包茎手術をやるべき全理由とおすすめクリニック3選

包茎を改善するための方法はいくつかありますが、現在もっとも効果的とされているのが包茎手術です。手術を行うことで余分な皮を切除し取り除くことができるため、ほぼ確実に包茎を改善することができると言えるでしょう。一昔前までは包茎手術というと単純に皮を切除するだけでしたので、術後の仕上がりについては問題がありました。しかし、技術の進歩によって今では術後の仕上がりも綺麗で自然なものになり、手術をしたことがわからないほどになっています。また、手術の方法も1つではなく複数あるため、自分の状態に合った方法を選択することができるようにもなっています。真性包茎の場合、できるだけ早く治療をすることが必要になり、仮性包茎の場合は必ずしも治療をしなければならないというわけではありません。仮性包茎の場合、勃起時には皮が剥けるため大きな問題はないと考えることもできるからです。ですが、包茎の方の場合ペニスの衛生面で心配があります。
皮をかぶっている状態だと中で雑菌などが繁殖しやすい環境になってしまいます。このことが原因で病気になってしまう可能性もあり、たとえ仮性包茎であっても可能ならば治療をしてしまうというのが望ましいと言えます。

すぐにでも包茎手術のおすすめクリニックを知りたい方は 自分にあった包茎手術を選ぶには? をご覧ください。

包茎手術の費用が気になるという方も多いのではないかと思います。確かに、包茎手術は保険を適用することができないため、全額自己負担になってしまいます。となれば高額の費用が必要になると考えるのは当然でしょう。一般的に、包茎手術にかかる費用は10万円から30万円ほどとされています。ただ、多くの病院ではキャンペーンの実施などによって費用を安く抑えられるようにしてくれています。半額近くまで安くなるという病院もあり、病院選びさえしっかりとすれば費用をかけずに包茎手術をすることは十分に可能になっています。包茎であることが理由で自信が持てないという男性は少なくありません。衛生面から見ても包茎はあまりよいものではありませんので、包茎手術をすることは大切です。

包茎手術の選択とカウンセリングをしよう

包茎手術
包茎手術と一言で言っても、その方法はたくさんあります。現在ではメジャーな方法だけでも10種類近くの方法があるとされており、それぞれの方法には特徴があります。たとえば、傷が残りにくいだとか、費用が他の方法と比べて安いだとか、手術時間が短いなどです。数ある方法の中から自分がどの方法を選ぶのか、これはしっかりと考えなければいけない点だと言えるでしょう。とはいえ、自分にとってどの方法が最適なのか、これを判断するのは素人である私達にはなかなか難しいものです。そこで重要になってくるのが医師とのカウンセリングです。包茎手術をする場合、まずは医師とカウンセリングを行うことになります。カウンセリングは通常どの病院でも行われる大切なもので、もしカウンセリングを行わないまま手術をしようとする病院があれば、その病院は良くない病院であると言えます。カウンセリングをしっかりとしてくれる病院を選ぶようにしてください。

カウンセリングでは医師から包茎手術についての説明があります。この時、医師の話を聞くだけでなく自分からも疑問や要望を伝えるということが大切です。もし傷をできるだけ残したくないということであれば、そのことを医師に伝えることで適切な手術方法を選択してくれます。自分の体のことですから絶対に妥協せず、納得がいくまで医師とカウンセリングを行うことがポイントです。

また、手術方法だけでなく、その他のことについても聞きたいことがある場合はしっかりと確認しておきましょう。費用についてもそうですし、自分の包茎はどんな状態になっているのか、術後はどうすればよいのかなどです。とにかく、疑問や不安が残ったまま手術をしてしまうのは後悔してしまうことにつながる可能性があります。患者は素人ですから、わからないことや不安に感じることがあって当然です。遠慮する必要はありませんので、気になるところはしっかりと医師に確認をするようにしましょう。

包茎手術の痛みはどのくらい?

包茎手術をしようという場合、どうしても気になってしまうのが痛みについてだと思います。実際、包茎手術にはどのくらいの痛みがあるのでしょうか。まず、手術中に痛みを感じることはありません。これは麻酔をしているからで、ペニスを触られているということはわかるようですが痛みを感じてしまうようなことはないと考えてかまいません。では、どのような時に痛みを感じることになるのかというと手術前と手術後になります。手術前はペニスに麻酔をすることになります。麻酔は注射を使ってかけることになりますので、この時に痛みを感じることになります。ただ、激痛というほどではなく、チクッと感じる程度のもののようです。それでも痛いのは嫌だという方のために、病院によっては麻酔時の痛みを軽減するために麻酔のための麻酔をかけるところもあります。包茎手術をする場合はまずカウンセリングを行うことになりますので、この時に医師に相談してみるのもよいでしょう。

手術後は主に麻酔が切れることによる痛みを感じることになります。麻酔手術は入院の必要がなく、日帰りが可能です。このことから痛みはそれほど大きいものではないと考えられますが、痛みの感じ方には個人差があり、かなりの痛みを感じてしまうという方もいます。病院から痛み止めの薬が処方されますので、麻酔が切れて痛みが出てきた場合には痛み止めを使って対応をすることになります。この痛みは数日間ほど続きます。また、これまで皮で覆われていた亀頭が露出することになりますのでちょっとした刺激でも痛みを感じてしまう場合もあります。これは亀頭が刺激に慣れるまで我慢するしかないものですので、人によっては1番辛い痛みになるかもしれません。このように包茎手術では手術中に痛みを感じることはないものの、術前と術後に痛みを感じる可能性はあります。ただし、我慢できないほどの痛みではありませんので必要以上に心配することはありません。

包茎手術の流れ

包茎手術
包茎手術をする場合の流れについて紹介していきます。細かい部分などは病院によって違いもあるのですが、おおまかな流れについてはほぼ同じになっています。まず、手術を行う前に医師とのカウンセリングがあります。ここで医師から手術についての具体的なことが説明され、患者側からは質問をすることもできます。手術の方法はどのような方法になるのか、どういった手順で手術が行われるのかはもちろんですが、疑問に思うことがあれば医師に相談することも重要です。費用についてなどもこの場で確認してしまってかまいません。疑問や不安が残ったまま手術を受けるというのはあまりよいことではありませんので、とにかく聞きたいことはこのカウンセリングで全て聞いてしまうという気持ちでいましょう。

カウンセリングで手術をすること、そして日時などが決まったらいよいよ手術をすることになります。手術の方法によって詳細な流れについては変わってくるのですが、基本的には麻酔をかけて余った皮を切除していくという流れになっています。麻酔をかけるため痛みを感じることはなく、手術時間は30分から1時間ほどと短いものです。食事制限や水分制限など、事前に医師から指示されることもありますのでその場合は指示に従うようにしましょう。手術が終わるとそのまま家に帰ることができます。包茎手術で入院をするということは基本的にありません。ただし、手術後も抜糸などで何度か通院しなければならないということはありますので、今後のスケジュールについては医師に確認をしておくとよいでしょう。何度か通院をして、ようやく包茎の治療は終了となります。

ここまでが包茎手術のおおまかな流れになります。病院によってはカウンセリングを行わないところもあるようなのですが、こうした病院は避ける方がよいでしょう。カウンセリングは医師と患者がお互い納得をしたうえで治療を開始するために非常に重要なものになります。カウンセリングを行わずにいきなり手術をしようとする病院は選ばないようにしましょう。

包茎手術後に気をつけること

包茎手術が終了すると、そこで安心してしまいがちですが手術終了後も気を付けなければならないことはあります。まず手術が終了してから4週間、つまり1ヶ月ほどは激しい運動は避ける必要があります。軽い運動ならば問題ないのですが、激しい運動は出血、炎症の原因になってしまう可能性があるからです。具体的にどのくらいの期間安静にしていなければならないかは医師から説明がありますので、言われた期間は安静にしているようにしましょう。この期間の間は性行為、自慰行為も控えるようにしましょう。運動と同様に出血や炎症の原因になってしまいます。さらに、長時間勃起状態を維持することになる性行為や自慰行為は仕上がりを悪くしてしまうことにもつながります。ペニスが勃起してしまうこと自体は特に問題ありませんので、無理に我慢をする必要はありません。

また、手術終了後も通院しなければいけないことがあります。これは抜糸が必要な手術をした場合のことで、必ずしなければならないことですので手術が終わったからとその後病院に行かないということがないようにしましょう。入浴についてですが、手術後1週間程度は入浴できないと考えてください。これは入浴中に傷口から雑菌が入ることを防ぐためです。ただし、シャワーを浴びる程度なら手術終了の翌日から可能ですので、しばらくはシャワーで体を洗い流す程度にしましょう。飲酒も1週間程度禁止になります。お酒を飲むと血行が良くなるのですが、これが原因で出血を起こしてしまうことがあるからです。お酒が好きな方にとっては大変かもしれませんが、体のためですので我慢しましょう。

これらが包茎手術終了後の注意点ということになります。この他にも何かおかしいと感じた時にはすぐに病院に行くことも大切です。たいしたことはないだろうと自分で判断するのは危険ですので、少しでも異変を感じた時はとにかく手術をしてくれた病院に相談するようにしてください。

自分にあった包茎手術を選ぶには?

  1. ABCクリニック

    日本の男性から「包茎」の悩みをなくしたい
    ABCクリニックでは手術内容の説明と必要性をきちんと患者様にご説明し、事前に明確な費用をお伝え致します。だから、ご納得いただいた内容の費用で治療ができます。 あなたの抱える不安に、経験豊富なカウンセラーが事例や比較を交えてお答えします。悩みの解決方法が明らかになることによって、安心と自信を取り戻していただける、治療を行うことができます。

    ABCクリニックの詳細

  2. 上野クリニック

    下半身の悩みは上野クリニックで即解決!過去20万人の包茎を治療
    上野クリニックは全国で18医院を展開する、業界内でも最大級のクリニックです。包茎でお悩みの方を一人でも多く救いたい、そんな思いから、北は札幌、南は福岡まで、全国展開をしています。包茎でお悩みの方はお近くの上野クリニックまでご相談下さい。 いつでも無料で相談できる24時間無料相談を実施、通院したことが誰にも知られないよう完全予約制・仮名申し込みを採用、全国ネットだからいつでもどこでもアフターケアを受けられるなど、上野クリニックは業界最大級の安心サービスを全ての患者様にお約束致します。

    上野クリニックの詳細

  3. 東京ノーストクリニック

    包茎手術なら20年の信頼と実績!診察・カウンセリングは無料
    東京ノーストクリニックでは、無料で包茎に悩む皆様からのご相談にお電話、もしくはメールお答えしております。お一人で悩まず、当院の男性ベテランスタッフにご相談下さい! 包茎は一人で悩んでいても何も解決しません。患者様一人ひとり違う、包茎の症状やペニスの状態に的確な方法をアドバイスできるように、無料で包茎治療のカウンセリングを行っています。

    東京ノーストクリニックの詳細


包茎手術の方法には色々な方法がありますから、その中から自分にあったものを選ぶということが大切になります。たとえば、とにかく余った皮を切除できれば良いという人、仕上がりの綺麗さ、自然さを最優先したい人、費用をなるべくかけたくない人など、人によって包茎手術で重要視することは違い、それによって適切な手術方法も変わってくるからです。包茎手術をする場合、まずは医師とカウンセリングをすることになりますから、この時に自分にあった手術を医師と一緒に考えていくようにしましょう。では、包茎手術の方法にはどのようなものがあるのでしょう。ここでは代表的な方法を紹介していきます。

まず、亀頭直下法と呼ばれる方法です。この方法は現在の包茎手術の主流となっている方法で、多くの病院ではこの気筒直下法を採用しています。治療効果も非常に高く、この方法であればほぼ確実に包茎を治療することができるはずです。その分求められる技術は高く、手術を行う医師によって仕上がりなどに違いが出やすいという特徴もあります。

次に、P.Pレーザー治療法と呼ばれる方法です。これは文字通りレーザーを使う方法で、メスを使うことがありません。そのため出血も少なく、傷跡も残りにくいというメリットがあります。傷跡が残るのはいやだという方には最適な方法と言えるでしょう。ただし、この方法は非常に高度な技術が要求され、現在のところこの手術を行える病院というのは限られています。また、この手術を行える病院の中からさらにレベルの高い病院を選ぶことがポイントになるでしょう。

この他にも、余った皮を切除することがないノン切開法、ペニスの根本の皮を取り除くことで傷跡を隠すことができる根部形成法、真性包茎の治療で採用される背面切開法などがあります。自分が包茎手術をする時に望んでいることはなんのか、これをしっかりと整理したうえで医師とカウンセリングを行いましょう。そして、自分にあった手術法を選ぶようにしてください。

包茎手術の病院の選び方

包茎手術をする場合、まず大切なことはどの病院を選ぶのかということです。病院によって手術の方法も違いますし、費用も変わってきます。医師のレベルも病院によって違ってきますので、病院選びは実はとても重要なことだと言えます。失敗をしないためにも、慎重に病院を選ぶようにしましょう。ここで問題になるのがどういう病院が良い病院なのかということです。これがわからなければ選びようがありません。

病院選びで気をつけたいことはいくつかあるのですが、まず料金についてです。包茎手術をするとどのくらいの費用がかかるのか、これがしっかりと提示されている病院を選ぶということがポイントになります。初診から手術が終了して治療が終わるまでにいくら必要になるのか、これをしっかりと把握できる病院をまずは探しましょう。手術の方法もチェックする必要があります。包茎手術の方法は1つではなく、複数の方法があります。病院によって採用している手術も違いますから、自分に合った方法を採用している病院を選ばなければなりません。手術前にカウンセリングを行っているかも重要です。カウンセリングは医師と患者が話し合いをし、お互い納得のうえで治療を始めるためには必要不可欠なものです。特に患者にとっては初めてのことですから、疑問や不安も多いはずです。そうした疑問や不安を解消し、すっきりとした気持ちで手術を受けるためにも十分なカウンセリングをしてくれる病院を選びたいところです。そして、手術後、つまりアフターケアがしっかりしているかどうかもチェックが必要です。手術をしたらそれで終わり、という病院では術後にトラブルがあった時に困ってしまいます。どのようなアフターケアをしてくれるのか、これも大切なポイントです。このように、病院選びのポイントはいくつかあるのですが、基本的にはその病院を信頼することができるかどうかが重要になってきます。現在ではインターネットを利用して簡単に情報収集ができるようになっていますので、妥協せずに病院選びをしましょう。

包茎治療を行うメリット

包茎手術
真性包茎やカントン包茎の場合、できるだけ早く手術をしてしまうのがよいのですが、仮性包茎の場合は無理に手術をする必要はないと言えます。勃起時には皮が自然と剥けてくれますし、日常生活を送るうえで特に困るということはないからです。でありながら包茎手術をすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、衛生面において大きなメリットがあります。ペニスが皮で覆われている状態というのは不衛生な状態になりがちです。皮があることで垢や雑菌が閉じ込められ、増えやすい状態になってしまっているからです。雑菌は垢を食べて繁殖していきますので、包茎の状態は衛生的に非常に良くないということになります。これが原因で病気になってしまうこともあり、病気の予防という意味でも包茎手術には大きなメリットがあると言えます。

また、包茎であるということは男性にとってコンプレックスになります。実際、包茎であることに悩んでいるという男性は非常に多く、友人同士であってもペニスを見せられない、銭湯や温泉に行きづらいと感じている方は少なくありません。つまり、包茎とは恥ずかしいことであるという認識が強いということになります。これは女性と性行為をする場合も同様です。ペニスを見られるのが恥ずかしい、女性に十分な快感を与えられていないのではないか、という思いを抱えることになってしまいます。包茎手術を受けることで、こうしたコンプレックスを解消することができるというのも大きなメリットになるでしょう。包茎手術をした、しようと考えているという方の多くは衛生面のことより、コンプレックスであることを解消したいと考えているのではないかと思います。

包茎手術を受けることによって、男としての自信を取り戻すことができ、さらにペニスを清潔な状態に保つことができるようになります。
どちらも男性にとっては非常に重要なことですので、包茎で悩んでいる場合は手術をしてしまうことをおすすめします。

医学的に見た包茎の弊害について

包茎は男性のコンプレックスの原因の1つになり、包茎が原因で悩んでいる方も少なくありません。こうした場合、包茎であることが恥ずかしい、他人に見せられないといったことがコンプレックスの原因になってしまっていることが多く、そこで包茎の治療をしようと考えている方もいると思います。これらは精神的なものであり、包茎であることを気にしないのであれば問題ないと考えることもできます。では、包茎を医学的な点から見るとどうなのでしょうか。包茎は医学的にもさまざまな弊害があるのです。仮性包茎の場合、国によっては包茎と考えないこともあり、医学的に見てもそれほどの弊害はないと言えます。仮性包茎の方が性行為時の快感が高まると皮を伸ばす手術を行う国もあるほどで、ペニスを衛生的に保つのが難しいという点以外では特に問題がないと考えられます。

しかし、真性包茎やカントン包茎は医学的に見て大きな弊害があります。真性包茎の場合、ペニスの亀頭部分が完全に皮で覆われてしまっています。この状態では皮とペニスの間に垢や雑菌が溜まってしまい、また、それを取り除くことが難しくなります。これは病気の原因となりますから非常に危険です。仮性包茎を手術する場合は保険の適用ができず、全額自己負担となってしまいますが真性包茎の場合は保険を適用することが可能です。つまり、真性包茎は病気として認識されているということであり、このことからも真性包茎には大きな弊害があるということがわかります。カントン包茎は剥けた皮が元に戻らなくなってしまい、これが原因でうっ血を起こしてしまったりします。ペニスが皮で締め付けられている状態ですから血液の流れが悪くなり、最悪の場合壊死してしまうということもあります。真性包茎と同様、カントン包茎も大きな弊害のある包茎ということになります。このように、包茎というのは医学的に見ても弊害の多いものです。特に真性包茎とカントン包茎はすぐにでも治療をする必要がありますので、たいしたことはないだろうと放置しないようにしましょう。

包茎って女性に嫌われる?

包茎だと女性に嫌われてしまうのではないか、こう考えている男性は多いと思います。では、実際のところはどうなのでしょうか。あるアンケートによると、女性にとって包茎であるとういことはそれほど大きな問題ではないようです。もちろん、包茎の男性は絶対に嫌だという女性もいるのですが、男性が考えているほど女性は包茎に対して抵抗がないと言えます。多くの女性が、好きな男性が包茎であったとしてもそれほど気にならないと回答しています。この結果を見ると包茎が理由で女性に嫌われてしまうということはほとんどないと考えてよいでしょう。ですが、だからといって包茎のままでよいというわけではありません。包茎であることを気にしない女性でも、包茎が原因でペニスが不衛生な状態になってしまっているのは嫌なものですし、このことが原因で嫌われてしまうということもあるでしょう。包茎が直接的な原因にならないとしても、包茎であることが影響して女性に嫌われることはあるということです。包茎の状態だとペニスが皮で覆われてしまっていますから、垢や雑菌が増えやすい状態になっています。仮性包茎の場合であれば衛生的に保つことも可能ですが、真性包茎の場合は難しくなります。臭いも出てしまいますし、女性にとっても病気に感染してしまうリスクがあります。

こうしたことを考えると、やはり包茎は治療してしまった方がよいと考えられるのではないでしょうか。女性の目を気にすることがなくなるのはもちろんですが、包茎を治療することは男としての自信を取り戻すことにもつながります。包茎であることがコンプレックスになってしまっている男性は少なくありませんし、自分のためにも、そして女性のためにも包茎を治療するというのは悪いことではありません。仮性包茎の場合、ペニスが不衛生な状態ならないようにさえ気を付けていれば特に大きな問題はないと言えますが、真性包茎などは病気のリスクなどを考えても早期の治療が望ましいとされています。女性に嫌われることがないとしても、包茎を治療するべきかどうかはしっかりと考えなければいけません。