便秘改善のために必ず得るべき情報と効率的な対策のまとめ

女性は男性に比べると便秘で悩んでいる人が多いといわれていますが、女性がなぜ便秘になりやすいのでしょうか。女性が便秘になりやすい理由として、まずは体の特徴が理由の一つにあげられます。女性は男性よりも骨盤が広いからだの作りになっているのですが、これは腸が骨盤の中に落ち込みやすいつくりになっていることにもなって、腸の長さも男性よりも長いのです。そして腸がしっかりしていないために、つまりやすく、便秘になりやすいといわれています。それから、女性の体は腹筋や横隔膜の筋肉の力が男性より尾弱いので、便を出す力が弱いから便秘になるとも言われています。



女性が便秘になりやすい理由としては、他にも、ホルモンが関係しているといわれています。女性ホルモンというのは、排卵のために、水分を体の中にためようとする働きがあるので、自然に便が硬くなってしまうそうです。それによって、便秘に成りやすいとも言われています。また子宮を緊張させることで腸の動きもにぶくなりますからそれによって、女性羽男性に比べるととても便秘になりやすいと言われているのです。確かに男性の便秘はあまり聞かないのに対して女性の便秘はよく聞きますし、女性の大半が便秘に悩んでいるのではないでしょうか。

便秘かどうかチェック

便秘改善
自分が便秘かどうか簡単にチェックすることが出来るのでここで便秘チェックの項目を紹介したいと思います。お腹が張っていませんか?お腹が張っている場合は便が溜まっているかもしれませんから便秘の可能性があります。また、日常的にトイレを我慢したり、運動不足だったり、排便が3日ないことがよくある人というのは便秘になりやすいといわれています。また、口臭が気になったり、肌荒れ、にきびなどが治りにくい人も便秘によって内臓に負担がかかっているのかもしれません。環境が変わったり旅行をする時便がでにくくなる人というのも便秘になりやすいと言われています。

朝食を食べない人、食生活が不規則な人も便秘になりやすいですし、長時間同じ姿勢で仕事をしている人も便秘になりやすいといわれています。水分を採らない、ダイエットをヨクする、野菜を食べない、ストレスがたまっている、下痢になることが良くある人なども便秘になりやすい体質かもしれません。このように、今簡単にではありますが、便秘になりやすい人の例を挙げてみました。これらに少し心当たりがある人は便秘になりやすい体質かもしれませんし、実際に便秘の症状が出ているかもしれませんから改善が必要です。

便秘の種類

便秘には原因によって種類があると言われています。器質性の便秘と機能性の便秘に分けることが出来ます。器質性の便秘の場合には、物理的なことが原因で、便秘になっていることが多いといわれています。便が流れていく通路といえば消化管ですが、この消化管のどこかに何か障害があって便秘になっているかもしれないという状態の事をいいます。小腸や大腸、肛門などに問題があるのかもしれません。ここでは器質性便秘についてもう少し詳しく紹介したいと思います。

器質性便秘は腸や腸の炎症、閉塞などがげんいんになって腸からスムーズに便が通らなくなって便秘が起こるといわれています。嘔吐や腹痛などがある場合があってただの便秘と思っていると大事に至ることがあるといわれていますから、何かからだの異変に気がついた場合には、病院へ行って検査するといいと思います。他にも、腸の長さや大きさの異常で便秘が起きることもあります。また直腸瘤が原因で肛門に圧力がかからないというのが原因で便秘になることもあるそうです。便秘というのは万病とも言われるくらいですから軽く見ないで出来るだけ病院で見てもらったほうがいいですね。ここでは便秘の種類の器質性便秘と呼ばれる便秘について紹介しましたが、病気が原因でなることがよくあるようです。

便秘のお腹の症状

便秘改善
便秘の時になるお腹の症状を紹介したいと思います。まずは便秘の時に良くある症状だと思いますが、お腹が張るといった症状があります。これは便秘でガスが溜まっていることが多くて、おならが出にくくて便とガスの両方が溜まったことによってお腹が張ったような感じがすることがあります。お腹の張りが気になるくらいの便秘は少し注意が必要な便秘です。便秘のお腹の症状で、腹痛がありますが、腸にたまってしまった便やガスが、腸の中から出れないことから腹痛が起きるといわれています。肛門で便が詰まってしまって、それでも腸が便を肛門に送ろうとして動いているときに腹痛を感じるといわれています。特に、腸がたるんでいる部分に腹痛がおきやすいといわれていて左の腹部の腹痛が便秘では多いといわれています。

それから便秘で腹痛の症状として食欲がなくなってくると言う症状があります。これは腸の中に便がたまりすぎて食欲が出ないのだそうです。便秘がひどくなると吐き気がすることもあります。腸の動きが悪くなったことから吐き気を伴う症状が現れることがあるそうです。これらが主な便秘の時のお腹の症状ですが、便秘の症状がひどくなると腹痛がひどくなって、場合によっては熱が出てしまったり炎症を起こすこともあるそうですから注意しなければ行けません。

便秘による症状

便秘による症状で腹痛以外にはどのような症状が出てくるのか紹介したいと思います。便秘の症状が続いている場合には、まず、老廃物が発酵することによって、毒素が出ます。それが直接あらわれやすいのはお肌です。便秘が続くと吹き出物が出来たりシミやにきびが出来たりするのはそのためです。また便秘になると新陳代謝も悪くなるので、それによって結構が悪くなって肌に艶がなくなってしまうといわれています。そして便秘になると精神的にも書状が出てきて、例えば、寝れなかったりイライラしたりしてしまうことが多いといわれています。また、腸の中にたまった便が毒素を出すことによって頭痛がしたり肩こりがひどくなったりめまいがしたりします。

他にも、便秘になってしまうと腰が痛くなったりすることもあります。また、便秘による症状で動脈硬化を伴うときもあるといわれていますから、便秘は甘く見ないで何らかの症状が出る前に解消するほうがいいと思います。便秘の症状は便秘そのものが病気の症状を表しているということもありますから、腸に関わる病気にかかっていないかどうか調べるバロメーターにもなります。たかが便秘と症状を甘くみないで症状があらわれたら病院へ行くことをおすすめします。

便秘の治療と生活習慣




便秘を治療するためには生活習慣を改善させることが大切だといわれています。生活習慣を見直すことで便秘を改善することが出来ます。例えば生活習慣の見直しでは排便習慣をつけることも便秘の解消につながります。朝起きて、腸の運動が行われると便が動きます。そしてきちんと朝食を食べることで腸の動きがより活発になりますから朝食はきちんと食べてそれから15分くらいしてから排便する習慣をつけると便秘の解消につながるでしょう。また、運動不足の人は毎日の生活の中に軽い運動を取り入れていくことで便秘の解消につながるといわれています。

そして他にも生活習慣の改善で便秘を解消する方法としては、便がしたいと思ったときには、出来るだけそのタイミングを逃さないことです。この便意を逃してしまうと神経が鈍くなって、便秘が常習化するとも言われていますから便意があったらすぐに行く用に心がけましょう。そして精神的なストレスを出来るだけためないことです。精神的なストレスによって自律神経が乱れてしまうと腸の働きが悪くなって便秘になりますからストレスをためない生活にすることも便秘の解消につながります。生活習慣を見直せば薬などに頼らなくても便秘を解消することが出来ますからまずは生活を振り返ることから始めましょう。

便秘の解消と食生活

便秘の解消には、食生活の改善が大切だといわれています。例えば、規則正しい食事を取らないために便秘になることもありますから、朝昼晩と三食きっちりとって排便を促すようにすれば便秘の解消につながりますし、偏食をやめて栄養バランスに気をつけるだけでも、便秘の解消になるといわれています。そして水分を適度に摂取することで、大腸に水分が十分にいきわたって便がでやすくなって便秘の解消になります。そして便秘の解消に一番いいのは食物繊維をとることです。食物繊維を食べることで、便秘を予防することができます。

他にも、便秘の解消にはビフィズス菌が言いと言われています。これはヨーグルトなどに含まれていますがビフィズス菌を食べることで細胞が活発に働いて便秘の解消につながります。またオリゴ糖も便秘には言いといわれていて便秘の解消にはオリゴ糖を摂取することで腸内環境が整えられるそうですから便秘の解消にはビフィズス菌とオリゴ糖を取るようにしましょう。便秘の解消には食生活の見直しがとても効果的ですから出来るだけ薬などに頼ることなく、食生活の改善で便秘を解消していけるといいでしょう。食生活の改善の第1歩は三食きちんと食べることから始めましょう。それだけでも腸の動きが変わってきます。

便秘解消のポイント

便秘改善
便秘というのは大腸の動きが悪いために起こるといわれていますが、排便の習慣を毎日つけるようにすると便秘が解消されるといわれています。まずは生活のリズムを毎日規則正しくして、好き嫌いなどもできるだけなくして食生活のリズムも正しくしましょう。そして毎日の排便の習慣をつけることで便秘が解消されます。排便の習慣は朝起きてすぐの冷水が効果的です。朝起きて1杯の水を飲むことで腸が刺激されて便秘の解消になるといわれています。そして朝食のあとに少したってからトイレに行って座るだけでも排便の習慣がついて便秘の解消になるといわれています。

また食生活では便秘の解消に効果のある食べ物を出来るだけ食べるようにしたいものですね。例えば食物繊維が豊富に含まれている野菜を食べたり、海草、きのこやこんにゃく、果物などを食べるのも便秘の解消になりますし、ガスを出すような芋やかぼちゃ、栗などを食べるのも便秘解消にいいでしょう。もしもいろいろ試してそれでも便秘が解消されない場合には、刺激性のある便秘薬、下剤を使って出して見るといいかもしれませんが、毎日使うのではなくて、一度出たらまた先ほど紹介した便秘解消の習慣にするようにします。

便秘の薬を使う

便秘の薬といっても種類がいろいろあります。例えば、便秘で溜まってしまった便の表面を柔らかくして排便をしやすくする薬は、それだけでは便秘に効果が十分にあるとはいえないので、刺激性の下剤と一緒に使われることが多いといわれています。大体この柔らかくするタイプの便秘の下剤の場合には効果は8時間から12時間ほどだといわれています。他にも便秘の薬といえば膨張性の下剤というものがあります。この便秘の薬は、水分と一緒にとることで、便秘を解消させるのですが、効果に即効性がなくて2-3日くらい服用してからあらわれるといわれています。この便秘の薬は妊婦が使うと早産や流産になってしまう可能性があるので注意しないといけません。

他にも便秘の薬には、塩類下剤と呼ばれる下剤があります。これは便秘の習慣性も少ない薬で長期的に飲んでも大丈夫な便秘の薬です。他にも糖類下剤というものもありますがこの便秘の薬の場合は糖尿病の人には注意しないといけません。即効性のある便秘の薬といえば刺激性の下剤です。これは小腸から吸収して粘膜を刺激して排便を誘います。座薬タイプのものが有名かもしれませんね。このように便秘の薬にはいろいろな種類があるのです。

新生児の便秘


新生児の便秘ですが、新生児は母乳をあげると、特に余分な成分などは入っていませんから、体の中に吸収されてしまうことがほとんどで、4日くらい便秘になることはよくあることです。しかし4日以上たっても便秘の症状が続いていたり、新生児がミルクを飲まなくなってしまったといった症状があれば便秘の症状がひどいとおもわれますから病院で診てもらったほうがいいかもしれません。またお腹を触ってみても張っているような感じがしたら便秘の症状だと思います。

新生児の便秘の解消には、綿棒にベビーオイルなどをつけて肛門に入れて肛門を刺激します。そうすることで刺激された排便が起きるので便秘が解消されます。しかし、この方法でも新生児の便秘が解消されないときには、浣腸を使うことも可能です。新生児に官庁を使うときには、病院などで処方されたものを使って便秘を解消するのがいいと思います。新生児期の便秘というのは慢性の便秘というよりは、生理的で一時的な便秘が多いといわれていて新生児が成長していくと便秘は良くなるといわれています。新生児の便秘は特に初めてのお子さんをお持ちのお母さんは心配されると思いますが、赤ちゃんの様子を見て元気そうならしばらく様子を見てもいいでしょう。

乳児幼児の便秘

まず乳児の便秘ですが、乳児乃便秘で多いのは今までは母乳やミルクなどをもらっていたのに、離乳食が始まったころに、便が硬くなってきて便秘になることが多いといわれています。大人の便秘と同じで乳児の便秘も食べたものによって便秘になることが多くなってきます。乳児乃便秘も大人の便秘と同じように対処していけば便秘が解消されるといわれています。まずは乳児にお水を多めに摂取させて食生活の面では食物繊維が多く含まれているものを食べさせてください。食生活の見直しだけでも乳児の便秘は解消されることが多いですが便秘の薬の場合はマルツエキスという薬を大さじ1飲ませると便秘の解消になるそうです。

幼児の便秘については幼児期は、食べることよりも遊ぶことに夢中になってしまって、なかなか食べる量を増やせないことがあります。きちんと食べないとやはり出るものも出ませんからそれが原因で便秘になってしまうことがあります。幼児の便秘の対処法としては食物繊維を含んでいる食べ物を沢山食べさせてあげるなど、大人の便秘の解消法と同じようにしてあげるといいでしょう。薬を使ったり浣腸をする場合は病院の先生に聞いてからにしたほうが安心ですから薬などを使用する場合は注意しましょう。

便秘と浣腸

便秘改善
便秘がひどい場合には浣腸を使う人も多いと思います。便秘に苦しんでお腹が痛くなったり他にも症状が現れてきた場合には浣腸が便秘解消に効果的かもしれません。まず便秘解消のために浣腸を使うときには、浣腸を40度くらいのお湯で温めてから使います。そしてトイレにすわって浣腸の先を少し濡らします。そして力を抜いてリラックスしながら肛門に浣腸を入れます。便秘解消のために浣腸を入れてからは出ないようにトイレットペーパーなどで抑えて大体3分くらい待ちましょう。

座薬を便秘解消のために使う場合には、座薬を体温くらいに温めてからたって片手で座薬を入れると良いですよ。便秘の解消に浣腸や座薬を使うという方法がありますが、あくまでも最終手段だと思ったほうが良いかもしれません。浣腸や座薬は習慣性がついてしまうということもよく聞きますから食生活や生活面を見直してもそれでも便秘が解消されない場合や、便秘によってなんらかの症状が出て辛いときなどに便秘の解消方法としての浣腸や座薬を使用するほうが良いのではないでしょうか。癖づくと自分で便秘を自然に改善することが出来なくなるといわれていますから、出来るだけ自然に便秘を解消させるためにも、浣腸や座薬の使いすぎには注意しましょう。

便秘と綿棒浣腸

赤ちゃんが便秘の時に綿棒の浣腸をすると便秘解消に効果があるといわれています。便秘解消に効果のある綿棒の浣腸は、まず用意するものは綿棒とオリーブオイルや馬油、ベビーオイルなどです。そして綿棒の先にオイルを沢山つけて赤ちゃんのお尻に入れます。お尻に入れるのは綿棒の綿がついている部分にします。そして便秘の解消の綿棒浣腸を入れてしばらく待っていても出なければ、出したり入れたりしてみてください。お尻を刺激すると便秘の解消につながります。

それで便秘の解消になったあと、また綿棒で浣腸してみるとまだ残っているものが出るかもしれません。便秘の解消に効果のある綿棒浣腸ですが、便秘が続いていた期間によっては大量に出てしまって大変なことになる可能性もありますから、出来ればオムツや汚れても良いタオルなどを下にひいておいてから便秘解消の綿棒浣腸をするようにするといいと思います。赤ちゃんの便秘にはこの綿棒浣腸がとても効果があると言われています。私も何度か綿棒浣腸を試したことがありますが、大体の場合は数分立つと溜まっていた便秘が解消されて赤ちゃんもスッキリしていたような気がします。綿棒浣腸は続けて行うのではなくて、出来れば次回は3-4日あけて行うと良いと思います。