家の査定を高くするコツを徹底調査!知らなきゃ損する売却交渉術公開

家売却する時には、いくつか注意するべきことがあります。スムーズに売却する為にも、予め押さえておくべきポイントを知っておきましょう。高額の不動産においては、売却に伴う不動産の買い換えや、不動産業者の選定といった多くの要因が関係してくるのが特徴です。不動産業者に仲介してもらって売却するので、家査定を受けて、どの程度の売値なら適切なのかを確認しましょう。査定時には色々と質問して、信頼できる不動産業者に正式に依頼する流れです。

すぐにでも家の査定を高くするコツを知りたい方は 家を売るには比較検討が大切 をご覧ください。

不動産業者と媒介契約を結んだら、いよいよ具体的に不動産市場に情報が掲載されます。なお、どの不動産業者に依頼するかで大きな差がついてくるので、査定を受けても安易に媒介契約を結ばないようにするべきです。これまで住んできた家を売却する時には、次の居住用不動産を購入するケースもあります。購入はこちらで自由にタイミングを決められますが、売却については買い手ありきになるので注意しましょう。どちらを先にするかで資金繰りが変わってくるから、まずは自分にとって何を優先するのかを決める必要があります。不動産の買い換えでは、所定の手続きを行うことで節税できる場合もあります。一定期間だけ有効な特例という形が多いので、税理士などに相談しておきましょう。また、不動産の売買でも印紙税といった複数の税金を支払う為、そちらについてもしっかり把握しておくべきです。無事に売却が決まっても、重要事項の説明や、法的に有効な売買契約の締結といった手続きがあります。不動産の引渡しと登記事項の変更が完了するまで、慎重に対応していきましょう。

現在住んでいる家を売却するときの流れ

家の査定
子供が成長したので庭付きの広い家に住みたい、子供が独立したので便利なところに住みたい、など家族構成が変化したり、環境や経済状況が変わったりなどで住み替える場合がございます。そのうえで、住み替えの時期はいつごろで資金はどの程度あるのか、また今の住まいに戻る可能性はあるのか、などの確認します。このような確認を行うことで、現在住んでいる自宅の売却額や新居を購入するのか、賃貸に住み替えるのか、または今の住まいを売却せずに賃貸に住むのかという住み替えのイメージをとらえることができます。もし売却すると決めたら、まずは物件の周辺相場を知り、幾らくらいで売れそうかの目安を立てます。

次に信頼できる不動産会社を探しましょう。そのためには、不動産会社の幅広い情報を収集することが必要です。そして不動産会社に現在住んでいる物件の価格の査定を依頼します。できれば、一社だけでなく、何社か査定を依頼してみると良いでしょう。不動産会社と正式に売買の仲介を依頼するときは、媒介契約を結びます。その後物件を売り出しますが、この価格はご自身の希望売却価格のみならず、不動産会社の査定価格や周辺の相場などを考慮して決定しましょう。物件の購入希望者が見つかれば、売却条件の交渉にうつります。交渉には価格だけでなく、その他の点でも譲れないことがありましたら、合わせて交渉しましょう。交渉が進みましたら売買契約を結びますが、この時、物件に関する情報は正確にきちんと購入希望者へと提供しましょう。すべての条件が整いましたら売買契約を結び、通常物件価格の10パーセントから20パーセントの手付金を受け取ります。物件を引き渡す手続きでは、売買代金を受け取り登記申請も行います。引き渡した後の税金の申告などの手続きもありますので、漏れのないように注意しましょう。

家を売却する時に実行する4つのステップ

家を購入したのはいいけれど、ライフスタイルが変わって部屋の間取りが今のライフスタイルに合わなくなったとか、転勤等様々な理由で一度購入した住宅を手放すという方も多くいらっしゃいます。住宅を手放すに当たっては4つのステップを踏むようになります。まず第一にまずその住宅の査定を出してもらったり仲介をしてくれる業者を探す事です。そういう業者はなるべく複数の所から選ぶ方がいいです。そして各業者の対応や出た査定などを参考に、どの業者にお任せするかを決めます。そして住宅を買いたいと見に来て下さる方を迎え入れます。

住宅を買う立場になるとなるべく良い物件を手に入れたいと願うものなので、買い手になりうる方にマイナスイメージを受け付ける事が無いように家をきれいにしておきましょう。カビや水垢もきれいにし、リビングや収納も見られることがあるので整理整頓を心掛けましょう。やはり住宅購入の場合でも第一印象が物を言います。めでたく購入したいというお客様が現れたら売買契約を結んでから手付金を受け取ります。最後に、税金に関しては原則として、不動産業者側ではなく自分で手続きをするようになります。税制は色々とあるので分からない点があったら税理士などのプロの方に相談する事が大切です。住宅の売るのにも、複数の業者を調べたり家をきれいにしたりする等、結構な手間が要りますが、この手間を惜しまずに努力する事で住宅をより高く売る事が出来ます。

できるだけ高く家を売る方法とは

家の査定
夢のマイホームを持つことが出来たが、事情があって手放さなければならない。ということは誰にでも起こり得ることです。しかし実際そうなってみると、不動産を売るにはどうしたらいいのだろう、と途方に暮れる人が大半なのではないでしょうか。まずはほとんどの人が、不動産業者に査定を依頼するところからは始まります。しかし専門的なことはよく分からないからと、まかせっきりにしてしまい言い値で売却を決めてしまうのは大変危険です。不動産業者によって得意・不得意物件があり、それにより売り出し価格も違ってくるため査定額は大きく変化するのです。

一社だけに依頼するのではなく、必ず複数の不動産業者に査定を依頼しましょう。それぞれの業者の各担当者との相性や、信頼できる相手かどうか見極めることも非常に重要です。またあなた自身も、事前に最低限の知識は得ておきましょう。近隣の中古住宅、新築住宅、土地などの値段を調べ、おおよその相場の見当をつけておく必要があります。今はインターネットで検索すれば、簡単に調べることが可能です。その他、家の買い替えの手順や流れを確認しておくことはもちろん、売却にかかる税金や諸経費も合わせて調べておきましょう。無事に不動産業者を決定した後は、早く売りたいと焦る気持ちは分かりますが、早く売るには値段を下げるしかなくなります。あなたが大金を叩いて購入した、思い出の詰まった大切な家です。同じく大切に住んでもらえる人に買ってもらいたいですよね。長い目で見て、焦ることなくいい買い手が現れるのを待つことが、高く売る最大の秘訣です。

これであなたも怖くない、家の売却

人生において、家を売却することはそう何度も経験することではありません。しかしライフスタイルの変化や、経済状況の変化などにより住み替えを行うのは誰にでも起こり得ること。そんな時、まずは慌てず騒がず、状況の整理から行いましょう。売却理由を具体的にし、いつまでに住み替えを完了すればいいのか、手元の資金はどのくらいあるのかを明確にします。それから新居は購入か賃貸かの検討を行い、いくらで売却するのが理想的かを考えましょう。売却の相場の目安をたてるには、近隣の住宅や土地の値段を調べると、おおよその見当をつけることができます。それらを踏まえ、仲介を依頼する不動産会社を探しましょう。信頼して任せられる担当者との出会いが、売却の重要なカギとなります。

必ず複数の不動産会社に査定を依頼し、多くの担当者から意見を聞きましょう。しかし担当者の言いなりや、まかせっきりになるのではなく、自らも最低限の知識をつけ手順や流れを確認しておくことも大事です。正式に仲介を依頼する会社が決定したら媒介契約を結び、そうしてやっと不動産の売り出しに入ります。購入希望者が内覧に来る前に、事前に水回りの清掃は特に念入りに行っておきましょう。できればプロのハウスクリーニングを入れておくことが望ましいです。水回りが汚いと、圧倒的に印象が悪くなってしまうからです。明るく清潔で、整理整頓の行き届いた印象のよい家を演出し、購入希望者を迎えましょう。事前準備を万全にしておくことが、早い売却につながるのです。

家を売るには比較検討が大切

  1. イエイ不動産売却査定

    日本最大級の不動産売却の専門マッチングサイト
    これまでも一社一社足を運べば比較する事自体は可能でしたが、体力的な問題で3社もまわる事ができれば上出来でした。そんな中、イエイでは自宅に居ながらにして最大6社までの査定価格を最短60秒で比較する事を可能にしたのです。これまで150万人を超えるお客様にご利用いただいており、理にかなった売却方法として現在、各方面から非常に注目を浴びています。当サイト利用者97%の方が「査定額を比較して良かった」と答えています。

    イエイ不動産売却査定の詳細

  2. イエウール

    最大6社の一括査定 最高額がわかる
    イエウールは、マンション・家・土地などのあなたの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイトです。当サイトに参画している不動産会社は売却実績豊富な不動産売却のプロばかり。はじめて家を売る方にも安心して査定依頼ができ、あなたの不動産売却を全力サポート。不動産売却・不動産査定ならイエウールをぜひご利用ください。

    イエウールの詳細

  3. Smoolaの一括査定

    比較するから高く売れる?!日本最大級の一括査定サービス
    Smoola(スモーラ)は土地・一戸建て・中古マンション相場がわかる住まいの情報サイト。相場を知って、理解して、賢く不動産の売却・購入ができるノウハウを詰め込んだサービスです。

    Smoolaの詳細


家は大切な財産です。いざ、手放すとなれば、それなりの金額で売りたいと考えるのが通常でしょう。特に売却を検討するときは、新しい住まいを購入したり、何らかの事情で資金が必要になっていることが少なくありません。では、どのくらいの価格で売れるのかというと、1つの目安となる価格の参照方法に売買事例を比較する方法があります。同じ地域内で同程度の築年数、同程度の広さの物件が、いくらで売買されているかを確認し参考にするものです。もっとも、ニュータウンの分譲住宅など、築年数もほぼ同じ同じタイプの家が多数ある地域にお住いならともかく、一般的なケース、特に注文住宅では他と比較することは難しいのが普通です。築年数も間取りも、構造も使われている素材も異なるためです。

そこで、不動産業者に査定をしてもらうわけですが、その査定価格が適切かを判断する基準となりうるのが、固定資産税評価額です。毎年支払っている固定資産税の課税通知書に表示されている価格を、目安の1つにしてみましょう。固定資産税評価額は、市価の約6割といわれているため、600万とあれば1000万円くらいの市場価格が期待できるかもしれません。そのうえで、査定を受けますが、1社だけでなく複数の業者から査定を受けましょう。訪問査定が面倒なら、少なくとも簡易査定は複数社から受けます。そのうえで、高値を付けてくれた業者から実際に訪問査定を受けるのがポイントです。より評価してくれる業者との出会いも大切なポイントです。

長く住んだ家を高く売却する為のチェックポイント

何らかの事情で一軒家を手離す必要に迫られた場合、誰でも出来るだけ高く売りたいと考えるものです。しかし、闇雲に近所の不動産業者に飛び込んで、いきなり家を売りたいという旨の話しをするという方法では無く、それなりのチェックポイント踏まえて行動した方が、要領良く高く売れる買取主を見つける事が出来るでしょう。それでは、そのチェックポイントを説明します。チェックポイントの一つ目は今住んでいる物件が、どれくらいの金額で売却出来ているのかを調査し認識する事です。これを調べる為には幾つかの方法があります。インターネットに接続可能なパソコン等の端末があるのなら、国土交通省のWEBサイトにアクセスをして都道府県や市区町村等の情報を投入すれば、だいたいの建物や土地の取引額を把握する事が出来ます。より正確な情報を仕入れたい場合は何処かの不動産業者に査定をするのも一つの案ですが、更に精度の高い情報が欲しい場合は、一括で複数の不動産業者に査定依頼するサービスを利用するのが良いでしょう。

そして出来るだけ高く買い取って貰えそうな業者を幾つかに絞り、訪問査定をして貰いましょう。チェックポイントの二つ目としては、家を売る場合には不動産業者を仲介するでしょうから、売却出来た金額全てが懐に入る訳ではありません。まず不動産業者に支払う仲介手数料が必要になります。また、それだけではなく譲渡益課税や印紙税等の税金の他、抵当権抹消登記費用や事務手数料等が掛かります。これはローンがない場合なので、ローンがある場合は更にお金が掛るという事を念頭においておきましょう。チェックポイントの三つ目は、中古物件の需要が減少傾向を見せている為に、売主の希望価格通りの金額で売却出来る事は難しいかも知れませんが、誰もが住みたがる様な土地であるとか、築年数が10年以内の物件等であれば話しは別です。また出来るだけ高値で売る為には、ドアや壁の傷の補修等の買主希望者の要望を、聞き入れる事も必要かも知れません。

不動産業者に任せて高く売りたい家

家の査定
家を売ろうと考えたとき、自分だけで活動する方はほとんどいないでしょう。売却を得意とする不動産業者に依頼するはずですが、ここで大切となるのは複数の業者に見積もりの依頼をすることなのです。中古物件の価値は決まっておらず、不動産業者が受け取る報酬、買い手の希望購入額などの要素も関係してきますので、非常に曖昧なのです。任せる業者により、売値は相当に変わってくると考えていいでしょう。プロによると、少なくとも100万円以上は変わってくると言います。高額な物件の売却ゆえに、2,000万円も2,100万円も大差がないと思えるかもしれませんが、冷静に考えると100万円という金額は非常に大きなものです。100万円という金額は少なく見積もったもので、実際には300万円以上の差が出ることも多いので、比較しないで業者を決めるのは絶対に損なのです。

インターネットで探せば、不動産業者の比較サイトを簡単に見つけることができます。査定は完全無料なので、少なくとも2社以上には依頼してみましょう。査定時には業者とメールや電話でやり取りすることにもなるので、営業スタッフの対応も確認できます。家を売ってくれるのは営業マンなので、対応力はよく確認しなければいけません。専門知識を知っていることはもちろんですが、売り手にもわかりやすく説明してくれることが大切です。そして、エリア情報に詳しいことも大切となります。地元の家を売るには、地元の不動産業者に任せるのが無難でしょう。

印象がよいほど家は高く売れる

家は印象がよいほど、高く売れるのが現状なのです。目に見えない部分には無頓着になる方が多いですが、外観・インテリア・水回りに関してはしっかりとチェックするものです。綺麗・汚いは素人の方でも見ればわかりますし、購入額に影響する要素となります。綺麗な物件だと、売り手が大切に扱ってきたと判断されますから、高値がつくことが多いのです。見た目だけで数百万円も査定額は変わってきますので、新しい物件ほど綺麗にして売却する意味があります。綺麗に見せるためには、室内をゴチャゴチャさせないことが大切です。必要な家財は仕方ありませんが、不用品は物置に仕舞ったり、売却したりする必要があります。部屋が狭く見えてしまうと、確実に悪い印象を与えてしまいます。室内が暗く見えますし、荷物を移動させたらカビが生えているのではないか?などと、買い手はいろいろと考えるものです。

内覧会を開く前には、不用品はリサイクルするなどして、処分しておく必要があるでしょう。そして必要に応じてハウスクリーニングをしてください。特に水回りはよく見られますので、入念にクリーニングするべきです。綺麗にして売り出せば、クリーニング費用くらいの上乗せは可能となります。リフォームに関しては、不動産業者とよく相談して決めましょう。古くて価値が著しく低い物件ですと、リフォーム費用が自分持ちになってしまう可能性もあります。古屋付きの土地として売却するならば、リフォームをしないケースも多いです。

無理して売ってはいけない家

家の査定
家を売るとなると売り手は必死になるものですが、売りたい気持ちを前面に出しすぎてはいけません。焦っていると悟られてしまうと、安く叩かれてしまう可能性もあるからです。大切なのは双方の信頼関係なので、よいところを教えるだけでなく、悪いところもしっかりと伝えておくことが大切なのです。特に高額な取引になる家は、売却後のトラブルが少なくありません。その多くは告知義務、または双方の情報の行き違いに原因があるのです。押し売りするのではなく、売主に聞かれたことだけしっかりと回答すればいいのです。売り手は実際の相場よりも、自分の家を高く評価しています。

市場の評価が2,000万円ならば、2,500万円~3,000万円くらいで売れると考えている方が少なくありません。それゆえ、相場よりも高い金額を買い手に提示してしまうことが多く、なかなか売れないという状況に陥るのです。売却をするときは、必ず不動産業者に頼むべきでしょう。仲介手数料を差し引いても、依頼したほうがお得なのです。買い手との交渉、売却後のトラブルなどを考えると、手数料を支払った依頼したほうがずっといいのです。不動産業者は不動産売却のプロであり、売るためのノウハウを蓄積しています。効果的な値引きの方法、タイミングなども心得ています。3,000万円の物件をそのまま売り出すよりも、3,300万円の価格にしてから300万円値引きの3,000万円としたほうが安く思えるでしょう。

お得に家を売却するならこうしよう

家を売りたいと考えている方にとっては、できるだけ利益になるような売却をしたいものです。は、できるだけ損をしないように売却するにはどのようにしたらよいのでしょうか。
まずは、査定についてです。査定を依頼する際、近所の不動産会社1社に依頼するだけというのは大変もったいないです。それは当然、不動産会社によって、その査定額が異なってくるからです。つまり、できるだけ利益を得るには、複数の不動産会社に査定をお願いすることがポイントです。だいたい所有している家がどのくらいの価格になるのかの平均額を知る事ができます。もちろん高く査定が付いただけで選ぶのではなく、営業担当者との相性も大切です。話しやすく、対応の丁寧な営業マンの方かどうかを同時に見極めて決めると良いでしょう。

また、不動産会社を選ぶ際には、不動産会社協会などの団体に加盟しているかというのも参考にした方が良いでしょう。例えばその会社とトラブルが起こった際に協会に相談することができる窓口となるので、安心して取引を進めることができるためです。そもそもこれらの団体に加盟するには審査がありますので、その不動産会社の高い信用度にもつながります。ホームページなどに記載されていることが多いので、参考にしましょう。また、もし家を売却する際、近隣に同様に売却中の物件があればその価格をチェックしておきましょう。複数ある不動産情報検索サイトから売却したい地域を絞り込んで、中古物件を検索すると近隣物件の価格がズラっと一覧で表示されるので、だいたいの相場を知ることができます。