防災を成功に導く世界一効果的な対策方法

防災マニュアルというのは、災害が起きた時に慌てないように、冷静に対処できるようにするためのマニュアルです。日頃から、防災マニュアルの内容をよく理解して、把握しておくことで、突然災害などが起きた場合でも、冷静に対処することができ、二次災害を防ぐことにつながります。例えばどのようなことを防災マニュアルの内容として把握しておけばいいのかというと、非常用の持ち出し袋について、中身の確認や、どこに置くのか、何を用意しておくのかということは把握しておきましょう。そして防災対策のチェックポイントについても確認が必要です。家の中の防災対策について、項目を挙げて確認しておきます。食糧や水などを備蓄する際についてもよく確認しておくことが大切です。



家族でも防災会議を開いておくと、万が一の災害に備えて、どこで待ち合わせるのか、連絡手段をどうするのかなど、明確にしておきましょう。防災マニュアルを用意しておくということは、今紹介したような点について、あらかじめ、災害が起きる前から対策を立てておくことになります。あらかじめ対策を立てておくことにより、万が一の災害の時には、慌てずに、防災マニュアルに沿った行動を取ることができますから、二次災害や怪我などを防ぐことができるのです。普段災害の怖さを実感することは、ほとんどありませんが、防災マニュアルで、定期的に確認しておくことが、災害が起きた時に、いかにスムーズに行動できるかにつながります。

防災セット

防災
防災セットはいざというときのために用意しておいた方がいいものですが、なかなか防災セットを用意している家庭というのは少ないのではないでしょうか。また市販されている防災セットが自分の家族の人数分なかったり、防災セットの内容があっていないというようなケースもありますから、本当は防災セットを購入するのではなくて、ばらばらに防災グッズを選んで、自分の家族や自分の家庭用、職場用の防災セットを用意する方がいいとされています。防災セットはやはり家族構成ごとに中身が違っていて当たり前ですし、住んでいる環境や災害が起きやすい状況に合わせて中身を変えるべきです。

しかし防災セットを一から一人で作るというのはなかなか難しいのですが、防災セットで自分の家庭用に専用の防災セットを作ってくれる会社もあります。家族構成や住んでいる家の場所などを伝えることで、その家庭にぴったりの防災セットを用意してくれるのです。これなら家族構成、お年寄りがいるとか、お子さんがいるとかに合わせて防災セットがぴったりの内容で、届きますから、最適な防災セットを持つことができます。防災セットは万が一のために備えておけばいいに越したことはないのですが、意味のないものを用意していても意味がありませんから、やはり自分の家庭に合った防災セットを用意するようにすることが大切です。防災セットを用意してみて、本当に災害が起きたときにこれで安心できるかどうか、それを確認することが大切です。

防災頭巾

防災頭巾は災害が起きたときに頭からかぶる頭巾ですが、防災頭巾は幼稚園や小学校などでも備えているところが多いです。イスの背もたれに普段は、かぶせておいて、イスカバーの役割を果たしているのですが、災害時には、防災頭巾として頭を危険から守ることができるというカバーです。色々な種類が販売されているのですが、防災頭巾は日頃から目につくところに置いてあって、災害が起きたときにすぐにかぶることができなければ意味がありませんから、やはり座布団替わりにしているとか、背もたれカバーに使っているというケースが多いのではないでしょうか。

都道府県の中には、学校ごとに、防災頭巾は指定で販売されており、入学の際に必ず購入が義務づけられているようなところもあるようです。やはりイスの背もたれカバーになっているタイプが普段邪魔になりませんし、いざというときにすぐに使うことができるということもあり便利ではないでしょうか。最近は色々なデザインや柄の防災頭巾も販売されています。いざというときの備えとして、避難の際に頭を守ることができる防災頭巾はとても重宝すると思いますから、ぜひ購入しておくといいですね。家庭でも、すぐに災害が起きたときに頭からかぶれるような場所に、防災頭巾を用意しておくといいかもしれません。防災頭巾は手軽に用意できる防災グッズの一つとして、危険から身を守るためには欠かせないものの一つではないでしょうか。値段は1500円程度で販売されていますし自分でも作れます。

防災ヘリ

防災
防災ヘリは、災害が起きたときに、利用するもので、災害が起きたときいいち早くヘリコプターが出動して危険な場所で避難ができなくなっている人を助けたりします。ヘリコプターといっても色々な種類があり、今は大きく分けると3つの種類があります。防災ヘリは、都道府県が、所有しており、隊員は消防職員で成り立っていて赤いヘリコプターです。それとよく似たヘリで、消防ヘリと呼ばれるヘリもありますが、これは防災ヘリとは何が違っているのでしょうか。消防ヘリというのは、消防機関が保有しているもので、消防局にしか設置されていないのですが、政令都市などの大都市部の消防局に限られた数が設置されています。

そして最近は高度救命救急医療センターなどが注目されてドラマ化されたりもしていますが、救命救急ヘリなどもあります。こちらはドクターヘリとも言われていますが、医師が患者を助けるために出動するヘリです。どれもよく似ているのですが、それぞれに所有者や、隊員が違っていたり出動する目的などが違っていることになります。防災ヘリは、川で避難できなくなって離れ島で困っている人を助けたりするというシーンをニュースでも見たことがあるという人は多いのではないでしょうか。防災ヘリをドクターヘリの代用として利用している都道府県などもありますが、ドクターヘリの数が少ないことからくる問題で、やはりドクターヘリに比べると出動や搬送に時間がかかるという問題があるようです。

防災カメラ

防災カメラは全国色々な場所に設置されています。防災カメラはその名の通り災害を防ぐためのカメラです。どのあたりに設置されているのかということは、それぞれの都道府県などによっても違っているのですが、おもに災害が起きやすいと考えられる場所に設置されているので、川や山など、災害が起きたときに土砂崩れが起きそうな場所などに、防災カメラは設置されています。防災カメラは、インターネットが普及してからは、市民も見ることができるようになりましたから、とても便利です。インターネットがない時代は、防災カメラは、一部の機関の職員だけが安全の確認のためにチェックするということでしたが、今は防災カメラを誰でも手軽にインターネットなどを利用してみることができるようになっていますから、とても便利です。これなら、市民も災害にとても敏感になり、防災カメラを見ることでいち早く非難や危険を察知して、災害に巻き込まれることを防ぐことができるのです。

防災カメラは、都道府県ごとにホームページ上で公開されていますし、国土交通省のホームページ上からも確認することができますので、家の近くに災害で、氾濫しそうな川があるとか、危険な場所があるという場合には、防災カメラを利用して、災害時には危険がないかどうか確認しておくと便利で安全です。モバイルからも確認できるケースもありますから、そちらも利用すると、より災害情報を手にしやすくなります。

防災訓練




防災訓練は、小学校などでは定期的に行われているのですが、なかなかそれ以外の場所で防災訓練に参加する機会というのはとても減ってきています。災害というのは、忘れた頃にやってきますから、できれば防災訓練には定期的に参加しておくことが大切です。防災訓練の必要性というのは、万が一災害が起きてしまったときでも、慌てずに冷静に、対処することができるために、訓練しておくことを目的としています。もしも防災訓練に参加していなければ、やはり万が一の時には、パニックになったり、何をすればいいのかわからなくて困るという人が出てくると思います。防災訓練は、各自治体でも定期的に行われています。

市民新聞などでも防災訓練に関する告知などが行われていますから、防災訓練に積極的に参加するようにして、できるだけ、災害が起きた時に慌てなくてもいいように、普段から練習をしておくことが大切です。万が一に備えて、落ち着いて対処できることも大切ですが、自分だけの事だけではなく、周りの人との協力という面でも、どうやって対処していけば良いのかということに関しても、防災訓練に参加することで知ることになります。災害は忘れたころに来ると言いますが、普段から、しっかりと防災に関して関心を持ち、人事と思わないで、積極的に防災訓練に参加して万が一に備えるということが、大人から子供まで、すべての人に対して言えることになるのではないでしょうか。防災訓練はとても大切です。

防災館

防災館は、東京にある防災センターのことをいいます。防災館ではどのようなことを体験することができるのかというと、まず1階では、地震体験コーナーがありますから、実際の地震を体験することができます。本物と同じ地震を実際に実感することによって、地震対策に関して防災に対する必要性をわかることができます。そして体験コーナーは防災館の2階にもあります。防災館の2階には、何と煙を体験するコーナーがあります。ここでは、煙の特徴を知ったり、危険であるということを知り、煙が充満していると、いかに見えにくいかなどを体験することができます。火災が起きた時に、冷静に避難できるように判断力などを見につけることができるコーナーです。

体験コーナーはほかにも、消化体験コーナーもあります。こちらは、火災をシュミレーションしているので、画面に向かって消火器をかけるという一連の流れをシュミレーションで練習することができます。他にも応急手当体験コーナーという場所もあり、心肺蘇生法について学んだり、応急手当の方法について実際に学ぶことができ、体験することができるのです。防災館ではこのように、様々な防災について学ぶ、体験することができます。他にも暴風雨体験コーナーもありますし、3Dシアターなどもあり、色々な角度から防災について学ぶことができます。社会見学などでも利用されている施設ではありますが、その他、個人や団体での利用も可能となっています。

防災センター

防災
防災センターというのは全国にあります。防災センターは、どんな施設なのかというと、市民一人一人が防災について考える、そんな施設です。災害というのは突然やってきます。災害には、地震もあれば火災もありますし、風水害などもあります。色々な災害がありますから、その災害に備えておく必要があります。しかし多くの人というのは、実際に自分が災害に遭って初めて、防災の必要性や、防災の大切さについて気がつくことが多いと言われています。市民防災センターは、そんな防災に関して、機械などをふんだんに取り入れて、映像や疑似体験ができるようになっている施設です。市民防災センターの場所によって中で体験できるものというのは違っていますが、防災センターの多くでは、地震体験ができたり、暴風雨体験ができます。他にも煙体験ができるところもあります。

実際に防災センターでしか体験できないようなものばかりです。普段の生活の中で地震の体験をするというのは、実際に被災してみなければわかりません。被災してみて初めて分かったのでは、それはもう遅いのです。あらかじめ体験しておくことにより、本物の災害の怖さを身をもって知ることができます。このことから、本当の災害が来たときに、どう対処すればいいのか、そして冷静に対処する力が付きます。万が一の時に慌てないためにも、防災センターを利用して、無料ですから、あらかじめ体験しておき、防災のための関心を高めておきましょう。

防災センター要員

防災センター要員というのは、防災センター要員講習を受けて修了した人のことをいいます。防災センターで働いている人で、防災盤を監視したり、動かしたりする場合に、必要になってくる資格を持っている人のことをいいます。防災センター要員は、決められた防災センターで監視や操作などを行う人が持っている資格です。防災センターで活躍できることはもちろんのことですが、防火管理、消防機関といった災害司令のセンターにも通報することなども行っています。講習会は、2日間でなければいけませんが、1日目というのは座学隣、2日目は実技講習になります。都道府県ごとに行われている講習日は違いますので、それぞれ確認しておきましょう。

防災センター要員の講習を受ける場合には、受験資格が必要です。受験資格は、総合操作盤を設置している建物の、防災センターといった部署で働いているという人が対象になります。総合操作盤の監視をしている職業についているという人や、操作盤の操作を実際に行っている人も対象になります。学歴や年齢などの受験資格はありませんが、勤務しているということが義務付けられています。技術講習を受けてから、5年以内に、実務講習を受けることにもなっています。防災センター要員の講習は2日間で、資格取得可能です。対象となる勤務をしている人は、必ず持っていなければ、仕事をすることができないことになっていますから、講習を受けなければいけないでしょう。

防災頭巾

防災
防災頭巾防災頭巾というのは、防空頭巾が元になっていると言われていますが、これは頭を守るための防災グッズです。防災グッズとして販売されている防災頭巾は、長方形の袋のような形に綿などを入れて作って、頭にかぶると、上から何か飛んできたときに、頭を怪我しないようにすることを目的にしています。防災頭巾は座布団として普段は使っていて、そして万が一の時には防災頭巾に変身するタイプのものが重宝されています。火災などにも使えるようにということで、燃えにくい繊維などを使って作られていることがあります。火災の際に防災頭巾をかぶるという場合には、水を含ませてから使うといいと言われています。

防災頭巾は、固いものが上から落ちてくるとそれほどの効果はありません。やはりヘルメットに比べると、布でできているので、固いものが当たると痛みは感じます。ですが、ヘルメットを普段から用意しておくことは難しいですが、座布団にして近くに置いておけるということがメリットとなり、防災グッズとして活用されています。日本で防災頭巾が使われ始めるようになったのは、1970年頃からだと言われているのですが、今も座布団代わりに防災頭巾を用意して、常に防災に関して関心を高めているという特徴があります。小学校などの子供がいる施設以外でも、国会議事堂でも、議員の席の下には、防災頭巾が常に用意されているので、万が一に備えられていると言われています。頭を保護しながら逃げたり避難するのに良いでしょう。

防災頭巾カバー

防災頭巾カバーは、市販されていますが、手作りしなければいけないこともあります。小学校などでは手作りの防災頭巾カバーを、持参することになっているところもあるようです。防災頭巾カバーを手作りするという場合には、キルティングなどの、綿が入っている素材の布を使って作るのがいいでしょう。販売されているのは、だいたい110㎝くらいの幅のものが主流ですが、それを使います。中身が入る袋の場所をまず決めましょう。そして椅子の背中の部分に折って返していきます。アイロンを使って折り目をつけるとスムーズに折り返しができます。

そしてバイアステープを使って両端を接着していきます。そして最後にミシンをかけて完成です。防災頭巾カバーの背もたれに欠ける部分以外は、手提げ袋の作り方とほぼ同じ作り方ですから、誰でも手軽に作ることができると思います。防災頭巾のカバーは普段は、座布団カバーにしたり、背もたれカバーにしたりすることができますから、普段邪魔にならずに、万が一の災害に備えることができます。万が一災害が起こった場合には、防災頭巾カバーをはずして、すぐに防災頭巾として頭にかぶって、安全に避難できるように気をつけながら避難をします。頭の上を保護してくれますから、ある程度の危険から守ることができますが、ヘルメットほどは効果はないので、注意が必要です。防災頭巾カバーの準備を義務付けている学校などもあり、入学と同時に購入しなければいけないこともあります。