プロバイダ徹底比較|一目であなたへのおすすめがスッキリわかる

インターネット回線を提供しているプロバイダの数は多く、その会社ごとに特徴が違います。けれど多くの方はインターネットが使えればそれでよいと他社との比較をせずに契約を結び、そしてそのまま長い間同じ会社を利用しています。しかし実際は会社により月々の料金も異なりますし、サービス、サポートに関してもそれぞれに違います。そのため自分のインターネットの利用方法を考え、自分に合った会社選びをする必要があります。

すぐにでもプロバイダおすすめランキングを知りたい方は 失敗しないプロバイダ選びのポイント をご覧ください。

とにかくただインターネットさえ利用できればいいという方でしたら月々の料金が安い会社を、トラブルなどがあった際にすぐに解決してくれる会社がいいという方はサポートのしっかりしている会社を、メールアドレスを幾つも保有したいのであればメールアカウントを複数持てるサービスを提供している会社をと自分に合い利用しやすい会社を選ぶことでインターネットをより快適に安心して利用することが出来ます。けれどそのプロバイダの数は多いので一社一社調べていては時間もかかりますし、その見比べはとても難しくなります。そこで便利なのが多くのプロバイダを比較出来る比較サイトの活用です。会社ごとに料金、速度、サービス、サポート、そしてキャンペーン情報などが項目別、または評価としてグラフに描かれているので一目でその会社の良さ、他社との違いを知ることが出来ます。こうした比較サイトを利用することにより、簡単にその会社の特徴を知ることが出来、自分に合った会社選びをすることが出来ますので、自分の加入している会社の特徴を知ると同時に他社についても目を向けてみることをおすすめします。

最初に申し込んだプロバイダ契約を再チェック

プロバイダ
インターネットプロバイダ契約は定期的に、見直す必要があります。パソコンを購入した際、同時に回線契約を済ませる家庭も多いですが、時には維持コストや回線の品質を再チェックしましょう。特に申し込みから数年が経過しているなら、尚更です。当時はお得な回線プランでも、今はどうなっているか分かりません。最近では続々とリーズナブルな回線プランが登場しており、もしかしたら、他社に乗り換えたほうが良い可能性も高いです。別に一社にこだわり必要はありません。スマートフォンの契約のように、契約期間が拘束されていなければ、迅速に安い他社のプランに乗り換えてみるのも、良いアイデアでしょう。

意外とプロバイダ契約は、最初に申し込んだまま放置、というケースが珍しくありません。見直しや契約更新は面倒な手続きですが、それで家計の負担が減るなら楽なものです。食費やスマートフォン代をアレコレと見直すのも大事ですが、まずは、コンピュータ購入時に申し込んだプロバイダ契約を確認すべきです。他社からの乗り換えに快く対応してくれるサービスも多く、家電量販店の店頭やホームセンター等で、相談すれば簡単に済ませられます。また引越しやリフォームといった機会を利用して、契約するサービスを乗り換えてみるのもオススメです。ネットサーフィン時の延滞やロード時間が気になっているなら、迅速にサービスの窓口に連絡してみましょう。やはり低速状態では、快適にネットサーフィンが出来ず精神衛生的にも良くありません。

プロバイダ契約とパソコンの使い勝手について

「ネット動画を見ている時、なぜか画面が頻繁にストップする」や、「写真や画像が多いホームページを開くと、画面がフリーズしたようになる」等の問題があります。その原因の大半は、ネット回線にあると言われています。今時のノートパソコンやタブレットPCは、非常にスペックが高く、実際問題としてマシンスペックが、ネットサーフィン中に不足するケースは稀有です。その一方で契約している回線が遅いと、マシンスペックに限らず、ネットサーフィン時に問題が生じます。特に動画視聴を進める際、それは顕著に表われ、動画コンテンツがカクカクの状態になります。いくら大容量のメモリと高品質なCPUを搭載したパソコンでも、契約プランがナローバンドでは、少々心細いです。

動画サイトや大量の画像が貼られたホームページを延滞なく、読み込みたいなら、やっぱりプロバイダ契約を更新し、ブロードバンド契約に、乗り換える必要が出てきます。アパートやシェアハウス、学生寮によっては、標準の回線が弱い事も多いです。最低限のネット回線では、やはり快適にコミュニケーションや動画ダウンロードを、楽しめませんので、時期を見て、契約を新しく行ったほうが賢明でしょう。周囲の人々と相談し、団体でプロバイダ契約を進めるという方法もあります。特に学生寮や小さなマンションであれば、全員が団結して、団体割引のプランを利用すれば、その分コストダウン出来るので、とてもお得になります。

世界が認める秀逸な日本のプロバイダ

プロバイダ
現在、プロバイダ数はJAIPA(社団法人日本インターネットプロバイダ協会)の2010年2月の発表では1300社程度と言われています。その内の180社がインターネット利用者の90%にサービスを提供しています。正式名称はインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)と言い、インターネットを接続する為の通信回線を提供している業者のことです。インターネットを始めるには、このISPと契約しなければなりません。インターネットの開始窓口と言っても過言ではありません。ISPにはパソコンメーカー系、回線事業者系、ケーブルTV系、放送局系等々多くの系列があります。最近は幾つかの大手メーカー系列ISPがメーカーの業績不振からISP業から撤退するなどの動きも目立つようになりました。それでも1000を超えるISPが、しぶとく生き抜いてインターネットユーザーに回線を提供し続けています。

一昔前なら、ISPの選択には気を使ったものですが、ネット使用が当たり前になった今は、どのISPを選択してもそれほど差は生じない時代になりました。それは今のインターネットが、電話回線ではなく光回線という高速専用線を使うことが主流になったからに他なりません。インターネットの黎明期は通常の電話回線を利用するダイヤルアップという方式でした。電話回線なので、ISPのバックボーンに極太の回線がないと直ぐにビジー状態になってしまい、電話を掛けても繋がらないということが起こりました。そういう貧弱回線しか持っていないISPは料金が安かったのです。それに釣られて契約しても電話が繋がらず地団太を踏むこともしばしばだったのです。今は100Mbpsが普通の回線速度になりました。その回線スピードを殆どのISPが実現していることになり、日本のISPの秀逸さは世界が認めるところです。これからも日本のネット社会のますますの発展のために、高速低価格のインターネット回線をユーザーに提供し続けることでしょう。

ウイルス対策の出来るプロバイダもあります

既にパソコンやインターネットに関する知識を多く持っている方自身が、新しくインターネット回線を契約しようと思うのであればプロバイダの比較も簡単かもしれません。しかし実家に居る親御さんに最適な会社を見付けてあげようと思うと、様々なお得なサービスもあって何処にするべきか悩まされる事でしょう。それは最近はインターネット回線の品質や速度だけではなくて、ウイルス対策などのサービスも含めて会社を比較していく必要がある為です。特にパソコンを使ってメールなども楽しみたいと実家の親御さんが思っている場合は、メールのウイルスチェックサービスなどに対応している会社も候補に入れておきましょう。

パソコンに詳しい人であればメールに添付されたファイルなどを開く時にも、ウイルスソフトを使ってメールをスキャンする事で直ぐに対処が出来るかもしれません。しかしパソコンに詳しくない人だとメールを送ってきた相手の名前が、自分の知り合いに似ているというだけで添付ファイルを開いてしまうものです。しかもウイルス対策ソフトが警告を出しているにも関わらず、相手の名前だけを見て安心してしまい、警告を無視して添付ファイルを開く可能性もあります。そういったパソコン関係のトラブルを避ける為にもウイルススキャンサービスを行うプロバイダは、何処まで正確にウイルスを除去してくれるのかといった情報を含めて比較しておきたいものです。プロバイダに関する情報収集も親孝行の内だと思って頑張ってみましょう。

失敗しないプロバイダ選びのポイント

  1. ドコモをお使いなら【ドコモ光】

    ドコモ光で最大合計25,000円還元キャンペーン中
    ドコモ光で最大合計25,000円還元キャンペーン中 全員にdポイント最大20,000ポイントプレゼント さらに最大5,000円の現金キャッシュバック ドコモスマホお使いなら最大5700円割引 また、お好きなプロバイダーが選べる!

    ドコモをお使いなら【ドコモ光】の詳細

  2. SoftBank 光

    回線で自宅のインターネットが超高速!セットでスマホの利用料金が永年毎月最大1000円割引
    光回線で自宅のインターネットがネットが速い!SoftBank 光(ソフトバンク光)。セットでスマホの利用料金が永年毎月最大1000円割引。スマホをWi-Fiにつなげば動画もゲームもサクサク快適に。

    SoftBank 光の詳細

  3. DMMモバイルとセットでお得!DMM光

    最大18,000円分の基本工事費無料
    DMM光は、NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光」の光回線サービスとDMMがコラボした低価格で高品質なインターネット接続サービスです。別途プロバイダ契約不要!DMMモバイルとのセット割でさらにお得!

    DMMモバイルとセットでお得!DMM光の詳細


インターネット回線を利用する際にはインターネットに接続するためのサービスを提供するプロバイダ会社との契約が必要になります。けれど誰もがインターネットを利用する時代となった今は多くのプロバイダ会社があり、その会社ごとに料金はもちろん提供しているサービス、サポートなどが違います。そのためどこの会社との契約がお得で、そして自分に合っているのかということを見極めるのがとても難しくなっています。そこでそういった悩みを解決するためにおすすめのサイトがあります。それはプロバイダ比較サイトです。

こちらのサイトは複数の会社の料金からサービス、サポート、そしてそのときに行っているキャンペーンの方も一目で知ることが可能です。項目別に並べているサイトが多いので、料金を重視する方でしたら月々の料金の欄に加え、キャッシュバックや割引などのキャンペーンの欄を、セキュリティが心配だという方はサービスの項目でセキュリティに強いサービスを提供している会社をと自分に合った会社選びを簡単にすることが出来ます。またサイトによっては実際にその会社を利用している方の口コミの方も掲載されているので、実際に利用する前にその会社のサービスがどのようなものなのか、サポートはしっかりとしているのかといったことを知ることが出来ます。このように各会社によりその特徴は違っているので、自分に合った会社選びをするためにもこういった比較サイトを利用することをおすすめします。

プロバイダ契約について

今時の職場には、大抵の場合インターネット回線が通っています。しかし、大衆化して来たとは言え、まだまだ一人暮らしの住宅には、ネット回線が引かれていないケースも目立ちます。「オフィスでネットが使えるから、まあいいか」と考える若者や女性も多いですが、会社用のPCで、私用の調べ物をする事は、ちょっとマナー違反かもしれません。やっぱり私的な利用をするなら、自宅で進めたほうが良いでしょう。上司やリーダー役に注意を受けてからでは手遅れです。社内PCで閲覧したホームページは、しっかりとサーバーに履歴が残されます。私用なサイトばかり見ているは、上司たちには筒抜けでしょう。

当たり前ですが私的なSNSや掲示板の利用をするなら、やっぱり自宅にネット回線を通したほうが、良いでしょう。今では若者向けのプロバイダ契約も用意されており、リーズナブルな価格帯で、一人からでも契約出来ます。自宅に高速通信が出来るルーターを設置しておけば、パソコン以外に、ゲーム機やスマートフォンなども快適にネット接続出来ます。「パソコンだけでプロバイダ契約は少し面倒だな」という方々は、自宅のデジタル機器を調べてみましょう。最新型のテレビゲーム機は、基本的にオンライン接続が出来ます。オンライン状態にしておば、ゲームの体験版やPVがダウンロード出来たりするので、とても楽しいです。また家電量販店に設けられた相談コーナーでは、パソコン購入とプロバイダ契約が同時に済ませられるので、何かと評判になっています。

プロバイダ契約を見直そう

プロバイダ
コンピュータというものは基本的に後から出た新製品の方が優秀です。優秀なCPUと大容量のメモリがあれば、動作は快適になりサクサク使えます。「私のパソコンは友達の製品より新しいのに、なぜかネットが遅いの」、「友達の家で使うと動画読み込みは早いのに、自宅では激遅で困る」といったお悩みを抱える人々が世間にはいらっしゃいますが、その原因はコンピュータ本体ではなく、ネット回線が影響している可能性があります。いくら最新型のPCでも、自宅がブロードバンド契約でなければ、快適にネット閲覧が出来ません。特に友達の家やオフィスでは快適にネットサーフィン出来るのに自宅では激遅、という方々はプロバイダ契約を見なおしてみましょう。

アパートやマンスリーマンションによっては、ディフォルトのプランが、とてもリーズナブルな場合があります。低速な回線プランでは、ネットサーフィンが快適に満喫出来ません。ファイルのダウンロードやアップロードにも時間が掛かり、コストが増えます。加えて動画サイトでの読み込み時間も増え、ストレスも増える一方になります。ブロードバンド契約に乗り換える人々も今では珍しくありません。特に日常的にネット動画サイトやSNSを使っているユーザーは、早めに回線プランを見なおして、契約を更新した方が良いでしょう。低速のメリットはほとんど無く、仕事や趣味に悪影響が現れるだけです。家電量販店や大型ショッピングセンターの一角で、プロバイダ契約が見直せる事も多いので、足を運んでみましょう。

プロバイダ契約を確認

今、若者や主婦、女性の間ではSNSというサービスが流行中です。スマートフォンやタブレットPCでも簡単に利用でき、世界中の人々と交流出来ます。ただし、パソコンでSNSを利用するなら、プロバイダ契約を再点検したいところです。その理由は簡単で、やはりナローバンド契約のままでは、サービス利用に何かと支障が現れます。正にリアルタイムのコミュニケーションが大事なSNS、ちょっとした延滞で、仲間や友達との会話に乗り遅れます。SNSは単純な掲示板やブログとは違い、リアルタイムに意思疎通が図れるツールです。ナローバンドでは他の動画視聴やゲーム参加にも問題が出るので、出来れば機会を見つけて、早めにブロードバンド契約に乗り換えましょう。

スマートフォンやタブレットPCよりも、パソコンの方が本来は通信速度が出るものです。にもかかわらず、自宅のパソコンがスマホより遅く感じるなら、マシンスペックとプロバイダ契約を見なおしたほうが、良いでしょう。ブロードバンド回線が利用出来るサービスは1つではありません。時間的に余裕があれば、A社、B社と複数のサービスを互いに比べましょう。月々の料金が企業によって異なるのはむしろ当然なので、出来ればコスト・パフォーマンスの良いところと契約し直したいところです。数百円の差でも、それが半年から一年という単位になれば、大きな差になります。インターネット回線はほぼ現代社会には必須なインフラ、再契約する時は、コスト面にも注意しましょう。

高品質なプロバイダ契約を

プロバイダ
インターネットを使って頻繁にファイルの交換をしているなら、プロバイダ契約もまた、高品質なものを選びたいところです。回線品質が悪いままだと、ダウンロードに失敗するケースがあります。特に趣味ではなく、仕事関係のデータを定期的にアップ、ダウンロードするユーザーは、回線品質にこだわった方が良いでしょう。プロバイダを正しく選ばないと、仕事の能率が恐ろしくダウンします。低速回線では普通のファイル1つ落とすだけでも、かなりの時間が掛かります。時間が掛かるだけなら、まだ我慢で乗り切れますが、途中で接続がプツンと切れてしまっては、ダウンロードは最初からやり直しです。

低品質のサービスでは、ダウンロードの失敗が増えてしまい、「ダウンロードボタンのクリック」と「リトライの作業」の無限ループになり兼ねません。メール添付で済ませられる文書データであれば、低品質のサービスでもOKでしょう。しかし大型のファイルや動画、音楽だと、少々厳しいでしょう。近頃では低価格なブロードバンド契約が簡単に行えますから、月の変わり目などを見計らって、プロバイダ契約を乗り換えましょう。基本的にインターネット回線の契約に、携帯電話のような、拘束期間はないので、おそらく気軽に乗り換えられるはずです。余裕があれば、別々のプランやサービスを互いに比較しておきましょう。似たような回線プランでも、提供する企業が変われば、サポートや月々の維持費用がガラリと違って来ます。

プロバイダの品質を検討しよう

インターネット回線を通して、音楽鑑賞を行っている人々は、一度回線プランをチェックしてみましょう。低速なままでは、音楽がプチプチと途切れる恐れがあります。ネット動画サイトにアップされている自作曲などを、「作業用BGM」として利用している人々も、今では大勢いらっしゃいます。音楽が常にプツン、プツンと途切れたり延滞していては逆効果です。契約しているプロバイダに連絡し、回線速度を変えてみましょう。インターネット検索をすれば「現在利用している回線速度」をチェック出来るHPが、簡単に見つけられます。もしチェックの結果、自宅の回線スピードに問題があれば、迅速に別のプランに移りましょう。

低速な回線でネットサーフィンを続ける利点はなく、ストレスとイライラが募るばかりです。また回線速度以外に、サービスには品質というチェックポイントがあります。いくら回線速度が速くとも、途中で送受信が途切れていては、快適さに欠けます。プロバイダ毎に回線品質が違う事も多いので、一度、クオリティという面で、企業を比較してみるのもオススメです。なかなか自分一人では決めにくいのがプロバイダ契約ですから、困る事があれば、すぐにネット検索で知識を拾いましょう。また最近では似たようなサービスを比較検討出来る価格比較サイトがあり、そういった情報源を頼りにしてみるのも、良い手段です。ネット上にある、PCに詳しい人々の感想や体験談は最高のヒントになります。