アトピー対策完全ガイド|プロが教える独学で成功のための治療方法

アトピーを改善させる方法というのは色々とあります。これだけを改善させればアトピーが治るというわけではなくて、色々な面からみて、アトピーを改善させることが必要です。アトピーを改善するためには、まずはどんなことから始めればいいのでしょうか。食事の改善、ヘルスケアの面での改善、アレルギーでの改善といったように色々とアトピーを改善させるための方法というのはあると思います。食事で改善させるという場合には、毎日の体質を改善することを目的として、ステロイドを使わなくてもいいようにするために、サプリメントを摂取したり、栄養バランスの良くするなどする必要があります。スキンケアで改善するという場合には、化粧品を変えたり、肌の保湿を考えた製品選びなどがお勧めです。肌が弱い人というのは一般の人が使うような化粧品では、成分が強すぎることもありますので、スキンケアで改善させようと思っている人の場合には、化粧品選びや製品選びを徹底することも大切です。



アトピーでは症状を抑えるためにどうすればいいのか、考えるのではなくて、アトピーの体質を改善することを考えて色々な政策を考えた方がいいでしょう。食事にしても、化粧品についても、色々なことに注意して生活をしてみると、きっと薬よりは時間がかかると思いますが、アトピー体質を改善させることができると思います。薬物治療は即効性がありますが、根本の治療や改善にはつながらないのです。

アトピーとストレス

アトピー対策
アトピーの原因の一つにストレスがありますがご存じでしたでしょうか?皮膚の疾患なのに精神疾患であるストレスが関係しているなんて、考えられないと思っている人も多いと思いますが、実はストレスが原因で、アトピーになっているという人は多いのです。アトピーというのは、ホルモンのバランスが崩れることによっても起きると言われていますから、ストレスがたまった状態が続くと、ホルモンのバランスを崩してしまいます。自律神経失調症などをストレスがたまっていることが原因で引き起こすという人は多いと思いますから、やはり、ストレスが原因で、アトピーになるというケースは少なくありません。

アトピーの人がストレスを何らかの形で感じていることは確かです。ストレスが原因でアトピーが悪化していることもありますから、アトピーを改善させるためには、ストレスをためないことや、ストレスを上手に解消すること、リラックスすることや、楽しみを持つことなどが必要です。ストレスを解消して、ストレスをためないような環境で過ごすことができるようになれば、自然に、アトピーの症状が治まるという人もいます。アトピーは皮膚の病気なので精神的なことなどは関係がないと思っている人も多いのですが、実際には、アトピーはホルモンのバランスが崩れることでも発症しますから、ストレスや精神的なショックなどが原因で、アトピーになるということは人によってはありますので、覚えておくといいでしょう。

アトピーと動物園

アトピーになりにくくする方法の一つに、小さいうちに動物園に連れていくようにするとアトピーになりにくいというようなことを聞いたことがある人はいるかもしれません。テレビなどでもこれによく似たことを、放送していたと言われていますから、口コミでも、アトピーになりにくい体質にするためには、動物園に連れていくということが広まったこともありました。アトピーになりにくくするためには、やはり動物園に連れていくのがいいのでしょうか?

実際のところ科学的な根拠などははっきりと調べたところ分からなかったのですが、噂としては、動物と触れ合っているとアトピーになりにくいとか、動物園では、糞などから色々な成分が出ていて、それが空気中や大気に混ざっているために、それを1歳までに吸っておくことが、アトピーやアレルギー体質になりにくい状態にしているということでしたから、これは本当かも知れませんね。あまりにも神経質な状態で、無菌に近いような場所で子供を育てると、少しのホコリでもアレルギー反応を起こしたりアトピーの症状が出ると言われていますから、あまり清潔すぎるような環境で育てるというのも、アレルギーやアトピーの面からみるとよくないのかもしれません。しかし生まれながらにして、アレルギー体質であるとか、アトピーの体質であるという場合には、この限りではありませんので、症状を悪化させるようなことはしないようにして、動物園で症状が悪化するなら避けた方がいいでしょう。

アトピーのかゆみ

アトピー対策
アトピーのかゆみというのは、我慢が出来ないという人も多いのではないでしょうか。アトピーのかゆみは、なぜ我慢できないほどのかゆみなのでしょう。我慢が出来ないくらいにかゆみを伴いますから、大人でも、わかってはいてもひっかいてしまう人は多いと思います。子どもや乳幼児の場合には、さらにかゆみに対して我慢ができなくなりますから、掻き毟ることもあるのではないでしょうか。そしてアトピーのかゆみに負けてひっかいてしまった部分の皮膚というのは、さらに乾燥を繰り返して、アトピーの症状が悪化してしまうのです。

アトピーのかゆみは、皮膚を引っ掻くことによって、皮膚炎を併発することになります。皮膚炎というのは、皮膚のアレルギー反応をより活発にして、アレルギーの原因にアンっている物質を、すぐにでも排除してしまおうと働く仕組みになっています。ですが、アトピーの肌を引っ掻くと皮膚炎になり、それが悪化してしまうと、かゆみは益々かゆくなり、また引っ掻くという、悪循環を繰り返します。アトピーのかゆみは、ただ単に痒いだけではなく、かゆみが気になって仕事が手につかなかったり勉強が手につかなくなったり、中には夜に眠れないほどのかゆみを伴うという人もいます。こうしたアトピーのかゆみが原因で、普通に生活をすることができなくなり、ストレスがたまり、そのストレスがさらにホルモンのバランスを崩すことになるのです。悪循環になりやすいアトピーのかゆみは、引っ掻くことをやめること、かゆみを抑えることが大切です。

アトピーと遺伝

アトピーの症状は遺伝するのか、とても不安に思っている人は多いのではないでしょうか。結論からいえば、アトピーの症状を引き起こしている体質というのは、遺伝するのです。アトピー自体が遺伝するというのではなくて、アトピーの皮膚炎を引き起こす下人となる体質、遺伝的な要因が遺伝するといった方が正しい言い方になります。遺伝の方法というのは複雑ですから、必ずしも両親がアトピーだからといってアトピーになるというわけでもなく、軽いアトピーを持っている母親がいただけで、重度のアトピーの症状が子供に現れるケースもありますから、遺伝の仕方などは複雑です。

アトピーだけでなく、両親のどちらかが気管支ぜんそくになっているような場合でも、子供がアトピーになる可能性はあると言われています。アトピーは、色々な面で遺伝的な要素がとても強いと言われていますが、親がアトピーでない場合でも近い血のつながった近親者の中にアトピー性皮膚炎の疾患を患っているという人や気管支ぜんそくを持っている人がいるという場合には、アトピーが遺伝するというケースも考えられます。強いアトピーでなくても、季節性のアトピーなどにもかかりやすい状態にあるとう人もいます。両親がアトピーでなくても祖父母にアトピーの症状があれば、アトピーになる確率は高いです。アトピーの原因が環境であるという場合には、遺伝は考えにくいので環境を改善することでアトピーの症状を抑えることができます。

アトピーと漢方薬




アトピーの治療の方法の一つに漢方薬を利用するという人も多いと思います。漢方薬でもアトピーを治すことはできるのでしょうか。漢方薬というのは民間療法と思われがちなのですが、実際には、民間療法とは違っています。漢方薬といっても、医療機関などでちゃんと処方されてアトピーを治療するために、処方されますから、民間療法とはまったく違っているといってもいいと思います。漢方薬というのは、西洋医学の薬療法とはまた違った特徴があります。

アトピーでも漢方薬を利用して治療を進めることがあるのですが、対象となる症状としては、湿しんがひどい時や、赤みを帯びて熱を持っているときなどに利用されます。アトピーの症状は人それぞれ違っていますが、ジクジクと湿っているような場合でも、アトピーの治療法として漢方薬を利用することがあります。それぞれの症状によっても漢方薬の種類は違ってくるのですが、アトピーに対して処方される漢方薬としては、体質改善が目的でつかわれることが多いです。体質改善といっても幼児で胃腸虚弱の人や、食べ物のアレルギーがあってアトピーが化膿しやすい人などが使用することもあるようです。漢方薬なら、誰でも手軽に利用できると思っている人も多いかもしれませんが、実際には、きちんと医師の診断を受けた上で、漢方薬を使うようにしましょう。体質に合わない漢方薬を飲んでいてもアトピーの症状は効果が現れませんので意味がないでしょう。

アトピーと色素新着

アトピーの人が悩むことの一つとして、皮膚の色素沈着という悩みがあります。これは皮膚の色が黒っぽくなることを意味しているのですが、アトピーの人が、なぜ色素沈着になってしまうのでしょうか。その理由はステロイドを使っているから、色素沈着になると思っている人はきっと多いと思います。皮膚の色素沈着のメカニズムというのは、実際には、紫外線を浴びて、角質の一番下の層である、メラニン細胞が刺激されることで、メラニンがたくさん作られるので、黒っぽい皮膚になってしまいます。紫外線を浴びるということは日焼けの状態ですが、それによって色素沈着になります。

アトピーの人は、ステロイドを使うことで、色素が沈着していると思っている人は多いと思いますが、実際には、ステロイドを使って、アトピーの治療をした場合には、副作用としては、色素が抜ける方が正しくて、色素は沈着するということはないのです。アトピーの肌の人は、肌の色が黒っぽくなるのはステロイドの働きによるものだと思って、ステロイドの使用を勝手にやめてしまうというケースもあるのですが、やはりステロイドは、必要だから処方されるのであって、勝手に使用をストップしてはいけません。色素沈着について悩んでいるという人は、一度医師に相談してみてはいかがでしょうか。乾燥がひどくなることで、肌のターンオーバーが、活発に行われないことが原因で、色素沈着につながるということもありますのでアトピーの人は、注意が必要です。

アトピー性皮膚炎

アトピー対策
アトピー性皮膚炎は、「アトピー」の主症状で「アトピー」の代名詞となっている症状です。アトピー性皮膚炎については、家族内発症や気管支喘息などの病歴が重なることも多いため、遺伝性疾患と考えられてきました。アトピー性皮膚炎の症状は、頭部から発症が始まり、顔から体幹・下肢へと広がっていきます。思春期には、間接の内側などに集中的に発症します。思春期以降は、乾いた慢性疾患の症状を見せます。乾燥して赤くなり、白い粉をふいたようになります。強い痒みを伴い、慢性化すると皮膚が次第に厚くなり、鳥肌状になったりします。またいぼ状の痒ができたりして、いぼになることもあります。

これらの家庭内発症などからアトピー性皮膚炎は、遺伝や遺伝性アレルギーなどが原因とされていましたが、現在は環境条件も原因とされています。また、アトピー性皮膚炎は、接触性皮膚炎を起こしやすく、洗剤や化粧品オムツからも発症しやすいようで、炎症と一緒に黄色ブドウ状球菌により伝染性膿痂疹(とびひ)を発症することも多くあります。また。水いぼなどのウイルスによる皮膚疾患にも感染しやすく、単純ヘルペスにかかると重症化しやすいこともいわれています。特に掻破(かきむしり皮膚を破る)行動に走りやすく、これも感染症などの原因になりやすいようです。

アトピー型気管支喘息

気管支喘息とは、アレルギー反応や細胞・ウイルス感染などが発端となり、気管支の炎症が慢性化することをいい、気道過敏性の亢進や可逆性の気道の狭窄を起こして、発作的な喘鳴や激しい咳などの発作を起こして、呼吸が苦しくなることをいいます。気管支喘息の原因は、アレルギー反応や細菌・ウイルスへの感染が炎症の原因であり、アトピー性の炎症が気管支に起こった場合、アトピー性気管支喘息といいます。気管支喘息は、幼児期に発症することが多いアトピー性気管支喘息と、40歳以上の成人発症に多く見られる非アトピー性の2種類に分類されます。

アトピー性気管支喘息の場合、アトピーを発症する原因により気管支の平滑筋に炎症が起こったり、気道粘膜の浮腫や、気道分泌液の亢進などが発作として激しく起こります。そのため、アトピー性気管支喘息の発作を起こすと、呼吸困難や過呼吸・酸欠・体力の消耗を招くととなります。結果として、死に至ることもあります。アトピー性気管支喘息は、原因が「アトピー」であることがわかっていますので、アトピーの原因を解消できれば、解消することができるようになります。しかし、「アトピー」自体の原因が確定できてない現在は、完全に解消ができないことは、仕方がないでしょう。

子供のアトピー

アトピー対策
子供のアトピーについては、幼少期と学童期の2つにわけられます。幼少期の場合は、主に食物アレルギーが主因でありかつ皮膚が十分に発達していないため、軽い痒みでも皮膚を掻き破ったりして重症のように見えることもあります。食物アレルギーは、年齢と共に消えることも多く、それに伴いアトピーも軽くなることが多いようです。また年齢が上がるに従って、皮膚も強くなってきますので自然に治ってくるようです。しかし学童期になると、ダニやハウスダストなどのアレルギーが増えてきて、アトピーの発生が見られることもあるようです。

アトピーは、幼少期から学童期に至る際に発症は多いのですがかなりの確立で直ることが」多いようです。ただし、ダニやハウスダストのような環境要因でアレルギーが陽性になるようであれば、大人のアトピーに近くなり、難治性にもなりかねませんから、対策を行うことが必要です。子供のアトピーでの幼児性の場合は、母親の妊娠時期の食事も影響すると言われていますが、確たる実証は無い状況のようです。ともあれアトピーの体質は、継承しやすいようなので注意は必要ですが、過剰な対策は控えるべきでしょう。逆に、妊娠期にストレスを減ずるほうがより効果が高いでしょう。

大人のアトピー

大人のアトピーは、子供と異なり環境要因のほうが大きいといわれています。もちろん食物アレルギーが残る場合もありますが、環境要因の影響が多いようです。アトピーの環境要因としては、ダニ・ハウスダスト・花粉・ペットの体毛・ホルムアルデヒドなどがあります。子供のころにアトピーを発症して、大きくなって治りまたアトピーを再発で発症した場合、難治性になりやすいと言われています。アトピーの湿疹は、一般に紅班と呼ばれる赤い盛り上がったものが多く。顔面、首、手足の間接部分に多く発症します。また、苔癬化といって皮膚が厚くなる感じになることもあります。

これに加えて大人のアトピーの場合、痒疹という赤く丸く盛り上がった湿疹ができる場合があり、これはステロイドや内服薬でもなかなか治らないようです。また大人のアトピーの場合は苔癬化することが多いため、これも難治性であるようです。大人のアトピーが治りにくいのは、主に原因が環境要因であるため原因除去が難しいことからも難治性であるといえるでしょう。特に皮膚のバリア機能がその人として完成しているため、なかなか治り難くなっているようです。まずは、難しいのですが原因除去または減少にトライをして、アトピーの改善に取り組みましょう。