そうしたオプションをつけるのならきちんと確認しておきましょう。

カウンセリングを受けた後、手術をすることが決まったら心構えをきちんとしておきましょう。包茎手術では基本的にメスを入れることになるので、傷跡が目立たない手術だとしても必ず手術痕は残りますし、包茎治療を行うことのデメリットも存在しますので、この点はきちんと把握しておかないといけません。後々トラブルにならない為にも、包茎治療は必ずしもメリットだけではないことをしっかりと頭に入れておきましょう。近年、海外の研究機関による結果で、包茎であることにメリットもあるとされているので、包茎治療におけるメリットデメリットだけではなく、包茎であることのメリット、デメリットなども把握した上で、慎重に手術を受けるかどうかを決めて下さい。ちなみに包茎であることのメリットとしては、性交渉をする時に性器同士の摩擦が大きくなるといったことなどがあるようです。また、包茎治療をすることで早漏を改善することができることもありますが、反対に遅漏になってしまうこともあるので、様々な角度から包茎手術を検討して準備しておくと良いですね。

包茎手術を行わない方が良い人もいる?

包茎と言っても、その状態によって仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3つに大別することが出来ます。包茎の治療を考えた時に、この包茎の種類はとても大事になってきます。端的に書いてしまうと、包茎でも仮性包茎である場合は手術を行わないで済むこともあります。真性包茎やカントン包茎の場合ですと、手術が必要になります。基本的には、真性包茎やカントン包茎の場合は手術を受けないと陰茎に異常を起こしてしまうこともあるので、健康保険の適用内となっているのです。一般的に包茎手術を受けるのであれば、誰でも受けることが出来るのですが、包茎手術を行わない方が良いといった人もいます。どんな方が該当するのかと言うと、先ずは未成年の方ですね。未成年の場合ですが、陰茎はおよそ18歳程度まで成長するものだとされているので、手術は受けない方が良いとされています。特に中学生や高校性くらいの年齢ですと、包茎であることが気になる年齢かもしれませんが、成長をするのに伴って包茎が解消されることもあるので成人するまでは包茎手術は行わない方が良いですね。ただし、カントン包茎で陰茎に痛みがあるといった場合や重度の真性包茎などであるような場合は、早急に手術を受けた方が良い場合もあります。その場合は、専門の医療機関にて医師と相談すると良いでしょう。

他のケースとしては、見た目をきれいにしたいという人は包茎手術には向いていないとされています。審美的な問題ではなく、勃起していない平常時でも亀頭を露出させたいと考えている人の場合、陰茎が勃起をした時に包皮にとても負担がかかってしまって、突っ張るような感覚となってしまったり、勃起をした時に痛みに感じることがあります。また、同じようなケースとして膨張率が高い人も向いていないです。これは平常時の大きさと勃起時の大きさの差がとても大きな場合ですが、基本的に包茎手術で切除する包皮は勃起時にあわせて切除するので、どうしても平常時には包皮が余り気味になってしまうのです。この為、見た目が仮性包茎みたいになってしまう可能性が高くなります。いずれにしても包茎手術をするのなら、きちんとカウンセリングを受けて現状を把握した上で、メリットデメリットをしっかりと納得した上で手術を行うようにしたいですね。

包茎手術の失敗例ってどんなもの?

包茎手術クリニック
包茎手術を受けるとして、気になる点としては包茎手術の成功率はどのくらいであるのかと言ったことではないでしょうか?手術をするとしても、成功率が高くないのならやりたくないといった人も多いでしょうが、実は包茎手術において医療事故とされるような失敗というのはほとんどないそうです。そうした点からすると成功率はかなり高いのですが、包茎手術の場合は手術そのものは上手くいったとしても失敗だとされてしまう例が幾つかあります。ここでは包茎手術の失敗例について考えてみます。包茎手術で失敗とされるケースですが、最も多いケースとしては手術痕が残ったというようなケースですね。基本的に包茎手術においては、手術後の見た目にこだわる人が多いですよね。事前の説明では手術跡はほとんど残りませんなどのような説明を受けていたにもかかわらず、術後に痕が残ってしまったという人がいます。包茎手術を受けた場合、基本的には余っている包皮を切除する方法になりますので、直接メスを入れることになります。メスを入れるということは目立たないにしろ、必ず手術痕は残ってしまうものなのです。この点を手術を受ける前に必ず把握しておかないと、幾ら手術痕が目立たないと言っても痕が残ってしまっているから失敗だと感じてしまうことになります。医師からすれば成功しているのですが、患者からすると失敗しているということになってしまって、その後にトラブルとなることもあります。

近年では手術痕が目立たないような手術が流行っていますが、この手術は執刀する医師の技術にかなり左右されてしまいますので、手術痕にこだわるのなら手術を受ける医療機関の成功率や、医師の執刀経験などを確認するようにしたいですね。中には、医師の情報を公開しないといったような医療機関もあるようですが、そうした医療機関では手術を避けるようにしておきましょう。ただし、上でも書いたように幾ら手術痕が目立たないといっても、患者からすると、自分では手術をした場所がここだとすぐに解るため、逆に傷がすごく目立って見えるというような、心理的なものも加味され、目立って見えてしまうのも事実です。必ず手術跡は残るものなので、自分自身があまり気にしないようにすることも大切です。

包茎治療におけるクレームってあるの?

男性にとって大きなコンプレックスとなるのが包茎といえるでしょう。軽度の仮性包茎くらいならそこまで気にする必要はありませんが、真性包茎やカントン包茎になると治療の必要も出てきますので、包茎手術を受けた方が良いでしょう。ここでは、包茎手術を含む包茎治療におけるクレームについて書いてみます。男性にとって陰茎はとても大事なものですので、包茎治療を行った時に問題が起こることも少なくないようです。この問題については大きく分けると、治療に関する問題が起こることもありますし、患者さんの方で問題を作っていることもあります。例えばですが、包茎治療をする時に、手術ではなく包茎治療の器具を使ってセルフケアをしていく人も多いようです。包茎治療の器具を使ったケアをした場合のクレームとしては、効果がなかったというようなケースが多いです。そもそも包茎治療の器具を使って治療をするとしても、ほぼ効果を期待することはできないと言えます。基本的に効果を期待できるのは、軽度の仮性包茎の人くらいだと考えておいて良いですね。大きな効果を謳っている商品も多いので、その点は注意するようにしておきましょう。

包茎手術についてのクレームで最も多いのが、包茎手術後に包皮に突っ張るような感覚が残ってしまうということです。包茎手術の基本とは、勃起をした時に余っている包皮を切除するというものですので、見た目がきれいに仕上がることだけを追求してしまうことで、この問題が良く起こってしまうそうです。この包皮のつっぱり感を防ぐようにするには、見た目を優先するのか、見た目よりも包皮の違和感のなさを優先するのかで変わってきますので、事前にカウンセリングなどをしっかりと行って、納得いくまでに話し合いをすることが重要です。また、アフターケアに重点を置いている病院を選ぶようにするのも大切なことですね。包皮のつっぱり感とともに多いのは包茎手術をしたものの目立つ傷が残ってしまうというケースです。近年では傷跡が目立たなくなる手術も増えてきましたが、執刀する医師の技術が必要になることが多いです。その為、執刀医の情報や病院の情報、成功率などを事前にしっかりと調べておくようにすると良いですね。

包茎手術の料金や費用

  1. ABCクリニック

    日本の男性から「包茎」の悩みをなくしたい
    ABCクリニックでは手術内容の説明と必要性をきちんと患者様にご説明し、事前に明確な費用をお伝え致します。だから、ご納得いただいた内容の費用で治療ができます。 あなたの抱える不安に、経験豊富なカウンセラーが事例や比較を交えてお答えします。悩みの解決方法が明らかになることによって、安心と自信を取り戻していただける、治療を行うことができます。

    ABCクリニックの詳細

  2. 上野クリニック

    下半身の悩みは上野クリニックで即解決!過去20万人の包茎を治療
    上野クリニックは全国で18医院を展開する、業界内でも最大級のクリニックです。包茎でお悩みの方を一人でも多く救いたい、そんな思いから、北は札幌、南は福岡まで、全国展開をしています。包茎でお悩みの方はお近くの上野クリニックまでご相談下さい。 いつでも無料で相談できる24時間無料相談を実施、通院したことが誰にも知られないよう完全予約制・仮名申し込みを採用、全国ネットだからいつでもどこでもアフターケアを受けられるなど、上野クリニックは業界最大級の安心サービスを全ての患者様にお約束致します。

    上野クリニックの詳細

  3. 東京ノーストクリニック

    包茎手術なら20年の信頼と実績!診察・カウンセリングは無料
    東京ノーストクリニックでは、無料で包茎に悩む皆様からのご相談にお電話、もしくはメールお答えしております。お一人で悩まず、当院の男性ベテランスタッフにご相談下さい! 包茎は一人で悩んでいても何も解決しません。患者様一人ひとり違う、包茎の症状やペニスの状態に的確な方法をアドバイスできるように、無料で包茎治療のカウンセリングを行っています。

    東京ノーストクリニックの詳細


包茎を治療するにしても気になるのは、どのくらいの料金や費用がかかってくるのかという事です。ここでは包茎手術の料金や費用にスポットをあててみましょう。包茎手術を受ける場合ですが、一般的にはカウンセリング、手術、術後のケアといったような流れで行うことになります。近年では包茎治療専門のクリニックなどもあり、そうした場合ですと事前に行われるカウンセリングについては無料で行っていることも多いのですが、中にはカウンセリングが有料になる医療機関もあるのでその点は注意しておくと良いですね。手術にかかる料金ですが、基本的に包茎の種類によって金額が異なってきます。仮性包茎の人が受ける手術の場合は、基本的に保険の適用外となるケースが多いので、自由診療であると考えて良いですね。

自由診療ですので、手術を受ける医療機関、手術の術式などによって料金は異なってきます。一般的な相場としては10万円~30万円程度ほどでしょうか。中には、10万円を切るような料金で手術を受けることができる医療機関もありますが、アフターケアがついていないこともあるので、その点も気をつけておきたいですね。真性包茎やカントン包茎の場合は治療が必要になるケースですので、健康保険の適用を受けることができるケースがほとんどです。つまり保険を使っての手術を選択することができるので、料金的にはおよそ2万円前後ほどになります。ただし、保険を適用した場合の手術は見た目はあまり重視されないので、目立つ傷跡が残りやすいことを覚えておくと良いでしょう。ちなみに、美容整形クリニックなどでも手術を受けることができますが、この場合は保険の適用外となりますので、料金的には10万円~30万円程度かかることになります。術後のケアに関してですが、手術を終えた後に切開した部分が癒着して、傷口が完治するまでの料金がどこに含まれているのかは手術を受ける医療機関によって異なってきます。完治するまで無料で診てくれるのか、手術後の通院加療に関しては有料となるのか、その点はしっかりと確認するようにしておきたいですね。

副作用はあるのか

包茎手術に関しては、男性向けの雑誌などでも沢山宣伝されていますよね。しかし、そうした広告で掲載されているのは包茎手術のメリットばかりで、デメリットのことをほとんど書かかれていません。残念ながら包茎手術にはメリットだけではなく、デメリットもあるのできちんとデメリットを理解した上で、手術を受けるようにしておきたいですね。ここでは包茎手術のデメリットや、副作用などについて書いてみましょう。包茎手術のデメリットなのですが、代表的なものを幾つか紹介してみると、先ずは包皮に突っ張るような感じを受けるようになるといったことがあります。包茎手術の場合は、一般的に勃起をした状態で亀頭が露出するように余っている包皮を切除することがほとんどです。しかし、勃起をしている時にあわせるということは、平常時には包皮が余るということにもなりますよね。そこで、平常時にも亀頭を露出させたい人の場合は、平常時の大きさに合わせて包皮を切除することもあるようです。平常時に合わせて包皮を切除すると、今度は勃起時に包皮が足りなくなってしまって包皮が突っ張るような感じを受けてしまうのです。こうしたデメリットの点は、手術を受ける前にきちんと医師と相談することが大切ですね。

他のデメリットとしては陰茎の感度が鈍くなるということがあります。包皮の内側とは陰茎の快感を司る神経が密集しているとされていて、この部分を切除することで感覚が鈍くなってしまうことがあります。感度が鈍ることによって、遅漏になってしまうケースもあるので、性交渉を行う時に支障をきたすことがあります。これは手術による副作用と呼んでも良いかもしれません。感度が鈍くなることで、性交渉をする時につい激しくしてしまって、パートナーに負担をかけてしまうといったこともあるようですので、気をつけるようにしておきましょう。遅漏とは逆に感度が上がってしまって、早漏が悪化してしまうこともあるそうです。とても敏感な部分となるので、こうした副作用があることも覚えておくと良いですね。

切らない包茎治療について

包茎手術クリニック
包茎を治療するとなると、手術をして余っている包皮を切るというようなイメージを持っている人も多いですよね。一般的なイメージとしては間違っていないのですが、実は最近ではメスを使わずに治療をするといった方法も確立されてきています。この切らない包茎治療ですが、すべての包茎で使えるといった訳ではなく、ほとんどの場合は軽度の仮性包茎の人にしか受けることは出来ません。切らない包茎治療そのものは受けることが出来ますが、受けたとしても改善する確率は限りなく0に近いので、受ける人がいないといった方が良いかもしれませんね。切らない包茎治療として代表的なものが恥骨部脂肪吸引術と呼ばれるものです。主に仮性包茎である場合に、仮性包茎の症状を緩和するために行われている治療法ですね。特に、肥満気味であったり、お腹周りの中でも特に下腹部に脂肪がついてしまっている人向けの治療法となります。この条件にあてはまっていたとしても、重度の仮性包茎であるようなケースだと十分に効果を発揮することはありませんので注意しておきましょう。自分がどの程度の仮性包茎か解らないといった時には、事前にこの治療法を行うクリニックでしっかりと確認を行うようにしておくことをお勧めします。

恥骨部脂肪吸引術ですが、これは陰茎の付け根部分にある恥骨と呼ばれる骨の周囲にたまっている脂肪を吸引する治療法になります。恥骨のある部分は太ってくると脂肪がたまりやすい場所として知られており、恥骨周辺に脂肪がたまってしまうことで、陰茎が埋まってしまうのです。結果、包皮も余ることになってしまって、仮性包茎が進行してしまうのですが、最近ではこのタイプの仮性包茎の人が増えているそうです。具体的には、陰茎の付け根部分を小さく切開することになるので、陰茎そのものにはメスを入れることはありませんが、脂肪吸引のための切開はするので、厳密には切らない包茎治療とは言えないかもしれません。切開した場所から専用の脂肪吸引器を使って脂肪を吸引して、治療は終わりますが、メリットとしては陰茎にはメスを入れないこと、脂肪吸引を行うことで再び恥骨周辺に脂肪がたまりにくくなることがあります。他にも、長茎術、ステロイド剤、器具を用いる方法などが切らない包茎治療にあたります。

包茎治療後のパートナーとの関係について

男性にとって包茎とは、とても大きな悩みであることはパートナーがいても、いなくても変わることはありません。むしろパートナーがいる人の方が、包茎であるといったことを気にしてしまって、なかなか関係を深めていくことができなかったりすることもあるようですね。包茎を治療することで、パートナーから見直されたい、男として自信をもってパートナーに接したいというようなことから、包茎治療を行う人も少なくないようです。しかし、包茎治療を行ってしまったが故に、パートナーとの関係がおかしくなってしまうという人も多いのです。何故パートナーとすれちがってしまうのか、ここでは代表的な例をあげて解説してみます。最も多いケースが、男性がパートナーに包茎治療をすることを相談しなかったというケースですね。包茎を治療したい、手術を受けたいとパートナーに相談をするのは確かに恥ずかしい話かもしれませんし、黙って包茎治療を行ってビックリさせてやろう、などのような気持ちがある人もいるかもしれません。

しかし、包茎手術を受けた場合ですが、一般的には1ヶ月ほどは性交渉を行うことは出来ません。また、回復の具合によっては更にその期間が長引くことにもなりますし、手術直後には勃起させるようなことも禁止されますので、この期間はパートナーを避けるようにする人が多くなります。その為に、パートナーからは要らぬ不信感をもたれてしまったり、浮気を疑われてしまうなどのように発展してしまうこともあるのです。その上、手術後に順調に回復して性交渉を行うとなっても、そこにあるのはパートナーの人が知らない陰茎になってしまいます。このことにショックを受けてしまうパートナーは少なからずいます。そして、包茎治療とは言っても手術をするという大事なことをきちんと相談して貰えなかったことに失望してしまう人が多いようですね。結果、パートナーからの信頼を失ってしまって、別れてしまうというケースも珍しくありません。こうした結末を招いてしまわない為にも、包茎治療をするのならしっかりとパートナーの人には相談するようにして下さいね。