プロが教える安心して介護に臨むための方法のすべて

介護予防という言葉があります。介護予防というのは何かといと、介護を予防することになるのですが、介護予防は、実は2000年に介護保険が導入されてから、今まで元気だったけど少し辛くても頑張っていた人が、急に介護認定をして楽をしてしまうというといい方がおかしいのですが、介護を必要になった人として転身してしまっていました。介護が必要な人を対象にしてできた介護保険制度でしたが、これでは意味がないということになり、介護予防では、介護を必要になるような状態をあらかじめ予防して、いつまでも誰もが元気で暮らせるようにと行われていることです。病気を予防することももちろん大切ですが、介護予防も今とても注目されているのです。



たとえば介護予防にはどのようなことがあるのかというと、たとえば、歩くのがつらくなったからと言って、歩くのをやめてしまえば介護が必要な状態になってしまいます。自分で何でもできるような状態を維持するために、介護が必要な状態にならないためにも、介護予防として散歩に定期的に連れて行ってあげるとか、自立できる環境をつくってあげることが介護予防とされています。一緒に暮らす家族も介護予防を積極的に行う必要があります。

要介護

介護
要介護というのは介護が必要な状態にあることを言いますが、要介護状態は6段階に区分されています。要介護ではなくてまずは、要支援という段階があります。こちらは、要介護まではいかないのですが、社会生活で介助が必要なことがある状態です。そして要介護1の状態は、生活の部分部分で、介護が必要な人、要介護2の状態は、中度の介護を必要としている人です。そして要介護3の状態は、重度の介護必要者ということになっています。歩いたり立ち上がったりすることも自分ではできなくて、排泄や着替えなど、日常生活において全面的に介護が必要な人が、要介護3です。

そして要介護4は、介護が必要な人の中でも最重度に位置づけられていて、尿意や便意もわからなくなり、徘徊などもしてしまう状態の人です。そして最後の要介護状態としては、要介護5という状態があります。これは過酷な介護が必要な人で、日常生活はもちろん介護が必要ですし、人との意思の疎通ができなくなってしまい、徘徊もさらにひどいような状態をいいます。このように要介護といっても状態は6つに分かれていて、それぞれに合わせて介護の方法なども違ってきますし、入所できる介護施設の種類も変わってきます。

介護認定

介護認定というのは、介護保険を利用するしあに介護が必要であるということを認定してもらわなければいけません。これは要介護認定と呼ばれているのですが、介護サービスを利用したいと思っている人が本当に介護が必要なのか、そしてその介護の度合いはどれくらいなのか、判断を認定するというものが介護認定です。介護認定を受けるときには、市町村に届け出が必要で、要介護認定を出すことになります。要介護認定は、申請書が市町村の窓口などにおいていますからそちらをもらいに行ってから、介護保険の保険証や印鑑と一緒に、申請をしに行きます。

介護認定をしてもらうためには訪問調査があります。実際に役所の人が介護が必要なのかどうかを訪問して調査をします。そして申請する際に、主治医に意見書を提出してもらいます。そして介護認定審査会が行われて、その進堺で要支援から介護5までの段階が決められていますから、介護認定が受けられるかどうかがランク付けされます。自立というところがあるのですが、これは、自立していることになりますから、介護認定を受けられなかったということになります。介護認定の結果、受けられるとわかった後は、介護保険のサービスを選ぶことになります。

介護資格

介護
介護資格といっても色々な資格がいまはあります。介護資格を簡単に紹介していきたいと思いますが、まず簡単な介護資格といえばホームヘルパー2級があります。ホームヘルパー2級は訪問介護員として働きます。そして介護保険事務の介護保険は介護報酬請求を行う仕事です。他にも介護資格としては、心理カウンセラーとして要介護本人や家族の心理カウンセリングを行います。少し難しい中級の介護資格としては、介護予防運動指導員という、介護を予防するために運動をアドバイスする指導員の資格があります。そしてホームヘルパー1級もあります。こちらは実務経験が1年以上で主任クラスで働くことができる資格です。バリアフリーなどの介護を受けている人が住みやすい環境を考える、福住環境コーディネーターの資格も介護資格にあります。

そして上級の介護資格になると、介護福祉士の資格やケアマネージャーといった資格があります。介護福祉士は介護のプロとして専門的な知識や技術尾を身につけて、介護を指導する仕事につきます。ケアマネージャーは介護が必要な人のケアプランを考えるのが仕事で、介護資格の最上級資格といわれています。このように介護資格と一言で言っても色々な資格がありますから、介護資格を何か取得したいと思っている人は、この中から選ぶことになります。

介護福祉士

介護福祉士は介護の仕事の中ではプロの資格を持つ人材で国家資格保有者ということになります。介護福祉士は、社会福祉士、介護福祉士の法律のもとに認定されている資格です。具体的には体や精神的に障害があるという人のために、援助や介護をするというのが介護福祉士の仕事です。介護福祉士の仕事のニーズは高く、これから高齢化社会がどんどん進むにつれて、介護福祉士の需要というのは今以上に増えると予想されています。介護福祉の具体的な仕事としては、介護の一環として食事の介助や入浴介助、排泄や身の回りの世話、リハビリテーションなどが介護福祉士の仕事です。

老人福祉施設だけに限らず、最近は訪問看護ステーションなどもありますから、介護士として訪問してお年寄りのケアをするという仕事もあります。介護福祉士になるためには、国家試験を受験しなければいけません。誰でもなれるわけではなくて、実務経験を3年積んだ人や、高校を卒業してから福祉系の大学へ進んだ人でなければ取得ができません。介護福祉士の資格が取得できる専門学校へかようことで国家試験を受験することなく介護福祉士の資格を取得することは可能です。介護福祉士の資格は国家資格として、これからもまだまだニーズは増えていきます。

訪問介護




訪問介護というのはホームヘルパーさんなどが家に来てくれて自立した生活を送れるようにいろいろと支援してくれるというサービスのことを言います。訪問介護は、介護保険を利用しているという人の場合には、介護視線専門員がケアプランを作ってくれますから、そのケアプランによって食事の介助や排せつ、入浴などの介助が行われますし、そのほか訪問介護では掃除や洗濯、買い物なども行ってもらえます。介護保険を使っていない場合も利用できる訪問介護サービスもあります。訪問介護の具体的な内容は大きく分けると二つに分けられます。

身体的な介助と生活的な介助の二つに分けることができ、生活の介助においては、掃除や洗濯、ご飯の用意や買い物などの家事をこなしてくれることになっています。訪問介護に訪れたホームヘルパーの中には決まりによってできないこともあります。たとえば大掃除や、本人以外の家の掃除、草むしりなど、介護には関係のないものは、訪問介護に訪れたホームヘルパーではできないことになっています。あくまでも訪問介護で行われるのは、介護の対象になっている人の、身の回りの世話や家事の支援などと考えてもらうといいのではないでしょうか。買い物なども本人以外の買い物は訪問介護ではできないことになっています。

介護老人保健施設

介護老人保健施設というのは、平成12年から介護保険制度というのが始まりましたが、介護老人保健施設というのは、今まで地域の介護が必要だったお年寄りを支援していた施設のような形で介護老人保健施設があります。介護老人保健施設は、病気の状態が安定している人、治療や入院はいらないけどリハビリを行った方がいい人などをケアしていく必要がある人など、要介護認定を受けている人は、介護老人保健施設を利用することが可能です。介護老人保健施設といっても色々な施設があり、ケアサービス施設もあれば、リハビリテーションのための施設もありますし、在宅復帰施設、在宅生活支援施設などもあります。

介護老人保健施設の目的というのは、利用する人の必要に応じて医療の一環で管理をしてケアしていくというもので、担当のリハビリテーションのスタッフがリハビリを一緒にやってくれますから、機能回復や自立への訓練を行うことができ、介護老人保健施設で機能回復を目的としたリハビリテーション訓練が行われています。介護老人保健施設の利用料というのは、基本的に食事の料金が一日に必要でそのほかの利用料は、施設によって異なりますので介護老人保健施設ごとに違っています。

介護保険

介護
介護保険というのは、介護が必要な状態になった場合でも自分で生活ができるように、お年寄りの介護を支えるためのシステムの一つです。介護保険に加入することが義務付けられているのは、一般的には40歳から64歳までの人です。介護保険の保険料は医療保険の保険料にプラスされて40歳から払っていくことになります。介護保険サービスを何らかの形で受けたという場合には、1割負担で自己負担することになっています。介護保険を利用する人というのは、初老期に、認知症になった人や脳結果疾患などにかかってしまった人など、指定されている16種類の病気があるのですが、要介護状態になったり、支援が必要になった人というのが、介護サービスを利用できる人です。

介護保険のサービスろ受けられる人は65歳以上ならだれでも受けることができますし、先ほど紹介したように、40歳以上なら特定の病気になってしまい、介護や支援が必要になった場合に介護保険が利用できることになっています。介護保険のサービスでは介護が必要な人には給付金があります。9割介護保険が負担してくれますから1割だけの負担で自己負担がすむというのは、経済的にも助かるのではないでしょうか。介護保険料は40歳から支払うことが義務付けられています。

介護保険料

介護保険料というのは、平成12年から始まった介護保険制度で支払う保険料のことを言います。介護が必要な人を家族だけが助けるのではなくて、国民みんなで支えようという考えのもとに、40歳以上の人は介護保険に必ず入らなければいけなくなり、介護保険料を支払うことが義務付けされました。介護保険のサービスを利用するための費用は介護保険料と国の公費の半分の比率で賄っています。介護保険料は、65歳以上の人と、40歳から64歳の人口割合によって負担することになっています。介護保険料は自分の所得に応じで保険料が決められています。相場としては介護保険料は4000円弱の負担ということになっています。

介護保険料を支払わなかったり、滞納した場合には、1年に滞納した場合には、介護保険料の利用する際の負担が全額負担になってしまいます。2年以上滞納した場合には、利用者負担の額が引き上げられることになり、3割もアップするといわれています。滞納している介護保険料を全額納めた場合には、本来の介護保険サービスを利用できることになります。介護保険料を支払うことは義務になっていますし、将来の自分のためにも介護保険料はきちんと支払っておくようにしなければいけません。

介護用品

介護
介護用品と言っても今は色々な種類の介護用品が販売されています。たとえば介護用品はどのようなジャンルに分けることができるのかというと、介護食品なども介護用品に入ります。お年寄りが食べやすい硬さになっている介護食品も今は人気があるようです。そして介護用品としては自立支援のためのステッキなどもありますし、移動や歩行を助けるための、車いすなども介護用品として当てはまります。また介護用品として一般的によく知られているのがトイレ用品で大人用のおむつや失禁対策グッズ、トイレ用品など、幅広い種類があります。

介護用品を取りそろえているお店としては、専門の介護用品店はなかなか地域にあるというところは少ないと思います。訪問看護ステーションなどに介護用品を販売しているところもありますが、ドラッグストアで介護用品を購入したり、イオンなどのショッピングモールの介護用品売り場を利用することになるのではないでしょうか。介護用品はほかにもインターネットでも購入可能で、まとめて購入すれば、送料が無料になるというサービスもありますから、介護で外へ買い物へ行けないという人でも介護用品を手軽にネットで注文することが可能です。

介護食

介護食はお年寄りがおいしいと感じて楽しみながら食事ができるように考えられている食事のことを言います。介護食にはどのようなものがあるのかというと、一から手作りで介護食を作ろうと思っている人の場合には、とろみをつけるために片栗粉などを用意して自分で介護食を作ることができます。しかしなかなか介護食を毎日手作りするというのは大変な作業です。そんなときに便利なのがいまはレトルトになった状態で介護食が販売されています。たとえば野菜の煮物などが、お年寄りが食べやすいように小さく切ってありますし、お年寄りでおもおいしく感じられるような味付けになって販売されています。

介護食というのはどうしても見た目も悪くなりがちで、栄養のことを重視するとなおさらなのですが、介護食でもおいしく、見た目もよく食べられるように、いろいろと工夫して今は販売されています。介護食の種類も豊富で5食入りで1000円前後で介護用品コーナーなどに販売されていますし、宅配食事サービスなどでも、毎日介護食を届けてくれる会社などもありますから、レトルトは嫌だけど自分で介護食が作れないという人は、介護食を宅配してくれるサービスを利用するといいのではないでしょうか。

認知症の介護

介護
認知症の介護はとても大変だといわれていますが、認知症を介護することで介護疲れが発生しているとも言われています。認知症の介護をする際に、介護する側が戸惑ってしまうことというのが、精神状態や異常行動です。ご飯を食べたのに、まだごはんを食べていないと言ってみたり、財布を盗まれたという被害妄想をするというのが認知症にはよくあることですが、これをただそうとしてしまうと、反感をもって介護を拒否されてしまったりします。認知症の介護でいちばん大変な部分でもあるといわれています。認知症の介護をする場合には、その病気のことについて十分に理解してあげることが大切です。

財布を盗まれたといえば、一緒に探せばいいですし、頭から財布なんて盗まれていないと怒ってしまうのではなくて、責めないことが認知症の介護に大切なことといわれています。介護をする人の負担やストレスは普通の介護に比べると認知症の介護はとても大変だといわれています。介護は一人では本当に大変ですから、特に認知症の介護に当たる場合には家族みんなで協力することが大切で、息抜きも必要ですからデイサービスなども利用しつつ、上手に認知症の介護を行っていくことが大切です。

居宅介護支援事務所

居宅介護支援事務所というのは、家で利用できる介護サービスを紹介したり、介護サービスを行ったり、介護サービスにかかる費用を計算したりする、介護が必要な人の代わりに行ってくれる事業所のことを居宅介護支援事務所と読んでいます。指定居宅介護支援事務所は、法人という申請が必要ですから、都道府県に申請しなければ居宅介護支援事務所として開業することができません。居宅介護支援事務所は、介護支援専門員であるケアマネージャーが常に働いていることが義務化されています。介護が必要な人の依頼を受けて、体の状態や心の状態、介護環境や家族の要望などを聞いて、ケアプランを考えたり、他の介護の専門的なことについて相談を受けるような場所が居宅介護支援事務所です。

居宅介護支援事務著は、介護保険で家で介護を受けることができる人を支援するための事務所で、ケアマネージャーは、介護が必要な人の視点に立って居宅介護支援を行っています。居宅介護支援事務所の業務内容としては、要介護認定の申請代行も行っていますし、介護支援や、給付管理などもトータルで行ってくれます。市町村との間に入って連絡や調整も居宅介護支援事務所が行ってくれます。