FXとは?

FXを楽しんでいる人は、この円と通貨の差額の分での利益で儲けを出していることがほとんどです。これならかなり儲けることができますし、お勧めではないでしょうか。新しい投資のスタイルとして、株や不動産投資と並んで、今FXを始める人はとても多いといわれていますから、一度チャレンジしてみるといいかもしれませんね。
これからFXを始めようと思っている人は、FXについてまずは色々と知っておく必要があると思います。

すぐにでもFX初心者が気を付けるべきポイントを知りたい方は FX業者選びの基準 をご覧ください。

FXというのは外国為替証拠金取引のことですが、これは外国の通過を売買して、取引をすることを言います。通過を売買して投資して儲けるというと、初心者にとっては少し難しく聞こえるかもしれませんが、身近なことにたとえてみると、海外旅行をした時に、円から、渡航先の通貨に交換します。その際窓口に円を出して、同じ価値の通過をもらいますよね。これと同じことがFXでも言えるのです。
両替をする際も手数料が発生しますが、簡単にいえば、円で他の通貨を買ったことになります。1ドルが120円のときに1ドル購入して、もしも海外旅行でお金が余って、戻ってきたときに、また1ドルを円に交換しようと思っていたら、次は円が126円になっていたという場合には、何もしなくても持っていただけで、日を変えれば、6円も増えたということです。これが、FXの仕組みです。これ、1ドルで6円ですが、100ドルなら、600円ですし、1000ドルなら6万円もの儲けが出る、10万ドル買っていれば、60万円もの儲けが出るのです。

FXと株の違い

FX初心者が気を付けるべきポイント

よくFXと株はとても似ているという人がいるのですが、実際にはまったく違うといってもいいと思います。FXは株式の売買にとてもよく似ていますが、株式の会社のように倒産する可能性は一切ありませんし、天井や底値といった限度がありますから、暴落するという場合にも限度があるのです。そして株の場合には、証券取引所が開いている時間帯でしか取引ができませんでしたが、FXの場合には24時間取引が可能であるというデメリットもあります。これが株とFXの違いです。他にもインサイダー取引ができないというのも特徴として挙げられるのではないでしょうか。

FXの場合の通貨のもととなっているのは国家ですから、株のように会社が元になっているわけではないので、倒産する可能性はほとんどありません。もちろん国が破たんするのではないかという不安はあるかもしれませんが、株のように価値が0になってしまうということはほとんどないのです。FX会社が取り扱っているような有名な通貨の場合には、暴落することもほとんどありませんし限度が決まっているので、安心して始めることができるのです。
ウェリントンや東京でFXの取引がスタートして、イギリス、アメリカなど、24時間どこかの市場でFX取引が行われていますから24時間FX取引ができるというメリットもあります。株だとデイトレードも難しいという人もいたと思いますが、FXならデイトレードも可能かもしれませんね。株とFXはまったく違うといってもいいのです。

FXの始め方

FX初心者が気を付けるべきポイント

FXをやりたいと思ってもどうすればいいのかわからない人もいると思います。例えばFXは投資だから金融機関に行けばスタートできると思っている人も多いかもしれませんが銀行でFXの手続きはできません。FXを始める場合には、FX取扱業者でなければ、意味がないのです。証券会社でも、取扱があるところもありますし、FX専門の会社に行けばスタートすることが可能です。この場合に業者を選ぶことになりますが、大きな会社で有名な会社なのでFX取引が有利になるということはありませんから、よく考えて利用するようにしましょう。
電話などで勧誘をしているような、FX業者の場合には、怪しいので止めた方がいいでしょう。業者を比較してくれているようなサイトというのは、インターネット上に色々とありますから、FX比較をした上で、業者を選びます。そして業者を選んだら、口座を開く必要がありますから、口座を開くための手続きを行います。資料請求を行うことで、口座開設のための手続きに関する書類が送られてきますから、あとは、それに記入して、手続きをすれば可能です。

FXの口座が開設されたら、あとは、お金を入金して、取引を実際にスタートさせることができます。初心者の場合には、実際の取引の前に、バーチャルの取引をしておくと、安心して取引に慣れた状態で本番に臨むことができますから、一度試してみるといいかもしれませんね。FXの始め方はそれほど時間も手間もかかりませんので、誰もすぐに始められます。

FX業者選びの基準

  1. DMM FX

    米ドル円だけじゃない!DMMFXは、全20通貨ペア最狭水準でご提供
    FX取引・外為(店頭外国為替証拠金取引)をはじめるならDMM.com証券へ。ドル円スプレッド原則固定0.3銭はもちろん全通貨FX業界最狭水準のスプレッド縮小に挑戦中!口座開設キャンペーンでキャッシュバック!為替マーケット情報も満載で、皆様の快適なFX取引を支援します。

    DMM FXの詳細


FX業者選びが利益を上げられるかどうかを左右しますから、取引する業者を選ぶ際には、十分に検討したうえで選ぶというのが基本です。色々な業者がありますから、どの業者を選べばいいのかわからないという人も多いと思いますが、自分の大切な資金を預けて取引するのですから、少し時間をかけた上で、FX業者は選んだほうがいいかもしれませんね。インターネット上では、FX業者を比較しているサイトは色々とありますから、その中から自分が参考にできそうなサイトを探して、実際に比較してみるといいでしょう。
FX業者を見てみると、名前の知れている会社と、まったく名前も知らないような業者の二つに大きく分けるとわけることができます。名前が知れている会社が安全だとか利益が上がるということは関係ありませんが、自分が知っている会社を選んでおいた方がいいかもしれませんね。初心者の場合には、FX業者のランキングなども参考にした上で選ぶというのもいいかもしれません。例えばランキングをみていると外為どっとコムという会社が、一番人気です。初心者にとってもお勧めの会社だそうですから、参考にしてみるといいかもしれませんね。
FX業者を選ぶ基準は、認知度ではありませんから、何を基準にして選んでいけばいいのか、まずは自分でその辺りを考えておくとスムーズに業者を選ぶことができるかもしれませんからお勧めです。色々と会社はあるので、自分がいいと思った会社と取引をしましょう。

FXに必要なもの

FX初心者が気を付けるべきポイント

FX取引を始める際に必要なものをここでは紹介したいと思います。FX取引というのは主にパソコンを使って行いますから、パソコンがないと取引に困るかもしれませんね。パソコンを持っていて、なおかつインターネットに接続できるパソコンなら問題なく始めることができると思います。インターネットもパソコンもないという人は、まずはFX取引ができる環境を整える必要があります。資金については、かなり低い資金からでもスタートできるとは言われていますが、最低でも10万円は用意しておきたいところですね。よくいえば、20万円あれば十分だと思います。なぜ少額でも取引できるとはいえ、20万円も資金が必要なのかというと、FX業者の多くが、1万通貨単位ということになりますから、1万ドル購入すると、100万円ということになるので、10万円しか資金を持っていないのにレバレッジを効かせて、100万円もの取引をするというのは少し危険ではないでしょうか。

FX業者の中には、1000通貨でも取引できる所もありますので、初心者の場合には、そういったところを探して、5万円ほどの資金からスタートさせてみるのもいいかもしれませんね。他にもFXを始めるにあたって必要なものとしては、時間ですね。初心者の場合には、特に、時間があれば、色々と勉強したり取引をする時間を確保しましょう。慣れてくれば、1日に30分ほどあればいいのですが、FX取引をする際に必要なポイントとして、時間は挙げられると思います。

FXの通貨単位

FX初心者は、出来れば、1000通貨単位から取引するというのが一番でしょう。取引通貨単位というのは、FX業者によっても色々なのですが、一般的に通常は、1万通貨単位と決められています。これはFX業者が設定しています。中には10万通貨単位というところもありますが、10万通貨単位などという業者は危険ですから、FX初心者は手を出してはいけません。ほとんどの人が少ない資金で始めたいと思っていると思いますから、10万通単位では多すぎます。1万通貨でも少し多いと感じる人もいますが、初心者が取引するのであれば、出来れば、1000通貨というところであれば、いいですね。

1000通貨単位なら、1000ドル、そのままの値段で購入した場合でも、資金は10万円強ですからこれなら安心ですよね。1000通貨単位の場合の証拠金は上限で1万円程度だと思いますから、これなら、とてもスムーズに取引ができますし、損失も最小限で済むのではないでしょうか。
FX取引を始めてみて、もしも順調に利益が出るようになるという場合には、少しずつ資金をアップさせていくといいですが、調子に乗って一度に挙げては損失を大きく出すことにもつながりますので注意しましょう。1か月くらいは様子を見て、3か月くらいで、少しずつアップさせていくというのが、初心者にとっては安心な方法だと思います。
FX初心者の取引通貨単位は、出来れば1000通貨というところが一番取引しやすいと思いますから、一度業者を比較する際に確認してみるといいでしょう。

FXのレバレッジ

FX初心者が気を付けるべきポイント

FXの魅力の一つがこのレバレッジです。レバレッジについて知らなければ、FXをやる意味がないと言ってもいいくらいに重要なことですから覚えておきましょう。レバレッジとは意味を言えば、てこの原理のことを表わしています。てこの原理を利用すれば、すくに資金でも大きな取引ができる、それが、FXの大きな魅力なのです。FXのレバレッジを例をあげて説明してみると、1ドル100円のときに、資金100万円で1万ドルを購入する場合には、1万ドルと100万円の価値は一緒です。これはレバレッジで表せば、倍率が1倍ということになり、レバレッジ1倍の状態です。では仮に100万円で2万ドル購入できるとすればどうなるでしょうか。この場合には、ドルが2倍になっていますが、レバレッジ2倍の状況ということになります。

このように手持ちの円にレバレッジを効かせることによっては、少ない資金でもドルを沢山購入することができるというのが、レバレッジの仕組みです。
レバレッジの大きさというのは、FX会社によっても違っているのですが、レバレッジ1倍から、10倍、そして多いところでは、100倍や300倍、400倍といったところもあります。しかしこれは、大変危険で、レバレッジをかけすぎると、少ない資金で、大きな利益を得られる反面、失敗してしまうと、少ない資金で大損害を出してしまうことになりますから、少ない資金で儲けようと思って、レバレッジをかけすぎないように注意しましょう。初心者は、出来れば10倍までに抑えましょう。

FXのスワップポイント

FXのスワップポイントというのは、とても重要なことです。スワップポイントは、貰えるかまたは払うかどちらかになります。今の金利というのは日本はほとんど0に近いと思いますが、金利が高いとされているドルと、日本の円の金利の差はかなり大きいです。100万円を持っていたとして、円のまま銀行に貯蓄しても、まったく増えないくらい金利は低いですが、ドルに換金してアメリカの銀行に貯金すればどうなるでしょうか。今金利はドルの方が圧倒的に高いですから、日本の銀行に預けているよりも、かなり差がある金利が付いてくると思います。この金利の差がスワップポイントなのです。

円を売ってドルを買って1万ドルのロングポジションを持っていたとします。そうすると毎日のようにスワップポイントで150円位のお金が付いてきますから、1か月にすれば、4500円になり、それを1万ドル持っていれば、毎月4500円で1年にすれば、5万4000円もスワップポイントを何もしなくても受け取れることになるのです。
しかし実際のトレードの場合には、為替差益といって買った値段とうった値段の差によって変化が出てきますが、5万4千円という数字は、115円で買ったドルが、109円まで下がらなければ絶対に損をすることはありません。ですから、日本の銀行に預けているよりもかなりお得ということになるわけです。
しかしスワップポイントは受け取るだけではありません。ドルを売って円を買う場合には金利の差がマイナスになりますから、今度は逆にスワップポイントを払い続けなければいけないのです。

FXのスプレッド

FX初心者が気を付けるべきポイント

FXについて勉強しているとスプレッドという言葉が出てきます。これは高い値段で買わせて安く売るというFX業者の儲け、取り分のことを言います。海外にこれから浮くという場合に外貨を買って、そして日本に帰ってきて売る場合には、レートに違いがありますよね。買うときは高く買わされるのに、売るときは安く買い取られるというが一般的ですが、これはこの差を金融機関が利益としてとっているのです。FXでも同じことがいえます。FX業者が、とる取り分が、スプレッドというわけですね。これは業者によって違っています。スプレッドが1ポイントのところもあれば、5-6ポイント取っていることもありますし10ポイントの場合にもあります。

FX業者によっても違っていますし。また通貨のペアによって違っています。FX業者を選ぶ際の参考にすることの一つとして、スプレッドが狭いところを選ぶというのが一つのポイントになります。例えば、あるFX業者の場合に1ドルの買いのレートが115.50円だった場合に、同じ1ドルの売りのレートは、115.54円だった場合には、見てみると、4ポイント違いが出ていると思い舞う1万ドルなら4ポイントが400円になりますから、1万ドルをすぐに売ってしまった場合には、400円も損をするということになるわけです。
FX業者を選ぶ際のポイントは色々とありますが、スプレッドに関しても視野に入れた上で、一度考えた方がいいかもしれませんね。色々比較するポイントはありますが、スプレッドも大切です。

FXの手数料

FX業者というのは何で利益を上げているのでしょうか。直接的に利益を上げているのは、FXの売買手数料です。ポジションを持つ時やポジションを手放す場合には、私たちは手数料を支払うことになります。1万ドルのポジションの場合には、FX業者によっては、往復にかかる手数料が1000円位になることもありますし、安いFX業者のところの場合には、無料で売買できるというケースもあります。FX業者によって売買テス料の設定は大きく違っていますから、FX業者を選ぶ際の参考にしてみるといいということになるのです。FX業者で往復手数料が1000円もかかるところで取引をする場合には、115円のレートだった場合に1万ドルを購入したポジションを、もしも115.1円で売却するという場合には、利益は1000円で、手数料が1000円なので、実質の利益はないことになります。

FX業者を選ぶなら、手数料が無料のところを選べばいいのではないかと思う人も多いと思いますが、手数料の値段の低い高いというのは、FX業者選びの条件の一つにしかなりませんから、他にもまだまだ比較するポイントや考えるポイントはあります。FXの取引の自分のスタイルによっても手数料の高い、安いは考えた方がいいかもしれませんね。
なぜなら、デイトレードなどをするという人の場合には、1日に何度も取引をするわけですから、手数料は安いに越したことがありませんし、出来れば無料のところを選んだほうがいいのではないかということになるのです。FX手数料は業者によって色々です。