0代も半ばに達すると言うのに、これまで彼女が一人も出来ずにいました。何故なら、下半身に包茎と言うコンプレックス、悩みを抱えていたからです。勃起しても剥ける事のない、所謂真性包茎というタイプのものだったので、異性から敬遠されてしまうと思っていました。私のペニスは、見た目が小児のようで、見られるのが恥ずかしいという意識がありました。これまで、スポーツ新聞や雑誌で、手術や治療を受ける事が出来るクリニックの広告を見た事があったのですが、相談する勇気がありませんでした。

すぐにでも包茎手術おすすめランキングを知りたい方は 包茎の悩みは治療で解決できます をご覧ください。

ところが、同じ職場に新入社員として仲間に加わることになった女性に一目惚れしてしまい、何とか彼女と付き合いたい!という気持ちが高まったので、手術を受けようと決意したのです。こちらを選ぶきっかけになったのは、実績が豊富な医師が在籍していたからです。日本人であれば、絶対に一度はこの病院の名前を聞いた事があるという程有名でもありますし、カウンセリング体制が整っていたので、不安なく手術に挑む事が出来ました。手術を受け、包茎の悩みから解放された今、男性としての自信を取り戻す事が出来ました。心配していた傷跡も殆ど残る事が無く、仕上がりも自然なのには驚きました。アフターケアも充実しているので、万が一の時の補償もバッチリだと言えます。迷っている方がいればぜひ、手術を受ける事を私はお勧めしたいですね。きっと悩みから解放され、子供の頃のような、無邪気で明るい笑顔を取り戻せるはずです。

包茎手術で人生が変わりました


兄妹二人で育った私、家庭環境もあり性に関しての情報が少ない方でした。ですから男の包茎と言う情報も、中学2年生の時に初めて知ったくらいです。周りの男子の会話から聞こえて来るだけで、自分がそんな状態と知り非常に恥かしいものと思ってしまったのです。インターネットで調べて見て始めてどんなものかを知り、自分は真性包茎であると理解しました。それからは、友人にも相談出来ず、こっそりと隠し続けて来ました。ですがある日、友人にバレてしまい教室でとても恥かしい思いをしてしまい、それ以来自分は暗い性格の人間になってしまったのです。高校時代も友人を作ることが恐ろしく、いつも教室では一人でいました。そして休日や夏休みなどは、アルバイトに明け暮れたのです。なんとか手術代を工面したく、アルバイトに精を出しました。そんな悩みを持ちながらの人生は、とても暗く彼女なんて出来ないと思っていたのですが、大学一年生の時好きな人が出来てしまったのです。デートにも誘えず、しかも自分には大きな悩みがあり、暗いままでは嫌われてしまうと思い、夏休みに入った時、即病院の門をくぐりました。学割などあり、思ったより費用もかからずに済んだのですが、痛みがなかなか取れず困った日もしばらく続きました。実家に帰り、一人ぼっちの夏休みを過ごした私、秋からの授業には張り切って学校へ行くようになりました。気持ちが相当違うことで、前向きになれた私、今度は堂々と彼女を誘ってデートに出る積極的な私がいました。手術を受けて急に明るくなった私ですが、精神的にすごく重たいものを捨てることが出来たと嬉しく思います。

見えない部分だけれど気にしてしまいます

包茎とひとことで言っても色々な状態があるのですが、私が悩んでいるのは仮性包茎です。普段は皮を被っている状態で、勃起をすれば剥けるというものです。医者に行き見てもらったのですが、勃起した時に剥けるし射精することに問題がないのであれば手術する必要はないということでした。少しは安心しましたが、だからと言っても自分の身体のことですし、すぐには前向きにはなれない悩みです。他の男性と見せ合いっこを出来るようなものでもないので、つい自分の殻に閉じこもり一人で考え込んでしまうのです。包茎であるというだけで、なんとなく男としてダメなような気がしてしまうし、風呂に入って身体を洗う時にも意識して皮の間をしっかり洗わないと恥垢が溜まってしまって匂いの原因にもなってしまうから大変なのです。

それから、女性といざホテルに行くことになった時なども気になってしまい、自分に自信が持てないのです。下半身のことというのは、誰に見せる訳ではありませんが、大きさなど他の事も含めて悩みが尽きません。女性に見られた時にどう思われるだろうとか、やっぱり剥けている方がいいのかなど、端から見たらどうでも良いことでも本人にとってはかなり深刻に考えてしまうことなのです。それから、オナニーをする時は皮を根元に置いておいて扱くやり方をしているのでイケるのですが、女性とセックスする時には自分で皮を押さえておくことがやりづらいので、なかなかイクことが出来ずに辛い時間を過ごす時があります。この悩みが解消される日が来ることを望んでいます。

真性包茎の悩み


日本人男性の多くは仮性包茎だそうですが、それがうらやましく感じることがあります。というのは、わたしは真性包茎だからです。子どものころの状態のまま、大人になった感じです。自分の男性器が他の男性とは違うということを知ったのは、中学生頃だったと思います。友達と温泉に行ったとき、友達はすっかり大人の状態になっていたのに、わたしは子どものままです。いつか自分も皮がむけて、逞しくなるものだと、そのときを待っていたのですが、ついにそのときを迎えることなく、成人してしまいました。この悩みを友人に話しても、死ぬわけじゃないんだから気にするなと言います。

確かに、死ぬわけではないし、日常生活にそれほど支障があるわけではありません。しかし、やはり恥ずかしいです。大学生頃から、大衆浴場へは一度も行っていません。彼女に見られたときは、「かわいい」と言って笑われてしまいました。今、真剣に考えているのは手術を受けることです。手術を受けることで、包茎で悩んでいた多くの男性が、その悩みから解放されているという記事を読んで、心が動かされました。手術代もそれほど高額ではないのもうれしいところです。ただ、やはり包皮を切除するというのに、抵抗があります。痛くはないだろうかとか、不感症になってしまわないだろうかなど、不安がつきません。しかし、実際の体験者の口コミなどを読むと、それほど心配する必要はないようです。評判の良い病院もしっかりチェックしてあるので、思い切って手術しようと思います!

包茎の悩みは改善できる悩み

日本人男性の6割位は仮性包茎だという事ですが、実際に見てみるとなかなかそういう人には出会えません。皆きれいに包皮が剥けている状態だからです。ただ、包茎と言っても仮性の場合はそんなに不便な事は有りません。私の場合は衛生面でちょっと気になる程度でしょうか。性交渉では何も不便な事はないし、だからパートナーに対して気を遣うという事も有りません。ただ、やはり汚れが溜まりやすいというのが凄く気になる所です。ところで、その悩み自体、誰にも言えずに一人で抱え込んでいる人が多いのではないでしょうか。私もその一人です。誰かに相談できれば楽になるかもしれませんが、なかなか相談もできず、結局ネットで調べては同じ様な状態の人がいないかを調べる感じでした。しかしそんな悩みをそのまま放置しておくのは良くありません。

私の場合は、それを何とかして改善する事を考えました。そこで、まずは包皮を剥く運動をするようにした事、そして亀頭を露出させる状態をキープする様にしたのです。ただ結局それではなかなか良くならないので、クリニックに行く事にしました。そうすればより確実にきれいに治す事が出来ると思ったからです。包茎の悩み自体は確かに珍しくない物かもしれません。しかし、やはり衛生的にも良くないと言えるでしょう。だから、それほど問題がないからと言ってそのまま放置しておくのではなく、改善できるなら改善する努力をしてみてはいかがでしょうか。私の場合は自分なりにそれをしたおかげで、今ではその状態からも脱却しました。もう自分の見た目を悩む必要もなくなり、かなり気が楽になった感じがします。

包茎の悩みは治療で解決できます

  1. ABCクリニック

    日本の男性から「包茎」の悩みをなくしたい
    ABCクリニックでは手術内容の説明と必要性をきちんと患者様にご説明し、事前に明確な費用をお伝え致します。だから、ご納得いただいた内容の費用で治療ができます。 あなたの抱える不安に、経験豊富なカウンセラーが事例や比較を交えてお答えします。悩みの解決方法が明らかになることによって、安心と自信を取り戻していただける、治療を行うことができます。

    ABCクリニックの詳細

  2. 上野クリニック

    下半身の悩みは上野クリニックで即解決!過去20万人の包茎を治療
    上野クリニックは全国で18医院を展開する、業界内でも最大級のクリニックです。包茎でお悩みの方を一人でも多く救いたい、そんな思いから、北は札幌、南は福岡まで、全国展開をしています。包茎でお悩みの方はお近くの上野クリニックまでご相談下さい。 いつでも無料で相談できる24時間無料相談を実施、通院したことが誰にも知られないよう完全予約制・仮名申し込みを採用、全国ネットだからいつでもどこでもアフターケアを受けられるなど、上野クリニックは業界最大級の安心サービスを全ての患者様にお約束致します。

    上野クリニックの詳細

  3. 東京ノーストクリニック

    包茎手術なら20年の信頼と実績!診察・カウンセリングは無料
    東京ノーストクリニックでは、無料で包茎に悩む皆様からのご相談にお電話、もしくはメールお答えしております。お一人で悩まず、当院の男性ベテランスタッフにご相談下さい! 包茎は一人で悩んでいても何も解決しません。患者様一人ひとり違う、包茎の症状やペニスの状態に的確な方法をアドバイスできるように、無料で包茎治療のカウンセリングを行っています。

    東京ノーストクリニックの詳細


私は、包茎であることが気になり始めてから、だんだんと悩むようになり、男性としての自信もなくなってきてしまったことがありました。見た目の問題もあり、女性へのアプローチに自信を持てなかったり、温泉旅行など男通しの裸の付き合いもしにくいと感じることもあり、積極性が減ってきたように感じました。この悩みの厄介なところは、恥ずかしさもあり、人に相談しにくいことです。身近に詳しい知識を持った方も見つけるのが難しいこともありますし、相談する人も慎重に選んでしまいます。そこで私は、自分で情報を集めることにしました。包茎治療に詳しいクリニックもたくさんあり、今はインターネットでも情報が紹介されている時代です。私もクリニックのホームページをチェックしてみたことで、治療に前向きになれましたし、包茎治療の手術名などもわかりやすく紹介してくれている比較サイトもあったので、こちらも参考になりました。

クリニックの比較をした後は、気に入ったクリニックに実際に行き、お医者さんに相談をしに行きました。カウンセリング体制も充実していたので、相談できる相手が見つかり、とても安心できました。手術についても、手術方法などをインターネットで調べて、基礎知識を身につけていたので、説明も自然と頭に入ってきました。基礎知識があったので、悩みすぎることもなく、お医者さんに任せて手術を受けることができました。手術後は、アフターケアもあり、安心でしたし、見た目も改善されたので、男性としての自信を取り戻すことができ、とてもうれしかったです。

私は手術をして包茎を治しました

私は昔から女性に対して積極的になれず、彼女もあまりいたことがありませんでした。なぜ女性に対して消極的になってしまったかというと、自分のペニスが原因です。私のペニスは包茎で先端まで皮が被っています。そのことを人生で初めてできた彼女に笑われてしまったのです。それ以来私は自分はダメだ、価値のない人間だと卑下するようになってしまいました。ただ、このままこの先彼女が出来ないという人生も嫌だと思ったのです。彼女を作るためにはこのコンプレックスを克服しなくてはならないと思いました。大きな悩みですが、絶対に解決してやろうと心に誓ったのです。それから私は包茎に関していろいろと調べました。私の場合は仮性という種類のもので、手術などをして治療しなくても性行為などは正常にできるようでした。

ただ、このまま皮が被ったままだとコンプレックスは解消できないと思い、治療する方法を探しました。いろいろと調べた結果、私は美容外科での手術が良いのではないかと思いました。皮を切って治療する方法が一般的なようですが、今では切らないで治療する方法もあるようです。これなら安心して自分のコンプレックスを治すことが出来るだろうと感じました。その後病院にカウンセリングに行って、手術の方法などを聞かせてもらいました。先生の方はとても親切で私はこの人になら任せても良いと思い、そこの病院で手術をすることにしました。結果的には皮を切除する方法を選んだのですが、それでも包茎を治すことが出来ました。今では自分のペニスに自信が持てるようになり、女性に対しても積極的に接することが出来るようになりました。

誰にも言えない男の悩み


男性のシンボルにも、様々なサイズがあり、その形や太さも人それぞれです。それは分かっていても、自分がこんな状態になってしまったのはなぜかと、ずっと悩んできました。親を恨んだこともありましたが、遺伝でもないようですし、そもそも包茎についての知識はほとんど手に入れることができませんでした。ただ、友達とは違う、何かおかしいという、それだけを理解し悩みを抱いていたのです。大学生になり、インターネットが普及するようになると、様々な情報が手に入るようになりました。そこで、自分が長年悩みをもってきた状態が包茎であることを知り、それについて治療を専門としているクリニックがあることも分かったのです。

自分だけではないんだ、ということが分かり、ホッとした思いとともに、治療ができるのであれば直したいという思いが強くなりました。体験談などを読んでいても、友人と温泉に入るのが嫌だとか、恋人が作れないといった話が挙げられています。自分は大学生になっても、恋人もおらず、作る勇気も持てなかったので、その気持ちは痛いほど分かりました。そこで、アルバイトで貯めたお金をもとに、クリニックの門をたたいたのです。不安でいっぱいでしたし、男性のスタッフだけというのも逆に抵抗がありました。こんな自分の姿をバカにされるんじゃないかと、勝手に不安になっていたのです。ですが、ドクターをはじめ男性看護師はみんな本当に親身になってくれ、とても勇気づけられました。

僕の包茎の悩み

真性包茎と、仮性包茎がありますが、僕の悩みは後者です。真性と比べれば大分マシでしょうが、やっぱり男の自信が無くなります。以前、友人に症状を見せてみたところ、「俺はもっと酷い」と言って常に皮被りの股間を見させてもらいました。それにより、安心感を覚えた自分がいます。しかし、始めて彼女とホテルへ行く際には、見せるのが辛くなります。以前、付き合ってた彼女は肉食系女性で積極的に見せ合いっ子を要求してくる子でした。けれど、僕はそれを拒否して彼女に申し訳ない気持ちで一杯になりました。本来ならば男性である僕がリードして、彼女の服を脱がせるべきですが・・・僕は自分の体を見せるのが億劫になっていたのです。彼女に「コレ何?」て言われたらどうしょう・・・そんな不安ばかりでした。

仮性は確かに、僕の友人のように常に皮被りではありませんし、性行為には問題ありません、けれど、お風呂に入る際には性器の汚れを取り除かなくてはなりません。不衛生になると菌が繁殖しますでしょうし、放置もできません。それに、性行為に問題がなくても、覆っている皮を自分で剥かなくてはならないので面倒です。皮を剥く作業に意識を取られて、イク事ができない事もあります。包茎になったら、やっぱり病院でしょうが、女性のお医者様だったらどうしょう・・・と不安になり踏み出せません。今後はネット検索でその対処方法を知り、適切な判断の下で改善する努力をしていきたいと思っています。病院へ行くのは、もう少しだけ覚悟が必要です。

包茎コンプレックスを手術で解消

私には人には知られたくない悩みがありました。それは、包茎であることです。私のアソコは皮がかぶった状態になっていて、とても恥ずかしい状態だったのです。そのことが原因で、子どものころは友だちにからかわれて辛い思いをしたこともあります。大人になってからも、付き合っていた女性から私のアソコの状態をバカにされて、ショックを受けたこともありました。いつの間か、包茎であることがコンプレックスになってしまい、オトコしての自信が持てなくなってしまったのです。だれかに、アソコを見られるのが恥ずかしくて、銭湯やサウナや公衆トイレなど人まで服を脱ぐ場所は避けるようになってしまいました。そんな私のコンプレックスを解消してくれたのは、手術でした。私は、クリニックで手術を受け、アソコの余分な皮を縫合してもらったのです。

この手術を受けたことによって、アソコの見た目がとてもきれいになりました。手術にかかった時間は、20分くらいでしたね。最初はこんなに簡単な手術で本当に包茎が治ったのだろうかと疑問だったのですが、術後一か月後にはそんな不安も解消されました。傷跡もほとんど残りませんでした。私は、手術を受けたことによって長年のコンプレックスが無くなり、男としての自信も持てるようになりました。その結果、新しい女性とも出会うことが出来て、性行為も楽しめるようになったのです。手術を受けたことによって自分の人生が明るく前向きになったような気もします。