介護のために必ず得るべき情報と効率的な勉強方法のまとめ

介護という言葉を聞いたことはあるという人も多いと思いますが、実際には介護という意味が分からない人もいるかも知れませんね。介護というのは誰かの手を必要にしている人のことを言います。介護が必要な人とうのは健康な人に比べると、普通に生活を送れることが送ることが出来ないのです。色々と原因があり、老化によって体が思うように動かないために介護が必要であるという人もいれば、脳に障害があるために生まれつきの介護が必要な人もいますし、病気になって介護が必要な人もいますから色々です。介護といっても色々な種類があるのですが、介護をしてあげる際には、その人が出来ないことを手助けしてあげるという気持ちが必要です。



介護の種類は色々とあり、たとえば食事の介助が挙げられます。ひとりでお箸やスプーンを持って食べることが出来ないという場合に、食事の介護をして、口に食事を運んであげて食べさせてあげます。他にも毎日の生活の中で介護が必要なシーンとしては、お風呂の介護なども挙げられます。お風呂の介護は力も必要ですし、なかなかコツもいりますので、最初からうまくお風呂の介護をしてあげることはできないと思います。しかしいざ家族の誰かが介護が必要な状態になったという場合には、子供でもできる介護もありますので、家族みんなで協力してあげることが大切です。かゆいところに手が届く介護、それが介護を受ける人にとっても、心地よい介護になるのではないでしょうか。

お年寄りの介護

介護
お年寄りの中でも介護が必要な人と必要でない人がいますが、どういった状態になると介護が必要になると言えるのでしょうか。介護が必要になるきっかけは、老化によって体の機能が弱くなったり思うように動けなくなるということがありますが、耳が遠くなる、腰が弱くなる、足が弱くなるといったことは誰でもとる道です。お年寄りの介護の原因になるきっかけというのは、年齢から起きていることもあります。たとえば耳が遠いという場合には、耳が遠いことを分かった上で、わかりやすく話をしてあげたり補聴器を進めることが必要です。

お年寄りによって弱っている部分は違っていますから介護の種類も違ってくると思います。たとえば目が見えにくくなった人もいれば、手足が弱ってしまって一人では歩くのが難しくなってきた人もいます。手足が弱くなってきた人の介護としては筋肉をつけることも大切ですがゆっくりと歩けるように介護してあげる工夫も必要です。お年寄りは筋肉が弱ってくるとものが持てなくなってしまいますから、お箸からスプーンに持ち替えてあげるというのもいいでしょう。普段使っていたものなども、だんだん上に置いてあると届かなくなってしまいますから、届くところに配置換えしてあげることも必要ですし、また床に躓かないように、床には何も置かないようにしてあげるということも大切です。お年寄りの介護というのは、人それぞれ弱っている部分が違っていますから、その人に合わせて行う必要があるのです。

車いすの介護

車いすに乗っている人を介護するときの方法についてここでは紹介したいと思います。車いすが必要な人の介護というのは、後ろから車いすを押してあげることが一番ではないでしょうか。後ろから押すと言っても、突然座っている人の車いすを押したらびっくりされてしまいますから、必ず声をかけてから車いすを押してあげるといいと思います。長距離車いすを押すというのはなかなか難しいことかもしれないのですが、自然に押してあげることが出来れば、短距離でもきっと介護のお役に立てるのではないでしょうか。車いすが必要で介護を必要としている人というのは、お年寄りだけではありません。他にも、介護を必要としている車いすの人というのは町中に沢山いると思います。ケガをしている人や、一時的に車いす生活を余儀なくされている人などもいますから、それは色々です。

車いすに乗っているときは、とても不自由な思いをしているに違いありませんから、できるだけ不自由な思いをさせないように、介護をしてあげることが大切です。介護といっても車いすに乗っている人一人一人内容は違っていますから、その人に合わせた介護の方法を見つけて、その上で車いすの介護をしてあげましょう。介護の資格を持っていない人でも、車いすの介護なら誰でもしてあげられると思いますから、困っている人や車いすに乗っている人を見かけたら、連れて行ってあげたり手を貸してあげることが大切なのではないでしょうか。

介護と体位

介護
介護と体位についてですが、寝たきりの人の場合には、ずっと同じ格好で寝たままになっていると、床ずれが出来てしまったり、皮膚の状態が悪くなってしまいますから、それらを予防するためにも、介護の一つとして体位を変えてあげる必要があります。血行障害なども防ぐことが出来ますし、感覚麻痺なども防ぐことが出来ます。介護の一環として体位を交換するという場合に、無理をして行ってしまえば、変なところに力を入れてしまって、後から痛みが出ることもありますので体位を交換する際には注意が必要です。

介護で体位を交換する場合は、できる範囲までは自分で動いてもらって、声をかけながら介護をしていくとスムーズにいくと思います。介護をしている人は、腰に変な力が入ってしまわないようにします。麻痺している方が、下になるような体位交換は、長い時間は避けましょう。体位交換というのは寝たきりの人の介護ではとても大切なことです。着交換や清拭、おむつの交換といった場合に、1日のうちに何度も介護のタイミングで体位交換をしてあげることが大切です。体位交換はその人に合った方法で交換してあげて、その人のやりやすい方向で行ってあげましょう。絶対にこの方法でやるのが正しいという体位交換の方法なないですから、あくまでもその人が動きやすい体位、痛くない快適な体位を見つけて体位交換を介護の一環として定期的に取り入れてあげることが、寝たきりの人にとっても大切なことです。

介護と着衣交換

介護では衣服を交換することも大切なことです。衣服というのは、汗や皮脂を吸収していますし、内側からだけでなく、外からの刺激なども防いでいるわけですから、思った以上に汚れているものです。新いい服を身につけることで、生理機能は正しく働きますし、皮膚の状態も清潔です。また寝たきりの人や、介護を必要としている人の気分をリフレッシュさせる効果も着交換にはあります。着衣交換をすることによって、その人の日の生活リズムのメリハリが出てくるというメリットもあります。寝たきりで介護が必要な人であったとしても、ずっと同じ服を着せて寝かせておくのではなくて、やはり朝になったら普通の服を着て、夜になったらパジャマに着替えるというように1日の生活のリズムを衣服で分かってもらうということも大切です。

介護の着衣交換は意外と体力もいりますし、コツもいるので大変かもしれませんが、体を動かすことが出来れば、多少のリハビリにもつながると思いますからお勧めです。介護をする際の着衣交換の注意点としては、室温は24度くらいに保って寒くないようにしてあげたうえで行いましょう。そしてカーテンをしたり、着替えが見えないようにしてあげることも大切です。介護をしているときは無言で行うのではなくて、声をかけながら行うことが大切です。麻痺がある人の介護は大変ですが、麻痺がない方から、脱いで、着るときは麻痺がある方から着るという順番を覚えておきましょう。

介護老人福祉施設




介護老人福祉施設は特別養護老人ホームとも呼ばれていますが、この施設に入る人といのは、常に介護が必要な状態にある人が対象です。日常的なお世話をしたり、機能が回復するための訓練をしたりする施設です。老人ホームというような言葉が聞かれるのですが、老人ホームといっても湯量老人ホームなのか老人福祉施設なのか、種類が違っています。介護老人福祉施設というのは、老人福祉施設の方です。寝たきりのお年寄りや認知症のお年寄りが入居されている施設です。

介護老人福祉施設というのは値段が違っています。要介護2の人の場合に介護サービス利用料としては、7650円必要ですし、介護保険から給付金として6885円受け取ることが出来ます。自己負担は、1日当たり数百円で、食事の自己負担が780円、サービスの自己負担が765円ということになりますから、1日に2000円弱で、介護老人福祉施設、特別養護老人ホームと呼ばれる場所に入ることが出来るということになっていますから、かなり低価格でサービスを受けられるというメリットがありますね。寝たきりや認知症の人が主で、家庭での介護が大変である、家族が介護をすることが出来ないような状態にあるケースによく利用される福祉施設です。1日当たりの費用が安いことで、利用者が多く、空くのを待っている状況である地域もあるというのが実際のところの今の現状でもあります。それだけ介護が必要な人が今とても多い、ということなのかもしれません。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、介護保険施設の一つなのですが、病気の症状が安定している人が対象になっていて、家に戻るように、訓練をしたり、毎日の看護や健康管理、他にも日常生活を送るための世話などを色々と行っているのが介護老人保健施設です。この介護老人保健施設を利用することが出来るという人は、在宅介護が難しい人で、要介護が必要な人が対象になっています。

介護老人保健施設を利用する場合は、都道府県によっても料金は違っているのですが、例えば要介護2で個室利用の場合になると、自己負担金はサービス料が800円で、食費が1380円、そして居住費として個室代金が2000円、日常生活を送る上で必要になるお金が、300円ということになりますから、だいたい5000円以内で、介護老人保健施設を利用することが出来ます。筋力が弱っていたりリハビリが必要な人の場合には、サービス料金の中にリハビリテーションマネジメントの料金なども加えられていますし、食事の管理栄養士配置加算代なども含まれています。1日当たり5000円で入れるということですから、10日利用すれば、五万円、1か月の利用で十五万円ということで、少し料金的には他の介護福祉施設の中でも高めですが、介護が必要で家で介護が出来ない人、家に戻れるように訓練をしてくれるということは、介護をしてきた家族にとってはとても助かる介護福祉施設として、多くの人に利用されているのが特徴です。全国にも介護老人保健施設は沢山あります。

食事の介護

介護
食事の介護というのは介護の中でも1日に3回あることですから、なかなか大変かもしれませんが、生きるためにはしっかりと栄養を取る必要があります。しかし年齢を重ねれば、食べ物の好みも変わりますし、においや味もわからなくなり、感覚が鈍くなっていきます。食べ物を口に入れて飲み込むという力自体も弱くなってきて、スムーズに食事をすることが出来ません。中にはむせかえる人などもいますから、食事の介護は十分に気を付ける必要があるのです。

食事の介護では、その人に合った食事の形で食べてもらうようにして、病気を予防するようにしなければいけません。やはりいくつになっても食べることは楽しいことだと思いますので、そういった点にも気をつけながら介護を進めていくといいと思います。介護では食事を楽しめるように環境を整えてあげるといいと思います。快適に楽しく食事が出来る環境を整えてあげてください。食事の柔らかさなどは、その人の今の体の状態によって違っていると思いますから、その人に合わせて食事を作ってあげることも大切です。食事の介護の注意点としては、食事をする前にトイレなどの排せつは済ませておきましょう。そして意識をしっかりと持ってもらって食事をしてもらいます。エプロンをつけたりして清潔は常に気を配ります。その人の介護のレベルに合わせて食事の介護を進めてあげなければ、食事が楽しくないと思いますから、気をつかった上で食事の介護はしてあげましょう。

入浴介護

介護の中で入浴はとても大変なことの一つではありますが、入浴は清潔を保つためにはとても大切なことですから、少し介護が大変だったとしても、行う必要性は高いです。入浴はけっこうも良くなりますし、気分もリフレッシュします。機能を回復させるためにも入浴はとても大切です。しかし介護が必要な人にとって入浴は血圧が急に変化することもありますから、実際には大きな負担になっていると思います。入浴を介護する場合には、入る前の健康状態や、入っている最中の状態、そしてあがってからの状態には常に気をつけて、異常がないか異変がないかどうか確認しておく必要があります。

入浴介護の注意点としては、入浴前は排泄を済ませておくこと、お腹がすいているときと万福寺は避けましょう。すぐに急変にも対応できるようにしておきましょう。入浴をしているときに介護で体調が悪くなったと感じたらすぐに医師などに連絡をしましょう。入浴の介護から上がった後は、急激に体調が変化することもありますので、早めに衣服を着せて湯冷めをしないように注意しましょう。水分補給についても、お年寄りなどの場合には脱水症状が出るケースもありますので、脱水症状にならないように工夫する必要があります。入浴介護は、とても大変ではありますが、介護する人は、入っている人の体調には十分に気を配りながら進めていくことがとても大切だと思います。なかなか難しいことではありますが、万が一に備えましょう。

指定介護療養型医療施設

介護
指定介護療養型医療施設というのは、病院に入院してまでの治療は必要はないのですが、長期的に療養をした方がいいとされている介護が必要な人を対象にして、介護を行ったり、看護をしたり、機能訓練をするというのが、指定介護療養型医療施設の特徴です。介護老人保健施設や介護老人福祉施設に比べると、医療の立場からの依存度は高い施設で、治療とは違い、療養を必要としている人が利用していることがとても多いので、指定介護療養型医療施設として、病院と一緒に併設されているということが多いと思います。

都道府県によって1日の指定介護療養型医療施設を利用する費用は違っていますし、介護認定のレベルによっても違っていますが、要介護1の人の場合には介護保険の利用負担額としては800円、そして居住費が320円、食事代が2020円、自己負担額としては1日当たり3000円ちょっとという値段で利用することが出来ることから、治療は必要ないとしているお年寄りで、作業療法士や理学療法士、言語聴覚士などのリハビリを受けながら、長期的に療養をしているという人が多いのが現状です。特に体調に変わりがない限りは、定期的にリハビリを受けながら、療養をするというケースで、病院という名前が付けられている施設も多いです。指定介護療養型医療施設は色々と全国にあり、それぞれの要介護レベルによっても利用する際の費用は違っていますので、確認した上で利用することをお勧めします。

介護と自己負担

介護をこれから受けたいと持っている人の場合には料金が気になると思いますが、介護の自己負担というのは1割となっています。限度を超えたサービスの場合には、超えてしまった分においては、全額負担しなければいけないことになるのですが、利用限度額というのは、ぞれぞれの要介護の区分で違いが出てきます。都道府県ごとによっても違っていますし、介護のレベルによっても違っています。例えばある都道府県で要介護1の居宅サービスの場合には1か月16万5800円が限度額ということになっているのです。

他にも介護サービスを受ける種類によっても違っているのですが、30分から1時間未満の利用の場合には、2100円から4200円、そしてデイサービスの場合には6-8時間以内の利用の場合には、6800円から11300円もかかってしまうところを、自己負担は1割菜ので、ホームヘルパーさんに来てもらう場合には、210円になりますし、デイサービスを利用するという場合でも、1日利用しても680円という値段で利用できるということになります。介護保険のサービスにかかってくる料金の内訳では、全体の料金の1割は利用者が負担することになっていて、残っている9割の負担は、半分が国や都道府県などが公費で支払っていて、半分が保険料で支払っているというケースです。介護サービスの料金というのはそれぞれの都道府県によっても違っていますし、施設などによっても違っていますが、自己負担は1割だけの負担ということになっています。