不動産の査定を高くするコツを徹底調査!知らなきゃ損する売却交渉術公開

不動産を売却するとき「価格」をどのように決定するのかが最も重要なことですが、それぞれの物件の状況が千差万別なので価値を判断することは大変難しいのです。そのため、物件の状態やどのような場所に建っているかの条件を詳しく調査する必要があります。同面積の土地でも道路に接しているか、形状が歪でないかということや、マンションなら間取りが同一でもリフォームの形跡があるといったことで評価が変わるのです。そして似たような過去の取引事例と照らし合わせておおよその価値を把握し、取引事例時との相場の変動率や今後の市場動向を加味して価格査定を行います。

すぐにでも不動産の査定を高くするコツを知りたい方は 賢い不動産売買の方法 をご覧ください。

これらの煩雑な行程は素人が正確に理解することが難しいので、専門家からしっかりと説明や助言をしてもらい、充分に納得した上で価格を決めましょう。不動産取引は、提示された価格ですぐに契約が成立するのではありません。売る側と買う側の話し合いで価格が最終決定されます。お互いの仲介業者がそれぞれの条件をもって交渉を何度か行います。価格に関してはどちらも譲れないということが多く、提示額に開きがあるときは交渉が難しくなります。そのようなときは、「家の解体費用は売る側が持つこととする。」や「瑕疵がある場合の売る側の責任期限を短縮する。」などの条件面の変更を提示し、相手側に歩み寄りを求めます。誠意を持って交渉を行い、相手側と良い関係を築くことが出来るかが最善の結果を得るために大切です。

不動産査定は重要にして曖昧

不動産の査定
不動産を売却する際、誰もが思うのは高く買い取って欲しいということでしょう。そこで仲介業者などの専門家に相談することになります。できるだけ高く買い取って欲しい、そのためには査定が重要になってきます。査定とは、土地・建物の状況や周辺環境をチェックしていくらくらいの価格で売れそうかをはじき出すものです。価格の基準がはっきりしている土地価格や建物そのものの価格は、どの業者に依頼してもそう変わりはありません。しかしそれ以外の所で大きく差がでるのが不動産査定というものです。市場調査、近隣の売り出し事例などより細かい調査と建築法規や権利関係などを総合的に判断した上での査定価格となるのです。つまり頼む人によって大きな差が出る可能性があるということです。査定価格が出たとしても、実際の売却価格と異なることも多いです。

希望の価格で買い手が見つからず何か月も待ったあげく、売却価格が大きく下がるということもあり得ます。査定依頼する時には複数の業者を比較することも必要でしょう。自分の家や土地がどの程度の価値があるのか、把握することもできます。査定に詳しい説明がついているかどうかも、業者選びの判断材料になります。最近はインターネットで一括無料査定できるサイトも増えています。複数の業者に頼む労力を考えると、とても便利なシステムです。ただ注意しなければいけないのは、その土地の現地調査などが入っていないということです。あくまでも目安として考え、その中で地域での実績のある信頼できる業者を選ぶことが必要です。簡単に数百万円の差がでる世界ですから、慎重に検討すべきでしょう。

不動産売却は競売よりも任意売却

ローンの契約に住宅を抵当に入れている場合、万が一返済ができなくなると住宅は担保として債権者に奪われることになります。奪われた住宅は不動産競売にかけられて強制的に売却され、その売却した金額をローン返済に充てるという方法がとられます。ただし、売却額を返済に充てても尚、債務が残った場合は返済義務も残り続けることになるため注意が必要です。例えば、ローンが800万円残っており、競売にて住宅を売却した金額が700万円だとしたら、700万円をローン返済に充てても100万円の債務が残ります。この100万円に関しては返済しなくてはならないので、競売=返済免除ではありません。もし、残債務を極力減らしたいというのなら、競売にかけられる前に自分で任意売却を選択しましょう。

競売は裁判所を介して住宅が欲しい人が入札をし、その中で一番安く入札をした人に売却するシステムですが、任意売却は売却金額や売主を自分で決めながら自宅を売却する方法です。売却額を債務の返済に充てるというのは競売も任意売却も同じですが、自分である程度決めることができる任意売却の方が市場価格に沿った金額で売却することができるのです。よって、残債務も大幅に減らすことができます。もし任意売却をするのなら、早めに行動しなくてはなりません。競売が始まれば、任意売却はできなくなってしまうので、その前に任意売却代行業者に依頼して売却手続きを進めていくようにしましょう。

不動産を少しでも高く売るコツとは

不動産の査定
不動産には土地と建物がありますが、それぞれ価格の付き方には違いがあります。土地というのは古くなるものではなく、常に有限性を持ち合わせます。景気や金利などの経済状況など、土地そのものではなく外部要因による変動を受けるとともに、その地域、立地、広さと間口、形などの要因で決定されます。景気変動などの影響も受けるため、その土地そのものの価値だけでなく、毎年のように変動があります。景気が悪くなれば価格が低下しますが、景気が回復すれば高くなることもあるのです。一方、建物は基本的には築年数が古くなるほど、老朽化により価値が低くなり、価格も減少していきます。

ただし、都心部や一等地など立地や環境によっては、長く価格が維持されたり、購入時より高くなるケースもあるのです。そのため、いかに高く売るかは、もともとの立地や環境とともに、いつ売るかというタイミングも大切になります。不況が続くなど、不動産市場が停滞している時期は土地も建物の市場価格も低迷してしまいます。一方、景気が上向いてくると、人々の懐も余裕が出てきて、買いたいというニーズも増えてきます。需要が高まることによっても、市場価格がいっそう高くなってくるのです。特に土地の場合はタイミングを待つことができるなら、高くなるのを待って売るほうが得な場合があります。一方、建物の場合、一等地などは別として、地方などでは老朽化とともにどんどん値段が下がっていくことが否めません。そのため、売ろうと思ったときが売り時といえます。

どうすれば不動産を高く売れるのか

不動産を高く売りたいなら、高く売ってくれる業者に頼むべきです。売却目的によって戦略を変える必要があり、例えば高く売るのと、早く売るのとでは方法を変えていく必要があります。一般的に土地や家というのは、高く売りたければ時間をかけないといけません。しかし、時間をかけすぎても売れ残り物件となり、価値が下がってしまうのです。売却までに時間をかける必要があっても、価値が下がるまで待っていてもいけないのです。そして、なぜ売却するのか買い手には話さないことです。すぐにお金を用意する都合があるので、早ければ早いほどいい、などと言ってしまうと交渉を不利にします。

不動産の取引というのは交渉力がモノを言うのです。足元を見られてしまうと、確実に値引き交渉をされると考えていいでしょう。買い手から今すぐに購入するから、300万円値引きして欲しい、などと言われるかもしれません。もし売却事由を話すことがなければ、こうした問題には発展しないはずです。売却依頼をする業者は、ネットでよく調べておきましょう。ホームページで実績を確認することは必須です。価格設定のための下調べを行い、本来の価値で売却してくれるのがいい業者です。売れないと言われる物件でも、価格を下げてしまえば買い手はつきます。安く売ることは素人でもできますが、高く売るのは非常に難しいことなのです。土地面積、築年数、間取り、外壁や室内の状態などで価値は変わりますが、エリアによって評価方法は変わってきます。大切なのは売却エリア内を管轄する業者を選ぶことです。

賢い不動産売買の方法

  1. イエイ不動産売却査定

    日本最大級の不動産売却の専門マッチングサイト
    これまでも一社一社足を運べば比較する事自体は可能でしたが、体力的な問題で3社もまわる事ができれば上出来でした。そんな中、イエイでは自宅に居ながらにして最大6社までの査定価格を最短60秒で比較する事を可能にしたのです。これまで150万人を超えるお客様にご利用いただいており、理にかなった売却方法として現在、各方面から非常に注目を浴びています。当サイト利用者97%の方が「査定額を比較して良かった」と答えています。

    イエイ不動産売却査定の詳細

  2. イエウール

    最大6社の一括査定 最高額がわかる
    イエウールは、マンション・家・土地などのあなたの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイトです。当サイトに参画している不動産会社は売却実績豊富な不動産売却のプロばかり。はじめて家を売る方にも安心して査定依頼ができ、あなたの不動産売却を全力サポート。不動産売却・不動産査定ならイエウールをぜひご利用ください。

    イエウールの詳細

  3. Smoolaの一括査定

    比較するから高く売れる?!日本最大級の一括査定サービス
    Smoola(スモーラ)は土地・一戸建て・中古マンション相場がわかる住まいの情報サイト。相場を知って、理解して、賢く不動産の売却・購入ができるノウハウを詰め込んだサービスです。

    Smoolaの詳細


これから所有している住宅の住み替えを考えている方、賃貸として提供したいと考えている方は、失敗しない売買の契約を結びましょう。まず売りたいと考えている場合、どこに依頼をすれば高く売れるのかが重要になります。もちろん高く売れるというだけで即決するのではなく、売却したあとに買い手が決まるまでのトータルサポートがしっかりした、優良な不動産会社を探すことが大切です。これから中古物件の購入や賃貸契約を考えているユーザー向けに、効率良く注目されるような広告を展開する工夫が必要になります。たくさんの業者がある中でもニーズに合ったところを選ぶなら、まずはオンラインサイトでの見積もりを利用しましょう。

何百社もある業者から必要事項を入力するだけで、何分か待てばすぐに結果が反映されます。査定結果が高いところから順に比較をし、広告に強いところを厳然することが出来ますので効率が良いです。そして買いたいと考えている場合には、物件数の掲載が圧倒的に多い不動産サイトを探すことが重要になります。サイトによってはエージェントサービスに登録をして、探したい条件にそった物件を紹介してくれます。エージェントサービスを利用すれば、なかなか良い物件が見つからない、見つけるまでに時間がかかり引越しまで間に合わないということがないです。不動産の売買は慎重に行わなければいけないことなので、優良な業者を見つけて効率を上げながら失敗を防ぎましょう。

家や土地などの不動産を賢く売却するには

家や土地などの不動産を、満足のいく価格で売却するには、まずその相場を知ることが基本です。業者に依頼しても無料査定をしてもらうことはできますが、大体の相場を確認するだけであれば、土地などの取引価格の情報を公開している国土交通省のサイトで調べればわかります。売却したい物件の都道府県や市町村などを選択するだけの簡単な作業で相場を知ることができます。さらに詳細な売却価格を知りたい場合は、業者に依頼して不動産査定をしてもらいましょう。このとき利用すると便利なのが、複数の業者に一括して査定を依頼することができるサイトです。

複数の会社に査定をしてもらえば、一番高い査定をしてもらえた業者に物件の売却を依頼することもできます。質の良い業者と担当者も見つけやすくなります。家や土地を売却したいときは、売却の際にかかる手数料を知ることも重要です。上手く売却できたとしても、すべて自分の手取りにできるわけではありません。業者を通じて住宅などを売りますと、その業者に支払うための仲介手数料が発生します。仲介手数料は法律で上限が定められており、売却金額によって5~3パーセントとなっています。仲介手数料は、不動産を売るときにかかる費用の中でもっとも大きなものですので注意が必要です。売却価格を査定してもらったら、あらかじめその額を調べておくとよいでしょう。また、家や土地を売却したときは、どのような価格で売れたときも必ず確定申告をしましょう。特に相場より安く売れた場合は、申告をすれば税金が安くなることもありますので、必ず行いましょう。

頼りになる業者を選べばお得になる不動産

不動産の査定
担保としても大きな価値を認められる不動産は、売買時に色々な手続きを行わなければいけません。誰が所有者であるかを客観的に証明できる登記も必要なので、そういった手続きに詳しい業者にサポートしてもらうのが一般的です。それによって、その物件の適切な売値の把握や、相手方との契約手続きを円滑にできます。自分で直接見つけてくることも可能ですが、基本的には業者から不動産売買をする相手方を紹介してもらいます。そのため、宅地建物取引業の免許番号を確認するなどして、信頼できる業者を選ぶ必要があります。どのような団体に加入しているのかでも信頼性を判断できるので、多角的に検証してみましょう。

業者は仲介手数料をもらってサポートするだけなので、最終的な決定権は依頼者自身にあります。さらに、健全な売買を保護する為に、宅地建物取引業法によって仲介手数料には上限が定められているのです。契約成立時のトラブルを予防する意味でも、予めどの程度の仲介手数料が発生するのかを確認しておくことがポイントとなります。不動産売却においては、よりいっそう業者との連絡を密にしなければいけません。とにかく買い手を見つけなければ売却できないので、場合によっては売値を下げることも必要となります。買い手に強くアピールすることが重要だから、定期的に報告をしてくれて、親身に相談に乗ってくれるところを選ぶべきです。また、いつ見学希望者が現れてもいいように、日頃から整理整頓をしておきましょう。

不動産の売買に伴う手付金について

不動産の売買は、日常生活での飲食物や衣料品などの売買とは比較にならないほどの高額な取引となることがほとんどです。動くお金が非常に大きいため、安易に取引をしてしまうと思わぬ落とし穴にはまり、取り返しのつかないぐらいの損害を被る可能性も否定できません。なので、不動産の売買を行う際には、売買に関する様々な要素を事前に把握しておく必要があると言えます。そこで、ここでは様々な要素のうちの一つである手付金について説明していきます。通常、不動産の売買契約が結ばれた場合、その日に売買価額の5~10%ほどのお金をまず支払うこととなります。これが手付金と呼ばれるものです。

なぜこのようなことをするかというと、万が一の場合に契約の取りやめを可能にするためです。別途取り決めをしていない限り、通常売買契約が結ばれた際に支払った手付金は解約手付であるとみなされます。これにより、この手付金を支払った側が契約を結んだ後に契約を取りやめる場合は、支払った手付金を放棄する、つまり相手にあげてしまうことで解決します。反対に、手付金を受け取った側が取りやめたい場合は、受け取った額の倍を相手に支払えば可能になるのです。ただし、契約が結ばれてからその契約にかかる手続き等がある程度進行してしまっている場合は、上記のように手付金を放棄、または倍額支払っても、契約を取りやめることができないこととなっていますので、そこは注意が必要です。

より高く不動産売却したい方へ

不動産の査定
今所有している不動産の売却を考えている方にとっては、いかにどれだけ高値をつけてもらうかということを求められているのではないでしょうか。ただし、どの会社で売却をすれば高値で売る事ができるかと言うのは、実際に査定をしてみなければわかりません。わざわざ各社1軒1軒を訪ねて査定を依頼することも大変な話です。そこで、近年ではインターネットの普及が進んでいることによって、複数の不動産会社から一括で査定見積もりがとることができるサイトがいくつも誕生しています。

サイトが提携している会社であれば、一括で簡単にパソコン上で依頼ができるので、後は依頼者は連絡を待つのみでOKというシンプルなシステムです。電話などで問い合わせることなく、自宅のパソコンやスマホなどで簡単に依頼ができるので様々な手間が省けて、日常忙しい方にもぴったりです。数多くのサイトがある中でも、やはりオススメのサイトは、大手不動産会社を扱っているサイト、そしてより多くの会社と提携しているサイトと言えるでしょう。数が多ければ多いほど、多くの査定をとることができ、査定価格を比較することができるからです。もちろん査定依頼は、依頼者が気になる会社だけ選択して、お願いすることができるので、ムダが全くありません。実際に査定を受けて、ここだという会社が見つかれば改めて訪問査定をして頂き、現地を把握した上で正確な査定金額を割り出して頂けます。あくまで概算の見積もりということにはなりますが、できるだけ高く売れる会社を手早く見つけるならば、一括査定見積もりサイトを活用すると良いでしょう。

不動産売却における交渉

不動産売却において、交渉はあると考えたほうがいいでしょう。売り手の設定価格でそのまま売却できれば理想ですが、買い手は少しでも値段を引き下げたいと考えるものです。値引き交渉があることは珍しくないので、交渉は覚悟しておくべきでしょう。よく使われる戦略としては、値引き交渉分を価格に上乗せしておくことです。例えば3,000万円で売り出したい物件があり、買い手が200万円の値引き交渉をしてくると予測されるなら、その分を考慮して3,200万円で売り出してしまうのです。買い手が交渉をせずにこの金額で納得してくれればベストですし、もし200万円の値引き交渉をしてきても問題ないでしょう。

不動産の売却希望額は、最高と最低を決定しておく必要があります。3,000万円を希望額に設定しても、いつまでに売却するかのプランによっても話は変わってきます。短期間で売却する場合は、希望額を下げていく必要があるのです。価格を下げるほど優れた集客はないのです。まったく内覧者が来ない物件でも、100万円値下げをするだけで、急に問い合わせの電話が来ることは珍しくありません。3,080万円だと高く感じるけど、2,980万円にすると安く感じる方が多いのです。交渉では互いの妥協点を見出しながら交渉していきます。売り手本位の交渉では失敗しやすく、せっかくのチャンスを逃しかねません。すぐに売却したいし、断ったら売れる保証がないといった状況では、ある程度の値引き交渉には応じる必要があるでしょう。