防犯のために必ず得るべき情報と効率的な対策のまとめ

防犯対策は何かやっていますか?防犯対策といえば、家の防犯対策をすることが大切ですが、家で防犯対策を何かやっているでしょうか?防犯対策を何もしていないという場合には空き巣や泥棒に狙われやすいですから、十分に注意しなければいけません。防犯対策にはまず何をすればいいのでしょうか。泥棒が狙う場合には、実際に泥棒に入る前に、下見をしてから実際に入っているといわれています。下見しているときのポイントとしては、入りやすくて、人目につきにくいなど色々とあると思いますが、防犯対策がしっかりとできている家には入りにくいものです。防犯対策というのはやはりしっかりと行わなければいけません。



自分の家を振り返って、人目に付きにくくて、人どおりが少なくありませんか?入りやすい家で、逃げやすい家ではありませんか?留守にしがちではありませんか?このような家の場合には防犯対策を強化しておかなければ泥棒に入られてしまいますから注意が必要です。防犯対策としてまず一つ目は、カギを確認しましょう。泥棒はピッキングで狙ってきますが、ピッキングされやすい鍵というのは、一番普及されているディスクシリンダーキーと呼ばれている鍵です。この鍵は、とてもシンプルな構造なので、狙われやすいうえに開けやすいのです。カギの防犯対策以外にも、窓の防犯対策なども考えましょう。窓から入るケースもありますから、窓のカギや強化ガラスにして割られても入れないようにするなどの防犯対策が必要です。

防犯グッズ

防犯対策
防犯グッズといっても色々な種類のものが販売されていますが、少しは備えて置いた方がいいでしょう。防犯グッズといっても、外に持っていくもの、家の中で使うもの、家の外で使うものなど、色々とあります。防犯グッズを選ぶ際には、自分に合うものを選びましょう。防犯グッズは自分の身の危険を守るためのグッズです。防犯グッズの選び方としては、用途や目的に合わせて選ぶのがいいでしょう。家の防犯グッズの選び方もそれぞれあると思いますしバイクや自転車、車の防犯グッズの選び方もそれぞれあると思います。また家の防犯グッズの選び方としては、家のどこを守るのか、家のどこに何の目的で取り付ける防犯グッズなのか、そのことについてよく考えた上で、防犯グッズを選ぶようにしましょう。
防犯グッズの選び方については、ショップなどでも教えてくれることもありますし、今はインターネットのサイトなどでも、それぞれの防犯グッズの選び方について、紹介してくれていますから、参考にしながら選ぶのがいいですね。

最近は物騒な世の中ですから、子供の防犯グッズなどを持たせている親も増えています。子どもの安全を守るためにも、お子様に、防犯ブザーを持たせるなど、防犯グッズを選んで、防犯対策を行うようにしましょう。実際に防犯グッズを選ぶ際には、目的、そして用途、使用目的が自分に合っているかどうかなどをよく判断した上で、選びましょう。意味のない防犯グッズを選んでもとりつける意味がないと思います。

防犯設備

防犯設備というのは色々とありますが、具体的には、家の防犯設備もあればマンションの防犯設備もありますし、建物の防犯設備、店舗の防犯設備など色々な防犯設備があります。防犯設備に対して診断するプロのことを、防犯設備士と呼んでいます。防犯設備士にみてもらうことで、自分の家やこれから購入しようと思っている家などの簿反設備がどうなっているのかということを知ることができます。なかなか素人の目で見ていても、自分の家は防犯対策がしっかりとできていると思っているかもしれませんが、実際のところは、防犯対策がしっかりとできていないというケースは多いのです。

防犯設備が整っているかどうか、防犯設備士に見てもらうことで、どこがいけないのか、これからどうすべきなのかなども知ることができていいのではないでしょうか。防犯設備士に診断してもらった後は、自分の家やマンション、店舗の防犯による弱点を知ることができますから、その上で、防犯のために何をしていけばいいのか考えると、防犯性がアップします。このままでは、空き巣や泥棒に入られてしまう可能性が高かった場所でも、防犯設備をしっかりと整えることで、より防犯対策の効果がアップします。もしも自分の家が不安だという人の場合には、防犯設備士の人に見てもらって、防犯診断を受けてみるといいかもしれませんね。中には、防犯グッズを無理やり売りつけるような会社もありますので、信頼できる所で、診断してもらうようにしましょう。

防犯ガラス

防犯対策
防犯ガラスというのは、防犯を目的にしているガラスです。普通のガラスの場合には、空き巣や泥棒がガラスを割った場合には、ガラスが割れてしまいます。ですから、ガラスが割れてしまって侵入されやすい状態になりますが、防犯ガラスはそうではありません。防犯ガラスは、外側から力が入って割られても、無数のヒビが入るだけで、貫通しませんから、中に入ることができません。

防犯ガラスの仕組みとしては、ガラスの間に、入っている素材です。割れないように作られているガラスですから、割られても、ヒビが入るだけなのです。防犯ガラスの中には、防犯ペアガラスもありますが、防犯ペアガラスというのは、室内の外側から、普通のガラス、そして乾燥空気の層、そして防犯ガラスといった順番に作られていますから、ちょっとやそっとでは割られることがありません。防犯性がかなり高いガラスということになります。部屋の中にも防犯ガラスが使われていることは、防犯対策という面以外にも、室内でお子さんが間違って積み木などをぶつけてしまっても、ガラスが割れないという特徴があるので安全性の面でも、お勧めできるのです。防犯ガラスと言っても色々な商品がありますから、防犯ガラスの強度を見て、自分の家の防犯対策として役立てるといいでしょう。やはりガラスが割れないことで、空き巣や泥棒も、諦めて、侵入することをあきらめるケースが多いので、ガラスを強化しておくことは、とても大切なことで、防犯効果が高いのです。

窓の防犯対策

窓の防犯対策についてですが、色々な防犯対策ができます。例えば、防犯フィルムを取り付けるという方法が一つにあります。防犯フィルムを取り付けるだけで、空き巣や泥棒がガラスを割るのに時間がかかるようになりますから、かなり防犯効果が高いといえます。そして他にも補助錠も防犯対策の窓に対しては効果的です。窓の防犯対策に効果的な補助用は、ホームセンターやその辺のスーパーなどでも取り扱っているケースもありますから、比較的すぐにでも取り付け可能です。窓を施錠する際に補助錠を取り付けておけば防犯効果が高いですから、お勧めです。他にも窓の防犯対策としては防犯ガラスがあります。防犯ガラスは、2枚のガラスで、強力に作られていますから、なかなか破られることがないので、かなり防犯対策としては効果が高いといわれています。

本格的な窓の防犯対策としては、窓用のセンサーなども効果的ですし、窓用のシャッター、スティックセンサーとして、侵入者がセンサーを外すと音が鳴る仕組みになっているものなどもあります。侵入者を防ぐなら、面格子も効果的です。マンションの1階や、住居の1階など、防犯効果が手薄になっているというところには、あらかじめ防犯対策として、窓用の防犯グッズを購入して設置することがより効果的です。窓からの侵入がスムーズにできないだけで、泥棒や空き巣は、入るのをあきらめるケースが多いですから、窓の防犯対策をしておくことは、空き巣対策や泥棒の侵入対策にもつながります。

防犯カメラ




防犯カメラと言っても色々な種類があります。防犯カメラを選ぶ際には、どれを選べばいいのか迷う人が多いでしょう。まず形としては、箱型の防犯カメラもあれば、カプセル型の防犯カメラもありますし、ハウジング一体型の防犯カメラもあります。そしてもっとカメラの種類を見てみると、カラーで映像を出すカラーカメラもありますし、白黒のカメラ、暗視カメラやデイナイトカメラもあります。カラーカメラは、夜や明かりがないところでは映すことができませんし、白黒のカメラもカラーカメラ同様です。そして暗視カメラについては、白黒の映像として映り、明かりがなくても、暗い場所でも、映像を映すことが可能です。デイナイトカメラは、明るい時はカラーの映像で、暗くなれば、暗視カメラとして使えるので重宝します。防犯カメラを選ぶ際には、きちんと場所に合わせて、目的に合わせて選ぶ必要があります。

チェックポイントとしては、イメージセンサーと、視野角、そして最低照度を確認し選ぶことが肝心です。イメージセンサーは防犯カメラの言ってみれば目に当たる部分ですから、しっかりと選ぶ必要がありますし、視野角は、とりつける場所によって、範囲がどれくらい映し出されるか決まるのです。防犯カメラ選びは、とりつける場所や、何の目的で、取り付けるのかということについても、違ってきますから、それぞれよく考えて選びましょう。防犯カメラはダミーなども販売されており、取り付けておくだけでも防犯効果は高いのです。

防犯センサー

防犯グッズの一つとして、防犯センサーがあります。防犯センサーは、侵入者を察知して、アラームが鳴るような仕組みになっている防犯センサーアラームや、防犯センサーライトなどがあります。防犯センサーライトの場合には、一が通ったり、範囲に何か近づくと、ライトが点灯するという仕組みになっています。玄関や車庫などに防犯センサーライトをつけている人が多いですね。

防犯センサーアラームは、家に取り付けている人もいれば、車に取り付けるケースもあります。高級車などの場合には、盗難防止のために、防犯センサーアラームが最初から取り付けられているというケースもあります。防犯センサーが付いていることで、かなりの防犯機能は果たされていると思います。音で知らせる防犯センサーアラームの場合には、やはり大きな音で知らせますから、侵入者などもその音にびっくりして犯行をせずに逃げるので予防効果があります。他にも防犯センサーライトでも十分に効果はあります。防犯センサーライトで明かりをつけるだけでも、人目についてしまいますから、泥棒が入りにくくなるのです。防犯センサーは、手軽に防犯グッズなどが販売されている店舗で売られていますから、購入するといいでしょう。本格的な防犯センサーに見えるダミーなども最近は販売されているので、防犯対策の一つとして購入して取り付けることが大切です。つけておくだけでもとても効果の高い防犯対策になりますからお勧めです。

防犯フィルム

防犯対策
防犯フィルムというのはとても防犯機能に優れているフィルムです。防犯フィルムの特徴は色々とありますが、例えば、空き巣に効果的です。普通の窓の場合には、簡単に割れてしまいますから、すぐに侵入されてしまいます。しかし防犯フィルムにしておくことで、叩かれても壊されてもなかなか割れませんから、侵入されにくく、親友するまでの時間もかかるので、空き巣があきらめる可能性が高いのです。

他にも防犯フィルムの効果としては、防災効果もあります。地震が起きたり火災が起きた場合に窓ガラスが割れてガラスが飛び散ってけがをする可能性がありますが、防犯フィルムの場合には、その恐れがありませんので安心です。他にも防犯フィルムの効果としては、衝突事故を防ぐ役割もあります。もしも家の中でお子さんが誤ってガラスにぶつかったり転倒しても、ガラスが割れて大けがになることがないでしょう。最近の防犯フィルムの中には紫外線カット機能が付いているものもありますから、紫外線カットの効果もあります。防犯対策以外にも色々と効果がありますから、防犯フィルムを設置しておくことはメリットは多いでしょう。防犯フィルムを設置するのかガラスにするのか、迷う人もいますが、防犯ガラスは内側から割って出なければいけない場合には、それが不可能ですが、防犯フィルムなら、貼ったところは普通に割れますから、緊急の時には割って出れるというメリットがあります。防犯フィルムも防犯ガラスも防犯効果が高いです。

防犯ブザー

防犯ブザーは小学生が持つことが義務付けられている都道府県も多いです。入学した際に、防犯ブザーを支給される学校も増えています。防犯ブザーを持つことの目的というのは、防犯ですが、不審者が現れた際に、防犯ブザーを鳴らすことで、威嚇して相手が逃げることを目的としています。しかし防犯ブザーの使い方を間違えていたり、防犯ブザーのつけておく場所を間違えると、いざというときにうまく使いこなせませんから、防犯ブザーを取り付ける場所や、いざという時にどのような使い方をすればいいのか、そういったことについては、使う人によく理解してもらっておいた方がいいでしょう。

防犯ブザーと言っても色々なものがありますが、手で押すタイプよりも、今は引っ張るタイプが主流です。紐を引っ張ることでスイッチが入り、紐を元の状態に戻さなくては、大音量でサイレンが鳴る仕組みです。最近は子供用の携帯電話を持っている人も多いですが、子供用の携帯電話にも、防犯ブザーが付いていることが多く、子供用の携帯電話の防犯ブザーは、親でなければ解除できないなどの特徴もありますから、携帯電話と一体化しているものがあることも覚えておくといいですね。防犯ブザーはお守りのように持っていても、大事にしまい込んでいても意味がありません。防犯ブザーはしっかりといざというときに、使えるように普段から、すぐ手の届くところにつけておくなどの配慮も必要です。お子さんの防犯ブザーの電池が切れていないかどうかも確認しておきましょう。

車の防犯対策

防犯対策
車の防犯対策についてですが、今も16台に1台の割合で、車両の盗難というのはあります。高級車だけが対象になっているのではなくて、今ではどんな車でも車両盗難はあり得ます。被害にあいやすい車というのはあり、最近一番狙われているといわれているのはミニバンタイプの車です。今は車両盗難の全体の25パーセントもあるといわれています。次にRV車が狙われていてるとのことで、高級車だけが狙われているというわけではないのが実情です。

高級車などは、車の防犯対策として、イモビライザーが付いているケースがあります。イモビライザーというのは、電子キー照合システムです。不正なキーの場合には、エンジンがかからない仕組みになっているので、これで車の盗難を防ぐ防犯効果があります。イモビライザーが搭載されている車は防犯対策としては優れているのですが、何も防犯対策をしていないような車などの場合には、車両盗難にあうケースがありますので十分に注意しましょう。車の防犯対策としては、停めている車に対しての防犯対策もありますが、最近は、車をぶつけて、そして車から運転者が出てきたら、そのスキを見て、車上荒らしをするケースもありますから、車から降りる場合には、必ず防犯対策として、鍵をかけておりましょう。他にもタイヤに異物をつけて、様子をうかがい運転者が車を動かしたら変な音がするとのことで、車から降りてきて、その間に車上荒らしをするケースもあるので、防犯対策は十分に注意しましょう。

自転車の防犯

自転車の防犯対策を行っていますか?自転車というのはその辺に止めていても、家の中に停めていても、盗難にあうことがよくあります。自転車が盗難される目的は、自転車を手に入れたいというよりも、どちらかといえば、少しその辺までのっていきたいということが理由で、自転車の盗難があるといわれていますかから、軽いでき心からの盗難がとても多いといわれています。通学や通勤で自転車を愛用している人は、軽い気持ちで自転車の盗難にあわないようにするためにも、しっかりと防犯対策をしておく必要があります。自転車を停める場合には、たくさん鍵をつけておくと安心です。自転車そのものに付けられている鍵だけでなく、他にも市販されているワイヤー錠なども一緒につけておくと防犯性は高いでしょう。

また自転車を停める際にフェンスにくくっておくのも安心ですね。家の敷地の中に停めておくという場合でも、鍵を必ず停めるようにすることや、買い物をする間でも、必ず鍵をしておくことが防犯対策として言えます。また自転車の所有者が、駐輪する場所が悪いことで盗難にあうケースもあります。盗難にあいやすいような場所に停めておかないようにしましょう。きちんと自転車駐輪場に停めることや、また自転車を預ける場所などを利用するということも、自転車の防犯対策になります。盗まれやすい自転車というのもあり、鍵が付いていなかったり、鍵が一つしかない場合は、盗難のターゲットになりやすいので注意しましょう。