便秘改善のために必ず得るべき情報と効率的な対策方法のまとめ

便秘というのはどのような状態のことを言うのでしょうか。便秘というのは簡単に言えば便が順調に排便されないことを便秘というそうです。便秘はこうなったから便秘であるといったような症状の断定ができないと思います。ここからここまでが便秘の症状であるという基準は全くありません。その理由は人によって便秘の症状は違っているからです。便秘の症状というのは、毎日何度も排便がある人が丸一日でなかったら便秘になりますし、毎日便秘がある人が1日中っても便秘になります。便秘は排便の回数で決めることが出来ません。



便秘というのはその人個人の差がとてもありますから便秘を統一して回数や期間で決めるというのはなかなか難しいのではないでしょうか。便秘は、その人個人の排便の習慣から考えて、異常に排便が出ないといった状態の事を言います。また便秘というのは排便の回数が減ったこと以外にも、排便の量が少なくなったり、硬い便が出る場合は、排便するのにとても時間がかかったり困難な場合、ちゃんと便が出きった感じがしなかったり、お腹が張っている状態なども、便秘だといえると思います。便秘は個人によってあるもので、その人個人が不快に感じた排便のことを言うのかもしれませんね。

便秘の種類

便秘改善
便秘がちのためいつもお腹がすっきりしない、顔がブツブツになるなど便秘で悩んでいる人は多いでしょう。排便回数が少ない場合や排便が順調に行われない場合、3日以上排便していない場合は一般的に便秘といわれています。しかし便秘の詳しい基準は決められてはいないようです。3日排便していなくてもそれが通常の排便ペースである人にとってはそれは便秘でないと言うことができます。また、毎日排便していても量が極端に少ない場合はいくら毎日排便があっても便秘でないと断定することはできません。このようにその人の排便リズムや量などによって便秘かどうかは変わってきます。便秘は吹き出物、ニキビ、肌荒れなどを引き起こしたり、新陳代謝低下の原因となったり、腰痛や痔、大腸癌の原因の1つとなったりとさまざまなトラブルや病気につながっています。すでに便秘の人、また便秘がちの人はたかが便秘と甘く見ず、早めに便秘解消するようにしましょう。便秘を解消することは健康維持につながっていきます。便秘を解消するにはまずは自分自身の便秘の種類をきちんと把握することが大切です。

便秘には急性便秘と慢性便秘があります。急性便秘には一過性単純便秘、器質性便秘があります。急性便秘の一過性単純便秘はストレスや、旅行時の環境変化、水分不足、運動不足などにより一時的に起こる便秘です。この便秘の場合は旅行から戻ったり、ストレスを取り除いたり、水分をしっかり補給したりするなど便秘につながった原因を解消することで改善・解消することができます。器質性便秘は腸の炎症や腸閉塞、腸捻転などなんらかの体の病気が原因で起こる便秘です。この便秘の場合、腹痛や吐き気を伴うことがあります。器質性便秘の場合は早めに病院に行きましょう。慢性便秘には機能性便秘と器質性便秘があります。慢性便秘の器質性便秘も急性便秘の場合と同様に腸の機能低下や腸の病気などが原因で起こります。この場合も早めに病院に行くようにしましょう。慢性便秘の機能性便秘はよくみられる便秘で常習便秘とも呼ばれています。機能性便秘には結腸性便秘、直腸性便秘、けいれん性便秘の3つの種類があります。結腸性便秘は腸の運動や能力の低下、筋力の低下などにより腸のぜん動運動が弱くなることで起こります。また、直腸性便秘は直腸にたまった便に対して神経が鈍くなり、便意を感じなくなることで起こります、けいれん性便秘は腸の働きが強過ぎることで起こるもので便秘と下痢を繰り返す場合もあります。あなたの便秘はどの便秘ですか?自分自身の便秘の種類を把握して、あなたに合った便秘解消対策をするようにしましょう。

女性の便秘

あなたの周りで便秘に悩んでいる人は男性と女性どちらが多いですか?おそらく女性の方が多いのではないでしょうか。便秘は男性よりも女性の方が多くみられるようです。その理由の1つにホルモンの分泌があります。女性は排卵後から月経前の間に女性ホルモンの1つである黄体ホルモンを多く分泌します。この黄体ホルモンの分泌が増えると腸のぜん動運動が弱められ、便を促進する力が抑えられて便秘になりやすい状態となるため排卵後から月経前の間は便秘になりやすくなります。また、妊娠初期も黄体ホルモンの分泌が増えるため便秘になる人が多いようです。反対に月経の間は便通がよくなります。このように女性は定期的に便秘になりやすい時期がやってくるので、男性よりも便秘になりやすいといえるでしょう。黄体ホルモンの分泌のほかにも女性が男性より便秘になりやすい原因があります。それは筋力です。女性は男性よりも筋力が弱く、便を押し出すときに必要となる腹筋が弱いため男性よりも便を出しにくく便秘になりやすいと言われています。また、筋力の弱い女性は胃下垂や内臓下垂になりやすく、腸が圧迫されて便秘になりやすくなります。その他、便秘はダイエットをする女性にもよくみられます。これはダイエットによって食事の量を減らしたり、油脂類の摂取を控えたりすることで腸の働きや腸への刺激が抑えられることが原因と言われています。また、女性は男性と比較して便意を感じても人目を気にしてしまい、すぐにトイレに行かないために便秘になってしまう人が多くいます。便意を我慢していると便意を感じにくくなり便秘の原因となります。

女性ホルモン、筋力、ダイエット、人目など女性は男性よりも便秘になりやすい原因が多くあるため便秘になる人が多いようです。にきびや吹き出物、肌あれの原因となる便秘は女性の大敵です。大敵の便秘は肌荒れだけでなく手足の冷え、イライラの原因ともなります。また便秘を放っておくと痔、大腸癌、大腸ポリープ、乳がん、アトピー、高血圧などの病気の原因となる場合もあります。いつもの便秘といって軽くみずに便秘対策、便秘予防をして、健康な体を維持するようにしましょう。便秘にならないためには無理なダイエットをせずにバランスのとれた食事を1日3食しっかりと摂ることがとても大切です。またその他、適度な運動をして睡眠をしっかりととることも便秘予防につながります。筋肉が弱い人は腹筋をつけて便を押し出す力を強めるようにするといいでしょう。また、便意を感じたら人目を気にして我慢をしたりせず早めにトイレにいくようにしましょう。排卵後から月経前の間の便秘、妊娠初期の便秘に悩んでいる人は医師に相談してみるといいでしょう。

便秘と食事

便秘改善
便秘はなった人にしかわからない苦しみがあります。常にお腹が張っているような不快感、にきびや吹き出物、肌荒れ。食欲不振や腰痛。便秘は便が詰まっているだけでなくさまざまなトラブルを引き起こす原因となっています。便秘治療には食事療法、薬物療法、生活習慣改善療法などがありますが薬に頼りすぎることは腸の働きを弱めることにもつながるので、便秘かなと思ったらまずは食生活、生活習慣などを見直すようにしましょう。便秘対策の食事は腸のぜん動運動を刺激するものを摂ったり、便の量が増えるものを摂ったり、腸内環境を整えるものを摂ることがポイントとなります。

ここで便秘対策の食事についてご紹介します。食事は規則正しく3食とりましょう。食べ物を食べると大腸が反応し便を促がします。規則正しい食事は排便のリズムを整え、便が定期的にスムーズにでることを助けます。食物繊維の多い食品を食べるようにしましょう。食物繊維は腸の動きを促進する働きがあります。また、食物繊維は水分をたくさん吸収するため便をやわらかくし便量を増やしてくれるため自然な排便につながり便秘を予防・解消してくれます。食物繊維が不足すると排便量が減り便秘の原因となります。また、便秘がひどくなると大腸癌や大腸ポリープなどにもなりやすくなるので注意が必要です。 腸内環境を整える食品を摂りましょう。ヨーグルトや乳酸菌飲料など腸内の善玉菌を増やす食品をとり腸内環境を整えることで便秘防止や便秘改善をすることができます。人間の腸の中には100兆以上の菌が住んでいると言われています。そしてその菌には善玉菌と悪玉菌があります。腸内で悪玉菌が増えると、体の免疫力が低下したり、腸内がアルカリ性になり食べカスが腐敗しやすくなったり、細胞の新陳代謝が乱れたりしてしまいます。また、腸の動きも弱くなるため便秘になりやすくなってしまいます。反対に善玉菌が増えると腸のぜん動運動が促され便がスムーズにでるようになり便秘の予防・改善につながります。適量の油を摂るようにしましょう。便秘と油は一見関係がないように見えますが実は関係があるのです。油は腸内で潤滑油の働きをし、便がスムーズに流れることを助けてくれます。便秘防止には適量の油を摂ることが大切です。酸味や香辛料などの刺激物を適量摂りましょう。酸味のある食品や香辛料、アルコールなどの刺激物は適量摂ることで腸を刺激し便通がよくなります。しかし、摂りすぎは下痢や肛門の炎症などにつながるので注意が必要です。規則正しい食生活を心がけて便秘予防、便秘解消をしましょう。

ヨーグルト、乳酸菌飲料、乳酸菌サプリメント

便秘気味だから食物繊維をとって解消しよう。なんか最近お腹の調子が良くないからヨーグルトを食べてお腹の調子を整えよう。このように毎日の生活の中で自分のお腹の調子を見てヨーグルトや食物繊維などを摂取している人は多いのではないでしょうか。便秘に良いといわれる食品で手軽に摂れるものとして便秘の人に愛されている食品にヨーグルトや乳酸菌飲料があります。これらの食品は腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やしてくれるため、便秘の人にとって強い味方です。便秘対策としてこれらの食品を毎日欠かさず食べたり、飲んだりしている人は多いでしょう。乳酸菌飲料としてよく知られているものにヤクルトやカルピスがあります。またその他の乳酸菌飲料にはにはカゴメの植物性乳酸菌ラブレ、日清ヨークのピルクル、サントリーのビックルなどさまざまなものがあります。お腹の調子を整えてくれるヨーグルトもさまざまなものがあります。またその特徴も商品によってそれぞれです。例えばメグミルクの生きて届けるビフィズス菌ヨーグルト。これは腸に行きつく前にビフィズス菌が死んでしまわないように、ビフィズス菌SP株をカプセルで保護しているという便秘の人にうれしいヨーグルトです。また森永乳業のビヒダスヨーグルトは生きたビフィズス菌が入っており特定保健用食品として認定されています。明治乳業のブルガリアヨーグルトもまた特定保健用食品に認定されており、腸内細菌のバランスを整えるヨーグルトとして知られています。その他、ヤクルトのソフールも腸内で働くヤクルト菌(L.カゼイ・シロタ株)が入っており、特定保健用食品として認定されております。

最近はヨーグルトや乳酸菌飲料の他にも腸内環境を整えたり排便をスムーズにさせる善玉菌である乳酸菌が入った商品が多く見られるようになりました。乳酸菌が入った商品としてちょっと気になるものに乳酸菌入りのサプリメントがあります。便秘予防、便秘解消のために愛用している人も意外と多いのではないでしょうか。乳酸菌サプリメントには小林製薬の乳酸菌があります。これは4種類の乳酸菌(フェシウム菌、ビフィダム菌、アシドフィルス菌、フェカリス菌)が生きたまま配合されているサプリメントです。その他、生きたビフィズス菌が配合されたディーエイチシーのビフィズス菌+オリゴ糖、4つの善玉菌が配合されたファンケルのナチュラビオ、便秘の人が喜ぶ食物繊維と乳酸菌が配合された伊藤園の毎日すっきり乳酸菌と繊維、乳酸菌の1つとして知られているビフィズス菌と善玉菌を増やす効果があるオリゴ糖が配合されたサントリーのビフィズス菌+キシロオリゴ糖などがあります。いずれの商品も便秘の人にはとても魅力的な商品ですよね。ヨーグルトや乳酸菌飲料、乳酸菌サプリメントなどを上手にとって、便秘予防や便秘解消をしてお腹すっきりの毎日を過ごしましょう。

便秘薬




便秘解消の体操をしても運動をしても食事を改善してもなかなか便秘が解消しない。そんな頑固な便秘に困ったら、便秘の薬を飲んでみてはいかがでしょうか。便秘薬には大腸を刺激して排便を促すものや、硬くなった便に水分を与えて軟らかい便にして出やすくするもの、肛門からいれて腸に刺激を与える即効性のあるものなどさまざまなものがあります。選ぶ時は自分の便秘に合ったものを選ぶことが大切です。便秘を早く解消したいからといって刺激の強い薬や座薬などを使うと下痢になったり、腸の調子が狂ったりしてしまいかえって不快な思いをすることもあります。薬局で便秘薬を買う時は適当に選ばず薬剤師の先生に相談してから購入するようにしましょう。

便秘の内服薬には次のような種類があります。
・ 刺激性下剤
市販の便秘薬の多くは刺激性下剤です。刺激性下剤は腸を刺激して動きを活発にします。また腸壁からの水分分泌を促がす効果があり、便を軟らかくし排便をしやすくします。ビサコジル、フェノバリンなどの合成薬やセンナ、センノシド、アロエなどの生薬があります。刺激性下剤は刺激が強いので長期にわたっての使用はさけましょう。また妊娠中の使用はオススメできません。

・ 浸透圧性下剤
硬くなってしまった便に水分を浸透させ、便を軟らかくして排便をしやすくし便秘を改善します。刺激性下剤と比べると薬の作用は穏やかです。

・ 膨潤性下剤
多量の水で服用します。腸内で止まっている便を膨張させ量を増やすことで腸に刺激を与えて排便を促がし便秘を改善します。主な成分にカルボキシメチルセルロース、プランタゴなどがあります。膨潤性下剤は便量を増やして腸に刺激を与えるため、腸にポリープがあって腸管が狭くなっている場合は腸閉塞を起こすことがあるので服用の際は注意が必要です。

便秘薬には内服薬以外にお尻からいれる座薬や浣腸などがあります。座薬は肛門から錠剤を入れることで腸に刺激を与え排便を促がす便秘薬です。浣腸は液体を肛門から入れて腸に刺激を与え排便を促がす便秘薬で即効性があります。便秘薬を飲む時は胃腸薬と一緒に飲むと便秘薬の効き目が薄くなったり、胃痛が起きる原因となることがあるので、便秘薬と胃腸薬の併用には注意が必要です。女性の中にはダイエットのために便秘薬を使用する人がいますが、刺激性の便秘薬は刺激が強くあまり頻繁に使用すると腸弛緩症候群になる場合があります。ダイエットに使用するといった間違った服用はせず便秘薬は正しく使用しましょう。便秘薬は症状に合ったものを上手く活用することが大切です。便秘になってしまったら薬だけに頼らず、腸を刺激する体操をしたり、腹筋を鍛えたり、規則正しい食事をとることを心がけましょう。そして便秘体質を改善し薬に頼らなくてもスムーズな排便ができるような体を作るようにしましょう。

便秘体操

便秘で困っているあなた。便秘体操をして腸に刺激を与えてみてはいかがですか?便秘体操にはいろいろなものがあります。自分にあった便秘体操を見つけて毎日実施してみましょう。ここでいくつか便秘体操をご紹介したいと思います。
・簡単「の」の字マッサージ
あお向けになり、おへそのあたりに手を置いて、「の」の字を書くようにしてお腹をマッサージします。こうすることで大腸が刺激され便秘解消につながります。お腹が張っているな、なんかスッキリしないなと思ったらまずはこの簡単便秘解消体操をしてみましょう。

・ 左右ねじり体操
あお向けになって、右ヒザをたてて息をゆっくりと吐きながら左側に倒していきます。この時、顔と上体はヒザとは反対に右側にゆっくり向けていきます。これを数回繰り返し、次に左ヒザをたてて息をゆっくりと吐きながら左側に倒していきます。この時、顔と上体はヒザとは反対に左側にゆっくり向けていきます。そしてこれを数回繰り返します。
これは高齢者の人にも簡単にできるので試してみると良いでしょう。

・ 体育座り体操
まず、息をゆっくり吸いながらヒザをたてて体育座りをします。その時、左足のスネあたりに右手をまわし、右足のスネあたりに左手をまわし腕をクロスさせます。次にその状態のまま後ろにゴロンと倒れ、あごを引き、かかとをぐっとお尻に寄せ、息をゆっくり吐きながら体全体を丸めてしばらくその状態を保ちます。こうすることで腸が刺激されます。

・ 金魚体操
まず、あお向けに寝て体を伸ばします。次に頭の後ろで腕を組み足は足首から先を直角に立てます。これで金魚体操の準備ができました。その次に足を閉じたまま体全体をくねくねと左右に動かします。これを2~3分やることで腸が刺激され便秘解消につながります。金魚体操のポイントは腸がゆれるような感じで動かすことです。

このように体操をして体を動かし腸や内臓に刺激を与えることで、腸に止まっていた便が送り出され便秘の改善につながります。難しい体操ではないので、お腹がちょっと苦しいなと思ったらちょっとやってみるといいでしょう。体操の他、ヨガや腹筋、腹式呼吸なども便秘の予防や改善に効果があります。特に女性は腹筋を鍛えるようにするといいでしょう。女性は腹筋が弱いために便を送り出す力が男性と比べて弱く便秘になりやすいと言われています。また、腹筋が弱いために胃下垂になり、腸が圧迫されていることで便秘になる女性も多いと言われています。便秘予防、改善のために便秘体操プラス腹筋を取り入れて、是非お腹すっきりの毎日を過ごしてください。

便秘の症状と病気

便秘改善
あなたに起きているさまざまなトラブル、便秘が原因ではありませんか?便秘になると腸の機能が低下し、食物の消化や血液の流れなどに支障がでてきます。便秘は放っておくとさまざまなトラブルを引き起こし病気になる場合もあります。たかが便秘と甘く見ていると危険です。便秘は早めに解消しましょう。

便秘の症状には次のようなものがあります。
・ 便がたまりお腹が張る
・ 便が出にくくなり排便に時間がかかる
・ 便がたまり、腸の動きが低下することで食欲不振になる
・ 力まないと便がでない
・ めまいや吐き気がする
・ ウサギの糞のようにかたくてコロコロした便がでる
・ 便は出るが量が少ない
・ 毎日出ているのにすっきりしない
・ 臭いオナラが出る
・ 肌にツヤがなくなり、にきびや吹き出物ができる
・ 便がスムーズに出ないため痔になってしまう
・ 肩こりや腰痛、頭痛がする
・ 手足が冷える
・ イライラする
・ よく眠れない
・ 口が臭い

このように便秘には便が出ないだけでなくさまざまな症状があります。記載された症状がみられる場合はその症状対策と同時に便秘対策もしてみるといいでしょう。便秘という言葉はよく耳にし、またその症状も比較的広く知られています。しかし、便秘が危険な病気とつながっているという危機感を持っている人はあまりいません。便秘は放っておくと深刻な病気の原因となることがあります。

便秘に関係がある病気には次のようなものがあります。
・痔
・ 動脈硬化
・ アトピー、じんましん
・ 乳がん
・ 大腸癌
・ 大腸ポリープ
・ 肝臓障害
・ 高コレステロール血症
・ 胆石
・ 高血圧
・ 心臓発作
・ 自律神経の乱れ
・ 不眠

このように便秘は放っておくと不要な成分を排泄できなくなるだけでなく、腸やその他さまざまな機能に障害をもたらし、病気へとつながる危険性があります。便秘解消、便秘予防をしっかりして、健康な毎日を過ごしましょう。便秘解消するには規則的食生活とバランスのとれた食事、適度な運動、ストレスのたまらない生活、トイレを我慢しないことなどがポイントとなります。便秘かなと思っているあなた。まずは自分の毎日の生活を見なおし、乱れている場合は規則正しい生活になるよう直していきましょう。また便秘がひどい場合は便秘の薬を飲んで便がスムーズにでるようにすることも大切です。便が硬くてなかなか出ないのに無理をして自力で排便をしていると痔につながり、大変なことになる場合もあります。また、便秘は病気が原因で便秘になる場合もありますので便秘がひとい場合や体調がおかしいなと思ったらまずは病院で診てもらうといいでしょう。

便秘予防

“便秘になると肌が荒れたり、食欲がなくなったり、お腹がいつも気持ち悪かったりするため日常生活を快適に過ごすことができなくなってしまいます。便秘にならない生活を心がけ快適な毎日を送りましょう。

便秘を予防するために次のことに注意しましょう。
・ 3食バランスよくしっかりとりましょう。
バランスのいい食事はお腹のリズムを整え、排便をスムーズにします。
・ 食物繊維をしっかりとりましょう。
食物繊維は便の量を増やし、腸管を刺激して排便を促がす効果があります。食物繊維を多く含む野菜や果物、海藻類などを意識して摂るようにするといでしょう。
・ 油脂類を適度に摂りましょう。
脂肪は腸粘膜を刺激し、便がスムーズにでるように働きかけるため、便秘予防のためには適度に油脂類を取る必要があります。油脂類をとらないダイエットを続けると便秘につながることがあります。気をつけましょう。
・ ヨーグルトや乳酸飲料を摂りましょう。
乳酸菌を含む食品を摂ることで善玉菌を増やし腸内環境を整えることができます。
・ 水分をしっかりとりましょう。
しっかりと水分補給をすることが快便につながります。また朝起きた時にコップ1杯の冷水を飲むと腸が刺激され排便が促がされるのでオススメです。
・ 適度に刺激物を摂りましょう。
香辛料、酢、アルコールなどの刺激物を適度に摂取することで腸が刺激され便秘が促がされます。
・ 体を冷さないようにしましょう。
特にお尻やお腹、腰などを冷さないようにしましょう
・ 便意を感じたら我慢せずにすぐにトイレに行きましょう。
我慢をしていると神経が麻痺し便意を感じなくなってしまい便秘になることがあります。
・ 適度に運動をしましょう。
運動することで腸の働きが活発になり排便がスムーズになります。腹部マッサージや腹筋なども快便につながります。
・ しっかり睡眠をとりましょう。
睡眠をしっかりとり便秘の原因となるストレスや疲労をなくしましょう。

けいれん性便秘の場合は通常の便秘予防の食事と注意点が異なるので注意が必要です。通常の便秘は腸の動きが弱まることで起きますが、けいれん性便秘は他の便秘と違い腸が過剰に動くことで起きます。そのため腸の動きを刺激する食物繊維や香辛料、酢、アルコールなどの摂取は控える必要があります。便秘を予防するためには規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動などが大切になります。普段から便秘にならない生活サイクルを作り、お腹すっきりの健康な毎日を送りましょう。

弛緩性便秘、けいれん性便秘、直腸性便秘

便秘改善
日常のあちこちで便秘に悩む人をみかけます。便秘はどうして起きるのでしょうか?口から摂取した食べ物は食道、胃、小腸、大腸を通り、最後に肛門から排泄されます。口で噛み砕かれた食べ物は食道を通り、胃でさらに分解され、胃から小腸に送られて食べ物の栄養素が消化・吸収されます。そして残ったカスは大腸に送られ、大腸を通過しているうちに残りカスの水分が吸収され、便となり体の外に出されます。この時大腸はぜん動運動をして便を送り出します。ぜん動運動とは便を送り出すために大腸が緩んだり縮んだりする運動のことをいいます。このぜん動運動が便秘に深く関係しています。よくみられる便秘の1つである「弛緩性便秘」はこのぜん動運動が弱くなって起きるものです。大腸の一部である結腸でぜん動運動が弱くなると便を上手く送れなくなり便秘がおきます。反対に腸がけいれんしてぜん動運動が強くなることで起きる便秘もあります。これは「けいれん性便秘」といい、けいれんのために便が上手く送られなくなることで起きる便秘です。また、大腸の終わり部分である直腸まで便がたどり着いたのに便意がおこらないために起きる便秘を「直腸性便秘」といいます。

ここで弛緩性便秘、けいれん性便秘、直腸性便秘の原因と対策について少しご紹介します。
・弛緩性便秘
弛緩性便秘は筋力の低下により腸の動きが弱まって起きる便秘です。弛緩性便秘は筋力が衰えている高齢者や筋力の弱い女性に多くみられます。また、女性の中でも出産を経験した女性に特に多くみられる便秘です。腹筋の強化、食物繊維の摂取、腸内環境の改善などが弛緩性便秘予防につながります。
・ けいれん性便秘
けいれん性便秘はストレスや睡眠不足などが原因で起きる便秘です。けいれん性便秘を解消するにはリラックスしてストレスがたまらないように心がけることや、睡眠をしっかりとって疲れをためないことが大切です。また、腸を刺激する食物繊維、酢、アルコールの摂取は控えるようにしましょう。
・ 直腸性便秘
直腸性便秘は便意がおきたのに仕事が忙しくてすぐにトイレに行かなかったり、人目を気にしてトイレに行かなかったりすることで便が排泄されずに体内で止まってしまい起きる便秘です。便意がおきてもトイレに行かずに我慢をしてしまうことで直腸が鈍感になり直腸に便が送られてきても便意がおきなくなってしまいます。そして、排泄されない便は固くなりカチカチになってしまいます。これが続くと痔や大腸癌などにつながることもあります。便意がおきたら我慢せずトイレに行くことが大切です。

善玉菌と悪玉菌

あちこちで耳にする善玉菌と悪玉菌。善玉菌と悪玉菌は便秘と関係がある菌だということを知っている人は多いでしょう。しかしこれらの菌がどのように便秘に関係しているか知っていますか?ここで便秘と善玉菌、悪玉菌についてご紹介したいと思います。人間の腸内には100兆個以上の菌が住んでいると言われています。そしてそれらの菌は体に良い菌である善玉菌、体に悪い菌である悪玉菌、そしてどちらでもない日和見菌に分けられます。善玉菌は体内で乳酸を作り、腸内を弱酸性に保ち、食べ物の消化吸収を促がしてくれます。善玉菌が腸内に増えることで腸のぜん動運動が活発になるため便秘になりにくくなります。また、善玉菌の作用により腸管内の浸透圧が高まるため、これも便秘防止につながります。善玉菌として知られているものに乳酸菌があります。乳酸菌は糖を分解して乳酸を作る細菌の総称でビフィズス菌、ヤクルト菌、ラブレ菌などさまざまな種類があります。

善玉菌の働きには次のようなものがあります。
・ 悪玉菌が増加するのを抑える
・ 食べ物の消化、吸収を促進する
・ 免疫気力を高め、病気への抵抗力をつける
・ 毒素から体を守り食中毒を予防してくれる
・ 腸のぜん動運動を強め、便秘を予防・改善する
・ ビタミンB群の合成をする
善玉菌である乳酸菌を腸内で増やすには、乳酸菌が入った食品を直接摂取する方法があります。よく知られている物にヤクルト、カルピス、ビオフェルミンなどがあります。腸内の善玉菌を増やす他の方法として乳酸菌の栄養素となる食品を摂って善玉菌を増やすという方法があります。善玉菌の栄養素には食物繊維やオリゴ糖などがあります。一方、悪玉菌は善玉菌と反対の働きをし、便秘をもたらします。悪玉菌にはウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌などがあります。悪玉菌が増えると腸内がアルカリ性になり食べカスの腐敗が進んだり、細胞の新陳代謝が乱れたり、免疫力が低下したりとさまざまなトラブルを引き起こします。また、悪玉菌が増えると腸のぜん動運動が弱まるため便秘につながります。

悪玉菌は次のようなトラブルを引き起こします。
・ 免疫力の低下
・ 腸のぜん動運動を弱め便秘をもたらす
・ 肌荒れや口臭、腹痛
・ 腸内環境の乱れ
・ 内臓への負担の増加
・ 発がん物質の生産量の増加

このように悪玉菌はさまざまなトラブルを引き起こし、便秘だけでなく下痢、肌荒れをもたらします。また便秘がひどくなると大腸ガンや大腸ポリープなどの病気にもつながっていくため早めに悪玉菌を減らす必要があります。悪玉菌は運動不足やストレス、不規則な食生活などが原因で増加していきます。
規則正しい生活、リラックスした生活を心がけて便秘にならない腸内環境を作るようにしましょう。