口臭対策を成功に導く世界一効果的な治療方法

口臭と聞いて思うのは「嫌な臭い」とか「臭い」とかではありませんか?人間が口臭を気にしだしたのは何と古代ローマ時代からだといわれています。また厚生省の調べでは平成11年の時点で口臭があると悩んでいる人は15%いたそうです。ですから今はもっと増えているかもしれません。基本的なことですが口臭というのは呼吸するときや人と話すときに出てくる息が相手側に不快に感じられるものをいいます。では口臭の物質とは何か知っていますか?代表的なものを挙げると、まずは硫化水素ですね。良く言われている卵の腐った臭いです。次に挙げられるのはメチルメルカプタンです。これは血生臭いような魚臭いような感じです。最後は硫化ジメチルです。これはごみ臭い感じです。



口臭の正体というのは硫化水素などたくさんの物質があって、それが混ざり合って口臭というものを作り上げています。口臭を器械で測定できるのですが測定できる物質というのは硫化水素、メチルメルカプタン、硫化ジメチルの3つだけです。口臭の測定方法ですが、先ほど挙げた器械で測定する方法と歯科医師や歯科衛生士が臭いを嗅ぐ方法の2種類です。測定する器械にも種類があって、オーラルクロマ、ハリメーター、ブレストロンがあります。

口臭を予防するには

口臭対策
口臭は誰もが気にすることだと思います。口臭の原因にもいろいろあるのですが、一番の原因というのは口腔内ケア(歯みがきなどのことです)がきちんとされていない為に食べカスなどが落とせていないことによって発生することです。ですがこの一番の原因とも言える食べカスが原因で口臭しているのならば実は予防は簡単なんです。口腔内をきれいにしておけば良いのですから。

では簡単に口臭チェックしてみたいと思います。まず1つ目は、3食後必ず歯みがきをしていますか?2つ目、歯ブラシだけではなくて糸楊枝(フロスともいいます)や歯間ブラシは使っていますか?3つ目、歯みがきは3分以上かけてしていますか?チェック項目少ないですがどうでしょうか。この3つ全て○の人は口臭はあんまり気にしていないと思います。朝、昼、晩とどこかでしていないとその分のカスがたまってしまいます。歯ブラシだけでは取れない歯と歯の間の汚れも十分口臭の原因になります。最後の3分というのはただ闇雲に3分過ぎるのでは意味がありません。歯に1本1本気にしながら磨いていれば自然と3分以上かかります。さらに付け加えるのなら歯みがきの時は鏡の前で歯を見ながら磨くのがより良いと思います。

口臭の原因とは

口臭というのはすごく気になりますよね。やはり誰もが人と話すので一番気をつけたいところですよね。口臭がするとわかっても原因がわからなければ改善するにもどうしたら良いかわかりませんよね。口臭がする原因にもいくつかあるのです。まず本当に口臭がする場合で、朝起きた時やお腹がすいている時、緊張している時などに口臭がする生理的口臭というのと、舌苔、プラーク、膿などによって起こる口臭と、蓄膿症や慢性扁桃炎、糖尿病、癌などで起こる口臭の病的口臭、あとは本人は口臭があると気にしているのですが実際は口臭がしないという仮性口臭症というのがあります。

また少し異例になるのですが、生理的口臭、病的口臭、仮性口臭症の治療では改善できない口臭というのは口臭恐怖症と言っています。これは心療内科や精神科などの協力が必要とされます。と、まぁ、口臭がする原因をあげましたが自分はどの原因にあてはまるのかわかるでしょうか。よっぽど詳しい人でないと判断できないと思います。本当に口臭で悩んでいる人はまずは歯医者さんへ行ってみてはどうでしょうか。原因がわかるだけでも安心すると思います。それかまずは、歯みがきなど自分でできることはしてみてそれでも改善されないようなら歯医者へ行ってみるというのも良いと思います。

口臭外来について

口臭対策
口臭というのは体臭と同じくらい悩んでいる人も多いと思います。ですが最近では口腔内ケアに関心がよせられ歯磨きに関する、歯に関する商品というのが増えてきています。そういったことで自分である程度は虫歯予防や口臭予防ができていると思います。ただキチンとケアできているかとそのケアする時間があるかどうかなのです。サラリーマンを例にあげてみると、サラリーマンは毎食後に歯を磨くのは難しいと思います。休憩も少ないまま会議だとか、営業で外で食事といったケースがほとんどだと思います。そういう生活をしているうちに口臭が気になりだしたということになると思います。

そうなれば、まずは自分の家でのセルフケアを始めることから始めてみるのをオススメします。といっても口臭は毎日のことですから早く何とかしたいという人には口臭外来といって専門的な口臭治療を行っているところに行くことをおすすめします。口臭外来というのは専門的な検査と一週間の食生活、口臭の確認などをして口臭の原因をつきとめていきます。口臭の症状によっては口腔内環境の改善やカウンセリングを中心とした口臭への対応をします。歯石取りや、口腔内清掃などは保険内でできます。だたちょっと初診料が高いかもしれません。初診料は2万円前後で再診療は2万円以下くらいだと思います。

口臭治療ですること

口臭がして気になる人には口臭治療をオススメしますが、口臭治療の検査とはどういったことをするのか知っておきたいですよね。口臭治療の検査で何をするのか基本的な内容を紹介したいと思います。口臭治療の検査ではまず、尿検査をします。これは全身的問題が無いかを調べます。次に行うのは歯と歯茎の検査をします。これは歯科的問題が無いかどうかと口臭との関係を調べます。この検査は歯周病の検査でも行います。

次に行うのは、口臭ガスの測定を行います。これは口臭ガスがどのくらい発生しているのかを調べます。次に行うのは細菌の検査です。これは口腔内の状態が悪くなったときにどの程度の口臭が起こる可能性があるかを調べます。次に行うのは唾液の検査です。これは唾液の分泌量と質を調べます。唾液の分泌量が減ると口臭が発生します。まとは生活調査をします。食事も口臭の原因の一つなので必要ならば食事改善を行ったりします。だいたいこの全ての検査をするのに2時間~3時間ほどかかります。もし検査内容などが気になる場合には受診する前に口臭治療の内容や検査内容、かかる時間や期間なども聞いておくことをおすすめします。あと初診料ですがだいたい2万前後かかると思います。再診療は2万以下で大丈夫だと思いますが治療費についても事前に確認しておくのが良いと思います。

口臭対策するには




口臭がするということはやはりまわりに不快感を与えてしまいますから、出来ることなら防ぎたいですよね。口臭対策としては、まずは歯医者さんへ行きます。虫歯や歯周病などの口腔内に由来する病気が有るのか無いのかを調べてもらいます。虫歯もほっておくと口臭が発生しますし、歯周病もひどくなると独特の臭い(口臭)がしてきます。歯科関係で働いている人ならば歯周病の人は口臭ですぐわかると思います。ますは虫歯があるのならきちんと治療して治します。歯周病の治療もありますからしっかり受けるようにしてください。

次に口臭対策としてはやはり口腔内ケアではないでしょうか。毎日の歯みがきができていないとたちまち口の中はばい菌だらけになってしまいます。口の中というのは最近が培養するのには格好の場所です。最近が好む歯と歯茎の隙間や歯と歯の間、舌などはもっとも細菌が増える場所です。そこで重要なのが歯並びですね。歯並びによって歯磨きするときのポイントというのは違ってきます。一度歯医者さんでブラッシング指導を受けることをおすすめします。口臭対策というのはそれほど難しくもありませんし、自分で行えるので毎日気にかけて行うことが大切だと思います。

歯と口臭について

口臭というのは字の通り口の臭いと書くのでもちろん歯にも関係してきます。歯に虫歯ができていてすぐに治療して治せば問題ないのですが、そのままほっておくと虫歯が原因で口臭がしてきます。あとは歯みがきですね。口臭の原因は様々ですが、半数は歯みがきがしっかりできていない、セルフケアができていない為に口臭がするといったケースが多いです。歯みがきしているのにどうして?と思う人もいると思いますが、プラーク(汚れ)がきちんと落ちていないのです。歯の表面はきれいでも歯と歯の間や歯と歯茎の隙間などには残っている場合が多いです。それが積み重なっていくと口臭が発生してきます。

口臭予防としてまずはブラッシング指導を受けることをオススメします。ブラッシング方法というのは歯ブラシを歯に垂直に90度に当てて磨くスクラビング方法と歯ブラシを歯に45度にあててみがくバス法というのがあります。これは基本的な磨き方です。スクラビング法というのは主に歯の表面を磨きます。ほとんどの人はこの磨き方だと思います。バス法というのは歯ブラシを歯と歯茎の境目に当てて小刻みに動かして磨く方法です。これが隙間の汚れを落としてくれてまた歯茎のマッサージにもなり歯茎が引き締まります。最後に糸楊枝(フロス)で歯と歯の間の汚れを落とせば十分口臭予防になると思います。

口臭チェックについて

口臭対策
みなさんは口臭はどのくらい気になりますか?例えば話した相手が口臭がした場合、後で自分はどうなのかなと気になったりしませんか?口臭がするのは意外に自分では気付かないことが多いです。ですが「口臭がしている」と本人に言うのはとても難しいですし辛い部分がありますよね。口臭の原因には口腔内ケアがしっかりできていない場合に起こる口臭と体調が悪くて起こる口臭と生理的に起こる口臭と食事による(ニンニクなどを食べたときなど)口臭とがあります。口臭の原因はどれにしても口臭チェックをこまめにすることをオススメします。

口臭チェックは最近では自分でもできます。もちろん、自分息を「ハァ~」と吐いて吸って確認もできますが、口臭チェッカーでもできます。最近では自分でする用の口臭チェッカーが販売されています。器械の大きさもそれほど大きくなくてカバンやポーチに入る大きさです。これをもっていれば、朝出かけるときに口臭チェックできますし、ニンニクなどの臭いのきつい料理を食べたあとにも口臭チェックすることができますね。原因がわかれば改善もできるので口臭チェックすることはけして損ではないと思います。もちろん定期的に歯医者さんへ行って口臭チェックしてもらうということも良いと思います。

口臭チェッカーについて

口臭というのはひどくなくても気になるもんですよね。まわりの人に大丈夫かなと思ったりしませんか?例えば自分だけニンニク料理を食べた時とか自分だけタバコを吸っていたときなどは特に気になると思います。ですが、ちょっと口臭が気になるなと思うときは結構あると思いますがそのたびに歯医者さんへ行って口臭チェックしてもらうというのも大変ですよね。最近では自分でも口臭チェックができるんです。口臭チェッカーといって口臭を測定する器械が販売されています。歯医者さんで使用している器械に比べるとそりゃあ物は落ちますが、ある程度の口臭は測定できます。

タニタの口臭チェッカーについて紹介したいと思います。商品名は「タニタ ブレスチェッカー」です。器械の色はピンクとグリーンがあります。「タニタ ブレスチェッカー」は息を吹きかけるだけで簡単に口臭が測定できるという優れ物です。口臭レベルは6段階に分けられてイラストで表示されます。口臭チェッカーの大きさはポケットサイズと小さ目でカバンやポーチにも楽楽入る大きさです。これなら出先にももって行く事ができますね。口臭チェッカー「タニタ ブレスチェッカー」の値段ですが税金込みで3037円だそうです。手ごろな値段ではないでしょうか。

胃と口臭の関係

口臭対策
口臭がするということに胃は関係しているのでしょうか。胃が口臭に関係しているとしたらそれは食事に繋がってきますね。よくコマーシャルでも見かけると思います。「ブレスケア」ご存知でしょうか。ニンニク料理などをたべても「ブレスケア」を食べれば胃の元から臭いを消すので口臭しません、という「ブレスケア」です。胃が口臭に関係しているときは臭いのきつい物を食べた時でしょうね。ですから体調を崩した時に口臭がするのは胃が原因ではありません。

体調を崩したときに口臭がするのは免疫力が低下して口の中の最近が増えることによって口臭がきつくなるのです。熱がある場合にも体内の水分が減ったり、唾液の分泌量が減ったりして口臭がします。口臭は食生活の見直しや風邪を予防することで防げるのです。なので風邪が治れば口臭も消えていきますし、きつい食べ物を食べて時間がたてば口臭も消えてしまいます。逆に言えば口臭がするということは体のどこかが調子が悪いと訴えていることとなるので、病院へ検査に行くのもよいと思います。口臭は体調不良のサインということになりますね。唾液の分泌量が減ると口臭がするのは唾液というのは細菌を殺してくれる働きがあるのでその唾液が減ってしまうと死ぬはずの細菌がいることになるので口臭がするのです。

口臭と体臭

人が気にするといえば、口臭と体臭ではないでしょうか。両方とも字の通り、口の臭いと体の臭いですね。ですがこれは人と接するのに重要なことではないでしょうか。甘くみてはいけません。まず体臭ですが、体臭というのは皮膚の表面から無数に開いた汗腺というところから漏れ出るニオイのことをいいます。なので汗の臭いももちろん体臭に入ります。体臭が発生するのは食生活と健康状態が原因だといわれています。

次に口臭についてですが口臭というのは口の中にある細菌やプラークなどから発生します。またこの口臭も食生活と健康状態が原因の中にあります。他には口腔内の問題です。ここで体臭と口臭に繋がるのは食生活と健康状態ですね。もし体臭と口臭両方に悩んでいるとすれば、まずは食生活を見直してみてはどうでしょうか。自分でできる対策ですよね。バランスのとれた食事はしているでしょうか。あと健康状態はどうですか?体臭や口臭が体調の悪いのを教えてくれている場合もあります。ですがこれは体臭と口臭の対策の1つにしかすぎません。他にも原因はありますので、自分でいろいろしてみるのも良いですが、病院へいってちゃんとした原因を探るのも大切です。ほっておかないで病院へ行くようにしてくださいね。