O脚を治すために必ず得るべき情報と効率的な方法のまとめ

O脚になる原因は何でしょうか。日本人のほとんどがよく見るとO脚であるという現実ですが、日本人の体型がO脚なのではなくて生活習慣や生まれてすぐに問題があるといわれています。たとえば生まれてすぐに、こどもに何か色々とさせたがる親って多いですよね。たとえば早く歩けるようにとかあんよの練習をさせたり。しかしこの歩く練習を早くから行うことがO脚のそもそもの原因になっているといわれています。



子供は自分が歩くべき時になれば歩くようになりますから、その時が来るまで待ってあげないといけません。まだ十分に歩ける段階ではない未発達な脚で無理に歩かせてしまうと骨に負担がかかってしまいますからO脚になり、そのままの形が大人になても残りO脚の原因になるといわれているのです。他にも、今はイスに座って生活をすることが多いですが、椅子に座るときに足を組んでしまっていると、知らず知らずのうちに骨盤がゆがんでしまいます。骨盤がゆがんでしまうとそこからO脚になる可能性がありますからそのことからO脚の原因になるとも言われています。日本人のO脚の原因のいちばんは幼少期の歩きはじめにあるといわれていますが、それ以降の姿勢や普段の生活習慣によっても、O脚の原因というのは違ってきますから、良く覚えておいて、毎日の生活の中で正しい姿勢を維持して生活することでO脚の原因と取り除けるといわれていますから、少し気をつけて生活してみましょう。

O脚の治し方

O脚を治す
O脚に悩む人も多いと思いますが今日本人の80パーセントの人が悩んでいるといわれています。やはりコンプレックスでもありますから何とか治したいと思っている人も多いと思います。O脚の治し方にはいろいろな方法がありますが自分でできる方法もあれば、病院などへ行って第三者に協力をしてもらって治すという方法があります。自分でできるO脚の治し方と言えば、たとえば、ストレッチを毎日行ったり、O脚改善のためのエクササイズなどもありますからDVDなどを見ながら毎日エクササイズを行うという方法があります。O脚を治す体操は毎日続けることでかなり効果があるといわれています。自分で行う場合に役立つグッズなども販売されていますから、グッズを利用しながらO脚を治すという方法もあります。

では第三者に協力をしてもらったり病院へ行くというO脚の治し方としてはどのような方法があるでしょうか。骨盤矯正へ行ってずれてしまった骨盤の歪みを正しい位置に戻してもらうだけでO脚が治るという人もいます。カイロプラクティックや整体で直してもらうという方法もあります。いずれの場合も1度の施術である程度はその場で改善されるということもありますが、何度か数回通うことでさらにO脚を治すことが出来るといわれていますから、何度か通う必要があると思います。O脚の治し方はこのように、自分でできる方法と、カイロなどへ通う方法と二通りあります。両方実施するとより早くO脚を治すことが可能です。

O脚矯正

O脚に悩んでいる人も多いと思いますがO脚矯正をすれば元も正しい位置に戻ってまっすぐな脚になることが出来るといわれています。O脚は見た目にも悪いのでコンプレックスに感じている人も多いと思いますが、整体に通ったり、カイロプラクティックなどに通うことでO脚矯正可能です。O脚矯正をより確実にスピーディーに直したいという人は整体などへ通って矯正してもらうのが一番です。しかしゆっくりとできれば自分のペースでお金をかけずにO脚矯正をしたいという人の場合には自宅で自分でも十分に改善することは可能です。その方法は色々とあります。たとえばO脚矯正体操やエクササイズがあります。最近はDVD付の解説本なども販売されていますから、購入して毎日行うだけで自然と矯正することができます。

他にも普段の姿勢や普段の歩き方など、日常生活で気をつけるべき点に気をつけながら過ごすことでO脚矯正にもつながります。エクササイズをして矯正する場合でも、整体に通って矯正をする場合でも、日常生活の姿勢などを気をつけていくことは行った方がいいでしょう。普段足を組んで椅子に座っている人や、背筋を伸ばさないで歩いたりしている人、姿勢が悪い人は、それを治すだけで、O脚矯正にもつながると思いますから、普段から気をつけるようにしてください。そのうえでO脚矯正のために整体に通ったり、自分で自宅でエクササイズを行うなどすればより早くO脚矯正が出来ると思います。

O脚の改善

O脚を治す
O脚の改善方法は色々とありますがたとえば整体へ行ったり骨盤矯正をしているカイロプラクティックで治療を受けるという方法があります。治療を受けるとよりスピーディーに確実にO脚の改善が出来ますから、すぐにでも治したいと思っている人にとってはかなり有効な手段ではないでしょうか。他にもO脚の改善に自分でマッサージをするという方法もあります。O脚改善マッサージを毎日行うことで自然と改善していくというもので、少し効果が表れるまでには時間がかかりますがそれでも、毎日継続して続ければ改善可能です。
そしてエステでもO脚改善のコースはあります。こちらもエステティシャンによるマッサージや、テーピングなど様々な方法でO脚を改善してくれます。整体同様にしてお金はかかり通う時間も必要ですが自分で改善するよりも確実に早く改善できるということがあります。

毎日自分でできる方法としてはマッサージの他にストレッチやエクササイズもあります。マッサージもストレッチもエクササイズも継続してやらなければ効果はないのですが続けるうちに自然にお金をかけずに自分の力でO脚を改善させることができます。O脚を治したいと思っている人はお金を払って専門家の治療を受けたりする人が多いですが、お金も時間もかかりますから、家でできるかどうか試してからにしてもいいと思いますが、間違ったストレッチや間違ったマッサージはO脚を悪化させることもありますから正しい方法で行いましょう。

脚ストレッチ

O脚ストレッチはO脚を改善するのにとても役に立つストレッチです。いろいろな方法がありますがストレッチをした方がいいという人はたとえばこんな人です。下半身ばかり太ってしまって、ミニスカートはもちろんのことズボンなども太ももで止まってしまって上がらない人、下半身がなかなかダイエットできない人、脚がむくんでいる人、O脚の人はストレッチを毎日決めた時間に行うことでO脚が改善されますから、先ほどの下半身太りなども解消につながります。自宅で手軽にできるO脚ストレッチなら、忙しい人でもテレビを見ながらリラックスタイムに行うことも可能ですし、整体に通う時間がないけどO脚を直したいと思っている人にとってもぴったりではないでしょうか。

具体的にはどのような方法で行うのかというと、まずO脚ストレッチのポーズの一つ目としては、開脚があります。ゆっくりと自分が開けられる範囲で少しずつやってみましょう。O脚ストレッチを行うときには呼吸は止めながら行うのではなくて、自然に息をしながら行うのが効果があります。その次のポーズは骨盤矯正です。骨盤の歪みがO脚の原因になっているということもありますから骨盤矯正をストレッチに取り入れるとさらに効果があるといわれています。お尻歩きをしてみてください。床にお尻をつけてそのままお尻で歩きます。この方法を前後繰り返すと骨盤矯正につながります。O脚ストレッチとして取り入れるとO脚が改善されます。

O脚を放っておくとどうなるか

O脚を治す
O脚を放っておくとどうなるのかご存知でしょうか?O脚に悩んでいるという人も意外と多いと思いますが、O脚は一度なったらもう仕方がないとあきらめているという人も中にはいるかもしれませんね。しかしO脚はあきらめる必要はありません。しっかりと予防することも改善することも矯正することも可能なのです。O脚をきちんと矯正しようと思ったら時間もお金も場合によっては必要になってくることもあるかもしれませんが、放っておくとかなり大変なことになります。

O脚の原因が何であれば、年齢を重ねれば重ねるほど治療が難しいですし、時間がたてばたつほど治療は難しいものになるということは覚えておきましょう。毎日の生活で、歩いている姿勢や座っている時の姿勢など色々なことが影響してO脚になっているといわれていますが、毎日の生活を少し変えるだけで改善できます。ですが、姿勢というのは無意識にしているものですからなかなか意識して治そうと思えない、それがO脚を放置しやすい環境にあることにつながっています。時間がたってしまうと習慣が身につくことでO脚をいざ改善しようと思ってもなかなか難しい状況になります。自分がO脚かもしれないと気がついたらすぐにでも改善策を考えたり、普段の生活の中で姿勢を正したりする必要があります。そうしなければO脚を放っておくとひどくなったり腰痛や肩こりにまで発展して頭痛が消えなかったりという他の体への症状も避けられなくなってしまいます。

O脚と障害

O脚によって影響が出る障害について紹介していきたいと思います。O脚になるとどのような体の変化や影響が起きてくるのでしょうか。O脚は見た目の問題だけでなくやはり体の中の部分にも影響を与えてきますから早めに改善させることはとても大切なことです。たとえば内臓系の病気にまで発展することもあるのでO脚は甘く見れないのです。例えばO脚になって起きる障害として知られていることとしては、女性に多いのですが冷え性になったりむくみがひどくなるという症状です。O脚によって足がゆがんでいると、血液の流れが自然に悪くなってしまいます。そうなると、新陳代謝も悪くなりますし、体の血がうまく流れなくなりますからそれが冷え症へと発展するという仕組みです。また冷え性の人というのは筋肉に普段は入れないような力を入れて緊張してしまいますから、体に十分な血液を送れずにいるという障害が起きてしまいます。

血液の流れが悪いと老廃物も貯まりやすくなりますし、疲労もたまりやすくなります。肩こりや腰痛などの障害も引き起こされてしまいます。それだけでなく外傷としては外反母趾にもなりやすいといわれています。やはり足に負担が変にかかっていることも原因ですし、O脚によって足の指にも負担がかかっていることで外反母趾になりやすいということなのです。O脚の障害として他にも多いのが腰痛ですが、これは足がゆがんでいるのでその影響がどうしても腰に来てしまいますからこれは早めになんとかしなくてはいけません。

子供のO脚

O脚を治す
子供のO脚は親にとってはちょっと心配なことかもしれませんね。赤ちゃんのころは誰でもO脚だと言われていますが、6歳前後の子供と呼べるような時期になってもなかなかO脚が治らないという場合には将来の骨の発育にも影響が出るのではないかとか、将来このままずっとO脚のままなのではないかという不安が親としては出てくると思います。子供のO脚の原因は多くの場合が、親が原因であるとも言われています。親が歩行を早めたせいだとか、親が歩行器を使わせて無理をさせて足の発達がまだ十分でないのに、歩行を助長したせいでO脚になったのではないかといわれています。

ですから子供がO脚でずっとこのままだということになれば親としては少しなんとかしてやり多と思う気持ちが出てくるのもよくわかります。ではどうすれば子供のO脚は改善されるのでしょうか。6歳までの場合には、装具をつければいいという話も聞きます。しかしながら発見が遅く7歳以上になってしまった場合に症状のひどい子供のO脚は手術をして治療をしなければいけないことにもなりかねませんから十分に注意した方がいいですね。自分の子供がO脚かもしれないと少し心配になれば早めに病院などに行って医師に相談した方がいいと思います。早めの治療で場合によっては完治するというケースもよくあります。子供のO脚は遅ければ遅いほど治療が難しくなりますし手術などを伴うこともありますから十分に注意しましょう。

幼児とO脚

幼児とO脚は深く関連しています。どのように関連しているのかというと、まずO脚の原因の大きな要因の一つになっているのが幼児期なのです。いろいろと人によってはO脚の原因は違っていると思いますが、ひとによっては生活習慣であるという人もいれば、小さい頃からずっとO脚だったという人もいます。それは幼児期に無理をしたせいでO脚になったといえると思います。幼児というのは決められた成長過程を誰もが通ってきますが、一人で座れるようになってハイハイが出来るようになって、つかまり立ち、伝い歩きが出来るようになってきてようやく一人で二本の足で歩けるようになると思います。ここまで来るには生まれてきてから早い人でも1年はかかるといわれています。

しかし人によって個人差がありますから赤ちゃんで少しでも歩けるような感じがすると親としては早く手をひいて歩きたいと思ってしまったり、早く歩いた方が長けていると勘違いしてしまっている人もいるのです。しかし幼児の歩行の時期というのは決まっていてその時期が来れば自然に誰でもあるけるようになりますから無理に歩行時期を早めるということは将来にわたってO脚が治らないようにしているのも同じことなのです。ですから少し遅い目でも十分なのが歩行です。赤ちゃんの歩行に関しては早く歩くよりもできるだけ足の負担がかからないようにゆっくりと成長を見守る、それがとても大切なことなのです。O脚は幼児期に問題があるといわれてるのはこのためです。

赤ちゃんとO脚

赤ちゃんの足を見てみると赤ちゃんのほとんどがO脚になっていると思います。大人になればとてもまっすぐで綺麗な足の人でも、赤ちゃんのころというのはO脚だったという人は意外と多いのではないでしょうか。赤ちゃんは大きくなるにつれてまっすぐになっていくのですが、だいたい2歳半位を境にして、x脚へと変化していきます。そして子供の幼稚園児くらいから小学生くらいになるまではX脚の子供が多いのですがそれ以後はまっすぐになっていくのが普通です。

しかし赤ちゃんのころのO脚がそのまま大人になっても治らないという人もいます。なぜなら赤ちゃんのころに歩行に関して無理をさせたからだと言われています。赤ちゃんの歩行は絶対に無理をさせてはいけません。たとえば歩き始めをせかして嫌がっているのに歩かせたり無理をさせてしまうと、脚に負担をかけてしまい成長を妨げてしまいます。これが原因で赤ちゃんの足がO脚になるということはよくあることなのです。ですから赤ちゃんのO脚を将来も引きずらないようにするためには親の知識も必要です。自分の子供が将来O脚で悩む程度ならいいのですが、日常生活で腰痛があったりまっすぐな脚ではないためにいろいろな障害が出てしまうと大変ですから、赤ちゃんが歩き始めてもせかしたり、無理をさせることのないように気をつけないといけません。大人になってからも赤ちゃんのころのO脚は一度改善されていた人でも毎日の生活習慣が原因でまたなるケースもよくあります。