土地の査定を高くするコツを徹底調査!知らなきゃ損する売却交渉術公開

土地の価値は需要と供給のバランスで決まってきます。不動産が余っており、買い手が圧倒的に少ない状態では、価格を下げていくしかありません。買い手はいろいろな物件を比較して選択できるので、値段が安い物件のほうが有利になるのです。売り手側としても、自分の物件を購入してもらうためには、ライバルよりも値下げする必要性もあります。それに対して、買い手のほうが多い状況においては、土地の価格も高くなるのです。

すぐにでも土地の査定を高くするコツを知りたい方は 不動産業者に土地売却を依頼しよう
をご覧ください。

ただし、これだけで査定額が決まるわけではありません。路線価、固定資産評価額なども関係してきますし、利便性の高さ、交通の便なども関係してきます。そして何より、査定するのは人間なので、不動産業者によって見積もりが異なってくるのです。A社では1,500万円を提示してくれたのに、B社では1,200万円だった、という話は実際にあります。建物と比べると評価は容易ですが、それでも業者によってかなりの金額差が生じてしまいます。査定額というのは、不動産業者の性格によっても変わってくるのです。実際の相場よりも高く見積もる業者もあれば、低く見積もる業者もあります。前者はとにかく契約を済ませたいという業者が多く、後者は誠実な業者が多いです。また、すぐに売却することが得意なのか、高く売ることが得意なのか、見極めていく必要もあります。早く高くというのは、土地売却においてほとんどありません。早く売りたければ価格を下げて、高く売りたければ時間をかける必要があるのです。

トラブルを起こさない土地の売買契約

土地の査定
土地の売買は、売主と買主がいれば契約を成立させることはできます。ですが、多くの場合、そこの仲介として不動産業者が入るのが普通です。それは、不動産の売買契約では、さまざまなトラブルが起こることが想定されるからです。もし、トラブルが起こった時、個人ではそれに対応できないことが多く、大きな問題に発展してしまうこともあります。そのため、プロである不動産業者に仲介を依頼することで、売買にまつわるトラブルを回避しようと考える方が多いのです。物品の売買であれば、売主と買主のそれぞれの、売りたい、買いたいの意思表示が一致し、代金を支払えば売買契約は成立します。

土地の売買でもそれは同じなのですが、チェックしなければならない項目が多いため、素人同士で売買契約を進めると、こんなはずではなかったということが起こるかもしれません。トラブルを回避するためには、まず購入対象の権利関係を詳細にチェックすることが必要です。登記名義人と所有者、そして売主と同一人物であるのか、相続したものであれば相続登記が済んでいるものでなければトラブルになりかねません。抵当権や賃借権など、チェックしておきたいことはまだあります。また、境界線や法令に基づく制限など、しっかりチェックしておく必要があります。これら、売買契約をする前に、チェックしておきたい項目は多岐にわたるため、個人同士で売買を決めるよりもプロである不動産業者に仲介を依頼したほうが安心です。

土地の売買トラブルを防ぐためには

土地の売買時にはトラブルが多く発生します。円満に契約を進めるには、売る側と買う側の双方が理解しておかなければならない点があります。まず、建物と同様、瑕疵がないか確認する必要があります。化学薬品で汚染されていたり、以前建っていた建物の一部が埋まっているといったケースです。地表から目視することが難しい土地の瑕疵は、契約成立後に分かる場合も多くあります。高額の処理費用がかかるため、裁判に発展することも少なくありません。確認の仕方は、土地の歴史を調べることです。前の持ち主や近隣の人に話を聞いたり、昔の地図を調べたりすると、その場所と近辺がどのように使われてきたか分かります。例えば、近くに化学物質を扱う工場があったのなら土壌汚染の可能性を考え、詳しく調査します。大きなトラブルに発展する前に、可能な限り調べましょう。

そして、契約時にも注意が必要です。契約する前に、宅地建物取引主任者から説明があるのですが、それが契約当日にされることがあります。何か問題点があっても、契約直前に対応するのは非常に難しいのです。冷静に対応できるように、説明を少し早い時期に受けられるよう業者に頼みましょう。また、売主と隣人の間で境界線の認識が相違している場合があります。確定作業が遅れれば、建設計画にも影響が出て、新たな費用の発生やトラブルにもつながる恐れがあります。契約が成立したら、売主に隣地との境界の明示も早めに行ってもらいましょう。

土地売買の上手なやり方

土地の査定
遺産相続などで土地を相続することになったとしても、今の世の中、維持していくことはとても大変です。そんな場合には、思い切って売却してしまった方がいいかもしれません。ある程度のまとまった額が一気に入ってくることになるため、他のことにあてることもできます。まず、信頼できる売却専門の業者を見つけることが大事です。専門家に依頼することによって、高値で売却しやすくなるからです。また、法律的なことに関してもしっかり把握しておりますので、素人が無理に行うよりも断然、効率的と言えます。土地の価格には変動が見られることもあります。景気に左右されることも多く、周囲の環境が影響することもあります。

例えば、周囲に便利なショッピングモールが建設されたり、駅が近かったりといった場合には、必然的に価格も上がるはずです。誰でも便利な場所に住みたいと思うものだからです。売却する前に、最寄りに何か目新しい建設物ができる予定がないかどうか、そんな点もチェックしておくといいかもしれません。めぼしいものが建設される予定があるのなら、少し時期を待ってから売却した方が高値となります。また、土地は狭くても問題ありません。狭くても三階建てを建てることはできますし、最近の建築技術は進歩しているので、現代的で素晴らしい住宅を建てることも可能だからです。狭いからと言って思うような額で売れないということはないので、その点の心配は要りません。

納得する土地の売買をするためには

所有している土地の活用方法の中でも、賃貸として貸し出す方法が賢いでしょう。余った場所を有効活用出来るメリットがあり、最も注目されている不動産ビジネスになります。そのためには力になってくれる不動産会社を探して、仲介をしてもらうのが良いです。売買に必要なのは知識ですが、不動産会社を介すことによって初心者の方でも安心して買い手を見つけることが出来ます。まず知っておかなければいけないのが、自身で所有している土地の範囲がどこからどこまでかという部分です。隣に似たような空き地が連なっている場合、必ず明確にしなければいけないでしょう。互いに認識違いが生じてしまい、後々トラブルにもなりかねません。そうなると売買までも時間がかかりますし、場合によってはなかなか買い手が見つからずに価値が下がってしまいます。

不動産会社を介すことによって、トラブルにならないよう話し合いや許可申請などの必要な手続きを、高い知識をもとに行うことが出来ます。地域で区画整理をされている場合にも、トラブルを避けるための正しい知識が必要です。そしてどのように有効活用をするべきか提案してくれたり、売却後に必要な管理まで様々なサポート体制が受けられます。マンションやアパートを建てて賃貸として提供する場合や、新地工事を行い駐車場として提供するというパターンなど、有効活用にはいくつかの方法があります。土地の売却から管理まで、一括でお任せ出来る不動産会社が望ましいです。

不動産業者に土地売却を依頼しよう

  1. イエイ不動産売却査定

    日本最大級の不動産売却の専門マッチングサイト
    これまでも一社一社足を運べば比較する事自体は可能でしたが、体力的な問題で3社もまわる事ができれば上出来でした。そんな中、イエイでは自宅に居ながらにして最大6社までの査定価格を最短60秒で比較する事を可能にしたのです。これまで150万人を超えるお客様にご利用いただいており、理にかなった売却方法として現在、各方面から非常に注目を浴びています。当サイト利用者97%の方が「査定額を比較して良かった」と答えています。

    イエイ不動産売却査定の詳細

  2. イエウール

    最大6社の一括査定 最高額がわかる
    イエウールは、マンション・家・土地などのあなたの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイトです。当サイトに参画している不動産会社は売却実績豊富な不動産売却のプロばかり。はじめて家を売る方にも安心して査定依頼ができ、あなたの不動産売却を全力サポート。不動産売却・不動産査定ならイエウールをぜひご利用ください。

    イエウールの詳細

  3. Smoolaの一括査定

    比較するから高く売れる?!日本最大級の一括査定サービス
    Smoola(スモーラ)は土地・一戸建て・中古マンション相場がわかる住まいの情報サイト。相場を知って、理解して、賢く不動産の売却・購入ができるノウハウを詰め込んだサービスです。

    Smoolaの詳細


土地売却は個人で行うのは難しいので、不動産業者に依頼しましょう。複数の業者を比較して1社を選ぶことになりますが、売却価格だけでは選ばないようにしましょう。提示価格が2,000万円と2,500万円ならば、後者のほうが有利に思えるはずです。しかし、提示した金額で売れるという保証はありません。2,500万円を提示していても、実際に売れる金額は1,800万円になるかもしれません。不動産業者としては、高い評価額を提示したいと考えるものなのです。たとえその金額で売却できなくても、高い金額を提示すれば契約してもらえる可能性が高まるからです。では、業者比較の意味はないかというと、もちろんそんなことはありません。実際に比較してみることで、各社の対応力・知識量などがわかってきます。担当者が誠実な業者もあれば、高圧的な態度をとる業者もあります。

各業者のメリット・デメリットは比較しないと見えてこないのです。不動産業者により、売却意欲の大きさも違います。本腰を入れて売却活動してくれる業者もあれば、すぐに値下げしようとする業者もいます。土地というのは値下げをすると、急に売れるようになることが多いのです。
100万円単位の値引きは非常に大きく、2,000万円では問い合わせが来なかったのに、1,900万円にしたとたん5件から問い合せたが来たという話はよくあります。ただし、値下げはあくまで最終手段なので、すぐに値下げして売却しようとする業者には注意しましょう。

業者の売却実績を見て売りたい土地

土地売却を不動産業者に任せる場合、業者の売却実績は必ず確認しておきましょう。ホームページに実績を明記している業者ほど、自信があると考えていいです。成約数と成約率がわかると、売り手側も希望額を決めやすくなります。不動産業者の比較サイトを利用すれば、土地の相場がわかってきます。しかし、相場は概算価格なので、この金額を鵜呑みにするのはいけません。最終的には業者側と相談・交渉をしながら、具体的な金額を詰めていくことになります。売却価格というのは、売り手の希望によっても変動してくるのです。すぐにお金が欲しいから売りたい、急がないのでなるべく高く売りたい、といった希望によって価格も変わってきます。

また、欠陥の可能性、告知義務なども影響してきます。売却後にトラブルが発生する可能性の高い物件ですと、価値を下げて見積もるしかありません。不動産業者が仲介をする以上、必ず業者側にも責任は発生します。売却するリスクの大きな物件ほど、低い価値で見積もるしかないのです。よい不動産業者は、売却におけるノウハウが豊富にあります。エリアを細分化して分析している業者もあり、地域情報に精通しています。地域を把握していない遠方の業者は、エリア内の事故物件を把握していない可能性も高いです。そして最後は、実際に担当者と話してみて決めていきましょう。担当者が誠実で、事務所内は整理整頓されている業者が好ましいです。事務所が散らかっている業者は、だらしない業者だと考えていいでしょう。

土地の売却の時に注意したいポイント

土地の査定
余っている土地を活用するためには、賃貸経営や戸建て販売などが有効的ですが、これには面倒な経営の知識や元手が必要となります。何の知識もないまま足を踏み入れてしまうと、思わぬ苦労に見舞われる可能性もあるのです。そこで最も手っ取り早い方法が、そのまま土地を売却してしまう事です。ただし売却の際には3つの注意事項があります。一つ目は不動産会社を利用するという点です。売却は売り手と買い手がいればいいと思われがちですが、不動産ともなると権利や税金も特殊なものとなり、素人ではわからない手続きがたくさん出てきます。

買い手とのトラブルを防止するためにも、不動産会社を経由して手続きを円滑に進める必要があるのです。二つ目は売却にかかる費用について理解しておくことです。不動産会社を経由するということは当然仲介手数料を必要としますし、そのほかにも抵当権を消す費用や測量費用、印紙代など色々な費用が必要となってきます。売却価格がすべて自分の手元に入ってくると勘違いしていると、痛い目に遭う可能性もあるので、きちんとかかる費用について事前に調べておきましょう。最後に買い手の要望を通しても損をしない価格を提示しておくという点です。不動産の購入には価格の交渉が付き物です。最初から安い価格で提示してしまうと、そのあとに交渉されて破格で手放すことになりかねません。そこで始めは希望よりも少し高めの設定をして、余裕を持って交渉に応じられるようにしておきましょう。土地の売却の際にはこれらのポイントに注意する必要して、気持ちよい取引を行っていきましょう。

土地の売値を決定するにあたって気をつけるべきなこと

一つの家族が、土地の売買を経験することは、よほどの資産家ではないかぎりそうそうあることではありません。それでも現在の土地付きの住居を売却して、新しい住居を求めるといった住み替えを余儀なくされている人も中にはいるはずです。新しい住居を求めるにあたって、まずは現在の不動産の価値を知る必要があります。最近では、ネットや電話だけでも相談にのってくれる不動産会社も多いので、見積りを複数で検討比較しやすくなったのは、ありがたいことです。しかし、一番高値をつけてくれた会社があったとしてそこだけに全ておまかせしてしまうのは、少々問題があるかもしれません。

それは、高値で売りに出しても結局は買い手がつかず最終的には値下げを提案される場合が想定されることです。不動産会社としても、売れる商品であれば、他の社を出し抜いて専属で任せて欲しいわけなので最初に高めな値段を提示してくることもあります。素人であれば、一番高値をつけてくれたところが良いだろうと判断することもあるでしょう。愛着のある住居を、高値で見積もってくれれば喜ばしいというのもあります。安易にこれにのってしまい、冷静に考えると損をしたという人も多くいらっしゃるのが現実です。不動産は、所有している中では一番と言ってよい資産価値の高いものであることを、しっかりと意識することが重要になります。周辺環境や築年数などを考慮した冷静で客観的な判断に基づいた価値を知ることです。売値をどうするかは、各自の判断によるものは大きいですが、時間があるのかどうかにもよって違ってきます。大事な資産なので、熟慮してからにしましょう。

知っておくと便利な土地の探し方

土地の査定
土地の探し方にはさまざまな方法がありますが、特に便利な探し方を知っておきますと、より希望条件に合ったものを購入しやすくなります。賢い探し方の一つは、希望の場所にある市などのサイトで、保留地や区画整理地を購入することです。不動産会社に仲介手数料や分筆登記費用を支払わなくとも購入できるのが、保留地、区画整理地の大きな利点です。ただ、特に区画整理地は周辺環境が良好であったり、今後人気が出てくる可能性が高い物件で先着順の販売や抽選販売になることも多いです。通常の不動産会社のサイトには、こういった不動産の情報は掲載されないケースがほとんどですので、これらを購入したいときは、こまめに市の公式サイトをチェックしましょう。

不動産情報サイトから希望物件を絞り込むという方法もあります。こういったサイトから欲しい物件を探すときは、有名で大手のところから選んで絞り込むと効率的です。なお、情報サイトは物件情報の掲載量に差があるため、一か所だけでなく複数利用を基本にしましょう。検索エンジンで、欲しい物件の場所の名前と不動産で検索をすれば見つけられる、不動産仲介業者のサイトを通じて土地を購入する方法もあります。しかし、こういった会社の従業員はITに疎い年代の人たちが多いため、サイトを見ても頻繁に情報が更新されていないこともしばしばです。サイトで会社の情報を見つけたら、直接足を運んで物件の最新情報を教えてもらうとよいでしょう。

土地の探し方は色々ある

自分に合った土地を探すなら、探し方のコツを知っておくと自分にピッタリなものを購入できます。まず最初に場所を選択することが重要ですが、希望の場所があればインターネットで区画整理地や保留地を買ってみましょう。この保留地と区画整理地には様々なメリットがありますが、例えば不動産会社に分筆登記費用や手数料を払わなくても買う事が出来るというメリットがあります。ただ、区画整理地の環境の評判が良かったりすると、将来的に人気が高くなる物件であることが良そうされるので、そのような物件は抽選的な販売になることがあります。

これらの情報は不動産会社のホームページに掲載されていないので、もし購入するのなら市町村の公式ホームページを定期的に確認することが大切です。次に不動産紹介のホームページから条件にあった物件を絞り込むのなら、有名な不動産会社を利用した方が絞り込みやすいです。また、不動産会社によっては物件情報が多いところと少ないところがあるので、複数の不動産会社を利用することが大切です。もし不動産仲介業者のホームページから土地を買うなら、検索エンジンで希望している物件の市町村と不動産で探すとすぐに見つけられますが、不動産仲介業者のサイトの更新は頻繁におこなわれていない事が多々あります。このように様々な土地の探し方がありますが、もしホームページを通じて気になった情報があれば、直接物件まで足を運んで会社の方から詳しい話を聞いてみてください。