必見!徹底比較してわかった本当におすすめのプロバイダ

プロバイダを選ぶ時は、キャッシュバックや特典ばかりにとらわれていると、後々失敗したと思うこともあるかもしれません。最近では2年契約が主流ですし、どうせなら2年間快適にインターネットを楽しみたいですよね。まず、プロバイダを選ぶ時に考えて欲しいのは、自分にとって必要な回線能力はどの程度のものかという事です。光回線の速さや安定感が注目されていて、あたかもADSLから光に変えれば確実に速くなるという風に言われていますが、webを閲覧したりちょっとした動画を見る程度なら、どちらの回線でも余裕がありますから、スピードに差はほとんどありません。普段から大きなサイズのファイルをダウンロードしたり、アップロードする事が多いという方なら光回線の恩恵を得ることができますが、そうでないならADSLという選択もあります。

すぐにでもおすすめのプロバイダランキングを知りたい方は 自分に合ったプロバイダを探す方法 をご覧ください。

NTT収容局が自宅の2km以内にあるかどうかで判断すると良いでしょう。自分がADSLにするのか光にするのか決めた上で、安いプランのあるものを選ぶことが賢い選択といえます。また、プロバイダによっては通信能力が低くて、混雑する時間帯になると遅くなったり、不安定になったりする事があります。多くの場合夕方から深夜になると遅くなりますから、帰宅後に自宅でインターネットを利用するという方は、通信能力のしっかりしたバックボーンの太いところを選ぶ必要があるでしょう。いくら安い料金でキャッシュバックがついたとしても、使いたい時に遅すぎて使えないのでは意味がありません。評判などをしっかり調べ、安定した通信速度が得られるところを選びましょう。

プロバイダ選びのポイントに関して

おすすめのプロバイダ
二つか三つくらいにしぼると、ネット関連サービスの特徴は見やすくなるでしょう。プロバイダ選びのポイントに関しては、専門サイトを見るとどこをみんながチェックしているかがわかります。特にお金のない学生が一人暮らしをする場合、利用料金の安さは最重要課題です。また、あまりパソコンやネットワークに詳しくない人の場合は、アフターサポートが充実しているとか、安定性が高いかなども重要になってきます。人によって求めるものが違う以上、それにあわせるのがネット接続業者さんの努めです。

ランキングサイトなどで優秀なプロバイダが紹介されるケースはいくつもありますが、これに関してはかなりシビアな意見が交換されています。私も何度か自分の使うネット回線については吟味し、業者さんを替えたことがありました。その際に参考にしたのは、専門業者さんのサイトではなく、普通の人の口コミサイトや、感想サイトだったのです。これは、そのほうが生の声が聞けて、勉強になるからでした。長く同じ業者さんのサービスを受けることを前提にしてネット関連の契約は行われます。各社でセキュリティや安定性の概念はまったく異なっており、利用料金が安くても頻繁に途切れたり、安定したスピードが保証されていないケースも当然あるのです。また、思ったより安くてかなりスピードが速い例もあり、どこを選ぶかでネット生活が充実するかどうかは180度変わってきます。それを見極めた上で契約することは重要です。

プロバイダ契約は、サポート面も重視しよう

プロバイダサービスを選ぶ際、気を配りたいのがサポート面です。パソコンスキルがいくら高くとも、ネット回線の知識とは別になります。ネット回線やルーター、モデムの設定はインフラ管理に近いお仕事、正直なところ、素人には敷居が高く、マニュアル片手に出来る作業ではありません。今どきのネット回線はまずトラブルなく一年中使えますが、それでもモデムやルーターといった機器は、あくまでハードウェアであり、物理的に壊れてしまう事があります。いきなりインターネット接続が出来なると、パニックに陥ってしまいますが、そんな時、頼りになるのがプロバイダの窓口です。困ったことが起きたら、とりあえずサービス窓口に連絡し事情を説明しましょう。

機器の故障や不具合は、素人ではまず改善出来ないので、管理しているモデムやルーターに不具合が出たら、迅速に業者に、その旨を連絡すべきです。契約するプロバイダによっては、素早く無料で対応してくれます。回線の速度や料金の安さだけが、企業の強みではありません。サポート面が充実した業者と契約しておけば、万が一の時もへっちゃらです。故障したモデムは業者が素早く新品のものに取り替えてくれます。点検から原因追及、メンテナンスから新製品の設置まで、全て訪問するプロスタッフが担当してくれるので、ユーザー側は、リビングで待っているだけでOKです。基本的に地元のプロスタッフが迅速に個人宅まで駆けつけてくれるので、連絡を入れてから、即原因を直してもらえます。

一般的なプロバイダの契約について

おすすめのプロバイダ
20年くらい前までは、ネットもまだまだマイナーでした。しかし、大学の授業で必須になったり、生活の中で当たり前のように使われるようになって、その重要性が明らかになったわけです。個人でプロバイダを契約する場合は、多数ある業者さんの中から選ぶのが一般的ですが、その選び方にも順序があります。まずどんな業者さんなのか、資料なりオフィシャルサイトで見て、契約の内容を把握するのです。その後、他の業者さんと比較し、実際に使っている人の口コミ情報を見て判断していきましょう。そうすれば、よほどのことがない限り間違えることはありません。

利用料金が昔と比べ格段に安くなったので、誰でも簡単にネット環境が構築できるようになりました。下手をすると携帯電話のほうが固定電話回線を使ったネット利用より接続速度が速かったりするのです。プロバイダ選びをする場合、速度や安定性、値段やサービス、サポート内容などいろいろな面でしっかりした基礎を作り上げることが重要になります。どれだけのスペックが業者さんとそのサービスにあるかは、詳しい説明をした情報サイトがあります。また、ランク付けをしているサイトもあるので、サービスの質や価格、バランスなどは一目瞭然です。これらの情報をいち早く得て、自分にとってベストな選択をすることが、これからのネット社会には求められてきます。今の若い人たちはこうした情報を得る能力に長けており、だからこそ老人より行動が早いのです。

特別なキャンペーンをしているプロバイダ業者

携帯電話の販売会社が新生活応援キャンペーンをすることは珍しくありません。同様に、特別なキャンペーンをしているプロバイダ業者は数多く存在し、彼らはそれぞれ魅力的な要素を持っています。どんな条件で契約を勝ち取るかは、お客次第ですが、こうしたキャンペーンの場合は業者さんもかなり譲歩しているので、お得なケースが多いのです。利用料金が二か月分タダとか、特別なグッズがあたるなど、ありきたりのキャンペーンではなく、最近は2年間利用料金が半額になるとか、かなり大盤振る舞いなケースが報告されています。

プロバイダ業者側も、それくらいのことをやらないと新規契約者を呼び込めなくなっており、同業他社との競争に敗れてしまうので、必死です。消費者にとってはこの競争の存在はありがたいもので、私たちはこれを業者がやっている間に、自分にとって一番メリットがあると思えるプランを選択すれば問題はありません。ネットはいまや生活上なくてはならないツールになりました。これを使いこなせるかどうかで、今後の生活のあり方が変わってきます。特に今の若い人たちは時代の流れに敏感に反応し、自分の行く末を常に案じながら生活しているのです。それがネットの使い方や、回線の速度のチェック、利用料金の分析などにつながっています。常日頃からこうした活動を行ってこそ、自分にとってベストなネットサービスの使い方ができるのです。そうした努力はいつか自分のためになってくれます。

自分に合ったプロバイダを探す方法

  1. ドコモをお使いなら【ドコモ光】

    ドコモ光で最大合計25,000円還元キャンペーン中
    ドコモ光で最大合計25,000円還元キャンペーン中 全員にdポイント最大20,000ポイントプレゼント さらに最大5,000円の現金キャッシュバック ドコモスマホお使いなら最大5700円割引 また、お好きなプロバイダーが選べる!

    ドコモをお使いなら【ドコモ光】の詳細

  2. SoftBank 光

    回線で自宅のインターネットが超高速!セットでスマホの利用料金が永年毎月最大1000円割引
    光回線で自宅のインターネットがネットが速い!SoftBank 光(ソフトバンク光)。セットでスマホの利用料金が永年毎月最大1000円割引。スマホをWi-Fiにつなげば動画もゲームもサクサク快適に。

    SoftBank 光の詳細

  3. DMMモバイルとセットでお得!DMM光

    最大18,000円分の基本工事費無料
    DMM光は、NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光」の光回線サービスとDMMがコラボした低価格で高品質なインターネット接続サービスです。別途プロバイダ契約不要!DMMモバイルとのセット割でさらにお得!

    DMMモバイルとセットでお得!DMM光の詳細


インターネットをつなげる際、多くの方がされる事はプロバイダー選びだと思います。最近は様々な会社のプロバイダーが登場し、選び方も多様化してきました。サービスやサポートが充実しているものもあり、会員特典などはお得感がありますね。また、サイト経由で契約するとキャッシュバックもあるというサービスも見受けられますので、得になる契約はどれかを吟味して選ぶことも楽しいと思います。インターネット初心者の場合はサポートが充実しているところがよいでしょう。困った時に、スタッフが遠隔操作で誘導してくれたり、無料で電話サポートがあるところもたくさんあります。逆に経験のある方で、ちょっとしたトラブルも自分で解決できるという自信のある方は、シンプルな接続だけのプランを選んでも、その分、毎月の費用が安く利用できるプロバイダーもあります。

今は24時間いつでもネットにつなげられるものがほとんどですが、一日の間でメールのチェックくらいしかしない、という方の場合は、時間制限によって普通よりも安くなるプランもあり、お得です。また、契約期間も様々で、2年間継続しなくてはいけないものや、少し割高でもいつでも解約可能というものもあるので、「他に使いたい会社があった時は変えてみたい」という方は、その点も考慮に入れるとよいと思います。様々なバリエーションがありますので、自分のネットライフに合わせて最適な契約方法を選ぶと良いでしょう。

プロバイダ契約は使用頻度を目安に検討

インターネットプロバイダーは洋服のサイズのように、個人個人が自分にあったモノを選べば、それがそのまま正解となります。ただし、適当に選んでいるだけでは満足出来る契約が出来ません。そこで目安にしたいのが、ネットサーフィンの利用頻度です。毎日必ずデスクトップコンピュータを立ち上げて、ネットサーフィンを楽しむ方々でしたら、ブロードバンド契約が便利です。延滞なく高速アクセスが出来るため、多種多様なHPをスムーズに閲覧出来ます。特に最近では、高画質な動画や大きな写真をたっぷりと活用したHPが、増えて来ています。文書やテキスト中心のHPでしたらナローバンドでも大丈夫ですが、現実問題として、今どきのHPは大半が動画や写真系のコンテンツを採用しています。

特にこだわりが無ければ、ブロードバンド契約を進めたほうが後悔しません。数年前まではブロードバンド契約は高値でしたが、最近ではリーズナブルなプランが続々と現れています。その反対に、1週間に数回しかネットサーフィンをしないご家庭なら、ブロードバンド契約を見なおして、よりお得なプランに乗り換えてみるのも、オススメな対策です。実際、スマートフォンやタブレットを新しく契約すると、デスクトップコンピュータの使用頻度が激減するものです。リビングや自室のデスクトップコンピュータをほとんど利用していないなら、プロバイダ契約をよりリーズナブルなプランにダウンさせてみましょう。

プロバイダ契約の仕組みについては

おすすめのプロバイダ
価格からそれぞれの業者さんを調べ、プロバイダ契約を結ぶことはかなり多いです。インターネットをするにもお金がかかり、回線を利用するための料金を支払い続けることになります。私たちがこれを払って得るものが大きい以上、ここで多少のお金を払うことにためらいはありません。しかし、当たり前のセキュリティやサポートシステムもなかったり、トラブル対応が後手に回っていく業者さんも中にはいます。そうした業者さんは業界内でも話題になるので、事前にチェックしておけば避けることができるでしょう。プロバイダ契約の仕組みについては、ネット回線を使いたい人と、それを提供する業者さんの間で結ばれると認識しておけば十分です。

世界と自宅のパソコンや携帯電話がつながるシステムは、思ったよりも単純にできていて、契約したその瞬間から使えるようになっています。それだけ私たちとネットワーク環境は身近な間柄にあり、今後さらに生活と深い関わりを持っていくでしょう。一般的な回線業者さんなら、オーソドックスなセキュリティを導入し、そこそこの回線速度を維持して、メンテも定期的にしているでしょう。使う側としては、ストレスを感じない程度に動画が見られて、仕事に使えるだけの安全性が維持されていれば、言うことはありません。もちろん、人によってはより高度な回線への要求をする場合もあるでしょう。そんな人には、それ専用のプランも用意されているので、安心できます。

プロバイダ契約はクオリティも大事

我々ユーザー側は、ついついモノやサービスを値段だけで決めてしまいます。小さな雑貨や周辺機器ならば、コスト最優先でも、心配は要りません。けれど、毎日使うインターネット回線は出来ればコスト以外の点にも、視点を向けましょう。安全性やセキュリティ、サポート面など、他にも気をつけたいポイントは色々と存在します。そういったポイントを含めて、色々なプロバイダ契約を比較するのが大事です。単純に価格面だけで比較すると、トラブルが起きた時、右往左往しなければいけません。また安価なプランは、プロ向けに提供されている場合も多いです。

つまり、トラブルが起きても自分自身で対処出来る人向けになります。モデムやルーターなどの機器は、パソコンソフトとは違い、物理的な修理や取付け作業が要ります。そういったハード面に詳しい方々は、やっぱり修理やトラブルサポートが充実したプロバイダに、お世話になった方が良いでしょう。大半のネット回線サービスには無償サポートがありますが、それでも企業間に質的な違いがあります。ネット検索でサポートのクオリティについて検索してみるのもオススメです。いくら低価格で契約出来ても、トラブルサポートがイマイチでは、返ってストレスが増えてしまうでしょう。ネットサーフィンは毎日欠かさず使うものですから、品質やセキュリティ面に信頼が置ける企業と契約を結んだほうが、トータルとしてお得なのです。コンピュータ・ウイルスやセキュリティ上の脅威に強いプロバイダと、契約しておけば、安心してコンピュータが使い続けられます。

プロバイダの契約内容をもう一度確かめたら

おすすめのプロバイダ
本当に今契約しているネット回線は妥当でしょうか。プロバイダの契約内容をもう一度確かめたら、実はそれがスタンダードではなかったとの例はいくつもあります。特に2年もすれば、昔の契約はかなり時代遅れになってしまい、周りの良いサービスとの差が露骨に広がってくるものです。特にここ数年でネットの利用料金は格段に下がりました。これは、優秀な回線接続技術が進歩し、安くて安定性の高いサービスが増えたからです。これをいつまでも知らないでいると、以前と同じようにネットは使えても、後になって同等以上のサービスがあったことに気づき、損した気分になるのです。

常日頃からチェックしてもいいですが、ネット回線利用の契約は一度したらなかなか解約はしにくいでしょう。そのため、一年か二年で契約更新の少し前になったら、プロバイダの見直しを考えてみるのです。そうすれば、その時期に一番お得な業者さんがどこかを調べることもできますし、時期がいいので解約して別の業者さんにするのも簡単でしょう。どの業者さんがお得か、安全性が高いかなどは、ランキングサイトを見れば簡単にわかります。実に多くのプランがあり、業者さんの数も多いので、契約の前に多数の情報を仕入れておくのが大事です。今はどれだけ情報を仕入れられたかによって損をするか得をするかが決まる時代でもあります。それだけ、情報の存在は重要であり、今後の生活を左右するファクターになっているわけです。

プロバイダ契約、迷ったらスタンダードなプランを

価格比較サイトは非常に便利な存在、庶民の味方とも言えるものです。家計のコストを節約したいなら、次のネットショッピング時から、そのサイトを使うようにしましょう。スマートフォンやタブレットがあれば、基本的にどの価格比較サイトも閲覧出来るので、大丈夫です。まだご家庭のプロバイダ契約がお済みでなければ、家電製品の価格比較と平行して、通信費の比較も行ってみましょう。意外と企業間に差があるのが、ネット回線のコストです。どうせ家庭でインターネットを利用するなら、お安いプランを使いたい、それが庶民の人情に他なりません。

プロバイダによって、利用できる速度、プランに違いがあるので、最初から有名企業だけに絞り込まずに、数社を比較のテーブルに載せましょう。スマートフォンやタブレットがあれば、その際にも価格比較サイトが使えます。通信費とサービス内容を比べれば、意外とすんなり自分の求めるプランが把握出来ます。プロバイダ契約はまだまだ庶民にとっては新しいサービスです。身内に詳しい人々がいない場合も多いので、ネット上の質問サイトや、価格比較サイトで詳しいユーザーに尋ねたほうが、良いヒントを得られます。一般家庭なら、最初にとりあえずスタンダードな回線プランで、契約を済ませるのも、良い方法です。ネット回線は気楽に契約を更新、解約出来ます。手始めにスタンダードなプランに加入し、通常サービスの利用状態を体験しながら、他社サービスと比較するのも、良い方法です。