便秘改善完全ガイド|プロが教える独学で成功のための対策方法

便秘を解消するための6か条を紹介したいと思います。まずは便秘を解消するためには早寝早起きをして生活のリズムを整えて規則正しい生活をするようにしましょう。それが便秘解消、便秘予防の基礎になります。そして、朝起きたら寝起きに水をコップ1杯の無用にしましょう。これは朝起きてすぐに水を飲むことで腸のぜん動運動を活発にさせて便意を起こさせて便秘解消につなげるのです。そして生活の中では適度に水分補給をするようにしましょう。水分補給をしないと、便が固くなって出にくくなり、便秘につながってしまいます。



それから四つ目は便秘解消、便秘改善のためにも、朝食をきちんと取るようにしましょう。朝食を食べると腸が動き出しますからそれによって便意を誘発されて便秘知らずになります。それから食生活の見直しも大切です。食生活を見直して、食物繊維が豊富に含まれているものを食べるようにしましょう。最後に便秘解消のポイントとなるのは適度な運動です。運動不足は体以外にも、体の中の腸の働きも鈍くしてしまいますからそれが便秘につながってしまいます。出来れば、便秘解消のためにも、適度な運動を毎日の生活の中に取り入れるように心がけましょう。

直腸性便秘の原因

便秘改善
直腸性便秘の原因について紹介したいと思います。直腸性便秘にはなぜなってしまうのかということですが直腸性便秘は現代人の生活にとても関係しているといわれています。というのも、直腸性便秘の原因は便意を我慢するという習慣がつくことが原因といわれているんです。例えば忙しくて便意があっても我慢して後で行こうと思っても結局後からいくことが出来ずに時間が空いたときにはすでに便意がないという状況が続いて便秘になるといわれています。便意を我慢してしまう習慣がつくということは直腸の中の神経が便意を感じるのが鈍くなるともいわれています。

便意が感じられないとどうしても便はお腹の中にたまっていってしまいますからそれが便秘の原因になるのです。直腸性便秘を解消させるためにも、便意があったらすぐにトイレに行ったほうが良いと思います。なかなか忙しい生活の中で便意を感じたときにすぐにトイレに行くということは難しいことかもしれませんがそのままにしておくと直腸性便秘になってしまいます。社会人だけでなく育児をしているお母さんにも直腸性便秘の症状は多いといわれています。なかなか時間を見計らって便意というのもは起きませんから難しい問題ではありますが注意して便秘解消につなげると良いでしょう。

直腸性便秘の治し方

直腸性便秘は便意を我慢することで起きてしまう便秘の種類ですが、直腸性便秘を治す方法というのはどうすれば良いのか紹介したいと思います。便意があっても、そのタイミングでトイレに行けずに我慢してしまうために、便意を感じなくなってしまって直腸性便秘になるわけですが、便意を感じたときにすぐにトイレに行ければ直腸性便秘を解消することが出来ます。しかし、それはなかなか普段の忙しい生活の中で実行することは難しいと思います。便意を感じたときにトイレに行けていたらはじめから直腸性便秘にはなりませんよね。行けないから便秘になってしまっているのです。直腸性便秘を治すためには、まずは朝に排便をする癖をつけるのが良いのではないでしょうか。朝からきちんと排便していれば外で仕事中に行きたくなることもないですし、そうなれば便意を我慢することもありません。ですから毎朝排便する習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

これが直腸性便秘の一番の改善方法だと思います。直腸性便秘の一番の改善方法に朝の排便を紹介しましたがなかなか朝一番のトイレの習慣は難しいと思います。そんなときには朝起きてすぐに、冷たい水を一杯飲むと朝一番に便意が誘われると思います。

弛緩性便秘

便秘改善
弛緩性便秘について紹介したいと思います。便秘にはいろいろな種類があって、弛緩性便秘という便秘もあります。この弛緩性便秘というのはどんなタイプの便秘なのかというと、女性やお年寄りに多い便秘と言われています。便秘の種類に痙攣性便秘というものがありますが、それと逆の症状の便秘です。女性に多いダイエットで無理なことをすると弛緩性便秘になるといわれています。弛緩性便秘の原因は食生活を制限するなどして食べるものを食べない状態が続いてしまうとやはり出るものも出なくなって便秘になります。弛緩性便秘の特徴の一つとして出産経験が多い人ほど弛緩性便秘になりやすいとも言われていますし、痩せている体形の人も弛緩性便秘になりやすいといわれています。

そしてお年寄りにも弛緩性便秘が多いといわれているのですが、お年寄りの場合には便を体の外に押し出す力がなくなってきているのが原因で便秘になると言われています。弛緩性便秘を解消する方法としては食事制限などをしている無理なダイエットをやめることと、バランスのいい食事を食べることなどがあげられると思います。バランスのいい食事は時間的なバランスも栄養的なバランスもどちらも含めての事だといわれています。

弛緩性便秘の解消法

痙攣性便秘の解消方法を紹介したいと思います。痙攣性便秘は腸の働きが強いために起こるのが原因ですが、この便秘の原因は食生活の栄養バランスが偏っていることや日常生活でのストレスも原因だといわれています。痙攣性の便秘を治す方法ですが、まずはこの原因の一つ目の食生活の栄養バランスの偏りを解消しましょう。食事の量も少なからず多すぎずバランスよく食べて、食べる回数もきちんと三回、規則正しい時間に食べるようにするといいと思います。栄養バランス面から考えて便秘には食物繊維が必要ですから食物繊維を沢山含んでいる食品を出来るだけ摂取するようにしましょう。

そして二つ目の痙攣性便秘の原因にもなっているストレスですが、ストレスをためないことが痙攣性便秘の解消につながります。ストレス解消をしてみたり何か趣味を見つけ利するとストレス解消になって便意も解消されると思います。痙攣性便秘の時には下剤を使って便秘の解消をしようと思うと効果があらわれないので、使わないようにしましょう。痙攣性便秘の場合はただの便秘と違ってストレスも関係していますから少し病院で相談してみたり、医師の処方した薬を使うなどして何らかの対処が必要になってくるケースもあります。

つぼで便秘解消




つぼを押すことで便秘が解消されるので紹介したいと思います。まず、お腹にあるツボで左大巨というつぼがありますが、このツボを押すことで、便秘が解消されるといわれています。この便秘解消のツボ押しは、寝転がって膝を立てて行ってください。便秘に効果のあるお腹のツボをどうやって見つけるのかというと、強く押してくると痛いと感じる場所があると思いますがその部分がつぼで、大体おへその上くらいです。そしてその便秘に効果のある左大巨と呼ばれるつぼを1から5まで数えて押します。そして次は10秒くらい数えて力を抜きます。これを大体10回くらい繰り返すことで便秘に効果があるといわれています。

他にも、手のツボで便秘を解消することが出来ます。自律神経に関係しているツボで手のひらの付け根辺りにある神門と呼ばれるツボがありますがこのツボは胃腸の障害に効果があるといわれています。少し力を抜いてリラックスしながら息を吐いて軽く押してきましょう。小指のツボというのは小腸のツボだといわれていますし、人差し指のツボというのは大腸のツボと言われていますからこちらもマッサージすることで便秘に効果があると思います。便秘を改善したい人は一日に何度かこれらのツボを押すと効果があるといわれています。

マッサージで便秘解消

マッサージをして便秘解消につながるというので紹介したいと思います。まず足の裏にはたくさんのツボがあるといわれていますが、足の裏をマッサージすることでも便秘の解消にはなります。腸の調子を正常にしてくれる部分は足の裏の真ん中よりも下の部分にあるといわれています。その部分を紋でマッサージします。足裏の便秘解消マッサージをした後には足全体を優しい力でもんでふくらはぎもさすっておくと効果が上がります。他にも、お腹のマッサージをすることで便秘を解消することが出来ます。寝転がって、両手の人差し指と薬指、中指の三本でお腹を押しましょう。おへその周りに時計回りで円を描いていきます。そして最後にはお腹をさすって見ましょう。お腹をマッサージして外から刺激を与えることで便秘が解消されるといわれています。

耳にあるツボでも便秘を解消することが出来ます。耳にあるくぼんでいる部分に人差し指を入れてまわるようにしてマッサージしてみてください。耳がマッサージしたことによって暖かくなってきたらいいのですが、痛いと思ったところは痛みが消えるまでマッサージします。これも便秘にとても効果のあるマッサージの方法です。マッサージ、意外と便秘に効果がありますよ。

便秘解消グッズ

便秘改善
便秘解消グッズというものがあるので紹介したいと思います。便秘解消グッズはそのグッズを使えば便秘が解消されるというものですが、例えばどんな便秘解消グッズがあるのかというと履くだけで便秘が解消されるツボを刺激するスリッパがあります。これは履いているだけで足らの裏のツボが刺激されて便秘が解消されますし、便秘以外のツボにも刺激されるので簡単に便秘解消できるというグッズです。木の玉で出来ているスリッパですが、履いたことがありませんが履いたところを想像しただけでとても効果があるような気がしますね。他にも便秘解消グッズは色々とあるのですが。足指健康体操ロープというものもあります。

この便秘解消グッズは足に挟んでストラップを引っ張れば球が足のツボを刺激してくれますからとても気持ちが良いですし、便秘の解消になるようです。便秘解消には他にも骨盤の歪みを正すと便秘が解消されるという効果から、骨盤矯正ベルトや骨盤矯正椅子なども人気があります。色々と便秘解消グッズが販売されてはいますが便秘解消をするためにも、グッズに頼らずに、一つのツボ刺激として考えてグッズだけで便秘を解消しようと思わずに、食生活や生活習慣も見直すようにすると良いですね。

便秘解消体操

便秘解消には体操が効果的です。便秘解消体操はいろいろありますがここでは簡単な便秘解消のための体操を紹介したいと思います。まず、便秘解消のためには腸を刺激することが大切です。ですから腰をひねったり、体を曲げてみて腸を刺激するように心がけましょう。腸が刺激されると腸のぜん動運動が活発になるために便秘が解消されますし、ウェストも引き締められると思います。それから腹筋を鍛えることも便秘解消運動のひとつです。正しい腹式呼吸を覚えて、背筋を伸ばして、腹筋を意識しながら腹筋をしましょう。それだけできっと腸の働きがよくなって便秘の解消につながるのではないでしょうか。

今紹介した簡単な便秘解消運動以外にも、自分でもいろいろと腸を刺激するような動きを考えれば便秘の解消運動になると思います。自分のやりやすいように、自分にあった体操を自分で見つけても良いですね。便秘解消体操のポイントはとにかく腸を刺激することが大切です。腸が刺激されれば便意が起こりますからそれによって便秘の解消になります。直腸性便秘の人は便意が感じられない症状があるといわれていますが、この便秘解消体操をして便意が感じられるようになれば便秘の解消に直接つながります。

朝食と便秘

便秘改善
朝食と便秘についてですが朝食をきちんと毎日食べるというのは便秘にとても効果があるといわれています。朝食は朝にはじめて食べる食事だと思います。空腹の体に食べ物が入ることで、腸が働き始め、便意を感じます。これが正しい腸の働きで、この状態で生活している人にとっては便秘は無関係だと思います。しかし、最近では朝食を食べない人が増えているといわれています。朝食を食べないということは腸が働かないまま一日のスタートをさせるわけです。そうなってしまうと出るものも出ないまま仕事や学校へ行くことになって便秘になりやすいですよね。そして仕事先や学校で便意を感じて我慢する人が増えています。そうなると便意を感じても我慢することが多いと便秘になってしまいます。

たかが朝食を食べなかっただけで・・・と思う人もいるかもしれませんが、朝食を食べなかったことで便秘になる環境を自分で作っているのではないでしょうか。朝食をきちんと毎朝食べて、朝食の後に、15分から30分くらいしてからトイレにいって、便意がなくてもトイレに座って排便をする習慣をつけるようにすれば便秘知らずになると思います。朝食は必ずとって便秘解消、便秘予防に努めましょう。

便秘と玄米

便秘には玄米が効果があるといわれていますがご存知でしょうか?便秘に効果があるといわれている玄米には今の私たちに不足しがちだといわれているビタミンや鉄分、カルシウムなどがたくさん含まれています。玄米は精米されていないお米なのですが白米と同じ量を食べても、カロリーが低いですし、栄養は何と白米の二倍もあると言われています。そして便秘に効果があるといわれている玄米には便秘の解消につながる食物繊維も豊富に含まれています。ですから食物繊維が豊富な玄米を食べることで胃腸の働きが活発になって便秘が解消されるといわれています。食物繊維が白米よりも含まれている玄米は少しでもお腹が一杯になるので、ダイエットにも効果的です。玄米はダイエットにも便秘にも効果がるので良いですよね。

ひどい便秘に悩んでいた人が毎日の食事を白米でなく、玄米に変えたところ便秘の症状が改善されたといわれています。便秘で悩んでいる人は毎日の食生活の中で白米を玄米に変えてみてはどうでしょうか。もしもいきなり白米から玄米に変えることが抵抗があるという人は少しずつ白米に玄米を混ぜてそして段々玄米の割合を増やしていくと良いと思います。便秘解消のためにも食物繊維を多く含んでいる玄米は効果的です。

便秘とぜん動運動

便秘改善
便秘とぜん動運動についてですが、ぜん動運動という言葉を聞いたことがありますか?ぜん動運動というのは便秘の解消にとても効果的な物で、ぜん動運動が正しく行われないと便秘になってしまいます。この便秘にとても関係のあるぜん動運動というのは簡単に言うと腸の運動の事を言います。腸の運動であるぜん動運動が強すぎると痙攣性便秘と呼ばれる便秘の症状になりますし、この便秘の特徴は便秘と下痢になることです。そしてぜん動運動が弱い場合には、弛緩性便秘になってしまいます。ですから便秘とこのぜん動運動はとても深い関係があることがわかります。

ぜん動運動がもしなくなってしまったら、便意を感じられなくなるために、便秘になってしまうといわれています。ですから便秘とぜん動運動はとても重要な関係にあることがわかりますよね。ぜん動運動は胃の中が空っぽの状態に何か食べ物が入るとそれに反応して動き出しますから、ぜん動運動を活発にさせようと思ったら胃の中が空の時に何か食べればぜん動運動が活発になって便意を感じて便秘解消になるといわれているのです。ですから朝起きてきてすぐにコップ1杯の水がとても効果があるのはこのぜん動運動を起こすためなのです。

便秘解消とビフィズス菌

腹式呼吸と便秘便秘にはビフィズス菌が良いと聞いたことがよくありますが、ビフィズス菌って何でしょうか?ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれているのですがこのビフィズス菌がなぜ便秘に効果があるのか紹介したいと思います。その理由に、例えばお年寄りの人というのは便秘になりやすいといわれていますが、お年寄りの腸の中を検査するとビフィズス菌が5パーセントしか存在していなかったそうです。ビフィズス菌というのは腸の中に住んでいる細菌の種類の善玉菌なのですがそれが少ないということは悪玉菌が増えていてこれが便秘の原因になって腸の動きを抑えていると考えられますよね。ですから腸の働きをヨクして腸の中に含まれている善玉菌を増やすことで腸は活発に働いてくれますからそうしなければいくら食物繊維を沢山とっても便秘になってしまうのです。ですから出来るだけヨーグルトなどを食べてお腹の中の善玉菌を増やすようにして便秘解消に努めなければなりません。

ヨーグルト以外にも、最近ではビフィズス菌が含まれている飲み物などもありますから手軽にビフィズス菌を摂取できるようになりました。便秘を根本的に改善したいと思っている人はビフィズス菌を毎日でもとるように気をつけると良いと思います。

腹式呼吸と便秘

便秘改善
便秘には腹式呼吸が効果があるといわれています。なぜ腹式呼吸が便秘に効果があるのかというと、便秘というのは腸の働きが正常でないことによっていろいろな種類の便秘になりますが、腸の働きを活性化させたり正常にしてくるのがこの腹式呼吸です。腹式呼吸といえばボーカルの人がやる呼吸方法としても有名ですがこの腹式呼吸がとても効果があるといわれています。腹式呼吸をすることによってお腹が膨らんだりへこんだりすると思います。これが腸の働きを活性化させてくれます。それによって便秘に悩んでいた人は便秘の解消になるといわれています。

腹式呼吸は女性の場合は、普段呼吸している方法とは違っていますから少しはじめは違和感があってスムーズに出来ないかもしれませんが、意識して腹式呼吸をしていくうちにきっと上手に出来るようになって便秘の解消につながるのではないでしょうか。便秘を解消させたい人は普段の呼吸を腹式呼吸にかえて、生活してみてはどうでしょうか。便秘以外にも腹式呼吸というのはエクササイズにも効果がありますし、健康にいい影響を与えてくれるといわれています。ですから、便秘解消、健康促進のためにも腹式呼吸を意識してみると良いかもしれませんね。

便秘と下剤

便秘と下剤についてですが便秘になったらすぐに下剤を使う人が多いと思います。便秘になったときには下剤があるからとくに便秘の解消法を考えなくてもいいやと思う人も仲に入るのではないでしょうか。しかし便秘の解消に下剤を使うということは一番最後の方法といってもいいと思います。便秘を解消したいからといって他に何の解消法も試さずに一番最後の手段である下剤に頼ってしまうのは危険です。便秘に下剤がなぜ危険なのかというと、下剤の依存症になるかもしれないからです。下剤がないと便意が起きないという体になってしまうから危険なのです。

便秘になったときに下剤を使えば下痢の症状になります。下痢というのは肛門に負担がかかってしまうために炎症も起こしやすいといわれていますから便秘になってさらに下痢をして痔になってと悪循環になってしまうこともあると思います。便秘が何かの病気が原因で起きているならわかりますが、病気でもないのに便秘になっているときには便秘の解消法は見つかると思います。自分の生活習慣を振り返ったり食生活を振り返ったりして少し自分の便秘の解消を下剤に頼らないほうが良いでしょう。下剤は思っている以上に危険ですから便秘=下剤という考えはやめましょう。