プロが教える安心してアトピー対策に臨むための治療のすべて

アトピーは、原因不明で完全治癒不可能な病気とされてきました。アトピーの原因は、現在ではかなり解明されており、免疫の過剰反応によるアレルギー反応ということになっています。しかしアトピーのアレルゲンが特定できないため、原因不明とされてきました。現在までは、主要な症状である皮膚の炎症を抑えるために、ステロイド剤やプロトピック剤が使用されてきました。しかし、ステロイドなどの対症療法はアトピーの根本治療薬ではないことと、副作用のためにリバウンド反応が問題となります。アトピーを自分で治す方法が患者の間ではいろいろと試されてきていますが、痒みによるストレスで耐えきれずにステロイド剤を使ってしまうという結果になってしまいます。



アトピーを自分で治す方法は、痒みなどの症状を抑えながら、体質改善等を行うことが必要となります。アトピーの対症療法は、ステロイドなどを使わない場合は、・肌を保湿剤などでうるおいを保つ、・菌の繁殖を抑える殺菌ができる、・肌の免疫力を高める、・肌のバリア機能を高めるための対策が必要です。そのためには、各種の精油やアロマテラピーなどを試すことが必要でしょう。またアトピーの原因としてのアレルギー反応を抑えるために、食事療法・ストレスの減少等を同時に行っていくことも必要でしょう。

根治療法

アトピー対策
アトピーの原因として、アレルギーがいわれていますが、漢方ではアレルギーもその他の疾病も、体の冷えを解消するために体の自然治癒力が起こす現象とされています。漢方では体の冷えと炎症が、陰と陽に区分されています。特に内臓など体内の冷えが諸症状の原因とされています。アトピーもそれらの体内の冷えであり、それを体の自然治癒力が、体の表面に熱を発生させるということで炎症を発生させているとしています。

アトピーについても同様に内臓などの体内の冷えによるものとしています。体の冷えによって冷えてしまった血液や水分は、代謝が十分にできずに汚れているとされており、その血液が表面に出てくることによって、炎症などの症状が起きる、これがアトピーになるとしています。従って、対症療法のステロイドなどでは、体の表面の熱を取るだけで体の冷えを直すことはできず、さらにステロイドなどは体の内面を冷やす効果があるため、かえって悪化するということになります。アトピーの根治療としては体の冷えを直すこととしています。漢方薬・食事療法の適用で体の中での冷えを治すことが、アトピーの根治療であると漢方で結論つけています。体質改善で自然治癒力を持ってアトピーを治す考え方は理にかなっていますので、漢方による根治療も試してみるべきでしょう。

自然治癒力

アトピーの治療には、対症療法と根本治療法があります。アトピーの対症療法は、ステロイドなどの使用による炎症を抑える方法です、アトピーの対症療法は、炎症を抑えることにより症状を抑えることですがそれによって、副腎の機能が抑えられますのでリバウンドの発症やステロイドの濃度を上げていくという方向になることになります。アトピーの根本治療は、アレルゲンとの接触を完全になくすか、体質を改善することとなります。アレルゲンとの接触を完全になくすことはまず不可能ですので、体質改善が根本治療の手法となります。アトピーの根本治療では、体の自然治癒力を利用し高めていくことが必要になります。

自然治癒力の応用は、本来人間の体が持つ機能を向上させることが、アトピーの根本治療につながることになります。アトピーの発症の原因はアレルギーです。アトピーのアレルゲンには、自然のものも多く、それに過剰に反応することがアトピー発症のスタートです。自然と共生することと、食生活の改善・生活スタイルの改善などで体を活性化し、本来の人間の治癒力を取り戻してアトピーを治していきましょう。大人の難治性アトピーも原因は同じです。時間がかかる治療ですが、アトピーの根本治療がんばっていきましょう。

アトピー体質

アトピー対策
アトピーはアレルギーが原因の病気ですが、原因は体質と環境が大きく影響してきます。環境は、アレルゲンとも大きくかかわってきますが、体質は本来本人が持つものとなります。遺伝性のアレルギーの場合もあるのですが、遺伝がそのまま体質としてアトピーの発症にかかわることもあり、アトピーの完全または根本治療には体質改善は欠かせません。アトピーの根本治療では、対症療法と体質改善を同時に進めていくことで、持続的に根本治療を行っていくことが可能になります。特にアトピーの体質改善として、体の内部の冷え(内臓など)と消化器や血流などの経路治療が、有効となってきます。

体質改善により、体の内部の冷えの改善や循環器系の改善がなされてくると、本来の体の機能がアトピーによる炎症などの症状を改善してくれますので、アトピーの症状も少なくなってきます。ただし、体質改善は、簡単にできることではなく、努力と年単位の辛抱が必要です。病気の治療に関しては、「薬で完全に治す」ことはほとんどありません。薬で病気の症状を緩和させ、体の治癒力を高める手伝いをするのが薬の役目ですから、体質改善は、治すことが難しいアトピーの重要な根本治療法となります。体質改善で、アトピーを治し快適な生活を送りましょう。

遺伝

「アトピーは遺伝するか」という問いは、非常に多いのです。というのもアトピーの原因が完全には解明されておらず、なおかつアトピーの患者が多いためです。現在、アトピー体質は珍しいものではなく、20~30%の方が持っているようです。かといってアトピー患者の全員が、アトピー体質を持っていることでもありません。従って、「アトピーは遺伝したからアトピーになった」ということではないのでます。むしろ、遺伝より生活環境因子や、生活習慣因子による影響でアトピーが発症することが多いのです。ただ、まったく影響がないわけでもありませんが、遺伝がアトピーの発症を決めるわけではありません。

現在、アトピーの遺伝子は解明されていません。また遺伝子が解明されても遺伝子治療ができるわけではありません。アトピーと遺伝に関係がないわけではありませんが、アトピーの主因は生活環境因子、生活習慣因子となります。遺伝のことばかり考えずに、生活環境や生活習慣を見直してアトピーの完全治療を目指して体質改善をがんばりましょう。アトピーは、体質改善で対処が可能です。自分の生活習慣を見直して、自分の体を健康にしていくことで、アトピーを完全に治していきましょう。

アトピーと細菌の関連




アトピーと細菌の関連は、いろいろとあります。まず、アトピーと腸内細菌の関係ですが、腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が増えてヒスタミンなどの毒素が生成されると、アトピーが発症してきたりします。また、皮膚常在菌のバランスが崩れると皮膚が乾燥肌になったり、色素沈着などの影響が出てきます。またアトピーで皮膚炎症を起こした場合に、炎症を起こした部分に黄色ブドウ状球菌などが感染した感染症を起こしたりします。アトピーに限らず、人間は体内・対外を問わず、細菌と共生しているということを忘れないようにすることが重要でしょう。

人間などの生物は、長い期間をかけてバランスを基にした生態系を作り上げてきたわけで、そのバランスを崩していくと病気が発症したりするわけです。アトピーや花粉症炎は途上国にはないといわれています。過剰な除菌・殺菌などの行為で結局は生態系を崩すことになっていないでしょうか。アトピーもその現象ではないかという、衛星仮設もあります。細菌というと汚いもの悪いものという先入観がありますが、人間や生物と共生してきている生き物です。すべてが悪玉菌ではありませんし、悪玉菌は人間が勝手につけた区分です。他の生物には善玉菌である場合も多いのです。生活習慣・生活環境などをもう一度省みて見ませんか?

難治性

アトピーには、幼児期、小児期、思春期、成人期の4つの時期の発症があります。幼児期は、主に食物アレルギーによるアトピー性皮膚炎が中心で、小児期はアトピー性皮膚炎と気管支喘息、思春期はアトピー性皮膚炎と花粉症の併発が中心で、成人期に発症すると難治性になりやすいといわれています。難治性のアトピー性皮膚炎は、皮膚の厚みが増したり、なかなか痒みなどが取れない、いぼ状の赤く丸い湿疹ができた場合などを難治性といいます。対症療法のみで根本治療を行わない場合も難治性になるといわれます。特にステロイドやプロトピック剤での対症療法を長く続け、根本治療対策を怠っている場合難治性になりやすくなるそうです。

ステロイドなどは、医師の適切な指示に従って使用しないと、徐々にステロイドなどの濃度が上がってしまいます。ステロイドなどの効果が薄くなり、効かないからとステロイド停止をすると、リバウンドが起こり、症状はかえって悪くなってしまいます。痒み止めや炎症防止剤が効かなくなると、皮膚を掻いてしまい、感染症などになってしまうなどもおこり、治療が難しくなります。難治性のアトピーは、アレルギー原因の除去、皮膚の状況の改善および体質改善などの動作が必要でしょう。

温泉治療

アトピー対策
アトピーの温泉治療については、温泉の泉種で「これがいい」というものはないようです。アトピーの場合、乾燥肌で敏感肌という状態を考えればよいので、刺激が強い温泉種は避けるべきでしょう。アトピーの温泉治療の効果は、「温泉にはいる」という行為のため、1日に数回以上入ることができることにより、肌の新陳代謝が促進されること・温泉効果により肌の保湿状態が保たれることが挙げられます。アトピーの温泉李量では、アトピーの原因に対応するものではないため、アトピーの種類による効果の差があまりないということも特徴になります。

アトピーや他の皮膚疾患にも温泉の効果があることからわかるように、肌に対する治療効果ということがわかります。特に、アトピーで効果があるとされるのは難治性の大人のアトピーに効果があります。アトピーの温泉治療は常にできるわけではないので、併行して体質改善や環境改善なども行っていけば、より温泉治療効果もより大きな効果が期待できるでしょう。温泉の効果は、アトピーに限らずいろいろとあります。また温泉は、心身のリラックスにも大きな効果をもたらします。このリラックス効果もアトピーに限らず体に良い効果をもたらすでしょう。

ヨード浴

ヨード浴という、入浴剤があります。ヨードというと、科学的にはヨウ素のことです。ヨード浴とは、お風呂の中にヨード浴剤を入れて風呂をわかすという入浴方法で、浴槽中の塩素の中和・ヨードによる殺菌効果・殺菌効果によるぬめり取りなどの効果があります。これらの効果により、アトピーにとっても、良い入浴法の一つとして使われています。ヨード浴自体は、アトピーに効果があるとはいっていませんが、ヨードを入れることによってアトピーの原因物質の一つとしての塩素の中和による除去があること、柔らかな殺菌効果で皮膚表面を清潔にできること、塩素中和により入浴時のピリピリ感が無くなりゆっくりと入れるために新陳代謝が良くなる等の効果があります。

ヨード浴によるアトピーの皮膚状態の改善も決して侮れない効果でしょう。アトピーは、全体として統一した原因が特定できない病気ですから、それぞれの個人の状況に応じたアトピーの対策として、ヨード浴も選択肢の一つに充分含まれるでしょう。アトピーで苦しまれている方は、いろいろと試されているかと思いますが、まずは徐々にできるところからの対策です。情報を集めて、できるだけ対症療法ではなく対す使い然を目標に、少しずつ試していきましょう。

アトピーの方の食事

アトピー対策
アトピーの方の食事は、アトピーの原因にもよりますが注意が必要です。アトピーは、アレルギー症ですから摂る食物にアレルギーの原因物質がある場合、アトピーが発言することになります。アトピーの食物アレルギーからの発症は、原則として乳児から幼少期が多いため、成長してからは食事の影響は少ないようですが、それでも皆無とは言えません。また、偏食などの食物の偏りや高カロリー、高添加物の食物の過剰摂取によりアトピーがひどくなることも考えられます。アトピーの発症は、腸内細菌ビフィズス菌の減少により起こるとも言われており、乳製品等のビフィズス菌摂取がアトピーに効果があるともいわれています。

アトピーの方の食事は、アレルギー原因物質(アレルゲン)を避けてバランスのとれた自然食中心の食事を心がけることがよいようです。乳児期から幼児期の食品アレルギーによるアトピーは、成長に従って食物摂取への慣れから過剰な免疫反応が無くなってくるため、解消されていきます。また、その他のアレルゲンによるアトピーも普通は、小学校くらいで落ち着いて解消することが多いようです。これらを含めて考えると先進国になって、衛生が高度に保たれるために免疫反応が過剰に起こるという、アトピーの衛生仮説が、説得力を持ってくるようです。結局の所、アトピーの食事についてバランスのとれた食事が一番という結論になります。

乳酸菌

アトピーは、食物や環境などに対するアレルギー反応が原因の主体です。アトピーの症状として、アレルゲンに対する過剰反応が主体であるといわれており、最近は腸内細菌が減少しているともいわれています。腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在することが求められています。従って、悪玉菌が増加して善玉菌の減少もアトピーの遠因ではないかとも言われています。アトピーに限らず、腸内細菌のバランスは健康にとって重要であり、特に乳酸菌の存在と数が重要になっています。乳酸菌は、体質改善に効果があります。特に内部からの体質改善は顕著な効果ではありませんが、持続してよりよくなっていく徐々に上がる効果のため、効果の相乗効果により加速度的な改善が期待できるでしょう。

腸内細菌の中で乳酸菌は、特に最近重要視されており、中でもビフィズス菌のL92は体質改善に特段の効果を持つ者のようです。アトピーの食物アレルギーの場合は、特に乳酸菌摂取の効果が高く、食物へのアレルギー過剰反応が抑えられるため、ビフィズス菌の効果は認められています。また、ビフィズス菌の体質改善効果により大人の難治性アトピーにも効果が期待できるようです。ビフィズス菌の摂取の効果は、大人子供で全く変わりません。体質改善によるアトピーの対策試してみましょう。