ニキビを治す完全ガイド|プロが教えるニキビケアの方法

ニキビができる原因を知っておくということは、これからのニキビ予防に役立つと思います。ニキビができる原因というのは、ニキビができる場所によってそれぞれ違っています。まず顔の上の部分のニキビの原因から紹介していくと、ニキビが額の上、毛の生え際などにできるという場合には、シャンプーやリンスのすすぎ残りなどが原因だと考えられますし、額の部分にできるニキビの原因としては、ホルモンのバランスが崩れていることが原因といわれています。



眉毛と眉毛の間の眉間の部分のニキビができる原因は、自律神経やストレスが原因といわれていますし、目の下からほほにかけてのニキビの原因は、甘いものや脂っこい物の食べすぎ、食生活が原因のニキビといわれています。鼻の頭にニキビができる原因としては、顔ダニが原因とも言われています。そして顎のニキビの原因としては婦人科系の病気や冷え性、カルシウムが足りていないことが原因とも言われています。このようにニキビの原因といっても一概に一つとは言えず、ニキビができる場所によってニキビの原因は違っています。ニキビができた場合には、できた部分を特定して、そして何が原因でニキビが出来てしまったのか考え、ニキビ対策をすることが必要です。

ニキビができやすい場所

ニキビを治す
ニキビのできる場所というのは顔以外にもいろいろとあります。首もニキビができる場所ですし、背中にもニキビが出来るという人は多いのではないでしょうか。顔以外にできる場所としては頭皮にもニキビが出来てしまうという人もいます。一番ニキビができやすい場所としては顔が多く、顔の中でも鼻にニキビができたり、あごにニキビが出来るといった人も多いと思いますが、頭皮も意外とニキビができやすい場所としてあげることができます。ニキビができる場所は考えてみると、毛穴がたくさんある場所にニキビが出来やすいと考えられますが、なぜニキビは毛穴が多い部分にできやすいのかというと、毛穴から皮脂が分泌されることによって多量に分泌された皮脂がニキビの原因になっています。

ですから、顔にもたくさん毛穴がありますし、頭皮にもたくさん毛穴はありますからニキビができやすいとされていますし、背中も私たちが思っている以上に毛穴がありますからニキビができやすいのです。ニキビができやすい場所を知っておくということは、今後のニキビ対策にもつながりますし、ケアしていくことにもつながるので、しっかりとニキビができやすい部分の清潔を保つようにしましょう。

鼻のニキビ

鼻のニキビについてですが、鼻にできるニキビは、とてもデリケートな部分にできるニキビですから、下手に自分で触って荒療治をしない方がいいといわれています。鼻のニキビを治療するためにはきちんと皮膚科へ行くなどした治療がいいでしょう。顔の真ん中にある鼻はとても体の中でも大切な場所ですから、顔の中でも鼻にできたニキビのケアは十分に注意しましょう。鼻のニキビの原因としては、皮膚の分泌が多いことから起きるとも言われていますし、毛穴に汚れが詰まったことで起きるとも言われています。また顔のアクネ菌が増えたことでも鼻のニキビができるといわれていますから、毎日のケアが必要です。

なぜ鼻にニキビができやすいのかというと、鼻というのは顔の真ん中にあるのですが分泌される皮脂の量が極端に多いといわれていますし、外からの刺激も受けやすい部分であるとも言われています。また毛穴が顔のほかの部分よりも大きいこともあり、老廃物もたまりやすいですし皮脂もつまりやすいことから、鼻のニキビができやすいのではないかといわれています。鼻のニキビはできやすいといわれていますから、できるだけ毎日のケアをしっかりと行うことで予防は十分に可能です。

首ニキビ

ニキビが首にできるという人も多いのではないでしょうか。大人のにニキビとして顔や背中以外にも首にニキビが出来てしまうという人は多いと思います。首のニキビは一度できてしまうと厄介です。若い世代よりも首のニキビは、中高年や年配にできやすいニキビとされていますが、一度首ニキビができると、すぐには治らず、ひどい場合には、首ニキビが残ったままになっていることもあるといわれています。だいたい首ニキビができる場所としては、あごから首にかけての部分やうなじなどの部分にもできやすいといわれていますが、毛穴が集中している部分や汗がたまりやすい部分などに首ニキビができるといわれています。

ではこの首ニキビを予防するにはどうすればいいのかというと、汗をかいたらこまめに拭くようにして、すすぎ残しをなくすことが大切ですし、清潔に保つためにも、毎日お風呂で綺麗に洗うことが必要です。洗う際もしっかりとボディーソープやせっけん、髪の毛を洗ったときのシャンプーが残らないようにすることで首ニキビは予防できますし、お風呂に入ったときにナイロンのタオルを使って皮膚を傷つけながら洗っている人は、それも注意して丁寧に洗うことで首ニキビを予防することができます。

おでこニキビ

おでこにニキビが出来てしまって困っているという人も多いのではないでしょうか。おでこに出来るニキビの原因として考えられることはおでこには毛穴がたくさん集まっていますから、毛穴から皮脂が大量に分泌していることや髪の毛の前髪がおでこにかかっていることによってニキビができやすいといわれています。顔を普段から清潔に保てなかったり、ストレスがたまっている、生活習慣が乱れている、食生活のバランスが偏っているというときには、おでこニキビができやすい環境にあるといわれています。食生活はおでこニキビにかかわらず、いろいろなニキビの原因になりますから十分に食生活には注意しましょう。

おでこニキビを治療する方法としては、前髪がおでこにかかっていてそれが原因でニキビが出来ているという場合には、前髪がかからないようにすることが大切ですし、顔に脂がたまりやすいという人の場合には、洗顔をこまめに行う、そして乾燥させたままにしないということも大切なことです。おでこニキビは、場合によってはシャンプーのすすぎ残しが原因で起きるということもありますから、シャンプーなどをすすぐ場合にはしっかりとすすぎ残しのないように注意しておでこニキビを防ぎましょう。

ニキビ予防

ニキビを治す
ニキビ予防についてですが、ニキビを予防したいと思っている人はその場限りの予防策ではなかなか予防することはできません。ニキビを予防する場合には、毎日のケアが必要になってきます。毎日ケアするということは、なかなか難しいことですが、毎日ケアできなければ、ニキビができやすい環境に常にあることになりますから、体調管理や毎日の生活習慣、食生活などには十分に注意しなければいけないのです。ニキビを予防するために、毎日ケアしているという人はなかなか少ないと思います。いざニキビが出来てしまってからあわてて予防策を考えるという人の方が多いと思いますが、ニキビは毎日ケアしていれば予防することが十分に可能なのです。

肌というのはサイクルが決まっていて角質がどんどん生まれ変わりますが、生まれ変われずにどんどん古い角質がたまり、毛穴が詰まってしまっている状態がニキビをできやすい環境へと導きます。ですから思春期のニキビは一過性のものが多いですが、それは新陳代謝がいいので角質が生まれ変わるからまたすぐに治りますが、大人のニキビとなると新陳代謝も良くありませんから、あまりいい状態でニキビがすぐに治るとは限らないのです。ニキビの予防は毎日の生活習慣、食生活が重要なポイントです。

にきび対策

ニキビ対策をしている人は多いと思いますが、正しいニキビ対策をしなければ、いくらニキビ対策をしても意味がありません。正しいニキビ対策としては、二つのニキビ対策をすることが可能です。自分でニキビ対策をしようと思っている場合には食生活でニキビ対策をすることが大切です。もしも外食が続いていたり、偏食が多いと思っているのであれば、サプリメントなどでも栄養を補うなどして食生活を正しくすることがニキビ対策になります。ニキビ対策に食生活を正しくするということはとても大切なポイントになりますから覚えておきましょう。

そしてニキビ対策としてもうひとつは、肌の外からのケアも必要になってきます。新陳代謝を良くするためにケミカルピーリングを行ったり、美顔器を使ってスチームなどでニキビ対策をするということも大切なことです。ニキビ対策をこれから考えている人は、とにかく体の中からは食生活の見直しをして、そして外からも自宅でできるケミカルピーリングジェルなどを使いながら肌の代謝を促してニキビ対策をすることが一番効果的ではないでしょうか。ニキビ対策はなかなか難しいことではありますが、普段からの心がけがニキビ対策につながるのではないでしょうか。

ニキビ治療薬

ニキビを治す
ニキビ治療薬というのは色々と販売されていますし、皮膚科へ行けばまた市販とは別のニキビ治療薬を処方してもらえると思います。市販されているニキビ治療薬というのは、その多くがイオウを配合しているニキビ治療薬が多いといわれています。このイオウというのは、肌の角質をきれいにはがす働きがあるといわれているのですが、それ以外にも、脂の分泌が多い人の症状を改善するという役目もはたしています。市販のニキビ治療薬を利用する場合には、敏感肌の人は十分注意して使う必要があります。なぜなら、市販のニキビ治療薬は、塗った部分が乾燥する可能性がありますから、ニキビの治療はできても、肌が乾燥して、他に症状が出てしまう可能性があるのです。

一方で病院で処方してもらえるニキビ治療薬というのは、抗生物質が多いといわれています。抗生物質のニキビ治療薬というのは、なかなか市販の薬としては販売されていませんから、病院でのニキビ治療のときだけに利用します。抗生物質はニキビの原因になっている細菌を超え押して、炎症を抑えるという働きがありますが、これは炎症を抑えるだけでニキビの原因を根本的に治しているというわけではありませんから、ニキビ治療薬として抗生物質を処方されて使っても一時的に治ってもまた再発する可能性があります。

ニキビの改善

ニキビの改善はすぐにできるものではありません。ニキビを改善させるためには日々の努力も必要になってきます。ニキビを改善させたいと思っているのであれば、根本的なニキビ治療も大切ですし、体質を改善することも必要になってきます。たとえばニキビが出来やすい肌質を何とかするために、生活習慣が不規則な人は正しい生活習慣に戻すということも必要になってきますし、他にも、食生活の栄養バランスが乱れている人の場合には、食生活の見直しも必要になってくるのです。生活習慣と食生活はニキビ改善には欠かせない要因ですが、それ以外にも肌への刺激も考える必要があります。

実は、ニキビを改善するにあたっては、普段生活している環境の肌へ与える刺激も関係しているといわれているのです。たとえば乾燥している室内、煙草のけむりなどが与える肌への刺激が肌ストレスとなってニキビの原因になりますから、ニキビを改善したいと思っている人の場合には、肌ストレスも十分考えたうえで、ニキビを改善させる方法を考えなければなりません。毎日のスキンケア、生活習慣、食生活、肌への刺激などの要因がすべて整って初めて、ニキビを根本から改善することにつながります。

ニキビとピーリング

ニキビとピーリングについてですが、ピーリングがいまニキビ治療には欠かせないものになっていますがご存知でしょうか?ニキビ治療といえば薬を使って行うというイメージが強い人も多いのですが、今はニキビ治療といえばピーリングが一般的に知られるようになってきました。数年前まではピーリングといえば、肌の表面を薬剤で溶かして肌に刺激を与えてとても危険でリスクの高い美容法として知られていたのですが、最近のピーリングはそうではありません。フルーツ酸を利用していますから肌に刺激を与えずにピーリングを行うことが出来て新陳代謝が高まりますから、ニキビの改善にとても役に立つのです。皮膚科などでもニキビ治療としてピーリングは行われていますし、家庭でも石鹸にピーリング効果があるものやジェルにピーリング効果があるものなども販売されていますから、そちらを利用してみてもいいのではないでしょうか。

ニキビが出来てからピーリングをするというよりも毎日のケアの中でピーリングを行って、ニキビができにくい肌環境をつくってあげるということが大切なことです。新陳代謝を高めて毛穴をきれいにしておくことでニキビが出来にくい肌環境に整えることがピーリングで可能なのです。

ニキビ跡のクレーター

ニキビを治す
ニキビ跡のクレーターを見たことがあるという人は多いのではないでしょうか。ニキビ跡が残ってそれがえぐれたような状態、堀起こされたような状態になっていることをクレーターと呼んでいます。ニキビ跡のクレーターは、ニキビが悪化して跡が残ると出来てしまいます。自分で潰したり、膿や芯を出したりすると、その部分のニキビはクレーターになることがありますから十分に注意しなければいけないのです。ニキビは通常は赤身が残って数週間もすれば治ることが多いのですが、症状が悪化しておくと、デコボコしている部分がひどくなります。ニキビ跡のクレーターを残したくないという人は、ニキビが出来ればすぐにケアして早めの治療を解することが一番大切なことです。

ニキビ跡のクレーターが出来てしまうと、すぐには自分で改善することが難しいといわれています。皮膚科で治療を受けたり、美容外科などでレーザー治療を受けなければニキビ跡のクレーターを改善することは難しいとされていますから、できるだけニキビを悪化させて跡を残さないようにして、ニキビ跡のクレーターを作らないようにケアすることが一番の方法です。ニキビ跡のクレーターは一度できてしまうと改善が難しいでしょう。

ニキビ跡を消す

ニキビ跡を消す方法があればすぐにでも試したいと思っている人は多いのではないでしょうか。確かにニキビ跡というのは一度できてしまうと自分でケアするのはなかなか難しいですから、なんとかしてケアしたいと思うでしょう。しかし自分でニキビ跡をケアしたいと思っても、なかなかすぐには改善できないのが特徴です。ニキビ跡を消すためには、やはり皮膚科へ行って治療を受けるか美容外科などへ行くのが一番手っ取り早い方法ではないでしょうか。ニキビ跡の治療は、ニキビ治療で保険が適応されていたとしても、場合によっては保険の適用外になることがありますが、それでも自分で高い化粧品を購入してケアをすることを思えば、ニキビ跡を消すために皮膚科や美容外科などへ行くことはコカ的なことだと思います。

ニキビ跡を消すことは即効性のある方法というのはあまりなくて、ニキビ跡を完全に消す場合の治療には、だいたい数か月はかかると思っておいてもいいと思います。ニキビ跡を消すなら治療を受けつつ、サプリメントなどで肌の新陳代謝を高めたりコーラゲンがたくさん生成されるように、体の中からのケアも十分必要になってきます。外からと中からとケアすることで、より早くニキビ跡を消すことが出来ます