メイクの仕方|初心者が失敗しないための注意点すべて

メイクの方法の一つとしてマスカラを使う人は多いと思います。マスカラをつけると目がぱっちりとして大きな印象になります。マスカラをつける前にはビューラーを使ってまずはしっかりとカールさせてから使うのがいいと思います。しかもビューラーの中にはホットビューラーと呼ばれる種類のものもありますが、これは熱でカールを持続させる効果があります。もしもホットのビューラーがあればそれを使うのが一番ですが、ない場合でも、ライターなどで使う前にビューラーを少しだけ熱しておけばカールが持続しますし、しっかりカールがついていいと思います。

そしてしっかりとカールさせた後には、ますからの下地をつけていきましょう。下地をつけると、かなり仕上がりに差が出ますから、しっかり目に下地はつけておいた方がいいと思います。そしていよいよメイクでマスカラを塗っていくわけですが、まつげの根元の部分から毛先に向かってマスカラはつけていきます。塗り方としては左右を揺らしながらつけるようにしてしっかり目につけるのがポイントです。上のまつげの方法としたのまつげの塗り方は少し違っていてしたまつげの場合にはブラシを立てて一本一本につけて行くのがいいでしょう。最後にメイクの仕上げとしてコームで綺麗に整えればパッチリとした目の完成です。マスカラ一つで目の印象はかなり変わりますからメイク初心者でも手軽にマスカラをつけるだけで目をはっきりさせることが可能です。

メイクのチーク

メイクの仕方
メイクのチークを入れる場所は基本的には頬の骨に沿っていれると自然な感じに仕上がることになります。ほほ骨というのは誰でもこめかみの下から出ている骨になるわけですが、口元を上げるみたいに顔に笑顔を作ったときには頬の筋肉が盛り上がると思います。この盛りあがっている筋肉の部分に沿ってほほ骨の高いところへとチークを入れると上手にチークを入れることができます。ひとの顔の形は色々ですから、人によってはこの通りではないかもしれませんが、チークを上手に入れることによってメイクで顔の雰囲気や印象というのはかなり変化をつけることが可能です。自分の顔の色や形にあったチークを選びメイクテクニックとして入れ方についてもきちんとマスターしてみるといいと思います。

もしも、メイクでチークを入れる場所が低めになってしまった場合には、逆に疲れた雰囲気に見えることもありますから注意してチークは入れなければいけません。チークを入れるポイントとしては、ブラシにパウダーを付けてまずは色を調整しましょう。ブラシの持ち方は鉛筆見たいにもって肌と並行に動かして小鼻の部分から頬骨のラインにチークを乗せていきます。ゆっくりたっぷりのせるのではなくて、さっとスピーディーに載せるのがポイントです。ほほ骨の一番高くなっている部分に濃い色をのせるとメイクで立体感を出すことが可能です。仕上げとしては手で最後にぼかして完了です。ひとによってはチークだけ目立っている人もいるので最後のぼかしは必ず行いましょう。

メイクのチークと雰囲気

メイクのチークの入れ方一つで、雰囲気というのはかなり変わるといわれています。たとえばメイクのチークの入れ方としては、かわいらしい雰囲気にしたいと思っている人の場合には、笑ったときに一番高くなる頬骨のいちばん上の部分にピンク系の色のチークを塗るといいと思います。ふんわりと色をつける程度に塗って仕上げとして一番子尾色を真ん中の部分に乗せるとより可愛い感じの雰囲気に仕上がります。

次に知的な雰囲気にするメイクのチークの入れ方を紹介します。選ぶ色合い的にはオレンジ系やゴールド系がいいでしょう。そして顔の外側から頬骨の下、鼻先の方向にチークを入れると顔がシャープな感じになりますから、知的な雰囲気に仕上げることができます。メイクではスタイリッシュな雰囲気に変身することも可能ですよ。スタイリッシュな雰囲気にしたいと思っている場合には、小顔に見えるブラウン系のチークを選びます。顔が引き締まってスタイリッシュな雰囲気に見せることができます。その場合には頬骨の下の部分からこめかみに向かってブラシを入れて太めにチークを入れるようにすると引き締まります。Tゾーンなどにもハイライトを入れておくと立体感も出るのでかなりスタイリッシュな顔立ちになることができますよ。最近はフェミニンな感じも人気ですがメイクでフェミニンさを出すことも可能です。フェミニンな雰囲気にしたいときには、頬骨から小鼻のまん中に下に向けてチークを入れるようにすればいいでしょう。

メイクとアイシャドウ

メイクの仕方
メイクでアイシャドウはかなり目を華やかに見せてくれる方法として行った方がいいと思います。アイメイクのアイシャドウといっても色々な色があり、色の雰囲気に合わせて仕上がりも随分違ってきます。アイシャドウは単色で塗るというよりも濃い色と、薄めの色を組み合わせて使うことによってより立体感を出すことができるようになります。グラデーションをつけるようにしてアイメイクでアイシャドウを塗れば目の上に立体感が出ますからかなり目をはっきりとくっきりさせることができるのです。

メイクの方法としては、まずは薄めの色をまぶたの全体に乗せましょう。このときはできるだけ大きめのチップなどを使ってしっかりというよりも軽めに乗せていきます。乗せた後の指でぼかしておくとメイクが自然な感じになります。そしてその次に濃い色のアイシャドウを小さいチップにとってから、目の際の部分にのせます。少量ずつ乗せましょう。あまりに一度に大量のアイシャドウの濃い色を乗せてしまうとどぎつい印象になってしまいますので注意です。のせる範囲としては目を開けた時に少しだけ見えるくらいが一番です。一重の瞼の人や二重のまぶたの人など、それぞれのまぶたの種類によって塗り方が若干違ってきますから自分のまぶたに合わせて塗っていきましょう。アイシャドウは色々な色がありますが仕上げにハイライトを入れるとより立体感が出てメイクが際立ちますから初心者も入れるポイントを押さえておくといいでしょう。

アイメイクのライナー

アイメイクの時に使うのはアイライナーですが、アイライナーといっても色々な種類があります。アイライナーの種類としてはペンシルになっているタイプのものやリキッドで液体になっているタイプのもの、そしてパウダーになっているタイプのものと、このようにだいたい3種類ほどあります。どれを選べばいいということはありませんから、自分で使いやすいものを選び、自分が出したいと思っている効果があるものを選ぶのがいいと思います。併用してパウダーとリキッドを使うなど組み合わせてもいいと思います。アイライナーは軽めにまぶたを上に引っ張って使うと上手に入れることができます。

メイク初心者の場合には少し上手に入れるまでに時間がかかるかもしれませんが、目頭から眼尻に向かってまつげの隙間を埋めるような感覚で入れていきます。まつげを埋めるのが目的で、アイメイクは行います。そうすることで目が大きく見えるからです。でもそれを全くまつげを無視してアイライナーだけをくっきりと入れてしまっている人もいるのですが逆に入れ過ぎると下品な印象になりますし、あまりいいとはいえませんから注意しましょう。アイライナーはメイクの中でも目を強調させる方法として効果があると思います。一重の人は大きく見えるようになりますし、奥二重の人にもそれなりに目が大きくぱっちりと見せる効果があります。それぞれ自分のまぶたの形や種類によってラインの引き方やメイクの方法も若干違ってきますから自分に合った方法を選びましょう。

一重のアイメイク

メイクの仕方
一重の人のアイメイクについて紹介したいと思います。一重の人というのはまぶたが薄くて重い印象になると思いますからコンセプトとしてはクールビューティーな感じでアイメイクをするといいと思います。アイラインは、太めに際に入れるようにして、ライン的には長めに入れるのがいいと思います。アイシャドウの色選びも重要になってくるのですが、一重瞼の人というのは暖色系の色を選ぶと腫れぼったい印象になりますから腫れぼったくならないように基本的には寒色の色合いを選び、すっきりとさせるのがいいと思います。

そして一重のアイメイクのポイントとしては二色でグラデーションにしてアイシャドウを入れて行くといいと思います。そうすることでより一重瞼がぱっちりとした印象になるので効果的です。目を開けた時に少しだけ見える程度の濃い目のアイシャドウを乗せて二色のグラデーションで仕上げるといいと思います。一重まぶたの人はメイクの仕上げのますからは、ボリュームというよりも長さを重視しましょう。長く見せた方が効果的に目をぱっちりと見せることができます。ビューラーでまずはしっかり目にまつげをカールさせてから、ボリュームタイプではなくてロングタイプのマスカラを使います。つける際は目尻に重点を置いてたっぷり目につけることで切れ長で大きな目になりますから目元の印象がずいぶん変わってきます。マスカラではなくて付けまつげをつけるという方法もあります。

奥二重のアイメイク

奥二重の人のアイメイクの方法を紹介したいと思います。より効果的に目をぱっちりとさせるアイメイクです。まずアイライナーを使うときにはリキッドタイプを選びましょう。リキッドタイプはメイク初心者にとっては少し難しい印象を受けるかもしれませんが、アイライナーのリキッドタイプを使って、まつげとまつ毛の隙間を埋めていきます。このときは丁寧に埋めていき、少し太めにアイラインが作れてもいいでしょう。そして上まぶた以外にも下のまぶたにもアイラインを入れるのがいいのですが、下まぶたにアイラインを入れる場合には今度はペンシルタイプを使うのがいいでしょう。

そして奥二重のアイメイクのアイシャドウは暖色系を選ばずに寒色系を選ぶようにしましょう。どうしても奥二重の人というのは腫れぼったい印象になりがちですから寒色系ですっきりさせる必要があるのです。そして立体感を出して印象付けるためにアイシャドウは二色で行います。濃い目の色を目を開けた時に見える部分の太さくらいに目の際に塗って、明るめのシャドウをアイホール全体にのせていきます。奥二重の人のマスカラですが、奥二重の人は、ボリュームアップもしながらロングにできるものを選びます。ロング&ボリュームタイプのマスカラを選ぶようにしましょう。そして上まつげ以外にも下まつげにもしっかりと丁寧に塗って行って下は広がるような感じで見せると目がかなり大きくはっきりといた印象に仕上がります。

メイクの口紅

メイクの仕方
メイクの仕上げとして口紅は重要ですよね。他の部分が完璧であっても口紅を塗らないと腑抜けな印象になります。口紅の上手なメイクの仕方としては、唇のラインをまずは決めましょう。そしてリップペンシルを使って唇の輪郭を取ります。そして口角の部分までしっかりとラインをつけていきます。ここで隙間があるといけませんから、隙間ができないようにしっかりとラインを結びましょう。そしてラインが上手に描けたらいよいよリップブラシで色を塗っていきます。

メイクで口紅を塗るときにはリップブラシを使うのがいいでしょう。直接口紅を唇にあてて塗るという人も中にはいるかもしれませんが、その方法ではなくて、リップブラシで丁寧に色をのせるのがいいでしょう。最初に塗るのは上か下かどちらかわかりますか?最初に色をのせる部分は下くちびるです。下唇からしっかりとまん中に口紅を塗ってまん中から外に向かって口紅を伸ばしていきましょう。端からのバスと思っている人もいるかも知れませんが、中央から伸ばしましょう。そして上唇も同じように塗っていきます。口紅が塗れればブラシを使ったラインをなぞっておきます。こうすることでメイクの仕上がりで口紅とラインが分離したように見えないでなじむので自然です。そして最後にティッシュで唇を抑えて口紅をしっかり唇にフィットさせることが大切です。その後リップブラシを使って口紅を少しだけ重ねてつければ色も艶も加わってメイクの仕上げが変わります。

メイクの口紅の選び方

メイクで口紅の塗り方については先ほど紹介しましたが、重要なのは口紅の色の選び方です。口紅の色の選び方次第でずいぶん違ってきます。口紅はメイクをした最後の仕上げですから、他のメイクの色合いやその日に着ている服とのコーディネートも考えたうえで自分に合った色を選ぶ必要があります。口紅は自分に合ったものを選ぶのがいいので自分の好きな色と合う色というのは違っていますからその点は注意した方がいいですね。赤い色が強いと顔の血色がよく見えるのですが薄い色の口紅を選んでしまうと顔の血色が悪く見えるので注意しましょう。

また口紅は年齢やその日の洋服のコーディネートも踏まえて選ばなくてはいけません。年甲斐もなく明るい色を付けているとその部分だけメイクが浮いた印象になりますし、逆に若いのに薄い色や暗い色の口紅をつけていると老けた印象になるので注意しましょう。普段使っている日常的にメイクをする際の色はベージュ系がいいと思いますし、パーティーやイベントなどの場合には赤系の色がいいでしょう。可愛い印象に仕上げたいと思っている場合にはピンク系といったように臨機応変にPTOに合わせて口紅は選ぶのがいいでしょう。
メイクの仕上げにグロスを重ねて塗ればかなり質感的に艶が出て女性らしさが出ますし、色味も変わってきていいと思います。実際に自分で購入する前に合うか合わないかをよく考えたうえで選ぶというのが一番いい選び方ですね。

アートメイク

メイクの仕方
アートメイクという言葉を聞いたことがあるでしょうか?アートメイクというのは、中国が発祥の地といわれているのですが、天然色素を皮膚に直接入れて洗っても取れないメイクを実現するという方法です。アートメイクの方法はニードルという針に天然の顔料をつけて皮膚の下の0.3㎜の部分に色を付けていきます。機械で施す場合もあれば手彫りで施す場合もありますからいろいろです。主にアートメイクをする場所としては、眉毛やアイラインをするというケースが多いのですが、眉にアートメイクをすれば3年ほど持ちますし、アイラインの場合には5年ほどもつといわれています。

年数がたてばたつほど肌が新陳代謝をしますからだんだん色が落ちるということでアートメイクは永久的な効果を期待できるというものではありません。アートメイクをするときには人によっては痛みを強く感じるという人もいると思います。眉毛に行う場合の痛みとしてはだいたい毛抜きで毛を抜いた程度の痛みですからそれほど心配することはないと思います。アイラインをする場合には痛みはもう少し強く、個人差があるのですが少しアートメイクをした後に腫れてしまうという人もいるようです。一度で施術ができる場合もあれば数回に分けて行うこともあります。アートメイクは一度すればしばらく眉毛を描かなくても描いてある状態ですからそのままノーメイクで出ることが可能ですし、アイラインを描く必要もないというメリットがあります。

アートメイクのメリット

アートメイクはとても便利で今利用している人が多いと言われていますがどのようなメリットがあるのでしょうか。アートメイクのメリットとしては、まず化粧品を使っているのではないので皮膚の中に色を入れて染色していますからお風呂に入ってもシャワーをしても顔を洗っても落ちることがないというメリットがあります。もちろん水全体に言えることなので汗にも強いですし、プールに行っても温泉に行っても眉やアイラインが落ちる心配がないというメリットがあります。普段のメイクよりもメイク時間も短縮できますし、化粧品を買う必要がありませんから化粧品代の節約にもつながります。

化粧でメイクをするよりも自然な感じに仕上がり、ナチュラルな感じに見えるというメリットがあるというのもアートメイクの特徴です。メイク時間の短縮やこれらのメリット以外にももともと眉毛が薄いという人は眉毛が薄いという悩みを解決することにもつながります。数年でまたサイクルがきますからやめたいと思えばそれでやめられますし、続けたいと思えば続けられるのもメリットです。またその時の流行やその時の年齢に合わせてアートメイクをその時点で変えられるというメリットもありますから、永久的に同じというわけではありません。アートメイクはこのように色々なメリットがあります。アートメイクをしている人は最初は少し慣れるまで大変だったという人もいるようですが、慣れてくれば本当に楽だと言っていました。

アートメイクの注意点

アートメイクは今人気ですが受けるという場合にはサロンが信頼できるところなのかどうかをまずはよく調べてからにしましょう。アートメイクはアメリカで流行したのですが、アメリカの場合にはそれぞれの州によって資格制度がありますからきちんと資格を持っている人がアートメイクを施術しています。しかし今の日本では公的にアートメイクに関する資格というものはありませんから知識や技術だけで資格を持たない人が施術をしています。

ですからできるだけ信頼できるサロンで受けるということが大切になってくるのです。信頼できるサロンの選び方としては、まず実際に見に行ってみて清潔感はあるかどうかサロンをチェックしてみましょう。そしてアートメイクに使われている顔料についてですが、安全性が高くてアメリカの食品医薬局で許可されているものなのかどうかも確認します。
アートメイクはニードルを使って施術しますが、その針が使い回されていないかどうかの確認、料金は相場からみて妥当がどうか、サロンの評判や口コミなども調べる必要があります。そしてアートメイクを受ける際の注意点としてはきちんとカウンセリングを受けたうえで施術をしてもらいましょう。肌によってはできない人や向いていない人などもいるので注意が必要です。また自分の体調管理についても万全な時に施術を受けましょう。ニードルは金属ですから場合によってアレルギーが出る人もいるので注意しましょう。