住宅の査定を高くするコツを徹底調査!知らなきゃ損する売却交渉術公開

住宅を売却するときには、少しでも高い値段を付けたいものです。より良く売却させる方法をいくつかご紹介します。まず、売却をスムーズにするためには、売出価格は、市場や相場を考慮した適正な価格をつけるようにしましょう。今は、購入を希望される方もインターネットなどで物件や相場についてこまめに調べていますので、あまり相場からかけ離れている価格では売却が長期化してしまう恐れがあるからです。売却するときに、あまり大がかりなリフォームは必要ありません。しかしながら傷んだ壁紙や障子などを張り替えて清潔感を保てるようにするリフォームは、購入を検討されている方の印象がよくなります。

すぐにでも住宅の査定を高くするコツを知りたい方は 住宅の査定してもらう不動産業者はどこを選べばいいか をご覧ください。

土日などの週末に、時間を決めて購入希望者に自由に部屋を見学してもらうオープンハウスを行うと良いでしょう。時間内なら、予約なしの方でも見て頂けるので販売につながる可能性が広がります。オープンハウス当日は、きれいにすること、整理整頓を心がけて積極的に活用するようにしましょう。室内で喫煙されている方や、ペットを飼われている方は、お部屋の匂いには充分注意しましょう。タバコやペットの匂いは、住んでいる方にはあまり気にならないかもしれませんが、外から来られる方にはとても気になり不愉快に感じるものです。実際にお住まいを気に入られていた方でも、お部屋の匂いで購入を断念される方も少なくありません。ですから、臭いのケアは早目に行っておくようにしましょう。

リフォームをしてから売る住宅

住宅の査定
住宅を売るときは、ハウスクリーニングをして室内をキレイにしておきましょう。見た目がよいだけで高く売れますので、クリーニング費用を負担する価値はあります。特に水回りはよくチェックされるポイントなので、キレイにしておく必要があるでしょう。リフォームに関しては、やらないほうがいい場合が多いです。リフォームをすることで新築物件に準ずるクオリティに高めても、買い手が満足するとは限りません。好き・嫌いが非常に分かれやすいのがリフォームであり、せっかく大金を出して行っても買い手が満足しないことも多いのです。それよりも、そのまま売却をして、買い手自身がリフォームをしたほうがうまくいく場合が多いのです。

外壁・屋根工事などの基本リフォームは場合によっては必要ですが、かけた費用を価格に反映できるとは限りませんので、不動産業者に相談して決める必要があるでしょう。リフォームが必要となるケースでは、買い手自身がリフォームを行うので値引きしてほしいと交渉を受けることもあります。そのため、売り手自身も大まかなリフォーム費用を把握しておく必要があります。必要以上の値引きをして、物件の価値を下げる必要はありません。不動産は売れるべき金額で売れるので、価値があるならば高く売れるものです。高くして売れるのに、むやみに安くする必要はないのです。売却前にリフォームを検討している方も、不動産業者に相談してから決めるようにしましょう。

高く住宅を売るためにリフォームしたほうがいい?

住宅というのは、家族の生活の本拠として日々利用されています。そのため、どのように利用し、日々の管理をしてきたかで、同等の築年数や同等のグレードの建物であったとしても、その状態が大きく左右されてしまいます。より高値で売却するには、新築時からの経過年数や使用により減価する価値をいかにして留められるかがポイントになります。そのためには日々清掃する、湿気がこもらないよう換気を行うといった日常的な作業から、一定期間ごとに外壁塗装やクロスの張替を行うなど、建物全体や室内の維持のため、コストをかけてメンテナンスすることも必要になるのです。こうして手間やコストをかけておくことで、通常の暦年劣化より価値を留め、査定額のアップを図ることが可能となります。

もっとも、居住している間、日頃からこうした事をしていればいいのですが、何も気を配らず売却の機会を迎えている方もいるかもしれません。この場合はどうすればいいかというと、1つとしてそのままの状態で売る、もう1つにはリフォームしてから売るという方法が考えられます。リフォームをすれば、それだけ価値は上がります。メンテナンス費用を居住中に拠出しなかった代わりに、売却のタイミングで出費するようなものです。ただし気を付けたいのは、リフォーム費用をかけた額以上に、査定額がアップするとは限らないことです。リフォーム費用を回収できないのであれば、多少、値段が安くても、そのままの状態で売ってしまったほうがお得なケースもあります。

なるべく早く住宅を売却するには

住宅の査定
住み替えのために現在の住宅を売却しようと考えているなら、まずは売り方をメリットある選び方をしましょう。売り方とは大きく言って二つの種類がありまして、一つ目は不動産会社に直接買取りしてもらう方法です。そして二つ目は、不動産会社に仲介というシステムを依頼して、買い手を探してもらう方法になります。どちらも最終的に売るという意味では同じなのですが、メリットは多少変わるでしょう。少しでも早く売却をして住み替えをしたいという方の場合には、不動産会社に直接買取りをしてもらった方が早いです。その後は不動産会社の所有になりますし、新しい買い手とは不動産会社側でのやりとりになります。

もし仲介を選んだ場合、新しい買い手を厳然出来るという意味では安心出来ますが、仲介をしてもらった不動産会社に対して仲介手数料という費用が発生するのです。買い手がつくまでのサポートがありますので、不安なユーザーの場合には仲介の方法が良いでしょう。どちらを選ぶにしてもまずはしっかり査定を行い、一円でも高く売却出来るところに依頼するということが重要です。不動産会社によって相場の認識や知識はバラバラでして、同時期に複数の業者から査定をしても一貫性はありません。何百社もある不動産会社から失敗しない選び方をするには、オンライン見積もりをしたあとに、実際に所有している住宅を目で見てもらうことです。オンライン見積もりと実際の査定には差があり、必ずしもあらかじめ出たお値段で売れるわけではありません。

住宅を高く売るには買い手を大勢見つけること

住宅を高く売るためには戦略が必要なのです。一人の買い手よりも、複数の買い手を見つけたほうが交渉は有利になります。物件を欲しい買い手が大勢いれば、無意識のうちに競争を始めることになります。オークションで落とそうと考えるのと同じ心理です。買い手が1人しかいない場合は、売り手に対して価格交渉をすることになり、大幅な値下げ要求をしてくることもあります。モノを高く売るときの王道パターンは比較をすることなのです。住宅を高く売るためにも、一人でも多くの買い手を見つけることが大切です。買い手側の予算を把握しておくのも戦略の一つとなります。購入を希望する買い手というのは、希望物件の金額が予算内なのです。予算の範囲を超えた物件は購入できないので、最初から内覧にも至らないのです。もし3,080万円で売れない場合は、2,980万円まで下げてみるのも手でしょう。

たった100万円といえども、値下げの効果は非常に大きいのです。予算3,000万円に設定している買い手にとって、3,000万円超の物件は対象外となります。この場合、価格を100万円下げるだけで、買い手がつく可能性があります。一般的に不動産というのは、5,000万円を超えると急激に買い手が少なくなるのです。5,000万円超の物件を狙えるのは一部の富裕層というわけです。庶民が無理なく購入できる金額は、高くても3,000万円程度なのです。地域によって差はありますが、相場よりもかなり高い物件は売れにくくなります。

住宅の査定してもらう不動産業者はどこを選べばいいか

  1. イエイ不動産売却査定

    日本最大級の不動産売却の専門マッチングサイト
    これまでも一社一社足を運べば比較する事自体は可能でしたが、体力的な問題で3社もまわる事ができれば上出来でした。そんな中、イエイでは自宅に居ながらにして最大6社までの査定価格を最短60秒で比較する事を可能にしたのです。これまで150万人を超えるお客様にご利用いただいており、理にかなった売却方法として現在、各方面から非常に注目を浴びています。当サイト利用者97%の方が「査定額を比較して良かった」と答えています。

    イエイ不動産売却査定の詳細

  2. イエウール

    最大6社の一括査定 最高額がわかる
    イエウールは、マンション・家・土地などのあなたの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイトです。当サイトに参画している不動産会社は売却実績豊富な不動産売却のプロばかり。はじめて家を売る方にも安心して査定依頼ができ、あなたの不動産売却を全力サポート。不動産売却・不動産査定ならイエウールをぜひご利用ください。

    イエウールの詳細

  3. Smoolaの一括査定

    比較するから高く売れる?!日本最大級の一括査定サービス
    Smoola(スモーラ)は土地・一戸建て・中古マンション相場がわかる住まいの情報サイト。相場を知って、理解して、賢く不動産の売却・購入ができるノウハウを詰め込んだサービスです。

    Smoolaの詳細


住宅を売却しようと考えた時、まずは不動産業者に査定をしてもらいます。どこの不動産業者も無料で査定を行ってもらえますが、一体どの業者で査定をしてもらうのがよいのでしょうか。実は、査定と言うのは簡単ではありません。住所、面積、築年数を知っただけでは正確な査定は出来ないのです。不動産業者が行う査定方法は、査定の対象となる家の周辺で過去に契約に至った事例から、比較して査定する取引事例比較法という方法を用います。これは、近くの家がこれくらいで売却されましたので、あなたの家はこれくらいで売れるでしょう、ということです。中古住宅の契約で実際に売買が成立した価格は、売主と買主の事情で大きく変わります。もし、売主と買主が友人関係なら安く売ることでしょうし、買主がどうしても欲しいと希望した物件なら高く購入するかもしれません。

ですがそういった事情は分からないので、出来るだけ多くの事例を集めて適正な取引価格を見極める必要があるのです。事例の成約時期は、数か月から1年以内の最近の事例が必要です。現在から将来への変動を読み取る必要があるからです。中古物件の価格は、面積や築年数が基本とはなりますが、どのような地域に存在するのかが実は非常に大切なこととなります。例えば新興住宅地なのか昔ながらの地域なのか、子供の数や高齢者の多さ、店舗や空き地の数など、その地域が過去から現在までどのように変化し、その地域がどうあるのかが、家の価格に大きく影響するのです。ですから、売却を検討している地域のことを良く熟知している不動産業者の担当者に依頼して、家の中や外回りを見てもらってから、書類で価格の根拠を説明した査定書を作ってもらうと良いでしょう。

住宅売却時の仲介業者の選び方について

ずっと住もうと思って購入した住宅も住み替えや事情があって売却しなければならないことがあります。売却を上手く成功させるためには仲介業者の選び方がとても重要になってきます。売却対象となる物件についてはリフォームでもしない限り、物件価値を高めて買い手を見つけやすくするということはできませんが、業者選びの良し悪しは結果に直接的に差を出してしまいますので慎重におこないところです。売却は業者に査定を依頼するところからスタートします。依頼先の選び方ですが、不動産業者によってそれぞれ強みが異なります。物件売買を中心としたところや賃貸専門に営業しているところ、投資用不動産物件を専門に扱うところなどまちまちです。

物件売買を中心に活動しているところでも、戸建て住宅中心のところやマンションに力を入れているところ、都心の高級物件を専門に扱うところと分かれてきます。従って、依頼先の業者としては販売に重点をおいていながら、売却する物件のタイプとエリアに詳しい担当者のいる業者を選ぶようにします。次に査定に来る業者の担当者をよくチェックする必要があります。不動産売買の資格として宅地建物取引主任者資格を保有していれば、必要以上の知識を持っていることの目安になります。また、その業者がどのような顧客基盤を持っているのか、さらにどのように買い手を探してくれるのかについて尋ねてみます。業者自体の実績やネームバリューも業者選びの目安になりますが、それ以上に大切なのが担当者の経験や力量です。くれぐれも業者規模だけで選択しないようにします。

住宅を売るということ

住宅の査定
人生において、大きな買い物といったら家でしょう。住宅を買うということは、生涯においても、一代決心をする時でもあります。その反面、今度はさまざまな理由から売却をしなければならないこともあります。ご主人の仕事場が変わる、または実家を継ぐことで、住宅を売却しなければならないということもあります。さらに、建て替えよりも買い替えた方が引越しの手間が省けるということで家を売却して、その売った資金で家の買い換えをする人もいます。家を売却するということは、車を売るとは違い、とてつもなく大きな仕事をしなければなりません。大変気力も必要とすることでもあります。住宅ローンのこともありますので、この辺は上手に売却をしていきたいものです。

家を売るのであれば、まずは不動産に見積もり査定をしてもらいましょう。地域によって、その価格値は大きく違います。少しでも高く売却をしたい、またはそれをサポートするようにしてくれる不動産も見つけなければなりません。家を売るまでは、共に売却を進めていかねばならないので不動産選びは重要です。また、家を売るにも仲介手数料がかかるということも忘れてはいけません。その費用の上限は法律でも定められていますので、そのことも視野にいれてください。仲介手数料の安い不動産もありますが、選ぶのであればやはり実績があるところを選びたいものです。地域で良き不動産を知っている人がいれば、確認してお願いするのも良いでしょう。

住宅の売却を決めたら

不動産の売り買いなどということは、通常は一生のうちにそう何度もあるものではありません。しかし、今住んでいる家が手狭になってきた、古くなってきた、ローンが支払えなくなったなど、様々な理由から住宅の売却を考えている方もいらっしゃるでしょう。住宅売却を決めた場合には、まずは今住んでいる家を不動産会社に査定してもらう必要があります。査定の結果は不動産会社によって大きく違うことがあるので、必ず複数の業者に頼みましょう。また、不動産の一括査定が無料で受けられるサイトもあるので活用してみると良いでしょう。家の買い替えを検討されている場合は、新たに住む家に入居するタイミングと、今まで住んでいた家を売却するタイミングを合わせなくてはいけません。引越しを2度することになると手間も費用もかかるので、ローンが残っていない、購入資金に余裕がある場合には新しい家の購入を先にしておいた方が良いです。

この際、新しい家の引き渡し時期も売却後すぐ入居できる様、注意しておきましょう。もし、ローンが支払えなくなって家を手放さなくてはならなくなった場合にはどの様な選択肢があるのでしょうか。この場合は、競売か任意売却の流れをたどることになります。住宅ローンの返済が6ヶ月滞ると更に6ヶ月程で競売の入札が始まります。一方で任意売却は、仲介業者に買い主を探してもらう方法でこちらの方が高い金額での売却が可能となります。また、いずれにしろ売却する物件はハウスクリーニングなどを行う方向で考えておく等、高く売却するには売り主側の努力も必要です。

住宅を売却する時の流れ

住宅の査定
住宅を売却することが決まったなら、まず仲介会社を選ぶことから始めましょう。インターネットを利用すれば、仲介会社を見つけることはそれほど難しいことではありません。信頼できる仲介会社を見つけたいのであれば、1社だけに依頼するのではなく、できれば3社以上から選ぶようにしましょう。それぞれの仲介会社に無料査定を依頼すれば、どれほどの額で売却できるかを知ることができますし、それぞれの仲介会社の対応力を見極めることもできます。満足できる価格で売却できるかどうかは、仲介会社の腕にもかかっていますから、最初の仲介会社選びは慎重に行いましょう。

仲介会社が決まったなら、仲介会社と相談の上売り出し価格を決めることになります。無料査定を行ったとしても、その査定額で売却できるとは限りません。多くの場合、査定額より少し高めに売り出し価格を提示したほうが、高く売却できる可能性があります。売り出し方法は仲介会社によって違います。疑問に思うことがあったなら、我慢せずにどんどん聞いてみてください。売り出し開始となれば、見学客を迎えることになります。高く売却するためには、高く売るために住宅を演出しましょう。また、できるだけ情報を提供したほうが見学客に興味を持ってもらうことができます。そして、買主と売主の双方が売却額に納得できれば、売買契約を交わすことになります。もし、買い替えなどをする場合は、引き渡しのタイミングが重要になってきますから、仲介会社ともよく相談し引き渡しのタイミングを決めましょう。

住宅の売却にかかる費用

住宅を売却しても、その売却価格がそのまま手元に残るわけではありません。売却にはそれなりの費用が必要です。売却価格からその費用を差し引き、ローンが残っているのならローンも差し引いた残りが手元に残ります。ローンの残債は自分自身で確認することができますが、売却するためにどのような費用がかかるのかを、売却する前にチェックしておきましょう。まず、売却をしようと考えたなら、多くの場合は仲介会社を選定します。その後、売買契約が終了するまで、この仲介会社と二人三脚で売却をすすめることになります。そのため、住宅の売却をする場合は、この仲介会社に支払う仲介手数料が必要です。

仲介手数料の上限は法律で決められています。200万円以下なら取引額の5%以内、200万円以上400万円以下なら取引額の4%以内、400万円以上なら3%です。これはあくまで上限ですから、これより低い仲介手数料で仲介してくれる仲介会社も多く存在します。仲介手数料の他に必要なのが、不動産売買契約書の印紙税、住宅ローンが残っているのなら抵当権抹消費用、売却により利益が出たなら譲渡所得税が必要です。また、住み替えをするのであれば引越しの費用や家財道具の処分のための費用も必要になります。引越費用や家財道具処分のための費用はかなり高額であるため、なかには家具付として売却される方もいます。このような費用が必要であることを確認したうえで、売却の手続きをすすめましょう。