ニキビを治すケアで失敗しない本当におすすめな方法と活用法

ニキビは肌のタイプによって出来やすい出来にくいなどが決まってきます。肌のタイプというのは4種類あるのですが乾燥肌の人は比較的ニキビは出来にくいといわれています。その理由に、ニキビの元になる皮脂が乾燥肌の人は極端に少なくて、脂っぽさが足りないくらいですからニキビにはなりにくいと言われているのです。そして、普通肌という肌のタイプがありますが、普通肌の人は皮脂の量は多くもなく少なくもない状態で、皮脂が原因でニキビが出来るというよりも、ホルモンのバランスによってニキビが出来たり、生活習慣によってニキビが出来る場合が多いといわれています。



そして肌のタイプの脂性肌の人は一番ニキビが出来やすい状態だといわれています。ニキビの元になる脂がたくさんありますから小まめに洗顔しないとどんどんニキビが増えていくといわれています。肌のタイプにはもう一つ、金剛肌という脂性と乾燥肌が混合している人がいますが、この場合は脂性の部分、特にTゾーンなどに、ニキビが出来やすい体質であるといわれています。混合肌はなかなかケアが難しくて、ニキビが出来やすい部分は小まめに洗顔が必要ですがそれ以外の乾燥している部分をあまり洗顔しすぎると肌が傷つきますから洗顔の後のケアをしっかりする必要があります。

ニキビと洗顔

ニキビを治す
ニキビの時の洗顔料の選び方を紹介したいと思います。ニキビの時には、出来るだけ肌に刺激を与えないような洗顔料を選ぶといいですね。ニキビの時に選ぶ条件となる洗顔料は弱酸性で肌に刺激がなくて、添加物なども入っていないものを選ぶといいと思います。ニキビには、弱酸性の洗顔料がなぜいいのかというと、弱酸性というのは人間の肌の元々の状態を表していますから弱酸性の洗顔料で洗えばPHが乱れずに、ニキビにも効果があると言われています。また弱酸性は雑菌を繁殖させないPHの値になっているので、ニキビを防ぐことにも効果がありますから、ニキビだけでなく、洗顔料は弱酸性を選ぶといいと思います。

またよく最近スクラブが入っている洗顔料が販売されていますが、ニキビの人にはこの、スクラブ入りの洗顔料はあまりいいとは言えないと思います。洗顔料にスクラブが入っていると、刺激が強すぎてしまってニキビを悪化させてしまいますし、スクラブによって、肌が傷つくこともあり、ニキビには肌が傷つくと悪化することもありますからニキビに限らずスクラブ入りはあまりおすすめできない洗顔料かもしれません。ニキビにとっては一番効果的な対策方法が洗顔ですから、ニキビの事を考えた洗顔料を選んで、毎日洗顔してニキビ対策をしたほうがいいでしょう。

ニキビ予防に正しい洗顔法

ニキビ予防になる正しい洗顔方法を紹介したいと思います。まずは、ニキビ予防にはお湯だけで洗う下洗いをあらかじめしておきます。そして、下洗いをしたら洗顔料を泡立てるのですが、その際、顔に直接つけてから泡立てるのではなくて、手であらかじめあわ立てておきます。または、泡立て専用のネットなどを使うと簡単に泡立ちますから便利です。
ニキビ予防をしたければ直接肌につけて泡立てるのではなくて手やあわ立てネットでクリーム見たいなるくらい泡立ててから顔につけましょう。なぜ泡立てにそこまでこだわるのかというと、きめ細かい泡を作ることで、毛穴の中まで泡が行き届きます。そうなると、ニキビの元になる皮脂などを綺麗に取り去ってくれますから綺麗に汚れを残すことなく洗うことが出来るのです。また、きめこまかい泡で洗うということは手と顔の皮膚の直接の接触を和らげているので、刺激を最小限に抑えていることになり、それがニキビの肌にはいいのですね。

ニキビ対策の正しい洗顔法で正しく泡が作れたら、次は実際に顔を洗うのですが、ごしごしと力を入れて洗わないで、優しく洗いましょう。力を入れてゴシゴシ洗ってしまうと、腹が荒れてしまいますし、角質が剥がれてニキビの原因になることがあります。ですから優しく洗うように心がけましょう。

ニキビとすすぎ

ニキビ対策とすすぎについてですが、ニキビ対策になぜすすぎが大切なのかというと、せっかくニキビ対策にと、正しい洗顔方法を実践したとしても、きっちりとすすげていなければ意味がありません。洗顔料の成分が肌に残っていますし、肌荒れが原因となってさらにニキビが増えてしまうこともあります。ですから洗顔料を丁寧にすすいで顔に洗顔料が残らないようにすることでニキビを予防することが出来ます。ニキビ予防のすすぎは、洗顔の時にかかった時間の倍の時間をかけて、綺麗に丁寧にすすぐことが大切だといわれています。ですから洗うこともニキビ予防にとって大切ですが、すすぐことも大切ですから時間をかけて丁寧にすすぐことを心がけましょう。

ニキビ対策として丁寧にすすいだ後は、綺麗なタオルでふくことが仕上げになります。この時ごしごしとタオルでこするとせっかく今までニキビ対策として優しく肌を洗い上げてきたのに意味がありませんから、出来るだけこすらずに、軽く水分をタオルにしみこませる感じで叩くようにふいていくようにするとニキビ対策になるのではないでしょうか。すすぎまできちんと行えたのに最後の最後でタオルでゴシゴシふいていたのでは意味がありませんから優しく、清潔なタオルでふいてニキビ予防しましょう。

ニキビが出来にくい食生活

ニキビを治す
ニキビが出来にくい食生活を紹介したいと思います。ニキビは毎日の食生活を見直すだけでも改善できるといわれています。ニキビの原因というのはほとんどの場合が皮脂の分泌が過剰になったことによるといわれています。ですから皮脂の分泌を抑えるとニキビ予防になるというわけですので、できるだけ糖分や脂っこい食事を控えるとニキビ予防になりますし、ニキビの出来にくい体質になるのではないでしょうか。また、ニキビの原因になっている活性酸素を除去する働きのあるビタミンCや脂質を活発に燃焼してくれる働きがあるといわれているビタミンBなどを摂取することで、ニキビの元になっている皮脂をもやしてくれますし、免疫力を高めるビタミンAなどが含まれている食材もニキビには効果的です。

ニキビは出来てしまってからニキビに対して対処するのではなくて、毎日の普段の食生活も見直して注意する世にしましょう。洋食よりも出来れば和食の低カロリーで脂肪分が少ない食事を中心に摂取するとニキビが出来にくくなりますし、おやつも出来るだけカロリーの低いもので、甘いものは避けるようにします。また、カロリーが高くて脂分も多いといわれているファーストフードやスナック菓子を食べるものニキビの原因に最もなりやすいといわれていますから気をつけるようにして、出来れば、ニキビが出来ている人はファーストフードなどは食べないようにしたいものです。

ニキビに良い食べ物

ニキビにいいといわれている食べ物を紹介したいと思います。まずニキビにいいといわれているビタミンAを含む食材としてはレバーや人参、ウナギやかぼちゃなどがあります。ビタミンAは免疫力をアップさせる働きがありますし、皮膚を再生させる力を上げてくれますからニキビにいいといわれているのです。そしてニキビにはビタミンBを含む食材もいいといわれています。例えば、ニキビに効果的なビタミンBを含む食材としてはレバーやアーモンド、納豆やチーズなどがありますし、他にもマグロやカツオ、鶏のササミなどにも含まれています。このビタミンBはニキビにどのように効果的なのかというと、ビタミンBはニキビの元になっている脂の燃焼を促進する作用がありますから、脂の分泌を抑えてくれるのでニキビにはとても効果的な食材といえると思います。

他にもコラーゲンが含まれている食材というのはニキビにとってもお肌にとってもいいと言われています。ですからコラーゲンを含んでいる牛筋やうなぎ、カレイなどを食べるようにするとニキビに良いと思います。また亜鉛を含んでいる食材というのもニキビになってしまった肌を再生するのに効果があるといわれていますから亜鉛を含んでいる牡蠣や胚芽、煮干や牛肉などを沢山とってニキビを予防して行けるといいと思います。

ニキビと生活習慣

ニキビを治す
ニキビと生活習慣ですが、ニキビは食生活を見直しただけでは改善されませんし、ニキビを予防することも難しいと思います。ニキビを予防するためには、生活習慣にも注意しないといけません。例えば何を生活習慣で気をつければいいのかというと、ニキビにとって睡眠不足は大敵です。ニキビに関わらず健康にも睡眠不足は被害を及ぼしますから出来るだけ夜更かしをしたり不規則な生活習慣をしないように心がけましょう。睡眠不足がなぜニキビの原因になるのかというと、睡眠不足によってホルモンのバランスが崩れてしまいます。それによって、ニキビが出来やすくなるのです。

また、睡眠不足は、肌の再生、ターンオーバーを乱します。ターンオーバーが乱れてしまうと、肌の角質が厚くなってしまって毛穴が塞がれてしまって、それがニキビの原因になりますから睡眠時間は十分にとってお肌だけでなく健康にも気をつける必要があります。また肌というのは夜の11時から2時に作られるといわれているので、ニキビの症状を早くもとの健康な肌に戻したいと思っている人はできるだけ12時までには寝るように心がけたほうがいいでしょう。生活習慣を見直すということだけでも、ニキビの予防、改善につながりますから、出来るだけ夜更かししないように気をつけましょう。

ニキビと姿勢

ニキビと姿勢が密接な関係にあると言うことをご存知でしょうか。ニキビには実は姿勢が関係しているといわれています。猫背で姿勢が悪い人というのは見た目が悪いということだけでなく、猫背で姿勢が悪いことによって内臓が圧迫されて血液の循環が悪くなってしまいます。そのことによって、内臓疾患、内臓に負担がかかって、ニキビが出来てしまうといわれています。肌というのは内臓の状態をそのまま表す鏡とも言われています。ですから内蔵に負担がかかっていて弱っていたりするとニキビが出来やすくて、特に顔の中でも口の周りにニキビが出来やすいといわれています。

姿勢を正して内臓の働き、血液の働きを正常にさせることによって肌の状態も正常化されて、ニキビが改善されますし、日ごろから、姿勢を正していることによってニキビ予防にもなるといわれています。ニキビと姿勢、内臓はこのように密接な関係にありますからニキビが出来やすい体質の人は、少し姿勢にも気をつけるようにしてみるとニキビが改善されるかもしれません。ニキビが改善されるとともに、内臓の負担もなくなりますから今まで内臓が弱くて胃腸に異常があった人というのも姿勢を正すだけで改善されます。

ニキビとco2レーザー

ニキビを治す
ニキビの治療方法でco2レーザー治療と呼ばれる治療方法があります。これは一般的なニキビのレーザー治療のひとつで、ニキビ跡のレーザー治療のさきがけだったとも言われています。CO2レーザーというのは水に反応するという赤外線をあてて熱エネルギーを換えます。そしてそれによって皮膚を焼くことでメスでニキビを治療するよりも出血量も少なくてレーザーメスの一つとして使われているのだそうです。これによってニキビの治療を行っている美容外科は多いようです。

ニキビの治療だけでなく、ニキビ跡やほくろ、シミやしわなどの治療にも使われている方法です。ニキビの治療としてCO2レーザーを受けた後はすこし皮膚がほてったり赤い感じが残ってしまう期間が大体1ヶ月から2ヶ月くらいあるといわれています。ニキビの症状を改善させようと思っている人は一度では治療し切れませんから2-3回とかよってニキビ治療のCO2レーザーを受ける必要があるようです。何度も通わなくてはいけないのは少しニキビ治療としては時間がかかると思うかもしれませんが、数回通っただけで、ニキビ跡なども綺麗になるならいいと思います。CO2レーザーではニキビだけでなく頑固なニキビ跡にも効果的です。

ニキビとクールタッチレーザー

ニキビの治療ではレーザー治療が一般的ですがレーザー治療といっても色々な種類のレーザー治療があります。ニキビの治療のクールタッチレーザーというのは、真皮の上の部分の繊維芽細胞を刺激してそれによってコラーゲンを作ってニキビやニキビ跡、しわを改善させるというレーザーの治療方法です。ニキビ治療のクールタッチレーザーは冷却装置をつけたことで、今までのレーザー治療のように表皮を熱で焼いて傷つけるということがなくなりましたから、CO2レーザーのように、術後1-2ヶ月ほてりや赤みが続くなどといったダウンタイムと呼ばれる期間がありません。

ニキビ治療のクールタッチレーザーという治療はダウンタイムがないために、誰でも治療できて、しかも、ニキビ治療をしてきたということを見てわかりませんから知られることなく出来るんですね。ニキビ治療をしたことがわかられないのは嬉しいと思います。また、料金の面でも、他のニキビ治療のレーザー治療と比べると安いですが、ニキビ治療の効果は一度レーザー治療を受けただけでは効果があらわれませんから何度も受ける必要があるニキビ治療のひとつです。しかし安いのと、ニキビ治療を受けた後が全く残らないことで何度もうけられるのがうれしいですね。

ニキビとクリアタッチ

ニキビの治療方法にクリアタッチと呼ばれるレーザー治療の方法があります。このニキビ治療のクリアタッチレーザーではニキビの原因になっているアクネ菌を生むといわれているポルフィリンという化学物質に反応するために、少しのレーザー照射でも活性酸素が発生してニキビの元になっているアクネ菌を殺すことが出来るというものです。ニキビの発生自体を防いでくれるレーザー治療になりますね。ニキビ治療のクリアタッチの青い色の光というのは活性酸素を誘導して、ニキビの元になっているアクネ菌を殺菌してくれます。赤い色はニキビの症状の一つである赤みや他にも炎症などを抑えてくれますし、局部的な熱を使ってアクネ菌を殺菌する効果があります。

ニキビ治療のクリアタッチレーザーはクールタッチレザーというニキビの治療方法がありますが、これと同じように表皮を傷つけずにニキビの治療をすることが出来ますし、今までニキビに悩んでいる人で重症だった人にも効果があります。また顔のニキビだけでなく、胸や背中のニキビにも効果的だということです。なかなか顔のレーザー治療のように狭い範囲で治療はあっても、広い範囲のニキビの治療は少ないので背中などのニキビ治療にはクリアタッチがいいかもしれません。

ニキビとVビームレーザー

ニキビの治療方法に、Vビームレーザーと呼ばれる治療方法がありますが、このニキビ治療のVビームレーザーというのは、赤い色に反応する色素レーザーの一つです。皮膚がニキビによってあかっくなっている原因になる毛細血管をこのレーザーによって壊すことで、赤ら顔や血管が拡張している症状にも効果があらわれますし、他にも、ニキビやニキビ跡の赤い色の皮膚の改善、治療にも使われるレーザーです。ニキビ治療に使うレーザーの照射を抑えることで、皮膚上層を刺激することでコラーゲンが生まれます。コラーゲンが新しく生まれたことによってニキビやニキビ跡の凹みなどを治療改善する力があるといわれています。

ニキビ治療のレーザーを使ったものは痛みを伴うのではないかと心配になる人も中にはいるかもしれませんが、このニキビ治療のレーザー治療では冷却装置を使っていて、レーザーで照射するときの痛みをやわらげてくれる効果がありますから痛みはましなんだそうです。全く痛みは無いということではなくて痛みは少ないといえるでしょう。ニキビ治療にはレーザーのものが一般的で色々と種類がありますが比較的このニキビ治療おVビームレーザーの場合は赤いニキビの症状に効果があるといわれています。