生活習慣病対策完全ガイド|プロが教える独学で成功のための治療方法

生活習慣病の定義といっても、あまりピンとこない人は多いと思いますが、生活習慣病の定義というのは、厚生労働省が発表しています。それによると、生活習慣病の定義というのは、食生活や運動習慣、休養や喫煙、飲酒などの生活習慣が、病気の発症や進行に関与している疾患のことという定義になっています。簡単にこの生活習慣病の定義を噛み砕いて説明すると、生活習慣病は食事やアルコールタバコや運動、睡眠といった生活習慣の不規則や不摂生などが原因で起きるとされているのです。



食生活習慣が原因となって肥満やメタボリックシンドロームになったり、そして、アルコールの摂取が原因で肝脂肪になってしまったり、アルコール依存症になるケースもあります。また運動不足が原因で、メタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧などにもかかります。休養が十分に取れていない場合には、ストレスがたまって精神的なバランスの崩れや過労死につながります。生活習慣病の定義というのはとても難しいと思いますが、簡単に言ってみれば、毎日の生活習慣の中で悪いことが蓄積されて、それが生活習慣病へとつながっているのです。生活習慣病の定義を知っておけば、何が原因で生活習慣病が起きているのかということがわかりますから、その原因を解消できるのではないでしょうか。生活習慣病の定義は厚生労働省が定義していますが、今国民も多く知っておく必要があることとして、病院などのポスターでも掲示しています。

生活習慣病の種類

生活習慣病
生活習慣病は今とても日本人に多いといわれていますが、1つの病気だけではありません。生活習慣病には種類が色々とあります。ここでは生活習慣病の種類について紹介したいと思います。生活習慣病というのは、生活習慣が乱れていることで起きる病気の総称です。ですから病気の名前ではなくて、数ある病気をまとめて生活習慣病と呼んでいるのです。生活習慣病というのは生活習慣が原因で起きているのですが、種類は色々とあります。まず糖尿病も生活習慣病の種類の一つです。血液の中の血糖値と呼ばれる数値が、上がって、尿に糖が下りるのが特徴です。カロリーの高い食生活や運動不足が原因で起きる種類の生活習慣病です。

そして高脂血症というのも生活習慣病の種類の一つで、こちらもコレステロールや中性脂肪の高い食事を続けていることで起きる病気です。高血圧も生活習慣病の種類の一つです。血圧が高くなる病気ですが、遺伝のケースもありますが、毎日の食生活などが原因で起きる生活習慣病でもあります。そして最近よく言われているのがメタボリックシンドローム。こちらは、脂肪が多い食事を多く摂取していることや、運動不足が原因の生活習慣病です。三大成人病と依然呼ばれていた、ガン、脳卒中、動脈硬化なども生活習慣病です。このように、生活習慣病の種類はとても数多く、それぞれ症状も違っていますし、原因になることなども違っていますから、生活習慣病の種類と原因を覚えておきましょう。

生活習慣病の原因

生活習慣病の原因は、突然起きることはありません。日々の生活習慣が原因といわれていて、日々の生活習慣の乱れが積み重なることで生活習慣病は起きるとされているのです。昔は成人病というような呼び方をしていたのですが、生活習慣病は色々な種類があり、その生活習慣病の種類によっても原因はそれぞれ違っています。生活習慣病は遺伝が原因であるということも中にはあるのですが、それだけでなく、毎日の食生活や運動、たばこや飲酒、ストレスなども原因につながるといわれています。生活習慣病の原因は、その病気の種類によっても違っていますが、共通して言えることは、生活習慣を改善して、規則正しく、健康的な生活習慣を送るようにすれば、その原因を解消することが出来て、発症前に防ぐことが出来るのです。

生活習慣病の原因になっている病気は1種類ではなく、色々な種類がありますから、どこからどこまでが生活習慣病なのかということについては、なかなか難しい点でもありますが、生活習慣病を未然に防ぐ、予防することに関しては、原因を突き止めることが大切です。生活習慣による不摂生が原因で起きるケースが多いですから、食生活を見直したり、運動足を解消したり、そして健康な体をキープするためにはどうすればいいのか、そのことなどを考えて、生活習慣病を予防していかないといけません。原因が分かっている場合には、早めに生活習慣を見直して、原因を改善させることが大切ではないでしょうか。

生活習慣病と食生活

生活習慣病
生活習慣病に大きく影響している原因の一つとして、食生活をあげることが出来ます。生活習慣病が今の日本にこれほどまでに増えた原因として、食生活は大きく影響を与えているといわれています。今の日本は食生活の面ではかなり欧米化しているといってもいいでしょう。昔の日本では考えられないくらいにカロリーの高い食事を食べる傾向にありますし、今まで食べていた質素でカロリーが低くて、栄養バランスの整っていた和食に比べると欧米化している食英勝は、体にとっては負担をかけているのです。カロリーの面から考えると動物性脂肪の摂取量がかなり増えているので、それが生活習慣病へとつながっているといわれています。

食生活の乱れが原因で、糖尿病になってしまったり、高血圧や、メタボリックシンドロームになってしまっている人はとても増えました。生活習慣病をこれ以上増やさないためには、日本人の食生活についてもっとしっかり見直していかなくてはいけないのではないでしょうか。生活習慣病を予防するためには、まずは自分の食生活の見直しから始めましょう。食生活を見直すだけで、特別なことをしなくても生活習慣病を予防することは十分に可能です。食生活といっても栄養バランスの見直しだけでなく食べる時間や、食べ方なども見直しましょう。急いで食べていたりすれば、それだけ消化不良になりますし満腹を感じませんから肥満につながります。夜遅くに食べることも肥満につながりますから、食生活は食べ方も問題です。

生活習慣病と栄養

生活習慣病を防ぐためには栄養バランスのいい食事を摂取することが大切です。今生活習慣病にかかっている人の多くが、栄養バランスの偏りが原因であるといわれていたり、栄養バランスが十分に摂取できていないことが原因で生活習慣病にかかっているということが多く挙げられます。生活習慣病を未然に防ぐ予防する、改善させたいと思っている人は、食生活の見直し、そして栄養バランスの見直しが大切です。具体的にはどのような栄養バランスの食事を心がければいいのかと思っている人も多いと思いますが、今の日本の食生活というのは、欧米化していて肉類を中心に食べない食生活になっています。昔の日本の場合には栄養バランスも整っている野菜中心の食生活をしていたところが多かったのですが、肉類中心のバランスの偏った食生活になっていることから、生活習慣病につながりやすいとされているのです。

では栄養バランスのことを考えて、どのような食事を摂取すればいいのでしょうか。まず日本の昔の食生活の基本であった、和食を中心とする食生活にしましょう。和食には野菜をたっぷり使いますから、1日で摂取しなければいけない栄養素もしっかりととることが出来ます。そしてそれだけでは補いきれない栄養は、サプリメントなども上手に使い分けて組み合わせて摂取することがいいと思います。生活習慣病の予防や改善のためにも、サプリメントに頼るのではなくて、サプリメントを上手に摂取するといいでしょう。

生活習慣病の予防




生活習慣病の予防というのは自分でも十分にできますから、できるだけ早い段階から、生活習慣病の予防をするようにしましょう。生活習慣病では、食生活と運動を改善するだけでも十分に予防の効果があります。生活習慣病に効果のある食材を食べたり、栄養バランスを考えて食べるなど、栄養と偏食について見直すことでも十分に生活習慣病の予防につながります。また食べるものに注意をするだけでなく、食べる時間や、食べ方などにも注意が必要です。あわてて食べれば満幅中枢がなかなか作動しませんから、いくらでも食べられてしまって太ってしまいます。生活習慣病のメタボリックシンドロームを改善させるためにも、食生活の栄養バランスとともに、しっかりと噛んで食べること、そして食べる時間を規則正しくすることなども大切です。

そして生活習慣病の予防にはもう一つ大切なこととして、運動が挙げられます。運動不足は万病の元ともいわれているのですが、適度な運動は健康を促進してくれますし、生活習慣病の予防にもつながりますので、適度に運動をすることが大切です。生活習慣病の運動として取り入れるのに効果があるといわれているのが有酸素運動です。有酸素運動は、1時間くらい歩いたり、水泳をしたりすることで、脂肪の燃焼効果がありますから、メタボリックの解消にもなりますし、生活習慣病の予防にもつながりますから、有酸素運動を続けてみるようにしましょう。生活習慣病の予防は自分で生活習慣を見直せば可能です。

生活習慣病対策

生活習慣病対策は何かやっていますか?個人でできる生活習慣病対策は色々とありますから、生活習慣病を予防したいと思っている人は、自分で対策法を考える必要があります。しかし個人で生活習慣病対策を考えるといってもなかなか難しいと思います。そこで参考にしたいのが厚生労働省が出している生活習慣病対策です。厚生労働省は、生活習慣病対策の一環として、健康促進をするために、生活習慣病が発症しないように未然に防ぐ一次予防に力を入れています。その中でも生活習慣病の脳卒中が起きるのは、たばこや高血圧、糖尿病などの生活習慣病と大きくかかわっているとしていて、そのために色々と対策を立てた方がいいとしています。

そして糖尿病も生活習慣病の一つですが、対策方法として食生活習慣と運動習慣を見直すことを重点に対策を立てています。生活習慣病の対策のためには、食生活がかなり大きな影響を与えますから、とにかく食生活をしっかりと見直す必要が大きな対策へとつながります。個人単位で一人一人が生活習慣病の対策について考えて、発症についてよく理解して、どうしていくのかを決めれば、これから生活習慣病を見直したいと思っている人にとってもつながっていきますし、予防につながります。生活習慣病の対策といって大げさに考えなくても、それほど大そうなことではありません。毎日の生活習慣を見直して、食生活の改善を基本にするだけでも十分に対策になるのです。

生活習慣病と運動

生活習慣病
生活習慣病は色々な症状がありますが、薬で治療を進めていくこともできるのですが、それだけでなく、やはり根本から、治していこうと思ったら、生活習慣病を薬ではなく、生活習慣の面から改善させることが必要です。生活習慣病を予防したり治療をするのに効果がある方法として運動があります。運動を毎日していなかった人からしてみれば、生活習慣病予防だからと言って、突然毎日1時間以上も運動をするというのはなかなか大変なことだと思います。初めから高いハードルで目標を決めてしまうと、長続きしませんから、慣れるまでは、生活習慣病予防の運動として、1日15分でもいいので、何か体を動かすことをしていきましょう。自分で1日15分でもいいので目標を立てて、慣れてくれば時間を延ばしていけば、さらに生活習慣病の予防につながります。

では具体的には、生活習慣病のために運動というのは何をしていけばいいのでしょうか。生活習慣病のための運動として効果があるといわれているのが有酸素運動です。激しい運動をするよりも、有酸素運動のような運動を長い時間継続して行う方が効果があるといわれています。たとえば水泳やウォーキングなどが徳に効果があると思いますから、1日30分くらいから始めてみましょう。有酸素運動ではない無酸素運動は、逆に血圧が上がる原因になりますから、長い時間行っては、体への負担になります。ですから、有酸素運動をするように心がけてみましょう。

生活習慣病と運動不足

生活習慣病の原因として言われているのが運動不足です。生活習慣病になる原因は色々とあり、食生活や生活習慣の乱れなどが指摘されていますが、それだけでなく、生活習慣病の原因として運動不足も大きくかかわっているといわれています。運動不足が増えた原因には、電車やバス、車など、便利なものが今の日本には増えていることも原因の一つとして挙げられますし、マイカー通勤をしている人なども増えたことも原因として挙げられます。運動不足がなぜ生活習慣病につながるのか、食生活でカロリーの高い食べ物ばかりを好んで食べている人は、適度に運動を組み合わせなければ、消費カロリーと摂取カロリーのバランスが摂取カロリーの方が増えてしまって、消費しきれずにすべて脂肪となって体についていきます。

体が肥満になれば、様々な生活習慣病につながるといわれています。例えば、高血圧や、糖尿病なども肥満が原因で起きやすいとされています。ですから、適度に運動不足を解消して、解消どころか、運動を積極的に毎日の生活の中に取り入れなければいけないのです。生活習慣病を予防したいと思っている人、改善したいと思っている人は、自分が毎日どれくらい運動しているのか振り返ってみてください。そして振り返ったときに、生活習慣病を予防するために運動不足を解消させることを考えましょう。電車通勤で駅までバスを利用している人は、自転車を利用してみるとか、バスをひとつ前の停留所で下りるなどするだけでも運動不足の解消になります。

生活習慣病予防健診

生活習慣病
生活習慣病予防健診は、生活習慣病を未然に発見して発症前に予防するために行われている健診です。今、色々な会社が企業でも、生活習慣病予防健診を取り入れているところが多く、従来の健康診断に加えて、生活習慣病予防健診を行っているところも増えているのが原因です。生活習慣病は、自分がかかっていることに気が付きにくく、病気が発症して症状が悪化してから始めてかかっていることに気がつくケースが多いのが特徴です。

そうなってしまうと治療に時間もかかりますし、場合によっても命にかかわることもあるといわれていますから、そのことを考えると、生活習慣病のための予防健診は受けておいた方が、早めに生活習慣病にかかっているかどうかを確認することが出来ますし、生活習慣病予防にもつながるのです。生活習慣病予防健診は、会社なども積極的に取り入れていますが、それだけでなく、最近は自治体なども定期的に行っているケースが多いですから、会社などに属していなかったり、会社などで実施されていないという人は、個人単位で生活習慣病予防健診を受けることをお勧めします。生活習慣病予防健診を受ければ、早めに生活習慣病を発見できますし、予備軍の段階で発見できれば、発症する前に未然に防ぐこともできるのです。早めに防げば、発症せずに済む病気ですから、自分の健康のことを考えて、生活習慣病予防健診は、これからも受けた方がいいでしょう。厚生労働省でも積極的に受けることを推奨しています。

生活習慣病の一次予防

生活習慣病の一次予防というのは、生活習慣病がまだ発症していない段階ではあるが、これから発症する可能性があるというような状態で、予防をするということを生活習慣病の一次予防といいます。生活習慣病にはいろいろな症状があり、生活習慣を見直すだけでも十分変わってくると思います。一次予防では、生活習慣を見直して、病気合掌しないように予防するということになります。

では生活習慣病の二次予防というのはどうすることなのかというと、実際に生活習慣病にかかってしまった時に、その病気がこれ以上進まないように治療をして、早い段階で完治させることを言います。生活習慣病の一次予防の中でも一番大切とされている音は、食生活の見直しです。食生活の見直しというのは、生活習慣病すべてに共通した改善につながりますから、病気の症状や状態がどうであっても、食生活の見直しは早めに一次予防の段階で行わなければいけません。生活習慣病はかかるまでは時間がかかり、毎日の生活習慣の日々の蓄積が積み重なって起きていきますが、かかってしまえば進行は早く、他の病気も引き起こしていきますから、十分に注意が必要です。生活習慣病を一次予防の段階で食い止めるということはとても大切なことになりますから、自分で自覚を持って、生活習慣病対策をしていくうえで、一次予防に気をつけていかなくてはいけません。一次予防の期間でしっかり予防できれば、生活習慣病を未然に防げるのです。