包茎手術のランキングと最大限活用するためのクリニック全知識

包茎に悩まされている男性は多いといわれていますが、具体的にどのような状態のことをいうのでしょうか?そもそも包茎とは勃起していない時に亀頭部が包皮に覆われている状態のことをいいます。一方、勃起時でも非勃起時でもいつも亀頭が露出している状態のことを露茎といい、大人の男性の場合だとこれが正常だと思ってください。亀頭部はもともと包皮で覆われていますが、成長過程でペニスも成長して次第に包皮がめくれてきます。一般的に3歳になるころには包皮は剥けるようになるといわれているので、この時期に剥けないと将来的に包茎になる可能性があります。ただ、亀頭が全て露出している必要はなく多少出ている程度で問題ないですし、この時期に剥けていないからといって絶対に包茎になるという訳ではありません。小学生や中学生になってから剥け出す場合もありますし、高校生になってからようやく剥けるというケースもあるので焦らないことが重要です。そして、両親が息子の包茎を気にしすぎると精神的なストレスを与えてしまうので過度に心配するのは止めましょう。そのことが原因で勃起障害を引き起こす可能性も考えられるので、お風呂に入った時にさり気なく確認する程度にしてください。

すぐにでも包茎手術のランキングを知りたい方は 包茎治療について をご覧ください。

包茎は手術をした方が良いと一般的にいわれていますが、必ずしも手術をしないといけない訳ではありません。日常生活に支障がないのであれば、そのままの状態で問題ありませんし、包茎だからといって気にする必要もないです。ただし、症状が酷い人の場合は日常生活に支障をきたすことが多いので、手術をした方が良いかもしれません。例えば、勃起しても全く亀頭が露出しないとか皮を剥こうとすると激痛が走る、性行為ができない、ペニスを清潔な状態に保てないといった場合です。こういった場合だと日常生活に大きな支障をきたしていることになるので、包茎手術をおすすめします。そのまま放置していると性病に感染しやすいですし、男性不妊の原因にもなるので注意してください。

仮性包茎とは

包茎手術のランキング
包茎の中でも最も割合が多いのが仮性包茎と呼ばれる状態で、日本人の6割の男性は仮性包茎だといわれています。また、世界的に見ると8割の男性が仮性包茎だといわれているので、非常にメジャーな包茎だと思ってください。では、具体的に仮性包茎とはどういった状態のことをいい、どういったデメリットがあるのでしょうか?仮性包茎というのは非勃起時は包皮に亀頭が覆われているけど手で剥くことができたり、勃起すると亀頭が露出する状態のことです。包茎の中でも軽度の部類なので日常生活にそこまで大きな支障をきたすことはないので治療をせずに生活している人が大半です。ただし、いくら症状が軽いといっても日頃から亀頭が隠れている状態は衛生上良くはありません。亀頭部分がじめっとしているので細菌が繁殖しやすいですし、恥垢も溜まりやすいのでしっかりと皮を剥いて洗うようにしてください。その時に石鹸をしっかりと洗い流さないと炎症を起こしてしまうので気をつけるようにしましょう。

また、仮性包茎の男性は非包茎の男性と比較すると淋病やクラミジア、梅毒、ヘルペスといった性病に感染しやすいといわれています。性病の中には薬を使用することによって治せるものもありますが、中には治すことができないものもあります。そのため、仮性包茎の人は常にペニスを綺麗な状態にしておくこととコンドームの着用を意識した方が良いです。
基本的に仮性包茎の場合、症状が軽ければ治療を行う必要はありませんがコンプレックスを感じている人は治療を検討されてみても良いかもしれません。男性の中には仮性包茎なのが恥しくて性行為ができなかったり、女性と付き合うのに抵抗を感じてしまう人もいます。こういった場合、そのまま放置してしまうと一生性行為ができない可能性があるので治療を行った方が良いでしょう。性行為ができないと結婚してから子づくりができず、夫婦関係を悪化させるかもしれないので今のうちに対処するのも1つの選択です。

真性包茎とは

真性包茎とは常に亀頭部分が包皮で覆われていて、勃起しても皮がめくれない状態のことをいいます。また、仮性包茎とは異なり、手で皮を剥こうと思っても剥くことができず無理に剥こうとすると激痛が走りますし、包皮が腫れてしまう可能性があります。包皮口という皮の先の方が狭くなっていることや亀頭と包皮が癒着してしまっていることが大きな原因です。このように何をしても亀頭を露出することができないので、日常生活に数々の支障をきたすケースが多いです。基本的に真性包茎の人は治療をしないと快適な生活を送ることができないので、早めに対処された方が良いでしょう。まず、真性包茎の場合だと常に亀頭が包皮で覆われているため垢が溜まりやすいですし、ジメジメしている状態なので細菌も繁殖しやすいです。不衛生な状態だと亀頭包皮炎を起こしたり、性病に感染するリスクも高くなりますし、陰茎ガンの発症リスクもアップします。皮を剥くことができればこういった問題を防ぐことができますが、真性包茎の場合は皮を剥いて洗うことができないのでどうしてもこのようなリスクが出てきます。

そして、性行為をする場合に支障をきたすというのも真性包茎の問題点で男性不妊の原因にもなります。性行為時に摩擦によって皮に痛みを感じるため集中することができませんし、皮が傷ついてしまうこともあります。亀頭部分が隠れていると皮が邪魔をして膣内に射精できないため子づくりに支障をきたす場合があります。また、排尿する時に上手く狙いを定めて尿を出すことができないので便器を汚しやすいという問題もあります。このように真性包茎だと様々なデメリットがあるので、可能であれば治療を行った方が良いです。特に真性包茎にコンプレックスを抱いている人は、早めに対処しないとそれが原因で勃起障害を促す危険もあります。自分で無理に剥こうとするとさらに癒着が酷くなって真性包茎を悪化させることになるので止めてください。

カントン包茎とは

カントン包茎とは皮を剥き亀頭を露出した際に包皮の先端部分が狭いために包皮口が陰茎を締め付けてしまっている状態のことをいいます。カントン包茎は子供の頃に包皮が上手く広がらなかったことが原因で起きるケースがほとんどです。包皮口が陰茎を締め付けている状態というのは非常に危険なので、早めに治療を行う必要があると思ってください。カントン包茎のまま生活をしていると陰茎が包皮の締め付けによってうっ血してしまい、次第に激しい痛みを伴います。そして、それでも放置してしまうと壊死してしまいペニスが正常に機能しなくなるので注意が必要です。もし、そうなってしまうとすぐに手術を受けることになり、最悪の場合ペニスを切断する可能性も出てきます。そのため、仮に自分で皮を剥いてカントン包茎になった場合は、すぐに元の状態に戻すことが大切です。自分で元に戻すことができない場合、恥しいかもしれませんが泌尿器科に行き、専門医に相談するようにしましょう。一番してはいけないのはカントン包茎を放置することなので、違和感を感じた場合はすぐに行動に移しましょう。

また、基本的にカントン包茎になってしまう人は恥垢が溜まりやすいですし、細菌が繁殖しやすい状態なので入浴中にしっかりと洗うようにしてください。清潔な状態を保つことができないと包皮が炎症を起こしたり、性病に感染する可能性が一気に高くなります。ただ、無理に皮を剥いて洗おうとするとカントン包茎になってしまうので、違和感を感じた時は剥くのを止めましょう。包茎の中でもカントン包茎が一番危険な状態なので、陰茎が包皮の締め付けて痛いと思っている人はそのままにせずに治療を行ってください。カントン包茎の場合、危険な状態だと判断されるため健康保険が適用され、手術費用もそれほどかかりません。それでも治療費用が気になるという人もいるかもしれませんが、そのままだと大変な事態になってしまうので注意してください。

包茎治療の歴史

包茎手術のランキング
包茎治療は最近始まったことではなく、非常に古くから行われており歴史を遡ると紀元前になるといわれています。紀元前450年頃からユダヤ教やキリスト教など宗教上の理由で世界中で割礼が行われていたようです。また、宗教に関係なく様々な地域の原住民が割礼していたという説もあるので昔からそれほど珍しいことではなかったのかもしれません。現在、マスターペーションという行為に対して悪いというイメージがありませんが、19世紀のアメリカやイギリスでは罪悪だと考えられていました。この時代はマスターペーションをすることで記憶力低下や心臓病を発症させるといわれており、そのことがきっかけで包皮切除が盛んに行われていました。では、どうして包皮切除をすることでマスターペーションの予防に繋がると考えられていたのでしょうか?それは包皮切除をすることによって感度が低下してマスターペーションをしなくなると考えられていたからです。しかし、最近ではその考えも無くなり、包茎治療を受けるかどうかはその人の意思次第になっています。

そして、みなさんもご存知のフランスの王様ルイ16世も包茎だったといわれており、それが原因でマリーアントワネットが自由奔放に遊んでいたのではないかといわれています。ルイ16世は真性包茎だったという説があり、性行為の時の痛みがトラウマになってしまい勃起障害だった可能性があります。そのため、マリーアントワネットは性的欲求を他の男性で紛らわせていたという噂もあります。ただ、ルイ16世は22歳の時に包茎治療を行い、これがきっかけでマリーアントワネットとようやく結ばれることができたそうです。このように包茎治療には古い歴史があるので今に始まったことではなく、それほど特別なことではないと思ってください。現在、包茎治療をしようかどうか迷われている人もいると思いますが、治療をしなくても良いケースもあるのでまずは病院やクリニックに行って専門医に相談してください。

包茎治療の近代史

包茎治療を一般的なものにさせたのは第2次世界大戦後のアメリカの影響が大きいといわれています。この時というのは包茎のままだと性病になったりガンになると考えられていて男性の多くは包茎治療をするようになりました。しかし、それから月日が流れ1970年代になると包皮の必要性が考えられたり、新生児の包茎手術は非人道的という声が高まったこともあって手術を受ける人が減少していきました。日本では未だに戦後のアメリカの影響が強く残っており、包茎だと絶対に手術をしないといけないというイメージを持たれている場合が多いです。確かに包茎だとデメリットがありますが、軽度の場合であれば日常生活に支障をきたすことはないので手術をする必要はありません。特に仮性包茎の場合は症状が重くない限り、治療を受けるメリットが無いので無理に治す必要はないのです。ただ、真性包茎とカントン包茎になると不妊の原因になりますし、性病リスクが高まるため手術をされた方が良いでしょう。特に重度のカントン包茎はそのまま放置してしまうと陰茎部分が壊死して、最悪の場合だとペニスの切断という危険性があるので早めに治療を受けないといけません。

一昔前であれば、包茎治療の技術が低かっため仕上がりに違和感があったり、麻酔による痛みが大きかったり、体への負担が大きく入院する必要がありました。最近では執刀医の技術の向上や様々な手術方法が生まれたことによって自然な仕上がりになるケースが多いですし、麻酔による痛みも大幅に軽減されました。また、体への負担も軽減したため入院するケースが非常に少なく、ほとんどの場合は当日中に帰宅できます。ただし、全ての病院やクリニックが傷みが少なかったり、仕上がりが自然という訳ではないので気をつけてください。執刀経験が少ない医師に任せてしまうと納得できるような仕上がりにならないことがありますし、麻酔で激痛を感じることもあります。そして、未だに悪質な治療を行っているところが存在するので、いい加減にクリニックを決めてしまうと高額請求される場合もあります。そのため、自分が納得できる治療を行ってもらうためにもどこで治療を行えば良いのか真剣に考えてください。

包茎治療について

  1. ABCクリニック

    日本の男性から「包茎」の悩みをなくしたい
    ABCクリニックでは手術内容の説明と必要性をきちんと患者様にご説明し、事前に明確な費用をお伝え致します。だから、ご納得いただいた内容の費用で治療ができます。 あなたの抱える不安に、経験豊富なカウンセラーが事例や比較を交えてお答えします。悩みの解決方法が明らかになることによって、安心と自信を取り戻していただける、治療を行うことができます。

    ABCクリニックの詳細

  2. 上野クリニック

    下半身の悩みは上野クリニックで即解決!過去20万人の包茎を治療
    上野クリニックは全国で18医院を展開する、業界内でも最大級のクリニックです。包茎でお悩みの方を一人でも多く救いたい、そんな思いから、北は札幌、南は福岡まで、全国展開をしています。包茎でお悩みの方はお近くの上野クリニックまでご相談下さい。 いつでも無料で相談できる24時間無料相談を実施、通院したことが誰にも知られないよう完全予約制・仮名申し込みを採用、全国ネットだからいつでもどこでもアフターケアを受けられるなど、上野クリニックは業界最大級の安心サービスを全ての患者様にお約束致します。

    上野クリニックの詳細

  3. 東京ノーストクリニック

    包茎手術なら20年の信頼と実績!診察・カウンセリングは無料
    東京ノーストクリニックでは、無料で包茎に悩む皆様からのご相談にお電話、もしくはメールお答えしております。お一人で悩まず、当院の男性ベテランスタッフにご相談下さい! 包茎は一人で悩んでいても何も解決しません。患者様一人ひとり違う、包茎の症状やペニスの状態に的確な方法をアドバイスできるように、無料で包茎治療のカウンセリングを行っています。

    東京ノーストクリニックの詳細


包茎の症状が酷くて日常生活に支障をきたす場合は無理に我慢せずに包茎治療を受けた方が良いでしょう。包茎治療を受けることに羞恥心を感じ、抵抗があるかもしれませんがそのまま放置していると性病の感染リスクが高いですし、男性不妊の原因になるかもしれません。また、カントン包茎の場合だとペニスの機能を失ってしまう可能性もあるので早めに治療を受けるようにしてください。包茎治療というと手術のイメージが非常に強いと思われますが、矯正器具を使用した治療もあります。包茎手術は一般的に余分な皮を切除して亀頭部分を露出させるというもので、手術時間はだいたい40分~60分程度です。ただ、手術前に30分~60分ほどのカウンセリングを行うので、その時間を含めると100分前後かかると思った方が良いかもしれません。包茎手術をしたいけど痛みが気になるという方はたくさんいるかもしれませんが、皮を切除する前に麻酔をするので無痛で手術を受けることができます。麻酔の痛さはクリニックや病院によって異なり、強い痛みを感じるところもあればそれほど痛みを感じないところもあります。麻酔による痛みが心配という場合は麻酔技術に自信を持っているクリニックを選ぶようにしてください。また、麻酔技術と同じようにクリニックや病院によって仕上がりも異なり、執刀医のレベルが高いところであれば見栄えにもこだわってくれます。病院は基本的に包茎を治すということだけが目的なので、自然な仕上がりにこだわりたいのであればクリニックを選ばれた方が良いでしょう。そして、病院で仮性包茎を除く、真性包茎やカントン包茎の手術を受ける場合のみ健康保険が適用されます。

矯正器具を使用した治療というのは、リングタイプと接着剤タイプの2つに大きく分類されます。リングタイプが一番よく使用されているもので皮を根元に集めた状態で装着して亀頭を露出させるというものです。接着剤タイプは接着剤を使用して根元に集めた皮を接着させるというもので矯正器具を使用しているのがバレにくいです。矯正器具は手軽に購入できて自宅で治療をできるというメリットがありますが、効果や安全性を考えると手術の方が安心です。

仮性包茎の治療の特徴や内容

仮性包茎は包茎の中でも一番割合が多く、日本人男性の7割程度は仮性包茎だといわれています。普段は亀頭部分が包皮に覆われていますが手で剥くことができますし、勃起すると勝手に露出するため基本的に日常生活に支障をきたすことはありません。そのため、絶対に手術を受けないということはありませんし、受ける人もそれほど多くないというのが現状です。しかし、清潔な状態を保つことができなくて悪臭がしている人や性病リスクを抑えたいと思っている人、早漏を改善したい人は検討されてみてください。仮性包茎の場合、日常生活に大きな影響を与えることが少ないですが、清潔な状態を維持するのが難しくて性病に感染するリスクが高いです。また、普段亀頭部分に刺激を受けていないので性行為の時にすぐに射精してしまうケースが多く、これがトラウマになりEDになる人もいます。仮性包茎で治療をするのかどうかは本人の意思次第なので何か困っているのであれば行うのも良いかもしれませんし、不自由に感じていないのであればわざわざ受ける必要はないといえます。

仮性包茎で使用される治療方法はレーザー手術やナチュラルピーリング、根元部固定法といったものです。レーザー手術とは余分な皮を切除して亀頭を露出させるというもので、出血が少なく患者さんの負担が軽いです。ナチュラルピーリングとはメスを使用せずに余っている皮と亀頭の下部をくっつけるという治療方法で自然な仕上がりになります。根元部固定法とは専用の接着剤を使って根元部分に集めた包皮を接着するという治療方法で半年ほど持続効果があり、上手くいけば剥き癖がつきます。仮性包茎の治療を行う場合、病院でもクリニックでも健康保険は適用されないので全額自己負担となります。仮に受けるのであればだいたい10万円~15万円ほどはかかると思っておいた方が良いかもしれません。どこで治療をするのかによって大きく治療費用が異なりますが、クリニックで受けた方が仕上がりが綺麗というメリットがあります。

真性包茎の治療の特徴や内容

包茎手術のランキング
真性包茎とは常に亀頭部分が包皮で覆われていて手で剥くことができなかったり、勃起しても亀頭が露出しない状態のことをいいます。そのため、日常生活に支障をきたすことが多いので治療を希望される方が多いですし、今後のことを考えると治療された方が良いでしょう。真性包茎の場合、皮を剥いて洗うことができないのでペニスが不衛生な状態になってしまい悪臭を発生させたり、性病リスクが高まります。また、性行為の時に激痛を感じることがありますし、膣内に上手く射精することができないので男性不妊の原因にもなります。そして、真性包茎をコンプレックスに感じてしまうことで勃起障害を促すケースもあるので注意が必要です。真性包茎を治療する場合、よく使用されるのが包皮環状切開術という手術方法だと思ってください。

包皮環状切開術とは陰茎を最大に伸ばした上で余分な包皮をカットして亀頭部分を露出させるという手術方法です。包皮環状切開術には手術時間が短い、術後の痛みが少ない、勃起時の突っ張りが無いというメリットがあります。また、性行為時の感度が低下しないというメリットや溶ける糸を使用するケースが多いので抜糸しなくてもいいというメリットもあります。ただし、場合によっては入院する可能性があったり、術後に包皮が腫れてしまう可能性があるというデメリットがあります。この他にも余分な包皮をカットして亀頭の下部分に縫合する亀頭直下埋没法や包皮環状切開術と亀頭直下埋没法のデメリットの特徴を生かした亀頭下環状切開術という手術方法も使用されています。真性包茎の場合は仮性包茎とは異なり、日常生活に支障をきたすと判断されるため病院で治療を受ける時は健康保険が適用されます。健康保険が適用されるとだいたい1万円~3万円程度で治療を受けることができるので自己負担額は非常に少なく済みます。しかし、自然な仕上がりにこだわりたいのであれば健康保険は適用されませんがクリニックで治療を受けた方が良いでしょう。

カントン包茎の治療の特徴や内容

カントン包茎とは無理に皮を剥くことによって包皮口が亀頭の根元を締め付けてしまっていて元に戻らない状態のことです。症状が軽い場合はそのまま生活をすることができますが重度の場合だと締め付けによって亀頭がうっ血してしまいます。その状態を放置してしまうとうっ血部分が壊死してペニスの機能を果たせなくなる可能性がありますし、場合によっては切断というケースもあります。また、カントン包茎には恥垢が溜まりやすいので清潔な状態を維持できないといった問題点があります。清潔な状態を維持できないと悪臭や性病のリスクが高くなりますし、女性器に悪影響を与えてしまいます。このようにカントン包茎には様々な問題があるので重度だと感じる人は早めに治療を行った方が良いでしょう。

カントン包茎の治療で使用されているのが勃起時のペニスに合わせて余分な包皮をカットし、亀頭の直下で縫合する亀頭直下埋没法という手術方法です。亀頭直下埋没法には亀頭の直下で縫合するので傷跡が目立ちにくくツートンカラーにならない、入院する必要がないというメリットがあります。また、勃起時の突っ張りがなかったり、性行為時の感度が低下しないといったメリットもあります。ただし、術後に出血する可能性や1週間~2週間ほど浴槽に浸かったり、激しい運動ができないという問題点もあります。そして、執刀医の経験や技術によって仕上がりに大きな差が出るというデメリットもあるので治療する場所をしっかりと選ばないと後悔する可能性があります。

カントン包茎は真性包茎と同様、日常生活において支障をきたすと判断されるため健康保険が適用されています。そのため、病院で治療を行う場合は健康保険を使用することができるので自己負担額は約6万円前後だと思ってください。クリニックで治療を行う場合は健康保険が適用されないので20万円や30万円程度かかるかもしれませんが仕上がりが綺麗という特徴があります。お金に余裕があるのであれば病院よりも自然な仕上がりに定評があるクリニックで治療を行った方が良いかもしれません。