花粉症対策で失敗しない本当におすすめな治療方法

家族に花粉症の人がいる場合、花粉症になる確率はかなり高いようです。花粉症は遺伝すると言われており、まだその遺伝のメカニズムは完全には解明されていませんが、親が花粉症だとかなりの確率でこどもも花粉症になるようです。全般的にアレルギー体質は遺伝すると言われています。アトピーや、アレルギー性鼻炎などの体質によって掛かる病気は遺伝によって受け継がれることが多く、親と同じような症状を示す子どもが多いようです。遺伝なので、両親のどちらの形質を引き継ぐのかによって変わってきますが、両親とも花粉症の場合はとこどもが将来花粉症になると考えていた方が良いでしょう。



逆に、家族に誰も花粉症の人がいない場合、花粉症のような症状が出たら、何か別の病気の可能性があるので、注意が必要です。もちろん、人間の体質は環境や食生活によって変わるので、花粉症になることもありますが、家族に誰も花粉症の人がいないのに、花粉症の症状が出るという場合には、病院に行ってきちんと検査をしてもらった方が良いかもしれません。花粉症をはじめとするアレルギーのテストは、病院で血液検査をすることで受けることができるので、気になることがある場合には相談してみてください。

春の花粉症

花粉症対策
花粉症には様々な原因物質があります。ここでは、春の花粉症の原因になるものを見ていきましょう。花粉症といえば誰もが思い浮かべるのが、杉花粉ではないでしょうか。春の花粉症はこの杉花粉症をはじめ、多くの花粉症原因物質によって引き起こされます。春の花粉症の原因物質として次に有名なのは、ヒノキやイチョウでしょうか。花粉症の自覚がある人だと病院で花粉症の原因物質のうち、どれに反応するのかということを調べてもらったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

春の花粉症の原因物質は、知られているものだけでざっと20を超えます。イチイ、イチョウ、クマシデ、ケヤキ、コナラ、スギ、ハンノキ、ヒノキ、オオバヤシャブシ、ポプラ、ヤナギ、イタリアンライグラス、イチゴ、ギシギシ、クリ、シラカバ、スズメノテッポウ、ヒメスイバ、マツ、ミズナラ、ホソムギ、ニセアカシヤ、カモガヤ、オオアワガエリといったところが春の花粉症の原因になるとされています。春は植物の芽吹きの季節であり、植物にとって花粉というのは大事な働きをするものです。特に日本では杉などが多く植林されているため、一度花粉症にかかってしまうと、春の杉花粉は恒例のようになってしまうものです。

夏の花粉症

花粉症と言うと春と秋のものという印象がありますが、夏にも植物は活発に活動し、花粉症の原因になる物質も、大気中にたくさん飛んでいます。夏の花粉症の原因になるものとしてポピュラーなのは、イネです。お米のもとになるイネは実は花粉症の原因になるもので、夏の鼻炎の原因になりますが、実はあまり知らていないアレルゲンです。また、夏の花粉症の原因になるのはイネの他に、甜菜、夾竹桃(キョウチクトウ)、ヒメガマ、カモガヤ、オオアワガエリ、イチゴといったものが知られています。夏の暑い時期の花粉症は、暑さとあいまってかなりこたえるものです。また、夏には花粉症はないと思っている人が多いため、自覚があればとるであろう対策も取らない人が多いという事情もあり厄介なものです。

花粉症は植物の花粉に体の免疫反応が過剰に反応して起こるものです。夏には夏バテなどによって体力を消耗しやすく、それゆえ免疫系も弱りやすくなっています。実は夏の花粉症というのが一番厄介かもしれません。もし毎年夏になると鼻炎のような症状が出るといった経験がある方は、一度夏の花粉症の原因物質に関するテストをしてみると良いかもしれません。夏風邪ではなく花粉症だと判明するかもしれません。

花粉の飛びやすい日

花粉症対策
花粉症になると、花粉の飛散状況が気になるので、天気予報をよく見るようになります。花粉症の原因になる花粉は、遠くから飛んでくるものがあります。最も有名な杉花粉症の原因物質である杉の木の花粉は、数十キロ先まで飛ぶそうです。花粉というのは、植物が子孫を残すために飛ばすものです。生物の子孫を残すための戦略は、実によく設計されており、花粉も天気の状況によって、飛び方が変わってきます。それゆえ、花粉症の人にとっては、今日が花粉の飛びやすい日なのかどうか、ということが重要になってきます。

花粉の飛びやすい日というのは、最高気温が摂氏15度以上で、湿度が60%以下の日だと言われています。花粉は水分を吸うと重くなり、遠くに飛ばなくなるため、湿度が高い日にはあまり花粉を出さないそうです。また、気温が低いと上昇気流が生じないので、これまた遠くに花粉が飛ばせないため、花粉をあまり出さないということです。花粉が飛びやすい日の条件を見ると、花粉症の人以外にとっては、天気が良くてカラッとした心地よい日ですが、花粉症の人にとっては大量の花粉が飛ぶ悲惨な日、ということになります。花粉の飛びやすい日について知らなかった人は、今後は天気予報を見て、良い天気、でも花粉が飛ぶ日だ、と考えて薬を飲んだり、マスクをしたりしてください。

天気予報と花粉症

花粉症の人にとって、花粉が飛び始める時期に気になるのは何といっても、天気予報です。花粉症の原因になる花粉は、風に乗ってやってきます。たとえば、東京都内には杉の木が群生しているエリアはごくわずかですが、周辺のエリアから風に乗って花粉が飛んでくるため、都内に住んでいても花粉症から逃れることは出来ません。近くに杉山があるエリアに住んでいる人は言わずもがなです。そこで、花粉症の人にとって、花粉が飛散する時期の関心ごとは、天気予報から予測される、花粉の量と方向になります。

花粉症は花粉さえ吸い込まなければ症状が出ることはないので、最も効果的な方法は、物理的に花粉を取り除くことです。しかし、花粉の粒子は細かく、風に乗って飛んできた花粉は家の換気扇やわずかな隙間から入り込みます。また、風の強い日などは、衣類や髪の毛に付着し、家の中に入ってきます。花粉症の人にとって、花粉の時期に降る雨は、ちょっとした恵みになります。雨の日には花粉が飛ばないので、症状が出ることもなく、穏やかに過ごせるからです。とはいえ、雨に流された花粉の量を見ると、これがもし飛んでいたらと思ってゾッとすることも少なくありません。これからも花粉症の人にとって、花粉の時期の天気予報は欠かすことができない必須情報です。

花粉症の初期治療




花粉症には初期治療が効果的です。花粉症の症状が出るのは花粉が飛ぶ時期です。つまり、花粉症が発症するタイミングというのは事前に予測ができるということです。花粉症の症状は、花粉という異物が人間の体の中にある免疫系という仕組みを刺激することで起こります。免疫系というのは、人間の体の中に入ろうとする異物を排除しようとする仕組みで、体内に寄生虫が入り込んだり、菌やウイルスが入り込むのを防ぐ仕組みです。花粉症というのは、この免疫系が花粉に対して過剰反応をすることで、涙や鼻水、くしゃみや目のかゆみなどを伴う症状を引き起こすものです。

花粉症の初期治療は、この免疫系が花粉に過剰反応しないようにすることで、花粉症の症状を緩和しようというものです。それによって、花粉が飛び始める時期になっても、涙や鼻水、くしゃみに悩まされる回数が減ります。また、鼻炎の症状を抑える薬などを飲む回数が減るので、体への負担も少なくなるというメリットがあります。花粉症は、症状が出始める時期が分かっている病気で、かつ、事前に対処することで花粉の飛ぶ期間の状態をある程度コントロールできるものです。つまり、自分で準備することで、症状を緩和して快適に過ごすことができます。早めに病院で相談して花粉の時期に備えましょう。

花粉症の薬の特徴

花粉症の症状を緩和する薬には数多くの種類があります。花粉症の薬の中でも特に多くの人に利用されているのが、鼻炎の薬です。鼻炎の薬は、花粉症の悩みの中でもとりわけ悩ましい鼻水を止める働きがあります。花粉症になって辛いのは、鼻づまりによる息苦しさです。鼻炎による鼻づまりは、集中力を妨げて、仕事などにも専念できないことがあり、花粉症患者の多くが、鼻炎を止めるために薬を飲みます。花粉症による鼻炎は薬を飲むことで治まりはするのですが、一つ難点があります。それは、花粉症用の鼻炎薬を飲むと猛烈な眠気に襲われることが多いということです。また、連続して使用することが制限されているものも多く、日中使っていた場合、夜になると使えなくなってしまうものもあります。それだけ効果が強い薬だということですね。

また、花粉症の薬として使われているもので有名なのは目薬です。花粉症の人の目に花粉が触れると、猛烈な痒みに襲われます。その痒みに負けて目をこすってしまうと、花粉によって眼球が傷つくこともあります。またコンタクトレンズの人などは、コンタクトレンズの汚れの原因にもなるので、病気なる可能性が高まります。そこで活躍するのが痒み止めの目薬です。この花粉症のかゆみ止め目薬は、コンタクトレンズと併用できないものもあるので注意が必要です。

花粉症予防の薬

花粉症対策
花粉症の症状を緩和する薬があるのをご存知でしょうか。花粉症に苦しんでいる人の中にはすでにそうした薬を利用している方もいらっしゃるかもしれません。花粉症の季節である春になる前に病院に行くと、花粉症の予防薬について相談をすることができます。そこでは、花粉症の症状である鼻水やくしゃみ、涙などを抑えてくれる薬や、そもそも花粉症を発症せずに済むような薬を処方してくれます。とはいえ、体質などもあるので、まずは病院にいって自分の体質について相談してみるのが良いでしょう。

花粉症の諸症状に効くという薬は薬局などでも市販されており、症状を緩和するだけならこうした薬を服用するというのも効果的な対処法になります。たとえば、花粉症と言ってもくしゃみなどはあまり出ずに鼻水だけを止めたいという場合には、こうした症状別に売っている薬を飲めばとりあえず鼻水は止まるので、日常の仕事などのn障害になることはありません。しかし、花粉症などの鼻炎の薬の中には猛烈に眠気を誘うものもあるため、運転などの前には服用できないものもあります。花粉症の薬は便利ではありますが、用法や用量などの注意をよく読んで、仕事などの差しさわりがないように使用するようにしましょう。

花粉症と点鼻薬

花粉症の薬には数多くの種類があります。ここでは、花粉症の際にかかる鼻炎の薬である点鼻薬の紹介しをしましょう。
花粉症になって辛いのは、目、鼻、喉です。花粉症用の薬を薬局などで探してみると、それぞれに、目薬、点鼻薬、のどスプレーなどの直接患部に使用するものと、飲み薬タイプのものがあります。飲み薬タイプの花粉症薬は、身体の中にある免疫系の反応自体を抑えるものが多く、目、鼻、喉全てに効きますが、効果が強いため副作用があります。たとえば、喉が渇いたり、鼻が乾燥したり、猛烈な眠気に襲われたりします。花粉症の症状を抑えたいけれど、薬を飲むことで、こうした副作用とも戦わなければならないので、飲み薬タイプは両刃の剣だと言えます。

花粉症の症状で特につらいのは、鼻炎です。息苦しさは不快感を伴いますし、鼻づまりは集中力を奪います。鼻炎だけに効く飲み薬もありますが、鼻炎薬の多くは眠気を伴うので、仕事の最中に飲むには抵抗があります。そこで活躍するのが点鼻薬です。点鼻薬は、直接鼻腔に噴霧することで、鼻の中の血管に作用して、鼻づまりを解消してくれます。そして、何よりのメリットが、点鼻薬は眠気を誘わないことです。運転の前や仕事中には、飲み薬よりも点鼻薬がお勧めです。

花粉症と空気清浄機

花粉症対策
花粉症の人の必需品と言えば、空気清浄機ですね。空気清浄機があれば、花粉症の原因になる花粉を撃退できると思っている人が多いようです。しかし、実際に花粉症対策に空気清浄機を使うには、正しい知識が必要です。ここでは、花粉症対策に役立つ、空気清浄機の正しい使い方、選び方を見ていきましょう。花粉症対策に空気清浄機を買う理由は、部屋の中にある花粉を除去するためです。そこで大事なのが、購入した、あるいは購入しようとしている空気清浄機が花粉症予防に役立つ性能かどうかを判定することです。つまり、花粉を取り除けるのか?ということです。

空気清浄機にはフィルタが付いています。このフィルタの網の目よりも小さい物は通過してしまうので除去できません。杉花粉の大きさは25マイクロメートル(0.025ミリ)です。また、ハウスダストとして知られているダニの死骸はその5分の1で5マイクロメートルです。花粉症対策だけでなく、ハウスダストなどのアレルギー性鼻炎の原因も除去できるので、空気清浄機を選ぶ際にはフィルタサイズが5マイクロメートル以下のものを探しましょう。また、花粉症予防に空気清浄機を使う際には、部屋の空気が循環して清浄機を通過するようにしないと、花粉を除去してくれないという点に注意が必要です。ただスイッチを入れるだけだと、部屋の中の一部の空気しかきれいにしてくれないので、できればファンの付いたものが良いでしょう。

花粉症対策~掃除のポイント

花粉症は人間だけのものではありません。実は人間以外の動物も花粉症にかかります。つまり、ペットとして一緒に暮らしている犬も花粉症にかかることがあるということです。花粉症のメカニズムは、人間も動物も同じで、身体の中にある免疫系という、異物を排除しようとする仕組みによって引き起こされます。花粉症というのは、花粉という異物を排除しようとして、過剰反応を起こす結果、くしゃみや鼻水、涙や咳といった身体反応が引き起こされるものです。そして、そのきっかけは大量の花粉を吸い込むことです。飼い主が花粉症になるくらい大量の花粉が飛散している地域に住んでいれば、そのペットも同様に花粉症になる可能性はかなり高いと言えます。

ペットが花粉症になった場合には、かかりつけの獣医さんに相談すると良いでしょう。花粉症の症状は、人間と同じように、くしゃみをしたり涙を流したりというものなので、普段と違うな、という感じがしたら獣医さんに相談してみてください。動物の花粉症にも薬があるということなので、症状がひどいようなら薬を飲ませて、症状が緩和するようにしてあげると、ペットも喜ぶでしょう。動物は自然の生き物だから、花粉症にならないと思われがちですが、やはり動物の中にもデリケートなこたちがいるのですね。