育毛剤のランキングと最大限活用するための全知識

育毛剤を使うにあたって、守るべきルールにはいろいろなものがあります。例えば使う前に行うこと、そして使った後に気をつけておくこと、そしてどんなタイミングで使うのがベストか。など。これらは使う育毛剤の種類によって違いますので、育毛剤を使うときにはその育毛剤の説明書をしっかり読んで使い方をマスターしておく必要があります。育毛剤で最もポピュラーなものはやはり頭皮に直接塗る、『外用薬タイプ』のものです。この外用薬タイプの育毛剤、薄毛や抜け毛の解消を目指して使うものですから、使うのはもちろん頭皮にです。頭皮に直接塗ることで成分を内側まで浸透させ、薄毛や抜け毛を解消させていきます。なので塗った後や塗るまえに成分の浸透を邪魔しないために守るべきルールはきちんとあり、それらを守らないとせっかくの有効成分もムダになってしまいます。そういったルールはもちろん製品の使用説明書に記載されていますが、製品を購入した後に知るのではなく製品を購入するまえに知っておいて、間違いのない利用が出来るかどうかを自分の中で判断しておきたいものですよね。ということで当サイトでは、頭皮に直接塗る育毛剤を使用する場合の、使用方法についてお話していこうと思います。

すぐにでも育毛剤のランキングを知りたい方は 育毛剤の上手な購入 をご覧ください。

例えば使う前にはどんなことに気をつけておくのか、そして使った後にはどんな守るべきルールがあるのか。それに直接お肌に塗るものですから、副作用などはないのか。もし副作用のような症状が出たらどうすればいいのか、など。どれも塗るタイプの育毛剤を使用する上ではとても大事なポイントばかりです。塗るタイプの育毛剤は内服タイプの育毛剤と比べ副作用や危険性、注意すべき点などはそれほど厳しくあるわけではないのですが、それでも薬品は薬品。きちんとルールを守って使わないと痛い目を見ることになってしまったり、せっかくの薬効を感じる事ができなくなってしまいます。育毛剤は普通のドラッグストアに置いてあるくらい今やポピュラーな存在となっています。それだけ薄毛や抜け毛などの髪の毛の悩みを持っている方が多い、ということだといえますが、髪のお悩みは解消するのがなかなか難しいものでもあり、効果があるといわれているものなら何でも試してみたいものですよね。育毛剤はそのためにありますので、どうか育毛剤を使う際には使い方をしっかり把握し、守るべきところはきちんと守り含有されている薄毛、抜け毛に効果のある成分をしっかり感じ取れるようにしていてくださいね。

育毛剤の使い方

育毛剤のランキング
育毛剤の中でも最もご家庭で使用されている、塗る育毛剤。頭皮に直接薬液を塗り、それを手を使い揉みこんでいくことで薬液の成分を浸透させ、育毛効果を得ることが出来るものです。塗る育毛剤は最もポピュラーなものだけあって、本当に沢山の製品が販売されています。開発企業も様々で、企業ごとに含有させている有効成分も様々な塗る育毛剤は、利用者としても選ぶ楽しみも使う楽しみもある非常に手を出しやすい育毛剤だといえるでしょう。ですが、そんな使いやすい塗る育毛剤ですが、きちんと薬液の効果を感じるためには使用の際に守らなければならないルールがあります。使用する前にする下準備や使用した後に行うケア、そして気になる使用したことによって起こる、副作用。

こういった情報は使う前にぜひとも知っておかなければならないものばかりです。正しい使用方法を知らずに間違った方法で使って、育毛効果が感じられなかった、なんてことになったらお金も育毛にかけた時間も無駄になってしまいます。それに絶対にないとはいえない、副作用についてもそうです。育毛剤を使うことによって何か健康を害してしまう事態が起こってしまったら。誰にでも絶対にないとは言い切れませんので、使用するまえにどんな副作用が起こる可能性があるかはぜひ知っておくべきです。使い方も副作用についてもそんなに難しい知識ではないので、使う前には自分がこれから使う育毛剤の正しい使い方、含まれている成分の効果なども把握して、正しく効果的に育毛剤を使えるように下準備をしておいて下さいね。

副作用について

育毛剤は直接頭皮に使用するものです。頭皮は顔などと同じ、皮膚ですし、お肌に薬品を使うと考えると副作用が全くないわけではないことは、おのずと分かってきますよね。ですが副作用があるとは言っても、そんなに酷い副作用がしょっちゅう起こるという訳ではありません。というより、育毛剤をなんの問題もなく使用し続けている方のほうが多いようで、副作用が起こってしまうのはごく一部の方のみのようですね。しかし、だからといって起こってしまった副作用をそのまま放置していい、というわけではありません。ということで今回は、育毛剤を使用することで起こり得る副作用と副作用が起こってしまった場合についてお話していきますね。頭皮に塗るタイプの育毛剤を使用して、一番多い副作用は『頭皮のかゆみ』だそうです。使用している育毛剤が頭皮に合わず、薬液の刺激によりかゆみを感じるケースもありますが、副作用ではなく育毛剤の使用により頭皮の血行が良くなり、それによりかゆみを感じてしまうケースもあるようです。ですから、かゆみが出た場合は、刺激によるものか効果によるものかをはっきりさせないといけませんので、使用している育毛剤を持参のうえ皮膚科医を受診するといいでしょう。

次に多い副作用は『頭皮の湿疹や炎症』です。ニキビのような吹き出物が出来ることもありますね。これははっきりと使用している育毛剤がお肌に、体に合っていない証拠になりますので、こういった症状が出たらすぐに育毛剤の使用を中止し皮膚科医を受診して下さい。育毛剤を使っている間に頭皮に何らかの異変が起きたら、それがどんなものであれ必ず専門医を受診するようにして下さいね。放置すると、それが原因で薄毛や抜け毛が進行してしまうこともありますから。

頭皮に塗るまえは?

育毛剤のランキング
塗るタイプの育毛剤は、頭皮に有効成分を含んだ薬液を浸透させ、成分を発毛組織に届け発毛を促し抜け毛を抑制するものです。できるだけ塗る前に、頭皮の状態を整えておかなければなりません。まず気にすべき点は、頭皮に炎症やかぶれなどの皮膚疾患が起こっていないかどうか、です。抜け毛や薄毛の原因には頭皮のトラブルもありますので、何らかの原因によって起きた炎症やかぶれなどがありますと、まずそれを専門医を受診して治療していかなければなりません。そしてその治療はもちろん育毛剤では出来ませんし、そんな荒れた状態の頭皮に直接育毛剤を使用しても成分によっては荒れが酷くなったり、痛みが出てしまうこともあります。

まず最初に鏡を使い自分の頭皮の状態を確認して、そして見にくい部分は手を使い触って痛いところはないか、異変があるところはないかを調べ、腫れやかぶれ、炎症などの異常がないかを確認するようにして下さい。そして異常がなければ育毛剤の使用は可能ですが、使用する前に頭皮の状態を清潔にしておくのを忘れないで下さいね。頭皮に汚れや酸化した皮脂などが残ってしまっていると、せっかくの有効成分が浸透せず、効果も発揮されなくなってしまいます。やっぱり、育毛剤を使用するのは入浴後が一番ベストです。しっかり入浴し毛穴を開かせ毛穴に残った皮脂を洗い流し、シャンプーの泡で汚れや整髪剤をキレイに落とした後の、清潔な頭皮に使ってこそ、育毛剤はその真価を発揮しますから。

頭皮に塗ったあとは?

育毛剤を頭皮に塗ったあとは、頭皮をどういった状態にしておくことがベストなのでしょうか。まず育毛剤を頭皮に塗る前についてのおさらいからです。育毛剤を塗るまえはお風呂に入り、頭皮の汚れをきれいに洗い流してからにしましょうね、と別のところでお話したと思いますが、覚えていらっしゃるでしょうか?頭皮の汚れが残ったままだと育毛剤の有効成分が浸透しませんから、育毛効果が十分に発揮されなくなってしまいますので、育毛剤は入浴後、シャンプーをした後に使うことを習慣づけるのがベストでしょう。ただこの時に一つ疑問が出てきますね。シャンプーしたとの濡れた頭皮に育毛剤を使うのか、それともドライヤーで乾かした後に使うのか、です。これは答えによっては使用後のケアも変わってきますよね。濡れたまま使うのなら使ったあとドライヤーを使って髪を乾かしていいの?と新たな疑問が出てきますし。

では疑問の答えです。育毛剤を使うのは、7~8割程乾いた、少し湿っているかな、くらいの頭皮に使うのがベストです。育毛剤を使う前はドライヤーやタオルで7~8割程度髪と頭皮を乾かしておき、その後育毛剤を使用します。そして育毛剤を使用した後は出来るだけドライヤーは使わないようにしましょう。7~8割方乾いた状態なら使わなければならない、というほどもないですし。それに育毛剤を使用したあとにすぐドライヤーを使ってしまったら、せっかく頭皮になじませた育毛剤が、ドライヤーの温風により蒸発してしまいます。ですから髪と頭皮は育毛剤を使う前にあらかた乾かし、育毛剤を使ったあとは自然乾燥に任せるのがベストな方法です。

育毛剤の上手な購入

  1. チャップアップ(CHAPUP)

    薄毛の悩みはチャップアップで卒業
    CHAP UP(チャップアップ)に含まれる成分は様々な学会等で「育毛に効果がある」と発表され、多くの文献にも記載されているものです。 そのためそれらを多く独自配合しているチャップアップは非常に多くの専門家・メディアより非常に効果が高い育毛剤として評価されています。

    チャップアップ(CHAPUP)の詳細

  2. THE SCALP5.0

    スカルプ業界話題の新成分配合のスカルプローション
    育毛業界で話題の成分「キャピキシル」を配合。医療品成分ミノキシジルの約3倍の成長力!!薄毛時代に終わりを告げる!「アセチルテトラペプチド-3」と「ビオニカンA」の2つを合わせて出来たのが、キャピキシルです。キャピキシルは脱毛を抑えつつ、育毛環境を著しく向上させることが可能になりました。副作用がない、育毛業界期待の新成分です。

    THE SCALP5.0の詳細

  3. 薬用ポリピュア

    薄毛に効く全額返金保証付きの育毛剤
    発毛促進、脱毛の予防をもっとダイレクトに感じたい! その夢を叶えるため、長い長い研究の末、ついに発見したのが長鎖分割ポリリン酸です。 これまでのケアでは触れられていなかった「発毛促進」のスイッチに初めて触れるわけですから、その結果は国際特許で認められるほどの驚くべきものでした。「本当に困っている方々にもこれで本当に喜んでいただける。」 そう思うと震える思いでした。

    薬用ポリピュアの詳細


育毛剤というと、現代では多種類になっているのでどれを購入すればよいのかがわからない・・・と言う人は多いかと思います。育毛剤は、「天然由来・男女別・子供用・頭皮が荒れやすい人向け」で構成されていますので、大まかに育毛剤と言うと4タイプしかないのです。まずはコチラを忘れないようにしておくと育毛剤購入においては上手な購入が可能となります。1つずつ解説をしていきますが、「天然由来」と言うのは外国産のフルーツエキスなどが使われている育毛剤の事です。日本のものについてはフルーツとして使われていますが芳香を意識して使われている事が多く、特徴としては育毛剤使用後の独特な臭いがなく育毛効果を得られると言う点です。

次に「男女別」の育毛剤ですが、男女別となっているのは女性を意識している育毛剤シャンプーが増えてきているからです。女性の場合、「薄毛に悩まされている」人もいますのでこのような育毛剤の男女別が存在していると思っておいて問題ありませんし、女性は女性のものを購入するようにするだけで他に注意はないとなります。3つ目の「子供用」の育毛剤ですが、子供用については“弱酸性”と書かれているとおりで現代では子供から老人までもが使える育毛剤のタイプで、髪の毛などに非常に優しいタイプです。いつもの育毛剤では、髪の毛がごわごわする・・・と言う場合には子供用の育毛剤を使ってみるのも良いです。ちなみに、近年では子供であっても育毛剤などで育毛治療を行っている子供は増えています。最後に「頭皮が荒れやすい人向け」の育毛剤ですが、アルカリ性シャンプーとされている育毛剤シャンプーの事です。頭皮や顔などに肌トラブルがある場合には、コチラを優先して使い育毛剤の効果があるかをチェックするのに最適です。

育毛剤は効果的

実際に使ってみた育毛剤の体験談についてなのですが、「育毛剤は効果的」と言う結果でしたのでオススメしたいところです。私が利用した育毛剤は男性用のスカルプDと言われている育毛剤なのですが、効果は2週間目で現れました・・・、正確な日数では10日ほどだったので驚異的な育毛剤だったと実感しております。また、どうしてこの育毛剤を選んだのか?と言うと、それは「宣伝でよく見かけた」からです。その後、育毛剤を楽天市場でもチェックしてみたのですが、男女ともどもスカルプDは95点以上と言う最高評価を得ていたので、この育毛剤でいいだろう!と言うことになり購入となったのです。

正直、スカルプDなんてほかの育毛剤よりも染みないのだろう・・・なんて、勝手に評価をしていたのですが、まさか育毛剤として育毛効果がしっかりと得られるなんて思ってもいなかったのです。しかし、高い効果があり・・・その時には育毛剤ではなく「宝物」となったものです・・・。ちなみに、スカルプDで女性も評価をしているものがあったりしますが、商品名は「レディース スカルプD」です。こちらで通販のチェックをしてみると育毛剤であれば1・2位の評価で売られている事と思います。それと、どうしてスカルプDを使い続けているのか?と言うと、ほかの商品(育毛剤)とは違い・・・スカルプDは浸透しているのが凄くよくわかるからです。「効いている」と言うのが本当によくわかる良品です!

育毛剤は安い

育毛剤のランキング
実際に購入してみるとわかりますが「育毛剤は安い」です。例えば、似たような商品では育毛効果を得られるお薬があるのですが、育毛剤は安いと言われているだけあって値段にして3倍ほどの差がありました。私は何度かそのような商品を購入していたのですが、育毛剤の宣伝を見るようになってから育毛剤は安いな・・・と思うようになり、購入をする流れとなったのです。そして、実際の細かい値段についてですが、育毛剤は安いと言っていますが実質1万円ほど浮いたものです。育毛剤の場合には2,500円ほどのセットが売られているのですが、先ほどの育毛剤と同じような効果が出る薬の場合には、診断と処方されるお薬の値段がセットとなりますので1万5,000円ほどしたのです・・・。

また、これだと1万円以上も得をしているじゃないか?と思うかも知れませんので、詳細について説明しますが、現代では育毛剤シャンプーでも育毛剤の薬などであっても値段的には似通っています。なので、安いもので育毛剤の購入をするのであれば、大きな差はなかったりします。ですが、高い育毛剤を購入するとなると薬品の場合には、先ほどの1万5,000円という金額になるのです。育毛剤のシャンプーについては、現代ではスカルプDなどが売られていますが、高いとされているだけで、5,000円ほどで購入ができるようになっています。なので、大まかにとらえると1万円ほどの差なのです。人によっては育毛剤シャンプーで効果がある人もいるので、「高いものを率先して購入しない」ようにして欲しいという思いがあり、このようなまとめ方とさせて頂いたのです。

育毛剤の利用

基本的な「育毛剤の利用方法」についてまとめてあります。まず、育毛剤については大量に使ってもまったく意味がありませんので、「10円玉サイズ」を手のひらで塗り広げて使うようにします。そして、育毛剤の利用においては「目をこする」などはしないようにした方が安全となりますので、育毛剤使用の際には気をつけて利用をしていただけると幸いでございます。どうしてこのような注意書きなどが育毛剤にあったりするのか?と言うと、どのような育毛剤であっても「育毛成分」については従来の安全な薬品だけではなく別の薬品を使っていたりしますし、何よりも育毛成分が目などについたりすると、はれ上がったりする人もいるからです。

今までに、シャンプーなどで頭皮がかぶれてしまった・・・もしくは、薬液などが目に入って病院に行ったことがある・・・と言う人は、育毛剤においても同じなのだと理解しておいたほうがよいです。それと、育毛剤については「トニック」の方は購入しないようにしておいたほうが安全です。現代では育毛剤シャンプーが売れていますので、「アミノ酸シャンプー」として子供でも使えるように改良されている育毛剤を使うようにするのが良いとされているのです。トニックの場合、髪の毛が「ちぢれてしまう」などのトラブルもあるので、ドラッグストアによってはそのような育毛剤については置かれていない事もあります。購入してから気づいた・・・では、お金がもったいないので注意して欲しいものです。

育毛剤は発毛剤ではない

育毛剤のランキング
意外と知られていませんが、「育毛剤=発毛剤」と言う認識では問題があります。まず、発毛剤ではない理由ですが、育毛剤を多量に利用していても発毛効果については得られませんので注意して欲しいところです。発毛と言うのは、「既に生えてはいるが伸びてこない髪の毛」を成長させることです。成長が伸び悩んでいる髪の毛が誰にでもあるのですが、酷い場合にははげているようにも見えるので、育毛剤ではなく発毛剤を利用している人がいる・・・と言うのが正しい認識なのです。

育毛剤は、「既に伸びている髪の毛に対して育毛効果を与える液剤」を主に言います。発毛剤と酷似しているのでわかりづらいのですが、髪の毛に栄養を与えても刺激の与え方によっては髪の毛は伸びないと言う特性がありますので、液剤が違うと育毛剤・発毛剤で分けられるようになっていると言う事です。そして、発毛剤の話に戻りますが「育毛効果については若干ではある方」となっていますので、発毛剤=育毛剤のような見方もできます。つまり、発毛していない部分が多い状態で育毛を考えているのであれば、発毛剤を利用して育毛剤よりの効果が得られないかをチェックして、それで問題がなかった場合には育毛剤は不要と言う判断でよいのです。ちなみに、若い人の場合には高確率で育毛剤だけで済みますので、年齢的に発毛剤が必要となる年齢については30代以上とされている部分であったりします。これらに注意し購入するようにしていただけると幸いです。

自然由来のものとは

自然由来の育毛剤と言うのが今では売られるようになっています。例えば、「外国で利用されている自然由来の育毛剤」と言うのが日本では人気なので、聞いたこともない名称のフルーツを利用しているものがあったりします。また、漢字で成分が書かれているものについては中国などが原産の自然由来の植物となっていますので安全性については高い場合が多いです。どうして、このような自然由来の育毛剤が売れるようになったのか?と言うと、日本のものについては「化学薬品」を利用して薬剤を浸透させているものが多く、自然由来の育毛剤がなかったからです。化学薬品については、女性の場合には薄毛を作ってしまう原因とされており、今では意識的に避けられている商品も存在するほどで、昔の育毛剤はすべてこのパターンだったので、画期的な商品として自然由来の育毛剤の人気は高まっていたりします。

また、どうして自然由来の育毛剤でも育毛効果が得られるのか?と言うと、それは「白髪染め」についての解説をしていったほうがわかりやすいように思います。白髪染めにおいても自然由来の育毛剤のように自然由来の植物が使われるようになっているのですが、江戸時代から実を言うと白髪染めなどの原料は自然由来の植物だったのです。つまり、「よく浸透する」のは確かなので、化学薬品に頼らないといけない育毛剤と言うのは古い存在となっていたりもするのです。日本の植物であれば棗(なつめ)などが染料ではよく知られていたりします。

育毛剤と年齢

意外と知られていないのですが、昔よりも「育毛剤を使用する年齢」については引き下がっています。平均的に引き下がっているので、相変わらず男性ばかりが育毛剤を利用している・・・と言うわけではなかったりもします。例えば、20代後半の女性が今では育毛剤で薄毛などをごまかしている・・・と言うのはご存知だったでしょうか?知らない人も多いのですが、現代では「睡眠不足・便秘・薄毛」の3つについては女性の悩みとして知られるようになっていますし、若い人がこの悩みを抱えていたとしても不思議ではないのです。その理由ですが、先ほどの女性の悩みの「睡眠不足」が大きな理由として当てはまります。昔の女性は時間にして23時までには睡眠をとっている人が多かったので、男性よりも疾患や障害で病院にかかっている人は少なかったのです。

ですが、現代ではコンビニの利用であったり、キャリアウーマンとして社会に台頭している女性は倍以上に増えていますので、睡眠時間が2時間ほど昔より減ってきていると言うトラブル、それと「睡眠不足が習慣化」している女性が増えてきていると言う悩みまであります。数年ほど前から知られるようになったのですが、きっかけは「少女の抜け毛トラブル」からです。近年では育毛剤を利用する子供までいるのですが、それも先ほどの睡眠不足が原因とされており、少女などの場合にはネットなどの影響で夜更かしをしている人が増えていて、人によっては薄毛の悩みだけではなく成長そのものにトラブルを抱えている人までいたりします。