おすすめなポケットwifi3選と全活用法

ほとんどの携帯電話がwifiに対応してきたこの時代、ネットを便利に使うにはポケットwifiがとてつもなく便利です。wifiに対応してさえいれば、スマートフォンでもタブレットpcでも簡単にネットにつなげることができるのです。特に、ポケットwifiは出先で活躍します。家の中には既にネット環境を整えている方が多いと思いますので、無線ルーターなどを買ってくればすぐにでもwifiにつなげることはできると思います。しかし、出先ではwifiスポットを見つけるのも一苦労ですしやっと見つけたと思っても自分が登録していないとつなげることができません。しかし、これを持っていればたいていの場所でwifiにつなげられますし速度も安定していることが多いです。

すぐにでもおすすめなポケットwifiを知りたい方は ポケットwifi選びで大切なこと をご覧ください。

そして、何より嬉しいことは複数台の機器認証に対応している製品が多いということです。スマートフォンやタブレットpcだけではなく、最近では携帯ゲーム機などもネット通信が必要なものが多くなってきた昨今ではこの機能は大変にありがたいものです。さらに、このポケットwifiは大掛かりな工事が必要ないことも利便性をあげている一面だと思います。普通、ネットの工事には数日から数週間の時間がかかりしかも工事の時には家中の配線を確認したり大掛かりなものになることが多くありますがこれを使うならばモバイルルーターを購入し、simカードの契約を済ませさえすればすぐにでも使用する事ができるのです。

ポケットwifiサービスで意識しておくべき知識とは

おすすめなポケットwifi
新発売される携帯情報端末がほとんどスマートフォンになっている現在、いつでもどこでも無線通信経由でインターネットに接続できる事は当たり前のように考えられています。無線通信というのは現在さまざまな規格があり、商業的に一番普及できたものは、携帯電話用のデータ通信サービス網をつかうものと、Wimax規格の無線通信です。インターネットを利用するには固定電話回線を使うか、光ファイバー通信網をつかうかという固定タイプのものが主流とされてきました。それが、通信技術の大幅な進歩によって、無線通信であっても動画をストレス無く視聴できるほど高速なブロードバンド通信が可能となっているのです。

無線LAN技術の進歩もまたすさまじいものであり、すでにパソコン周辺機器を接続する時には無線LANを利用する事が常識になりつつあります。安定した便利な技術として、一般家庭にも浸透しているのです。ポケットwifiサービスは、持ち運び可能なサイズにまで小型化されたモバイルルーターを使って、いつでもどこでも最大5台までの機器を同時に繋げてインターネット通信ができるようにしているサービスです。モバイルルーターでは無線通信信号を受信してインターネット通信ができるようになっていて、無線通信サービスの利用契約をポケットwifi利用開始時に締結することが必須となっています。ポケットwifiサービスを利用しようと考えるときに、常に意識しておくべき知識とは、モバイルルーターが利用する無線通信サービスが、通信会社のデータ通信網を使うのか、それともWimax規格の無線通信網を使うのかに対する知識です。Wimax規格の無線通信のほうが高速ですが、エリアは狭いので、モバイル用途のほうが利用頻度が高ければ、通信会社のデータ通信網を使うことになります。

ポケットwifiサービスを利用しやすいポイントとは

固定電話回線や光ファイバー回線というのは、物理的な有線で通信網を構築しています。ですから、回線が引き込まれているところでは確実にインターネット接続が可能であるという強みがあります。ですが、固定回線が引き込まれている自宅を一歩出ると、自由にインターネット利用ができなくなるという点がネックとなっていました。ネット通信を行うための通信技術として、無線通信技術は飛躍的な発達があり、ポケットwifiサービスでは無線通信の電波がつながる場所である限り、どこででもインターネットが利用できるのです。この無線通信サービスを行うためのモバイルルーターも、かなり小型化し、なおかつ持ち運んでも8時間ほどは優に連続使用できるほど、バッテリー容量に余裕があります。

ポケットwifiサービスを展開する通信企業の対応エリアによって、つながりやすいエリアとそうでないエリアがそれぞれ異なってくるため、自分の行動範囲をあらかじめ考慮してどの通信企業のサービスを利用するかを決めるといいでしょう。無線通信網には、中継点として基地局が設置され、ポケットwifiサービスを利用しやすいポイントとして知られている場所がいくつかあります。基本的に利用しやすいポイントは、人が常に多く集まる商業施設がまず挙げられます。なぜならば、長い時間を過ごす人も多いから、利用が多く見込めるためです。そのほか利用しやすいポイントとしては、電気設備がしっかりと整備されている電車の駅が挙げられます。乗降客の利用も見込めるので、利用しやすいポイントとして設定されているのです。

ポケットwifiでお得にインターネット

おすすめなポケットwifi
現在のインナーネット普及率は約80%で、インナーネットは普段の生活に欠かせないものとなっていますちょっと前まではインターネットはパソコンで行うものでしたが、いまはスマートフォンやタブレットなどで気軽に出来るものとなりました。駅や飲食店などで待っている人がスマートフォンを片手に暇をつぶしている光景をよく目にします。しかしスマートフォンの利用料金は高額になりがちです。人によっては毎月1万円近い金額の利用料金を払っている人もいます。さらに家で使用するインターネットの料金も毎月5000円程度払っている事が多く、1万5000円近い金額を毎月払っていることになります。

ポケットwifiを利用すれば、月々の利用料金を抑えることが出来るかもしれません。現在、月額3500円程度で利用することが出来ます。スマートフォンやタブレットとこのポケットwifiを接続して利用する事になりますが、最大で10台同時に接続する事が出来ますし、接続も非常に簡単です。機器のサイズも名詞程度のサイズですし、重量も100g程度と非常に軽いので、持ち運び時に邪魔になりません。ちょっと前までのポケットwifiは通信速度があまり速くなかったため、これを常用するインターネット回線の代わりにすることは考えられませんでしたが、最新の機種では、100メガ以上の通信速度が出るため、高画質な動画も十分に見ることが出来ます。l現在利用しているサービスを再検討することで非常にお得なインナーネットライフが構築できる可能性があるので、是非一度検討してみてはどうでしょうか。

ポケットwifiを使うべき時

ビジネスマンでも大学生でも、どこでもネットにつながり、ノートパソコンなどの端末を使いたいと思うようになりました。端末そのものを持ち歩き、いつでも自分の好きな所で高速回線が使えるのは、大変うれしいことです。光回線を自宅にひくには、かなり工事費もかかりますし、毎月のコストも大きく、メリットも大きいですが、負担も大きくなります。その点、ポケットwifiは工事もいりませんし、月額基本料が決まっていて、どれだけ使っても料金は変わらない点も含め、大変エコで経済的な端末と呼べるでしょう。特定の企業のみがこれを扱っているので、比較サイトを見てそれぞれの長所を理解しましょう。

カバーしている範囲なども企業ごとに微妙に違います。また、使っている人の意見もネット上にたくさん出ているので、それらを参考にするのは当然です。私は仕事でよくノートパソコンを持ち歩いていますが、ポケットwifiを使うべき時はけっこうあって、喫茶店などで待ち合わせをしている時はよく利用します。くつろいでいる時に動画が見たくなったらつなぐなど、臨機応変に利用法が変えられるのは頼もしいです。これを使いこなすことができれば、私たちのネットライフはまたひとつ進化することでしょう。どこでも高速回線が使い放題になれば、家での光回線にこだわる必要もありません。自分なりのプラン設定を考え、業者さん選びをすれば、問題なく使い続けることもできるので、大変経済的です。

ポケットwifi選びで大切なこと

  1. UQ WiMAX

    超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供
    回線工事の予約待ちも、立ち合いも不要です。転勤などで引越してもすぐ使えるので便利!コードレスだからお部屋もすっきりで快適。家でも外でも使えるから、出張するときの必需品!データ容量もたっぷりで、仕事でもプライベートでも。春から初めての1人暮らし。UQモバイルとセットなら、家のネットもスマホも合わせて通信量6,360円/月でおトク。

    UQ WiMAXの詳細

  2. BIGLOBE WiMAX

    BIGLOBE WiMAXなら、データ端末が0円
    「BIGLOBE WiMAX」は、下り最大40Mbps上り最大15.4Mbps。家でも外でもすぐ使えて、メールのやりとりはもちろん、動画だって楽しめます。 BIGLOBEでは、どれだけ使っても月額料金は同じ、安心の定額プランをご用意しました。一年間の定期利用期間を設けることでお得な月額料金となっています。

    BIGLOBE WiMAXの詳細

  3. GMOとくとくBB

    キャンペーンが大変お得!0円から始められます
    GMOとくとくBBのWiMAX(ワイマックス)ならネット使い放題で月々たったの3,591円(税抜)と業界最安級の月額料金でご利用いただけます。 速さが人気のWiMAX(ワイマックス)。エリア内ならどこでも最大速度40Mbps! 家でも外でもスイスイ快適です。

    GMOとくとくBBの詳細


プライベートやビジネスに欠かせないインターネットですが、より快適に使用するためにも接続方法を考えましょう。一般的にはルータなどを使用して接続します。しかし、ビジネスなどに使用する場合移動中にも快適に使えなくてはいけません。そこで、ポケットwifiです。こちらで接続を行う事で、移動中にも快適なインターネット環境を維持することが出来ます。ではこちらを選ぶ場合どのようなポイントがあるのかと言いますと、初めての方は料金プランを見てみましょう。どれだけ移動中に快適な接続が行えても料金が高額ですと安心して使用することが出来ません。

料金プランを選ぶ時には必ず定額プランを選びます。定額ですからどれだけ使っても一定の料金を超えません。安心してインターネットを楽しめます。おおよその費用はプロバイダー含めてどの会社も3000円程度です。料金プラン以外には契約をチェックします。会社によって契約のしばりが設けられている所があるのです。自由に使いたいという方は1年契約の会社を選びましょう。複数年契約ですと辞めたいと思っていても違約金が発生してしまいますから、注意が必要です。ポケットwifiの魅力は何よりも自由なインターネットを楽しめるという事なので、たった一台ご家庭にある事により家族みんなで楽しめます。パソコンだけではなく、ゲーム、スマホ、音楽プレーヤーといった各機種が快適に使えるようになるので選ぶポイントを把握して導入を検討してみましょう。

ポケットwifiをレンタルしてみよう

魅力的なサービスとして話題のポケットwifiを使ってみたいけれど、どうしても自分自身で契約するときには、不安を感じるという人もいます。そんな方にとっては、一番大切なポイントとして、レンタルで試してみることが大切です。昨今では1日からでも簡単にレンタルしてくれるところが存在しているので、自分たちで使った経験がないのでどんな遣い方ができるのか、どれくらいお得なのかを比較して、結果を出せ、契約への決心がつきます。実際にさまざまな業者がいますが、1日でも料金に対してもある程度の納得できる料金となっているので、初めてでも安心できるでしょう。

バッテリーなどの残量に気をつけておくことで、自分たちでどれくらいの大きさのものならいいのか、どんなタイプならば一番コストパフォーマンスがいいのかなどを確認しておくことで、契約に対しての化身を早めることにつながるのです。使ってみなければ物事の本質や、魅力的な商品かどうかの比較はできません。そのため、自分たちでニーズの高いものをどのように使いこなしたらいいのか、どんな形で実現させたらいいのかを判断しておくために、ポケットwifiを使ってインターネット回線に直接パソコンやスマートフォン、さらにタブレット端末を使ってみましょう。1日でどれくらいの節約やお得さ、スピードが得られるのかを判断しておくことで、結果として最良の結果をもたらせる契約が可能か判断できるのです。

ポケットwifiを活用しておく

おすすめなポケットwifi
外出するときには色々な通信環境がありますが、自宅では固定回線だけなので、スマートフォンやタブレットを使うときにどうしても不便さを感じるという人や、自宅の無線LANでは、住環境によってはスマートフォンやタブレットがつながりにくいとして、残念に思っている人も少なくありません。そのため、ポケットwifiを活用して、自宅での通信環境を改善している人が増えています。スマートフォンの機種によっては3Gやwifi両方使用できる環境が整っているところも少なくありません。そのため、通信環境によっては今までの通信環境をはるかに超えた、高速通信によって楽しく音楽のダウンロードなどが実現できるでしょう。

自宅と外出時の通信環境を一本化として、通信費用を節約することも朝飯前です。
自宅の環境によっては外出したほうが頻繁に通信する必要があるので環境がいいところを探して、活用しているという人も多いのです。とはいえども、外出先でwifiを使える環境ではあっても、その速度にはさまざまな可能性があります。通常よりも高速な活用をしたいのであれば、ポケットwifiを活用して、少しでも早めに使えるようにしておくことも大切です。都市圏であれば駅やレストランなどで簡単に使いこなすことが可能となっていますので、自分たちで通信環境を整えておき、外出時や自宅にての通信環境を整えることにつながります。自宅でも外出先でも満足度の高い通信ができることこそ、快適な活用です。

ポケットwifiと海外出張

海外出張などをする必要がある方にとっては、大切なのは通信環境の確保です。それによって、会社や取引先とのやり取りや、さらにプライベートのやり取りなどを実演させるためには必須条件といえます。環境によってそれぞれのやり方がありますが、活用するためには海外でどんなやり方をしたらいいのか、どんなポイントに気をつけたらいいのかを明確にしておくことこそ大切でしょう。たとえば、海外の場合には海外のSIMを使って通信したほうがいいのかどうかなど、基本的なことですがまったく知らない人も多いのです。実際にさまざまな通信環境がありますが、ポケットwifiの場合には、通常よりもすばやく、さらに海外通信専用のポイントを確認しておくことで、通常よりもリーズナブルな国際通信が可能となるのです。

日本にいるのとほぼ変わらない通信環境であれば、海外出張であっても取引先や顧客、会社とのやり取りを自動的に快適に行うこともできるのです。また、海外でその機器が使えるのかどうかを、海外の販売会社に確認しておくことも必要です。事前に出張前に国内で確認しておくことで、さらに効率よく可能かどうかをも確認することができます。なお、地域によっては日本語が通じるところもたくさんありますので、確認するのを忘れて直接相談しておくときにも大変便利です。通常よりも快適でお得な通信を実現したいなら、自分たちで信頼性の高い通信機器を使っておきましょう。

大容量のデータをやりとりできるポケットwifi

おすすめなポケットwifi
現代のネット技術の進歩はとどまる所を知りません。昔だったらかなり受信に時間がかかっていた動画なども、一瞬にしてみることができます。それは、回線そのものが太くなり、短時間で大量のデータをやりとりできるようになったからでしょう。昔だったら家の回線でネットをしていたため、自宅から離れて使うには限度がありました。しかし、今では主回線をデータ通信端末にしてしまっても、まったく遅さを感じないのです。

各社から提供されているポケットwifiのサービスは、大容量のデータをやりとりできることで知られています。これは、ゲームをするにも、映画を見るにもお勧めで、どの業者さんを選ぶかによって多少の違いはありますが、高速回線を安く使うことが可能です。値段的には光回線の契約よりもはるかに安く、しかも持ち運び自由なデータ端末がすぐに届き、その日から使えるので、便利さは比類するものがありません。ネットが私たちの生活に溶け込み、携帯電話でも電話回線以上の速度のネット利用が可能になった今、自宅でネットにこだわる必要はなくなりました。これからはポケットwifiを持ち歩き、いつでもどこでもネットにつなぎ、遊びに勉強に仕事に活用していくことができるわけです。こうした環境の変化を身近で感じられるようになったのは、ネットでデータ端末とそのサービスの宣伝が盛んに行われるようになったからでしょう。これらをもっと調べてみれば、そのメリットの細かい部分がわかります。

バッテリーが長持ちするポケットwifi

小さくてもハイスペックなデータ通信端末があります。今はポケットwifiと呼ばれる機器が各社から出されており、それをノートパソコンやゲーム機につなぎ、どこでもネット環境が作れるのです。都市部と郊外ではつながりやすさの違いがありますが、昔よりもその有効範囲が広がったので、大変使いやすくなりました。自宅の電話回線や光回線を使ったネット通信よりも、どこにでも持ち運べてバッテリーも長持ちするこちらの端末のほうが使い勝手がいいのです。利用料金も自宅に回線をひく場合とほぼ変わらないか、むしろ安くなります。自宅の場合は自宅を中心とした限られた範囲でしか自分の回線を維持できません。しかし、データ通信端末を使うことにより、それごと持ち歩いて自らの回線ごと移動することができるわけです。昔のデータ通信は携帯電話に毛が生えたようなもので、やっと動画が見られるレベルでした。

しかし、ネット技術の進化はここ10年ほどでかなりの域に達しており、ポケットwifiもスピードが格段に上がったのです。そのため、データ端末そのもののレベルが上がった状態で私たちはサービスを利用できるようになりました。実際に使ってみると、そのスピードの速さに驚くでしょう。また、よほど環境の悪い場所や辺鄙な場所でない限りアンテナが立つので、文字通りどこでもネットができる環境が整えられたわけです。これを使いこなし、自分なりのネット生活ができれば言うことはないでしょう。