メイク初心者のために必ず得るべき情報と効率的な方法のまとめ

メイクの前にはスキンケアが大切ですが、化粧水は一番大切といってもいいと思います。肌に水分がないと、メイクをしても崩れてしまったり、しわができる元になります。洗顔をした後というのは肌の油分がとれていますから、肌は乾燥状態にあるといえます。ですからたっぷり目に化粧水をつけて水分補給をしたうえでメイクをしなければいけません。化粧水をつけるときに気をつけることとしては、手で化粧水をつけている人も多いと思いますが、手でつけると手に化粧水が吸収されますから、肌全体につけたいと思っている場合にはコットンにつけて使うといいと思います。コットンに化粧水をつけてから顔全体にパッティングをしていきます。特に目の下や眼尻の部分、口元の端というのはよく動く場所ですからメイク崩れにつながりやすいので、この部分の水分補給は時間をかけて行います。

そしてTゾーンと呼ばれている皮脂の分泌が多いと言われている部分というのは、コットンの反対側を使って、メイクが崩れないように皮脂をふき取るようにしていくのがポイントだと思います。コットンでしっかりと水分補給をした後も手のひらで包んでうるおいを閉じ込めるようにすれば完璧です。
こうして化粧水をしっかりとメイクをする前に肌にしみこませておくことでその後のメイクの乗りが全然違いますし、メイクをしてそれがいかに崩れないのかということにつながります。せっかくメイクをしても昼には崩れていたのでは意味がありませんから化粧水のつけ方に気をつけましょう。

メイクと美容液

メイク初心者
メイクをする前には美容液をつけておくということも大切なことです。化粧水は単に肌に水分補給をしただけになりますが、美容液というのは、肌に栄養を補給したことになるのです。ですから肌に栄養補給をするためにも美容液をつけることでメイクののりなども変わってきます。美容液は肌に浸透することで潤いはもちろんですがハリなども与えてくれますし、少し伸ばしただけで十分効果を感じることができます。メイク前の化粧水、美容液、乳液、クリームといった順番でつけるのが一般的ではありますが美容液のタイプによっては、洗顔をして化粧水前につけるタイプなどもありますからそれぞれの化粧水をよく見て選びましょう。特にメイクで崩れやすいと思われている目元や口元についてはしっかりと念いりに塗っておくことが大切です。

美容液をつけるだけでメイクをしてからも肌が潤って弾力がありますし、美白や透明感なども生まれてきます。だんだん年齢とともにハリというのは失われてきますが、肌のハリを取り戻したり引き締める効果がある美容液もあります。いろいろな美容液があると思いますから自分に合ったものを選び、メイクをする前につけることでより効果をもたらすことができると思います。美容液を今まで使っていなかったという人が使い始めてから、メイクのノリがずいぶん違ったという話は聞いたことがあります。メイクが長持ちするという崩れが減ったという人も多いので、しっかりメイクを持続させるためにも美容液は必要です。

メイクと乳液・クリーム

メイクをする前には乳液やクリームをつけているという人も多いと思います。手やコットンに乳液をとって顔全体に塗っていくのですが、メイクをしていて乾燥しやすいと言われている目の周り、頬の周り、口の周りには、特に念いりにつけるといいと思います。乳液はクリームよりはさらっとしているのですが、特に乾燥が気になっているという部分には、保湿力が乳液よりも優れているクリームを使うといいと思います。もしもメイク前に時間があるというときは、目の下の乾燥しやすい部分やほうれい線が出やすい部分に乳液をたっぷりとのせて、5分ほど放置します。そして5分たったら優しく肌にしみこませるためにたたき込むとより浸透力もアップしますし、なじみやすくなります。

しっかりとメイク前に念入りに保湿のために乳液やクリームを塗っておくだけで、肌のハリが違ってきますしメイクのノリも随分違ってきます。しかし注意しなければいけない点というのは、つけすぎてしまうと油が逆に出てしまいます。皮脂が活発に分泌さることと表面にかなりたくさんついてしまったことによって化粧崩れが起きる可能性もあるのでその時は軽くティッシュで拭きとってからメイクをすることがポイントです。メイクを長持ちさせて化粧崩れを防ぎたい、乾燥から守りたいと思っている人は、特に乳液やクリームの扱いには注意して、乾燥しやすい部分を重点的にケアしていくということがポイントになってきます。

メイクの下地クリーム

メイク初心者
メイクをする前には下地クリームを塗ると思いますが、下地を塗る必要というのは毛穴を隠したり肌の凸凹を均等にするという働きがあります。化粧水、乳液などのスキンケアをしてから、ファンデーションをすぐにしてしまうと、毛穴の凸凹や肌の凸凹があり、ファンデーションが均等につきませんしムラになってしまいます。ですからファンデーションを塗る前には下地クリームを塗ることからメイクが始まります。下地クリームは少し手のひらにとってから温めておくことで肌になじみやすいですしすっと伸びるようになります。肌の表面だけにのせて塗っていくと肌が均等に見えませんから、強い力を入れる必要はありませんから、肌の内側から外側に向かってしっかりと塗り込んでいくというのが大切です。

メイク前に顔全体に下地クリームをきれいに塗って、さらに首にも塗っておきましょう。顔からその続きで伸ばしてはいけません。首につけるときは新しくクリームを手にとって伸ばしていきます。きちんとベースメイクとしてメイク前に下地を塗りこんでおけば、あとからファンデーションやアイメイク、チークなど色々なものを重ねてつけて行くわけですが、それらがスムーズに重なっていきますし、崩れを防止することができます。やはりメイクの基本となるベースの下地クリームの塗り方から間違っていたり、いい加減だったり塗らないというようなことの場合には崩れやすくなってしまいますし、あとから重ならないので注意しましょう。

メイクと日焼け止め

日焼けというのは様々な肌トラブルを起こすといわれています。たとえばシミやしわの原因にもなりますし、肌の乾燥にもつながります。老化を早めるとも言われていますから、日焼け止めについてはしっかりとケアしていかなければいけません。メイクをする前に日焼け止めを塗るという場合には少し面倒に感じる人もいるかも知れません。しかし最近はUV効果があるようなメイクの下地クリームも販売されていますし、ファンデーションの中にもUV効果があり日焼け止めの役割を果たしているようなものなども販売されています。ですから、紫外線対策としてメイクの前に紫外線防止の成分が入っているものを塗るということを忘れないようにしましょう。

たくさんの量を一度に塗るのではなくて、少量を少しずつ重ねて塗っていった方が塗り残しなどもないのでいいと思います。顔に塗るというとどうしても頬やおでこなどには丁寧に塗るという人も多いのですが実際には、鼻、頬などの少し高くなっている部分が一番焼けやすい部分でもありますから、この部分に丁寧に日焼け止めを塗っておく必要があります。
日焼け止めというのはメイクと同じで汗で落ちますし、皮脂でも落ちやすくなっているので、紫外線によく当たるというような場合には何度も塗り直すといいと思います。また紫外線を予防するためにメイクをしっかりとしていたとしても目から紫外線は体の中に入りますので、サングラスなども掛けて日常生活でケアしていきましょう。

メイクのパウダーファンデーション

メイク初心者
メイクの際にパウダーファンデーションを使っているという人は多いと思います。パウダーファンデーションといいうのは、付け心地がふわっとしていてナチュラルな感じの仕上がりになります。皮脂の分泌が活発な人もファンデーションが皮脂を吸着してくれますし、ファンデーションを肌の表面に塗ることから毛穴も隠れて肌の表面のキメが整ったように見せてくれます。

メイクをする際にファンデーションを塗るという場合には、コンシーラーなどで肌の気になる部分のトラブルなどはあらかじめ隠しておいてから、スポンジに少しとって、顔のまん中から外に向かって少しずつ伸ばしていきましょう。一度に大量に伸ばすのではなくて少しずつ伸ばすことがポイントです。メイクのファンデーションの仕上げとしては顔全体になじませることがポイントです。化粧崩れをしてしまったという場合でもパウダーファンデーションは手軽に化粧直しができますし、皮脂の分泌によるテカリなども抑えることができます。しかしパウダーファンデーションは厚塗りをしてしまうと肌が呼吸できなくなるので皮脂の分泌が活発になりますからそれはメイクが崩れる原因になるので気をつけまそう。
パウダーファンデーションは粉っぽくて乾燥しやすいと思っている人もいるのですが、メイク用品を販売しているブランドによっては、肌に密着して崩れないタイプ、パールが入っていてナチュラルな感じに仕上げるものなども販売されています。

メイクのリキッドファンデーション

メイクをするときにリキッドファンデーションを使うという人も多いと思います。リキッドファンデーションを使うとより素肌に近いナチュラルな仕上がりにすることができるという特徴があります。乾燥肌の人がパウダーを使うと乾燥が目立ちますが、リキッドを使うと乾燥を抑えることもできるのでお勧めです。メイクをする際のリキッドファンデーションの塗り方についてですが少し指やスポンジにとってまずはおでこなどの範囲の広い部分から顔の内側から外に向かって塗っていきます。最初は塗り込むというよりもポンとおいてなじませる程度がいいでしょう。

皮膚が分厚い部分には少ししっかり目に塗って行って、皮脂の分泌が多めであるTゾーンといわれている部分や目の周り、口の周りなどメイク崩れが目立ってくる場所にはあまり多く載せないで、少し筆につけて叩き込むようにのせて行くのがポイントです。ファンデーションをしっかりと肌の密着させるために、メイクの仕上げとして何もついていない状態のスポンジで叩き込むようにするというのもポイントです。この最後のメイクの仕上げをしておくことで、リキッドファンデーションのつけすぎを予防することができますし、乗り過ぎているファンデーションを取ることができるのでメイク崩れを防止することにもつながります。きっちりパウダーよりもしっかりとしたメイクの仕上がりにしたいという人は、リキッドファンデーションがお勧めです。

メイクのクリームファンデーション

メイク初心者
メイクをする際のファンデーションの種類の一つにクリームファンデーションがあります。クリームファンデーションというのはパウダーよりもリキッドよりもカバー力が強いと言われているのですが、艶っぽい肌を作ることができるファンデーションです。普段のメイクに使うのもいいのですが少し自分の肌よりも明るいトーンのものを選び、パーティーなどの華やかな場所へ行く際のメイクとして使うという方法もあります。メイクの方法としては、スポンジを使って適量とります。そして頬などの範囲の広い部分の乗せて顔のまん中から外に向かって伸ばします。この際伸ばすというよりは、たたきながら伸ばしていくことがポイントになります。

クリームファンデーションはメイクのカバー力がかなりありますが、ナチュラルさはなく、素肌との違いが明らかにわかりやすいですから、耳の周りや首の部分などもぼかしながらファンデーションを塗り込んだ方がいいでしょう。クリームファンデーションは素肌が隠れるので、チークなどのメイクを重ねてできれば健康的な色を載せることもポイントです。普段のメイクの時よりもチークやアイシャドウ、シャドーなども強めに入れて濃くしてもちょうどいいくらいの仕上がりになると思います。より肌をきれいに見せたい人や作ったようなメイクにしたいと思っている人などは、クリームファンデーションがいいかもしれません。クリームファンデーションはカバー力が抜群です。

メイクのファンデーションの色

メイクをする際に使うファンデーションの色、実は間違った色を選んで自分に合わないのにつけている人は多いと言われています。ファンデーションの色というのは明るすぎてもいけませんし、暗すぎてもいけませんから自分にぴったりと合ったものを選ぶ必要があります。どうやってメイクのファンデーションの色を選んでいけばいいのでしょうか。その方法としては、自分の首の色に注目しましょう。自分の首の色に合わせるというのが一番の方法です。

ファンデーションは顔の部分によって使い分ければハイライトの効果も期待できてよりホリが深いはっきりとした顔のメイクで見せることも可能です。明るい感じのファンデーションと暗い感じのファンデーションを用意しておいて、混ぜて3色のファンデーションを使い分けるというメイクの方法もありますし、アウトラインは暗めのファンデーションを使って明るいファンデーションは、Tゾーンに塗ると顔がはっきりと見える特徴があります。メイクで肌のトラブルも隠すことが可能で、肌全体がくすんでいると感じたら、ピンクベースのファンデーションを選ぶと隠すことができますし、赤ら顔などが気になる人は黄色ベースのファンデーションを使えば肌のトラブルを隠すことができます。メイク一つで血色のトラブルなども隠すことができますから、ファンデーションの色選びはかなり重要で色々と慣れてくれば使い分けてみるというのもポイントになります。

メイクのコンシーラー

メイク初心者
メイクでコンシーラーを塗るという人も多いと思います。ファンデーションだけで薄く塗ったメイクの方法では肌の毛穴が目立ったり、シミやそばかす、にきびなどが目立つという人も多いでしょう。そういった肌のトラブルがあるという部分にはコンシーラーを塗るというのがポイントです。コンシーラーをメイクの時に使うことで肌トラブルを回避することができるのです。肌トラブルを隠すためのコンシーラーは、どこにつけるのかというと小鼻の毛穴が気になっている部分やシミそばかす、にきびができている部分に直接塗ります。リキッドタイプのコンシーラーの場合には、筆を使って直接肌に乗せて指で塗り込みましょう。

コンシーラーは伸ばして塗ってしまうと効果が半減してしまいますからメイクのポイントとしては叩き込むような感じでなじませることがポイントです。しっかりと塗り込んだ後は少しコンシーラーを塗った部分が目立つと思いますから、あとから周りの部分をぼかす程度の軽くたたき込むと境目がわからなくなります。メイクの仕上げは、スポンジで軽くたたくことで多めにつけすぎたコンシーラーも手軽に取り除けるのでやってみましょう。さらにメイク上級者としては、パウダリーファンデーションを筆にとって、コンシーラーを乗せた部分の上にさらに重ねるようにすればよりカバー力が増しますからトラブルをきれいに隠すことができます。多少メイクテクニックは必要ですが違いは歴然です。

メイクのフェイスパウダー

メイクをするときに仕上げとしてフェイスパウダーを使う人も多いと思います。特にリキッドファンデーションを使った場合にはメイクの仕上げとしてフェイスパウダーをなじませることが必要です。顔全体にフェイスパウダーをのせるだけできめ細かい透明感のある肌を作ることもできるのです。メイクの際にはどのようにしていくのかというと、皮脂が少なくて乾燥しやすい目の周辺、口の周辺はあまりつけ過ぎないように注意しましょう。逆に皮脂の分泌が活発であるTゾーンと呼ばれている部分には少し多めのパウダーをのせるようにして、パフで最初はのせますが、そのあとは大きめのブラシなどを使って払い落すことも大切な仕上げです。

そしてメイクの仕上げとしてパウダーが浮いてしまうことを抑えるために最後に手で包み込んでおくとパウダーがしっかりと密着して見た目に粉っぽい感じがしていた部分が粉っぽさがなくなる仕上がりになります。メイクの仕上げとしてフェイスパウダーを使えば、透明感のあるナチュラルな素肌に近い肌に仕上がります。パフの先に最初は少しの粉をつけても見込みます。そしてハイライトを置く部分、目元や口ものから順番にのせて、メイク崩れがひどいTゾーンや小鼻などにものせていきます。ほうれい線の上は特に丁寧にのせましょう。最終的にはパウダーをもう一度顔全体にたたきながら薄くつけてメイクの仕上げになります。少量を少しずつ何度もつければきめ細かい仕上がりになります。