プロが教える安心して生活習慣病対策に臨むための治療のすべて

生活習慣病は今の日本ではかなり増えているのですが、その背景というのは、やはり食生活の欧米化が大きな影響を与えていると言ってもいいと思います。生活習慣病というのは、とても怖い病気ですが、数十年前の日本では、ありえないことでした。しかし生活習慣病がここまで増えたことの背景としては、やはり欧米化した食生活は外せない背景ではないでしょうか。それまでの日本人の食事というのは、和食を中心としていて、野菜や魚を食べていたのですが、このところの食生活というのは欧米化していて、肉食中心で、カロリーも高いですし、あまり野菜や魚をとらない食事になってきたのです。



そのことから、生活習慣病にかかる人はとても増えてきたのです。生活習慣病の背景を考えると、他にもストレスが原因であることは外せません。ストレスは数十年前はこれほどまでにはひどくなかったのですが、今の日本はストレス社会です。このことが原因で、生活習慣病を発症している人が多くなっていると言ってもいいと思います。
生活習慣病の背景をこうして考えてみることは、生活習慣病の原因を突き止めることにもつながりますし、予防や改善をすることにもつながりますからいいと思います。生活習慣病の背景は、一つではなくて、豊かになった日本という大きな背景、そして欧米化した食生活やストレス社会なども関連していることがとてもわかります。こうした背景を踏まえておくことがとても大切なことです。

生活習慣病の症状

生活習慣病
生活習慣病の症状は、人それぞれ、何の生活習慣病にかかるかによっても違っているのですが、ほとんどの場合が自覚症状がないまま、生活習慣病にかかっているというケースがとても多いと言われています。これはどういうことを意味しているのかというと、病気は実は体の中ですでにかかっているのに、自分で自覚症状がありませんから、生活習慣病にかかっていうということを全く知らないまま、そのまま同じ生活習慣を続けてしまっているのです。

生活習慣病は本人が全く気がつかないまま勝手に体の中で症状が進んでいるので、高血圧にかかっているのに知らないうちに、進行して、そして、動脈硬化を発症するというケース、心筋梗塞を起こすケース、脳梗塞を起こしてしまうケースなどがあるといわれているのです。自覚症状があれば、少しでも早く、生活習慣病にかかっているとわかるのですが、まったく自覚症状がないので、進行が進んでしまって、場合によっては、生活習慣病で死亡するというケースもあるのです。症状が分からないことから、サイレントキラーという名前も付けられているのです。健康診断を受けていて、もしもその時点で、高血圧であると診断されたとしても、自覚症状がないので、それほど気にしないケースが多く、そのまま同じ生活習慣で過ごしていることが原因で、気がつくと生活習慣病が進行していてその結果重病で、完治するのが難しかったり、死に至るケースもあるので、とても怖い病気です。

生活習慣病と日本人

生活習慣病にかかる日本人が今とても増えているのですが、数年前までの日本人は、あまり生活習慣病とは無縁でした。特に、日本が戦争をしてから、戦後に生活習慣病の人はとても増えたといわれているのですが、戦前は、生活習慣病になる日本人は、ほとんどいなかったと言ってもいいのではないでしょうか。しかしなぜ、戦後日本人が、生活習慣病にかかりやすくなったのか、その理由は、やはり食生活の欧米化と豊かな生活、便利になった生活に原因があると言ってもいいと思います。日本人は、やはり食生活の面で、和食や魚、野菜中心の食事をしていたのに、今や食卓には、欧米化された食事がずらっと並んでいますから、やはりそういった面でも、生活習慣病にかかりやすくなったといえると思います。

それに加えて、車も普及しましたから、車の普及によって、あまり歩いて移動することがなくなり、それが運動不足につながりました。そして経済も発展したことで、仕事も忙しく、ストレス社会になったと言っても過言ではありませんから、これらのことが重なって、日本人で生活習慣病にかかる人はとても多くなったといえるのではないでしょうか。生活習慣病を予防するための方法として、日本人は色々と考えていますから、アメリカなどの国に比べると、生活習慣病予防や改善についてはまだ考えている方だという認識は高いですが、それでも数年前に比べるとかなり患者数は増えていますから、気をつけなくてはいけないのではないでしょうか。

生活習慣病の糖尿病

生活習慣病
生活習慣病の一つである糖尿病は、患っている人が多いとされている生活習慣病の一つでもあります。血糖を下げるインスリンと呼ばれるホルモンがあるのですが、このインスリンが不足することで、働きが悪くなってしまうと、それが原因で、血液の中の血糖値が高くなりすぎてしまい、尿の中に糖がでてしまいます。これが糖尿病になります。糖尿病といっても種類があり、幼児期から青年期にかかる糖尿病もありますが、成人で、生活習慣病がきかっけでおきる糖尿病もあります。生活習慣病の糖尿病というのはとてもこわい病気で、何が怖いのかというと、合併症を併発する可能性があるのです。血糖値が高い状態が長く続いてしまうと、体中の血管に障害が起きてしまいます。それが原因で、失明してしまったり、腎不全になったり、脳卒中や心臓病になるなど、実に多くの病気を併発する可能性が高くなるのです。

もしも生活習慣病の糖尿病であると診断された場合には、早めに生活習慣を見直して、食事などの改善も行い、血糖値を自分で調整していくことが大切です。放っておけば、他の生活習慣病にもつながりますし、それだけでなく、失明などのリスクを抱えることにもつながります。食事療法をして、適正な体重をキープすることや、禁煙や禁酒を厳守する、魚中心の食生活に改善させる、野菜をたくさん食べる、運動不足を解消することなども、生活習慣病の糖尿病予防につながるのではないでしょうか。

生活習慣病と高血圧

血圧とはそもそも、血管に与えている血液の圧力のことを言うのですが、血圧は心臓が収縮し、血液が動脈に流れるときの圧力のことを言います。血圧というのは人によって違っていて、年齢によっても違っていますし、季節によっても同じ人でも血圧は変わりますし、運動をしたり、感情なども血圧に影響を与えます。高血圧というのは、原因は色々とあって、病気が原因で起きる高血圧と、病気が原因でない、原因が分からないタイプとありますが、ほとんどの人が、原因が分からないタイプの高血圧だといわれています。特に自覚症状がるわけではないので、気がつかない人が多いのですが、生活習慣病が引き金となって、高血圧になる人もとても多いと言われています。

高血圧は、動脈硬化や、脳、心臓や腎臓など、色々な場所に悪い影響を与えますから、放っておいてはいけません。ひどくなれば、心筋梗塞や心不全などを引き起こすことにもつながりますから、もしも高血圧だと言われた場合には、生活習慣を見直さなくてはいけません。生活習慣病である、高血圧を見直すためには、では何をすればいいのでしょうか。まずは肥満な人は、肥満を解消することが大切です。メタボリックシンドロームの人も同様に肥満を解消しましょう。そして運動不足の人は運動不足を解消させます。食事の際も塩分を取り過ぎないようにすることや、アルコールの量などにも十分に注意しましょう。たばこを吸っている人は、禁煙することも、生活習慣病の高血圧予防につながります。

生活習慣病と健康診断




生活習慣病であるかどうかというのは、実は自覚症状が全くない病気ですから、普段生活している中で気がつく人は少ないでしょう。生活習慣病というのは、少しずつ蓄積されていくものですから、知らない間に、普段の生活の中で蓄積されていき、そして気がついたときには、悪化していたり、重症化しているということはよくあることなのです。では生活習慣病を早めに発見するためにはどうすればいいのでしょうか。生活習慣病が早めに発見できれば、予防することも改善することもできますよね。

生活習慣病を早めに発見すること、それは健康診断を定期的に受けることです。健康診断といっても色々な種類がありますが、一番いいのは生活習慣病予防検診が望ましいことではありますが、それ以外でも何でもいいので健康診断は受けるようにしましょう。健康診断を受けるだけで、早めに生活習慣病にかかっていることに気がつくことができます。早めに気がつくことが出来れば、自覚症状がないまま進行するはずだった体の中の異変も、事前に気が付き、予防したり改善することができるのです。会社で行われている健康診断でもいいですし、市民検診などの健康診断でもいいので、とにかく早めに生活習慣病を発見するためにも、健康診断は出来るだけ定期的に受けるようにすることがいいでしょう。今多くの人が生活習慣病にかかっているといわれていますが、気がついている人はごくわずかです。早めに発見するためにも、健康診断を受けるようにしましょう。

生活習慣病の診断基準

生活習慣病と診断されるにあたっては何か診断基準があると思いますが、生活習慣病の診断基準というのは何なのでしょうか?生活習慣病の診断基準がわかれば、その基準を守るような生活を送ることで、予防することや改善することができるようになると思います。しかし生活習慣病といっても一つの病気ではありません。糖尿病に肥満、高血圧にメタボリックシンドロームなど、色々な種類の生活習慣病がありますから、診断基準も一つではありませんし、それぞれに診断基準は設けられているのです。

生活習慣病と呼ぶ前の成人病と呼んでいた時には、高血圧や糖尿病のことを成人病といっていましたが、生活習慣の不摂生が原因で、起こり、日々蓄積されてかかりやすい病気のことを、生活習慣病と呼んでいますから、それを診断基準で表すというのはなかなか難しいかもしれません。生活習慣病であると医師に診断される基準としては、例えば高血圧の場合でしたら、血圧が通常の数字よりも高い場合には、診断基準を超えているということで、生活習慣病と判断されますし、糖尿病の場合にも、尿に糖が下りてきますから、それが診断基準になります。生活習慣病の診断基準を知っていれば、生活習慣病の予防にはつながりますが、診断基準ぎりぎりのところにいるからと言って、生活習慣病にならないというわけではありませんから、生活を見直し、食生活や生活習慣を改善させることはとても大切なことに違いはありません。

生活習慣病とストレス

生活習慣病
生活習慣病の原因の一つにストレスがあります。生活習慣病は、ストレスが原因で起きることもあるのです。今の時代はストレス社会といわれていますが、このストレス社会が、生活習慣病を引き起こしているケースがあるのです。ストレスがどんな症状を引き起こすのかというと、高血圧や、心筋梗塞、糖尿病といった生活習慣病を発症する引き金になっているといわれています。ストレスがたまりすぎると自分をコントロールすることができなくなり、それがきかっけで、さまざまな、生活習慣病を引き起こす可能性があります。

生活習慣病を引き起こさないためにも、ストレスをためないように生活することが大切です。ストレスをためない、ストレスがたまったという場合でも、ストレスを解消する、適度な休息を取り、リラックスすることなどが重要です。今の日本はストレス社会といわれていますが、生活習慣病をしっかりと予防するためにも、やはりストレスは大敵で、万病のもととも言われています。仕事や人間関係など、今はストレスの原因になることが多く、どれも複雑な問題ではありますが、生活習慣病を引き起こさないようにするためにも、普段から、ストレスをためないように過ごすことが大切です。ストレスがたまったと思ったら休息を適度にとって、そしてストレスを解消してリフレッシュする努力をしましょう。生活習慣病の原因の大きな一つにストレスがありますので、ストレスだけはためないように日々気をつけましょう。

生活習慣病と遺伝

生活習慣病は遺伝すると思っている人は多いと思いますが、実際のところは、生活習慣病が遺伝しているのではなくて、同じ生活習慣の中で暮らしていることで、親と同じ生活習慣病になってしまったりすることが、あります。これを遺伝が原因だと思っている人は多いのです。生活習慣病は遺伝するのではなくて、親と同じ生活をしていることが原因で、生活習慣病を発症してしまっているのです。

最近は子供でも、生活習慣病にかかるという人はとても多いと言われていますが、これは単に、親と同じ生活をしていることがきっかけで、生活習慣病を発症しているのです。睡眠時間や運動不足などは親と環境が違っているとしても、食べているものによって、生活習慣病を親子で発症することはあります。生活習慣病の原因である食生活習慣ですが、例えば、栄養バランスが整っていない、カロリーの高い食べ物ばかりを食べている、脂肪が多い食べ物を好むといった面で、同じ食事をしていれば、子供も生活習慣病になる可能性は高いのです。生活習慣病というのは、生活習慣がきかっけで起きているので、それは、遺伝しているのではありません。もしも遺伝が原因で、生活習慣病にかかっていると思って、これは遺伝だから仕方がないと思っている人がいれば、それは間違いです。生活習慣病は遺伝だからと言って何もアクションを起こさないのではなくて、十分に改善したり予防したりすることは可能ですから、アクションを起こすようにしましょう。

生活習慣病と運動不足

生活習慣病
生活習慣病の原因の一つには運動不足があるといわれていますが、なぜ生活習慣病の原因として運動不足が挙げられているのでしょうか。その理由としては、やはり運動不足で、食生活のバランスも崩れていて、高カロリーなものばかりを食べているというのは、脂肪が蓄積されて太る原因です。肥満になれば、メタボリックシンドロームになり、肥満自体が、もう生活習慣病の一つですから、生活習慣病を引き起こしていることになるのです。

運動不足が肥満やメタボリックなどの生活習慣病を引き起こし、さらに肥満になったことで、糖尿病や高血圧などにもなる可能性も高くなりますので、生活習慣病がさらに拡大していく可能性は否定できません。運動不足の原因としては、交通の便が便利になったことなどもあると思いますし自動車が普及したことなどが背景に挙げられますが、生活習慣病にならないようにするためには、やはり普段から歩く、走る、適度な運動はつづけた方がいいでしょう。忙しくて特に毎日の生活の中で運動をする時間を取ることが出来ないという人の場合でも、手軽に運動を取り入れることは十分に可能です。例えば、生活習慣病予防に、普段はエレベーターを使っていた場所を階段を利用するとか、駅までバスを利用していた人は、歩いて通うなど、少しでも毎日の生活の中で、手軽にできる運動を取り入れるだけでも、生活習慣病予防につながりますから、ぜひ一度生活習慣病を予防するためにも、見直しが必要です。

生活習慣病の運動療法

生活習慣病の運動療法についてですが、運動療法というのは、生活習慣病の原因になっているストレスの解消にも役に立ちますし、肥満やメタボリックの解消にも役に立ちます。他にも血圧が高いという人には血圧を下げるという効果などもありますから、色々な面で役に立つことになると思います。生活習慣を改善させるポイントや予防するポイントとしては、運動療法以外にも、食事療法などもお勧めですが、ここでは運動療法について紹介していきたいと思います。

運動療法では、例えば生活習慣病の高血圧の場合には、続けるだけで、10週間もすれば、血圧を5㎜Hg下げることにつながるといわれています。また生活習慣病といえば、糖尿病の人も多いと思いますが、糖尿病の場合には筋肉を中心に、末梢神経や組織のインスリンの動きを活発にしてくれる働きがありますので、血糖値のコントロールにつながり、生活習慣病を改善することができるのです。生活習慣病をこれから予防していきたいと思っている人の場合には特に、やはり運動不足を解消することから始めるべきですが、ただ運動をするのではなくて、正しい運動療法として受けることで、さらに効果を出すことができるのです。運動療法としてお勧めのものはウォーキングや軽めのサイクリング、水泳や水中ウォーキング、踏み台昇降の運動などがお勧めです。急にやらないで1日に少し数分から始めることがいいでしょう。激しい運動などは生活習慣の運動療法には適さないので注意しましょう。