花粉症対策完全ガイド|プロが教える独学で成功のための治療方法

花粉症に悩んでいる人はとても多いのですが、花粉症に悩んでいる人のアンケートを見たことがありますか?もしもあなたが花粉症に悩んでいるのであれば、一度アンケートを見てみるととても参考になっていいと思いますね。たとえば花粉症のアンケートにはどのようなことが書かれていたのかというと、花粉症のアンケートの中では、毎年どれくらいの時期から花粉症対策をしているのか?という質問がありました。皆さんかなり優秀で、その時の答えには、だいたい3―6か月前から少しずつ花粉症対策を始めているという人が多かったです。



そして他にも花粉症の時に外出するときにはどのような格好をしているかというアンケートもあったのですが、完全防備で、メガネにマスク、防止にナイロン製のコートやジャケットを着て出かけるという人がほとんどでした。また効果のあることとして実践していることとしては、ヨガやピラティスで抵抗力をアップさせているという答えも花粉症のアンケートにはありましたし、ヨーグルトを毎日食べるなど食生活面で気をつけているという人も多かったように思います。このように花粉症のアンケートを見てみると、同じ花粉症に悩んでいる人がどんな対処法をしているのかなどを知ることができます。

花粉症の症状

花粉症対策
花粉症の症状は人それぞれ違っていると思いますが、よくあるのが、風邪の症状と間違えられやすいということです。たとえば頭痛がしたり、咳が出たり鼻が出たり人によっては熱が出るという人もいるようです。発熱をしてしまうと風邪だと思ってしまう人も多いのですが、実際には花粉症の症状だったということもあります。季節の変わり目や春先に毎年風邪をひいていると思っている人はもしかすると花粉症かもしれません。決定的な花粉症の症状というのがありませんから、実際に花粉症なのか判断しづらいと思いますが、毎年のことなのでしたら一度病院で血液検査をしてもらうといいかもしれませんね。

血液検査をすれば風邪の症状なのか花粉症の症状なのかがはっきりします。また花粉症の症状は目のかゆみを伴ったり、めまいが起きたり、皮膚がかさついてかゆみを帯びるというような症状を感じることもあります。のどが痛くなったりすることもよくあることです。花粉症の症状を抑えるために薬を飲むと眠気が襲ってくるという人も中にはいるかもしれませんから注意したいですよね。花粉症の症状を抑えるためにはなってからでは遅いので、ピークがくる前から少しずつ対策を立てていく必要があります。

花粉症の原因

花粉症の原因は花粉症という名前の通り、植物の花粉が原因です。花粉症は花粉が原因で、アレルギー症状が起きるという病気ですが、毎年同じ時期にくしゃみをしたり鼻がとまらなかったり目がかゆくてたまらないような症状が花粉症です。日本でもここ数年花粉症という症状に悩まされている人は増えていますが、20年30年ほど前までは花粉症ということばはまだありませんでした。

しかし花粉症というのは、実は、古代ローマの時代からあったとされていたんだそうですが、花粉症の原因が植物の花粉だということがわかったのは19世紀に入ってからの話なんだそうです。そして日本で花粉症という病気があり、原因が花粉であると認知されるようになったのは、戦後といいますから、まだそれほど原因や症状がわかってからは日が浅いということになります。花粉症の原因となっている花粉が、鼻の中や目の中に入って粘膜に就いてしまうと、抗体ができますが、この抗体は、決められた細胞にくっつくのですが、炎症を起こしてしまうヒスタミンなどが含まれている物質です。その中に花粉が入っているとアレルギーの症状を起こします。アレルギー症状は人にもよりますが、くしゃみや鼻水、目のかゆみやのどの痛みなどを起こす原因になります。

花粉症と耳鼻科

花粉症対策
花粉症の治療や改善には耳鼻科が一番です。やはり花粉症というのは鼻の粘膜がアレルギー反応を起こしているということが多いですから、花粉症の治療や改善には耳鼻科へ行きましょう。耳鼻科の中には、花粉症外来を設けているところなども今はかなり増えていますが、花粉症になって辛くなってから耳鼻科へ行くのではなくて、まだ症状が出ていない段階から耳鼻科へ行って花粉症についての相談をした方がいいと思います。花粉症の治療というのはほかの病気と比べると治るまでにかなり時間がかかりますし、薬で抑えることはできたとしても根本的なアレルギー体質の改善となると時間がかかります。

ですからもしも、花粉症で悩んでいて耳鼻科へ行こうと思っているのであれば、ピークの時に花粉症の症状を出しながら行くのではなくて、ピークになる前に花粉症の症状が出る前に、耳鼻科へ足を運ぶといいと思います。耳鼻科は専門の先生がいますから、すぐに的確な花粉症対策を出してくれると思います。大人だけでなく子供も早めに耳鼻科へ連れて行ってあげましょう。子供の花粉症は場合によっては、学力低下にもつながるといわれていますから、集中力を途切れさせないためにも花粉症の相談は早めにいっておきましょう。

花粉症の患者数

花粉症の患者数は今とても多いといわれているのですが、どれくらいだかご存知でしょうか?国民の病気とも言われている花粉症は何と現在の日本では2000万人は花粉症に悩む人がいるといわれています。その中でも花粉症のいちばんの大御所であるスギ花粉にかかっている人は60パーセントから70パーセントもの人がスギ花粉患者といわれています。換算してみると国民の6人に一人は、花粉症患者ということになるのですが、かなりきついですよね。これだけ花粉症患者が増えている日本は、花粉症の国といってもいいかもしれませんね。スギ花粉患者は1200万人から1400万人もいるといわれているのですが、毎年増えているとも言われています。

しかも花粉症患者は大人に限らず、最近は小さな乳児でも花粉症患者になるといわれていて、それだけアレルギー反応が起きているということがよくわかります。花粉症患者がこれからも増え続ける背景には現代病や欧米化などの日本が歩んできた過程の変化もあると思います。花粉症患者が増えたことで実はうれしい業界もあるのです。それは花粉症グッズを販売しているメーカーなどは軒並み売り上げが上昇していることでかなり喜んでいますね。しかしながら花粉症患者で受験生などはかなり辛い現状にあるのではないでしょうか。

花粉症の予防




花粉症の予防にはいろいろな方法があります。症状を抑える予防法もありますし、ほかにも花粉症の症状を軽くするための予防法もあると思います。花粉症の予防は花粉症がピークを迎えるような時期からスタートさせるのではなくて、あらかじめスタートさせておくというのが一番いいといわれていますがご存知ですか?花粉症の時期に入ってから予防をしてももう遅いんですね。だいたい花粉症予防には、2-3か月前くらいからの予防策が効果的であるといわれています。

では具体的にはどのように花粉症対策をしていくのでしょうか。花粉症予防をしたいと思っているのであれば、2-3か月前くらいから外出の時には、マスクや帽子、サングラスは必ず付けておいた方がいいかもしれませんね。そして薬なども耳鼻科で処方されているという人はそろそろ飲み始めるといいでしょう。薬が抵抗があるという人の場合には、甜茶を2-3か月前から飲み始めるのが花粉症予防に効果的であるといわれていますから、一度試してみてはいかがでしょうか。そしてレーザー治療を行って花粉症予防をする人がいまは増えていますから、花粉症予防に耳鼻科へ行って相談をするというのもいいですね。とにかく少し前から行動を起こし始めるのがポイントです。

花粉症の予防接種

花粉症の予防接種があるといわれていますが受けたことがあるという人はいるでしょうか?花粉症の予防接種をしておけばピークの時の花粉症の症状が軽くなるとして知られていますが、その成分は何でしょうか。花粉症の予防接種の中に含まれている成分というのはステロイドです。ステロイドは服用し続けると様々な器官に支障を起こしますし、副作用もあるといわれている成分です。

そのステロイドが花粉症の予防接種として利用されているようです。花粉症の予防接種をすれば、アレルギーの反応を鈍くさせることができますから、インフルエンザの予防接種のように、インフルエンザの抗体をあらかじめ体の中に入れておいて予防するというような意味とは少し違った方法です。花粉症の予防接種をした人はだいたい1シーズンは効果が持続するといわれていますから春先に花粉症にかかるという人は1シーズン予防できると思います。気になる費用ですが、インフルエンザの予防接種などと同じように、保険の適応外になりますから、花粉症の予防接種の場合も自費での接種ということになり、病院にもよりますが、だいたい1万円から2万円位といわれていますから、副作用などの点もよく考えたうえで、花粉症の予防接種は受けましょう。

花粉症の治療法

花粉症対策
花粉症の治療法というのは、人それぞれ治療法が変わっていると思います。というのも、症状が人それぞれ違いますから、その人の症状に合わせて花粉症の治療法は決まります。体質の違いによっても治療法というのは変わってきます。花粉症の治療法としては、花粉のピークの時には、花粉症の症状を抑えたり和らげたりすることに重点を置いて行われるのですが、花粉が飛び始める前から、花粉症の治療法を見つけていれば、症状は比較的軽く済むといわれています。

例えば花粉症の治療法として最近人気なのが漢方薬を使っての治療法です。漢方薬を使えば、症状が全く出なくなったという人も中にはいます。その人の症状に合わせて漢方を処方しますから、その人にぴったりの花粉症治療法というわけです。花粉症治療法は漢方薬以外にもいろいろとありますし、病院によっても進めている治療法というのは違っていると思いますが、自分が花粉症治療法を探したいと思っているのであれば、やはり根本的な体質改善から行えるような治療法を見つけるのが一番ですし、一人の力では無理だと思いますから、相談をして医師によって自分にぴったりの花粉症治療法を見つけてもらうといいかもしれませんね。

花粉症と塗り薬

花粉症にはいろいろな薬がありますが、目薬や飲み薬があるというのは知っている人も多いと思いますが何と塗り薬があるんですよ。最近話題になっている花粉症の塗り薬というのは、マスクがいらない花粉症対策グッズとして知られているのですが、これを発売しているのがフマキラーです。製品名は花粉鼻でブロックという名前の商品なんですが、これを鼻の中に塗っておけば、塗るだけでマスクも付けずに外に出ても大丈夫なんだそうです。花粉はもちろんのこと、ダニやペットの毛なども防いでくれるといわれています。

使い方は簡単で、この花粉症の塗り薬を鼻の入り口に塗っておくだけでいいそうです。花粉症の塗り薬はドイツで誕生したのですが、薬といえば、たいていは眠くなる成分が入っていたりしますが、この塗り薬ならなりませんし、副作用の心配もありませんからお子さんでも、赤ちゃんを妊娠している人で花粉症の薬が飲めずに困っている人でも誰でも利用することが出来ます。これからもっと花粉症の薬というのは販売されてくると思いますが、塗り薬で対処できるのであれば、マスクが付けられない仕事をしている人でも、安心してマスクをはずして仕事ができますから、いいですよね。

花粉症とメガネ

花粉症対策
花粉症対策グッズの一つとしてメガネをあげることが出来るのですが、花粉症の人がかけるようの少し特殊なメガネも販売されています。普通のメガネだと、レンズが目の前の部分は覆っていますが、上下に隙間がありますし、横からも飛んでくる花粉を防ぐことはできません。花粉症でメガネをかける理由というのは、飛んでくる花粉を防ぐためにかけることを目的にしているのですから、これでは意味がありません。

その点花粉症用のメガネになると上下左右に隙間がなくて、どちらかというとゴーグルに近いような形のメガネとして販売されています。これだったら花粉が飛んでいても目の中にはいることはありませんから、安心して外出することが出来ると思います。花粉症の人が外出をするというのは大変だと思います。なぜなら、花粉は容赦なく飛んできます。メガネをかけていただけでは予防しきれるかどうかわかりませんが、マスクもいっしょにつけて、髪の毛にも花粉がつかないように帽子をかぶって、そしてメガネをかければ完全に花粉が体の中に侵入するのを抑えることが出来るかもしれませんね。花粉症で悩んでいる人にとって、メガネは花粉予防対策グッズとして必ず必要なものです。

花粉症と目薬

花粉症の症状がひどい人は花粉症のシーズンは目薬が欠かせないという人も多いのではないでしょうか。花粉症の症状の一つに、目のかゆみなどを訴える人も多いですし、目が充血したり結膜炎になってしまう人も多いといわれていますから、花粉症で目の調子が悪いという人にとっては目薬は必需品です。花粉症用の目薬なども販売されています。花粉症による目のかゆみや充血をとることが出来る目薬です。また最近は目薬ではないのですが、目を洗うことが出来る薬もありますね。

小さなコップの中に液体を入れて目の上へコップを当てて、何度も目を閉じたり開けたりすることで目を洗うことが出来るというものです。目の中に花粉が入ったままになってしまっていると花粉症の症状もひどくなりますから、花粉症の症状を緩和させるためには、目の洗浄も必要です。花粉症の時期になるとドラッグストアーなどでも目薬のコーナーなどが設けられますから、自分の症状に合わせて目薬を選ぶといいですね。花粉症の人で目薬が手放せない人は、メガネやゴーグルなどをつけて外出をするようにして、できるだけ目に花粉が入らないようにするということも大切な花粉症対策の一つになりますから、合わせて実施しましょう。