アトピー対策のために必ず得るべき情報と効率的な治療のまとめ

アトピーとはアトピー性皮膚炎のことを言いますが、強いかゆみや湿疹などが出てきて良くなったり症状が悪くなったり、何度もぶり返したりする皮膚の病気です。アレルギーのことをアトピーと呼んでいるのですが、数年前までは、乳幼児や赤ちゃんなどに多い病気として知られていたのですが、今は大人でもなかなか治らない皮膚疾患としても知られています。アトピーという名前ですが、なぜこの名前が付けられているのでしょうか。アトピーという名前は、もともとは奇妙である、不思議なという意味があるのですが、ギリシャ語からつけられました。



アトピーは、アがついていることで、トピーの不思議なという意味を否定しているということになりますので、結局は、アトピーというのは、これとは断言できない奇妙な、皮膚炎という意味合いでつけられた名前です。アトピー性皮膚炎という名前を付けたのは、アメリカ人の病院で働く医師で、1928年に付けられました。ギリシャ語では、原因不明の、不思議なといった意味のある皮膚炎ということになります。アトピーというのは、体の外からはいってきた抗原を体が異物だと思って排除して、免疫機能が働きます。これがアトピー性皮膚炎として発症することになるのです。皮膚に症状が出る人もいれば、咳などの症状が出る人もいますから、色々ですが、アトピー性皮膚炎の人というのは、何かアレルギーがあるということになるのです。アトピー性皮膚炎になっている人は、ですから何か食べ物や物質などにアレルギーがあることになります。

アトピーの薬

アトピー対策
アトピーの薬と聞くとだれもがステロイドをイメージする人は多いと思います。確かにアトピーの薬として、ステロイドが処方されるケースは多いでしょう。ではこのアトピーの薬として知られているステロイドというのは、一体どんな薬なのでしょうか。アレルギーの薬の中で一番有名といってもいいのが、ステロイドです。これは副腎皮質ホルモンを使っているもので、炎症を静める作用があります。炎症に対して劇的な効果が見られるために、アトピーの症状があまりにもひどいという場合には、ステロイドが処方されます。ステロイドを塗れば、2-3日もすれば誰もが炎症が静まります。

しかし効果は抜群ではありますが、実際には依存症の心配もありますし、副作用などもあると言われていますので、アトピーの人がステロイドを使うと聞くと、抵抗を感じたり、怖い薬だと思っている人は多いのです。ステロイドは確かに怖い薬かも知れませんが、使い方などをよく守れば、怖い薬ではありません。長期間使うと依存度が高くなりますし、女性の場合には子宮などにステロイドの成分が貯まると言われているので、あまり長い時間使うことはよくありません。アトピーの症状が特にひどくて、対処できないくらいになった場合には、一時的にステロイドを使用して、炎症を抑えることはありますが、日常的に使うということはできるだけ避けた方がいいかもしれませんね。ステロイドは処方されたら医師の指示に従って使いましょう。

アトピーと漢方

アトピーにはステロイドなどの薬を使って治療をしたり症状をよくしている人は多いと思いますが、西洋医学の中では、アトピーというのは原因が分からない皮膚の病気とされているのです。しかし東洋医学で考えてみたら、漢方医学では、どんな病気でも原因はありますので、アトピーにも原因はあると考えられているのです。東洋医学からみたアトピーの原因としては、今の現代の食生活習慣や生活習慣などが関係していたり、他にも環境なども関連して発症していると言われています。添加物が入っている食生活や、ストレス社会、生活が不規則であるということなどが、アトピーを引き起こしていると言われているのです。

人間というのはもともとアレルギーから、体を守ろうとしている力がついているので、こうした不規則な生活や食生活を続けているということで、アレルギー物質が体の中に入ってきて、アトピーなどになりやすい状況にあると言われているのです。そこでステロイドを使って炎症を抑えるのではなくて、漢方で、体質を改善させようというのが、漢方を使ったアトピーの治療法なのです。漢方薬というのは、自然の植物などから作られていて、自然治癒力を高める働きがあります。アトピーの人は免疫力なども下がっていますし、自然治癒力なども弱まっていると考えられますから、こうした人は、漢方を利用して、自然治癒力などをアップさせる方がいいでしょう。アトピーの治療は、漢方を飲んで、体質を変えるという方法もあるのです。

乳児アトピー

アトピー対策
乳児アトピーは乳幼児期に出るアトピーのことを言います。乳児アトピーというのは、皮膚の防御機能が正常に働いていないことが原因で起きるといされています。色々と原因はありますが、皮膚にダニやごみといったものが入り込んで起きたり、必要な体の水分が蒸発してしまってアトピーの症状が、起きると言われています。乳児アトピーは、なかなか治りづらいといわれていて、年齢が上になれば自然に治ると言われていますが、すぐには治らないのが特徴です。あかみが強く、ジクジクな状態になっている重度のアトピーに悪化してしまうケースも少なくありません。乳児アトピーでは、乳児が、かゆみに我慢できずに、かきむしってしまうために、悪化してしまうということもあります。ですから、早めに症状を抑えるためにステロイドの配合されている軟膏による治療なども行われています。

乳児アトピーのケアの方法としては、とにかく清潔にすることが大切です。毎日スキンケアすることはもちろんですし、汚れたらすぐにきれいにするように心がけましょう。軟膏を処方された場合には、指示された回数を塗るようにして、増やしても減らしてもいけません。自己判断で軟膏を塗ると早く治らないので注意しましょう。そしてかきむしって悪化しないようにするためにも、爪は短く切っておいて、厚着をしてかゆみを起こさないようにすること、衣類は、ちくちくしているものは避けて綿のものを選びましょう。寝ているときも温め過ぎないことが大切です。

赤ちゃんとアトピー

赤ちゃんの中にはアトピーにかかりやすい人がとても多いと言われています。アトピーはアレルギーが原因で起きているのですが、アトピーにかかる赤ちゃんは実際のところ、年々増えていると言われているのです。3人に1人の割合で、アトピーが起きやすいアレルギーの症状が体の中にあると言われているのが現実です。アレルギーが体の中にあると、アトピーとして表れますが、これは皮膚に現れた状態のことを言います。他にも気管支ぜんそくとして表れる人もいますし、アレルギーの現れ方というのは人それぞれ違っています。

赤ちゃんでアトピーになってしまうと、痒いので、我慢できずにかきむしってしまって、痛々しいことになり、お母さんは何とかしてあげたいと思うと思います。赤ちゃんがアトピーである可能性が高いという場合には、生活環境に注意してあげましょう。例えば、室内は掃除をこまめにして、綺麗な環境を整えることも大切ですし、他にもじゅうたんなどは、使わないようにしましょう。カーテンなどは、化学繊維製品を使うことで、ほこりがつかないですから、お勧めです。他にも赤ちゃんがアトピーの場合には、ペットを飼う際に注意が必要です。他にも綿100パーセントのものを肌に身につけてあげることや、布団などの寝具にも気を配る必要もあります。赤ちゃんのアトピーは、月齢が進むごとに症状はましになると言われていますが、医師の治療の元で、ましになることを待つか、体質改善をするよりほか方法はないかもしれません。

アトピーの原因




アトピーの原因はなんでしょうか。アトピーの原因というのはそもそも体質であると言われているのですが、アレルゲンに触ったり食べたりすることで、アトピーになるとも言われています。しかし実際には、そういった体質というのはないとも言われているのです。ではアトピー体質というのはそもそも存在していないのでしょうか?遺伝子というのは両親から引き継いで、高い確率で引き継がれます。例えば、両親がアトピーである場合には、遺伝するケースもありますし、祖父母がアトピー体質であっても遺伝すると言われていますからこれらの、関係している人たちが、アトピーにかかっていないのであれば、突然その子供だけがアトピーになるということはありません。突然アトピーの子供が生まれるということは無いに等しいといってもいいかもしれません。

アトピーの原因というのはアレルギーが原因で起きる人もいれば、環境的なもので、ほこりなどがアレルギーになって、それが原因でアトピーになっている人もいます。食べ物が体に合わないことが原因でアトピーになる人もいますから、アトピーの原因というのは特定しにくく人それぞれ違っているので、これだと、1つに断定することは難しいでしょう。
アトピーの人というのは原因をまずは知った上で、治療を進めていけば、アトピーの治療がスムーズに進みますし早く治療ができていいかもしれませんね。早めに原因を知っておっことは予防にもつながりますし、改善にもつながります。

アトピーの症状

アトピーの症状というのは、人それぞれ違っています。症状は年齢とともに変わっていきますし、同じ年齢の人でも原因が違えば、アトピーの症状の出方も違ってくるので注意が必要です。アトピーは種類が三段階に分かれていて、年齢に応じて、乳幼児型のアトピー性皮膚炎と、小児型アトピー性皮膚炎、そして成人型のアトピー性皮膚炎というように分けられています。それぞれ共通した症状としては、強いかゆみを伴うことや、湿しんとなっています。アトピーのかゆみの症状というのは、肥満細胞のヒスタミンが分泌して怒っているものと炎症に反応して、サイトカインが分泌することで起きるもの、炎症反応が知覚神経に影響して起こるものに症状によって分けることができます。

そしてアトピーの湿疹の症状の場合には、患者の免疫状態に左右されやすくて、以上なリンパ球やマクロファージといったものによって作られていると言われています。アトピー性皮膚炎の症状としては、目に見えてかゆみを伴い、かきむしることで、より症状が悪化してしまって。そのことが原因で傷になり、出血するというようなこともあります。出血をしたところから、さらにかゆみを伴って、薬を塗ってもなかなかかゆみが治まらないほどの、アトピーの症状を伴う人は、少し重度のアトピーといってもいいと思いますので、適切な治療を受けた方が、早く改善につながりますし、症状の緩和にもつながります。アトピーの症状はかゆみや湿疹が主な症状です。

アトピーと温泉

アトピー対策
アトピーの治療法は色々とありますが、その一つに、温泉に入って治療をするという方法もあります。温泉といっても色々な効能のある温泉があります。温泉というのは、お湯によって効果が違いますが、共通して言えることとしては、お湯が体の芯まで温めてくれて、体の血液の流れが良くなると思います。体の血液の流れが良くなれば、皮膚の再生が活発になりますから、古くなった皮膚は代謝されて、新しい皮膚が生まれ変わりやすい環境になります。ですから、アトピーで乾燥しきった古い皮膚が再生するのに役立つのです。

他にもアトピーの肌というのは乾燥していますが、温泉につかることによって、皮膚に水分が浸透していきますので保湿効果が高まります。アトピーの人の皮膚というのは、一部の場所で血行不良が起きていて、体温についてもその部分は低めになっていますので、温泉に入るということは、血液の流れもよくなって、体の温度も上昇するので、それがアトピー体質を改善させることにもつながります。温泉による治療法なども実行している人も多いと思いますが、アトピーで一番大切なこととしては、皮膚を常に清潔にしていること、そして乾燥を減らしてかゆみを抑えること、アレルギーを調べることなども併用して行うようにするといいかもしれませんね。温泉に入ることで体調が改善されてホルモンが活発になれば、免疫力などもアップして、それが結果的にアトピーを改善させることにもつながるかもしれませんので、実行してみるといいでしょう。

アトピーと入浴剤

アトピーの人は入浴剤選びにも慎重にならなければ、アトピーの症状を悪化させてしまうことがありますから、注意しましょう。アトピーの人の肌というのは乾燥肌ですから、入浴剤を選ぶ際には、乾燥を予防してくれる、保湿成分の入っているような、入浴剤を選ぶのがお勧めです。とは言っても保湿成分が入っていれば何を選んでもいいというわけではありません。成分を見て、その成分が肌にとって良いものであるかどうかは、きちんと調べた上で、アトピーの人は入浴剤を選んだほうがいいでしょう。

今は、アトピー肌専用の入浴剤なども販売されています。アトピタや、エモリカなどが有名です。他にも入浴剤として販売されているわけではありませんが、竹酢液がアトピーの人には効果があると言われていますので、竹酢液をお風呂の中に入れてみてもアトピーの症状を抑えてくれていいかもしれませんね。アトピーの肌の人は、普通の人以上に入浴剤選びは慎重に行うようにしましょう。肌に合わないような入浴剤を利用してお風呂に入っていると、場合によってはアトピーの症状を悪化させてしまっているということもありますので、悪化させないこと、乾燥肌を改善すること、保湿しやすくすることなどを目的としている入浴剤を選ぶようにするといいかもしれませんね。アトピーの人の入浴剤選びは、専用コーナーなどを設けているところも今は増えていますので、昔以上の入浴剤選びは大変ではなくなったのではないでしょうか。

アトピーと保湿

アトピー対策
アトピーの肌の人というのは乾燥肌ですから、乾燥を予防しなければアトピーの辛い症状が治まりません。乾燥肌は、かゆみを伴い、それがひどくなるとアトピーでも我慢していられなくなると思います。アトピーの人でひどい人になると、赤みを帯びた湿疹があり、その上で、乾燥していることで、皮膚がぼろぼろになって、真白になっているということがあります。皮膚がぼろぼろになっている場合には、皮膚が乾燥しきっている状態ということになりますから、乾燥を防ぐ必要があります。乾燥を防ぐためには、皮膚を保湿しなければいけないのです。

保湿効果の高いクリームや入浴剤などを利用して、しっかりと日々保湿していると、乾燥肌も改善されてかゆみを伴うようなことはないかもしれません。なかなかすぐに乾燥が治まらないということもあるかもしれませんが、こまめにクリームなどを塗っておくといいでしょう。アトピーの肌の人は、皮膚がかゆみを伴っていることもあって、掻き崩しをしてしあっていて痛みを伴っている場合もあります。掻きすぎて、肌がより乾燥状態になることを防ぐためにも、早めにクリームを塗るなどして、肌の保湿に気を配るようにしましょう。ステロイドなどの炎症を抑える薬を塗って保湿効果や免疫効果を高めているという人も中にはいると思いますが、朝1度塗ったままずっと放っておくというのでは、保湿は維持されませんので、出来るだけこまめに、クリームを塗るなど対処しましょう。

アトピーと化粧品

アトピーの人が化粧品を選ぶという場合には、慎重に選ぶ必要がありますね。アトピー性皮膚炎というのは、体の体質が原因であると割れています。アトピーの人の肌というのは角質層のバリアの機能が、大変弱っているのが特徴として挙げられますから、化粧品などで強い成分のものを利用してしまうと、肌にダメージが与えられて、それがアトピーを悪化させることにもつながるのです。

アトピーの肌の人が化粧品を選ぶ際には、刺激が少ない成分の化粧品選びがポイントです。メイク落としや洗顔フォームの場合には、合成界面活性剤が入っていないもの、香料や色素なども入っていないものを利用すると安心です。他にも弱酸性のものを選ぶことも大切です。洗浄成分以外にも、アトピーの人は、皮膚を保護するような、成分が入っているかどうかに着目して化粧品を選ぶといいかもしれませんね。せっかく化粧品選びを徹底していても、使い方ややり方が間違っていれば、アトピーを悪化させてしまいますから、正しい洗顔方法を身につけることも大切です。例えば、洗顔をするとう場合には、よく泡立てた上で、ごしごし肌をこすって洗顔しないように優しく泡で包み込むようにしてあるようにしましょう。タオルで顔を拭く際も、ごしごし拭きとるのではなくて、押さえるようにして拭くことがアトピーの人の肌には優しく、刺激を極力抑えることになります。アトピー肌専用の化粧品なども販売されていますから、そちらも利用してみるといいかもしれませんね。