一戸建ての査定を高くするコツを徹底調査!知らなきゃ損する売却交渉術公開

引越しなどで一戸建てを売却する時、建物の方角や間取りも重要ですが、心がけ次第で査定が変わるポイントがあります。まず、空き家の状態で売却せず長期間放置しないことです。家は人が生活してこそ温度や湿度などの状態が保たれるのです。人が住まなくなった家は老朽化が思いのほか進み、汚れます。引越しして住まなくなったら早めに売却しましょう。一戸建ての場合は建物と共に、土地も評価対象です。土地は形状が重要で、正方形で道路と同じ高さが好まれます。三角形や台形、間口が狭いのに奥行きがある長方形や駐車場のスペースが無ければ評価が下がります。形状はどうすることも出来ませんが、敷地内の樹木の手入れや雑草、ゴミなどの掃除がされているかも査定において重要な点なので、一生懸命に綺麗にしましょう。

すぐにでも一戸建ての査定を高くするコツを知りたい方は 一戸建て住宅を売却する際の査定と業者選定について をご覧ください。

瑕疵についても、業者や購入希望者にはハッキリと伝えておきましょう。売りに出すときに、業者が細かく調査しているのですが、過去に修理した雨漏りやカビの発生など住んでいた人にしか分からない点もあります。売主が、マイナス査定を恐れて黙っていたとしても、「引渡し後一定の期間内に瑕疵が分かった場合売主が責任をもつ」という約束が契約にたいていの場合含まれるので、正直に伝えましょう。家の売買は人生の中でも何度も経験するものではありません。しかし、動くお金がかなりの高額なので、売買成立までの段階において出来るだけ多くの知識を持っておくことが大切です。

効率よく一戸建て売却するには

一戸建ての査定
リストラなどの急な家庭の事情によって、持ち家を手放さなければいけなくなってしまった場合、その道のプロに仲介してもらうようにしましょう。まずは、信頼できて実績の高い不動産会社を探してみることです。探し方は今の時代ならとても簡単になっています。インターネットを利用することで、その不動産会社の評判などを知ることができるからです。続いて、できるだけ高値で売却できるようにするためには、情報収集することが大切です。不動産会社に任せておくだけではなく、自分自身も他にどんな方法があるのか調べてみることで、より良い売却ができるようになります。リフォームをしてからの方が売りやすいという場合もありますし、その逆という場合もあります。また、時期によって売却価格が全く違ってくるということもあるので、場合によっては時期を見計らってじっくりと吟味してから売りに出すというのもいいかもしれません。

一戸建ての場合、中古という扱いになることから、ある程度の高値が見込まれます。駅から近い場合は特に高値となりますし、近くにコンビニやスーパーといった生活に役立つ建物が多ければ多いほど、売り文句となるでしょう。最近はセキュリティ面などもしっかりしていないと、築年数が新しい一戸建てでも思うように売れないことがあります。周囲の環境がものを言うということもあるため、今一度、周囲の売り文句となりそうな状況を把握しておくことも大切です。そのようなところをチェックしてから、後は一戸建て売却専門の業者にお任せします。

一戸建ての魅力をアップさせる工夫

一戸建てを売却する時は、不動産会社に仲介してもらって売却するのが一般的です。ただ購入希望者の人が見学しにくることもあるので、手入れをしっかり行っておく必要があります。まず家の中は掃除を丁寧に行っておく、さらに床等に目立つ傷がある時は少し修復しておくのも良いでしょう。壁の手垢はきれいにふき取ります。今の壁紙は少し位水で濡れても大丈夫なので、優しく水拭きをして汚れを落とすこともできます。良く消えるタイプの消しゴムを使うのも、効果的に汚れを落とす方法です。水回りの汚れはメラミンスポンジを使うときれいにする事ができます。トイレやパイプは専用の洗剤を使えば手を汚すことも手間もなくきれいに出来ます。忘れがちなのが庭です。広い狭いに関係なく、きれいにしておきましょう。雑草はきれいに取り除いておく、伸びている庭木はある程度剪定しておく方が無難です。

剪定に関してはそれほど高木でなければ自分ではさみを使って切ると簡単にできます。駐車スペースに不要となったゴミや廃棄予定の物を置いておくのもあまり良くありません。面倒でも事前に処分しておく事が重要です。そうすれば一戸建てを売却する時も、その魅力を最大限に相手に伝える事ができます。いくらで売れても良い、売れれば良いという訳ではなくある程度の金額でと思っている人は、査定の前に家の中・外を綺麗にしておきましょう。また不要品を合わせて処分すれば、引越しの荷物を作る時の負担も軽減されます。

一戸建ての売却は仲介業者を通す

一戸建ての査定
今まで住んでいた一戸建てを手放す際には、いくつかの方法がありますが、不動産会社に依頼する方がスムーズです。まずは今の住まいがどのくらいで売却出来るのかを、担当の営業スタッフを通して査定をしてもらいます。査定は現在の相場を加味しながら、物件の状態や築年数などをチェックした上で算出される場合もありがほとんどでしょう。あとはリフォームが必要か、購入した際の価格や土地の坪数、または地域によっても異なります。一つの不動産会社に依頼をするという方法ではなく、複数の業者に査定を依頼するのが失敗しない売却方法になります。

不動産会社に仲介をしてもらうメリットとしましては、リフォームが必要になった際の施工や、費用の負担が業者持ちになるパターンがあります。もちろんすべての不動産会社にあるわけではありませんが、庭に生い茂る雑草や木の伐採なども、買い手を決めるためのリフォームの一つになりお任せ出来るということです。そして一戸建ての売却に強い不動産情報サイトや、自社サイトでの広告への募集を行っていただき、次の買い手を決めることも出来ます。いかに早く買い手を見つけるための工夫が出来るかも、仲介業者に依頼するメリットになるでしょう。物件への問い合わせがあった際には、きちんと中間報告や進捗状況を知らせてくれるまめな不動産会社を選ぶことが失敗しないために必要です。一戸建ての売却に強い不動産会社は、営業スタッフの知識によっても変わります。

不動産業者に依頼して高く売りたい一戸建て

一戸建てを売却するにあたり、理想的なのは空室にすることです。荷物がなくなることで、部屋が広く見えるようになります。本当は広い部屋なのに、荷物のせいで狭く見えるのは非常に損でしょう。荷物がたくさんあると、風通しは悪くなりますし、部屋が暗くなるのです。それにより、物件の価値が下がることはよくあります。ただ、現実的には空室にするのは難しいでしょうから、不用品を処分する程度は行っておきましょう。不用品は捨てるのではなく、リサイクル業者に買い取ってもらいましょう。タンスに眠っている骨董品には思わぬ価値がつくこともあります。水回りは生活習慣がそのまま現れる場なので、キレイにしておくようにしましょう。

キッチン、洗面所、バスルーム、トイレなどは、よく見られるところです。水回りが汚いと、確実に物件の価値は下がりますので、売却前にはクリーニングを行い、必要に応じて簡易リフォームしましょう。臭いはなるべく無臭に近づけておく必要がありますので、内覧会の前には空気の入れ替えをしておくことです。自分の家の臭いというのは、家族は気づきにくいものです。しかし、第三者はすぐに気づいてしまうので、徹底的に消臭しておくべきでしょう。臭いを誤魔化すのではなく、消してしまうのが一番いいです。消臭スプレーを利用するのも効果的ですが、その前に窓を全開にして空気の入れ替えをすることです。ほとんどの臭いは逃げていきますので、それから必要に応じて消臭スプレーを使用しましょう。

一戸建て住宅を売却する際の査定と業者選定について

  1. イエイ不動産売却査定

    日本最大級の不動産売却の専門マッチングサイト
    これまでも一社一社足を運べば比較する事自体は可能でしたが、体力的な問題で3社もまわる事ができれば上出来でした。そんな中、イエイでは自宅に居ながらにして最大6社までの査定価格を最短60秒で比較する事を可能にしたのです。これまで150万人を超えるお客様にご利用いただいており、理にかなった売却方法として現在、各方面から非常に注目を浴びています。当サイト利用者97%の方が「査定額を比較して良かった」と答えています。

    イエイ不動産売却査定の詳細

  2. イエウール

    最大6社の一括査定 最高額がわかる
    イエウールは、マンション・家・土地などのあなたの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイトです。当サイトに参画している不動産会社は売却実績豊富な不動産売却のプロばかり。はじめて家を売る方にも安心して査定依頼ができ、あなたの不動産売却を全力サポート。不動産売却・不動産査定ならイエウールをぜひご利用ください。

    イエウールの詳細

  3. Smoolaの一括査定

    比較するから高く売れる?!日本最大級の一括査定サービス
    Smoola(スモーラ)は土地・一戸建て・中古マンション相場がわかる住まいの情報サイト。相場を知って、理解して、賢く不動産の売却・購入ができるノウハウを詰め込んだサービスです。

    Smoolaの詳細


一戸建て住宅を売却する際にはまず不動産業者に物件の査定を依頼するところからスタートします。通常、査定には一切費用はかからず、無料でやってくれる業者がほとんどです。遠隔地の場合は業者によっては交通費等の実費分が請求される場合もあります。最近ではオンライン査定も人気になりつつあります。ただ、売却事例の多いマンションなどの集合住宅と異なり、一戸建て住宅の査定の場合、個々の物件による差が大きいため、正確な査定額に関する情報を得るにはあまりなじまないかもしれません。業者に対する査定は必ず、一社だけでなく、数社に依頼するほうがいいでしょう。ただし、業者による査定は多くの場合、財団法人不動産流通近代化センター発行の価格査定マニュアルが使用され、レインズによる周辺物件の売買事例の情報などをもとに算出されます。その為どの業者に査定を依頼しても、およそは同じような査定価格になります。

もし、複数の業者に依頼した中で、突出した査定価格を提示してくる業者があったら注意が必要です。査定の算出方法が間違っていたり、単に媒介契約が取りたいがためにそのような高めの査定価格が出されている場合も考えられるからです。査定価格も大切ですが、それ以上に大事なのが売却に関する経験値やスキル、物件周辺への理解度や顧客ネットワークの大きさなどです。また、業者の大小よりは担当者の良し悪しが売却成功への鍵となる場合が多いでしょう。大手の業者ですと安心のように見えますが、経験の浅い若い担当者が付く場合も考えられるので、一概に大手業者がいいとも言えません。以上の点を総合的に勘案して、業者選定したいものです。

一戸建てを売るにはよい業者を見つけることも大切

一戸建てを売却するにあたっては、査定を受け売買を仲介してくれる不動産業者選びがとても大切になります。というのは、一戸建ては1つ1つの住宅に個性があり、間取りやグレード、ブランドなど同じような住戸が揃うマンションとは異なります。特に設計にこだわった思い入れのある注文住宅のケースでは、それをいかに評価してもらえるかが査定の分かれ目になります。単純に立地や広さ、間取り、構造や工法などから計算される価格だけでなく、その家の魅力をしっかり評価してくれる業者との出会いを探しましょう。たとえば、「設計のコダワリは分かりますが、このエリアではそう高くは売れません。」と決めつける業者と、「優れた点があるので、この魅力を理解してくれる売主を探しましょう。」という業者なら、後者のほうが期待できるでしょう。

業者によって査定価格が異なるだけでなく、買主の探し方や売り方も大きく異なります。より、売り主の立場に立って考えてくれ、大切なマイホームの魅力を少しでも高く評価してくれる業者を見つけ出すことがポイントになるのです。そのためにはまず、複数の業者から見積もりをとりましょう。価格を出してもらうだけでなく、できれば、電話等で直接話して対応を確かめてください。数ある物件のうちの1つといった態度を取られるのと、1つ1つの物件とお客様を大切にしてくれる会社か、見極める必要があります。業者選び1つで、売れる価格はもちろん、いつ売れるかというタイミングも変わってくるので注意が必要です。

一戸建てをスムーズに売却したい

一戸建ての査定
一戸建てをスムーズに売却するためにはさまざまな工夫が必要です。良い不動産業者との出会いがマイホームの売却をスムーズなものにしてくれます。住宅を購入するときはインターネットや新聞のチラシなどをチェックして、良い物件を探して目星をつけることから始めますが、売却に関しては全く違います。まず不動産業者を呼んで不動産査定をすることから始めるのです。マイホームがどのくらいの価格で売却出来るのかその価値を算出してもらうのです。特に一戸建ての場合には物件ごとに個性が違いますので、しっかりと査定してもらう必要があるでしょう。こうした売却価格の算出は近隣の似た条件の物件が実際にどのくらいの価格で売買されたかというのを参考に算出されます。不動産業者に不動産査定を依頼したからといって、その業者と媒介契約を結ばなければならないというものではありませんから、安心して依頼しましょう。

売却価格に納得が言ったら不動産業者と媒介契約を結びます。この媒介契約にはいくつかの種類があって、複数の業者と契約をする一般媒介契約と一社とのみ契約をする専任媒介契約があります。どちらの方が早く買主が見つかるかというのは不動産業者の力量によっても違ってくるでしょう。このような手順を踏まえれば、あとは不動産業者のネットワークと営業の担当者の努力によって、満足いくマイホーム売却ができるようになります。売却の期限などがある場合には早めに行動を起こすのが大事です。

一戸建ての売却はプロに依頼しよう

一戸建ての売却にはプロの力が必要不可欠です。個人間の売却で成功するケースはほとんどありません。中古物件という性質上、新築のようにはいきません。契約後に何らかのトラブルが生じることはあるのです。不動産の仲介業者に依頼すれば、トラブルを未然に防ぐことができます。売り手が注意したいことは、買い手に対して誠実に対抗することです。日本においては、モノを購入する人のほうが偉いという風習があります。嫌な売り手という印象を与えてしまうだけで、契約に至らないケースは多いのです。買い手はお客様なので、誠実に対応する必要があります。最終的には人同士の交渉になりますので、売り手の対応がよければ、買い手も少しくらい高くても購入しようと思ってくれるかもしれません。

モノを購入するとき、私たちは無意識のうちに人を見ています。商品に興味があって購入するのが前提でしょうが、この人が営業マンだから買う気になった、という状況は意外と多いはずです。一戸建ての購入においても同様であり、売り手の対応次第で取引状況は変わってくるのです。内覧会ではしつこく付きまとうのは避けましょう。売りたいオーラを出したいのは皆一緒ですが、出さないほうが売れやすいものです。特にすぐに売りたいという気持ちを悟られると、買い手は値下げ要求をしてくる可能性があります。一般的に不動産というのは、早く売りたい場合ほど値下げするものです。早く売りたいという気持ちは悟られないようにしましょう。

一戸建ては新築に近いほど高値に

一戸建ての査定
一戸建ては新築と比較すれば、中古物件のほうが劣るのは当然でしょう。しかし、買い手は新築になるべく近い物件を探すのが現状なので、新築と比較されると考えていいです。中古の一戸建ての価値は、売り手が一方的に決めることはできません。価格設定をするのは売り手ですが、買い手がつく金額でなければ意味はないでしょう。そして、買い手からの値下げ交渉もあるため、売り手の希望額よりも少なくなることが多いのです。中古の戸建ての場合、物件の価値は外観に大きく左右されます。外壁・屋根はよくチェックされますので、ヒビ・劣化などがあれば修復しておきましょう。

雨漏り・白アリなどの被害については、告知しなければバレない可能性もありますが、告知義務違反となる可能性がありますので、絶対に伝えておくべきです。万が一、契約時にバレなくても、後でバレて損害賠償を請求される可能性はあります。買い手にとって、欠陥・トラブルを正直に伝えてくれる売り手は信用できるものです。人間はモノを購入するときに、信用を指標の一つとしています。どんなに安くても営業マンが気に入らないという理由だけで、買うのを止める人がいるでしょう。結局は人から購入するわけですから、売り手の印象は非常に大切なのです。室内が汚れている場合は、リフォーム、クリーニングも必要でしょう。リフォームに関しては、コストパフォーマンスも考慮して行うべきです。リフォーム費用を売却価格に反映できるのか、不動産業者とよく話し合って決めていきましょう。

居住中でも一戸建てを売却できます

一戸建てを売却する時に、空家にしたほうが内覧しやすく売れやすいと言われています。ですが、空家にしなければ売れないというわけではありません。それに、売買契約が成立するまでは、そこに住む正当な権利があるわけですから、引き渡し日までに退去すれば買主もそれほど強くは言いません。デメリットとしては、購入希望者が内覧をしっかり行えないのではないかという点があげられます。これは、居住者がいると隅々まで見れないという方もいれば、生活感があったほうが実際に住んだ時のイメージが湧くので良いという方もいるため、それほどデメリットではありません。

内覧は昼間に行われることが多く、購入希望者の希望を優先しなければ好感を持ってもらえないということはあります。これは、空家であろうと居住中であろうと同じことでしょう。ただ、プライベートを見られるのは抵抗があると思われる方もいるでしょう。その場合は、住み替えを済ませてから売却をしたほうが良いかもしれません。一戸建ての売却には、平均して4か月程度かかると言われています。その間、いつ内覧があるのかわからないという状況は気を使うものです。まず、次に住むところを決めて、空家にしてから売り出しを開始する方は多く、そのほうが気楽だと言われる方もたくさんいます。資金面の都合から、それができない場合も多く、その場合は数カ月間のこととして我慢しましょう。居住中であっても内覧・売却をすることはできますから、心配することはありません。