ニキビを治すのに必要な方法|3分でわかる絶対後悔しない全知識

ニキビというのは、色々な原因によって肌に引き起こされる炎症が元になっている発疹で、思春期の時期に出来る発疹をニキビといいますが、それ以降の思春期をすぎた後の成人になってからのニキビは、吹き出物といっています。ニキビは皮脂腺がある場所に出来やすいといわれていますが、主にニキビが出来やすい場所というのは、顔や頭、胸や背中によく出るといわれています。ニキビは体質によって出来やすい体質と出来にくい体質があります。ニキビが出やすい体質の人というのは皮脂の活動が活発な人だといわれています。



また、ニキビは出来やすい時期もあるので、出来にくい体質の人でも、ニキビが出来やすい季節の変わり目などにはニキビが出来るといわれています。ニキビが出来やすい時期というのは、夏の初めや秋の初めに出来やすいといわれています。ニキビは思春期の時期になると沢山出始めて、思春期をすぎると自然にニキビが治まるといわれています。ですが、最近では思春期以降でもニキビが出来てしまう大人のニキビに悩んでいる人もいるそうです。大人のニキビは思春期のニキビと違って少し頑固で、なかなか治らないのが特徴です。大人のニキビは吹き出物とも言われています。

ニキビはなぜ顔に出来るのか

ニキビを治す
ニキビはなぜ顔に出来るのかについて紹介したいと思います。ニキビは多くの場合ほほや額に出来やすいといわれています。ほかにも体の部分で言うと、ニキビは背中や胸にも出来やすいです。顔や背中、胸の部分になぜニキビが出来やすいのか、その理由は共通していて、皮脂腺が集中していることによってニキビが出来やすいといわれています。皮脂腺というのは毛穴の部分に開口しています。皮脂腺で作られた皮脂は毛穴を通って皮膚の表の部分に出てきます。

ニキビはその毛穴からです皮脂が炎症を起こしたために出来るといわれています。ですから思春期になると皮脂腺が活発になって肥大して、皮脂が活発に生成されることからニキビが出来やすいといわれています。ニキビがなぜ顔に出来やすいかということですが、ニキビの原因になっている皮脂腺が顔にはとても多いので、ニキビは顔に出来やすいといわれているのです。皮脂腺が顔に沢山ある体質の人ほどニキビが出来やすいといわれているのです。ニキビが顔に出来やすい人というのは背中にも皮脂腺が沢山ある人が多く、顔に出来るニキビだけでなく、背中にもニキビが出来るといわれています。ニキビは顔に出来やすく、思春期の学生などの悩みの一つではありますが、これは皮脂が活発になることによって起こる炎症なのです。

ニキビの発症因子

ニキビの発症因子が何かについて紹介したいと思います。ニキビの発症因子は3つあるといわれています。まず、ニキビの発症因子の一つ目としては皮脂腺が大きく肥大したことによって起きるといわれています。そして、ニキビの発症因子の二つ目は毛穴の中に日常的に存在している最近のプロピオニバクテリウムアクネスと呼ばれる通称ニキビ菌と呼ばれる菌がいるのですがそれが原因とも言われ手います。このニキビ菌は酸素が少ない状態でも増殖が可能で、皮脂を栄養にして増えて生きますから皮脂が活発に出る思春期の肌などはこのニキビ菌が成長するのに適した条件になっているといわれています。

そしてニキビの発症因子の三つの因子としては、毛穴の開口部が固まって角質がたまってしまって、ニキビ菌を持っている脂肪分解酵素によって角質を固めてしまうという働きがニキビを発症させるといわれています。ニキビが出来ている肌というのはなかなかターンオーバーが進まないために角質がたまりやすい肌になっているといわれています。ニキビができているから新陳代謝が出来ていてはだがターンオーバーされているのではないので、ここのところを間違えないようにいなければいけないと思います。

ニキビに悪い食事

ニキビに悪い食事ついて紹介したいと思います。ニキビに悪い食事というのは、ニキビの原因になっている皮脂腺というのは油に溶ける物質を体の外に排出する働きがあります。ですから、脂溶性の物質は皮脂腺に集められることになります。油を多く含んでいる食べ物をはじめとして、油脂を沢山含んでいるスナック菓子や牛乳などを必要以上に大量に食べるというのはあまりよくないといわれています。また、コーヒーやチョコレートなどの刺激が多い食べ物も、刺激をニキビに与えますからニキビにとってよくない食べ物と言われています。

ニキビを気をつけるなら、甘みを抑えていれば問題はないといわれていますが、砂糖や炭水化物は皮脂腺で中性脂肪を生成する元になっているといわれていますから、ニキビには良くない食べ物といえると思います。またアルコールもニキビには良くない影響が出るかもしれませんから控えたほうがいいと思います。とにかくニキビの人には油分を多く含んだ食べ物は大敵です。揚げ物はもちろんの事、肉類や高カロリーな食べ物も出来るだけ控えるように日ごろから注意しておくことが必要です。毎日の食事で油の量を減らすことによってニキビの症状が改善されます。

ニキビと紫外線

ニキビを治す
ニキビにとって紫外線は大敵だといわれています。紫外線はビタミン類を壊してしまいますからニキビが出来やすい状態になって今いますし、毛穴が詰まってしまうことにもなってニキビに直接関わってきます。ニキビには紫外線は大敵ですが、どうやって紫外線を愛策したらいいのかというと、ニキビに悪い影響を与える紫外線を出来るだけ受けないことです。朝の10時ごろから夕方の4時ごろまでは紫外線が強いですから外出しないようにして外出する際は日傘をさしたり、帽子をかぶるようにします。そして日焼け止めクリームを塗ってニキビに悪い影響を与える紫外線を予防しましょう。

またニキビにならないためにも、紫外線を浴びてしまったと思ったら出来るだけビタミンやたんぱく質をサプリメントでも食品からでもいいですから大目に摂取して皮膚の抵抗力を衰えさせないようにも気をつけましょう。ニキビ跡にも紫外線をあびると色素沈着してしまうとも言われていますから、出来るだけニキビ跡がある人は紫外線を浴びないように気をつけたほうがいいですね。ニキビと紫外線、直接目に見えて悪いような気がしませんが、ニキビにとって紫外線はとても悪影響を与えますし、症状を悪化させてしまいますから気をつけましょう。

ニキビと水分摂取

ニキビの人は水分摂取を心がけることでニキビが改善されるといわれています。なぜ水分摂取がニキビに効果的なのでしょうか。ニキビに水分摂取が効果的な理由というのは水分を沢山体内に取り入れると、尿や汗がたくさん出ますから体の中にたまっていた老廃物を体の外に出してくれます。それによって体や顔に老廃物が溜まりにくく、ニキビが出来にくくなるということになります。そして水分摂取をするということは他にも、便秘の解消にもなります。便秘では消化されたものが体の中にいつまでもたまっていて有害物質を出す原因になります。有害物質は腸で吸収されるとニキビを悪化させることになるとも言われていますから便秘はニキビには良くないのです。

ですから水分摂取を沢山することで便秘の解消にもなり、ニキビを改善するわけです。大体どれくらいの水を摂取すればニキビに効果があるのかというと、大体1日に2リットルくらい飲むのが理想と言われています。水分は飲み続ければ飲むほどニキビが改善されるそうですから頑張って飲みましょう。水分摂取はこのように体全体を健康にしてくれる働きがあります。ニキビにも便秘にも効果があるので女性の悩みを解決してくれる一つの方法です。

あごや首のニキビ

ニキビを治す
あごや首にできるニキビについてですが、あごや首の部分に出来るニキビは、男性の場合はヒゲがちょうど生えている場所です。男性ホルモンを敏感に感じやすい部分なので、男性ホルモンが影響してニキビが出来やすいといわれています。女性があごや首の部分にニキビが出来る場合には、こちらもヒゲは生えてはいませんが男性ホルモンが関係して出来るといわれています。ホルモンが関係してあごや首にニキビが出来やすいのは男女ともに共通しているのですが、男女ともに共通するニキビの出来る原因があります。

あごや首にニキビができてしまう原因として、頬杖をついてしまう癖がある人はニキビがあごに出来やすいといわれています。その理由は、頬杖をつくことで刺激になって、ニキビがその部分に出来やすいんだそうです。ですから出来るだけニキビがあごに出来始めたとおもったら、普段から頬杖をつかないように中止してみたり、自分の癖を見直して、頬杖をついていないか確認してみるといいかもしれませんね。意外と知らない間に、頬杖をついていてあごにニキビを作る原因を自分で作っている人も多いといわれています。あごや首のニキビはこれらが原因ですから思い当たる人は一度振り返ってみるといいかもしれませんね。

Tゾーンニキビ

Tゾーンニキビというのを聞いたことがあるでしょうか。ニキビが出来やすい場所で顔のTゾーンと呼ばれる部分に出来やすいといわれています。Tゾーンというのは、眉毛と眉毛の間の眉間から、鼻筋の部分にかけてのTになっている部分で、この部分は顔の中でも特に皮脂腺の発達が活発ですから、ニキビの元になる皮脂の分泌が多くて、ニキビが出来やすい場所だといわれています。特に、ホルモンのバランスが不安定である思春期や脂性の肌の人は、このTゾーンにニキビが出来やすいといわれています。Tゾーンには過剰に皮脂が分泌されますからそれによって、毛穴が詰まってしまいます。毛穴が詰まってしまうとニキビになりやすいのです。

ニキビがTゾーンに出来やすい言う人は、できるだけTゾーンの部分に脂を付着させたままにさせないようにニキビ対策をするといいと思います。例えば、顔を洗うときにニキビの出来やすいTゾーンの部分だけは二回洗うとか、普段からも、あぶら取がみで脂をとっておくとかしてニキビ対策をすることをおすすめします。また日ごろから皮脂が分泌されやすいような揚げ物や甘いものを食べないようにすることも大切です。Tゾーンのニキビは顔の真ん中を通っていますからあまり良くないとも効きますので早めの対処が大切です。

口の周りのニキビ

口の周りのニキビについてですが、なぜ口の周りにニキビが出来やすいのかというと、この部分に出来るニキビは、食べ過ぎが原因で起きていたり、揚げ物が好きな人、偏食の人、胃腸に負担がかかっている人などが、口の周りにニキビが出来やすいといわれています。口の周りのニキビですが、胃腸の健康状態がそのまま現れる場所とも言われていますから、胃腸の調子が悪いときなどに、口の周りにニキビが出来ることが多いといわれています。口の周りのニキビは、思春期のニキビというよりも、大人ニキビの症状に多いとも言われています。

口の周りにニキビが出来てしまったときには、炭水化物や甘いものの食べ過ぎに注意してニキビ対策をします。また、食べ過ぎや暴飲暴食によって胃腸が弱っていることもありますから口の周りのニキビを治すためにも、腹八分目を目安にするといいかもしれませんね。他にも、口の周りのニキビが出来るのは、手で口の周りを触る癖がある人がその刺激によって口の周りにニキビが出来ることがあるといわれていますから出来るだけ口の周りは清潔にしておきましょう。口の周りにばい菌が入ったりすると口の周りのニキビのげにんになることもあります。ですから、口の周りにニキビができたら、内臓に負担をかけていないか振り返ることと、自分の癖を振り返ってみるといいかもしれませんね。

おでこのニキビ

おでこのニキビについて紹介したいと思います。おでこのニキビは思春期に出来るニキビに良くある症状だといわれています。おでこにニキビが出来るのは、思春期の特有のホルモンのバランスが不安定なことや、前髪がおでこにあたって刺激になってしまうことから、おでこにいニキビが出来やすいといわれています。また他にも、おでこのニキビの原因は紙を洗ったときにシャンプーがきちんとすすげていないことによってそれが刺激になって、おでこにニキビが出来るのではないかと言われています。おでこのニキビが出来てしまうと、ついつい前髪で隠してしまいたくなってしまいますが、それは間違いです。おでこにニキビが出来たら前髪を出来るだけ短くするか上にあげてしまって、ニキビに当たらないようにして、刺激を少なくすることが大切です。出来てしまったニキビにもこの方法は効果的ですし、ニキビが出来ていない場合も、こうしておくとおでこにニキビが出来にくいと思います。

また、おでこのニキビ対策にはシャンプーの時のすすぎ残しに注意することが大切です。洗うことよりも、きちんとすすぐことに重点をおいてよくすすいで洗い残しガ内容にするとおでこのニキビも改善されると思いますし予防になります。

ニキビの治療

ニキビを治す
ニキビの治療には色々な方法があると思います。自宅で出来るニキビの治療といえば、やはり乾燥を防いでニキビが悪化しないようにして、ニキビ用の薬を塗るなどして治療することが出来ます。しかしニキビの治療はなかなか自分で完治するまで持っていくのは難しいといわれていて、美容整形外科などでもニキビの治療が行われています。美容整形外科で行うニキビの治療の場合は、レーザー治療が一般的です。ニキビ治療のレーザー治療はニキビだけでなくニキビ跡の治療にも効果があるといわれています。

ニキビやニキビ跡にレーザーをあてることによってニキビやニキビ跡の症状が改善されるといわれています。ニキビの治療で美容外科で行う場合にも、一回での治療はむりですから、何回か繰り返し治療に通うことで効果があらわれるといわれています。ニキビの治療で、よく、自分で出来るものとして、ニキビの中にたまってしまった、膿を自分で出して治す方法があるといわれていますがこれは実は間違ったニキビの治療法法です。自分で膿を出すことによってニキビの炎症を抑えることが出来るかもしれませんが肌を傷つけてしまいますから皮膚にとってはよくない治療方法なのであまりおすすめできません。

ニキビ治療の基本方針

ニキビ治療の基本方針について紹介したいと思います。ニキビ治療ではまずは皮脂の生成を抑えるようにします。そして皮脂が皮膚の表面に排出されるのを促進させて出来るだけ毛穴に皮脂がたまらないようにするのが大切です。また、ニキビ菌をこれ以上増やさないようにすることと、ニキビ菌の数を減らすことを目的としてニキビの治療を行います。

具体的にはにいび治療にはどのようなことを行っていけばいいのかというと、食事の改善やホルモン異常の調整がありますが、食事指導の場合には、出来るだけ油を多く含んでいる食べ物を食べないようにすることでニキビを治療することにつながります。またホルモン異常を正常に戻すということは自分で行うのは無理かと思いますからこちらは病院でニキビがひどい場合に行います。他にも自分で出来るニキビ治療としては、洗顔をこまめにして、油が分泌された場合にそのままにしておかないことです。またニキビ治療では薬を使うことがあり、抗菌剤を内服したり、外用の薬を使用することもあります。ニキビ治療は自分で出来るものと、自分の力では出来ない治療もありますから、ニキビの症状に合わせて、ひどい症状の場合には、出来るだけニキビ治療を病院で行うようにしたほうがいいでしょう。

ニキビの外用薬

ニキビの治療には外用薬を使う場合があります。ニキビの外用薬には二種類の作用があって、ニキビの原因になっている皮脂を皮膚の表面に排出することを促進するの作用があるニキビの外用薬と、ニキビ菌の数を減らすためのニキビの外用薬の二種類に分けることが出来ます。ニキビの外用薬で、皮脂を表面に出すことを活発にさせる外用薬の場合には角質溶解作用や脱脂作用があるニキビの外用薬が用いられます。またニキビ菌の数を減らすために使われるニキビの外用薬は抗菌剤などが含まれているニキビの外用薬です。ニキビの外用薬にはこのように二種類の作用があるものが一般的です。

市販でもニキビの外用薬は販売されていますが、ニキビの症状がひどくなってから使用するのではなくて、ニキビが出来始めたころからニキビの外用薬をつけはじめると早めにニキビの症状を抑えることが出来るともいます。ニキビの外用薬は人によっては合わない場合もありますから数日使ってみて、もしニキビの症状が治らないようなことがある場合には、ニキビの薬があっていない可能性もありますから一度ニキビの薬を変えてみるか皮膚科に行ってみてニキビの相談をしてみるといいのではないでしょうか。