プロが教える安心して生活習慣病対策に臨むための治療のすべて

生活習慣病対策としては今国をあげて色々と対策が行われています。厚生労働省が導入している、生活習慣病対策というものもあります。その中身は、食生活習慣の見直し、そして運動習慣の見直し、休養について、喫煙と飲酒についてです。昭和の後半ごろから、生活習慣病は急激に増えつつあるといわれていますが、それまでは、生活習慣病という名前で呼ばれていませんでした。脳卒中、がん、心臓病を三大成人病と呼んでいたのですが、それが成人病とは言われないようになり、生活習慣病といわれるようになりました。その背景は、成人病は生活習慣が関わっていることがわかったからです。生活習慣を見直すことで、生活習慣病を防ごうという働きが、生活習慣病対策です。生活習慣病対策は今日やって明日効果が出るというようなものではありません。



生活習慣病というのは、早期発見をすることがなかなか難しく、自覚症状は症状が悪化するまで気がつかないというケースが多いので、突然起きてしまう人が多いという特徴があります。そして生活習慣病はすでに発症している時点では、完治することは難しいともいわれているので厄介です。完治できなくなる前に、毎日の生活の中で生活習慣病対策を出来ることから始めることが大切です。まずは食生活の見直し、そして規則正しい生活を送ることなどを元に見直していってみてはいかがでしょうか。手軽に始められることから続けていく、それが生活習慣病対策になります。

生活習慣病はサイレントキラー

生活習慣病
生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれています。なぜサイレントキラーと呼ばれているのか、それは自覚症状をほとんど感じることなく突然発症する病気だからです。沈黙の殺人者、サイレントキラーと呼ばれている生活習慣病ですが、目立った自覚症状も泣いために気がつかない人が多いために、不摂生が蓄積されてそして気がつけば、生活習慣病を発症しているという人も多いのです。生活習慣病を発症するという時点ですでに症状は悪化していると考えられて、すでに手遅れになっていることの方が多いといわれています。脳卒中や心臓病、高血圧などは自覚症状がほとんどなく、突然症状が起きた時にはもう手遅れで場合によっては死にいたることもあります。このようなことから、生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれているのです。

サイレントキラーである生活習慣病を未然に防ぐためには、早期発見が必要です。そして、生活習慣病の原因である要因を発見して改善していくことが必要です。生活習慣病は生活習慣が原因で、食べすぎや運動不足、喫煙やアルコール、ストレスなどが引き起こしますので、気がつかなくて、何十年とそんなことを続けていれば、生活習慣病がサイレントキラーとなって忍び寄ることになります。発症してからでは遅いですから、心当たりのあるという人は、早めに生活習慣病を予防する努力を常に考えなければいけません。そのためには生活習慣の見直しや改善が一番に必要になってきます。

生活習慣病の患者数

生活習慣病の患者数は年々増えているといわれています。その中でも生活習慣病の種類によって患者数は違っています。生活習慣病で一番患者数が多いとされているのが高血圧性疾患です。そして次に患者数が多いとされているのが糖尿病、心疾患、脳血管疾患、悪性新生物の順番に、生活習慣病の患者数は増えています。生活習慣病の高血圧性疾患の患者数は718万6千人といいますから、これはかなり多い患者数であることがわかります。

次いで患者数の多い糖尿病で211万5000人、そして心疾患が184万5千人、脳血管疾患が、147万4千人、悪性新生物が、127万人といわれています。生活習慣病でそれぞれ医療機関にかかっているという患者数の総合計は全国に1400万人以上いるとされています。日本ではほかの海外の国に比べると長寿国であると同時に、生活習慣病大国であるということも最近の傾向では強くなっています。患者数がここ数年で大きく増えたことの原因としては、生活習慣病の原因を見てみるとよくわかります。まず運動不足については、マイカーの普及により運動をする機会が減りました。そして食生活については、和食で野菜中心だった日本食ではなく、高カロリーで、肉食中心の食事である欧米化した食生活が原因です。そして仕事に忙しくストレスもたまりやすい環境の中で生活をしているということも生活習慣病の患者数が増えたことの原因ではないでしょうか。これからも患者数はまだまだ増えると予想されています。

生活習慣病とがん

生活習慣病
生活習慣病と聞くと最近はメタボリックシンドロームなどが一般的に知られていますが、がんも生活習慣病の一つであることを知っていたでしょうか?がんになる原因というのは、喫煙や、食生活、運動不足にアルコールなどが多いといわれています。がんの原因のほとんどが生活習慣が原因で発症しているということになります。生活習慣病であるがんを予防するためにはどうすればいいのでしょうか。その方法としては、まず一つ目としてバランスのいい食事を心がけましょう。そして毎日同じものばかりを食べて偏食するのではなくて、変化のある食生活をつけることも大切です。常に腹8分目にしておき、高カロリーで脂肪が高めの食事を控えましょう。

アルコールや喫煙はほどほどにして、できれば喫煙はやめましょう。食生活の中からビタミン、食物繊維を豊富に摂取することが大切です。味付けは、塩分を少なくして薄味にすることも大切です。そして最近は運動不足になる人も多いですが、適度に運動をして、運動不足を解消するということ、それも生活習慣病のがんの予防になるのではないでしょうか。生活習慣病のがんを予防するためにも、生活習慣を見直し、規則正しい生活を送り、そして食生活を改善させれば、がんになる確率を減らすことができます。意外とがんは生活習慣病ではないという認識をしている人が多いですが、がんも、列記とした生活習慣病ですので、十分に注意して、予防できることなら未然に防ぎましょう。

生活習慣病の心臓病

生活習慣病の心臓病は、色々な種類があるのですが、動脈硬化が原因になって心臓病が引き起こされることもあります。これは生活習慣病の一つで、狭心症、心筋梗塞といった病気も、生活習慣病の中の心臓病に含まれます。そして脈ば乱れる心臓病もあります。たとえば不整脈などがそれにあたります。生活習慣病の中でも心臓病は得に怖いといわれています。なぜなら心臓が止まってしまったら血液がいきとどかなくなり、死にいたります。誰もいない場所で一人で倒れてしまった場合には、死にいたる確率は高くなりますし、死に至らなかったという場合でも、重度の障害を負うことにもつながるのです。

生活習慣病の心臓病を予防するための方法としては、血圧と血液中に脂質のバランスを正常に保つことが一番大切です。そのためには食生活で血圧を抑えるためにも薄味で、塩分の取りすぎには注意して、甘いものや炭水化物なども取りすぎないことが大切です。そしてたばこを吸っているという人も、生活習慣病の心臓病を引き起こす要因の一つになりますので、この点も十分に注意しておく必要があります。ストレスを感じない生活、適度なストレス発散、そして適度な運動をすることも、心臓病を予防することにつながります。生活習慣病の心臓病三大生活習慣病にも含まれているほど、患者数が多いといわれていますから、毎日の生活の中で、気を付けられる点には十分に気をつけて、心臓病にならないようにケアすることが必要です。

生活習慣病の改善




生活習慣病というのは自分で十分に改善できますので、改善項目をこれから紹介していきますので自分で日々の生活の中で改善できることがないか考えてみましょう。まずは食事をおなかいっぱい食べていた人は、食事の量を減らす努力をしましょう。常に腹八分目程度にしておくことが大切です。そして時間をかけてゆっくりと食事をするようにして、よくかむことが大切です。普段あまり運動をしていないという人の場合には、運動を少しでも行う努力をしましょう。わざわざ運動をする時間を確保するのではなくて、たとえば一駅前の駅で降りて歩いてみるなども効果的です。生活習慣病を改善させる方法として、ダイエットをする人がいますが、無理なダイエットは体に負担をかけますので注意しましょう。一日に三食栄養バランスのいい食事を食べることでも十分に、生活習慣病を改善させることはできます。

そしてストレスをためないように、自分で解消していける努力をすることも必要ですし、食生活面では塩分を控えて、できるだけ薄味にすることも生活習慣病の改善につながります。煙草を吸っている人というのは、禁煙するように努力します。そして糖尿病の可能性のある人は、甘いものを出来るだけ控えて、血圧のチェックも毎日行うようにしましょう。
このように、色々と生活習慣病を改善するための方法はありますので、検診なども受けながら、早めに生活習慣病を改善させる努力を行うことが大切です。

生活習慣病の予防

生活習慣病の予防法は色々とあります。どんな病気に対しても言えることで、生活習慣病に限ったことではありませんが、生活習慣をきちんと正しく整えることが、生活習慣病の予防になりますし、すでにかかってしまっている人は改善になります。生活習慣病に限らず、色々な病気などを引き起こす原因も生活の乱れなどが原因で起きているといわれていますので十分に注意しましょう。生活習慣病を予防するために日々気をつけなければいけないことをここで紹介します。まず一つ目としては、栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。栄養バランスが偏り偏食が続き、高カロリーな欧米化した食生活をしていると、生活習慣病にかかりやすくなります。昔ながらの和食を食べること、それが生活習慣病の予防につながります。

そして十分に睡眠をとることは生活習慣病の予防にもつながります。規則正しく早寝早起きが生活習慣の基本です。睡眠時間をたっぷりととるようにしましょう。そして最近は運動不足の人が多いですが、健康を維持するためには適度な運動も必要ですから、適度に毎日運動をすることも、生活習慣病の予防につながります。そしてストレスを抱えながら生活をしていると、生活習慣病の悪循環が引き起こされてしまいますので、自分のストレスと上手に付き合う方法を身につけましょう。そのためには、ストレスをためないこと、ストレスを発散させることが大切になってきます。生活習慣病の予防はこうした日常生活の些細なことに気をつけるだけでも違ってきます。

生活習慣病と成人病

生活習慣病
生活習慣病は今話題になっているので、聞いたことがある人も多いですが、数年前までは、成人病という呼ばれ方をしていました。食生活やアルコール、たばこなど、生活習慣にかかわる病気を総称したものが生活習慣病です。糖尿病やがん、高血圧などが生活習慣病の中に含まれます。成人病といわれていた時代もありましたが、なぜ生活習慣病と呼ばれるようになったのか、その理由は、成人病の原因の多くが生活習慣が原因で起きているものばかりだったからです。生活習慣病という呼ばれ方をするようになって、まだそれほど、期間は長くないのですが、メタボリックシンドロームなどをはじめとして生活習慣病は知られるようになりました。

昔は三大成人病と呼ばれていましたが、現在は三大生活習慣病と呼ばれている病気として、がん、脳卒中、心臓病があります。生活習慣病の中でも特にこの三つが原因で死亡する人の確率がとても高いといわれています。生活習慣病も成人病も根本的には同じです。ただ呼び名をかえて、より生活習慣が原因で発症する病気であるということをわかりやすくした名前が、生活習慣病なのです。今生活習慣病は弱年齢化しつつあるといわれていて、子供の中にも生活習慣病予備軍を持っている人が多いといわれていますから、早めに生活習慣の見直し、改善を行わなければ、手遅れになる可能性もありますので、十分に注意することが大切なことです。日々の生活習慣の見直しが予防につながります。

生活習慣病の高血圧

生活習慣病の高血圧にかかっている人は、生活習慣病の患者数の中でも一番多いといわれています。血圧は血管に与えている血液の圧力を言いますが、血圧は心臓が収縮し、動脈に送り出されるときが最大血圧、心臓が拡張して血液が心臓にいっぱいになることを最少血圧と呼んでいます。血圧は、年齢によっても違っていますし、季節的なことでも違います。また1日を通しても、運動や食事、精神状態によっても違ってくるという特徴があります。高血圧というのは常に血圧が高い状態のことを言いますが、実は自覚症状がほとんどないことが特徴です。

生活習慣病の高血圧をそのまま放っておくと、どうなるの化というと、動脈硬化になってしまったり、脳卒中、心臓病や腎臓病など、さまざまな病気を引き起こす要因になるといわれています。もしも高血圧だといわれたら、すぐにでも生活習慣を改善させなければいけません。生活習慣病の高血圧を予防するためには、まず肥満である人は肥満を解消することが一つの方法です。そして適度な運動も、血圧を下げることにつながります。高血圧と診断された人はこのように食生活にも気をつけながら、適度な運動を取り入れて治療していくことが改善につながります。悪化してしまった場合には薬を服用しなければいけないような状態になりますので、それ以前に早めに生活習慣病に気がついて、症状が出る前に予防することが一番大切なことになるのではないでしょうか。

生活習慣病と喫煙

生活習慣病
生活習慣病の原因の一つに、喫煙があります。煙草にはいろいろな有害な物質が含まれていることは知っている人も多いと思います。タールやベンツピレンが、肺がんを引き起こすといわれていますし、ニコチン、一酸化炭素は、心臓病を引き起こしたり、脳血管障害などを引き起こす可能性もあります。煙草を吸った場合には、誰でもニコチンが体内に入り、それが血管を収縮しますので、血圧が上がるようになります。血圧が上がれば、心拍数も高くなり、それは心臓に負担をかけていることにつながります。一酸化炭素は中性脂肪、悪玉コレステロールを体内に増やしてしまう働きもありますし、善玉を減らす働きもあります。また脳卒中などの原因となる血栓を増やすことにもつながりますので本当に注意しなければいけません。

生活習慣病でタバコがかかわる病気は肺がんだけだと思っている人もいますが、実際には、高血圧や、心筋梗塞、脳卒中、潰瘍など、実にいろいろな病気を引き起こす要因になってしまいます。生活習慣病の大敵といっても過言ではない、たばこを吸っているという人は、少しでも早くたばこを吸うということをやめることが大切です。生活習慣病は自覚症状がほとんどありませんから、発症したときには、すでに手遅れになっていることの方が多いです。ですから、たばこを一日も早く禁煙して、生活習慣病が起きるのを防ぐこと、それが一番の改善策になります。たばこを吸うことで、何のメリットもありません。

生活習慣病の動脈硬化

生活習慣病の一つに、動脈硬化という種類があります。生活習慣病の動脈硬化は、血管の内側に、コレステロールをはじめとする脂肪が固まってしまって、血管が固くなりもろくなる状態の症状です。生活習慣病の動脈硬化が発症してしまうと、動脈の壁の弾力は弱くなり、血管の内側は細くなります。そうなると血液の流れはどんどん悪くなりますし、血圧が高くなりますから、血管の壁がよりもろくなってしまいます。

そうなってしまったあとに、組織、臓器といった部分に、適切な血液を運ぶことが出来なくなり、重い病気を引き起こすことになるのです。たとえば生活習慣病の動脈硬化が引き起こす病気としては、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などがあります。生活習慣病の動脈硬化を防ぐためには、どうすればいいのかというと、まずは植生あkつに注意する必要があります。食生活では動物性脂肪を出来るだけ控えて、野菜中心に取ることに気をつけましょう。肉には飽和脂肪酸やコレステロールが増える要因になりますので、動脈硬化になりやすいのです。コレステロールをたくさん含んでいる食べ物を控えて、食物繊維を豊富に摂取することで、コレステロールを体の外に排出させることができます。そしてあまり糖分を取りすぎないこと、また塩分の取りすぎにも注意することが、生活習慣病の動脈硬化を改善させることにつながります。そしてたばこを吸うのをやめて、適度な運動を行うことも動脈硬化を防ぐことになります。