小顔になるために必ず得るべき情報と効率的な方法のまとめ

小顔になって今よりも顔のサイズが小さくなりたいと思っている人は多いですが、どのサイズが小顔といえる基準になるかは、あまり知られていませんよね。小顔のサイズがこの大きさというように決められているわけではありません。なぜなら、顔のサイズで小顔というのは、その人それぞれに違っているからです。Aという人が顔のサイズが例えば10だったとして、Bという人が8だったとしても、Aの人の方が小顔に見えることがあります。顔のサイズだけを見ればBの方が小顔になるのですが、なぜAの方が大きいのに小顔に見えるのか、それは体型などのバランスも含んでいるからです。小顔というのはその人のバランスの中での小顔です。ですから体が小さくて顔が大きければ、いくら他の人より顔が小さかったとしてもそれはバランス的に考えて、小顔であるという印象は受けないのです。



小顔=顔が小さいというのではなくて、その人のバランスとサイズのバランスということになります。小顔になりたいと思っている人は今の自分の現状から、どれくらいサイズダウンできるかで、小顔になったかならなかったかの効果の違いを知ることができると思います。小顔ではないと自分では思っていてもサイズを見てみればサイズダウンしているというケースもありますから、一概に周りの人と比べて、小顔である、サイズの違い、といったことは言えないということですね。自分の中で小顔のサイズを考えて決めて行うのがいいでしょう。

小顔のヘアスタイル

小顔
ヘアスタイル一つで小顔に見せることができます。ヘアスタイルというのはその人の第一印象にも関わりますが、顔の形に合わせて変えれば、顔が大きい人なども小顔に見せることができるのです。小顔に見せることができるヘアスタイルとしては、これといった一つの方法ではありません。顔の形は人それぞれ違っているので、面長の人、卵型の人、色々な人がいます。共通して言えることとしては、小顔に見せたいと思っているのであれば、髪の毛で顔の輪郭を隠すようにするのがポイントです。また広がった髪の毛よりは、すっきりとまとまっている方がいいので、おろしていても広がってしまうという人の場合には、小顔に見せるヘアスタイルとして、ワックスを使うなどして、広がりを抑えるといいでしょう。

小顔になりたいと思ってヘアスタイルを考える際に、おでこが広くて悩んでいる人の場合には、おでこは隠した方がいいかも知れませんね。おでこが広いせいで、顔が大きく見えてしまっていることもあります。小顔に見せるためにはおでこを前髪で隠すなどした方がヘアスタイルとしていいと思います。小顔にしたいと思ってヘアスタイルを考えるときに、ロングヘアで色を明るくすれば小顔に見えると思っている人も多いのですが、実際にはこれは逆効果とも言われています。ロングよりもショートの方が小顔に見えやすいですし、色もただ単に明るくするのではなくて、オレンジ色に近い色にした方が小顔に見えます。

小顔になれる髪型

小顔になれる髪型は、一般的にはいくつか種類があります。たとえば、数年前、藤原紀香さんがやったことで紀香ヘアとも言われたウルフスタイルも、顔の輪郭に沿った上方のために、小顔効果を期待することができます。他にも顔の周りにシャギーを入れてみたりすることも小顔効果のある髪型です。小顔効果のある髪型はアレンジでも可能です。普段下ろしているという人は、まとめ髪にしたりアップにするだけでも、顔の周りがすっきりして、小顔に見える可能性も高いですね。顔の周りに段を入れたり変化をつけるだけでも十分に、小顔効果を期待できる髪型です。

小顔になりたいと思っている人は、髪型をどんなヘアにするのか迷うと思いますが自分の顔の形に合わせても選んでみるといいと思います。顔の形によっては先ほど紹介した、ウルフも、シャギーも似あわない人もいるかも知れませんから、どんな髪型が一番自分の顔に合っているのか、そして小顔になれるのか、考えてみるといいと思います。簡単にできる方法としては、まとめ髪をする際にサイドで一つに束ねて、巻髪をするだけでもすっきりして小顔の印象を与える髪型になると思います。小顔になる髪型は、色々とありますから、どれが自分に合うのか、まずは研究したり、行きつけの美容室で美容師さんにアドバイスを求めて聞いてみてもいいかもしれませんね。案外自分では似合っていたと思っても、実際にプロの視点から見れば似あわないケースもあると思います。

小顔矯正

小顔
小顔矯正とは、今人気の小顔になるための方法の一つです。即効性のある小顔になれる方法として女性の間でとても人気があります。小顔になるための方法は色々とありますが、即効性があるものというのは、少ないような気がします。しかしこの小顔矯正なら、行ってすぐに小顔になったことを実感することができるメリットがあります。小顔矯正といっても受ける場所によって、色々な方法がありますが、顔がゆがんでいるために大きく見えていたり、リンパの流れが滞ったりして、顔がむくんでいる人を対象にして、顔を正しい位置に強制させることを、小顔矯正と呼んでいます。

あごの部分や骨格を整体などで、正しい位置に直すことで、顔の歪みが改善されます。この事から小顔になれるという方法です。体がゆがんでいる場合も変な場所に脂肪がついて太って見えるということがありますが、顔も同じです。歪んでいることによって顔がむくんだり、血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まってしまうと言われています。そのため、小顔矯正をしてただし位置に戻せばスッキリとした、小顔を手に入れることができるのです。小顔矯正を受けるにあたっては、骨や骨格をボキボキいじって、痛いというイメージを持っている人も中にはいるかも知れません。しかしそんなことはありません。小顔矯正を受けた後は、顔がすっきりとしたという人も多く、ツボを刺激しながら矯正するところもあるので、心地よい痛みと言われています。

小顔ローラー

小顔ローラーは美容家のIKKOさんが愛用しているとテレビで放送されてから、一躍有名になった小顔になるためのグッズの一つです。色々なタイプの小顔ローラーが販売されていますが、中でも人気なのは、やはりゲルマニウムの小顔ローラーでしょうか。特殊な形をしているローラーで、電気も一切必要なく、ただ手でテレビを見ながら毎日コロコロするだけで、小顔になれるというローラーです。小顔になるだけではなく、しわを減らしたり予防したり、また肌のハリや艶なども取り戻すことができるとして知られています。この小顔ローラーがなぜこれほどまでの効果があるのか、その理由は、小顔ローラーを使うことによって、肌の表情筋が鍛えられます。筋肉が鍛えられることによって、肌の新陳代謝が良くなります。肌の新陳代謝がよくなれば、それだけで、肌が生き生きとするという効果が実感できます。

また肌の新陳代謝がよくなるということは、顔に溜まっていた老廃物や水分などもすっきりと排出することにつながりますから、その結果、顔がむくんでいた人や、老廃物が溜まっていたことによって、大きく見えていた人などは、顔が小顔になるというわけですね。小顔ローラーのいいところは、電源も必要ありませんし、消耗品も必要がありませんから、一度購入すれば、あとは、毎日数分コロコロするだけで、小顔になることができるということですね。テレビを見ながらでも、リラックスしながらでも、お風呂に入りながらでもいいので、小顔ローラーでコロコロしてみるといいでしょう。

小顔の方法




小顔になるための方法については色々な種類があります。自分で手軽にできる方法もあれば、何か器具を使って自分で行う方法もあります。美容外科やクリニックへ行って行う小顔の方法、エステで受ける小顔の方法もありますから、色々です。小顔の方法は色々とありますが、基本的には、顔の筋肉を鍛えたりすることで、顔が小さくなります。体の筋肉の場合には鍛えると細くなることがあります。これと同じで顔の筋肉が使われていないと、太って見えたり大きく見えてしまいますから、顔の筋肉を意識して鍛えると小顔にすることができます。

顔には沢山の筋肉があります。表情筋と呼ばれているのですが、この顔の筋肉を鍛えることで、小顔になることができます。頬やくちの周りの筋肉が気になっているという人は、その部分の表情筋を鍛えるための方法を色々と試してみるといいでしょう。最近小顔の方法として手軽にできる一つに、小顔矯正が人気です。器具や化粧品を一切使わずに、顔の歪みを治すことで、小顔にさせるという方法です。小顔のための矯正をしたいと思っている人はカイロプラクティックなどへ行ってみると、小顔矯正を受けることができます。一度受けただけで即効性がありますので、施術後の変化をすぐに目で見て感じることができます。小顔になりたいと思っている人は、このように、色々な方法がありますので、どの方法を行うのかは、自分に合った方法を探して、試してみるというのもいいかもしれません。

小顔マッサージ

小顔になるための方法として、小顔マッサージがあります。小顔マッサージの方法といっても色々な種類がありますが、手軽にできる方法をここで紹介したいと思います。わざわざなんでもない時に、マッサージクリームを持って来て、小顔マッサージをするということになれば、続けられない人も多いと思います。そこで、毎日お風呂の中出来る小顔マッサージの紹介です。できれば肌のすべりをよくするためにも、マッサージクリームを用意した方がいいですが、ないという場合にはクレンジングをする際に、クリームタイプのクレンジングを使っているという人は、そのクレンジングの時に小顔マッサージをしてみるというのも一つの方法です。

どんなマッサージをして行くのかというと、小顔になりたいと思っているのなら、むくみや顔の老廃物をすっきりと排出させる必要があります。そのためにはリンパマッサージがお勧めです。リンパの流れに沿って小顔マッサージとして顔のマッサージをして行くと新陳代謝も良くなりますし、老廃物や水分など、顔に溜まっていたものがすっきりと排出されます。色々な小顔マッサージの方法はあると思いますが、お風呂に入りながら行えばとても手軽ですし、また、共通して言えることとしては、下から上へ下から上へとマッサージして行くというのがハリや艶を出すためのポイントです。最近垂れてきたと思った人は、下から上にマッサージして行きましょう。目の周りなどは力を入れ過ぎないことも注意です。

小顔体操

小顔
小顔にするための方法の一つとして、 小顔体操があります。小顔体操をすることで、顔にたくさんある表情筋が鍛えられます。顔の表情筋は、普段生活をしている中ではほとんど使うことがないといってもいいでしょう。表情豊かな人で、顔の表情筋を動かして顔全体で普段表情を作っているという人がいれば、表情筋を常に動かしているといってもいいかも知れませんが、それ以外の人の場合には、顔の表情筋を使うということはほとんどありません。小顔体操はこの使われていない表情筋を鍛えることで、顔の筋肉を鍛えて、年齢とともに垂れてきたり、むくんできた顔をすっきりとさせて、小顔にすることができるのです。

小顔体操は毎日行うことに意味がありますので、継続して行いましょう。1日やっただけでは筋肉は鍛えられません。毎日行って1ヵ月もすれば、小顔の効果が目に見えてわかると思います。人によってはそれ以上に小顔の効果が早く現れる人もいると思いますので色々です。具体的な小顔体操としては、まず目を閉じます。そしてギュッと目を閉じて5秒間キープします。そして目を開けて・・・という動作を何度か繰り返します。口の周りの表情筋を鍛えるためには、少し大袈裟に「あいうえお」を言ってみてください。声に出さなくても、まねをするだけでもいいでしょう。これだけでも顔の表情筋を鍛えることが出来て、小顔体操の効果が現れてきます。ポイントとしては、筋肉を鍛えていると意識しながら行うのがポイントです。

小顔ダイエット

小顔になりたいと思ってダイエットしている人も沢山いらっしゃると思います。しかし小顔ダイエットのためにはまず正しい方法で行うことが必要です。正しい方法で小顔ダイエットを行わなければ、小顔ダイエットに成功しないのです。ダイエットの正しい知識としては、ただ単に顔を小さくすればいいと思っている人も多いのですが、実際にはそうではありません。小顔ダイエットに必要なことというのはただ単に顔を小さくすることではなくて、他にも、デコルテのラインや首も一緒に綺麗にすることも必要です。首やデコルテのラインというのは、リンパが流れているので、この部分をダイエットですっきりさせることは顔の老廃物や水分を排出することになり、体中のリンパもスムーズに流れていきます。こうすることで新陳代謝がアップして、それがダイエットにつながります。

小顔ダイエットでマッサージをする部分は、これで、顔、首、デコルテということがわかりましたが、これ以外に、頭皮のマッサージも必要です。頭皮のマッサージをすることで実は小顔ダイエットにつながると言われているのです。小顔ダイエットをする際のマッサージのポイントとしては、力を入れてめいっぱいマッサージするのではなくて、優しく、ほぐしていくくらいの力で、マッサージをして行きましょう。それだけでも十分にダイエット効果は現れてきます。時間帯としては、お風呂上がりの体が温かいうちにやったり、リラックスしている時間帯に行うのが効果的です。

小顔とエステ

小顔
最近のエステではほとんどのエステサロンで、小顔コースや小顔になるためのメニューが用意されていることが多いと思います。エステで受ける小顔のためのコースやメニューはどんな感じなのでしょうか。エステで行われている小顔になるためのメニューとしては、フェイシャルのマッサージなどが主流ですし、他にも、器具を使って行うという方法もあります。エステティシャンのハンドマッサージでリンパマッサージを行ったり、それだけでなく、小顔になるための美容機器でエステを受けるという方法もあります。

私も、小顔になるためのエステのマッサージを受けたことがありますが、フェイシャルマッサージの手順としてはクレンジングから丁寧に行われていきます。その上で、ハンドマッサージが行われるのですが、本当に気持ちがいいですね。リフトアップや老廃物を排出してくれるマッサージを手で丁寧に行ってくれるので、施術を受けた後はとてもすっきりしています。器具を使うという場合も、小顔になるために温めて冷やしてを繰り返す器具などもあります。吸引というほどすごいものではないのですが、吸引に近い小顔になるための美容器具を使って行うこともあります。自分で色々と小顔になりたくて試すのですが、やはり小顔になるためにエステで施術を受けることには劣ります。美容のプロの手で受けるエステの小顔コースはとても効果があります。体験キャンペーンなどを行っているところもあるので、お試しで行ってみてもいいでしょう。

小顔とボトックス

小顔なるための方法として、ボトックス注入があります。小顔になるためのボトックス注入というのは、美容外科やクリニックで受ける方法です。ボトックスとはそもそも、ボツリヌス毒素製剤のことを言います。ボツリヌス菌からとっているタンパク質でできた成分なのですが、ボトックスを皮膚に注入することで、筋肉の収縮を抑制させる働きがあります。簡単に言い変えてしまうと、ボトックス注入をするだけで、顔の筋肉が弱ってストップするというわけです。しかし今まで、小顔になるための方法といて、顔のマッサージをしたり、表情筋を鍛えるということで、顔の筋肉をストップさせるのとはま逆のことを言ってきました。なぜ顔の筋肉の働きを止めるのか、それは、骨折したときや寝たきり状態が続いたときには、筋肉を使いませんから、筋肉がやせ細っていく経験をしたことがある人もいると思います。それと同じです。

ボトックスを注入することで、顔の筋肉が動かなくなりますので、それによって顔が小さくなり小顔になるという仕組みです。表情筋の中でもエラが張っている部分にボトックス注入をすることで、筋肉がだんだん衰えて行き、だいたい2週間もすれば小顔効果が現れてきます。しかしボトックスの小顔効果は一生続くわけではなくて、体に吸収されますから、個人差もありますが、半年から1年もすれば、小顔の効果がなくなります。ですから、また時期を見計らって小顔になるためのボトックス注入を受ける必要があります。