アトピー対策を成功に導く世界一効果的な治療方法

アトピーは、「わからない」と言う意味の「アトポス」というギリシャ語が由来になっています。「アトポス」は「不定」とか「わからない」という意味で、「アトピー」は、原因が特定できない皮膚炎のことを主体にいわれています。アトピーのほとんどはアトピー性皮膚炎としてはじめに起こります。過去にアトピーは、先天性の疾患といわれていましたが、現在では、環境影響もあり限定はされていません。アトピー性皮膚炎は、症状としては蕁麻疹のような痒みを伴う発疹の皮膚疾患のことをいいます。



アトピーは、主に5歳までの幼児期に発生することが多く、大体は小学校までに治癒するといわれていましたが、現在ではアトピーが成年時に再発または発生することもあり、増加の傾向にあります。アトピー性皮膚炎のガイドラインは、厚生省によるものと日本皮膚科学会の2つがあります。アトピーの厚生労働省のガイドラインは、皮膚科に限らず一般医向けで、日本皮膚科学会のガイドラインは、皮膚科医向けとなっています。アトピーは、即時性のアレルギーと、遅延性のアレルギーとが複雑に絡み合っていると考えられています。アトピーは、原因が不明でアレルギーが重視されていますが、途上国に少なく近代化が進むと増えてくるという傾向にあり、環境ではないかとの意見も増えてきています。アトピーは「わからない」という意味合いですが、早く原因が特定できればいいですね。

アトピー対策

アトピー対策
アトピーの原因としては、最近まではアレルギーが主因であると言われていましたが、現在はアレルギーのみではなく環境要因も大きいものであることがわかってきています。アトピー性皮膚炎の対策としては、現在まで対症療法としての「ステロイド剤」「プロトピック軟膏」の使用が中心でした。ステロイド剤は、免疫反応を抑制し症状を和らげる効果が高い薬剤といわれています。しかし、ステロイド剤などは、あくまで対症療法であり、アトピーの原因を取り除くものではないため、ステロイドやプロトピックの使用をやめると、アトピーのリバウンドが起こるとも言われています。

また、アトピーの対策としては、洗濯用も含め洗剤の変更や水道水の使用の停止(浄水器の使用や購入水の使用)、温泉療法など各種の対策があります。しかしアトピーは、全てが同じ原因であるとは言えず、それぞれにおいての対策も必要となります。各種の民間療法や薬対策もありますが、それぞれが自分のアトピーに効くか否かはわからないのが現状です。主に環境要因として言われている、ダニやハウスダスト、水道水中の塩素などへの対策を試して、症状の観察を続けてそれから薬などの対策を行うべきでしょう。アトピーは、現在原因がわかりません。やたらの情報によっての対策でかえって症状を悪化させないよう注意しましょう。

アトピーとアレルギー

アトピーとアレルギーは、密接な関係があります。本来、人間の体を守るために免疫があります。有害な物質(細菌・ウイルスなど)が体に進入した場合、有害な物質に対して抗体を作り、排除することになります。これが免疫反応ですが、有害ではない物質にも過剰に反応してしまうのが「アトピー性アレルギー」となります。過剰な反応により、防御反応が起こるため発疹や炎症という結果となります。アトピーの場合は、この過剰な免疫反応が、皮膚炎や気管支喘息という形で発症するものです。アトピーのアレルギー反応が徐々に修まってくることが多いため、幼児期に発症したアトピーが成長に伴って、治ってくることが多いわけです。

ただし、現在では、成人後に発症するアトピーや、アトピーの再発なども増えてきており、アレルギーの発症原因が増えてきているかもしれません。特に、途上国にはアトピーが少ないのに先進国では多いという結果は明らかなので、消毒・添加剤などの環境要因もアレルギー発症の原因と考えられます。アトピーが「ハワイでの長期滞在で治ってしまった」などという例もあります。アトピーの原因はまだ確定されてはいませんが、アレルギー性の反応であることは、確定されています。アトピーとアレルギーの環境要因には、まだまだ解明が必要でしょう。

アトピーと季節の関係

アトピー対策
アトピーと季節の関係は、かなりはっきりしています。特にアトピー性皮膚炎が症状の主体であるため、汗を掻く夏と乾燥する冬がアトピーの症状が激しくなるようす。アトピーには、特に汗を掻き、ダニなどの発生が起こりやすい、清潔な肌を保ちづらい、また強い紫外線を受けやすい夏が四季の中では、最も悪いようです。また、春は花粉が非常に多いこと、職場や昇級などでの環境変化によるストレスなどもありますし、最近では中国から来る黄砂もアトピーの原因だとする意見も最近出てきていますし、環境としてはよくなく、気管支喘息も出やすい季節です。

アトピー患者として最も過ごしやすいのは、秋ではないでしょうか。秋は、空気もきれいなことが多く湿気も適度ですし、多くの花粉が無い散る季節でもありません。秋は気候もちょうどよいのではないでしょうか。冬は、非常に乾燥しますので、アトピーの乾燥性肌にとってはより厳しくなりますし、アトピー性気管支喘息も発症しやすい季節です。四季の中では、アトピーは秋が一番でしょう。季節とアトピーの関係は、かなりはっきりとあります。従って、アトピーの症状であれば、季節に従って対策をしましょう。特に夏は気管支喘息は発症はしにくいのですが、皮膚に対してはダメージがあります。対策しましょう。

アトピーと花粉症

花粉症はご存知の通り、花粉を原因とするアレルギーです。アトピーの人は、花粉症にかかる割合が高く非常に高くなります。アトピーはアレルギーが原因とされますので、当然になりますが花粉の舞う季節にアトピーが発症する場合は、花粉アレルギーによるアトピーの可能性が高くなります。花粉症アトピーの場合は、アトピー性皮膚炎と共に花粉症の症状が激しく現れることになります。特に、涙目、眼の充血、眼のかゆみ、鼻水、鼻づまりなどと共に眼の周りのかゆみ、鼻の下で湿疹がひどくなったりします。花粉症の代表的なものはスギ花粉症ですが、その他のイネ科やブタ草科などでの花粉症もあり、季節には関連は無いでしょう。

アトピーと花粉症が同時に起こることになりますので、大変な苦痛かと思いますが、アトピーの原因が花粉症としてひとつ確定できることになりますので、アトピーの対処が容易になります。花粉症もアレルギーとしてなかなか直らないとも言われていますが、アトピーは成長に従って改善される場合も多いともいわれます。花粉症の季節は、アトピーと花粉症が同時に起こることになりますので他なかなかつらいものがあるでしょうが、アトピーの原因がはっきりしている場合は対処もやりやすいでしょう。

アトピーの原因




アトピーの原因については、いろいろな意見がありますが、アレルギー性要因として、食物アレルギーやダニ、花粉、水など、非アレルギー性要因として、遺伝や環境などが主因とされています。アトピーを起こす食物アレルギーの原因物質としては、卵(特に白身)、牛乳、乳製品、大豆、小麦、米などがあげられます。またアトピーでは、ダニやハウスダスト、ホルムアルデヒド、花粉、水道水中の塩素などもアレルギーの原因物質として候補に挙がっています。非アレルギー性の原因としては、遺伝や環境などがあげられており、こちらは未だ不明な点が多いようです。また、仮説ではありますが発展途上国はアトピーが少なく、先進国にアトピーが多いことから衛生仮説も唱えられています。

アトピーの衛生仮説とは、乳児期から衛生環境が非常に良くなったために、細菌などの感染に免疫が無く過剰に反応してしまうということです。このアトピーの衛生仮説は何となくはわかるのですが、感染症には生命に危険があるものもあり、なかなか確認もできないという状況でしょう。食物性アレルギーが主因の場合は、かなりの場合成長に従ってアトピーが治癒してきますが、環境要因で起こると言われる特に「大人のアトピー」は、対策が難しいようです。特に細菌では水道水の塩素が原因ともいわれており、アトピーの発症者により原因が同じではないことも、原因を特定するのは難しい状況になっているようです。

アトピーの治療薬

アトピーの治療薬としては、現在は特効薬としてステロイド剤が使われています。アトピー性皮膚炎などの乾燥肌や痒みには抜群の効果を示します。ステロイドは体内にあるホルモンで、外用薬として使用すると炎症を抑える効果があるためアトピーに使われます。炎症を抑えることで痒みも抑えることができるため使われています。ステロイド剤は症状に応じて強さを変える必要があり、100人の患者がいれば100通りの処方ができるといわれています。また、アトピーに強いステロイド剤を長期間使用すると、副作用が出てきます。

アトピーへのステロイド剤の使用による副作用としては、・皮膚が薄くなる、・皮膚下の血管が太くなり皮膚が赤くなる、・産毛が濃くなる、・ニキビや毛の回りが痛くなる、・湿疹がじくじくしたり痛くなったりする、等の副作用が現れます。ステロイド剤はあくまで対処療法薬ですから、医者と充分な相談の上使用するのがよいでしょう。また、リバウンドが起こるとも言われており、ステロイド剤の使用をやめると強い症状が、ぶり返すともいわれます。アトピーのステロイド剤でのリバウンドは有りえないともいわれますが、はっきりとはわかっていません。ステロイド剤を使用する場合は、医師との充分な相談と指示に従うべきです。

アトピーの治療

アトピー対策
アトピーの治療は、対症療法と根本治療とに分かれます。アトピーの対症療法は、最も多いアトピー性皮膚炎などでの炎症防止として、ステロイド剤やプロトピック剤の適用が主体です。アトピー治療では、ステロイド剤やプロトピック剤を炎症や痒みの抑制にに使用します。また、対処療法として炎症部分を冷やすなどの方法もありますが、あくまで炎症を抑えストレス減少や、睡眠確保などにより体の治癒力を高めたりすることが目的となります。

アトピーの根本治療としては、アレルギー性疾患のため根治は難しいのですが幼児や子供の際の食物アレルギーなどであれば、成長とともに直りますし、体質改善により治ることもあります。成長しても自然治癒しないアトピーには、漢方薬治療などのトライが必要かもしれません。また、アトピーには衛生仮説という原因意見があり、アトピーが発展途上国に少なく、先進国に多い」という現状から幼児の時からどろんこで遊ばせる等の治療法もあるようです。アトピーの衛生仮説の治療法は、どろんこになることにより軽い感染症などに多くかかり、かつ腸内細菌を活性化させるということで抗原を過剰に作らせることを防ぐことにあります。ただ、今の少子化の状況では、母親はためらうかもしれません。

ナチュラル療法

アトピーの治療法に、ナチュラル療法という治療法があります。アトピーのナチュラル療法なるものは、まず食事の改善・マコモ風呂という汚い?風呂にはいること・ストレスの減少などを行う療法です。このアトピーのナチュラル療法は、原理的に食事改善とストレス減少を基本として、それにアトピーの衛生仮説を取り入れた療法となります。まず、アトピーの食事療法は、高カロリー・添加物有りの欧米型から、低カロリーでバランスのとれた食事へ変更、ストレスにはものの見方を変えるサイモントン療法による認知行動療法を行ってストレスからの脱却を図ります。また、アトピーの漢方薬などで対処も行います。

アトピーのナチュラル療法で最も興味深いのは、マコモ風呂でしょう。このマコモ風呂は、見た目は非常に汚く入りたくない状態なのですが、環境バランスが自然に考慮されていて、患者の体に自然の免疫機能を教え込むという衛生仮説を基本とした治療法です。また、対症療法としての漢方薬軟膏なども用意されているようです。そういえば、昭和30年ころは、トビヒなどの感染症は多くありましたが、アレルギーはあまり聞いたことはありません。一部のアトピーで衛生仮説は当たっているのかもしれません。

アトピーの症状

アトピー対策
アトピーの症状は、基本的にはアトピー性皮膚炎が主体となります。アトピー性皮膚炎の場合、即時性のアレルギー疾患と遅延性のアレルギー疾患に分かれます。また、気管支喘息やかぶれ・感染症などの皮膚疾患、白内障や網膜剥離などの眼科疾患、皮膚疾患からの感染症などの合併症を起こすこともあります。主なアトピーの症状は、皮膚疾患として起こり、まず頭部から顔面、体幹、手足というように下肢方向に進んでいきます。アトピーの皮膚疾患の特徴は、発症時は、乾燥肌のようなかさかさした皮膚状態と赤い発疹、激しい痒みが伴い、下手をすると夜も寝ることができないという状況になるようです。

これらの生活に支障を来すような症状が、アトピーの症状の基本となります。また、大人のアトピーといわれる遅延性のアトピーの発症は、痒みまでは同様ですが丸く盛り上がる発疹になったり、皮膚が厚くなったりしていきます。他の合併症は、その名の通りの症状ですが、原因がアトピーによるため、痒みや搔破による感染症等とともに強い痒みを伴います。アトピーの症状は、子供にとっても大人にとってもつらいものがあります。できならばアトピーは、対症療法ではなく原因から治していきたいものです。

アトピーの予防

アトピーの予防は、妊娠期間及び生まれた後、成長期、大人になってからに分けられます。まず、一般的にいわれているのはアトピーは「遺伝する」ともいわれていますので、妊娠期間中の妊婦の食事に気をつけることがあります。まず、アトピーの原因となる食物アレルギーの原因物質といわれる、牛乳・卵・乳製品・大豆・小麦・米等の摂取を控えるというもので特に母親がアトピーの経験がある場合、その原因食物を摂らないようにすることで子供のアレルギーの発症を予防しようというものです。しかし、アトピーのアレルギー発症物質には子供に必須な栄養素を持つものが多く、なかなか難しいようです。また、アトピーが発症していてもしていなくても、アレルギー原因物質である細菌などにワザとさらし、本来の免疫抵抗性を本来の対象に向けさせるという予防方法があります。これは、どろんこ遊びなどで体を自然の中におき、本来の免疫を発揮させるというものです。

また、大人のアトピーに関しては、原因物質が環境に存在していることが多いため、原因物質を取り除くという方法になります。アトピーの環境に関連する原因物質は、ダニ・塩素・ホルムアルデヒド・ハウスダストなどがあげられています。特に水道水中の塩素濃度は、年々上昇の傾向にありアトピー発症にかなりの影響を及ぼしているようです。Web上でも、「2週間ほどハワイに行ったらアトピーが治ってしまった」等の報告もあります。アトピーは、人それぞれに原因がありますので、「予防はこれだ」と一概に言えませんが状況を把握することにより、予防は可能です。