プロが教える安心してニキビを治すための方法のすべて

ニキビケアとして普段から何かしていますか?最近はニキビケア化粧品などもたくさん販売されるようになりました。たとえばニキビの人を対象にしているスキンケア化商品として洗顔石鹸から化粧水などのスキンケア化粧水でニキビの人を対象にしているというものもいろいろと販売されています。またメイクアップ化粧品でもニキビケア化粧品としてファンデーションや下地なども皮膚にやさしい作りのものなども販売されています。ニキビケアをしてくためには普段よく使っているような化粧品についても見直していく必要があります。



またニキビケアとして有効な方法としてはニキビの原因を知って、その原因のための対策や予防をすることも大切です。なぜニキビができているのかよく考えてみましょう。ニキビができた理由をよく考えることでニキビケアにつながります。たとえば暴飲暴食がひどい人や、食生活が偏っていて栄養バランスがとれていないという人はニキビケアとして食生活の見直しが必要です。他にも毎日寝る時間が遅い人、睡眠時間が短いという人に対しても、生活習慣を見直すということがニキビケアにつながります。
ニキビケアの方法は自分がなぜニキビになっているのかということによっても違ってきますから、ニキビの原因をまずは知ることから始めましょう。ニキビケアのための正しい洗顔方法や正しいお手入れの方法なども知ったうえでニキビを毎日少しずつでもケアしていくことが大切です。

ニキビの原因

ニキビを治す
ニキビの原因というのは人それぞれ違っているといわれているのですが、一般的にはホルモンのバランスが崩れていること、睡眠不足であること、そして食生活の乱れや生活習慣の乱れなどもニキビの原因になるとも言われています。また現代はストレス社会とも言われていますが、ストレスがたまっているということからニキビになってしまうというケースもおいといわれているので、ニキビが出来やすいのです。今紹介したようなニキビの原因はどちらかというと、内的要因と呼ばれるものです。ニキビの原因の中には外的要因と呼ばれるものもありますので覚えておきましょう。ニキビの外的要因としては、自分の肌に合っていないような化粧品を使っていることがまず一つにあげられますし、肌を清潔に保っていないことから活性酸素が原因でニキビになっているとも言われています。また冬の場合などは乾燥が原因でニキビができるとも言われています。

ニキビの外的要因もこれだけいろいろと種類があるのですが、個人差もあり、自分のニキビの原因が、外的要因なのか、内的要因なのかしっかりと理解したうえで治療法を見つける必要があります。中には遺伝や毎日のタバコ、アルコールなどが原因でニキビになるというケースもあるようですから、自分の生活習慣や食生活などを見直してみて、自分のニキビの原因を探ってみるということも大切です。そのうえで治療法を決めたり予防策を考えるのが一番ではないでしょうか。

ストレスとニキビ

ストレスとニキビはかなり密接に関連しているといわれているのですが、ニキビの直接の原因になっているのはストレスではありません。ストレスは間接的な原因といってもいいと思います。ではニキビの原因に直接関連しているものというのは何かというと、皮脂過剰が原因です。この皮脂過剰はストレスにかなり影響があるとも言われているのです。人というのは精神的にストレスが過剰になった場合には、体の中でストレスホルモンが発生します。ストレスホルモンが分泌されるとビタミンB2の働きを抑えてしまうのです。ビタミンB2というのは聞いたことがあるという人も多いと思いますが、肌の皮脂の量を調整しているとても大切な成分の一つです。

肌の皮脂の量を調整しているこのビタミンB2が不足してしまうということは、それは、皮脂の分泌のコントロールがきかないことになりますから、そのために皮脂の分泌が増えてしまうのです。ストレスによってビタミンB2が抑制されるということでニキビが出来やすい原因につながります。ですからストレスは直接的には原因になっていないといっても、結局はストレスが原因で皮脂の分泌が過剰になるということになります。現代はストレス社会といわれているのですが、ストレスをいかに解消してためないようにして毎日を過ごすかどうかということが、ニキビを作るかつくらないかにかかわってきますから、できるだけストレスはためないようにした方がいいでしょう。

思春期とニキビ

思春期にできるニキビというのはだれもができるホルモンの活発な変化によるものでどちらかと言えば一過性のものと考えてもいいと思います。しかし思春期を過ぎて20代になってから出来るニキビというのは思春期のニキビとは大きく違っています。思春期のニキビと大人ニキビの違いというのは、まずできる場所からして違っているのです。特に口の周りに集中して出来てしまったり、背中に集中して出来てしまうといった一部分にだけ集中してニキビができるという特徴があります。そしてその原因は思春期のニキビの時のように、皮脂が過剰に分泌しているというだけではありません。思春期の場合は一過性の場合が多いのでピークを過ぎればすぐに治るという人もいると思いますが、大人ニキビの場合には、長時間できるという人もいますし、体質的にこの先ずっと悩まされる人います。

ニキビは思春期の頃なら自然に放っておいても治っていくことが多かったと思いますが、大人ニキビになると、自然治癒することはなかなか難しく、跡が残ってしまうというケースもあります。ですが、ニキビができたからすぐに対処しなければいけないと思って、たくさん薬を使ったり、何度も洗顔をしたりするとよけいにニキビを悪化させることになりますし、さらにニキビを増やすことにもつながります。思春期のニキビとは違って、大人ニキビには大人ニキビの対処法がありますからその対処法を覚えておくといいでしょう。

生理前のニキビ

生理前にニキビができやすい人や増えてしまうという人は意外と多いと思います。またもともとニキビがあったという人も生理前になると悪化するという人もおおいと思います。生理前になるとなぜニキビというのは増えてしまうのでしょうか?また出来やすくなる理由は何でしょうか。生理前にニキビができやすい理由の一つとしてはホルモンが関係しています。生理というのは女性ホルモンのバランスで月に1回動いています。生理前によくニキビができてしまうというのはホルモンの内の黄体ホルモンと呼ばれる種類のホルモンが増えることによって出来やすくなるといわれているのです。

黄体ホルモンといのはどちらかというと男性ホルモンにとてもよく似ている働きがあるホルモンとして知られています。ニキビにホルモンが関係しているのは男性ホルモンですがそれによってニキビが出来やすい肌になってしまうのです。そして生理前でニキビができやすい時というのは、それに加えて皮脂の分泌が活発になるということもあります。皮脂の分泌が活発になっているということは食事に気をつけなければ脂っこい肉料理や揚げ物などを食べていたのではニキビがさらに増えてしまうのです。ニキビに関係しているホルモンというのは、このように食生活にもストレスにもすぐに影響が出ますからこれらについても見直す必要があります。生理前のニキビを対処する方法は生活習慣、食生活の見直しと、ストレスをためないことです。

ニキビの洗顔法

ニキビを治す
ニキビのための正しい洗顔法について紹介したいと思います。洗顔をするためのまず流れとしては、ヘアバンドやヘアキャップなどをして前髪が落ちてこないようにします。そして顔全体を出すようにして、ちゃんと生え際や耳の前まで洗えるように準備しましょう。温度はできれば集めのお湯で40度くらいのお湯を用意してタオルにつけてください。このタオルを軽く絞った状態で、まずは蒸しタオルにして、毛穴を開ける必要があります。だいたい2-3分ほど蒸しタオルをしてから洗うことで毛穴が開くので毛穴の中の汚れまですっきりと洗い流すことができるのです。

そして洗顔をする際のぬるま湯というのはだいたい35度くらいから40度くらいまでにして何もつけずに素洗いをしましょう。最初にこの素洗いをするということがポイントになってきます。そのうえで次にぬるま湯で手を濡らして石けんをつけるのですがかなり十分に泡だてましょう。そして洗う順番がありますが額からこめかみ、そして眉毛から鼻、目の周りからほほと口、そして顎と首筋の順番に洗っていきます。ぬるま湯で洗い流す場合はしっかりと石けんが残れないようにするためにたっぷりとお湯を使って洗います。そして洗ってから一度洗い残しがないかどうかをチェックして完全に脂分がとれているかどうか指で確認します。これでニキビ予防になる洗顔方法の紹介は終わりなのですが毎回このように時間をかけて洗顔をするだけでニキビを予防することができるのです。

ニキビ化粧水

ニキビ化粧水とはニキビの人の化粧水のことを言います。ニキビを予防したり改善するためには肌の保湿は欠かせません。乾燥がニキビの原因になっているとも言われていますからニキビをできにくくするためにも、ニキビ化粧水というのは必要なのです。ニキビの人が化粧水を選ぶ場合には肌の状態に合わせて選ぶことが必要です。ニキビ化粧水といっても一種類ではありません。乾燥肌でニキビができている人もいれば、オイリー肌でニキビができている人もいますから、同じニキビ化粧水ではいけないのです。自分の肌に合わせたニキビ化粧水を選ぶことがポイントです。

具体的にいうと、オイリー肌の人は脂っこい肌質になっていますかから、アルコールがはいっているような付け心地がさっぱりとするような化粧水がいいと思います。この化粧水をつければ少し皮脂の分泌がおさまります。そして乾燥している肌の人というのは、肌の状態があまりよくありませんからアルコールは刺激になりますのでノンアルコールタイプの化粧水を選ぶようにするといいと思います。乾燥肌の人はしっとりとさせる保湿力が強いニキビ化粧水がお勧めです。ニキビ化粧水はこのように肌質に合わせて選ぶことが大切ですが、共通して言えることとしては、どちらの場合も肌に刺激を与えないようなものを選ぶことが大切で、保湿のためにはたっぷり目にニキビ化粧水をつけてパッティングしたりして肌に保湿成分を注入するようにするといいでしょう。

ニキビ用化粧品

ニキビ用化粧品というのは、ニキビができている人を対象にしてつくられた化粧品のことを言います。石鹸や化粧水からメイクアップ化粧品に至るまでさまざまな種類が販売されているのが特徴です。ニキビ化粧品では跡が残ってしまったような場合には化粧品を使った治すことは難しいのですが、たとえば軽いニキビの症状くらいなら、化粧品を変えるだけでその症状を改善させることが可能といわれているのです。ニキビ化粧品は通常の化粧品とどのようなところが違っているのかというと、ビタミンC誘導体が入っているようなものもあれば、ヒアルロン酸などの保湿力が高い化粧品などもあります。また緑茶の成分やお茶の成分が入っていることで皮脂の分泌による参加を防いだり、細菌などできることを防ぐということも可能です。ニキビ化粧品の特徴としてはニキビの人を対象にしてつくられていますからその分肌にやさしい素材でつくられているのが特徴です。

市販されている一般的な化粧品ではニキビができている時につけてしまうと刺激も多かったり、肌にとっていいとは言えないということがありますが、ニキビ化粧品ならその心配がありません。ニキビ化粧品として今人気があるメーカーはプロアクティブです。プロアクティブはニキビ専用化粧水として販売されていますが、化粧水や洗顔料などを使うことでニキビができにくくなったり、ニキビが実際に出来ている人には改善につながる化粧品として知られています。

ニキビとスキンケア

ニキビとスキンケアについては正しい方法で毎日継続して行うということが大切です。思春期の場合には男性も女性もどちらもホルモンが活発に動きますから自然と皮脂の量が増えて、それがニキビにつながるというのはわかります。しかし最近は大人でもニキビに悩まされる人が多いのです。まずニキビ対策としてできるスキンケアですが、油をたくさん含んでいる化粧品を長い期間使い続けるということはニキビが出来やすい環境を作ることにもつながりますので注意しましょう。人工的に油を肌に塗り続けることになりますがこの場合どんどん皮膚が悪化して皮膚機能が低下してニキビが出来やすい環境になるのです。

また化粧をした後のクレンジングはスキンケアの中でもとても大切なことの一つになるのですが、オイルをたくさん含んでいるクレンジングがいま人気ですが、オイルをたくさん含んでいるクレンジングの場合には、毛穴がふさがって逆に細菌が増えやすいといわれています。ですからオイルで表面を覆わないようにしなければいけないのです。ニキビ対策としてのスキンケアとしては、脂っこい食べ物をあまり食べすぎないとうことも大切なことです。しかし脂っこい食べ物だけでなく、糖分、アルコールも同じようにニキビが出来やすい食べ物や飲み物ですから、こちらも控えることがスキンケアには大切なことになるので気をつけましょう。

ニキビ治療

ニキビを治す
ニキビ治療の方法は色々とあります。なかには普段自分でニキビ治療をしているという人もいるかもしれません。しかしできればニキビ治療は自分で行わない方がいいでしょう。なぜなら間違ったニキビ治療をしてしまうと、完治しないばかりか完治までに時間がかかったり、最悪の場合にはニキビが悪化してしまう可能性が高いのです。ですからニキビ治療をする場合に自分で荒療治的なことをするのは避けましょう。

具体的なニキビ治療の方法としては、まず一つ目としてでき始めてすぐに皮膚科へ行くという方法があります。皮膚科へ行って適切に処置を早い段階でしてもらうことでかなり悪化を食い止めることができますのでお勧めです。他にも皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬を飲むことで治療になります。膿が中にたまっているニキビができるという人もいると思いますが、ニキビ治療で自分で膿を出してしまう人もいます。この方法をすると皮膚が必ず傷つきますし、膿ができていた部分にバイ菌が入ればさらにニキビが悪化してしまう可能性がありますので、本当は膿ができるまで放っておくのではなくて、もっと早めに皮膚科へ行くことをお勧めしますが、行けずにいた場合でも、ニキビの膿を自分で出すのではなくて、皮膚科へ行って出してもらうようにしましょう。ニキビ治療は正しい方法や知識が必要です。この正しい方法を間違えてしまうと治るどころか悪化しますので十分に注意しておく必要があります。

皮膚科のニキビ治療

皮膚科でニキビ治療ができるということをご存知でしょうか?あまり皮膚科でニキビの治療ができると知っている人はいないのかもしれませんが、冷静に考えてみても、ニキビは皮膚にできますからニキビ治療は可能なのです。皮膚科でのニキビ治療ではどのようなことが行われているのかというと、今までの皮膚科でのニキビ治療というのは抗菌作用がある薬を処方してもらって外用薬として塗るという方法、そして抗生物質やビタミンなどの内服薬を処方されて飲むという方法で皮膚科の治療を受けることが一般的でした。軽めのニキビやニキビのでき始めなどにはこれで効果があるのでいいのですが、ニキビを放置して悪化してしまったものに対してはなかなかこれでは効き目がありませんでした。

皮膚科での治療でもニキビが治らないという場合には、なかなか大変です。そこで最近ではニキビ治療として皮膚科が行っている一環としてケミカルピーリングが行われています。ケミカルピーリング治療と呼ばれているのですが、これは美容のためでも行われているケミカルピーリングをニキビ治療にも導入しているのです。一般的にはケミカルピーリングは1ヵ月くらいで角質をきれいにとってしまうとい治療法です。皮膚科でケミカルピーリング治療を行うところもありますし、自宅でもケミカルピーリング治療ができるようにするために、ホームケミカルピーリングセットなどを処方している皮膚科なども増えているのが現状です。

ニキビをつぶす

ニキビを治す
ニキビができると、つぶした方が早く治ると思っている人も中にはいると思います。確かにいつまでも芯が残っているようなニキビの場合にはなかなか炎症が治まらずに早めに芯や膿を出してしまわなければいけないということはあると思います。しかしニキビを自分でつぶすという場合にはかなり細心の注意を図らなければいけません。爪でニキビを潰してしまうと、皮膚を傷つけることになります。

ニキビをつぶして、毛穴の中にあるニキビの芯、コメドを出すと早くニキビが治ると思われがちですが、コメドというのは毛穴の中に詰まっているただの皮脂の塊です。この皮脂の塊がアクネ菌のご飯になってアクネ菌がどんどん増えていくことになるわけです。確かに早くこのご飯をとりだしておけば、ニキビがこれ以上増えることはないでしょう。しかしニキビを潰すということは実は肌への負担は大きいということを知っていたでしょうか?安易な気持ちでニキビをつぶせば毛穴が傷つきますし、毛穴が破壊されてしまうと、皮膚に跡が残るということもあるのです。毛孔が傷ついてその部分からまたバイ菌が入ってしまうとさらにニキビが悪化するということもあり得ますから本当に注意しなければいけません。爪で潰すというのは肌への影響も悪いので、その際に使われるのが、面ぼう圧子というものを使って行います。ドラッグストアなどでも販売されていますから、こちらを使って芯を出して、そのうえで消毒と出しああとのケアが必要です。

ニキビ跡

ニキビ跡が残ってしまって化粧で隠れるという人はいいのですが、男性の場合には化粧はしませんから目立ってしまう人も多いともいますし、女性でも、ニキビ跡の具合によっては化粧で隠せないという人も中にはいるのではないでしょうか。ニキビ跡ができる理由は、ニキビが悪化して顔の炎症がひどくなってしまったために、その部分が治ったとしても、跡が残ってしまうのです。ニキビ跡といっても人それぞれ症状は色々で、少し跡が残っている程度だという人も中にはいますし、ひどい人になるとクレーターと呼ばれる月の表面のようにえぐれているように、顔の皮膚がなってしまっているような人もいます。

ニキビ跡が一か所ならまだいいのですが、クレーターのようなひどいニキビ跡が顔中に出来てしまっているというケースもありますから、十分ニキビケアには注意が必要です。ニキビが悪化したことによってニキビ跡はできますが、他にも爪で無理やりニキビの芯を押しだしたりした場合にも皮膚が傷ついてその部分が跡になってしまいます。一度できてしまったニキビ跡というのはなかなか解消することが難しいですから、ニキビができたら、できるだけ放っておかないで、すぐに対処をして悪化させない工夫が大切です。悪化させてしまうとその部分のなおりが遅くなりますし、そうなってしまうとニキビ跡が残りやすくなってしまいます。ニキビ跡は一度できると完治することは難しいので注意しましょう。