防犯対策の方法|独学で失敗しないための注意点すべて

防犯グッズの中でも手軽にできる防犯対策として販売されているのが、防犯ステッカーです。防犯ステッカーは、ただ単に目立つ場所に張っておくだけで、泥棒をしようとしている人の侵入を抑えたり、万引きをおさえるなど色々と防犯の効果が高いのです。防犯ステッカーは色々なものが販売されていて、車用の防犯ステッカーもあれば、家用の防犯ステッカーもありますし、貼る場所に応じて防犯ステッカーを選ぶといいと思います。防犯ステッカーは、貼ってあることを分からせなければ意味がありませんので、目立つところに張るようにしましょう。



例えば、車に防犯ステッカーを貼る場合には、警備装置付きなどと書かれているセキュリティの防犯ステッカーが効果がありますね。車に例え、防犯装置が付いていなかったとしても、こうして書いてあるステッカーが貼ってあるだけでも、泥棒はちゅうちょするものですから、泥棒を威嚇することにもつながるのではないでしょうか。防犯対策のためにも、防犯ステッカーをこれから貼っておくと、とても手軽に防犯をすることができます。家でも、窓ガラスや玄関の扉の近くに、警備装置作動中と書かれたステッカーを張っていたり、セコムや綜合警備保障のステッカーが貼ってあるだけで、泥棒は、侵入をあきらめたり、躊躇すると思いますから、防犯の効果は、ステッカーを貼るだけでもかなり高いといえるのです。防犯ステッカーは、手軽に防犯グッズなどを取り扱う店舗で販売されています。

防犯パトロール

防犯対策
防犯パトロールを行っている地域などがありますが、防犯パトロールを行う目的というのは、やはり犯罪を防ぐことが目的です。防犯パトロールをしているだけで、特に防犯に対して何かアクションを起こしていなかったとしても、十分犯罪を減らすことはできるのです。防犯パトロールをしている時間帯は、地域によっては色々ですが、空き巣に入られやすい時間帯や、子供たちの下校時間に合わせるなどして、色々と防犯パトロールが行われています。

防犯パトロールを行っている人というのは、学校であったり、警察であったり、地域の自治体など色々ですが、街ぐるみで防犯パトロールを頻繁に行うということは、それだけ多くの目が、犯罪が起きないかどうかを見張っていることにもなりますから、それが犯罪をしにくくすることにも、つながっているのではないでしょうか。住人が、無関心で、隣や地域が何をやっているのか知らないような町では、犯罪が起きやすく、知らない間に空き巣に入られやすいとも言われていますが、その点、頻繁に、防犯パトロールをしている地域の場合には、あまり犯罪が起こらないといわれています。これは本当かどうかはわかりませんが、やはり、実際に犯罪が起こりにくくなっていることは確かだと思いますから、防犯パトロールをする意味というのはあるのではないでしょうか。防犯パトロールをするだけで、犯罪が防げるのであれば、やって損はないですし、地域ぐるみで行うことがお勧めです。

防犯メール

今はインターネットや携帯電話が普及していることにより、防犯メールが送られるようになりました。防犯メールというのは、安全対策に関するメールなのですがとても役に立ちます。都道府県や自治体、学校などが防犯メールシステムを開始しているケースが多いのですが、例えば、防犯メールとしては、どこかで窃盗事件が発生して、犯人が捕まっていないので注意するように促すための防犯メールが届いたり、事故が多発しているので、防犯メールで知らせたりなど、私たちが生活する上で、重要なことをメールにて配信してくれています。

防犯メールで学校などが送っているものとしては、不審者の情報や、子供の安全などに関することについても送っているというケースがあります。防犯メールは登録制になっていて、無料で送られてくるというケースが一般的ではありますが、メールを受信するときにかかる通信費は別途必要です。無料で登録をして防犯に関するメールをうけ取ることが出来れば、少し生活の中でも気をつけられたりして安全ではないでしょうか。防犯メールは携帯に送信してもらえるものもあれば、パソコンのメールアドレスに送信するタイプもありますが、携帯だとリアルタイムにすぐに情報を手にすることができるので便利です。防犯メールを受け取ることで、さらに犯罪につながらないようにする、犯罪を防ぐという意味で、とても役に立ちますから、お勧めではないでしょうか。防犯メール登録をしている人は多いのです。

防犯教室

防犯対策
防犯教室は様々な場所で実施されています。防犯意識を高めて、日々防犯について考えておくことで、未然に犯罪を防ぐことができます。防犯教室を開催することで、それぞれの防犯に対する意識が高まります。たとえば人が多く集まる場所では、防犯教室を定期的に開催して万が一に備えています。郵便局や、銀行、幼稚園や保育園などでも、防犯教室を開催して、それぞれ一人一人の防犯に対する意識を高めています。

どのような内容で行われているのかというと、色々なケースがありますが、不審者が入ってきて、それについてどれくらい覚えているのかということについて、あとからディスカッションします。犯人像について、一瞬の出来事の中で、どれくらい覚えているのか、それは意外と乏しい記憶です。年齢や大きさ、何を着ていたのか、どんな物を持っていたのか、それは意外とわからないものです。あらかじめ、それぞれが、何について覚えておくのか決めておけば、万が一不審者が来た場合でも、自分は服装にだけ意識を向けていればいいということであれば、犯人像を早く再現することができます。他にも防犯教室では、刺す股をどのように使うのか、護身術なども教えてもらえます。防犯教室は、警察が主体となって、各地無料で出張教室を開いていることが多く、小学校などで、子どもを対象にして行っているということもあります。防犯教室に参加することで、万が一犯罪に遭遇してしまったという場合でも、スムーズに対処できると思います。

子供の防犯

今はかなり物騒な世の中になっていますから、子どもの防犯に関しても、色々と気をつけていかなくてはいけません。子供の防犯の方法として重要になってくるのが、親子間のコミュニケーションです。親子のコミュニケーションがしっかりと取れていれば、万が一お子さんの身に何かあったという場合でも、お子さんが自分で考えて未然に防ぐことも可能です。しかし何も防犯に関してのコミュニケーションを、普段からとっていないという場合には、そうなった場合に、お子さんがどうすればいいのかわからないことが多く、その結果犯罪につながるということはよくあります。

防犯について可能ならば、子供の防犯についてお子さんと一緒に考えてみるといいでしょう。お子さんの防犯については、やはり常日頃からの親子での会話が決め手とも言われています。普段から、知らない人についていってはいけない、万が一何か怖い目にあったらどう対処するのか、その辺のところもよく理解しておくことが大切です。子供の防犯について、グッズなども色々と販売されています。防犯ブザーはもちろんですが、その他、携帯電話に防犯のためにGPS機能が付けられているものなども色々と販売されていますので、そちらを利用してみるといいでしょう。安全に子供が生活できるように、親である私たちが、犯罪を未然に防げるように努力していかなければいけないのです。防犯については起こってからでは遅いので、事前の対処がキーポイントになります。

防犯と玄関




防犯を考える場合には、玄関の防犯には力を入れたいところです。なぜなら、玄関からの侵入が、実は空き巣の侵入の5割以上を占めていると言われています。空き巣にあった人の統計をみてみると、5割以上の人が、玄関から侵入されているのです。空き巣に入られるだけでなく、もしかすると訪問販売員やセールスマンが入ってくることもあるかもしれません。玄関は一番防犯対策をしておくべき場所なのです。玄関でうっかり鍵を閉め忘れたとか、鍵を開けたまま、外で立ち話をしているということはよくある話です。そんな少しの隙を狙って、空き巣は入ってきますから、しっかり防犯対策をしなければいけません。

防犯対策として玄関でできることの一つ目としては、ドアの鍵以外に、補助錠も付けていることが安心です。例えば、空き巣が侵入しようとしている時に、二つ施錠してあれば、侵入までに時間がかかりますから、すぐに入ってくることはできません。簡単なシリンダー錠でもいいので、つけておいた方がいいでしょう。他にも、最近は数字を合わせるタイプのものや、磁気カードで施錠するようなものなども重宝しています。玄関の防犯を考えた時には、こじ開けられないようにするための、ガードプレートも取り付けておくと安心です。またセールスマンや悪徳訪問販売員への防犯対策としては、チェーンをつけて対応するというのがいいかもしれません。インターホンにカメラをつけて確認してからドアを開けることも、防犯対策につながります。

防犯カギ

防犯カギは、今話題になっている、空き巣の手口である、ピッキングやサムターン回しなどに対応することができる、かなり防犯効果があるカギのことをいいます。防犯カギを選ぶときには、CP-Cカギを選んだほうがいいでしょう。これは全国防犯協会連合会が認定しているカギで、シリンダータイプのカギになります。防犯効果がかなり高いカギと言われていますが、なぜカギが重要なのでしょうか。防犯効果が高いカギを取り付けるということで、侵入させないようにすることが可能になります。空き巣が簡単に鍵を開けてしまうと、すぐに侵入できますが、なかなか開かなければ、諦めて帰ってしまいます。ですから、カギを選ぶ場合には、防犯カギを取り付けるようにしましょう。

自分たちで、中に入れない防犯対策も必要です。そこでシリンダータイプのカギというのは、防犯性がかなり高いと言われています。取り付けるのはそれほど難しくなくて、10分ほどで取り付けられます。鍵違いの数は、何と1億5千万通りもあります。ピッキングが難しいとされていますし、耐久性にも優れているという特徴が、シリンダーカギにはあります。防犯効果を高めるためには、シリンダーカギを取り付けることをお勧めします。最近は、合鍵を作れない、キーコピーが不可能な防犯カギなどもあり、さらに防犯効果が高まっています。自分の家を守るためには、空き巣に侵入させないことが重要で、そのためにはカギから考えていく必要があります。

ベランダの防犯

防犯対策
ベランダは高さもあるので犯罪の侵入経路にはならないと思っている人も、中にはいるかもしれませんが、実際には、空き巣が入る侵入口としては、ベランダも狙われているのです。ベランダの防犯対策はしっかりと出来ているでしょうか。侵入者がベランダから入るのを防ぐことができる体制を整えておくのが防犯対策ということにつながります。防犯対策として何をすればいいのか、手軽にできるものとしては、センサーライトが一番手軽でしょう。ベランダにセンサーライトを設置して、電源を入れている時は、ひとが近づくとライトがついて、屋内においてある本体の警報器が鳴る仕組みになっています。電源をオフにした状態でも、ライトだけが付きますから、威嚇効果があります。

センサーライトはベランダの防犯対策としては手軽にできる一つではないでしょうか。他にもフラッシュブザーなども効果があります。こちらは、110デシベルと言われている、かなり大音量と、赤いフラッシュの光によって、侵入者を撃退させるという効果があります。ベランダに取り付けておくだけで、犯罪者の侵入を未然に防ぐことができるという効果が期待できるのです。マンションの1階のベランダの防犯対策は特に力を入れておかなければいけません。格子をつけるという方法や、ラティスなどを取り付けて高さを出して侵入できなくする、針金を巻きつけてベランダを触れないようにする、といった色々な方法がありますから、いろいろ試すといいでしょう。

網戸と防犯

網戸にして開けておきたいけど、防犯上心配だという人も多いと思います。しかし夏場などは、気温も高くなりますから、どうしても網戸にしたままにしている人は多いのではないでしょうか。網戸の防犯対策としては、面格子を取り付けるのが一番です。面格子を取り付けるのが経済的にも、一番手軽な網戸周りの、防犯対策になります。しかし面格子を取り付ければ絶対に安全であると思っている人も中にはいるかもしれません。しかし面格子をつけているだけでは、100%防犯対策をしているということにはなりません。空き巣の手口としては、バールを使ってこじ開ければ、簡単に格子は壊してしまえます。ですから、網戸周りの防犯対策として、面格子をつけようと思っている場合には、縦格子は避けましょう。別のタイプの格子をつけるようにするといいでしょう。

素材選びが重要ですが、アルミの縦格子が一番防犯対策としては意味がありません。アルミはとても柔らかいので、すぐに壊されてしまいます。空き巣の手口が手荒な場合には、すぐにこじ開けられてしまうので意味がありません。そこで侵入を防ぐためには、アルミ製の面格子を取り付けるという場合なら、ヒシクロス型と呼ばれるタイプを選ぶようにして、井桁型もお勧めです。この種類は、なかなかこじ開けられることがありませんので、面格子の取り付けとしては最適です。防犯を考えているのであれば、ステンレスで出来ているものなども防犯対策にはいいでしょう。

防犯アラーム

防犯対策
防犯アラームは、防犯のためのグッズとして人気がある物の一つです。防犯アラームと言っても色々な種類があります。たとえばドア用の防犯アラームもあれば、窓用の防犯アラームもありますし、車用の防犯アラームもあります。窓用やドア用の防犯アラームの場合には、ドアや窓が開閉すると、その開閉によって、検知してアラームが鳴るような種類の物があります。ドアや窓に取り付けておくだけで、万が一ドアや窓が開いた場合には、すぐにアラームが鳴って知らせてくれますから、不審者の侵入にも安心です。

他にも、振動によって検知するという、防犯アラームもあります。ドア窓に取り付けておいて、揺れて振動が伝わった場合に、防犯アラームが作動することになっています。最近はこの開閉した場合に知らせる防犯アラームと、振動があったときに知らせる防犯アラームのどちらも兼ね備えているタイプの、開閉しても振動によっても、防犯アラームが鳴るというタイプの物も販売されています。窓やドアに取り付けておくだけで、音と振動があれば不審者についてすぐに知らせてくれますので安心です。家用だけでなく、車用なども販売されており、車用の場合には、ドアや窓が開けられなくても、ドアに何かが触れるだけで、防犯アラームが作動して、とても大きな音で威嚇するというようなタイプの物があります。この手のものは解除キーを押さないと止まらないという仕組みになっていますから、ガレージに置いてある車に取り付けて、防犯に役立てることができます。

防犯シール

防犯シールは色々と販売されていますが、はっきり言ってしまうと、ただのシールです。しかし防犯シールが貼られてあるだけで、犯罪件数はぐんと減らすことができます。たとえばあなたが、空き巣だったとして、車上荒らしをしようと狙っている車に、「防犯ブザー装置付き」と書かれているシールが貼られていたら、どうしますか?隣にはシールが貼られていない車があったとしたら、迷わず、シールが貼られていない方を選びませんか?そうなんですね。防犯シールを貼っているというだけで、心理的にその車を狙うことはなくなるということなのです。

簡単に言ってしまえば、防犯シールを貼っているだけで、防犯効果がある、そんな手軽の防犯対策グッズなのです。防犯対策のために何か考えているという人の場合には、まずは防犯シールを貼るところから始めてみてもいいかもしれません。店舗用も販売されていますし、倉庫用、事務所用、車、バイク用といったように、色々な種類の防犯シールがありますから、どれを選ぶか、自分で考えてみるといいでしょう。防犯シールは防犯ステッカーとして販売されていることもあります。中には、4カ国語に対応しているタイプのステッカーなどもあります。自分が防犯対策をしたいと思っている場所に対して、防犯シールを手軽に貼るだけで、狙われなくなる、犯罪を未然に防ぐことが出来るというのは、とてもメリットが高いですね。手軽にできる方法として、始めてみてはいかかでしょうか。